未分類

高橋一生の「年間初CMキング」を妨げかねない“懸念材料”とは?

高橋一生の「年間初CMキング」を妨げかねない“懸念材料”とは?

写真拡大


「2018上半期タレントCM起用社数ランキング」(ニホンモニター)発表されたのは7月6日。これは2018年1〜6月までのCM出稿状況を基にしたランキングであり、男性タレントのトップを飾ったのは、高橋一生で、起用社数10社だった。

「起用した企業には、一流どころがズラリ並びました。そんな高橋のブレイクは昨年で、連続ドラマ『カルテット』(TBS系)で注目され、大河ドラマ『おんな城主 直虎』(NHK)でブレイク。全国的に顔と名前が知れ渡ることとなったんです。ただし、企業ウケはしても、ファン人気については、いささか微妙な状態に突入している」(エンタメ誌ライター)

 今年2月、写真週刊誌「FLASH」で高橋はお泊まり熱愛をスクープされた。お相手はドラマ共演がきっかけで親密になった森川葵。自宅の合鍵を渡し、週に複数回、自宅デートを重ねるラブラブな仲と書き立てられた。

「これで沸騰した女性人気がかなりダウンしてしまった。37歳独身のイケメン俳優に彼女がいても、何ら不思議はない。既婚女性の不貞でもないし、関係者はホッと一安心したそうですが、報道を見た女性からは拒否反応が続出。というのも、激写された時の服装が、全身黒ずくめのうえ、アラフォー男性がまず持たない若作りのウォレットチェーンというもので高橋のイメージと合わなかったんですね。もちろん、その服装が変装を兼ねたカモフラージュだったのではという声もありますが、15歳年下彼女という超年下好みだったことも好感度を下げる一因となったようです」(芸能ライター)

 報道後、高橋は否定も肯定もせず、破局したという続報もないままだ。そのため、移り気な女性ファンをもう一度振り向かせるまでにはいたっていない。年間通してトップを取れるかは、下半期のスポンサー契約が増えるか否かにかかっている。昨年の年間トップは、12社のCMに登場した遠藤憲一だった。アクの強さが飽きられたのか、遠藤は今年の上半期9社にダウンし、2連覇を逃した。高橋は年間CMキングの座を獲得することができるだろうか。

(塩勢知央)

ほのかりんが明かした“電車内の迷惑行為撃退法”に「アウト」の指摘!

ほのかりんが明かした“電車内の迷惑行為撃退法”に「アウト」の指摘!

写真拡大


 ベッキーとの破局後の「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音の交際相手として名を広めたモデル・歌手のほのかりんが、7月28日に自身のツイッターで“過激な迷惑行為への対処法”を明かしている。

「酔っ払って電車に乗って寝てしまう癖があり、眼が覚めると触られてる!とかよくあって」と切り出したほのかりんは、続けて「最初の頃は突き出して警察に連れてってたんだけど、時間取られるし面倒臭いし何にもならないから、最近はブン殴ってから皆の前で謝罪させるようにしてるんだけどこれって法律的にどうなの?」とつぶやいて、独自の対処法が合法か否かという疑問をファンへ問いかけた。

「未成年の頃から飲酒をしていたとあって、21歳にしてすでに“酒に飲まれている”ようですが、それにしても華奢な女性によるハードな撃退メソッドが明かされると、リプライ欄には『バイオレンス! その現場見てみたいです』『正当防衛』『かっこいい』との賞賛が続出。しかし、その報復行為を巡っては『止めさせるために殴ってないから正当防衛は成立せず逆に傷害で告訴されるおそれすらある。まったくの犯罪行為』『日本では私刑は認められていません』『場合によっては暴行罪や強要罪にも該当しそうです』との親身な指摘も。彼女の場合、身を守る為の“ブン殴る”ではなく、迷惑行為が終わった後での“報復”として行なっているため、当ツイートにマジレスするなら、『法律的にはアウト』という可能性が高いでしょう」(テレビ誌ライター)

 迷惑行為は絶対的に“悪”ではあるが、一方で、自身の身を守るためにも、飲酒と報復はホドホドにしたいところだ。

(木村慎吾)

安室奈美恵が明かしたオフの過ごし方に「浜崎あゆみと大違い」と称賛の声!

安室奈美恵が明かしたオフの過ごし方に「浜崎あゆみと大違い」と称賛の声!

写真拡大


 やはり比較されてしまうのが運命!?

 9月16日で引退する歌手・安室奈美恵が、「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)に出演し、熱烈な“アムラー”で知られる番組レギュラーのイモトアヤコとの対談を行ったのは7月29日放送回。対談シーンでは、イモトは安室に対して様々な質問をしていたが、意外な素顔が明かされ、世間を驚かせている。

「好きな食べ物は?」という質問されると、安室は「お肉」「焼き肉大好きです」と回答。これを聞いたイモトは安室がスリム体型ということもあって「ガッツリ白飯とかも?」と、確認していたが、安室はご飯も普通に食べていることを説明し、玄米やスムージーなどのヘルシー系のメニューも好まないと話していた。

 さらに休みの過ごし方について安室は「ほとんど何もしてないです。家でずっとゴロゴロしてます」「一日中テレビ見たりとか、漫画本を読んだり」と、とことんインドア派であることを説明。

 ただ、庶民的な私生活については「休日引きこもってるのは意外だけど、それもギャップでいいね」「いたって普通な回答をするところが逆にいい。さらに好きになった」など、むしろ世間に好印象を与えたようだ。

 また、一部からは「気取っていないところが浜崎と違っていい」「そりゃ、インスタで水着だのバカンスだの写真上げてる人より全然いい」「安室と浜崎はどこでこんなに差が付いた」など、安室を引き合いにして、同じ女性ソロ歌手の浜崎あゆみを叩く声も見られたのだ。

「安室と並び、かつてはギャルのカリスマと呼ばれていたものの、体型・歌唱力ともにキープする安室とは対照的に明らかに太って歌唱力も著しく低下した浜崎。百歩譲ってそういう変化はいいにしても、肉感的なボディが際立つような肌見せが激しい服ばかりを着たり、無理して若作りするような考え方や言動が痛々しいと判断され、最近はファンからも浜崎に『ここを直してほしい』といった声が上がるまでになっています」(エンタメ誌ライター)

 イモトはまもなく引退する安室に対して「好きになったことを本当に誇りに思います。ずっとずっと大好きです」と熱い思いを伝えていた。浜崎も“その日”が来た時には自身のファンからそう思ってもらえるようなスタイルを目指してほしいものだ。

(権田力也)

二宮和也と「婚前旅行」報道の伊藤綾子 ファンに妊娠説飛び交う?

伊藤綾子

写真拡大


 発売中の「週刊文春」(文芸春秋)で、リゾート地・モルディブへの“婚前旅行”を報じられた嵐の二宮和也とフリーの伊藤綾子アナだが、同誌に掲載された伊藤アナの写真に二宮のファンがざわついているというのだ。

 伊藤アナといえば、今年3月いっぱいで所属事務所を退社。現在はまった仕事がない状態で、もはや“専業主婦”も同然の生活を送っている。

 「伊藤アナに対して、ネット上で散々バッシングを浴びせていた二宮のファンですが、伊藤アナが24時間二宮と一緒にいれる状態になってしまったことにはさすがに落胆したようです。以降、バッシングも減りました」(芸能記者)

 ところが、そんなファンたちをざわつかせたのが、同誌に掲載されている写真。ラフな服装の伊藤アナだが、やや二重あごでヒールのないぺたんこ靴。そのため、ファンの間では伊藤アナの妊娠説が飛び交っているというのだ。

「同誌によると、二宮は『オリンピックイヤーまで結婚を待てない』と周囲にこぼしているのだとか。となると、デキ婚による強硬突破もあり得ますね」(芸能プロ関係者)

 同誌では、二宮の“婚前旅行”とともに、櫻井翔に15歳年下で21歳の女子大生の恋人がいたこともスクープ。

 いずれも、各スポーツ紙やワイドショーは後追いしなかったが、嵐ファンにとってはショッキングな記事だったに違いない。

 そして、伊藤アナの今後だが…。

 「たとえ妊娠していても、もう事務所には所属していないのでジャニーズが情報をコントロールできる。だから、いくら週刊誌が産婦人科通いを撮って掲載したところで認めないだろう。発表するとしたら、秋からの嵐のツアーが終わったタイミングになりそう。その前に発表したら集客に多大なる悪影響を与えそうだ」(先の記者)

 真相が気になるところだ。

川谷絵音が「狙っていなかった」悩みを明かす「曲とその通りになっちゃう」

ゲスの極み乙女。が日頃の不満を発散!?/(C)NTV

写真拡大


ゲスの極み乙女。が、8月17日(金)放送の「バズリズム02」(夜0:59-1:59ほか、日本テレビ系)にトークゲストとして出演する。

【写真を見る】バカリズムも同情!? 川谷絵音「曲を書くと、その通りになっちゃう」/(C)NTV

■ “珍しい言葉の表現方法”がヒットの理由!?

2012年に結成し、2014年にリリースしたミニアルバム『みんなノーマル』でメジャーデビューを果たしたゲスの極み乙女。

その後、彼らが生み出した「私以外私じゃないの」「ロマンスがありあまる」「オトナチック」などの楽曲がCMソングとして次々起用され、2015年には紅白歌合戦にも出場した。

破竹の勢いで大躍進を遂げたゲスの極み乙女。は、普段ではあまり使われないような言葉の表現方法が人気を集める理由の一つとなっている。

2016年の活動休止期間をはさみつつも、聞くものをうならせる言葉の言い回しと、メンバー一人一人がスキルアップしたサウンドは、今でも多くのファンを魅了してやまない。

そんなゲスの極み乙女。は、日常の不満を発散するべく、企画「日頃言えない鬱憤を晴らせ! 真夏のイライラ座談会」を行っていく。

■ 実は“狙っていない”川谷絵音、悩みの種を打ち明ける

MC・バカリズムが「結構、(不満は)溜まるタイプですか?」と切り出すと、ボーカル・川谷絵音は曲にしてストレスを発散していることを説明し、曲が出せない時期に行っていた言動も明かす。

そんな中、川谷は「なんでも深読みしすぎ!」という不満をあらわに。「曲を書くと、その通りになっちゃうということが結構あって」と楽曲を配信する半年以上前からレコーディングしているのにかかわらず、歌詞のフレーズが現実とシンクロし、“狙っている”と誤解されてしまう問題について説明していく。

また、「音楽家としてどうなんだろう」「僕が出すとそうじゃなくなっちゃう」という悩みも打ち明け、最近の楽曲を作る上で心掛けていることも発表する。

■ 休日課長が“追っかけ課長”に!?

ベース・休日課長は、「なんであいつに嫁ができて俺にはできねぇんだよ!」という怒りをあらわに。

休日課長と見た目がそっくりなゲスの極み乙女。を応援しているファン・追っかけ課長に対して、「僕、ゲスの極み。デビュー以来、全く彼女できていない。だから、なんで追っかけさんが…」と悲しそうな表情を浮かべる。

さらに、追っかけ課長と奥さんが仲良く映っている写真を公開し、「また、僕のすごく好みの人なんですよ」と思わず妬いてしまうかわいらしい一面をのぞかせると、バカリズムは「完全にもう逆転しちゃってる。追っかけ課長じゃん。あっちが休日課長」といじる。

しかし、バカリズムは「すごい共感できる部分があって」と休日課長の肩を持ち、怒り出してしまう。

■ ほな・いこか、ちゃんMARIも怒りをあらわに!

ほか、ドラムのほな・いこかが「取り分ける時に○○する人」に対するイライラするポイントを指摘。キーボード・ちゃんMARIは「全ての人がレシートいらないと思うなよ!」という不満を明かす。

スタジオライブでは、最新曲「颯爽と走るトネガワ君」を披露。疾走感あふれるナンバーとなっている。(ザテレビジョン)

二階堂ふみとGACKTがダブル主演「埼玉ディス映画」初映像が公開


まさかの映画化!『翔んで埼玉』ティザービジュアル
 - (C)2019映画「翔んで埼玉」製作委員会

写真拡大


 「パタリロ!」などで知られる魔夜峰央の漫画を、二階堂ふみGACKTのダブル主演で実写映画化する『翔んで埼玉』の初日が2019年2月22日決定。併せて、痛烈な埼玉ディスがちりばめられた初映像が公開となった。

 累計発行部数66万部を突破した「このマンガがすごい!comics 翔んで埼玉」を、ヒット作『テルマエ・ロマエ』(2012)の武内英樹監督が実写化する本作。何やら壮大なスケール感漂う幕開けの特報だが、後半から「ダメよ、あんなモノ見ちゃ!」「生まれが埼玉だなんて、何ておぞましい……」「今でも通行手形がなきゃ街も歩けないのよ」などなど、登場人物たちが埼玉県人をディスる痛烈なセリフが連発。極めつけは、「埼玉県人にはそこらへんの草でも食わせておけ!」という超過激なセリフ。

 ラストには「パタリロ!」の舞台&映画版で主演を務めた加藤諒の姿も見られ、迫害を受けながらも東京で働くことを夢見るけなげな埼玉県人を好演している。

 本作は、東京でトップの高校・白鵬堂学院の生徒会長である壇ノ浦百美(だんのうらももみ/二階堂)と、埼玉出身のアメリカ帰りの転校生・麻実麗(あさみれい/GACKT)の「ロミオとジュリエット」的ラブストーリー。二階堂が男性に、GACKTが40代にして高校生に配役されたことでも話題を呼んだ。

 絵画のようなティザービジュアルには、なぜか百美と麗が「埼玉の皆様、映画化してゴメンなさい」と謝罪をする姿が。特報、ティザービジュアル共に2人の顔は写っておらず、好奇心を掻き立てる演出となっている。(編集部・石井百合子)

映画『翔んで埼玉』は2019年2月22日より公開

西川きよし、毎年恒例の豪華すぎる家族旅行 観光バスを7台で170人が参加

西川きよし【錦怜那】

写真拡大


 西川きよし一家が、16日放送の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)に出演し、毎年恒例の豪華すぎる家族旅行について語った。

 一家には、年に1度、家族はもちろん、親族、さらにはきよしが議員時代に選挙を手伝ってくれた人々を招き、170人ほどで旅行をする機会があるという。「西川ファミリー会」と名づけられたこのグループは、観光バスを7台を借り切るのだとか。

 さらには各7台に、きよし一家がそれぞれ一人ずつ乗り込み、添乗員代わりに司会をしながら行くという。

 きよしは、「サービスエリアやパーキングエリアに停まるでしょ。そしたら、(一家は)みんな(別のバスに)乗り換えて1時間ほど喋る」と語ると、娘・かの子も続けて「カラオケ大会の司会やったり、クイズ大会やったり」と説明した。

 旅館に到着後、「夜の宴会では、『西川きよしファミリー会』の宴会芸を見る」のだそうで、きよしは、「楽しいよ! みんな行く?」と観客に呼びかけていた。

亀田大毅氏 ボクシングの思い出を語る「殴り合うの嫌いだった」

亀田大毅氏

写真拡大


 ボクシング元世界2階級王者で、亀田3兄弟の次男・亀田大毅氏(29)が17日放送のテレビ東京「じっくり聞いタロウ〜スター近況(秘)報告〜」(木曜深夜0・12)に出演。07年に当時王者の内藤大助氏(43)に挑んだ世界戦の真相を明かした。

 2人の試合は平均視聴率32・3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録するなど大きな注目を集めたが、大毅氏が内藤氏を投げ飛ばすなどの前代未聞の反則技をしてしまい、物議を醸した。

 大毅氏は「めっちゃ調子に乗っていた」と当時を振り返り、「やる前は絶対勝てると思っていた。3ラウンド終わった時に『俺、チャンピオンなれるわ』って(セコンドに)言ったんだけど、その後は覚えてないんですよね。途中の採点で『もう負けるんじゃないか…』っていうのが頭をよぎって、そこからはもう覚えていない」とボクシング人生で初めて劣勢となってしまったことで頭が真っ白になっていたことを告白した。

 ビッグマウスとして知られるが「(父に)注目されてなんぼやって(言われ)、似合わへんサングラスかけさせられて…」と苦笑。「人と殴り合うのが本当に嫌いで、17年間めっちゃしんどかった。なんでこんなとこに生まれて来たんかな。最悪やわと思っていた」と語った。

南海キャンディーズの山里亮太 みやぞんの過剰な義理堅さに感動

お笑いコンビ「南海キャンディーズ」の山里亮太

写真拡大


 お笑いタレントの「南海キャンディーズ山里亮太(41)が15日、自身がパーソナリティーを務める「山里亮太の不毛な議論」(水曜深夜1・00)に出演。「ANZEN漫才」みやぞん(33)の過剰な義理堅さに、感心しきりだった。

 山里の親友が“天の声(ナレーター)”を務めるのが、日テレ系朝の情報番組「スッキリ」のワンコーナー「クイズッス」。15日放送時には今年、24時間テレビで史上初のトライアスロンを行うことで注目を浴びているみやぞんがゲストで登場し、水泳が1・55キロ、自転車の距離が60キロ、長距離走が100キロになることが明かされた。

 イレギュラーな構成だったため、やり取りやセリフも決まっており、アドリブを入れ込む余地などまったくない状況。しかし、みやぞんは「いやぁ、山里さん。本当に今、僕がこうやっているのは…」と突然切り出したという。山里によると、これはみやぞんの中のルールで、“山里と絡みがある時は必ずお礼を言う”という約束が実行されたということ。

 山里がここまで感謝されているのは、「とんねるずのみなさんのおかげでした」の企画「お笑いイミグレーション」での共演にある。山里はとんねるずに芸人のネタを紹介していくアシスタント的な役回り。山里のバックアップもあり、ANZEN漫才はブレイクへとつながった。そんな恩義もあり、「あの日、あの時がなかったら」と、今でも言ってくれるのだという。

 トライアスロンのチャレンジで時の人となっているにも関わらず、律儀に約束を守り続けるみやぞん。山里はうれしさを感じつつも、“天の声”という設定を忘れて「山里さん」と呼び続けるみやぞんのピュアぶりに苦笑いせずにはいられなかった。

高畑充希主演の「過保護のカホコ」9月19日にスペシャルドラマで復活

(左から)高畑充希、竹内涼真(C)日本テレビ

写真拡大


高畑充希竹内涼真/モデルプレス=8月17日】女優の高畑充希が主演を務め、2017年夏に放送された日本テレビ系連続ドラマ「過保護のカホコ」が、9月19日よる9時より放送のスペシャルドラマ「過保護のカホコ 〜2018 ラブ&ドリーム〜」として復活する。

【さらに写真を見る】「過保護のカホコ」がスペシャルドラマで復活!場面カットでおさらい

高畑演じる史上最強の箱入り娘・カホコとそれを見守る竹内涼真演じる美大生・初(ハジメ)の恋と成長を描き、多くの視聴者に支持された同ドラマ。最終回で自分を取り巻く過剰な庇護から卒業し、めでたくハジメとの結婚を果たしたカホコ。終了後から“カホコロス”なる言葉がちまたを賑わし、未だその熱は冷めていない。

そして、この度、「カホコとハジメの新婚生活はどうなったの?」「カホコの成長っぷりをもっと観たい!」「カホコの過保護パワーでもっと誰かを幸せにして!」といった熱い声援を受け、スペシャルドラマとして復活することが決定。愛する家族のために懸命に奔走するカホコとそれを支える夫・ハジメ。夢と愛を両立させることの難しさをテーマに、新しい家族の愛の形を描く。

◆「過保護のカホコ 〜2018 ラブ&ドリーム〜」あらすじ

物語の舞台は、一年後。カホコは過保護からの脱却を目標に、仕事に家事にと奮闘する毎日を送っていた。保育士として「カホコハウス」で働き、家では家事一切を一人でこなす日々。相変わらず画家として成功できない初を応援しながら、バアバ亡き王国に君臨していると、思いきや、カホコはあらゆるトラブルを全て抱え込み、ひとりで空回りするばかり。

親と一緒にいられない子どものために始めたカホコハウスは、経営は苦しく、残業続き。家庭では家事一切を自分でやると言いながら、洗濯も料理も間に合わず、庭は荒れ放題。見かねた初に止められるも、ムリして開いたイトの誕生日会では、単身コンダクターへの道を探すために、ウィーンへ旅立つと言うイトと節が大喧嘩。子ども欲しさに代理母出産を計画する環が衛と揉めはじめ、とパーティは大紛糾。

一方、母・泉は一年経っても子どもができないカホコ夫婦に子作りを強要し、さらには未だ定職に就かない初に、「画家の夢を諦めろ!」とキレる。カホコの結婚後「カホコ・ロス」になった泉、正高夫婦は、今では会話もほぼない。カホコの悩みは両親の離婚の危機にも及んでいく。

そんな折り、カホコハウスに通う保の元へ、行方不明になっていた母・真美がやって来る。カホコの心配をよそに引き取られていく保。数日後、予想通り再び置き去りにされ、カホコを頼って来た保の将来を案じ、カホコは「保を引き取る」と言い出す。

当然、初は猛反対。泉からの子作りのプレッシャーもあり、カホコと初夫婦の関係も微妙にズレ始める。経営難のカホコハウス、親族のゴタゴタ、両親の離婚危機、そして、保のネグレクト問題を解決し、カホコは初との関係を修復できるのか。(modelpress編集部)

■高畑充希(麦野加穂子役)コメント

去年の夏は、私にとって奇跡のような夏でした。大切な思い出過ぎて、鍵をかけて奥の奥にしまっていたのですが、またそれを引っ張り出してくる時が来たみたい。すごくドキドキしています。ソワソワもしています。心臓出そう。

大好きな初くんやママパパ、家族のみんなにまた会えるのが、とにかく楽しみ。

カホコファミリーみんなで、すっばらしいスペシャルドラマ目指して一生懸命頑張りますので、お楽しみに!いざ!

■竹内涼真(麦野初役)コメント

去年の夏、悩みながら、もがきながら多くのことを勉強させていただき、自分自身の成長を少しですが感じることができた作品がこの「過保護のカホコ」でした。

1年経った今、またその麦野初として帰ってこられることを心から嬉しく思います。

初が一家の主としてカホコとどんな結婚生活を送っているのか、そしてカホコのパパやママたちはどうしているのか。僕自身、撮影がすごく楽しみです。

【Not Sponsored 記事】