未分類

千葉真一 54歳年下彼女のために家賃5万円の部屋に引っ越し

生活の拠点を庶民的マンションに移した理由は?

写真拡大

 国際的アクションスター・千葉真一(77)が“終の棲家”に選んだ先が関係者の間で波紋を広げている。千葉と親しい映画関係者が話す。

「今秋、千葉さんは都心の築54年、広さ約36平米、家賃5万円のマンションに引っ越しました。彼は今も都内ベイエリアにあるタワーマンションの一室と千葉県内の16部屋ある豪邸を借りていますが、ここ1、2か月はどちらにもほとんど帰らず、“これからはここが本宅だ”と周囲に話しているようです」

 生活の拠点をおよそ国際的スターに似つかわしくない“庶民的マンション”に移したのには理由がある。2015年4月、『週刊新潮』が千葉の「交際相手」と報じた54歳年下のA子さんが、このマンションに住んでいるからだという。

「A子はミス・ユニバースの地方大会のファイナリストで、女子大生とモデルという二足のわらじを履くエキゾチック美女。新宿・歌舞伎町のガールズバーでアルバイトをしていたA子を千葉さんが見初め、付き合い始めてから間もなく2年になります。

 最初は彼女も“ばーちー(A子さんは千葉のことをこう呼ぶ)はすごく上手いの”などとノロケていましたが、今では千葉さんのほうがゾッコンらしい。片時も離れたくないから、彼女が住むひとつ上の階に部屋を借りたそうです」(同前)

 一方で、千葉の古くからの友人はこう話す。

「これまで2人は派手な喧嘩を何度も繰り広げていたので、こんなに長く続くとは思わなかった。千葉さんは孫ほど年の離れたA子に対する愛情とともに嫉妬深い一面も併せ持っている。同じマンションに部屋を借りたのは、A子が若い男と遊んだりしないか見張る目的もあるのでは」

 だったら同じ部屋に住めばいいのではと思うが、「A子は現在、母親と同居している」(同前)ため、同棲はできないのだという。

 千葉は昨年11月、28歳年下の前妻と離婚。最初の妻で女優の野際陽子(80)とは1994年に離婚している。3度目の結婚は54歳年下の美女が相手か──?

 12月初旬、件のマンションの千葉の部屋を訪れたが応答はなかった。後日、12月に入り、千葉が肺炎のため都内の病院に入院していたことがわかった。前出の千葉の友人が話す。

「都心から離れた病院でA子も見舞いに来にくいため、“浮気していないか?”と心配しているようです。最近の千葉さんは活力に溢れていて、A子の存在が生き甲斐になっているのかもしれません」

 病床の千葉に代わって、個人マネージャーが答えた。

──千葉さんの容体は?

「検査も兼ねて現在、2週間の予定で入院しているのは事実ですが、本人は至って元気です」

──A子さんと同じマンションに引っ越した理由は?

「それは……プライベートなことなのでお答えは差し控えさせていただきます」

──2人の交際は順調?

「70歳を超えている身ですので、私や事務所側が何か言うことではありません」

※週刊ポスト2016年12月23日号

香川照之が報道陣に離婚を報告「ひとえに私の力不足」

歌舞伎座でのけいこ後、報道陣の取材に応じた香川照之 (C)ORICON NewS inc.

写真拡大

 元客室乗務員の妻と離婚していたことが報じられた俳優の香川照之(51)が14日、東京・歌舞伎座でけいこを終えた直後に報道陣の取材に応じ、自らの口で離婚を報告した。

報道陣にマイクを向けられる香川照之

 香川は「今回はひとえに私の力不足、力足らずでこのような結果になってしまいました。お騒がせしてしまったことに深くお詫び申し上げます」と謝罪。続けて「離婚の内容・詳細に関しましては、お相手の方が一般人ということもあります。なにより、子どもたちのこともありますので、詳細や結果はご遠慮いただきたいとひとえに思っております」とコメントした。

 報道陣から離婚理由を尋ねられると、「離婚したという事実以外は何も語らない。私の力不足です」と詳しくは言及しなかった。

 香川は1995年に元客室乗務員の女性と結婚。2人の子供がいる。

成宮寛貴氏の引退で元事務所がおわび行脚?井上公造氏がCM違約金明かす

 コカイン疑惑が報じられた後、芸能界を引退し、現在は海外にいるという噂も報じられている元俳優の成宮寛貴(34)。一方で、前所属事務所は13日から関係各所におわび行脚を行うとも伝えられている。

 芸能リポーターの井上公造氏(59)は、「あまりの突然の引退なので、関係各所にきっちり挨拶もできていないんです。謝罪だけでなく、引退したことでCMスポンサー契約の違約金も発生する可能性もある。成宮さんのテレビCM出演料は推定で1本約3000万円という話もあるようです。すでに放送が終了したものについては、違約金を請求されない可能性もある。現段階で法を犯しているわけではないので、話し合いになる」と解説。

 アイドルグループ・リンクSTAR`sの松永有紗(18)は一度成宮と共演したことがるといい、「私たちのようなひよっこにもスゴイ優しく話しかけてくださったりとか、人としても俳優さんとしてもすごい勉強になる方だったので、すごい衝撃を受けました」と言葉少な。井上氏も「共演者の方たちにはすごく評判がいい方なんです」と同意し、「(それだけに)疑惑が残っていることに対するもやもや感を晴らしてほしかったな、という共演者やファンの人は多かったですよね。僕は東南アジアじゃなくてヨーロッパだと思ってますけど。今は静かな環境下のなかにいたいんでしょうけどね……」と持論を展開した。

(C)AbemaTV

芸能ニュースをお届け!『芸能(秘)チャンネル』は毎週月〜金曜日 17:00〜18:00「AbemaSPECIAL」チャンネルにて放送中

高橋真麻がフジ女子アナの軋轢を暴露「パンが付くかどうか」

高橋真麻

写真拡大

13日放送の「踊る!さんま御殿!!」(日本テレビ系)で高橋真麻が、フジテレビ内での女子アナウンサーで生じる軋轢(あつれき)を明かす場面があった。

番組では「人気女子アナ大集合!秘密の恋バナ告白SP」と題し、現役の局アナ、フリーアナウンサー、元アナウンサーがスタジオに集合し、仕事やプライベートでのエピソードを披露した。

その中で、局アナが番組にレギュラー出演できる時期はいつくらいなのかという話題で、元フジテレビの本田朋子アナウンサーは、学生時代からレギュラー番組に出演し、フジテレビに入社してからもすぐにレギュラー出演できる恵まれた環境だったことを、高橋が明かした。

すると、司会の明石家さんまは本田アナに「(フジテレビでは)カトパン(加藤綾子アナ)とか、チノパン(千野志麻アナ)とかいたけど、ホンパンとかやってたん?」と、名前に“パン”を付けた愛称で番組をやっていたのかを尋ねた。

この質問に本田アナは「私の代は“パン”シリーズがなかったんですよ」とし、高橋も「(本田の代は)抜けてるんです」と当時を振り返った。

さらに高橋が「でも、“パン”がないほうがよくて…」と切り出し、「例えば女の子(女子アナウンサー)がふたり入ると、ひとりには“パン”が付いて、もうひとりには付かないワケですよ」「だから、そこで軋轢がうまれて…」と内情を明かすと、さんまをはじめ、ほかの出演者は一斉に大ウケしていた。

【関連記事】
有吉弘行がカメラアングルを利用した卑猥な仕掛けに高橋真麻アナ動じず
高橋英樹が反抗的な愛娘・真麻に回し蹴り 理由を語るも出演者総ツッコミ
有吉弘行 高橋真麻の彼氏を「ブス専」呼ばわり

「カインとアベル」大爆死で竹野内豊&瑛太が次の月9から逃亡する非常事態

「カインとアベル」大爆死で竹野内豊&瑛太が次の月9から逃亡する非常事態

写真拡大

 12月12日に放送されたフジテレビ月9ドラマ「カインとアベル」第9話の視聴率が、7.9%だったことがわかった。同ドラマは、このままだと月9ドラマにおいて歴代最低の平均視聴率を記録するという。

「これまでの月9平均ワースト記録は、4月期に放送されていた福山雅治主演の『ラヴソング』(フジテレビ系)です。しかし現在、『カインとアベル』は、全話で1ケタ視聴率を記録しており、このまま終了すれば『ラヴソング』を下回って、歴代最低となる。これを回避するためには、最終回で2ケタ以上の視聴率の獲得が条件となりますが、かなり厳しいでしょう」(テレビ誌記者)

 そんな苦戦中の月9だが、12月も半ばだというのに、来年1月放送となる新ドラマの詳細が聞こえてこない。本来ならば、放送中のドラマの後に、予告映像が流されてもおかしくない時期である。

 12月13日発売の「週刊女性」によると、ギリギリまで内容が発表されないのは、直前で主演俳優に逃げられてしまったからだという。

「記事によるとフジは、半年ほど前から竹野内豊にオファーしていたそうですが、土壇場で辞退されたようです。これにより、『竹野内さんが主演なら』ということで、内定していた瑛太の出演も立ち消えになり、現在は西内まりや主演で動いているのだとか。おそらく竹野内の辞退は、フジ側が俳優を納得させるほどの企画を出せなかったこと。そして現在の悲惨な視聴率を記録する月9に出演するのは、リスクが高いと判断され、逃げられてしまったのでしょう」(前出・テレビ誌記者)

 1月スタートのドラマは、通常ならば12月初旬にはクランクインしていると言われる。はたしてこのギリギリな状況で、フジは良質な作品を生み出せるのか。月9の苦難は来年以降も続きそうだ。

(森嶋時生)

V6岡田と嵐。櫻井の“ビジネス仲良し”検証番組がファンから大ひんしゅく

V6岡田と嵐。櫻井の“ビジネス仲良し”検証番組がファンから大ひんしゅく

写真拡大

 嵐・櫻井翔の冠番組「櫻井・有吉THE夜会」(TBS系)が、ファンから大ひんしゅくを買っているという。12月8日放送の同番組に出演したのは、V6の岡田准一。櫻井と岡田の2人は14年前のテレビドラマ「木更津キャッツアイ」で共演した際に意気投合。以来、兄弟のように仲良しだとアピールした。だが、実際は2人きりで食事をしたこともお互いの自宅を訪問しあったこともなく、連絡先を知っているにもかかわらず、ここ何年も没交渉であることから、「ビジネス仲良し疑惑」が浮上。「岡田准一&櫻井翔が初のサシ飲みで本音を激白」というタイトルでサシ飲みロケを行い、本音をぶつけ合うことになった。テレビ雑誌記者が解説する。

「岡田のロケ到着前に櫻井が登場しました。以前、滝沢秀明との確執問題を取り上げ、サシ飲み企画をやった際の話に触れ、『もういいよ、こういうの。コトをさ、荒立てて、荒立てて。どんどん浮いてるよ、会社の中で』とひとしきり迷惑を被っていることを指摘しました。『トラブルメーカーだよ』と自身の身の上を嘆き、いかに事務所で肩身が狭いかをまくしたてて抗議した。岡田が登場したため、話はそこでストップしましたが、かなり不満を持っている様子でしたね」

「番組は視聴率も振るわず、ファンからも悪評プンプンであることから、企画の見直しが何度も叫ばれている」というのは、女性誌の記者だ。

「ジャニーズゲストが登場するたびに、やれ仲が悪いだの、櫻井が冷たいだのとあおって番組を進行することに、ファンはあきれ果てているんです。知念侑李が、櫻井の態度が怖いだの、カメラが回ってないところでは一切しゃべらないだの、被害妄想気味の文句をぶつけたこともある。ファンにすれば、まるでイチャモンでした。櫻井を貶めようとしているのかとさえ感じています」

 人気者を寄ってたかってイジるのはバラエティ番組の常道だが、こうも毎度毎度だと目に余る。この回は渋谷の繁華街で週末の夜10時に櫻井・岡田にロケ交渉をさせて抜き打ちロケ。番組の宣伝効果を狙っただけなら、あまりにも危険な行為だ。一つ間違えば、大パニックになりかねない。番組スタッフは、タレントを使い捨てと考えているのだろうか。

(塩勢知央)

17年の1位確実!乃木坂46白石麻衣の最新写真集に「10冊買い」宣言が続出

17年の1位確実!乃木坂46白石麻衣の最新写真集に「10冊買い」宣言が続出

写真拡大

「これはもう買い確定でしょ!」と、早くも大量購入を決意しているファンも現れるほどだ。

 乃木坂46・白石麻衣のセカンド写真集(タイトル未定)が来年2月7日に発売されることが決定した。

 今回の撮影の舞台はアメリカのサンディエゴとロサンゼルスとのことだが、なんといっても見どころは白石にとっては初のアンダーウェア姿。

「すでに公開されている先行カットでも、その姿は確認できますが、色気がハンパないと大好評です。14年にリリースした1st写真集『清純な大人』も、きれいなヒップが写ったバックショットが話題になり、かなり攻めた内容でしたが、今回の2nd写真集については関係者から『乃木坂46史上、最高のセクシーショットもあります』という自信満々のコメントもあり、さらに期待できそうですね」(アイドル誌ライター)

 先行カットを見たファンからは「威力がハンパない」「10冊は買い決定」「最近のまいやんが発する大人のフェロモンが強烈すぎないか?」「俺は20冊!」といった声が上がるなど、宣伝効果は上々のようだ。

「乃木坂では年長組の白石ですが、最近はすっかり大人のオンナ路線を歩んでいるという印象を受けます。9月に公開された映画『闇金ウシジマくん Part3』では、初のキスシーンを披露し、次のステップに進んだという感じがしました。11月に放送された乃木坂冠番組『NOGIBINGO!7』(日本テレビ系)の人気企画『妄想リクエスト』では、メガネを着用したセクシー女教師に変身し、ファンたちを昇天させましたしね(笑)」(前出・アイドル誌ライター)

 今年の写真集売り上げランキングでは、西野七瀬の2nd写真集「風を着替えて」が8万7000部を売り上げ首位。3位には生田絵梨花の1st写真集「転調」が入ったが、来年1月25日には乃木坂からは齋藤飛鳥の初となる写真集「潮騒」の発売も決まっているだけに、ぜひとも来年は白石と齋藤のタッグでワンツーフィニッシュを決めてほしいと、ファンは願っていることだろう。

(石田安竹)

加藤紗里のバストトップが見えた!?本物か影か、むなしい大論争が勃発

加藤紗里のバストトップが見えた!?本物か影か、むなしい大論争が勃発

写真拡大

 加藤紗里がインスタグラムに投稿した1枚の写真を巡って、ネットで大論争が巻き起こっている。

 問題の1枚は12月12日に公開された写真で、「バイキング」(フジテレビ系)の収録前に撮影されたもののようだ。楽屋前に貼られた「加藤紗里」のネームプレートと一緒に加藤本人が写っている。加藤は胸が大きく開いた白のワンピース姿で、大きなバストが服からこぼれおちそうに見えなくもない。特に左胸は隠されている部分が少なく、じっくりよく見ると肌の色が違う部分、つまりバストの先っちょ周辺と思われる部分が見えているのだ。

「これを巡って『バストの先っちょ周辺』だとする人たちと、『ただの影である』と主張する人たちの間で大論争になっているんです。影派は、もしこれがバストの先だとしたら、彼女のその部分は相当大きく黒いことになってしまうとして影以外にないとしているんです」(週刊誌記者)

 周辺派の言い分は、彼女ならそれぐらい大きく黒くても不思議はないという勝手な妄想によるもの。

「どちらかというと周辺派のほうがいくぶん優勢でしょうか。ただ、盛り上がっているのは一部だけで、多くの人は加藤のバストトップにまったく興味がないようで(笑)。寂しいですがそれが一番勢いのある意見かもしれません」(前出・週刊誌記者)

 加藤でなければ論争はもっと盛り上がったのかもしれない。

サスケが突如、「成宮寛貴から息子がハラスメントを受けていた」と告発!

サスケが突如、「成宮寛貴から息子がハラスメントを受けていた」と告発!

写真拡大

 プロレスラーのザ・グレート・サスケが自身のブログで、ドラッグ騒動で芸能界引退を表明した元俳優・成宮寛貴さんへの怒りをぶちまけたが、果たして真相は?

 サスケは12月11日付のブログで「引退する成宮さんへ」と題し、「その幕の引き方じゃぁ 我々家族は逆に許しませんよ」と異を唱え、「10年程前に愚息があなたから受けたハラスメントが真実だったって認める事になっちゃうじゃないですか?」と、過去に息子が成宮さんから何らかのハラスメントを受けたことを示唆した。

「それ以上、具体的なことは書かれていないものの、夫人の連れ子で長男のアンドレス君が15歳のときに成宮とドラマを通して接点があり、その際にトラブルがあったのではと噂されています」(Webライター)

 アンドレス氏はモデルとしてパリコレデビューも飾るなど、芸能活動をしていたことがあるという。しかし、サスケの行動に疑問を呈する声もある。かつてサスケと仕事で近しい関係にあったというX氏は話す。

「このタイミングでそんな過去の話を蒸し返すこと自体が変。現在メキシコで幸せに暮らしている長男もいい迷惑では。サスケの真意がつかめないですね」

 サスケのマネジメントをする事務所も、「知っていますが、言えることではありません。サスケ本人も、あれ以上は話さないでしょうね」と言う。意味深な発言の言いっ放しにネット上でもモヤモヤしている人が続出しているが、今後もサスケの告発が続くのか注目だ。

坂上忍がノンスタイル井上の話題をスルーしたのは“あの過去”のせい?

坂上忍がノンスタイル井上の話題をスルーしたのは“あの過去”のせい?

写真拡大

 お笑いコンビ「NON STYLE」の井上裕介が乗用車の運転中、タクシーと接触事故を起こした件で、12月13日に放送されたバラエティ番組「バイキング」(フジテレビ系)での、坂上忍の言動に注目が集まってる。

「『バイキング』といえば、いつも最新の話題を取り上げているのですが、なぜかこの日は、井上の事故報道が取り上げられることがありませんでした。ですが、後番組『直撃LIVE グッディ!』(フジテレビ系)との“つなぎトーク中継”の際、パネルに『井上の事故』『成宮寛貴の引退』といった話題が画面に表示され、MCの安藤優子から『今日、坂上さんが一番引っかかるのは(この中で)どれでしょう?』との質問が飛びました。しかし坂上は、一番の注目を集めている井上の話題をスルーし、『まあ〜、成宮くんなんですかねぇ』と、特に新情報の出ていない項目を選択したのです」(テレビ誌記者)

 この不自然なスルーに視聴者からは、「いや、今日はどう考えても井上の話題に触れるべきだろ!」「なぜ避けた?」「不自然すぎる!」との意見が殺到。その後、わずかに安藤が井上の話題に触れたことで、坂上は「そういうことがあったのなら、きちんと謝罪してもらいたい」と最小限のコメントをして番組は終了した。

 ある芸能記者によると、坂上には自動車事故に関して、安易に触れられない事情があるという。

「坂上は過去、飲酒運転で電柱へ激突し、パトカーから逃走。20分のカーチェイスの末、現行犯逮捕されています。それだけに、今回の井上の事件に対して厳しい発言をした場合、自分が叩かれる可能性もあるため、控えめの反応となったのでしょう」

 いつも歯に衣着せぬ発言が話題となり、視聴者の代弁的な存在としても注目を集める坂上。それだけに、今回の大人しい言動には視聴者から疑問の声が多く上がったようだ。

(森嶋時生)