未分類

マツコ・デラックス、Sexy Zoneの菊池風磨がお気に入りと告白 理由は?

マツコ・デラックス (C)モデルプレス

写真拡大


菊池風磨/モデルプレス=9月19日】Sexy Zoneの菊池風磨(22)が18日放送の日本テレビ系『月曜から夜ふかし』(月曜夜23時59分)にゲスト出演。MCのマツコ・デラックスは菊池のことがお気に入りであることを明かした。

【さらに写真を見る】Sexy Zone菊池風磨、史上初の“登場人物1人ドラマ”で初主演

◆菊池風磨の「ヤンチャな感じ」が好き

同日スタートの主演ドラマ『吾輩の部屋である』(月曜夜24時59分)の告知で出演した菊池。同作でドラマ初主演にして一人芝居に挑むことが紹介されるとマツコは「いきなりこの若さで一人芝居ドラマ?うわ、(事務所の)期待のかけ方が全然違う!ハクション大魔王何十年目に手にした?」と同じMCの関ジャニ∞・村上信五と比較しながら驚きの声。まさにジャニーズ期待の新星である菊池を「キレイな高級物件」と表現した。

嵐などジャニーズグループの作曲を手がけるシンガーソングライターを父に持ち、13歳でジャニーズ事務所に入所、2011年にSexy Zoneとしてデビュー。2013年には芸能活動のかたわら慶應義塾大学総合政策学部に入学し、今年3月に卒業。“まさに顔良し、頭良しのインテリジャニーズ”という経歴が紹介されると、マツコは「あたし実はちょっとね、好きなんですよ」と告白。「ヤンチャな感じがね。ジャニーズっぽくないよね。マッチ(近藤真彦)っぽいところがあるんだよね」とマツコ目線で魅力を語る。

◆深夜のセクシートークにも即対応

さらにVTRからの流れで「陰毛は直毛タイプ?」とまさかの下ネタをぶつけるマツコに、菊池は動じることなく「僕は縮れてますね」と即答し、村上が慌てて「あんまり言うなお前!言わんほうがええ!まだ」とツッコミを入れる展開。「私はもうね、むしり取ってる。シャワー浴びて流すたびに、ついでにガッて」と“陰毛トーク”を続行するマツコに菊池は「どういうことですか?むしり取ってるって」「どういう気持ちなんですか?」と苦笑しつつ対応していた。

ファンからは「ふまたん、すごい質問に答えちゃったw」「下ネタにツボるふまたんかわいい」「マツコさんがふまたん好きな理由、わかりみが深い」などの反応が上がった。(modelpress編集部)

情報:日本テレビ

【Not Sponsored 記事】

セ・リーグ4球団「CS争奪」ベンチ裏バトル(1)CSに進出しても巨人・高橋監督は前途多難?

セ・リーグ4球団「CS争奪」ベンチ裏バトル(1)CSに進出しても巨人・高橋監督は前途多難?

写真拡大


 プロ野球のセ・リーグ4球団がペナントレース終盤で白熱の「CS争奪戦」を繰り広げている。それでも舞台裏では、渦中の球団が難題を抱え込んでいるのも事実だ。スポーツ紙が書けないベンチ裏バトルを一挙公開しよう。

 5月から6月にかけて球団史上ワーストの13連敗を喫し、奈落に落ちたかと思われた巨人が、怒濤の巻き返しを見せ、息を吹き返している。7月12日の前半戦最終戦からマギー(34)を「2番・二塁」としてスタメン起用した超攻撃的布陣が功を奏し、何とかAクラス争いに食い込む位置にまで挽回してきた。ふだんは感情をほとんど表に出さない高橋由伸監督(42)も手応えを感じているのだろう。3位の座を奪いたいDeNAについて「一気に追いつき、追い越したい」と珍しく闘志を剥き出しにしている。

 鼻息を荒らげる指揮官からは相当の覚悟が見え隠れするが、実は今季Bクラスで終了した場合、高橋監督がフロントに「進退伺」を提出するとささやかれているのだ。球団関係者が明かす。

「チームが13連敗を喫した6月8日の西武戦終了後、監督が悲壮感を漂わせることもなく妙にサバサバした表情を見せて、メディアの取材に応じたんです。どうやら、屈辱の敗戦で『今年Bクラスだったら責任を取る』と腹をくくったらしい。実際に村田真一ヘッドコーチ(53)に対して、『もういいですね』と漏らしていたといいます。『進退伺』とはいっても、監督本人の決意は固く、フロントに慰留されても辞めるつもりで、事実上の『辞表』です。Aクラス入りに向け、これまでになくすさまじいほどの執念を燃やしているのは、進退を賭けた“最後の戦い”だからでしょう」

 仮に巨人が3位の座を逃せば、実に11年ぶりのBクラス転落となり、07年のCS導入以来、初めてポストシーズン進出を果たせないことになる。高橋監督は歴史的な大型連敗に続き、不名誉な記録を残す形となってしまうのだ。

「もともと由伸は、15年オフに球団から最初のオファーがあった時点で監督就任にまったく乗り気ではなかった。13連敗にBクラス転落となれば屈辱ものですが、辞める理由としては好都合です。しかし、現役続行に固執していた由伸を半ば強引な形で監督に就任させた球団にとって、3年契約の2年目で退任となっては旗色が悪い」(別の球団関係者)

 というのも、こうした経緯がある中で任期満了を前に辞任となれば、球団どころか親会社の読売新聞グループ本社全体のイメージが悪化し、G党を含め世間から猛反発を食らうのを危惧しているという。球団内ではすでに「かつてウチの幹部が第一次政権の長嶋茂雄監督を解任して、読売新聞の不買運動が起きたが、あの時と同様の反発が由伸の今オフ辞任によって起きてしまう危険性がある」との声が出ているほど。だからこそ「何が何でも3位には入ってもらい、由伸体制を続投させたい」というのが、巨人フロントの総意なのだ。

 だが、そのCS進出の鍵を握る主力の不穏な動きも漏れ伝わってきている。主戦外国人投手のマイコラス(29)とマシソン(33)の2人に、来季メジャー復帰話が舞い込んできているというのである。

「マイコラスのメジャー復帰志向は以前からささやかれていましたが、マシソンまでが『ダディ、メジャーで投げないの?』と息子から聞かれて、その気になっているんです。実際、今季で契約が切れる両右腕を欲しがっているメジャー球団は多い。マイコラスには古巣のテキサス・レンジャーズ、マシソンには母国・カナダをホームとするトロント・ブルージェイズが熱心に水面下で獲得調査を進めています」(メジャー関係者)

 CS出場へ向けて両投手が大活躍すればするほど、メジャーの市場価値もますます跳ね上がるだけに、巨人としては心中複雑な思いだろう。仮に2人が今オフにそろって退団すれば、来季の大幅な投手力ダウンは目に見えている。そのうえ、後半の追い上げを考えれば、阿部慎之助(38)、村田修一(36)、マギーといった顔ぶれを来季も外すわけにはいかなくなり、世代交代もままならない。まして今季のように、森福允彦(31)、吉川光夫(29)、そして山口俊(30)といったやみくもな補強をしてもアテにはならない。

 高橋監督はたとえCS進出にこぎつけたとしても、悩みの種は尽きないのだ。

サンドウィッチマン伊達、パチンコ番組は「全部自腹」で800万円負けていた!

サンドウィッチマン伊達、パチンコ番組は「全部自腹」で800万円負けていた!

写真拡大


 やはりおふざけなしのガチンコ実践だった?

 9月5日に放送されたバラエティ「キスマイレージ」(テレビ朝日系)で、お笑いコンビ・サンドウィッチマンの伊達みきおが、過去にMCを務めていたパチンコ番組での遊技代金が自己負担だったことを明かした。

 同回ではKis-My-Ft2の二階堂高嗣が「宝くじを10万円分購入したら元を取れるのか」という企画に挑戦。二階堂は宝くじの中では比較的当たりやすいと言われているスクラッチくじを10万円分購入したが、結局、手元に戻ってきたのは3万2000円で、6万8000円のマイナスという結果だった。

 ところが、その様子をVTRで見た伊達は「俺らだったら、例えば『ちょっとすみません! 自腹でいいんであと1万円買っていいですか?』(とスタッフに提案する)ぐらいの…」と、自腹を切って、もう少しロケをするべきと二階堂にアドバイスしたのだ。

 この予想外の忠告に二階堂が驚いていると、伊達は続けて「我々もね、パチンコ番組やってたんですけど、全部自腹でやってましたからね」と、その番組でのパチンコ代は自腹だったことを告白。「おかげさまで6年間で800万負けました」と、言ってのけたのだ。すべて自腹だからこそ、その番組では「リーチが来たら『来た! リーチ!!』ってなる」と、心の底からハラハラできたと説明し、番組制作費で宝くじを買っている二階堂には本気度が足りないと指摘した形だ。

 この伊達の告白にネット上では「え、あれ自腹だったの?」「けっこう負けてたから心配だったけど、やっぱり自己負担だったんだ」と、驚きの声が上がっていた。

「パチンコ番組も様々で、番組が費用を負担する場合もありますし、一概に『これが正解』ということはありません。ただ、サンドウィッチマンが出演していた『今夜もドル箱S』『今夜もドル箱V』(ともにテレビ東京系)は演者が負担するものだったようですね。もちろん、それを見越してギャラも高めに設定されているでしょうし、ギャラ分を差し引いた結果がマイナス800万ということではないと思います。それでも自身の財布から実際にお金が出ていくわけで、気合いは入りますよね。頻繁に台の移動もしていたイメージがありますが、納得です」(エンタメ誌ライター)

 バラエティ番組「ぐるぐるナインティナイン」(日本テレビ系)の名物企画「ゴチになります!」も、同じように番組が出してくれていると疑われがちだが、こちらもビリになったタレントが食事代を本当に自腹負担している。ギャンブル系や勝負系企画は演者を本気にさせるため「自腹ルール」は比較的よく採用されているようだが、ハマりすぎには、やはり注意が必要だろう。

(本多ヒロシ)

優勝するとダメになる!?「お笑いコンテスト」覇者芸人の戦慄ジンクスとは?

優勝するとダメになる!?「お笑いコンテスト」覇者芸人の戦慄ジンクスとは?

写真拡大


 お笑い業界でまことしやかに囁かれるジンクス、それは“覇者不発説”だ。芸人の世界には年に3度のメジャーコンテストがあり、春はピン芸人の「R-1ぐらんぷり」、秋はコントの「キングオブコント」、冬は漫才師の「M-1グランプリ」が、ゴールデンタイムにそれぞれ、フジテレビ、TBS、テレビ朝日系列で、全国ネット生放送されている。どれも優勝すれば売れっ子間違いなしだったが、ここ数年は、それが覆されているという。お笑い事情に詳しいコラムニストに話を聞いた。

「その傾向が顕著になったのは、2008年の『M-1』。優勝したのはNON STYLEでしたが、翌年からドカンと売れたのは準優勝のオードリー。以降、同じ現象が続きました。09年はパンクブーブーが優勝しましたが、売れたのは初出場のハライチ。第1シーズンの最後となった10年は、笑い飯が有終の美を飾りましたが、翌年売れっ子になったのはスリムクラブ。幸か不幸か、準優勝以下がブレイクし、テレビタレントとして今も引っぱりだこです」

 漫才ですらこんな状況で、コント職人の世界はもっと悲惨。「キングオブコント」は今年が記念すべき第10回だが、過去9組の覇者のうち、今でも全国区でテレビを舞台に活躍しているのは09年優勝の東京03、11年のロバート、12年のバイきんぐのわずか3組。10年のキングオブコメディにいたっては、高橋健一が15年に女子高生の制服などを窃盗して逮捕され、コンビは解散している。

「さらに『R-1』に目を移せば、初年度覇者のだいたひかるは不貞疑惑が浮上して離婚しテレビから消え、その後再婚しましたが、早期の乳ガンが発覚。現在は復帰していますが、一時はかなり大変だったようです。05年のほっしゃん。(星田英利)は昨年、引退を示唆して即日撤回するという“引退騒動”を起こしてからはパッとしない。07年と08年の2連覇を唯一達成したなだぎ武は、友近との破局後、『売名彼女』に引っかかってしまいました。09年の中山功太、14年のやまもとまさみはバイト生活に転落。今年の優勝者であるアキラ100%は今でこそ多忙ですが、時間の問題と見られています」(前出・コラムニスト)

 年末の「M-1」に向けて現在、予選が開催中。ジンクスを打ち破ってくれるコンビが出てくれることを願うばかりだ。

(北村ともこ)

竹内結子に報道陣がザワつく「超大胆ドレス」を着させたのはイモトアヤコ!?

竹内結子に報道陣がザワつく「超大胆ドレス」を着させたのはイモトアヤコ!?

写真拡大


 9月12日、ボディウォッシュ「ラメランス」の新CM発表会に登場した女優の竹内結子。

 自身がイメージキャラクターを務める同商品の使い心地の良さをアピールしたほか、CM撮影時に訪れた台湾の印象を語った彼女。

 公の場に姿を現すのは久しぶりとあって、多くのメディアが詰めかけた発表会だが、開始早々、報道陣からざわめきが起こったという。

「彼女史上初めてというほどの艶っぽいドレスで登場して仰天しましたよ」と語るのは会見に出席していた記者である。

「前から見ると普通なんですが、背中の肌見せがスゴイ。腰のすぐ上まで全部肌を出していて体のラインが全開。彼女が後ろを向いた時に、猛烈な勢いでフラッシュが焚かれていましたね」

 特注の“世界で一着のドレス”とのことで「世界で一番目の女になれたような気がする」と語っていた竹内だが、今回、超大胆ドレスで登場した背景を推測する向きも。

「彼女の大胆ドレス披露はインスタグラムの影響が強いと思いますよ」と芸能関係者は指摘する。

「今年7月、彼女は親友のイモトアヤコに勧められてインスタを始めたのですが、相当ハマっている様子なんです。コメントもひとつひとつ読み、『いいね!』の付きそうな写真を厳選して投稿している。やはり、今回のドレス姿もさっそくインスタにアップしていて物凄い勢いで『いいね!』が付いていました。『いいね!』を集める快楽のため、本人史上もっとも大胆だろうと思われる衣装にチャレンジした側面もあるんじゃないでしょうか」

 彼女にインスタを勧めたイモトに心から感謝したい。

(白川健一)

橋本環奈のドラマ打ち上げ会場はホテル!フジの扱いが真木よう子と違いすぎ?

橋本環奈のドラマ打ち上げ会場はホテル!フジの扱いが真木よう子と違いすぎ?

写真拡大


 女優の橋本環奈がヒロインを務めたドラマ「警視庁いきもの係」(フジテレビ系)の打ち上げが9月上旬に開催されたと、9月15日付の週刊女性PRIMEが報じている。橋本は襟付きのシックなワンピースドレスを身にまとい、二次会のカラオケでもノリノリだったという。その打ち上げについてテレビ誌のライターがささやく。

「この記事によると会場は何とホテルだったとか。なにかとコスト削減ばかりが話題となるフジテレビで、しかも『警視庁──』は平均視聴率6.5%とイマイチの数字だったのに、その打ち上げでホテルが使えるとは…。局内の社員食堂が打ち上げ会場だった真木よう子『セシルのもくろみ』とは大違いです」

 その「セシルの──」は平均視聴率4.5%の爆死に終わったが、それでも芸歴18年の真木が社員食堂で芸歴6年の橋本がホテルとは、フジも随分と酷な扱いをするように思える。ただこの会場の差は、決して橋本を厚遇しているわけではないという。

「視聴率がどうであれ『警視庁──』の打ち上げ会場がホテルだったのは既定路線でしょう。主演はベテランの渡部篤郎ですし、その脇を寺島進や浅野温子らの大物が支えていますから間違っても社員食堂はあり得ません。一方、『セシルの──』の吉瀬美智子やリリー・フランキーはそこまでの大物ではない。スタジオの屋上で撮影されたこともあり、その下の社員食堂での打ち上げもやむなしという空気があったかもしれませんね」(前出・テレビ誌ライター)

 ただし、目下の業績は民放キー局で最低レベルと言われるフジテレビゆえ、今後のドラマでは、出演者がいくら大物でも打ち上げ会場が社員食堂になる可能性もありそうだ。

(金田麻有)

「有村架純から葵わかなにバトンタッチ」に早くもあがる“ひよっこロス”の声

「有村架純から葵わかなにバトンタッチ」に早くもあがる“ひよっこロス”の声

写真拡大


 9月15日、放送中のNHK朝ドラ「ひよっこ」の主人公を務める有村架純と、10月2日に始まる「わろてんか」の主人公を務める葵わかなが、NHK大阪放送局での「バトンタッチセレモニー」で顔を合わせた。有村はドラマの中で登場した「すずふり亭」のカツサンドと自身が就職した向島電機製のトランジスタラジオを、葵は特製の扇子と手拭いを互いにプレゼント。有村は葵に「体と心を大事にして過ごしてほしい」とエールを送った。

「半期に一度の恒例行事ですが、まもなくドラマがクライマックスに向かうことを告げるイベントでもあります。『ひよっこ』は後半に向けて視聴率を伸ばしてきており、ネット上には『ひよっこ、終わってほしくないなあ』『毎日終わりが近づいてるんだ、寂しい』『スピンオフやらないかな』など、早くも“ひよっこロス”にかかった視聴者からのコメントも見受けられます」(芸能ライター)

 朝ドラとしては時間の流れが緩やかなドラマで、ここまでは主人公の結婚も出産も、中年時代に突入することもなし。当初は展開の遅さが指摘されていたが、やがて丁寧な作りが視聴者の心をつかみ、視聴率はジワジワ上昇。7月20日放送回からは20%を割ることなく好調をキープしている(9月15日現在)。

 まもなく迎えるクライマックス、そして最終回では、さらに“ひよっこロス”が話題になりそうだ。

浅田舞・真央姉妹がハワイのゲーセンで殴り合い!蘇る2人の「黒歴史」とは?

浅田舞・真央姉妹がハワイのゲーセンで殴り合い!蘇る2人の「黒歴史」とは?

写真拡大


 9月13日から東京・日本橋高島屋にて、イベント「美しき氷上の妖精 浅田真央展」がスタート。同展では数々の競技会で活躍した選手時代、そしてプロとして活躍するアイスショーで身にまとったスケート靴、メダル、思い出の写真などが100点余り展示され、開会式にはプロデュースを担当した真央自身も出演した。開会の挨拶の後、真央が展示会場を巡覧していると、サプライズで姉の舞が登場。「さっきまでラインでメッセージを送っていたのに、心臓に悪い」と真央は話し、場内には温かい笑いが広がった。

 しかし、この“心臓に悪い”には、深い意味が…。実はこの2人、ハワイで「殴り合いの大ゲンカ」をしていたことが、この後、発覚しているのだ。

「翌日の14日放送された情報番組『PON!』(日本テレビ系)で、浅田と同学年というブルゾンちえみが彼女に直撃取材。『ハワイのゲームセンターで殴り合いのけんかをしたって本当ですか?』と聞いたところ『恥ずかしいけど事実です』と衝撃の事実を話してくれました」(番組関係者)

 なぜハワイの、しかもゲームセンターで2人はケンカに至ったのか。

「ゲームセンターにあるダンスのステップを踏むゲームを姉の舞がやったところ、説明文を読まないで挑戦したため、わずか30秒で失敗して終了。それを見ていた真央が『何でちゃんとやんないの?』と抗議したところ、お怒りモードだった舞が『ガッ』ときたので真央も『パコーン』と姉の顔を殴打したというものでした」(前出・番組関係者)

 この放送を見てネットでは、「あの姉ならしょうがない」「真央ちゃんが一方的に殴られたんじゃなくて?ってか真央ちゃん悪くないだろwww」「姉がやんちゃで妹がマジメね」といったコメントがアップされ、直撃したブルゾンも「失礼ですが、下らん理由でしたね」と切り捨てていた。

 しかし、2人の長い確執の歴史を考えると、笑うに笑えないという声もある。

「真央が引退してからは仲が良い姉妹を演じていましたが、選手として真央が脚光を浴びていた頃は、2人は仲が悪く、全然口もきかなかったそうで、そういう黒歴史を思い出してしまいましたね。それにしても、妹の真央からこういったコメントが出るのは珍しいですね」(スポーツ紙記者)

 8月には舞台「煉獄に笑う」で女優デビューし、勢いに乗っている舞。そんな姉との「殴打事件」過去を明かせるのも、真央が今は、姉とのわだかまりがないことの証左なのかもしれない。

(窪田史郎)

「半沢直樹」大和田常務の名台詞 実は香川照之のアドリブだった

 「おいしい顔」を披露した香川照之

写真拡大


 「キリン のどごし ZERO」新CM発表会が19日、東京都内で行われ、新広告キャラクターに起用された香川照之が出席した。

 この日“キリンビール社員”として登壇した香川は、新商品に関するプレゼンテーションを実施。まずは「キリンビール、マーケティング部の香川でございます」とあいさつすると「お時間は15分ほどを予定していますが、プレゼンに熱を帯びた場合は最大延長8時間と聞いております。覚悟していただきたい」と語り、笑わせた。

 プレゼンでは、過去の出演ドラマの“名ぜりふ”を連発した。商品の特長である「糖質ゼロ」「プリン体ゼロ」の説明を行う中で、香川は「うまいゼロ。ゼロは倍にしても、100倍にしても、答えはゼロです!」とTBS系ドラマ「半沢直樹」のせりふを再現すると、このせりふが息子の言葉から生まれたアドリブだったことを明かした。

 主人公と対立する大和田常務役で話題を呼んだ香川は「当時、私の息子が数字に興味を持ちまして。『パパ、ゼロというのは何倍してもゼロなんだよ。無限を掛けてもゼロなんだよ。ゼロってすごいね!』と話していたのを、私も思わず(撮影)現場で言ってしまったんです」とエピソードを披露。「単なるアドリブが5年をたった今でも、まだ、言わせてもらっている。ありがたい」としみじみ語った。

 また消費者アンケートにおける「これまで満足できるゼロ商品がなかった」という意見に「申し訳なかった。“土下座”をしたいぐらい」と謝意を示した。

 香川は「しかしその中で当社として100パーセント、いや200パーセント、いや、500パーセントの自信を持って!世の中にお届けするのが、この商品でございます!」と、次は警察内部の闘いを描き、高視聴率を記録したドラマ「小さな巨人」のワンシーンをアレンジした。

 香川は、大のビール好きだそうで「夜、仕事を終わってビールをプシュッと開ける瞬間が何よりも幸せ」だという。会見の最後には「きょうは大役を預かり非常に緊張しておりましたが、無事に終わりホッとしています」と笑顔を見せると、「うまいゼロに乾杯!」と自ら商品を試飲。「うまいっ!」と得意の“顔芸”を披露した。

野呂佳代が男性をオトすテクニックを紹介「ベロベロになる」

 18日、おぎやはぎの小木博明と矢作兼がAbemaTV(アベマTV)でMCを務めるトークバラエティ『おぎやはぎの「ブス」テレビ』(毎週月曜21時〜)が放送され、元AKB48・SDN48の野呂佳代が、「男性をその気にさせるマル秘テク」を語った。

 野呂は「個人的にはベロベロになること。でも男性がベロベロだと使い物にならない」「ほろ酔いがいい」と告白。さらに、「最近、メンタリストが推すテクニックを聞いた」と明かした。

 メンタリストいわく、「『ヤリたい』とか『好き』とか思っていたら、それに近いワードをどんどん入れていくといいみたい」とのこと。例として「『きょうは本当に“やり”甲斐があった』とか、『(くしゃみの時ハクションじゃなく)ヘックス!』とか混ぜると伝わるらしい」と語った。

 矢作は「そんなしょうもないやつで大丈夫?」と半信半疑の様子。「『おまんじゅう食べたいな〜』とか、『チンチン電車乗りたいなー』とか?」と例えていた。メンタリスト提案のこの方法、果たして効果はあるのだろうか。