未分類

「6200万円脱税告発」で分かった…4億円的中!馬券公務員“バカ儲け予想術”(2)重複しない印を選んで…

「6200万円脱税告発」で分かった…4億円的中!馬券公務員“バカ儲け予想術”(2)重複しない印を選んで…

写真拡大

 実際に前課長が最初に「WIN5」を的中させた12年4月1日のレースを見てみよう。この日は、天皇賞・春の出走権を得るトライアルレースとなる産経大阪杯(GII)、そしてダービー卿CT(GIII)などが行われた。5つのレースの結果、1着馬の人気順はそれぞれ2番、7番、3番、6番、3番だった。

 仮に前課長が全レースで1〜7番人気馬を単純に購入した場合、7の5乗で1万6807口、つまり168万700円をつぎ込まなければならないことになる。競馬ライターの若月祐二氏が言う。

「通常、WIN5の場合、1レースで2〜4頭ずつ選び、80口から140口程度で購入することが多い。私も予想で的中させた時は140口前後だった。堅そうなレースは1頭だけに抑えたり。ちなみに私はラッキーナンバーなども加味したりと、オカルト的な買い方も時には取り入れますが」

 今年の秋華賞が行われた10月16日のWIN5は1番、1番、1番、1番、3番人気という人気サイドの組み合わせ。それでも約7万円の配当となっている。

 次に、前課長が2度目の大当たりを手にした14年10月12日には、天皇賞・秋の前哨戦である毎日王冠(GII)があった。この日の結果は7番、1番、1番、13番、8番人気の順。京都11R・オパールSで13番人気馬ヘニーハウンドが穴をあけたため、払戻金は過去最高額(当時)となる約2億3200万円。的中はわずか2票のみだった。

「この前課長は競馬新聞で点数を絞っていたということですが、通常は5、6人ほどの予想者が印をつけている。当然、その予想者で重なっていない部分がありますが、そうした穴馬を何点か選んで組み合わせると、それなりの配当が出ると思います。例えば、13番人気のヘニーハウンドにしても、◎や▲を打った予想者がいたとか」(若月氏)

 この予想術について、先の「30億円馬券事件」の主役で、現在はブログ「卍の投資競馬術」を運営する卍氏は、次のように読み解く。

「高配当を2度的中できたことは、相当な幸運だと思います。購入対象馬が1番人気から13番人気までバラけていますが、もし仮に13番人気までの馬を全通り買うと、投資金が3700万円も必要になるので、レースごとに何らかの基準で購入対象馬を選別、点数を絞っていたはずです。ちなみに、この2つのレースで購入された馬は、私が競馬予想で用いている『卍指数』がおおむね低い。大したものです。このことから、過去データをパソコンで分析するような予想方法ではなく、確かに競馬新聞などの情報を参考にする一般的な予想方法だと思いました」

 はたして前課長には、誰もが使う競馬新聞から高額馬券を導き出す天賦の才があったのだろうか。

「購入する馬券はWIN5が基本です。それ以外には複勝や3連単も少し買っていたようです。最初にWIN5を当てた年はポツポツ買っていた程度ですが、2億3000万円を当てた年は毎週日曜日に買っていた。とはいえ、購入に何千万円も使っていたわけではありません。いわば、宝くじを2度当てたような偶然ではないでしょうか」(中村弁護士)

2016秋のドラマ美女「TVには映らない桃色オフレコ行状」を一挙公開!(2)菅野美穂と松嶋菜々子はママトークで和気あいあい

2016秋のドラマ美女「TVには映らない桃色オフレコ行状」を一挙公開!(2)菅野美穂と松嶋菜々子はママトークで和気あいあい

写真拡大

「砂の塔〜知りすぎた隣人」(TBS系)は、菅野美穂(39)と松嶋菜々子(43)の2大女優が16年ぶりに共演した話題作だ。

「3年前に俳優の堺雅人(43)と結婚し、育休していた菅野が連ドラの主演を務めるのは約4年ぶり。テレビ朝日の『ドクターX』と『相棒』に対抗するため、TBSは菅野と松嶋の豪華キャストを実現させたのです」(芸能デスク)

 菅野が演じるのは、タワーマンションで、夫と2人の子供と幸せな暮らしを送る主婦の高野亜紀。だが、マンション内ではセレブ妻たちの虚栄や見栄が交錯し、隣人の佐々木弓子(松嶋)の怪しい言動が目につき始める。その策略によって追い詰められ、孤立していく主人公の姿を描いた心理サスペンスだ。

 10月11日に開かれたドラマの会見では、出演者たちがそろう中、菅野は周囲が引くほど大ハシャギしていたという。現場を取材していた芸能記者はこう話す。

「終始テンションが高くて松嶋やEXILEの岩田剛典(27)をやたらとヨイショしていました。ココリコの田中直樹(45)から、『髪を切ったら芸人の永野(42)に似ている』と話を振られると、菅野は髪をかき上げて永野の決めポーズをマネして盛り上げていたんです。会見後、菅野の事務所サイドはイメージが崩れるのを気にしたのか、TBSを通じ『永野ポーズの写真を大きく使わないように』と各メディアに通達しました」

 ドロドロとした人間模様が渦巻くドラマの内容とは一転して、撮影の合間に菅野と松嶋は無邪気な「ママトーク」で盛り上がっていたという。

「昨年8月に菅野さんには男の子が生まれ、松嶋さんに子育ての相談をしています。2児の母の松嶋さんは、子供の送り迎えだったり、『2、3歳になったら人格が出てくるわよ。食事メニューも考えなきゃね』とアドバイスしていました」(ドラマ関係者)

 菅野が仕事復帰したことで、育児は夫の堺とうまく分担しているようだ。

「子供の面倒は主に菅野さんの母親が見ていますが、なるべく母乳で育てたい意向だそうです。ロケ直前に菅野さんが搾乳しておき、堺さんが先に仕事から帰ってきた時は、赤ちゃんに飲ませているそうです」(事務所関係者)

 一方、7月から放送された「営業部長 吉良奈津子」(フジテレビ系)に続き、2クール連続のドラマ出演となる松嶋には、こんな“休めない事情”が‥‥。

「同じ事務所の稼ぎ頭だった井上真央(29)の独立が持ち上がり、稼げる役者が松嶋しかいなくなってしまった。11年放送の大ヒットドラマ『家政婦のミタ』(日本テレビ系)以降、自分のペースで仕事をしていた松嶋ですが、わがままを言っている場合ではなくなり、事務所は今年の正月明けから積極的にテレビ局で営業回りをしています」

 先の主演ドラマは視聴率が低空飛行を続けただけに、菅野とのママさんコンビで盛り返したいところだろう。

大異変!美女アナ「秋晴れ」知らずの“汗・涙”劇場!(1)加藤綾子は「朝の顔」に復活?

大異変!美女アナ「秋晴れ」知らずの“汗・涙”劇場!(1)加藤綾子は「朝の顔」に復活?

写真拡大

 言わずと知れた「カトパン」こと加藤綾子(31)。4月にフジテレビからフリーに転身後、プライベートの姿を目撃されることが増えてきた。

「港区の自宅マンション下にあるファミレスで、1人のんびりランチを楽しんでいます。メニュー表とにらめっこしている彼女を見ると、ほほえましい気持ちになります」(居合わせた客)

 今年8月にラジオパーソナリティとしてデビュー。11月には早くも初の著書刊行予定と、すっかり活躍の場を広げている。女子アナ評論家の丸山大次郎氏も太鼓判だ。

「フリー1年目では上出来すぎるほど上出来です。3本のレギュラーを確保しながら単発番組、CMにも出演。ゆったり仕事をこなしているのではないでしょうか。局アナ時代のレギュラー数は看板アナとしても異例でしたから。ファミレスで1人ランチというのは、周囲からみすぼらしく見えても本人はけっこう楽しんでいるような気がします」

 08年の入社後からバラエティに引っ張りだこ。12年に「めざましテレビ」のメインキャスターに就任すると、毎朝3時に出社する生活で、文字どおり20代を“フジにささげた”カトパンにとって、ようやく私生活を満喫できる‥‥かと思いきや、周囲が許さない。

「4月から朝の情報番組『あさチャン!』(TBS系)のメインキャスターに内定しました。現在、メインを務めている夏目三久(32)に、有吉弘行との妊娠騒動が持ち上がった夏頃から口説かれ、ようやく引き受けることを決意したんです。カトパンは1年で再び朝の顔に復活することになります」(TBS局員)

 アナ界「鉄の掟」とも言われる「局アナはフリー転身後、1年間は他局に出てはならない」慣習こそ守っているものの、「めざまし」の裏番組とは“古巣フジ潰し”と受け取れる。

「育ての親のフジに恩義を感じているため、相当悩んでいましたよ。ただ本人としては今の生活、特に友人との夜遊びが再びできなくなることが嫌だったようですが(笑)」(キー局プロデューサー)

 あくまで“内定”であり、正式決定ではないものの、この電撃移籍を受けねばならない、特有の“業界事情”があるという。

「本人が希望しているバラエティのオファーが激減しているんです。今、テレビ番組の企画書でキャストに名前があがるのは赤江珠緒(41)とキャスターの岡副麻希(24)。カトパンは彼女たちに断られた場合の3番手以降です。作家内では『カトパンじゃもう古い!』が合言葉。おまけに古巣は後輩の『ヤマサキパン』こと山崎夕貴アナ(29)を推しています。夜の誘いも断らず、ツッコミやボケをタレントから学ぶほど勉強熱心で、フジ編成部は『芸人よりおもしろいコメントができるから使って』と猛プッシュしている」(大物放送作家)

 フジで「○○パン」と呼ばれた先輩「ショーパン」こと、生野陽子アナ(32)も生き残りを賭け、目下、新たな日課に奮闘中だ。フジ局員が語る。

「出社するやいなや、デスクで全国紙5紙をくまなく読んでいるんです。以前はせいぜい1、2紙を流し読みする程度だったんですが‥‥。その気迫に周囲も驚いています」

 その背景について、前出・キー局プロデューサーがあとを引き取って言う。

「入社以来一貫して報道志望でいるのですが、最近は皇族報道や事件現場の生中継など、重大な報道案件の仕事が回されなくなってきています。諦めきれない彼女が上へのアピールとして行っているのでしょう」

 ショーパンが輝きたい現場で今、もてはやされているのが、後輩の椿原慶子アナ(30)だという。そんな報道のエースが、“局内ストーカー”の被害にさらされているという。

「他の女子アナが派手な香水をつけている中、椿原アナの匂いは『赤ちゃんが使っていそうな優しい匂い』と評判なんです。エレベーターでも椿原アナの周りは男性陣だらけ。みんな嗅覚を研ぎ澄ましていますよ」(前出・フジ局員)

戸田恵梨香、「腰を上下に」「下半身を下から」貴重映像に男性視聴者が大興奮!

戸田恵梨香、「腰を上下に」「下半身を下から」貴重映像に男性視聴者が大興奮!

写真拡大

 戸田恵梨香が10月23日に放送されたバラエティ番組「おしゃれイズム」(日本テレビ系)に出演。昨年末から交際していた俳優の加瀬亮との破局報道が報じられファンをホッとさせたばかりの彼女だが、さらに男性たちを反応させてしまう貴重な映像を公開した。

 番組では愛用している自転車のサドルが硬すぎるため、サドルをカスタマイズしたいという戸田の希望を叶えるべく、番組レギュラーの藤木直人とともにサイクルショップへ。

 そのショップでは、乗っていくと徐々に自分のお尻の形に馴染み形が形成されていくという革製のサドルなど、3種類に試乗することになったのだが、どうやらそのシーンが男性視聴者の琴線に触れたようなのだ。

「戸田は『なんかシュールな撮影ですね』と言いながらサドルに跨っていましたが、腰を下ろして完全に座り切ると『痛いな‥‥』とポツリ。その後も乗り心地を確認するために腰を上下させるシーンもありましたし、サドルを跨ぐ瞬間を下から見上げるようなアングルで撮影されたりしていましたから、そうした“狙った演出”が欲求不満の男性を刺激してしまったようですね」(週刊誌記者)

 ネット上でも「生まれ変わるならサドルになりたい」「『痛い』で妄想したわ」といった暴走コメントが殺到。実際にカスタムした自転車でサイクリングした戸田は「気持ちいい〜」と大満足だったが、男性視聴者にも“気持ちいい〜”サービスだったようだ。

(田中康)

狩野英孝「君の名は。」聖地巡礼写真にファンからブーイングがあがったワケ

狩野英孝「君の名は。」聖地巡礼写真にファンからブーイングがあがったワケ

写真拡大

 お笑い芸人の狩野英孝が、大ヒット映画「君の名は。」の人気に乗っかってきたようだ。10月26日にインスタグラムにて、同映画のラストシーンと同じ場所で撮影した画像を公開。自ら“聖地”に足を運び、同じポーズをとり、第三者に撮影してもらうという念の入りようだ。だがその“聖地巡礼”についてお笑いファンからはブーイングもあがっているという。お笑い系のライターが指摘する。

「狩野は同じ画像をツイッターにもアップし、わざわざ映画の同シーンの画像まで一緒に掲載しています。しかし画像を見比べればわかりますが、立ち位置やポーズをちゃんと合わせていないんですよ。自撮りならともかく第三者に撮影してもらっているのですから、芸人なら完璧に同じ絵面になるようにこだわるのが当然のはず。物まね番組だったら間違いなく失格のらく印を押されるレベルでしょう」

 たしかに芸人であれば、衣装も登場人物に合わせるくらいのこだわりを見せたいもの。とは言え街中での撮影ではさほど時間もかけられず、これで精一杯という気もしなくはない。だが前出のお笑いライターは、狩野だからこそこだわりを見せてほしかったと強調する。

「なにしろ狩野は若いころ、俳優を目指して日本映画学校で学んでいましたからね。だからこそ映画への強いリスペクトや、そのシーンを完璧に再現しようとする強い意志を見せてもらいたかったのです。とは言え、そんな詰めの甘さが狩野らしいと言えばらしいのですが‥‥」

 きっちりと詰め切れるタイプであれば、そもそも6股騒動も起こらなかったはず。ここは「狩野らしいや」と苦笑するのが正しい見方なのかもしれない。

(金田麻有)

カトパン「1人勝ち状態」に赤信号!?「MC失格」の烙印を押されたワケとは?

カトパン「1人勝ち状態」に赤信号!?「MC失格」の烙印を押されたワケとは?

写真拡大

 11月には初の著書「あさえがお」の発売が決まり、来年4月からはTBSの朝の顔に内定という情報も流れる加藤綾子。激戦のフリー女子アナ業界では、まさに“1人勝ち状態”。ところが、そんなカトパンの行く末に暗雲たれこめる事態が発生している。

 それは、9月に行われたイベントの司会を務めたことが契機だったという。広告代理店関係者が言う。

「日本人らしいマナーを国内外に発信していくというイベントだったため、メインゲストは地味な一般人ばかり。これでは報道各社が取材に来てくれないと主催者側が危機感を募らせたことから、MCにカトパンが抜擢されたのです。案の定、カトパン目当てに報道陣が集まったんですが‥‥」

 主催者側も「カトパン目当て」を承知の上で、報道陣にサービスした。芸能記者が話す。

「司会ですから、カトパンの前に演台がありました。事前に、撮影するカメラマンからは『顔だけ、良くてもバストトップぐらいしか撮れないな』と声があがると、主催者側は『ゲストにインタビューする場面がありますので』と全身のカットも撮れることをアピール。おかげで、カトパンをばっちり撮影できました」

 ところが、これが逆効果だった。前出・広告代理店関係者がこう嘆く。

「取り上げてくれたメディアはカトパンが司会を務めたことしか報じない。イベントの主旨を報じてくれた媒体は、フォトセッションからカトパンを外したせいで報道自体が地味になってしまった。マナー向上という内容がまったく伝わらず‥‥。地味なイベントの場合、カトパンをMCに起用するのはダメだとわかりました」

 主役を食わんばかりの美貌のせいで、カトパンがMC失格の烙印を押されてしまうとは‥‥。

加藤綾子VSフジ宮司アナ、大谷翔平を巡る“聖夜の争奪戦”が勃発か?

加藤綾子VSフジ宮司アナ、大谷翔平を巡る“聖夜の争奪戦”が勃発か?

写真拡大

 フリーアナウンサーの加藤綾子が10月27日、「第2回クリスマスジュエリープリンセス賞」特別賞を受賞し、神奈川県・パシフィコ横浜で行われた表彰式に出席した。

 同賞はクリスマスに男性が最もジュエリーをプレゼントしたい女性に贈られる賞。加藤は「このような素敵なジュエリーを頂けるなんてもったいないくらいなんですけど、とっても嬉しいです」と喜びを語った。

 今年4月までフジテレビの看板アナとして活躍していた加藤だが、クリスマスの思い出を聞かれると「仕事帰りに幸せそうなカップルを見つめて、人のクリスマスを想像して楽しむという過ごし方をしていた」と告白。「キラキラした思い出はないです」と苦笑いしてみせた。

 局アナからフリーとなり時間的にも余裕ができたという加藤だが、今年のクリスマスの予定を聞かれると、「このジュエリーを頂いた後にスケジュールを確認したら、12月24日、25日も仕事でした」と、変わらず多忙な様子を窺わせたのだった。

 だが、この発言にネット上では「相変わらずあざといな」「学生時代からリア充してましたなんて言ったら好感度ガタ落ちでしょうからね」と総ツッコミ。あげく「大谷はダメだぞ、大谷は」と、日本ハム・大谷翔平選手に色仕掛けインタビューをした一件を蒸し返され、警告を受ける始末‥‥。

「加藤は大谷にご執心で、かねてよりファンを公言しているフジテレビの宮司愛海アナの間に割り込んで、争奪戦を繰り広げているんです。そんななか、加藤は自身が司会を務める番組『スポーツLIFE HERO’S』(フジテレビ系)を通じて大谷への直撃取材をついに実現。しかし、その際の加藤のギラつきぶりが大谷ファンから反感を買ったんです。言い寄ってくる男も多いでしょうが、加藤自身の“肉食ぶり”もいまだ健在。クリスマスを祝う相手がいないわけがありません」(週刊誌記者)

 今現在、ジュエリーを贈ってくれそうな男性の存在について聞かれた加藤は、「この賞をきっかけにジュエリーのようにキラキラと輝ける素晴らしいクリスマスを過ごせるように頑張って行きたいと思います」と語ったが、あまりギラギラしていては、お目当ての相手も一歩引いてしまうかもしれない。

織田裕二が舞台挨拶に登壇 中島美嘉のサプライズをまさかのネタばらし

『ボクの妻と結婚してください。』主演の織田裕二

写真拡大 (全4枚)

 11月5日公開の映画『ボクの妻と結婚してください。』のカップル限定試写会に、主演の織田裕二(48才)と主題歌『Forget Me Not』を担当した中島美嘉(33才)と三宅喜重監督が舞台挨拶に登場した。

 同作は、織田裕二演じる放送作家の三村修治が膵臓がんで余命6ヶ月と診断され、家族に残せる「最後の企画」として、妻・彩子(吉田羊)の結婚相手を探すという物語。修治が見初めた相手・伊東正蔵を演じるのは、ネプチューンの原田泰造だ。

 ちなみに、中島はサプライズで『Forget Me Not』を歌う予定だったが、織田が「今日、生で聴けるんですよね」とまさかのネタバラしをしてしまった。

撮影■小彼英一

ナイナイ岡村隆史が出川哲朗のキスに呆れ 「舌を入れてきた」

岡村隆史 出川哲朗のキスの無茶振りに呆れたと告白「アホやなこの人」

写真拡大

28日放送のラジオ番組「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」(」(ニッポン放送)で、岡村隆史が、出川哲朗の無茶振りに呆れたエピソードを明かした。
 
番組で岡村は、23日に横浜アリーナで開催した「岡村隆史のオールナイトニッポン歌謡祭」を振り返った。同イベントには、出川の他に久保田利伸や星野源が出演したが、なかでも岡村が好きだと公言していた熊田曜子がサプライズで登場した。ここで、なぜか出川もステージに出てきて、岡村をからかったり、最後には熊田に「熊ちゃん! キスしてあげてよ!!」と促していた。さすがに岡村は「それはアカン」と拒否したというのだった。
 
だが、そうこうするうちに「じゃあ、出川さんとキスしましょうよ」という流れになったとか。そして、キスをすると「あの人(出川)なにを思ったのか、チュッっていったら舌“ピュッ!”って入れてきたんですよ」と舌をいれられたというのだ。

これには岡村は「アホやなこの人」と、出川に呆れてしまったと明かす。一方で、これが出川の優しさとだとしたうえで、「初めてなんか、出川さんが舌をいれてきたなって思って…」「こんなキス、ないなって思ったんですけど」と苦笑したのだった。

【関連記事】 
岡村隆史が濱口優の女性の扱い方に感心「よう触れるな」
岡村隆史が亡くなった漫談家・テントさんとの思い出を語る
岡村隆史がJR駅員の対応に怒り 小窓から破けた切符渡され

ピコ太郎が現在も続けているバイトを明かす 「カナブンに角をつけて売る」

ギネス記録に認定されたピコ太郎(右)

写真拡大

 大ブレークしたピコ太郎が28日、「ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)」の世界的な大ヒットを受けて、東京・日本外国特派員協会で会見を行った。その場でギネス記録に認定されたとして表彰され、さらに世界最大級音楽レーベル「ソニー/ウルトラ」と契約したと発表した。

 自称千葉県出身、53歳の歌手で、芸人・古坂大魔王(43)のプロデュースというピコ太郎は8月に「PPAP」をインターネットで公開すると、ジャスティン・ビーバーが「お気に入りの動画」とツイートしたことも後押しし、爆発的な勢いで人気となった。

 先日は日本人として約26年ぶりに米ビルボード誌のシングルチャート「ホット100」の77位にランクイン。「ホット100にチャートインした楽曲の中で、1曲の長さが最短(45秒)」ということでギネス世界記録に認定された。この日はPPAPのロングバージョンを世界初披露。

 米国など世界の多くの国では「ソニー/ウルトラ」、ベネルクス三国においては「CNRレコーズ」と契約。12月には世界各国で新アルバムをリリースする予定だ。

 この日も150人のメディアが取材に訪れるなど、すっかり世界的スター扱いのピコ太郎だが、いまだ実感はあまりないという。「PPAPがパーッと広がって、まだ1か月くらいしかたっていない。だからまだ給料日も来ていないんです。だからまだ1円ももらっていません。まだバイトも続けています。カナブンに角をつけて、カブトムシと言って売るバイトです」

 世界的レーベルと契約し、まさしくグローバルなアーティストとなったピコ太郎には当然、ワールドツアーへの期待もかかる。「ワールドツアー? やりたいです。とてもやりたいです。行けるならたくさん行きたいと思います」と世界本格進出を高らかに宣言した。