未分類

台湾を「パチモンの国」扱い フジテレビ「やっちまったtv」に批判殺到

台湾人は「不快」に感じたのかもしれない・・・

写真拡大

フジテレビが「やっちまったtv」で、台湾を批判する内容を放送したと、インターネットでヤリ玉にあがっている。

一般に、親日派が多いとされる台湾だが、フジテレビの取材を受けた台湾人の友人とみられる人が番組を観て、台湾を「パチモン」扱いされたと、苦々しく思っていることをツイッターでつぶやいて火が付いた。

日本への憧れから模倣しようとしている?

フジテレビの「やっちまったtv」(放送は不定期)は、「やっちまった」をキーワードに、世界中の「やっちまった」(失敗した)人の映像を見て笑おうというバラエティー番組。今回、インターネットで問題視されているのは、2016年8月7日に放送された番組内の企画の一つ、「間違い日本を徹底調査! 台湾で捕獲パチモンGO」だ。

「パチモンGO in台湾」と題して、グルメや観光地、スーパー、看板の4つの切り口から「日本のパチモン」を紹介。たとえば、台湾で人気のお茶としてジャスミン茶とヤクルトを混ぜたドリンクを紹介したり、日本の「いちごミルク」のかき氷に引っかけて、いちごのかき氷の上に「海のミルク」といわれる牡蠣を載せたグルメを取り上げたり、観光地では「千と千尋の神隠し」の雰囲気が似ているとして知られている九份で、まったく似ていないキャラクターグッズを紹介したりした。

これらは台湾人が日本への憧れから、偽物、まがい物という意味の「パチモン」をつくって模倣しようとしているかのような印象を植え付けているように映り、台湾の様々な物事を日本の「パクリ」扱いして、笑っているかのように見える演出だ。

そうしたなか、「台湾人 @Taiwanjin」を名乗る人がツイッターに日本語で、

「友人に『日本のフジテレビに取材を受けたから、放送を見たらどんな内容なのか教えてね!』と言われていて、今それが放送されているのだが、趣旨が『日本が大好きな癖に日本のパチモンばかりで生きている台湾人に大爆笑!』的な内容で、正直しんどい。」

と、寄せた。

さらに、

「台湾の早餐店(=飲食店、編集部注)のご飯を『雑な食べ物だな!』と笑ったり、わざわざ奇怪な食べ物を台湾の名物的に紹介し、マズそうに反応したり。さらにインタビューでは元音声が聞き取れないように消して、全く言ってないことを吹き替えで被せるのは… ちょっと」
「あと、九份の紹介が『映画 千と千尋の神隠しのモデルになったと主張しているが、ジブリはそれを否定。だけど便乗で勝手に商売している臭いがプンプンw』というのは、斬新だった。そうやって売り込んだのって日本の旅行会社なのにな!」

とこぼしたことが、大きな波紋を呼んでいる。

「日本人のわたしが見ても大変憤慨」

2016年8月7日付の「台湾人」さんのツイートに、インターネットユーザーが続々と反応。

「日本人のわたしが見ても大変憤慨しました。さっさと消えちゃえ!って感じです」
「本当腸が煮え繰りますね!これは確実に悪意のある編集です」
「こんな番組しかつくれないテレビ局なんて、もう、相手にしなくていいです」

と、フジテレビへの批判が殺到している。

なかには、

「九份も早餐もステキな場所と美味しいものだってわかっている日本人もたくさんいますから・・・本当、悔しいです」
「台湾のみなさんに申し訳なく思うのとともに、他人を見下さないではいられない人がたくさんいることがとてもつらいです」

などといった声もみられる。

フジテレビによると、番組への批判的な声は、視聴者からも「数件寄せられています」としている。

インターネットに寄せられたフジテレビへの批判は、台湾を「パクリ」扱いしたこととともに、取材した人に十分に番組の意図が伝わっていなかったことが背景にあったとみられる。

先述の「台湾人」さんはツイッターで、

「台湾の全てが素晴らしいわけでなく、駄目なところやパチモン、嘘日本語が溢れているのは事実だし、それを面白おかしく紹介するという趣旨も理解できる。ただ、その内容が浅すぎるし、相手の善意につけ込み本来の趣旨の説明をせず取材し、笑い者にする。それは制作者としての在り方がパチモンだと思う」

と指摘。憤りを隠さない。

フジテレビはJ‐CASTニュース編集部の取材に、「現時点で取材にご協力いただいた台湾の方々から直接の抗議は受けておりません」としたうえで、「念のため、事実確認を行っている最中です」と話している。

梅沢富美男 台風中継で浮気がバレた過去を明かす

9日放送の「Momm!!」(TBS系)で、梅沢富美男が、浮気が台風中継でバレた過去を明かす場面があった。

番組では「浮気」をテーマに意見を交わし、終盤でMCの中居正広が明るい話として、梅沢に「台風中継の話」をリクエストした。梅沢は渋りながらも、浮気相手と沖縄旅行に行ったときのことを話し始める。

そのときは、那覇空港に着いた途端、石垣島に季節外れの台風が近づいている情報が入ったという。その台風は50年ぶりの襲来で、梅沢は浮気相手に小遣いを渡し、自分だけ引き返そうと空港カウンターに向かった。

とにかく本島に戻りたかった梅沢は、行き先は問わず空席を案内するよう交渉していた。ところが、空港に台風情報を伝える報道陣がおり、梅沢は「アナウンサーの後ろにオレが映ってたの」と、交渉中の後ろ姿が映り込んでいたと明かしたのだ。

さらに、そのニュースを妻が見ていたそうで、すぐに電話があり、居場所を問いつめられたとか。梅沢は「大阪だよ」と誤魔化したが、「沖縄にいるんじゃないの?」と言われてしまったそうだ。

話が終わり、不満を漏らす梅沢に対して中居は「大丈夫です。オンエアしないですから」となだめると、梅沢は「オンエアしない話をさせたんかい!」と声を荒げ、笑いを誘っていた。

【関連記事】
梅沢富美男が若者の恋愛観を厳しく非難「草食男子は男にあらず」
梅沢富美男 障害者殺傷事件の容疑者にブチギレ「さっさと死刑にしてくれ!」
梅沢富美男 ASKAのブログ開設が早過ぎると批判「まだまだ犯罪者」

メイプル超合金のカズレーザー 芸人志望の東大生に辛口な助言

メイプル超合金・カズレーザー 芸人志望の東大生に辛口アドバイス

写真拡大

8日深夜放送の「お願い! ランキング」(テレビ朝日系)で、メイプル超合金・カズレーザーが芸人志望東大生に辛口アドバイスを贈る一幕があった。

番組では、「真夜中の悩み相談室」として、メイプル超合金が悩める東大生らの相談を聞いた。この日登場したのは、東大理科1類1年の18歳の男性。東大に入学した後、芸人になりたいと思い、お笑いサークルに入ったのだとか。ただ、そこから先は何をしたらいいのかわからないのだという。

相談を聞いたカズレーザーは、芸人は人から「バカだ」と言われたほうが面白いため、「今日を機に、東大を退学したらいい」とアドバイス。そして退学する気にならないということは、「芸人になるのは早いのかもしんない」と続けた。「東大という肩書きは芸人に必ずしも必要じゃない」とし、「早めに始めるに越したことはない」というのだ。東大を退学する意志がない以上、「まだ(芸人)目指さないほうがいいかもね」と結論づけた。

カズレーザーの話を聞いていた相方・安藤なつは「ちょっと強めのお薬じゃないですか」とつぶやき、スタジオの笑いを誘った。だが相談者は「効きましたね」と感謝していた。

【関連記事】
安藤なつ 仕事と恋の両立に悩む白鳥久美子に一喝「難しくねえだろ!」
メイプル超合金・カズレーザー 給与明細を見ない生活「見ちゃうから使っちゃう」
カズレーザー 「ポケモンGO」が原因で子どもに恩を仇で返される事態

徳光和夫がテレビの報道局への不満を連発「偉そうなヤツにカチンとくる」

徳光和夫

写真拡大

8日放送の「5時に夢中!」(TOKYO MX)で、フリーアナウンサーでタレントの徳光和夫が、テレビ局の報道局の内情を暴露する一幕があった。

番組では「夕刊ベスト8」のコーナーで「古舘伊知郎 紅白司会へ向け猛アピールか?」と題して、夕刊フジの記事を取り上げた。

記事では5日放送の「あさイチ」(NHK総合)に出演した古舘氏が、「12年間の服役を終えて出所してきて、甘味処であんみつを3杯食べたときのよう」と、番組出演について喜びを語ったのだとか。

この記事について司会のふかわりょうが、長きに渡った報道キャスターの仕事を「服役」と喩えた古舘氏の発言について、徳光にコメントを求めた。

徳光は、自身もニュースキャスターの仕事を3年間経験しているとしたうえで「ほとんど1日中、ニュース漬けになるわけですよ。それでまた、報道局のヤツらが偉そうにですね『オレはこういうニュースを知ってる。こういう伝え方をしろ』みたいなことを言ったりするわけですよ。そういうのにカチンとくるわけですよね」と、報道局の内側を暴露して、笑いを誘った。

続けて徳光は、そうした報道局の人々に、ニュースキャスターは「だんだん染められていく」としたうえで「古舘も相当、自分の中で危惧を感じてたんじゃないかなと思う」と、古舘氏の胸中を推察した。

さらに「(キャスターは)日常生活も拘束されちゃうでしょ?今の時代は特にそうじゃないですか?うっかり卑猥なことを発言したりなんかしたら、すぐに(インターネットなどで)世間に知られちゃうじゃないですか」「そうなると、本当に窮屈な毎日だったと思いますし」と語る。

一方で徳光は「報道局の人って『自分たちは報道局だ!放送の本道は報道局だ!』って考えている方が結構いらっしゃって」と、テレビ局の報道局にいる一部の人々への不満をにじませていた。

【関連記事】
古舘伊知郎氏 「報ステ」スタッフに怒られた過去「ムダなこだわりは止めて」
田村淳 AKB48・島崎遥香の徳光和夫への態度を注意「ダメだよ」
徳光和夫が人気ボーカロイド・初音ミクに対して嫌悪感をあらわ「やだねえ!」

高島礼子が下す「もう1つの決断」 思い出の自宅を売却へ


「高知さんは『奥さんに迷惑をかけたのだから、裁判が始まる前に自分から離婚届を書いて反省の色を見せたほうがいい』とのアドバイスを受けたそうです。そのため彼は留置場から署名捺印した離婚届を高島さんのもとへ送ったそうです」(高知の知人)

8月1日、ついに離婚届を提出した高島礼子(52)。高知東生被告(51)が先月29日に保釈されてからわずか3日。夫婦は一度も会うことなく電話で話し合った末に離婚の結論に至ったという。

「通常は離婚時に財産分与や慰謝料についての取り決めもしてしまうことがほとんどですが、高島さんは今回、それらを決めていません。とにかくまず離婚することを重視したようです」(社会部記者)

そんな高島だが、離婚届提出とは別の決断も下そうとしていた。現在、2人の共有財産には世田谷区内の自宅がある。03年11月に約2億5千万円で購入したもので、高知は信用保証会社から7千500万円を借り入れ。残りを高島が現金で支払っていた。その夫婦共有名義の自宅を、これから売却するつもりだというのだ。

「もともとはパーキンソン病を患う高島さんの父親と住むために建てた家でした。しかし父・武さんは『長年住んだ家を離れたくない』と言って、いまも横浜の自宅で介護を受けています。なので、あの家は夫婦の思い出がつまったマイホームだったんです。しかし今回の事件で家宅捜索までされてしまい、高島さんはショックを受けていました。売却は苦渋の決断でしょうが、高知容疑者には多額の借金もあるといいます。だからここで清算して、自分は都内の1人暮らし用のマンションに引っ越すつもりのようです」(芸能関係者)

PERFECT HUMANで再々評価のオリラジ 「次への苦悩」に陥っている?

RADIO FISHとしてCDアルバム『PERFECT HUMAN』もリリースした中田敦彦と藤森慎吾

写真拡大

「PERFECT HUMAN」の大ヒットで絶好調のはずのお笑いコンビ・オリエンタルラジオ。いまや芸能界のご意見番としてのポジションも確立しつつある“PERFECT HUMAN”こと中田敦彦、2011年ごろにブレイクした“チャラ男”キャラを復活させ、情報番組などで需要も高い藤森慎吾。そんな活躍中のふたりだが、ここ最近のオリラジとしてのテレビ出演は、ほとんどが「PERFECT HUMAN」のパフォーマンスという状況だった。すっかりネタを見ることが少なくなってしまった感があるが、オリラジはどこへ向かおうとしているのだろうか。

◆「PERFECT HUMAN」でオリラジ再々評価、波に乗る個人活動

 これまでのオリラジの活動を振り返れば、デビュー直後の2005年に“武勇伝”ネタで一躍大ブレイクを果たし、レギュラー番組10本抱えるまでのまさしくスター的な人気を瞬く間に築き上げた。しかし、下積みもないまま若くしてブレイクしたふたりは、一時期の勢いが衰え始めるとその流れに抗えず、一発屋にありがちな道をたどることになり、やがてそれまでのすべてを失う低迷期を迎える。だが、オリラジはそのままでは終わらなかった。

【写真】ファッションショーで披露した「PERFECT HUMAN」キレキレパフォーマンス

 その後、中田は高学歴のインテリキャラ(オタクキャラも)、藤森はチャラ男キャラ(田中みな実アナとの熱愛ネタも)などそれぞれピンのキャラ売りに成功。一昨年の『しくじり先生』(テレビ朝日系)での自分たちの失敗をおもしろおかしく、かつ熱く語る中田の姿は、いまのご意見番ポジションにもつながる洞察力と舌鋒のするどさ、中堅芸人としての成熟したウデをまざまざと見せつけ、見事にメインストリームへの復活を果した。そして昨年、8.6秒バズーカーの「ラッスンゴレライ」をリズムネタ芸人の先輩として完コピすると、そのキレのよさが大絶賛され、コンビとして再ブレイク。その流れに乗って、リズムネタの進化系として提示した「PERFECT HUMAN」の大ヒットにより、今年に入って再々評価というべき異色のブレイクを果たしていた。

 一方で中田は、朝の情報番組『白熱ライブ ビビット』(TBS系)にコメンテーターとして出演すると、歯に衣着せぬコメントを連発。そのものいいが大御所ご意見番ふうの“上から目線”に聞こえることもあり、『しくじり先生』で自らの過去を「(初期は)天狗になっていたから低迷した」と講義していたことを視聴者から突っ込まれたり、「また天狗になったか?」などと一部ネットではバッシングを受けていたりもする。また、その遠慮のない発言が芸人仲間との軋轢を産んだりもした。

「そのバッシングさえも、中田さんの戦略通りといった感はあります。叩かれてなんぼ、くらいのことは中田さんは理解しているでしょう。一方で、うまく波に乗っているのが藤森さん。相変わらずテレビに出まくってますが、ここにきて『PERFECT HUMAN』での上手すぎる歌とラップが評価されながら、情報番組ではチャラメガネキャラを2ndブレイクさせ、インスタは40万フォロワーを超えるなど、若者の“トレンドセッター”的なポジションを確立しています」(エンタメ誌編集者)

◆“次”を模索するコンビの苦悩?新ネタへの期待が高まる

 これまでのオリラジは、コンビの方向性やネタはすべて中田が決め、それに藤森がついていくという関係性だったと言われているが、ここにきて中田は世間にケンカを売るかのようなスタンスも取りながら積極的に前へ前へと攻めて行くのと対照的に、藤森は好感度を落とすことなく、さらに自分のキャラ、足場を着実に固めているようにも見える。『しくじり先生』の中田の授業内容をもっとも実践しているのは、実は藤森のほうなのかもしれない。

 そんなそれぞれの個性的なキャラクターを売りにしたピン活動は、これからも増えていくのだろうか。たしかにふたりとも、ピンで生き残っていけるだけの技量も人気も十分に備えている。ここ最近では、お笑いステージにはオリラジとして立ってはいるものの、メディアを通したコンビとしての活動は減っており、個々の活動にシフトしているようにも見える。

「ふたりはお互いに固い絆で結ばれているようですし、解散はないでしょう。武勇伝にしても『PERFECT HUMAN』にしても、中田のネタと藤森のパフォーマンスがあってブレイクしているわけですから、コンビとしてお互いを必要としています。ただ、たしかに『PERFECT HUMAN』のあと、考えることがあってなのか、殺到していたメディア取材をほとんど受けていなかったようです」(前出・編集者)

 芸人としての確かなウデがあり、「PERFECT HUMAN」という異色のスタイルのネタを大ヒットさせたオリラジは、“大作”を生み出してしまったがゆえに、さらなる進化系オリラジを見出さなければならないという“次への苦悩”に陥っているのかもしれない。

 戦略家の中田と脳天気で多芸な藤森。対照的なキャラクターを活かした個人活動が目立つふたりだが、共通するのは、生き馬の目を抜く芸能界で浮き沈みを繰り返し、確固とした芸のウデを身につけ、人間的にも成長を遂げ、芸能界を生き抜く本能が研ぎ澄まされていること。そんなふたりのタッグだからこそ、熾烈な争いが繰り広げられる戦場でもあるお笑いシーンのなかで、ひときわ強烈なインパクトを残しているのだろう。

 それぞれの個人活動を経ての新たな化学反応によって生み出されるであろう、オリラジの新ネタ、次なる姿への期待は高まっている。“斜め”から笑いに迫った「PERFECT HUMAN」とは異なる、純粋な真っ直ぐのお笑いを打ち出してくるのだろうか。オリラジの帰還が待ち遠しい。

吉田恵アナが第1子女児を出産「大切な宝物ができました」

吉田恵アナ

写真拡大

 フリーアナウンサーの吉田恵(40)が9日、自身のブログを更新し第1子となる女児を出産したことを報告した。

 この日、更新したブログのタイトルは「宝物」。吉田は「先日、無事に娘が産まれました」と出産を報告。「大切な宝物ができました 愛情いっぱいに 沢山抱きしめながら 育てたいと思います」と母になった喜びをつづった。

 吉田アナは2002年に一般男性と結婚したが、12年4月に離婚。翌13年10月に2歳年上の一般男性と再婚した。

坂上忍が自身の結婚観を語る「離婚は前科1犯だと思っている」

坂上忍

写真拡大

8日放送の「バイキング」(フジテレビ系)で坂上忍が、自身の結婚観について力説する一幕があった。

番組では「徹底生討論 怒れるニッポン 夫婦問題SP」と題して、夫婦に関するさまざまな問題について、レギュラー陣に加えて、ゲスト出演者のやくみつる、大和田獏、遠野なぎこが討論に参加した。

その中で、ビッグダディの元妻としても知られる美奈子は「子どもがいても離婚していいじゃん!他人が口出しするな!」という怒りを主張した。

美奈子は16歳で初めて結婚し、その後、3度の離婚を経験。昨年の2015年に4度目の結婚をしており、現在、一男五女の母親だという。そんな美奈子は、「状況を良くするための離婚であって不幸になるためではない」と、子どもがいる中での離婚について、持論を語った。

この美奈子の怒りのテーマに「意義あり」の札を出していた坂上は、離婚すること自体に批判するつもりはないとしながら、自身が子供のころに両親の離婚を経験していることと、自身にも離婚歴があることを説明した後、「僕が離婚したのも子どもがいなかったからです」「子どもがいたら離婚はできないです」と断言。

さらに「離婚は前科1犯だと思っている」「同じことをしちゃいけないと思って、まだ自分で自分が信用できないから2回目(の結婚)に踏み切れないだけです」と、自身の結婚に対する考えを明かした。

そのうえで坂上は、美奈子の「子どもがいても離婚していいじゃん!」という主張を、仮に自身の母親がしていたとしたら、「オレは母親にはつかない」と厳しい口調で訴えていた。

【関連記事】
坂上忍がスポーツ紙記者の矛盾を追及「適当に記事にしちゃってる?」
坂上忍がやくみつる氏に直球質問「東京五輪に『ポケモンGO』が選ばれたら?」
坂上忍 主演ドラマのギャラ公開し周囲が驚嘆「ちょっと高いです、僕」

明石家さんまがIMALUに送った助言に感嘆「人一倍努力しろ」

写真提供:マイナビニュース

写真拡大

タレントのIMALUが、8日に放送されたテレビ朝日系バラエティ番組『しくじり先生 俺みたいになるな!! 3時間スペシャル』(19:00〜21:48)に”しくじり先生”として出演。父であるお笑い芸人・明石家さんまからもらったアドバイスを明かした。

父に明石家さんま、母に大竹しのぶを持つ2世タレントのIMALUは、「親の七光りを1年で使い切っちゃった先生」として登場。親の七光りを使ってモデルや歌手、女優などに挑戦するも結果が出せずに苦しんだ過去を打ち明け、反省を生かしてのその後の芸能活動について語った。

IMALUは高校時代にカナダの学校へと留学。卒業後に母である大竹から進路について聞かれて「MTVでランキングを紹介する人になりたい」と答えたところ、大竹が動き、2009年春の芸能界デビューへととんとん拍子に進んだという。

そして、デビューについて父・さんまに自分の口から報告した方がいいという大竹の助言から、メディアに登場する前日にさんまに報告。すると、さんまは「一生懸命頑張ってきている人の中にお前は親の名前で入るわけやから人の倍は努力せなあかんで」とアドバイスしたという。出演者から「へー!」「すごい」と感嘆の声が上がり、平成ノブシコブシの吉村崇も「あんなにいつもふざけているのにこんなこと言えるんですね」と驚いた。

IMALUは「これが人生初の父からのアドバイス」と振り返り、それ以外は仕事に関していまだに何も言われたことがないと説明。「私が笑いをとってないと嫌みたいで、恥ずかしくなるみたいで、見ないようにしていると聞いたことがある」と言うと、関根勤も「見てないと言っていた。見るといろいろアドバイスしたくなっちゃうからって言ってた」と明かした。

IMALUはまた、「コネで出ているくせにすべてが中途半端だった」と過去の自分を反省。「コネだけで生きていけるほど仕事は甘くないし世の中は甘くない」と言い、「『人一倍努力しろ』という言葉を胸に頑張っていこうと思います」と決意を示した。さらに、「生きているだけで丸儲け」というさんまの座右の銘からつけられた”いまる”という自身の名前について「この言葉を誇りを持って言えるように仕事を頑張っていきたい」と語った。

夏の甲子園でスターになれなかった男たち(5)高橋由伸が味わった「負け投手」の洗礼

夏の甲子園でスターになれなかった男たち(5)高橋由伸が味わった「負け投手」の洗礼

写真拡大

 昨年オフ、18年間の現役生活を引退して、今季から巨人の第18代監督に就任した高橋由伸。現役時代はそのシュアなバッティングで天才バッターの名を欲しいものにしていたが、その才能は神奈川の名門・桐蔭学園に入学した直後から発揮されていた。

 91年夏の選手権にいきなり3番ライトのレギュラーで出場を果たしたのである。しかも初戦の熊本工戦では2安打、2回戦の柳ケ浦(大分)戦でも3安打1打点と勝利に貢献。続く3回戦では4-5と鹿児島実の前にサヨナラ負けを喫するも、出場3試合で14打数6安打2打点1三振1盗塁。打率4割2分9厘。大舞台での勝負強さを存分に見せつけたのだ。

 由伸は翌92年も甲子園に戻ってきた。しかも今度はライト兼リリーフエース。その初戦の相手は沖縄尚学。試合は1回表、4番高橋のライトへのタイムリー2塁打で桐蔭が早くも先制。その後は1点ずつを取り合う白熱した接戦となり、8回表を終わって3-2と桐蔭がわずかに1点をリードしていた。そして、この8回裏に桐蔭ベンチが動く。“ストッパー由伸”の投入である。

 だが、この日の“投手・由伸”は神奈川県予選とはまるで別人だった。この回、沖縄尚学打線に3安打を浴びせられ、同点に追いつかれてしまったのだ。それでも9回になんとか1点を勝ち越した桐蔭。ところがその裏、由伸投手が2アウトから相手の4番にセンターオーバーのタイムリーツーベースを打たれあえなく同点。延長に入っても10回裏に満塁策でしのぐなど、苦投が続いていた。じつは由伸は4回表の攻撃の際、本塁突入のクロスプレーでフトモモと腰を痛めてしまっていたのだ。

 そして迎えた運命の12回裏。2死一、二塁のピンチ。ここで次打者の打った打球はライト前へ。すると次の瞬間、なんとライトからの本塁送球が逸れ、2年続けてまさかのサヨナラ負けを喫してしまったのである。

 最上級生となった3年時には、強打者を1番に据えるというチーム方針により、1番を打つも予選で敗退。有終の美は飾れなかった。“投手・由伸”は苦い思い出でも、それでも“打者・由伸”の甲子園通算成績は20打数8安打。打率は4割ジャスト。熱心な甲子園ファンの記憶に残っていないのが惜しいとすら思われる、天才の明と暗の貴重な記録だ。

(高校野球評論家・上杉純也)