未分類

ガールズバンド「ZONE」人気絶頂時に解散に追い込まれたウラ事情

番組MCの名倉潤がMAIの告白に驚いた/2010年ザテレビジョン撮影

写真拡大


8月16日に放送された「じっくり聞いタロウ〜スター近況(秘)報告〜」(テレビ東京系)は、「世間を騒がせたあの騒動の裏側大暴露SP」。ゲストにガールズバンド「ZONE」のベース・MAIが登場し、たった4年で人気絶頂だったにもかかわらず突然解散に追い込まれたウラ事情などを大暴露した。

【写真を見る】かわいらしさは当時のままの元ZONE・MAI/※画像はmai(mai_yoga_724)公式Instagramのスクリーンショット

「ボーカルの子は(デビューで当時)小学6年生でランドセルを背負っている時だったんですよ。解散の時は1人が『学校に行きたい』という話になって。

(事務所に)『選びなさい』って言われたんです。『音楽を続けるか、学校に行くか』って。私はずっと学生でやり続けていたので『大学に行くか、音楽を選ぶかどっちかにして』と言われて。

(話し合いの中で)1人だけ『専門学校に行きたい』って。それで辞めようと事務所に言いにいったんです」とMAIは当時を振り返った。

1人が脱退し、そのままZONEは解散に。そして10年後「(歌の歌詞)が10年後の8月だからって、じゃあ、8月に3人で結成しようか!」と1人抜けた状態ではあったが3人でファン待望の再結成を果たしZONEが復活した。

「でもまた1人が体調不良とかで抜けちゃって」と明かすMAIに、MCの河本準一(次長課長)が「ずっと笑ってるけど大丈夫? ヘラヘラヘラヘラしながら言うとるけど」とツッコんだ。

「2人になってしまった。デュオになったんや」とMCの名倉潤(ネプチューン)も苦笑い。「そうなんですけど、もう1人もいなくなっちゃって」とMAIは続け、結局1人になってしまったという。

「ZONEってプライベートで集まったりしない?」と名倉は質問するが、MAIは「集まる子もいれば全然連絡を取っていない子もいる。私がつながってるのは何人か」と告白。

「4人の中で何人?」と名倉が確認すると「1人だけ」とMAIは苦笑い。「何人かやないやん!」と名倉からツッコミが飛び、河本からは「MAIちゃんに何か問題があるわけじゃ…」と言いかけると、「違う違う!! ないない!!」とMAIは笑顔で否定した。

ネットでは「いまだに美人だなぁ 」「まいちん出ててビックリ、うれしいなぁ」「あの曲聴くといまだにジーンとして泣ける」「グダグタだなぁ。真面目なのは元ベースだけ?10年後の8月の結果がこれか〜 笑うしかない」など懐かしむ声も含めさまざま声が集まった。

次回の「じっくり聞いタロウ〜スター近況(秘)報告〜」は、8月23日(木)深夜オンエア予定。(ザテレビジョン)

幸せぶりを発信し続ける剛力彩芽「もしも」の状況を心配する声も

夜11時過ぎに店を出た剛力と前澤は、広尾にある超高級マンションへと帰っていった

写真拡大


夜11時過ぎに店を出た剛力と前澤は、広尾にある超高級マンションへと帰っていった

 8月12日の夜9時、広尾(渋谷区)にある会員制馬肉料理店の前に、黒塗りの高級車「マイバッハ」が停まった。後部座席から降りてきたのは、『ZOZOTOWN』の前澤友作社長(42)と女優の剛力彩芽(25)だ。

 二人は日頃から自分たちの幸せぶりをアピールし、話題を振りまくお騒がせカップル。先日も前澤が、「今後も僕はいろんなモノやコトを自慢しまくるので、嫌な人は見ないでね」とツイートし、炎上したばかり。この日もいつものように、”ラブラブ アピール”が止まらないご様子。

 馬肉料理店に入った二人は、食事を愉(たの)しむ互いの姿をSNSにアップ。前澤の高級マンションに戻った後も、剛力が自身のインスタグラムでツーショット動画を披露、「幸せです〜」とノロケていた。

 本誌が二人を目撃したのは、今回が初めてではない。5月はスーパーでの買い物デートを、7月は会員制高級レストランでのデートをキャッチ。いずれも、二人は人目を気にせず堂々としていた。

「幸せな状況に浮かれている彼らですが、もし破局したとき、前澤に依存している剛力は立ち直れるのか……。毎度の炎上で好感度も下がっており、女優として生き残れるのかも心配です」(芸能記者)

 直情的な言動で世間を挑発し続ける二人。だが、急速に燃え上がった恋はいつか冷める。そろそろ頭を冷やして、周りの声に耳を傾けてみてはどうだろうか。

詳細の書かれた本誌記事はコチラ

松本人志 楽屋では低いの声の鈴木奈々に「怖かった…」

ダウンタウン松本、鈴木奈々の楽屋姿に「怖かった…」

写真拡大


15日に放送されたTBS系『水曜日のダウンタウン』に鈴木奈々が出演した。

番組内で鈴木は『誕生日サプライズ 匂わされたらついつい色めき立っちゃう説』という、誕生日に近い番組収録に、自分のものと思わしき誕生日ケーキが視界に入ったら期待してしまうのではないかという企画に参加。

誕生日ケーキを目撃した鈴木を楽屋内の隠しカメラが見守る中、鈴木は「さっきさ、あのケーキ見ちゃったんだけどどうしよう」と、サプライズに気付いたと会話をしていた。

そしてこの時、テレビ番組の出演時とは違い、低いの声のトーンで喋る鈴木のVTRをみた松本人志は「あいつ楽屋ではあんな声低いんや」「怖かった、怖かった…」と、笑い声を交じえながら驚いた様子のコメントで周囲の笑いを誘っていた。

鈴木奈々がプライベートな一面を見せたことは過去の別番組でもあり、その際は平成ノブシコブシの吉村崇について「ちょっとかっこいいなと思って」と、本当に好意を持っていたと暴露していたことがあった。

乙武洋匡氏の著書「五体不満足」印税額が6億円だったと明かす

乙武洋匡氏

写真拡大


 作家の乙武洋匡氏(42)が17日放送のテレビ東京「じっくり聞いタロウ〜スター近況(秘)報告〜」(木曜深夜0・12)に出演。600万部以上を売り上げた著書「五体不満足」の印税額を明かした。

 大学生時代に出版した「五体不満足」がベストセラーに。「(売り上げの)10%ですよね」と印税額がおよそ6億円だったことを明かし、「22歳だったので、金銭感覚としてリアルに受け取れない。当時お金が入って思ったのが、これで心置きなくカラオケ延長できるな、だった」と笑わせた。

 昨年は不倫スキャンダルなどで世間からバッシングを受けたが「それまで障がい者って守ってあげなきゃいけない弱者という扱いだった。ここまでフルスイングで全国からボコボコにやられた障がい者って初めてだと思う」と苦笑いを浮かべ、歯に衣着せぬ発言を続ける理由を問われると、「唯一、僕がロールモデルにさせて頂いているのは野茂(英雄)さんなんです。悪者になりながら、(メジャーリーグへの)道を切り拓いてくださったおかげで皆が行けるようになった。先駆者としての役割が素晴らしかったと思う。後世の人に『昔、乙武っていう人がそれやったから、あんたも頑張れば出来るかもね』と言ってもらえるように、いろいろな山に旗を立てておきたい」と語っていた。

広瀬アリス おくびにも出さない「ヤンキー高校時代」証言

広瀬アリス おくびにも出さない「ヤンキー高校時代」証言

写真拡大


 7月にスタートしたドラマ「探偵が早すぎる」(日本テレビ系)でヒロインを務める広瀬アリス(23)。今をときめく若手女優は、小学6年生で雑誌モデルにスカウトされたあと、静岡と東京を行き来する生活を送っていたが、地元・静岡から過去の「ヤンチャ行状」が聞こえてきた。

 広瀬の自宅近所に住んでいた同世代の男性が明かす。

「今では大人びた色香のある女優として大活躍していますが、『静岡時代』はまったくの別人だったんですよ。小学生の時はいつも日焼けしていて元気な子だった。部活はバスケ部に所属していたのですが、よく野球部に交ざってトレーニングをしていました。髪の毛も短く、精悍な見た目で男の子と勘違いされることも多々あった。僕自身、彼女がモデルにスカウトされたと聞いた時に『スポーツ用品店の広告にでも出るのか』と思ったぐらいです」

 さらには、地元で「腕っぷしが強い」という噂もとどろいていたという。

「小学校では男子とケンカして相手を泣かせたこともありました。中学生以降はすでに雑誌モデルとして活躍していたにもかかわらず、地元のヤンキーグループと仲がよかったので、周囲は彼女自体を“ヤンキー”として認知していた。キャラも今とは違って、木下優樹菜みたいな姉御肌タイプでした」(地元男性)

 広瀬が有名になった今だからこそ、過去のヤンキーエピソードが語りぐさになっているというのだ。

「よく言われているのが、『高校時代、気の弱い男子にパンを買いに行かせていた』『女番長として舎弟を抱えていた』という話ですね。とにかく彼女は女王気質。東京での芸能活動が多くなってからも、静岡には『広瀬アリス親衛隊』と呼ばれるゴツい男が何人かいて、地元で買い物をしている間、ナンパされないようボディーガードの役割を果たしていたのも有名です」(地元男性)

 オトコ遍歴にもそんな女王気質が反映されていたそうで、広瀬の幼なじみの女友達は「昔から真性のドSで、つきあっていたカレシはMっ気たっぷりの男ばかり」と打ち明けるほど。

「実際に今、地元で『広瀬アリスの元カレ』と噂になっている人物もMっぽいイケメンなんですよ。彼女が中学生の時につきあっていたバスケ部の先輩ですね。今は地元の企業で普通に働いていて、彼女のお兄さんとも親しいようです。昨年、交際報道のあったプロバスケットボールの田中大貴選手と顔の雰囲気がかなり似ていて、一目見ると『こういう感じの男が好きなのか』と納得させられますよ。そう思うと、田中選手までがドMに見えてきてしまって」(地元男性)

 ギャップ萌えしそう──。

「夏の甲子園第40回大会」ダークホースの柳井が山口県勢初V

「夏の甲子園第40回大会」ダークホースの柳井が山口県勢初V

写真拡大


 甲子園では、大会前にはほぼノーマークだったチームが快進撃を見せ、旋風を巻き起こすことがある。今大会も前評判はさほど高くなかった下関国際(山口)が2012年の宇部鴻城以来6年ぶりに県勢として3回戦進出を果たし、伏兵的存在となっている。

 その山口県勢は夏の選手権でただ1度だけ、全国制覇を果たしたことがある。1958年第40回大会の柳井である。

 今回の下関国際同様に、大会前にはほとんど存在が注目されていなかったが、初戦の札幌商(現・北海学園札幌=北海道)戦でエースの友歳克彦(法大─日本石油)が好投を見せ、2安打完封。打線もミート打法中心の短打を重ねる攻撃で計7安打、2点を挙げ、2‐0で勝利し、波に乗ったのだった。

 続く2回戦の鳥取西戦も接戦となった。試合は3回裏に柳井打線に連打が飛び出し貴重な1点を先制。これを友歳の好投と野手陣の好守で守り切った。友歳の被安打はわずか2本。1‐0の辛勝だった。

 3回戦も宮崎大淀(現・宮崎工)とのシーソーゲームとなった。1回裏に柳井が1点を先取すると4回表に宮崎大淀も1点を取り、同点に。だが、柳井は6回裏に1点、7回裏に2点と短打を重ねて小刻みに追加点を奪っていった。8回表に相手打線の反撃に遭い2点を返されたが、最後は友歳が何とか1点差を守り切り、4‐3で逃げ切ったのだった。

 こうして柳井は苦戦続きながらあれよあれよという間にベスト8へと進出。準々決勝の海南(和歌山)との試合も双方がしのぎを削る白熱した好ゲームとなる。柳井は3回までに3点と、この大会初めて相手にリードを許す劣勢の展開となったが、3〜5回にかけて各1点ずつを取り、同点に追いつく。さらに7回裏に集中打で1点を奪い、ついにリードすることに成功。投げては4回以降、海南打線を無得点に封じた友歳の好投で、最後までこの1点のリードを死守したのである。友歳は被安打6の完投勝ち。またも4‐3という辛勝である。だが、3試合連続して1点差試合をものにしたことで、粘りが柳井の本領となっていた。

 この粘りは準決勝の高知商戦でも発揮され、四国の強豪相手に柳井は友歳が好投。投手戦に持ち込んだのである。柳井打線も高知商のエース・森光正吉(元・阪神)の前に7回まで手も足も出ない状態だったが、8回裏に棟居英二に殊勲のタイムリー三塁打が飛び出し、決勝の1点を挙げ、1‐0で勝利。ついに決勝戦へと進出することとなったのだった。

 決勝戦の相手は、この大会5試合で80奪三振の大会記録を打ち立て、超高校級左腕と謳われた板東英二(元・中日)擁する徳島商だった。だが、この日の板東は準々決勝での球史に残る魚津(富山)との延長引き分け再試合の疲れがあったのか、球に球威がなかった。柳井は2回裏に1死からの連続安打と2つの四球、さらに右前適時安打で3点の先制に成功。さらに4回裏に1点、8回裏にも3点を加えて試合を決定づけたのである。柳井の各打者は大振りせず、選球眼も確かで計14安打を放つ猛攻ぶり。投げては友歳が横手からシュート、上手からのカーブを巧みに決め、徳商打線をわずか4安打に抑え込んだ。この大会最後の試合で7‐0と初めて圧勝したのであった。接戦続きだっただけにこの柳井の優勝は“番狂わせの優勝”とも言われたが、バットを短く持って鋭く当てる。バントも確実に決め、点を重ねる。好守で友歳を盛り立てる。まさにチームワークでつかんだ栄光であった。

(高校野球評論家・上杉純也)=敬称略=

野村周平、横並びショット公開でついに「称賛」ゲットした“お相手”

野村周平、横並びショット公開でついに「称賛」ゲットした“お相手”

写真拡大


 俳優の野村周平が8月12日、自身のインスタグラムアカウントを更新し、サザンオールスターズの桑田佳祐との横並び写真を公開している。

 同日に野外音楽イベント「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018」で大トリの大役を任されていた桑田と仲良く肩を組む1枚を収めた画像をアップした野村は、「先輩観させていただきます。夏最高。すごく興奮してる」と綴り、同じ芸能プロダクション「アミューズ」に所属する大先輩との瞬間を楽しんだようだ。

「映画やドラマで活躍する野村と、音楽界のレジェンドである桑田との垣根を越えた珍しい共演写真となり、ファンからも『カッコ良い2ショット!』『こちらも興奮!!!!』『周平くん、これは宝物だね』『羨ましすぎる』といったリアクションが集まりました。また、野村と同じくロックフェスに参加したと思われるファンからは『私も行きましたー』『わぁ、いたんですか! 私は前の方にいましたよ』『どうりで空気が美味しかったわけだ』との臨場感のあるコメントも寄せられています」(テレビ誌ライター)

 過去には、女優の広瀬すずとの仲睦まじい横並び写真や、自身のマッパ写真などを投稿し大きな反響とヒンシュクを集めてきた野村のSNSだが、今回は国民的人気バンドグループの桑田佳祐との横並びというだけあり、10万を超える“いいね!”と温かいリアクションで埋め尽くされた。

 加齢のせいか、白のTシャツからほんのりと浮き出た下っ腹が哀愁漂う桑田。誰よりも夏が似合う男のリラックスした表情をとらえた野村渾身のファインプレーだったといえるだろう。(木村慎吾)

高橋一生の「年間初CMキング」を妨げかねない“懸念材料”とは?

高橋一生の「年間初CMキング」を妨げかねない“懸念材料”とは?

写真拡大


「2018上半期タレントCM起用社数ランキング」(ニホンモニター)発表されたのは7月6日。これは2018年1〜6月までのCM出稿状況を基にしたランキングであり、男性タレントのトップを飾ったのは、高橋一生で、起用社数10社だった。

「起用した企業には、一流どころがズラリ並びました。そんな高橋のブレイクは昨年で、連続ドラマ『カルテット』(TBS系)で注目され、大河ドラマ『おんな城主 直虎』(NHK)でブレイク。全国的に顔と名前が知れ渡ることとなったんです。ただし、企業ウケはしても、ファン人気については、いささか微妙な状態に突入している」(エンタメ誌ライター)

 今年2月、写真週刊誌「FLASH」で高橋はお泊まり熱愛をスクープされた。お相手はドラマ共演がきっかけで親密になった森川葵。自宅の合鍵を渡し、週に複数回、自宅デートを重ねるラブラブな仲と書き立てられた。

「これで沸騰した女性人気がかなりダウンしてしまった。37歳独身のイケメン俳優に彼女がいても、何ら不思議はない。既婚女性の不貞でもないし、関係者はホッと一安心したそうですが、報道を見た女性からは拒否反応が続出。というのも、激写された時の服装が、全身黒ずくめのうえ、アラフォー男性がまず持たない若作りのウォレットチェーンというもので高橋のイメージと合わなかったんですね。もちろん、その服装が変装を兼ねたカモフラージュだったのではという声もありますが、15歳年下彼女という超年下好みだったことも好感度を下げる一因となったようです」(芸能ライター)

 報道後、高橋は否定も肯定もせず、破局したという続報もないままだ。そのため、移り気な女性ファンをもう一度振り向かせるまでにはいたっていない。年間通してトップを取れるかは、下半期のスポンサー契約が増えるか否かにかかっている。昨年の年間トップは、12社のCMに登場した遠藤憲一だった。アクの強さが飽きられたのか、遠藤は今年の上半期9社にダウンし、2連覇を逃した。高橋は年間CMキングの座を獲得することができるだろうか。

(塩勢知央)

ほのかりんが明かした“電車内の迷惑行為撃退法”に「アウト」の指摘!

ほのかりんが明かした“電車内の迷惑行為撃退法”に「アウト」の指摘!

写真拡大


 ベッキーとの破局後の「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音の交際相手として名を広めたモデル・歌手のほのかりんが、7月28日に自身のツイッターで“過激な迷惑行為への対処法”を明かしている。

「酔っ払って電車に乗って寝てしまう癖があり、眼が覚めると触られてる!とかよくあって」と切り出したほのかりんは、続けて「最初の頃は突き出して警察に連れてってたんだけど、時間取られるし面倒臭いし何にもならないから、最近はブン殴ってから皆の前で謝罪させるようにしてるんだけどこれって法律的にどうなの?」とつぶやいて、独自の対処法が合法か否かという疑問をファンへ問いかけた。

「未成年の頃から飲酒をしていたとあって、21歳にしてすでに“酒に飲まれている”ようですが、それにしても華奢な女性によるハードな撃退メソッドが明かされると、リプライ欄には『バイオレンス! その現場見てみたいです』『正当防衛』『かっこいい』との賞賛が続出。しかし、その報復行為を巡っては『止めさせるために殴ってないから正当防衛は成立せず逆に傷害で告訴されるおそれすらある。まったくの犯罪行為』『日本では私刑は認められていません』『場合によっては暴行罪や強要罪にも該当しそうです』との親身な指摘も。彼女の場合、身を守る為の“ブン殴る”ではなく、迷惑行為が終わった後での“報復”として行なっているため、当ツイートにマジレスするなら、『法律的にはアウト』という可能性が高いでしょう」(テレビ誌ライター)

 迷惑行為は絶対的に“悪”ではあるが、一方で、自身の身を守るためにも、飲酒と報復はホドホドにしたいところだ。

(木村慎吾)

安室奈美恵が明かしたオフの過ごし方に「浜崎あゆみと大違い」と称賛の声!

安室奈美恵が明かしたオフの過ごし方に「浜崎あゆみと大違い」と称賛の声!

写真拡大


 やはり比較されてしまうのが運命!?

 9月16日で引退する歌手・安室奈美恵が、「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)に出演し、熱烈な“アムラー”で知られる番組レギュラーのイモトアヤコとの対談を行ったのは7月29日放送回。対談シーンでは、イモトは安室に対して様々な質問をしていたが、意外な素顔が明かされ、世間を驚かせている。

「好きな食べ物は?」という質問されると、安室は「お肉」「焼き肉大好きです」と回答。これを聞いたイモトは安室がスリム体型ということもあって「ガッツリ白飯とかも?」と、確認していたが、安室はご飯も普通に食べていることを説明し、玄米やスムージーなどのヘルシー系のメニューも好まないと話していた。

 さらに休みの過ごし方について安室は「ほとんど何もしてないです。家でずっとゴロゴロしてます」「一日中テレビ見たりとか、漫画本を読んだり」と、とことんインドア派であることを説明。

 ただ、庶民的な私生活については「休日引きこもってるのは意外だけど、それもギャップでいいね」「いたって普通な回答をするところが逆にいい。さらに好きになった」など、むしろ世間に好印象を与えたようだ。

 また、一部からは「気取っていないところが浜崎と違っていい」「そりゃ、インスタで水着だのバカンスだの写真上げてる人より全然いい」「安室と浜崎はどこでこんなに差が付いた」など、安室を引き合いにして、同じ女性ソロ歌手の浜崎あゆみを叩く声も見られたのだ。

「安室と並び、かつてはギャルのカリスマと呼ばれていたものの、体型・歌唱力ともにキープする安室とは対照的に明らかに太って歌唱力も著しく低下した浜崎。百歩譲ってそういう変化はいいにしても、肉感的なボディが際立つような肌見せが激しい服ばかりを着たり、無理して若作りするような考え方や言動が痛々しいと判断され、最近はファンからも浜崎に『ここを直してほしい』といった声が上がるまでになっています」(エンタメ誌ライター)

 イモトはまもなく引退する安室に対して「好きになったことを本当に誇りに思います。ずっとずっと大好きです」と熱い思いを伝えていた。浜崎も“その日”が来た時には自身のファンからそう思ってもらえるようなスタイルを目指してほしいものだ。

(権田力也)