未分類

山中伸弥教授が部下の論文捏造で辞任を視野に NHKが大慌てか

タモリ(左)と山中伸弥教授(右)

写真拡大


 京都大学iPS細胞研究所の助教の研究論文に、捏造(ねつぞう)や改ざんが認められたことを受け、山中伸弥所長が22日、謝罪会見を開いた。

 一見、芸能界とはまったく無縁のようだが、「NHKが慌てていますよ。うまく収まってほしい、とね」とベテラン放送担当記者が耳打ちする。

 山中教授といえば、2012年にノーベル生理学・医学賞を受賞したとして知られる人物。問題が露見した同研究所の所長を、受賞前から務めている。

「2014年にはNHKスペシャル『人体 ミクロの大冒険』でタレントのタモリとレギュラー出演しました。そのシリーズ第2弾が、現在、放送されているところなんです」

 と前出・放送担当記者。

 人体を新たな角度から見つめなおす画期的な番組で、現在放送中のシリーズは『人体 神秘の巨大ネットワーク』。

 昨年秋に放送されたプロローグから始まり、腎臓、脂肪と筋肉、骨、腸をこれまで取り上げている。

「新聞の投書欄でも好評の声が掲載されるなど快調なんです。山中教授は、タモリとW司会を務めているんです。実際、いい番組だと思いますよ」と前出・放送担当記者も手放しでほめる。

 そんな矢先に発覚した、今回の論文不正問題。

 山中所長は会見で「このような論文不正を防ぐことができず、所長として非常に強く後悔、反省をしております」と事態の重要性に触れ、自身の進退にも言及したのだ。

「生命にかかわる問題ですし、世界中が研究にしのぎを削っている分野。一歩先を行けるかどうかで、後々の医療産業での利権のキャスティングボードを握れるかどうかが変わってくる世界。今のところ、所長の責任を世論が糾弾するところまでいっていませんが、責任問題として辞任もあり得ますね」と民放報道局記者。

 NHKスペシャルは全7週で、2月4日には第5集『“脳”すごいぞ! ひらめきと記憶の正体』の放送が予定されている。

「その後も第6集、第7集の放送が控えていますが、NHKが頭を抱えるのはそこです。万が一、山中教授が所長を引責辞任ということになれば、タモリとのW司会を続けることがいいのか、という声が局内でもささやかれ始めているんです。

 山中教授も気に入っている番組で力を入れていましたが、ことの重大性に鑑み、出演の辞退を申し出ることもあり得る。どちらにしてもNHKには頭の痛い問題です」

 と前出・放送担当記者が続ける。

 引責辞任がいつになるかによってNHKの判断も大いに揺れる、相当大きな論文不正問題なのである。

<取材・文/薮入りうらら>

IKKOがカツラを被るようになった理由「ダイエットで髪がなくなった」

IKKO

写真拡大


23日深夜放送の「チマタの噺」(テレビ東京系)で、ヘアメイクアーティストでタレントのIKKOが、カツラを被るようになった理由を明かした。

番組では、ゲストのIKKOが、美容や両親にまつわるエピソードを披露する中、MCの笑福亭鶴瓶からは「頭はそれはカツラなんでしょ?」との質問が飛んだ。IKKOはカツラであることを認めた上で「カツラにした理由があった」と話し始めた。

IKKOによると、40代の頃にダイエットをして痩せることには成功したが、その影響からか「髪の毛がなくなっちゃったんです」という。悩んだIKKOは、金髪で坊主に近いベリーショートにして、しばらくはカツラをつけて生活することにしたそう。

しかし、カツラを被っていると、生え際を見てくる人もいるのだとか。IKKOは「『お帽子』って言ったら怖くなくなって」と、カツラを帽子だと言うことで抵抗がなくなったのだという。

この対処法に鶴瓶は「1回言うてしまうと楽なの」と同調し、黙って隠し続けることでかえって「カツラと見られんねやろか?」という不安が募ることを指摘した。

その後、鶴瓶は「今日はまたちょっと頭違いますけども」と、いつもと異なるカツラだと見抜きIKKOを驚かせたが「時々ね、テレビから見たら『プラスチックのお風呂』に近いなって思って」と普段のIKKOのカツラをイジると、IKKOは「嫌だ! 背負い投げー!」とお約束のフレーズで、ツッコミを入れていた。

【関連記事】
IKKOが人生で最も激怒した女性アイドル…怒りの余りモニターを破壊
IKKOの突然の告白に国山ハセンアナが赤面「ハセンちゃんの方が好き〜!」
IKKOが亡き父への複雑な感情を吐露「娘って言って欲しかった」

元NHKアナの登坂淳一にセクハラ疑惑「事実と異なる」とコメント

 今年4月からスタートするフジテレビの「プライムニュース」。夕方のメインキャスターを務める登坂淳一氏(46)にセクハラ疑惑が持ち上がった。


趣味はカーリング(NHKのホームページより)

 2011年6月、札幌放送局に赴任していた登坂氏は、取材のため、NHKのあるローカル局を訪れた。事件が起きたのは、番組収録後に行なわれた打ち上げの2次会だった。

 カラオケ付きの飲食店で行なわれた2次会で、当時、NHKの新人キャスターだった田中知子さん(仮名)は登坂アナの隣に腰をかけた。


鹿児島放送局時代の登坂氏

 彼女の相談を受けていた学生時代の友人が、当日の様子を明かす。

「席に着くなり、登坂さんは彼女の膝を撫で回すように触ってきたのです。彼は何杯か飲んでいたけど、酩酊はしていなかったそうです。田中さんの身体を触りながら、耳元で『一緒に抜け出さない?』と囁いてきたといいます。彼女は『初対面なのにベタベタ触ってきて嫌だな。この人は女性を見下しているな』と感じたそうです。ただどう対応すればいいかわからなかったので、とりあえずトイレへ逃げた。すると登坂さんが追いかけてきたのです」

 そしてトイレ前の廊下で登坂氏は、田中さんに何度もキスを迫った。「やめてください!」という彼女の言葉を気にすることなく、行動をエスカレートさせていった――。

 登坂氏の言動は、後日セクハラ事案として、ローカル局を通じ、札幌放送局に報告された。


フジテレビの宮内正喜社長(左)と日枝久相談役 ©共同通信社/文藝春秋

「NHKの局内調査の結果、登坂アナは『大変申し訳ないことをした』と事実関係を認め、上司から厳重注意の処分を受けています」(アナウンス室関係者)

 田中さんの代理人弁護士は、「ご指摘の事案については確かにありましたが、NHKで適正な対応・処分をして頂きました。過去のことでもありますので、お話をすることは差し控えさせて頂きたいと考えています」と回答。

 登坂氏は、所属事務所の顧問弁護士を通じ、「NHK在籍時に一切処分は受けておりません。事実と異なるご指摘があり、大変困惑しております」とコメントした。

 1月25日(木)発売の「週刊文春」では、登坂氏によるセクハラ疑惑を詳報している。

(「週刊文春」編集部)

滝沢カレンの上半身ヌードに反響続々「なんて美しく可愛いんだ」

滝沢カレン「JJ」3月号(画像提供:光文社)

写真拡大


滝沢カレン/モデルプレス=1月24日】雑誌「JJ」モデルの滝沢カレンが、上半身裸で同誌3月号表紙に登場。ネット上では大きな反響を呼び、本人がInstagramにてコメントした。

スタッフも感動の大胆撮影

滝沢は“25歳、そのまんまの私”を表現するため、上半身裸となり、胸を両腕で隠しただけの姿で表紙を飾った。

この大胆で美しいカットに対しネット上では「めっちゃきれー」「カレンちゃん美しい…」「表紙、素敵です!」「セクシーだし表情も最高です!!」「な、なんて美しく可愛いんだ〜すごい」といった反響が多数。滝沢はこうした声を受け「雑誌の表紙について色々言ってきた人っち、ありがとうございました」と感謝。「男だろうが、女だろうが買って下さい。申し訳ないですが『男だから恥ずかしいんだ』とかもう言ってる場合じゃありません(本当に嫌なら大丈夫です)。よろしくお願いします」と“滝沢らしい”表現でアピールした。

独特の日本語センスが人気を呼び、タレントとしても活躍する滝沢は2011年に同誌モデルデビュー。2016年9月号にて初表紙を飾り、その後も同誌を牽引している。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

立川志らく iPS論文の不正で山中伸弥氏が辞任になれば「人類の損失」

山中伸弥氏

写真拡大


23日放送の「ひるおび!」(TBS系)で、京都大学・iPS細胞研究所の山中伸弥教授の進退をめぐり、落語家の立川志らくが「メディアは辞めさせない力もある」と指摘した。

番組では、同研究所所属の山水康平特定拠点助教が引き起こした不正行為を取り上げた。

山水助教は2017年3月に論文を発表。「アルツハイマー病などの新薬開発にも役立つ」など、大きな期待を集めていた。しかし、研究所に情報提供があり、調査委員会がチェックした結果、論文の根幹部分に用いられたグラフデータにねつ造と改ざんが確認されたというのだ。山水助教は「論文の見栄えをよくしたかった」と、不正の動機を告白したという。

2012年のノーベル生理学・医学賞受賞者でもある山中教授は22日に記者会見を開き、この不祥事を謝罪した。記者が「(所長の)辞任も含めて検討?」と問いかけるや、「もちろん、すべての可能性を考えております」と明言している。

スタジオでは志らくが、「山中教授がもしお辞めになったとしたら、iPS細胞の研究は本当に白紙に戻りかねないし、人類の損失になりますから」と主張する。また、辞任の可能性を尋ねた記者についても、「『先生、こんなことでお辞めにならないでくださいよ』くらい言えばいいんですよ」と苦言を呈したのだ。

続けて、志らくは「メディアは辞めさせる力はあるけども、辞めさせない力もあるわけですから」と、メディアの持つ意義を指摘するとともに、山中教授の辞任に断固反対していた。

【関連記事】
「臆病かつ姑息」乙武洋匡氏がメディアの曖昧な表現を批判
被害者を実名報道する理由…池上彰氏が報道の意義を解説
「一生忘れない」乙武洋匡氏が父親の葬儀で目撃した報道陣の非礼を暴露

滝沢カレンの上半身ヌードに反響続々「男だろうが、女だろうが買って」

滝沢カレン「JJ」3月号(画像提供:光文社)

写真拡大


滝沢カレン/モデルプレス=1月24日】雑誌「JJ」モデルの滝沢カレンが、上半身裸で同誌3月号表紙に登場。ネット上では大きな反響を呼び、本人がInstagramにてコメントした。

スタッフも感動の大胆撮影

滝沢は“25歳、そのまんまの私”を表現するため、上半身裸となり、胸を両腕で隠しただけの姿で表紙を飾った。

この大胆で美しいカットに対しネット上では「めっちゃきれー」「カレンちゃん美しい…」「表紙、素敵です!」「セクシーだし表情も最高です!!」「な、なんて美しく可愛いんだ〜すごい」といった反響が多数。滝沢はこうした声を受け「雑誌の表紙について色々言ってきた人っち、ありがとうございました」と感謝。「男だろうが、女だろうが買って下さい。申し訳ないですが『男だから恥ずかしいんだ』とかもう言ってる場合じゃありません(本当に嫌なら大丈夫です)。よろしくお願いします」と“滝沢らしい”表現でアピールした。

独特の日本語センスが人気を呼び、タレントとしても活躍する滝沢は2011年に同誌モデルデビュー。2016年9月号にて初表紙を飾り、その後も同誌を牽引している。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

小室哲哉の引退後の収入源?トップクラスの作詞・作曲家の印税収入は

 不倫騒動の責任を取って引退を表明した小室哲哉(59)。会見では、認知症をもたらす高次脳機能障害を患っている妻のKEIKO(45)の介護問題も飛び出た。

 引退後も終わりの見えない妻の介護に忙殺されることになるが、現在は1年のうち約3カ月は大分県にあるKEIKOの実家で親族が介護し、残りの期間を小室が事務所スタッフと面倒をみている。専門家によると、高次脳機能障害の在宅介護は配偶者1人では難しく、施設入所や他人の手助けが必要だという。

 それだけに今後もスタッフらの手を借りることになりそうだが、その人件費である高額支出を埋めるだけの収入はあるのだろうか。

 引退後の小室の主な収入源となりそうなのが、JASRAC(日本音楽著作権協会)から入る「作詞・作曲」の分配金とみられる。以前は原盤権も所有していたが、15億円以上ともいわれた借金返済のため多くを売却したとされる。

■トップクラスなら年間2億円以上

 現在、JASRACには1万7610件(個人・法人)の会員がおり、16年度は約1124億円が分配金として支払われた。この金額を会員数で単純に割ると、1人当たり約638万円の分配になるが、もちろん売れっ子や一発屋で取り分は大きく変わってくる。

 ある作詞家に聞くと、「トップクラスの作曲家・作詞家になると、年間で2億円以上になる」と言う。「トップとは、阿久悠、松本隆、秋元康、筒美京平さんらのことで、当然ながら小室さんも入ります」(前出の作詞家)

 最近の小室は、楽曲がパチンコ機器などで使用されるようになり、さらに印税収入が上がっているという。幸いにもKEIKOの実家は明治38(1905)年創業の高級ふぐ料亭を経営し、実姉の西麻布の店もミシュランで星を獲得するほどの成功店だ。小室の苦労は察して余りあるが、こと介護費用に関しては他人がとやかく心配する必要はなさそうだ。

NMB48太田夢莉が休養を発表「少しの間待っていてください」

NMB48の太田夢莉が休養を発表(C)NMB48

写真拡大


 NMB48の太田夢莉(18)が、体調不良のため休養することが24日、わかった。グループの公式ブログで発表された。

【写真】AKB48のシングルに初選抜された太田夢莉

 同ブログで金子剛劇場支配人は「本日、太田夢莉より体調不良の為、休養の申し出がありました」と報告。本人のコメントも掲載され「突然のお知らせ、すみません。数ヶ月前から体調が優れず、今後の活動を励むために、一度休養させて頂く事になりました。応援してくださっている皆様、ご迷惑おかけしてしまい、ごめんなさい。体調を整えて戻って来るので、少しの間待っていてください」とファンに呼びかけている。

 NMB48の次世代エースとの呼び声が高い太田は、今月20日に発表されたAKB48の通算51枚目のシングル(タイトル未定、3月14日発売)の選抜メンバーに選ばれたばかり。AKB48のシングルでは初選抜となり「初めて選抜に選んでいただきました。自分の名前が呼ばれてすごく驚きです。ふつつか者ですがよろしくお願いします」とあいさつしていた。

 金子支配人は「皆様にはご心配をおかけして申し訳ございません。しばらくの間、活動を一時休止させていただきます。活動再開まで温かく見守って頂ければ幸いです」と理解を求めている。

オリラジ藤森慎吾 田中みな実との破局で「家具も家も変えた」

藤森慎吾

写真拡大


 お笑いコンビ、オリエンタルラジオの藤森慎吾(34)が23日、TBS系「有田哲平の夢なら醒めないで」(火曜後23・56)に出演し、自宅をテレビ初公開。2015年10月にフリーアナウンサー、田中みな実(31)と破局したことで「家具も家も変えた」と明かした。

 藤森の自宅は約80平方メートルの1LDK。約18畳のリビングは落ち着いた雰囲気で、アンティークのじゅうたんや、大阪の家具店から購入したソファのほか、多くの観葉植物が並び、高級靴が50足以上収納されている玄関や、キッチン、トイレも公開された。

 自宅を訪れていた番組スタッフから「前の家の家具は持ってきてないんですか?」と聞かれると、藤森は「全部捨てました。何にも残ってないですよ。気分転換というか、新しい気持ちでというか」と答えた。

 すると、スタッフは「前の家に嫌なことがあったんですか?」「何があったんですか?」と意味深な質問。藤森は「何があった? よく知ってんだろうが! 女子アナウンサーと別れたんだよ!」と声を荒げ、「いろいろあったから、それは全部リセットしようと思って、家具も家も変えたの。それが2年半前。言わすんじゃないよ、もう! いいだろ!」と説明した。

 スタジオでMCを務めるお笑いコンビ、くりぃむしちゅーの有田哲平(46)は「本当に隙がない(家)」と藤森の自宅を評価。一方で、お笑いトリオ、森三中の大島美幸(38)は「掃除してるのはすごいよかったですね。でも、こんな男は気を付けろよっていう典型的な家」と指摘した。

高橋真麻が結婚を諦めた様子?独身生活を念頭にパスポート更新

「どぶろっく」の2人とコラボした高橋真麻(左)

写真拡大


 俳優・高橋英樹(73)の娘で元フジテレビアナウンサーの高橋真麻(36)が24日、都内で行われた「JELLY&JELLIES フルーツ青汁ジュレ」新商品発表会(ヒーローズ主催)に出席した。

 高橋は上半身に比べて足が細すぎる体形のうえ、合わない靴で歩きすぎたため、年末から炎症を起こし、つえを使う生活を送っていたが、この日は青汁をイメージした緑色のワンピースにハイヒールで元気に歩いて登場した。

 交際中の男性がいながらも先日、ブログで「五年前 もしかしたら名字が変わるかもと思って、5年用パスポートを選択した自分を悔やみます(笑) 今回は10年!!」と独身生活が続くことを念頭にパスポートを更新したことを明かした。

「この間、同窓会をやったら、子供連れのママばかりだった」と周りに刺激を受けながらも、バレンタインデーについて「まだ予定は決まっていない。プライベートについては、私自身は分からない」と語っており、結婚をあきらめたかの様子だった。

 さらには、ゲストで登場した下ネタお笑いコンビ「どぶろっく」(森慎太郎=39、江口直人=39)に「かなりの大皿で、ここにジュレがたまるんじゃないの」と、女子アナ時代から15キロの増量で豊かになったバストをネタにされる始末だった。

 高橋が2人に交って自慢の美声を響かせると、どぶろっくは「高橋真麻with Dでもなんでもいい。一緒に営業に」と勧誘した。