未分類

加藤一二三九段 「加藤さん」と呼んだファンには無視と告白

 「ひふみん」こと元プロ将棋棋士の加藤一二三九段が24日放送の『しゃべくり007』(日本テレビ)に出演。温和な性格で知られる加藤九段が、最近怒ったというエピソードが紹介された。

 番組では63年将棋界で現役だったという加藤九段の長年の労をねぎらいつつ、「どんなことがあっても柔和たるべき」という考えで生活をしているので、「人生で怒ったことが一度もない」という伝説を紹介。

 ところが紹介した端から「最近1回だけ怒ったことが・・・」と口を挟んだ加藤九段。普段将棋会館では「加藤先生」「加藤九段」と呼ばれるのだそうだが、3ヶ月ほど前将棋会館に来ていた男性から「加藤さん」と呼びかけられ、その後手帳にサインをねだられたのだという。

 道行くファンからは何と呼ばれようが構わないが、将棋会館に来ているからには将棋ファン。それゆえ将棋会館で自身を「先生」と呼ばないその男性が「失礼だ」と思った加藤九段はその男性を無視したと告白した。

 スタジオでは加藤九段の日頃の温和な様子に対して、意外な沸点の低さに驚きの声が。「加藤さん」でだめなら、将棋会館で「ひふみん」はさらにご法度だろうという話に。ところが「私もう77歳だから(いいと思う)……」とこれに答えた加藤九段に、「3ヶ月前に怒ったんですよね?」と上田晋也がつっこむ一幕もあった。

神田愛花が東国原英夫氏に衝撃の質問「なんでハゲちゃったんですか?」

画像提供:マイナビニュース

写真拡大


フリーアナウンサーの神田愛花が、25日に放送された日本テレビ系バラエティ番組『踊る!さんま御殿!!』(毎週火曜19:56〜)に出演。元衆院議員でタレントの東国原英夫に向かって「なんでハゲちゃったんですか?」と衝撃の質問をぶつけ、絶句させた。

今回、「家事好きVS家事ダメSP」と出して、家事が好きの有名人と嫌いな有名人が集結。家事嫌いの人から「家事に費やしている時間が無駄」という声があがると、東国原は「家事は人間を成長させる」「やっているときれいに見える」と持論を展開した。

すると、神田が突然「それで言うと、なんで東国原さんはハゲちゃったんですか?」と衝撃質問。東国原は「えっ!?」と絶句し、「柔らかい豊田議員みたいな感じだよね」と元秘書への暴言が報じられ自民党に離党届を提出した豊田真由子衆院議員の名前を出した。

MCの明石家さんまは「『このハゲーーー!』じゃないねん。『何でハゲちゃったの?』」と、豊田議員と神田の両方のまねをして比較。スタジオからは爆笑が起こり、「やってることは同じ」という声もあがった。

高畑充希が「過保護のカホコ」の役柄に本音「実際いたらボコボコにする」

日本テレビ系連続ドラマ『過保護のカホコ』取材会に出席した(左から)高畑充希、竹内涼真 (C)ORICON NewS inc.

写真拡大


 女優の高畑充希と俳優の竹内涼真が、出演中の日本テレビ系連続ドラマ『過保護のカホコ』(毎週水曜 後10:00)取材会に出席。すでに二話まで放送されているが、超過保護に育てられた天然キャラ・カホコ(高畑)と、彼女に厳しく接しながらも実は優しい同級生・麦野(竹内)役の2人が、改めて役柄へ周囲の反響や演じみての感想を語ってくれた。

【劇中写真】急接近!カホコに迫られる麦野!?

 大ヒットドラマ『家政婦のミタ』などで知られる脚本家・遊川和彦氏が手がける同作では、二話までで平均視聴率二桁をキープ。一人称は自分の名前、周囲に溺愛されまくり、なんでもママに頼り切りで一人で起きることさえできなかった女子大生・カホコが、唯一、厳しい言葉を投げかけてきた麦野の力を借りながらも「こんなの初めて」を経験して成長していく姿が描かれている。

 超がつくほど世間知らずだがみんながメロメロになってしまい、結果的に甘やかされて育ってきたカホコだが、演じている高畑自身は苦労も多いようで「最初からわかっていたんですけど、あまりにもギリギリですよね」と本音。「実際いたらボコボコにしてます、人生ナメんなよ!って」と冗談めかして笑いを誘う。

 「ドラマだから最低限かわいらしくしないといけなくて、最初は完全に“キャラ”にしてリハをやっていたら、ただのあざとい人になってしまって、これは気持ちが一生懸命じゃないと成立しないなって」と役作りに試行錯誤。「だから疲れる。だって一生懸命なんだもん。私、夏が嫌いなんですけどそのなかで一生懸命、前のめりっていうのは普段から考えると一年分くらいのエネルギーをつかっている」と全力で臨んでおり、「疲れるけど、楽しいですね」と前向きに明かした。

 一方、朝の連続テレビ小説『ひよっこ』での役柄とはガラリと変わり、ツンデレぶりが話題となっている麦野役の竹内だが、高畑は「本当にずるいなと思って。台本読んで『ずる〜!』って思った。全部持ってくじゃん、これで!みたいな。全女子が甘やかしてほしいもん」と悶絶。「ちょうどいいのよ、ちょうどよく、いてほしい“彼氏感”ですよね。夢ですよね。人間っぽいダメさもあるし、いざというときにヨシヨシしてくれるお兄ちゃん感」と力説するも、当の本人は「僕は意外です。カッコイイみたいな声は出ないと思った」と驚いているそう。

 そんな高畑が演じるカホコについて、竹内も「ずるい」と断言。「まっすぐなんですよ。目が。だからほっとけないし、いろいろ知らない子どものまっすぐさって、子ども大人関係ないし、その一個を持っているって大きいこと。充希さんの顔、充希さんにしか無理でしょうね」とその熱演ぶりに感心しきりだった。

島崎遥香かぜんそくの苦悩告白 Twitter上には共感の声あふれる


 
元AKB48で女優の島崎遥香(23)が自身の抱えるぜんそくについて続けてツイート。どちらも1.2万件を超える「いいね」がつくなど、反響を呼んでいる。
 
島崎は7月22日の《この数年間もとまらない原因不明の咳と生涯生きてくのか?私は》というツイートに続き、23日にも《心と身体が元気な人に不調を理解してもらうのはとても難しい。ただ、理解してもらう必要性もないよ、そう言う人達に。悲しいけれど仕方がないことだとそう言い聞かせるしかない》と苦悩を吐露した。
 
これまでも、ぜんそくの発作に悩まされてきた島崎。とくに15年8月には症状が悪化し、1カ月あまり活動を休止。恒例のじゃんけん大会まで欠席することになった。
 
島崎のツイートには《同じ悩みを抱えた人がいるということに勇気を貰いました》《体は専門知識持った人なら理解してもらえるけど、心は同じ経験した人にしか理解してもらえないからね…すごい分かります》と多数の返信が寄せられている。《このツイートで少しでも楽になる人がいてくれたらなという思いでのつぶやき》という島崎の言葉通り、Twitter上には共感の声があふれた。
 
さらには《ぱるるのおかげで大切な人の気持ちが知れた。ありがとう》というツイートも。島崎の勇気あるツイートは、同じ悩みを抱える当事者以外まで届いたようだ。

アンミカ バカにしたような番組スタッフに怒り「何が楽しいんですか」

アンミカ

写真拡大


24日放送の「もしかしてズレてる?」(フジテレビ系)で、モデルアンミカが密着取材中、番組スタッフに怒りを露わにする場面があった。

番組では「食に異常にこだわる女に密着」と題し、アンミカに密着して食生活に迫った。

密着VTRの中でアンミカは、食事をしている際に幸せを感じると語る。「ハッピーがいいじゃないですか『ハッピーホルモン』って呼んでるんですけど」「ハッピーなことしてると友達に教えたくなるでしょ」「それをみんなに言ううちにみんなハッピーになる。ハッピーが伝染する」と食事の手を止め、マシンガントークで持論を展開した。

するとスタッフは「ハッピーが伝染する…?」「ふふふ」と、バカにしたように笑ってしまう。アンミカは声を低くし「何が楽しいんですか」「いま笑ったけどバカにしてるでしょ」と指摘。続けて「ハッピーは自分だけのものにしたいって、守銭奴みたいに囲う人は不幸になるんですよ」と主張し、「ハッピー」を人と共有することで信頼関係も築けるのだと、スタッフに説明した。

その後アンミカが、スタッフに「ハッピーを独り占めしてませんか?」と質問すると、スタッフは「(独占)してないです」と返しつつも「シェアはしてないです」とも答えてしまう。

これにアンミカは、厳しい声色で「じゃあ独り占めしてるってことじゃないの、どっちなの」「さっきから優柔不断なことばっかり言って、バカにしたように笑ってるけど」とまくしたて、スタッフを叱りつけたが、この様子を見ていた、スタジオ出演者は大ウケしていた。

【関連記事】
カンニング竹山 ハワイ旅行中に和田アキ子に激怒される
桂歌丸がアキラ100%の芸風に激怒か 山田隆夫が証言「スゴい怒ってた」
アンミカが“共謀罪”の成立で政府を猛批判「国民はバカじゃない」

錦織圭と観月あこの交際報道に批判殺到 結婚につながる可能性は?

錦織圭「頂点への道」より

写真拡大


 男子テニスの7月24日付の世界ランキングが発表され、日本の錦織圭(27)は8位で変動はなかった。だが、ウィンブルドン大会で3回戦敗退を喫すなど不調が指摘されており、その原因のひとつにプライベートが影響しているのではないかとささやかれている。そんな中、元モデルの恋人・観月あこ(25)がブラックカードで「超セレブ生活」を送っていると報じられ、錦織ファンの批判の的になっている。

 発売中の『女性自身』(光文社)によると、錦織はウィンブルドン3回戦敗退から数日後に大学構内のコートで伊達公子(46)と練習を開始。大粒の汗をかいての猛特訓だったようだが、近くの駐車場では高級外車ジャガーの後部座席で恋人の観月あこが涼んでいたという。時々車外から出て練習の様子を見にくるが、あまりの暑さに負けてすぐに車内へ。さらにミニワンピースにハイヒールというファッションだったために「練習場で浮いていた」と否定的に報じられている。

■世界の錦織がおサイフ扱い!?ファンが猛反発

 さらに同誌は、5月末に錦織のジュネーブ遠征に同行した観月が約70万円のFENDIの高級バッグを購入し、帰国した際にも友人たちを引き連れて築地の高級すし店で会計10万円を超える豪遊をしたが、それを観月が平然とブラックカードで精算していたと報道。遠征時の宿泊先は1泊20万円のスイートルームで飛行機はファーストクラスだったそうだが、それも錦織がすべて負担しているという。

「もともと観月はモデルとしてそれほど人気があったわけではありませんでしたが、錦織と交際してからはほとんど休業状態になってしまい、メディア報道では『元モデル』という肩書が定着してしまった。彼女の財力でブラックカードを持てるとは思えないため、錦織選手を “サイフ扱い”しているような印象になってしまっている。それでも『内助の功』で錦織選手をサポートしていればファンの理解も得られるでしょうが、空気が読めずにスタッフの顰蹙を買ったり、錦織選手のお金で豪遊したりといった情報ばかりが漏れ伝わってくる。さらに占い師に傾倒しているとのウワサもあり、ファンやテニス関係者からは錦織選手への悪影響を懸念する声が強まっているようです」(スポーツ紙記者)

 だが錦織はスポンサー契約なども含めて年収30億円以上と報じられたこともあるだけに、恋人がブラックカードを持たされても不思議はない。スイートルームやファーストクラスも庶民感覚からすれば羨ましい話だが、世界的なプロテニス選手の恋人なら驚くほどの待遇ではないだろう。

 それなのに、なぜここまで週刊誌や世間でバッシングされてしまうのだろうか。

「実際に影響があったのかどうかはわかりませんが、錦織選手は2015年に観月さんとの交際が報じられてからケガが増えて低迷続き。また、錦織選手の不調に伴って観月さんとスタッフの軋轢が露呈し、コーチを務めているマイケル・チャン氏(45)が『彼女は錦織の足かせになっている』と周囲にこぼしていると報じられた。さらに今年の全仏オープンでは、関係者席に座ろうとした観月さんを錦織選手の外国人マネジャーが『君はここに座れない』と制止し、一般席に追い払うという事態も起きています。不調が続いたことでマイケル氏のコーチ解任説が浮上している重大な時期ということもあり、ネット上で『早く別れてほしい』との大合唱が発生する事態となってしまっています」(前出・スポーツ紙記者)

 スタッフからも世間からも反発が強いとなれば結婚も難しくなる。だが、スポーツ選手は結果がすべて。今後の大会で錦織が以前のような輝きを取り戻せば風向きが変わることもあるだろう。8月末からは今年最後の四大大会となる全米オープンに出場する予定となっているが、その結果が二人の将来を大きく左右する可能性がありそうだ。

文・橘カイト(たちばな・かいと)※1979年島根県生まれ。編集プロダクションを経て、フリーに。週刊誌などで芸能関係の記事を執筆。また、民俗学などにも精通し、日本のタブーにも数多く取材。主な著書に『真相!禁忌都市伝説』(ミリオン出版)ほか多数。

小籔千豊「蓮舫さんも二転三転した」 安倍首相への追及を批判

小籔千豊

写真拡大


25日放送の「バイキング」(フジテレビ系)で、小籔千豊が、民進党代表の蓮舫氏を批判した。

参院予算委員会で開かれた同日の閉会中審査では、加計学園をめぐる問題について、安倍晋三首相らが答弁に立った。これらの答弁に蓮舫氏は「(国民の疑惑が晴れないのは)記憶がなくなり、記録がなくなり」「政権側にいる人達が皆口をつぐむ」などと糾弾したのだ。

さらに蓮舫氏は「今年6月16日、参議院の予算委員会で、福島瑞穂さんの『総理、加計学園の加計孝太郎さんが今治市に獣医学部を作りたいというのはいつから知っていましたか?質問に何て答えましたか?」などと、安倍首相の過去発言との矛盾点についても追及していた。

スタジオでは安倍首相と蓮舫氏の応酬が話題となり、小籔が「議員さん大変やなと思いました」「過去の自分の発言、そして日付、全部覚えとかあかんねんな」「僕やったら無理やと思います」とコメントする。

続けて、小籔は「蓮舫さん自体も、過去の発言から二転三転したことある」と指摘し、民進党の中でも発言にブレのない議員が、追及するべきだと持論を語った。蓮舫氏は自身の「二重国籍」問題などに関し、発言が二転三転した経緯がある。

司会の坂上忍は「それ言っちゃったら、みんなそうなっちゃうよ」と小籔をなだめようとするも、ヒロミも蓮舫氏の過去の発言が頭によぎると小籔に同意したのだった。

【関連記事】
東国原英夫氏 閉会中審査での安倍晋三首相に苦言「国民の気持ちが離れていく」
宮根誠司 加計学園をめぐる問題に厳しい指摘「民間企業だったら許されない」
松本人志が安倍政権をめぐる報道に疑問「『全部がダメだ』となってきたら」

2017年夏ドラマの意外な勝ち組 「カンナさーん!」の勝因は?

はやくも明暗くっきり?今期”夏ドラマ”の意外な勝ち組と負け組

写真拡大


 渡辺直美(29)主演のドラマ『カンナさーん!』(TBS系)の初回視聴率が、12.0%(ビデオリサーチ調べ・関東地区・以下同)と好調な数字を記録した。本ドラマは雑誌『YOU』(集英社)に連載された同名漫画の実写化作品。渡辺演じる主人公のファッションデザイナーが、子育てや家事に奮闘する姿が描かれている。脇役陣には、イケメンでゲスな夫を要潤(36)、そして姑役を“おばあちゃん役”初挑戦の斉藤由貴(50)が演じている。

『カンナさーん!』が放送されている火曜22時台は、前クールに放送された波瑠(26)主演の『あなたのことはそれほど』や、1月期放送の松たか子(40)主演の『カルテット』、そして昨年10月期放送で新垣結衣主演(29)の『逃げるは恥だが役に立つ』(いずれも同)などヒット作を連発する好調枠。本作も二桁スタートと万全の滑り出しをみせ、さらなる上昇も期待できそうだ。しかしその一方で、「まだまだ高視聴率をキープできる作品かは判断できない」と関係者は語る。

「この作品の初回が数字的に好調だった要因は2つあり、1つはもともと女性視聴者の支持が高かった点。渡辺は女性からの支持も高く、原作も女性向けコミックなので、こうしたファンの心を掴み続ければ、ある程度の数字は望めるでしょう。しかし、それがいつまで持つかが問題で、脚本と演技によってすぐにひっくり返る可能性も。また、2つ目の好調要因として、同局では『カンナさーん!』の前の時間に放送されている『マツコの知らない世界』が高視聴率を続けていることで、この視聴者がそのまま22時台に流れてくることが大きい。そのため初回の印象から、継続して視聴するか否かが別れてくるでしょう」(芸能関係者)

 渡辺にとって真の代表作となるか否かは、もうしばらく様子を見ての判断になりそうだ。

■もはや夏は“月9頼み”のフジテレビ

 一方同じく火曜日放送で、21時台に放送されている窪田正孝(28)主演作『僕たちがやりました』(フジテレビ系)は、苦戦を強いられそうだ。

 こちらも同名漫画を原作とした実写化作品となっている。主演の窪田は、何事も“そこそこ”に生きることを信条とする高校生役を担当。そんな主人公がヤンキー校の不良から暴行を受け、復讐を企てるも大事件に発展するというストーリーだ。こちらも『カンナさーん!』と同日の18日に初回が放送されたが、視聴率は7.9%と伸び悩んでいる。

「原作に忠実だという評価はあるのですが、それゆえにリアルな性的描写や暴力シーンが敬遠されたのでは。ネットでも『21時台で見るには気まずい』というような声があり、好き嫌いが分かれる作品となるでしょう。1話目で離れた視聴者が、裏番組の『マツコの知らない世界』に流れてしまうことも考えられます」(前出・関係者)

 フジテレビでは、山下智久(32)主演の『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』が、初回視聴率16.3%という数字を記録している。フジにとって今期は、月9に全力を注いでいるという声もあるようだ。

「とくに月9は存続の危機がかかっているとも言われており、月9ブランドの立て直しを急ぎたいのが本音でしょう。しかし『コード・ブルー』終了後の対策を考えないと、秋ドラマはまた惨敗なんてことになりかねません」(前同)

 20日には、すでに2話目が放送されている真木よう子(34)主演の『セシルのもくろみ』(フジテレビ系)が、視聴率を落とし4.5%という状態だ。月9頼みがフジテレビの改善策であるならば、今期のみならず来季の作品たちにも大きな影響を与えることになりそうだ。

文・真田栄太郎(さなだ・えいたろう)※1978年神奈川県出身。大学在学中にフリーライターとして活動を始め、『東京ダークサイドリポート』(ワニマガジン社)、『週刊宝島』(宝島社)、『Hot Dog Press』(講談社)などに寄稿。現在は週刊誌の記者・編集者として事件、芸能取材に奔走する

伊集院光が大好きな怪談の番組に危惧 「霊感の有無になるのが面倒」

伊集院光

写真拡大


24日深夜放送のラジオ番組「伊集院光 深夜の馬鹿力」(TBSラジオ)で伊集院光が、自身の番組で怪談をしない理由を語った。

番組では、19日放送の「生き物にサンキュー&世界の怖い夜 合体3時間SP」(TBS系)で紹介されていた心霊写真が、実は合成写真ではないかという疑惑について伊集院が持論を展開した。

その流れで「僕、怪談がスゴい好き。怖い話がスゴい好き」「聞くのも、作るのも語るのも」と明かす伊集院は、「怪談を作る、怪談をしゃべるテクニックみたいなものや、リアリティある怪談の『芸事(げいごと)』としての、『エンターテインメント』としてのおもしろさとか、スゴい好き」と、人に見せるもの・聞かせるものとしての怪談を高く評価した。

そんな伊集院は、自身が作った怪談を「スゴくやりたい」という。しかし、怪談をしてしまうと「イコール霊を信じる・信じない(の話)と組み合わさっちゃってる」「霊感がある・ない、みたいな」と、あくまで人を楽しませるための「作り物」だったとしても、そうだと受け取られないことを危惧する。

「『それをしゃべるってことは伊集院さん、霊感あるんですよね?』みたいなことになっちゃったりとか」「霊感で食ってる人の拠り所になっちゃったりとかするじゃないですか」「それがスゴい面倒くさい」と苦言を呈し、自身が番組で怪談をしない理由を明かしたのだ。

さらに伊集院は、自分の作った怪談が意図しない編集をされてYouTubeなどの動画投稿サイトに上がってしまうのも誤解を招く原因であるとして「相当面倒くさい」と嫌悪感を露わにしていた。

一方で、伊集院は「心霊動画もスゴい好き」「現代の怪談」「わきまえて見ればいい」と、作りこまれた心霊動画を高く評価していた。

【関連記事】
伊集院光がTBS番組の心霊写真捏造疑惑をバッサリ「あまりにお粗末」
有吉弘行 詰んでいる芸能人の末期症状を指摘「心霊とUFOの話をはじめる」
浜田雅功 心霊物件に居住の過去「『ミシッミシッ』と歩いて来る音だけする」

でんぱ組.incの最上もが、水着姿を公開 絶賛の声が相次ぐ

 人気アイドルグループ・でんぱ組.inc最上もがが、自身のTwitterにて水着姿を公開し、引き締まったウエストが美しいと反響を呼んだ。

 ロケで水着姿になったという最上は、鏡越しに全身ショットを公開。濡れ髪もセクシーだが、何よりも目を引いたのは、キュッと引き締まったウエスト。この美しいスタイルには、「最高に美しい!」「めっちゃスタイルいい」「ボディメイクが素晴らしい」と、絶賛の声が相次いだ。

 以前最上は、自身のInstagramにて 細くて美しいくびれを披露 し、反響を呼んでいたが、今回はさらに鍛え上げられ、腹筋も綺麗に割れているのがわかる。ファンからは、「腹筋が素晴らしい!鍛え上げてる」「腹筋かっこいい」「いい肉体美!」など、感心する声も多く上がっている。

 現在はソロでも活躍する最上。自身がMCを務める人気番組『最上もがのもがマガ!』(AbemaTV)では、お笑いコンビ・ナイツの土屋伸之と共に様々な企画にチャレンジしている。以前番組内では、 「好きな人ができました」と衝撃告白 をし、土屋や視聴者を驚かせていた。