未分類

矢口真里 学力の高かった憧れの高校を中退した理由を明かす

 20日「矢口真里の火曜The NIGHT」(AbemaTV)が放送された。矢口真里と芸人の岡野陽一がMCを務め、アイドルをスタジオに招いて本音を引き出すトークバラエティ番組だ。

 番組のオープニングで、ロンドンブーツ1号2号・田村淳の青山学院大学受験の話題に。矢口が共演した際の番組ロケでも、休憩時間になると英単語帳を開き黙々と勉強していたという。「飲んじゃうと勉強したくなくなっちゃう」という理由から、アルコールも絶っているそうだ。今回は不合格に終わった淳だが、まだ「個別学部日程」の入試という可能性が残されていることから、矢口は「心から応援してます」とエールを送った。

 ここで岡野が学歴について話を振ると、矢口は「最終学歴は高校中退」と明かす。その高校は、茶髪やピアスOKという自由な校風にもかかわらず、生徒の学力も高いという憧れの学校だったそうで、2年間の猛勉強でグンと偏差値を上げて入ることができたという。

 しかし、中学3年生の春にモーニング娘。のオーディションにも応募したため、思いがけず“同時合格”となってしまった。授業を1時間目まで受けて、横浜の高校から東京へ仕事に行くという生活が続いてしまい、ついには中退することになってしまったのだとか。

 学校生活について岡野が、イジメのようなものがあったか? と聞くと、矢口は“写真攻め”にはあったことを告白。しかしそれ以上仲良くなることもなく、休み時間を惜しんで勉強する同級生に学力ではどんどん遅れをとってしまい「1年(生)の後半は無理でした」と早々に落ちこぼれてしまったと振り返っていた。

 大学への進学を断念した矢口だが、淳の挑戦している姿について「ちょっとうらやましいなって気持ち」と本音をこぼす。しかしAbemaTVの企画にされてしまうことを恐れたのか、即座に「(受験)やんないすよ?」と否定して「私からお酒を取り上げないで、お願いだから!」とスタッフに懇願していた。

(AbemaTV/2月20日放送『矢口真里の火曜The NIGHT』より)

⇒ 『矢口真里の火曜The NIGHT』はAbemaTVで毎週火曜日夜1時から放送中(無料で2月20日の放送回を観る)
⇒ 『The NIGHT』の過去放送は、Abemaビデオで無料視聴可能!

神田うの 伊東美咲や菅野美穂らと写る「ママ友会」ショットに反響


美!美!美!美!(画像は神田うのInstagramのスクリーンショット)

写真拡大


 タレントの神田うのが22日、自身のInstagramで、女優の伊東美咲菅野美穂らと写る、豪華な“ママ友会”ショットを公開し、反響を呼んでいる。

 「ママ友親子ランチ会」というコメントを添えて、神田がお披露目したのは、神田と伊東、菅野、そしてモデルの角田ともみが並んだ写真。ハッシュタグによると、ママ同士で楽しく子育てについて話したり、情報交換をしたりと充実した時間を過ごしたよう。

 ファンからは「み〜〜〜んな綺麗」「素敵なママ達」「素敵過ぎて眩しいメンバー」というコメントのほか、「なんて、豪華なメンツ」「番組できそうなくらい豪華ですね」と豪華すぎる顔ぶれに驚く声が上がっている。(山田貴子)

田中要次 大杉漣さんの急死に涙ぐむ「先週もお会いしたばかり」

田中要次(C)ORICON NewS inc.

写真拡大


 俳優の田中要次が22日、東京・六本木のBSジャパンを表敬訪問。芸能界随一の「猫好き」で知られ、きのう急死した俳優の大杉漣さんについてコメントを求められると、「翌日なのであれですが、…すみません」と言葉につまり、泣きそうになっていた。

【写真】9日には…、共演者とノンストップで50分トークしていた大杉さん

 テレビ東京系のBS局の同局では、きょう2月22日の「猫の日」にかけて、「BSニャパン」の掛け声の下、番組からCMかから猫だらけの編成を行う。その目玉企画のドラマ『猫とコワモテ2(にゃん)』に主演する田中は、“BSニャパン”宣伝部長として、きょう付けの新聞広告にも登場。平昌五輪のため留守にしている社長に代わり、“一日社長”に就任して、前例のない試みをアピールするため、メディアの取材に応じた。

 田中は「トラちゃん(大杉さんの愛猫)のことを話したり、先週もお会いしたばかりだったので。本当に社長の特権を振りかざすことができるのなら、僕のドラマの枠でもいいので、大杉さんが主演した映画『ネコナデ』(2008年)に差し替えることはできないかと、お願いしたいところ。どうにかならないかな」と大杉さんを偲んだ。大杉さんのブログによく登場するトラは、『ネコナデ』で共演した子猫だった。

ヨネスケ 取材先の飲食店との裁判で計150万円を失った過去

21日放送の「良かれと思って!」(フジテレビ系)でタレントのヨネスケが、取材先の飲食店と裁判沙汰になった過去を告白した。

番組では、「グルメタレント 暴露オークション」と題して、グルメタレントたちが業界の裏側などを明かしていった。

タレントたちが苦労話を語る場面に入ると、ヨネスケは取材先と本気でもめたエピソードを語った。

なんでも、ある店で出されたイワシのぶつ切りが原因だったそう。イワシのぶつ切りは、本来ならば骨まで食べられないといけないものらしいのだが、出された品は骨が食べられなかったというのだ。ヨネスケは怒り心頭に発し、翌日の生放送の場で「料理人の風上にも置けない」と店を批判。店の名前を番組中に3回連呼したとのこと。

その結果、ヨネスケは裁判に巻き込まれ、弁護士料含めて150万円を失ったという。出演者がこの逸話に驚いていると、ヨネスケは「俺はマズいとは言ってない!料理人の風上にも置けないって言ったんだ!」と弁明。これに対し、MCのハライチ・澤部佑は「最上級の悪口やん!」とツッコミを入れていた。

【関連記事】
武井壮が女性問題で裁判を経験した過去を告白「トラウマもある」
北村晴男弁護士が約30年間で「いままで見たことがない」と感動した裁判
小室哲哉が裁判当時にかけられた言葉「この後が楽しみです」

大食いとして知られる谷亜沙子 高すぎる食費に悩み「月に30万円くらい」

 タレントでフリーアナウンサーの谷亜沙子が21日放送の『良かれと思って!』(フジテレビ系)に出演。「食費が月に30万円かかる」と悩みを告白し、スタジオを驚かせた。

 “大食い女子アナ”として、バラエティ番組で巨大グルメを平らげたり、ギャル曽根との大食い対決に挑むなど、大食いぶりを披露している谷。最高お寿司を106貫完食したという谷は、プライベートの食事のときも「結構たくさん食べる」のだという。

 普段の食生活について、谷は「よく出前を頼むんですけど、1回の食事で6店舗くらい頼みます。1回に6食分が届きます」とそのボリュームを激白。さらに、食費について「月に30万円くらい(かかる)。高いですよね〜」と悩みを打ち明けると、スタジオは驚きの渦に。グルメレポーター枠で出演していた彦摩呂や内山信二が大口を開けて驚く姿が映し出されたほか、「エンゲル係数高い〜」との悲鳴も上がっていた。

 小柄でスレンダーな美人女子アナというビジュアルからは想像がつかない谷の大食いぶりは、今後も注目を集めそうだ。

イモトアヤコ 1本あたりのギャラは海外ロケを含め30~50万円か

 太眉メークとセーラー服姿でお馴染みのタレント・イモトアヤコ(32)は平昌五輪をものともしない“稼げる女”だ。

 もはや登山家のイモトが、南極大陸最高峰に挑戦した18日放送の「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)3時間特番の平均視聴率は19.2%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)。その裏では、スピードスケート女子500メートルが生中継されていたのに、この数字は立派だろう。

「イモトのギャラは海外ロケを含めて1本30万〜50万円。CMは1本1500万〜2000万円と聞いている。1年の3分の2はロケで海外にいるので、お金は貯まる一方みたいですね」(キー局関係者)

「イッテQ!」の“看板女優”も数字ほどギャラは高くないようだが、昨年7月には女性週刊誌に、親友の女優・竹内結子と同じ「億ション生活」なんて報じられた。稼げる女は順風満帆、とばかりはいえないようだ。

「『イッテQ!』の珍獣ハンターで人気になって10年以上。あまりに“色”がつきすぎました。イモト自身も次のステップを模索している。事務所もひな壇に並ぶ女芸人とは一線を画したいと考えているらしい。だから一昨年から連続ドラマにも出演しましたが、何をやっても“登山家イモト”の方が数字を稼げる。人気がありすぎて、色を変えるのが難しいようです」(前出のキー局関係者)

 痛しかゆし、か。逆に行く末が心配になってくるが、芸能ジャーナリストの佐々木博之氏がこう言う。

「イモトさんはもともと芸人ですが、誰もが知っている持ちネタがあるわけではありません。かつて女優にも挑戦し、決して演技の評判は悪くありませんでしたが、女優業一本で食べていけるほどではありません。ただ、彼女は頭の回転が早く、スタッフ受けもいい。将来的には司会業などのオファーが来るかもしれませんし、それで十分やっていけると思います」

 イモト自身は「プライベートでは山には登りたくない」と話していた。ファンとしては、4年前に断念したエベレスト登頂だけは成功してほしいところだが……。

小室家、「元信者が猟奇殺人」宗教“信心過去”報道で破局へ急加速!?

小室家、「元信者が猟奇殺人」宗教“信心過去”報道で破局へ急加速!?

写真拡大


 仲睦まじいお姿から一転。前代未聞の「結婚延期」となった眞子さまと小室圭さん。その真相を巡って様々な報道がなされている中、2月22日発売の「週刊新潮」が小室家にまつわる新興宗教の存在について報じている。

「結婚延期の原因として取り沙汰されているのが、圭さんの母親である佳代さんと元婚約者との間に起こった430万円を超す金銭トラブルです。これについて、元婚約者の男性が誌面で告白しています。それによると、圭さんの留学費用も工面したというこの男性は『お金を返してほしいとか、謝ってほしいとかよりも、お礼の言葉くらいは言ってほしい』『せめて僕には(婚約の)報告があってしかるべきだと思うんです』とコメントしています。また、週刊新潮は、圭さんの祖母が入信していたとされる新興宗教の元信者が1987年、殺人事件を起こしていたことも詳報していて、その報道によると事件は、被害者の遺体の頭部を切断して腹部を切開。内臓を取り出して塩で揉み、三日三晩不眠不休で切り刻むという凄惨極まりないもので、このような『儀式』に至ったのは、『取り憑いた悪魔を祓うため』という理由だったとか。その後、祖母はこの事件をきっかけに脱会していますが、“信心深さ”は受け継がれているのか、その新興宗教と関係があるのかどうかは明らかにはされていませんが、佳代さんが心酔していた女霊媒師の存在を知人が詳細に証言していますね」(週刊誌記者)

 現在、宮内庁では、「婚約解消」に向けての動きが始まっているとまで同誌はかなり断定的に報じている。子を思う気持ちはどの親も同じとは思うが、はたして両家の思いは結婚へ向かっているのか。それとも…。

大杉漣さんの急死 八嶋智人と佐藤二朗がTwitterで哀悼の意

大杉蓮さん

写真拡大


21日の俳優・大杉漣さんの急死を受けて、芸能界には悲しみの声が広がっている。

大杉さんは、同日午前3時53分、急性心不全のため死去した。66歳だった。

報道を受けて同日、俳優の八嶋智人は自身のTwitterアカウント上に、「俳優は二度死ぬ」という言葉から始まる追悼のツイートを投稿。俳優の死は「一度目は身体が。二度目は皆の記憶から消える時」だと前置きし、「だから僕は、これからたくさん大杉漣さんのこと想ったり、話したり、観たりするんだ!」と、大杉さんを忘れないことを誓ったのだ。

また、俳優の佐藤二朗は22日、Twitterを更新。大杉さんと共に収録した際に「先輩がこうなら俺ら世代が『疲れた』なんて言えねえな」と思っていたことを明かした。

佐藤は大杉さんを「どの現場でも爛漫で、愉しく、誰に接するも態度変わらず、真に敬愛できる大きな先輩」だったと振り返り、「最期の日まで現場に立った事を、最期の日まで台詞を吐いた事を、心底羨ましく思う」と心情を述べていた。

【関連記事】
SMAPの香取慎吾が名優・高倉健さんとの叶わなかった約束を明かす
GACKT 松野莉奈さんの急死に追悼コメント「どんな1日でも大切な1日」
ビートたけし ふたりの客前で漫才をしていた下積み時代を振り返る

バカリズム「ひらがな男子」で自身初となるアニメ映画の脚本を担当

バカリズムがレギュラー番組『アイキャラ3』から生まれたアニメ映画『劇場版 ひらがな男子 〜序〜』の脚本を担当

写真拡大


 お笑い芸人・脚本家として活躍するバカリズムが日本テレビで月1回放送されるレギュラー番組『アイキャラ3』(毎月最終木曜 深0:59)から生まれた『劇場版 ひらがな男子 〜序〜』で自身初となるアニメ映画の脚本を担当することがわかった。

【写真】バカリズムが描いたaikoのイラスト

 『アイキャラ3』は永遠に理想の姿を保ち続け、世界中に愛と笑顔をふりまく2次元キャラクター「アイキャラ」を生み出すプロジェクト。バカリズムのほか小出祐介(Base Ball Bear)、夢眠ねむ(でんぱ組.inc)らが、視聴者とともに、たっぷりの情熱とフェティシズム、そして斬新なアイデアでキャラを生み育て、現実世界でのデビューを目指していく2次元キャラ育成バラエティーとなっている。

 このほど劇場上映決定した『ひらがな男子』とはバカリズム原案の、ひらがな一文字一文字を擬人化したキャラクター。彼らが登場するアプリゲーム『いつらのこゑ』は、20万超ダウンロードのヒットとなっている。劇場版は、「応援上映」のスタイルをとり、これまでとは違う映画体験を楽しめる内容となっている。

 また挿入歌はMAN WITH A MISSIONの「DON’T LOSE YOURSELF」に決定。2010年発売のデビューアルバム『WELCOME TO THE NEWWORLD』に収録された同バンドの原点ともいえる楽曲で、劇中の重要なシーンで登場することとなる。メンバーのジャン・ケン・ジョニーは「コノ楽曲ハMAN WITH A MISSIONノ一番最初ノMVニナッタ、世ニ姿ヲ現ワシタ、言ウナレバ原点ミタイナ曲。嬉シイ限リデス。2次元キャラ新時代トトモニ楽シンデ下サイ!」と呼びかけている。

 なお3月16日の夜には東京・TOHOシネマズ新宿にて、プレミア上映も開催予定。そこでは、バカリズム、小出、夢眠に加え、監督の水島精二氏や、声優の梶裕貴、市川太一、矢野奨吾などが登壇する。

大杉漣さんが語っていた「現場」への思い「一生、下積みます!」


 
俳優・大杉漣さんが2月21日、急性心不全で亡くなった。66歳だった。
 
名バイプレイヤーとして、数多くの作品で存在感を示してきた大杉さん。44年にわたる俳優人生の始まりは劇団「転形劇場」だった。
 
特殊なメソッドの舞台をやる劇団で、セリフなしに演じる<沈黙劇>は世間で高く評価されていた。
 
その後、Vシネマやピンク映画などへ活躍の場を広げていく。98年、北野監督『HANA-BI』、崔 洋一監督『犬、走る DOG RACE』で助演男優賞を受賞。一躍注目を集めた。
 
この会見で、記者から「これで下積みが終わりますね」と声をかけられたという大杉さん。このときのエピソードを、女性自身2014年6月17日号のインタビューで次のように語っていた。
 
「言わずにはいられなかった。『僕自身、今までやってきたことを、下積みと思ったことは一度もありません。僕は、そのときに、それがやりたかったんです。だから僕は、一生、下積みます!』って。その気持ちは、今でも変わりません。何が上で、何がしたという感覚が、僕にはないんです。脚本が面白いと思えば、どんな現場にも駆けつけたい。60歳を過ぎても、いい意味でのフットワークというか、さまよえる精神というものを、自分の中につねに持っていたい」
 
フットワーク軽く、硬軟さまざまな役を自在に演じ分けていた。大杉さんは<現場>に抱く思いをこう語っている。
 
「基本的に自分の考え方とか見方というものは、現場というフィルターを通すことによって感じたものの影響が大きかったと思います。そういう意味で、自分は<現場者>で、現場は僕がいちばんいたい場所ですし、さらに言えば『現場が僕の生きる場所』。その気持ちは今でも変わりません」
 
その言葉通り、亡くなった前日にもドラマ『バイプレイヤーズ〜もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら〜』(テレビ東京系)の撮影に臨んでいたという。
 
共演していた遠藤憲一(56)、田口トモロヲ(60)、松重豊(55)、光石研(56)の4人は以下のようにコメントを寄せている。
 
「最後の日まで、役者として現場に立ち、みんなを笑わせ続けていました。永遠に我々の目標であり、憧れでもある漣さんを、一同、心から誇りに思います。お疲れ様でした。どうか、安らかにお休みください」