未分類

あのスターを生んだ夏の甲子園(1)履正社が見据えるトリプルスリー山田哲人超え

あのスターを生んだ夏の甲子園(1)履正社が見据えるトリプルスリー山田哲人超え

写真拡大

 昨年、日本プロ野球史上9人目のトリプルスリーを達成し、今季は史上8人目の三冠王も射程圏内にある山田哲人(現・ヤクルト)。今や日本を代表する強打者へと成長したが、履正社(大阪)の2年生だった09年秋の段階では、山田はプロ野球のスカウトもほぼノーマークに近い存在だった。

 当時、関西球界で名が轟いていた野手は同じ大阪の強豪・PL学園の吉川大幾(現・巨人)、勧野甲輝(元楽天)、智弁和歌山の西川遥輝(現・日本ハム)など。だが、山田はひと冬越えて急激に成長。結果、みごとにドラフト1位を勝ち取るまでになったのである。

 その打棒が全国の野球ファンに知れ渡ったのは2010年、3年生の最後の夏。3番ショートに定着した山田は大阪府予選8試合で13打点をマーク。母校に13年ぶりの夏の甲子園出場をもたらす原動力となったのだ。

 そして、甲子園の初戦となった天理(奈良)戦で、山田はのちのトリプルスリー誕生を予感させる活躍をやってのける。

 2-0とリードした5回裏、2死一、三塁だった。三塁ランナーだった山田は一塁ランナーが天理の左腕・沼田優大の牽制球で挟まれているスキをついてホームスチールを決めたのだ。打っても3打数2安打1四球。放った2本のヒットはいずれも火を噴くようなライナー性の当たり。試合も4-1で快勝し、履正社の夏の選手権初勝利の立役者の一人となったのである。

 続く聖光学院(福島)戦でも山田のバットから快音が響き渡る。3打数2安打1四球2打点。中でも0-2と劣勢だった6回表には「狙って打った」という、相手投手の歳内宏明(現・阪神)のストレートを豪快に振り抜くと、打球は大きな放物線を描いて左翼席へ。一度は試合を振り出しに戻す同点2ランを放ったのだ。試合は8回裏に3点を奪われ、2-5で惜敗したものの、この甲子園での活躍がドラフト1位指名を引き寄せたといってもいいだろう。

 今夏、山田の母校・履正社はこの2010年以来の夏の甲子園出場を果たした。しかも、高校生NO1左腕との呼び声高い寺島成輝を擁しての堂々の優勝候補。トリプルスリー山田さえなし得なかった全国制覇がなるか。注目が集まっている。

(高校野球評論家・上杉純也)

元チェッカーズ武内享が薬物所持で再逮捕の「“ジュニア”に傷心」

元チェッカーズ武内享が薬物所持で再逮捕の「“ジュニア”に傷心」

写真拡大

 元チェッカーズのリーダーでギタリストの武内享の長男が、薬物所持の疑いで逮捕されていたことを8月9日発売の「女性自身」が報じている。長男は昨年9月に薬物を譲渡したとして次男とともに逮捕されており、執行猶予中であった。

 初めの逮捕の際、武内は心境をブログで告白するも、一人称が「オレ」の、とても50代の大人が書いたとは思えない内容に批判の声が挙がっていた。

「ほかにも『オレはこのまま頑張って行こうと思います』と書いていましたが、それにも『このままじゃマズいだろ』と突っ込まれていました。そして今回も『女性自身』に寄せたメールで『正直、普通通りに振る舞う事が厳しい状況ではありますが、そうする事が、今自分に出来る最善だと考えています』と答えているのです。何で『このまま』とは『普通通り』とか、平静を装うのかがわかりません。『このまま』の結果が再逮捕だったことを武内は理解できていないんじゃないでしょうか」(週刊誌記者)

 元チェッカーズといえば、藤井フミヤの息子は将来を嘱望されているフジテレビのアナウンサー。ジュニアもはっきりと明暗が分かれた形となった。

関連記事:息子の逮捕で素直に「アイムソーリー」と言えないチェッカーズ武内享に猛批判 http://www.asagei.com/excerpt/44458

川島海荷「ZIP!」新MCに失望したファンが「北乃きいより激太りしてしまえ!」

川島海荷「ZIP!」新MCに失望したファンが「北乃きいより激太りしてしまえ!」

写真拡大

 女優の北乃きいが9月でMCを卒業する朝の情報生番組「ZIP!」(日本テレビ系)で、10月からの新MCに川島海荷が就任することが決定した。

「アイドル卒業宣言したのは今年4月。所属していたアイドルユニット9nineを卒業する際には『女優に専念するため』と言っていただけに、ファンからは『嘘つき!』『ZIP!の司会が決まってたから9nineを辞めたんだろ?』と怒りの声が噴出しています」(芸能関係者)

 前任の北乃は「ZIP!」の仕事を始めてすぐに、生活リズムが変わったからか、それともストレスなのか、激太りしたことが話題になった。川島にもその恐れが十分にあるという。

「北乃はこの仕事をするまでに激太りの経験はまったくありませんでしたが、後任の川島にはすでに何度も激太りの経験がありますからね。そのため一部のファンからは『北乃より激太りしてしまえ!』『ぽっちゃり女優枠になるがいい』などと悪態をつかれていますよ。実は川島の激太りは事務所内でも予想されているようで、すでに川島専任の食事と筋力トレーニングを指導するパーソナルトレーナーが手配されたと聞いています」(女性誌記者)

 着任前から激太りを心配されている川島。女優に専念するという話はなかったことになってしまったのだろうか。

関連記事:ドスコイすぎる!北乃きいのキョーレツ肥満化に「芸能活動アウト」の声 http://www.asagei.com/excerpt/45847

爆死ドラマに光?松嶋菜々子「43歳のウインク」「肉体営業」にオジサン卒倒!

爆死ドラマに光?松嶋菜々子「43歳のウインク」「肉体営業」にオジサン卒倒!

写真拡大

 視聴率は振るわないが、一部の男性視聴者のハートはガッチリ掴んだ!?

 松嶋菜々子主演ドラマ「営業部長 吉良奈津子」(フジテレビ系)の第3話が8月4日に放送された。

 同作で松嶋は、産後に広告代理店に復職した1児の母・吉良を演じているが、彼女にとって3年ぶりの連続ドラマ主演。そのため、ドラマ視聴率が著しく悪い数字を連発しているフジテレビも松嶋に大きな期待を抱いていたはずだが、この日の放送も平均視聴率6.8%とみごとな大爆死。初回放送から順調に数字を落としてしまっている状況だ。

 また、吉良が高収入の正社員で育休を3年も取ったうえに復職できて、なおかつ子供を保育園に預けられるなど、理想的過ぎる設定にまったく共感できない世間のママさんも多く、今後も人気回復の兆しは見えない。

 しかし一筋の光明というべきか、熱心な松嶋ファンだけは今回の放送に大満足していたようだ。

「この第3話は吉良をはじめとした広告代理店の社員たちが大口取引先との接待に臨むというのがメインの内容でしたが、接待カラオケのシーンで松嶋演じる吉良が松坂慶子の『愛の水中花』を熱唱。松嶋がドラマのワンシーンとはいえ、歌唱する姿を見せるのはかなりレアなこと。しかも歌った曲が、往年のオヤジ世代にとって色っぽい歌謡曲の代表。それを意識してか、途中でターンをしてウインクする大サービスまでありましたから、男性ファンはテンションが上がったようです」(週刊誌記者)

 その後ドラマは急転直下、部下の失態をきっかけになんとか相手の機嫌をとろうと奮闘する吉良に対し、接待相手が禁断の“枕”まで持ち掛ける展開に。吉良も一線を越えてしまいそうにもなり‥‥。「相手が松嶋なら、たとえオバサンでも枕可能」「『一瞬行ってもいいかなって思っちゃった』っていうセリフにめっちゃ興奮しました」など、ムフフなシチュエーションによからぬ妄想で悶々としたという視聴者もいたようだ。

 もはやドラマの存続は、43歳の美熟艶演技にかかっているかも?

(本多ヒロシ)

関連記事:清楚でいたい!?松嶋菜々子が「放送禁止用語」で咄嗟に取った行動とは? http://www.asagei.com/excerpt/61361

五輪サッカーで痛恨ミスの藤春廣輝に「コロンビアなら射殺されてた」の強烈ヤジ

五輪サッカーで痛恨ミスの藤春廣輝に「コロンビアなら射殺されてた」の強烈ヤジ

写真拡大

 8月7日に行われたリオ五輪の男子サッカー「日本×コロンビア」の一戦は、負ければグループステージ敗退が決まるという日本にとっては背水の陣での戦いだった。結果はなんとか追いついての2-2で引き分け。最終戦に望みをつないだ。

 それにしても、試合中も試合後も応援していたファンから嘆きの声がとまらない選手がいる。後半に自身のオウンゴールで、コロンビアにその時点で2点差に広がる追加点を献上してしまったガンバ大阪所属の藤春廣輝だ。

 相手チームのシュートをGKの中村航輔がファインセーブで防ぐも、そのこぼれ球を藤春はしっかりクリアできず、自陣のゴールに綺麗にシュートを決めてしまうという痛恨のミス。

 これにはさすがに試合を観ていた日本国民全員がひっくり返った。ネット上では即座に「オウンゴールがなかったら勝てた」「オーバーエイジで足引っ張るとか、何しに行ったんだ?」「小学生でもクリアできた」「あ然ぼう然、失笑嘲笑」と袋叩きにあっている。

「ヤフー検索でも“藤春”を検索すると、『下手』『使えない』『戦犯』など、マイナスのワードが予測変換で出てくるぐらい。一生懸命やっているのでしょうが、一生懸命やるだけなら誰でもできる。最終的に同点に追いついて本当によかったですね。もしも負けていたら、どうなったことか‥‥」(スポーツ紙記者)

 過激なサポーターの多いサッカー界だけに、批判コメントの中には「藤春は日本でラッキー。これがコロンビアなら殺されているはず」と、かつて相手国のコロンビアで実際に起きた事件と絡めた物騒な書き込みも見られている。

「94年のワールドカップで当時のコロンビア代表キャプテンのアンドレス・エスコバルが決勝トーナメント進出のかかった大事な一戦でオウンゴール。結局、その失点が決勝点となり、コロンビアは1次ラウンド敗退が決まりましたが、エスコバルは母国コロンビアに帰国後に射殺されるという悲劇が起きています。さすがに日本ではあり得ない話ですが、偶然にもこの射殺されたエスコバルは当時27歳、そして藤春も27歳という共通点でも揶揄されているようですね」(スポーツライター)

 藤春には日本時間11日早朝のスウェーデン戦で汚名返上、つまり日本の決勝トーナメント進出のために活躍してほしいところだ。

(本多ヒロシ)

夏の甲子園でスターになれなかった男たち(6)坂本勇人の夏敗退が巨人入団の布石に

夏の甲子園でスターになれなかった男たち(6)坂本勇人の夏敗退が巨人入団の布石に

写真拡大

 06年のドラフトで巨人に1位指名で入団した坂本勇人。08年に8番セカンドで開幕スタメン入りを果たすと当時、ショートのレギュラーだった二岡智宏(元巨人など)の故障もあり、早々とショートでの起用となった。

 以後は不動のスタメンとして活躍、現在は第19代主将としてチームを牽引しているが、じつはドラフト当時の評価は“B”。良くて“Aマイナス”程度の評価だった。この年のドラフトで高校生野手最大の目玉は“特A”の愛工大名電(愛知)の堂上直倫(現・中日)。巨人は1巡目の入札指名でこの堂上を指名するが、抽選で外してしまう。結果、外れ1位で将来性を見込んで坂本を指名したのである。

 坂本は光星学院(現・八戸学院光星=青森)の1年生の秋からショートのレギュラーに定着。06年の春の選抜で初めて甲子園の土を踏んだ。初戦でダース・ローマシュ匡(元・日本ハム)擁する優勝候補の関西(岡山)と対戦。このプロ注目の好投手から1回裏にいきなりレフト前へ先制タイムリーヒットを放つ。初球の甘いカーブを見逃さない思い切りのいいスイングで勝負強さを見せつけた。5回裏の第3打席ではライト前ヒット、9回裏の第5打席ではショートへの内野安打と猛打賞の活躍。さらに2盗塁も決めている。試合は4-6で敗れはしたが、プロ注目の投手からチームが放った6安打のうち半数が坂本。その存在感を示したのである。

 だが、坂本にとっての甲子園はこの1回だけに終わる。春夏連続出場を狙ったその夏の青森県予選では決勝戦で県内最大のライバルである青森山田の前に4-5で惜敗。坂本自身もこの試合、4打数ノーヒットと大ブレーキで、目前で夏の選手権出場を逃してしまった。

 結果、夏の舞台では記録が何一つない悲運のスターだが、もしも夏の甲子園に出場し大暴れしていたら、外れ1位であっさり巨人に入団とはならないビッグな存在になっていたかもしれない。

(高校野球評論家・上杉純也)

坂上忍、木村太郎氏の「銅で謝罪はやめて」発言に反発

「バイキング」に生出演した坂上忍

写真拡大

 俳優の坂上忍(49)が9日、MCを務めるフジテレビ系「バイキング」(月〜金曜前11・55)で、五輪で銅メダルを獲得した日本の柔道代表選手を巡る発言について言及。ジャーナリストの木村太郎氏(78)が「銅メダルで謝罪するのはやめましょう」と見解を示したことに対し「トンチンカン」と噛みついた。

 今回の五輪で目立つのは、銅メダルを獲得した柔道選手が「申し訳ない」などと謝罪していること。番組では、木村氏が「謝罪はやめましょう。もう日本は柔道大国ではない」と意見を示したことを紹介した。

 この木村氏の発言を受け、坂上は「大先輩ですけど」と前置きしつつ「トンチンカン」と反発。「金メダルを狙いにいっているのに、お情けをかけられたら選手はどう思うだろうか?」と疑問を投げかけた。

 12年ロンドン五輪で代表監督を務めていたタレントの篠原信一(43)は「一般の人は“立派な銅メダル”と声を掛けてもいいと思う」と木村氏の姿勢を擁護。ただ、柔道家としての立場からは「私は、選手が金メダルのために4年、8年とかけて頑張っている姿を見ている。“お疲れさまでした”は言えても、どうしても“おめでとう”とは言えない」とコメントしていた。

SMAP解散騒動 香取慎吾とその他4人という構図に変化か

提供:リアルライブ

写真拡大

 今年1月に解散騒動が勃発したジャニーズの人気グループ、SMAP。ファンクラブ向けの会報内で解散を否定はしたものの、芸能界の事情通の間では、「まったく予断を許す状況ではない」との見方が大勢だ。今でも契約更新時期の“9月危機”が一部で騒がれている。

 今回の騒動、キムタクこと木村拓哉とその他のメンバーという図式だであった。簡単にいえば、他の4人が所属事務所に残るかどうなのかが焦点となっていた。しかし、現在の図式は違うという見方もある。それは香取慎吾とその他4人という構図になっているという情報だ。

 当初、事務所からの離脱を画策した4人の中で香取慎吾以外の3人はすでに降参状態。今後、事務所内で干されないように働いていくのが精いっぱいで、9月危機の際に離脱を考えるパワーは残っていないと言われている。それはリーダーの中居正広も同じであるという。

 そんな状況下でひとり、悩み続けているのが香取慎吾だ。育ての親である元マネージャーをもっとも慕っていたのが香取であり、元マネージャーが辞めることで一度騒動が落ちついた時には、あまりのショックで、ドラマの打ち上げで、「明日からが怖い」「自殺するかもしれない」と語っていたと報じられた。そんな影響からか、4年以上メインで出演を続けてきた『おじゃMAP!!』(フジテレビ系)の打ち切りが決定したとの情報も飛び出している。香取のテンションはこれ以上にないほど落ちている。

 我々の知らないところで、SMAPの状況は刻々と変化していっているようだ。

榮倉奈々 賀来賢人と結婚でフルネームが4文字に?

結婚を発表した榮倉奈々(左)と賀来賢人

写真拡大

 7日に俳優、賀来賢人(27)と結婚したことを発表した女優、榮倉奈々(28)。2014年10月期のTBS系「Nのために」での共演を機に、昨年夏に交際に発展した。榮倉は8日、書面で「時間を共有していく中で家族になりたいという思いに至った」とつづった。賀来は女優、賀来千香子(54)のおい。

 フジテレビ「みんなのニュース」で、コメンテーターのやくみつる氏は「どちらの姓を名乗るのか。“かくなな”だとかなりの短さ。加護亜依に匹敵する」とコメント。

石倉三郎が「日本は文化度が低い」と苦言 欧州と「大人と子ども以上の差」

8日放送の「バラいろダンディ」(TOKYO MX)で、俳優の石倉三郎が、「日本は文化度低い」と苦言を呈する場面があった。

番組では「今夜は寝れ9!!」のコーナーで「日本映画界が抱える問題点」と題して、シネマトゥデイの記事を取り上げた。記事では、監督作「淵に立つ」でカンヌ国際映画祭で「ある視点」部門審査員賞を受賞した深田晃司監督が、日本の映画製作に対する助成金制度の問題点について語った。深田監督によると、その制度は使いづらく、少数派向けの作品が作りづらい、というのだ。

ゲストコメンテーターの石倉は、自身も単館上映の映画を制作しており、深田監督の意見に同意し、「偉そうにいえないですけど、日本という国は文化度が低いです」と苦言を呈し、ヨーロッパと比較した場合に「大人と子ども以上の差がある」と断じたのだ。

さらに石倉は、韓国では自治体も撮影に協力的であると明かし、「ロケ地だってね、高速道路でも機関銃撃ちっぱなしで、車がひっくり返る撮影もできるわけ」と紹介した。一方、日本だと韓国のようには行かず、ちょっとした道路を使う撮影でも許可が必要で大変だといい、「日本の映画、かわいそうですね…」と深く嘆いていた。

続いて武井壮はスポーツ界も同じような状況があるとしながら、現代ではメディアを使って自分自身の価値を高めることができる環境が整ってきたとし、「注目させて、そこに資金が投下されるシステムを自分たちで作れる時代だと思う」「現場で頑張ってもらいたいなって気持ちはちょっとありますね」と、持論を展開していた。

【関連記事】
フィフィが日本社会の「女尊男卑」を指摘 オンナを武器にする女性を非難
小籔千豊 マタニティマークをめぐる問題に辛らつ「日本は病気」
ビートたけし、震災後に頻発する空き巣を嘆く「日本はそういうことをしない国」