未分類

来年5月に新天皇即位「死刑囚と恩赦」の闇深きベール(3)死刑囚の減刑がなくなる潮流

来年5月に新天皇即位「死刑囚と恩赦」の闇深きベール(3)死刑囚の減刑がなくなる潮流

写真拡大


 この男の名を仮にSとしよう。Sは神奈川県小田原市の叔父の家に住んでいたが、49年、隣にある銭湯の女湯をのぞいているのを銭湯の主からとがめられ、カッとなって肉切り包丁と手斧で銭湯一家5人を殺害したのだ。犯行動機は実に幼稚で身勝手なものだった。

 そしてSには死刑判決が下る。ところが52年、サンフランシスコ講和条約を記念する恩赦が実施され、なんとSもその一人に選ばれたのだ。

「実はこの講和恩赦には、条件がありました。それは殺人と尊属殺人のみで、2つ以上の別の刑事罰が付いている場合は対象外だったこと。そして無期懲役に減刑されたSは仙台拘置支所から宮城刑務所に移され、ここで模範囚となって出獄するのです」(斎藤氏)

 それが70年3月のことだった。大量殺人犯にも恩赦が適用されるなど、にわかには信じがたい判断だろう。

 しかし考えてみれば、Sが再犯に走る可能性は十分に考えられた。

 Sは84年7月、同棲中だった13歳の家出少女を、別れ話のこじれから7カ所も刺してしまう。さらにはこの少女に加担したと思い込んだ友人の少女に対しても3カ所刺すなどし、殺人未遂事件の犯人として逮捕された。

 斎藤氏は嘆息する。

「別れてやるから話がしたいと呼び出して犯行に及んでいるところといい、明確な殺意があったのは間違いない。Sは野に放った虎。いくら模範囚だったとはいえ、5人も殺した犯人を出獄させたことには問題があった」

 Sはこの事件で懲役8年を宣告されたうえ、先の仮出所も取り消されることになり、宮城刑務所に身柄を移された。

 Sは09年に獄死したが、この事件を機に、恩赦に対する国の考えが変わってきたことは確かである。

 一方では、恩赦になって無期懲役に減刑されたものの、在監中に精神疾患を発症し、いまだ67年間も刑務所にいる受刑者もいるのだが‥‥。

 最後に、恩赦についての斎藤氏の見解を聞いてみよう。

「裁判員制度ができ、死刑判決を求める裁判員の苦しい胸中がある一方で、行政が恩赦を実施していたら、矛盾するのではないでしょうか。恩赦は何が基準になっているのかはっきりしませんが、小田原一家5人殺害事件の実例を見ると、刑務所内の服役態度が良好で模範囚であったことが条件を満たしていたのではないかと思われます。しかし、時代が変わり、死刑囚の減刑というのは、これからはないと思いますね」

 それもまた、時代の潮流なのだろう。はたして来春、そのとおりの光景が見られるのか──。

“ハラスメント降板”元NHK登坂淳一に新たに浮上した「大学院進学」

“ハラスメント降板”元NHK登坂淳一に新たに浮上した「大学院進学」

写真拡大


 NHK時代は「麿」の愛称で親しまれた登坂淳一アナと言えば、今年4月からスタートするフジテレビの「プライムニュース」のキャスターに内定していたものの、「週刊文春」にハラスメント疑惑を報じられ、同番組への出演を辞退。NHK退社後は「ホリプロ」に所属し、万全の体勢でフジの夕方の顔として活躍する予定だったが、同誌の報道で一気に逆風が吹き荒れた格好だ。登坂アナがハラスメント報道を受けてあっさりと同番組への出演を辞退したのは意外な感もあったが、別の民放テレビ局の情報番組スタッフは言う。

「過去のスキャンダルとはいえ、ハラスメントに対しては昨今何かと厳しい風潮のうえ、登坂アナはNHK時代から女性視聴者層の支持が武器となっていただけに、今回の報道は非常に痛い。もっとも、さらなる“余罪”もあるのではないかと見る向きもありますから、傷が深くならないうちに、いったん表舞台から撤退し、もし、そうした事案があるなら、対応を図るなどしておいたほうが、後々のことを考えれば、よかった、ということになるかもしれませんが…」

 さらに、この番組スタッフは登坂アナの今後についてこう明かす。

「スキャンダルが噴出した以上、しばらくは表舞台での活動は難しいでしょう。ここに来て囁かれているんですが、一説には大学院への進学も視野に入れているという話ですよ。具体的な学部などについてはわかりませんが、スキャンダルがあろうが、硬派のキャスターとしての実力を充電しようという考えなんでしょうかね」

 華麗なるフリー転身で脚光を浴びたのが、アダとなってしまった登坂の「次の一手」を見守っていきたい。

(しおさわかつつね)

フジ、九官鳥をホストクラブに放置する企画が「動物虐待」と批判殺到!

フジ、九官鳥をホストクラブに放置する企画が「動物虐待」と批判殺到!

写真拡大


 2月18日、新たなバラエティ番組「ほっといたらこうなった」(カンテレ/フジテレビ系)が放送された。同番組は、世の中の放置されているものに注目する番組だという。

「この番組は、世間から『ほっとかれてるな』と思う現場に密着し、その後どのような変化を遂げたかをVTRで紹介していくという趣向で企画、制作されたものです。VTRでは、老朽化した銭湯や電話ボックスの再利用や、廃れていく田舎が新たに観光スポットとして生まれ変わっている現状などを伝えました」(テレビ誌記者)

 今回、世の中の廃れていくものを特集する一方で、番組側が様々なモノを放置して、その様子を観察するという実験企画も放送された。しかしその内容が、動物虐待ではないかと視聴者の間で物議を醸している。

「今回、番組は『九官鳥を歌舞伎町のホストクラブに1週間ほっといたら、どんな言葉をしゃべる?』という企画を放送しました。しかしホストクラブは空気も悪く、客やホストが大騒ぎしているため、動物が過ごすのには最悪の環境と言えます。そのため、ネット掲示板やSNSでは放送中、『こんな激しい照明と音楽のとこに放置するな!』『九官鳥がかわいそう。地獄みたいな企画だ』『制作陣は正気か? 人間の都合で動物を酷い環境に監禁するなんて完全に虐待だろ!』と、企画に対する大半のコメントが怒りの声で埋めつくされるという事態になりました」(前出・テレビ誌記者)

 制作スタッフはバラエティとして面白いと判断したのかもしれない。しかし放送を見た多くの視聴者は、番組側の良識に疑問を持ってしまったようだ。

「もうヤメて!」浜崎あゆみの露骨“匂わせ投稿”にファンが悲鳴

「もうヤメて!」浜崎あゆみの露骨“匂わせ投稿”にファンが悲鳴

写真拡大


 2月18日、浜崎あゆみがツイッターに投稿した“つぶやき”が失笑をかっている。エンタメ誌ライターが解説する。

「ツイッターの写真は、お団子ヘアーにすっぴん風メイクで、アゴに左手を添えながら穏やかに目を閉じている浜崎です。女性芸能人特有の左右反転画像の可能性も高いですが、とりあえず薬指には、ゴールドの指輪が輝いていて、《ソワソワしちゃって早起き…お日様があるうちに沖縄着いてエネルギーチャージしたい 昨日の夜は大切な人との時間があったから心が温かい》と文章が添えられています。また、恋人と噂されるAAA(トリプルエー)の浦田直也も薬指に同じゴールドの指輪をして、《大切な人をこれからも大切にしたい》とつぶやいているんですが、あまりにあからさまな話題作りに厳しいネットでは《匂いすぎる》《報告だよねw》《これ高校生のツイート?》《ファンだけどもうやめて!》という声が上がっています」

 浜崎あゆみと言えば、最初に報道されたTOKIO・長瀬智也との交際が有名だが、その後も有名ブランドも手がける外国人デザイナーやバックダンサー、自身の運転手などと交際報道を経て、2011年にはモデルのマニュエル・シュワルツ氏と結婚、1年あまりで離婚し、2014年には米国人医科大学院生と結婚、16年に離婚している。噂の浦田とは、かつてツイッターに〈弟と写真撮ってもろたぁー〉(原文ママ)と2人で寄り添う写真を投稿しており、弟のように可愛がっていた存在だった。

「『匂わせ』といえば、ジャニーズと交際している女性タレントが、これみよがしに部屋着を着たり、同じアクセサリーを付けてブログに載せることで、暗に自慢するということを言いますが、39歳の浜崎あゆみが喜々として匂わせているのは、イタいと言われても仕方ありません」(前出・エンタメ誌ライター)

 今のところ“浜崎あゆみ・新恋人熱愛発覚”などのニュースにはなっていない模様だ。

乃木坂46メンバー似!?「モニタリング」新大食い素人に「美人すぎる」の声

乃木坂46メンバー似!?「モニタリング」新大食い素人に「美人すぎる」の声

写真拡大


 大食い界にかつてないヒロイン美女が登場!

 2月15日に放送された「ニンゲン観察バラエティ モニタリング」(TBS系)に、大食い界のニューヒロインと紹介された岩手県在住の家事手伝いの小原尚子が出演し、話題となっている。この日の番組では「食事会に大食い美女がいたら男性は驚く?」と題し、合コンにやたら大食いの美女がいた時の男性の様子をモニタリングするという企画を放送。

その大食い美女としてキャスティングされた1人である小原は、昨年11月に行われた「全日本わんこそば選手権」で、当時無名ながら最も多くのそばを食べ、スポットライトを浴びた存在。

普段から一食につき米を7合食べるという小原は、ターゲットである合コン相手の男性と自然な流れでわんこそば対決を行い、勝負前は自信満々だった男性を全く寄せ付けず、わんこそばを310杯食べて圧勝。わんこそばは男性平均80杯、女性平均が60杯ということもあり、男性は125杯と健闘するも、小原には惨敗。そんな圧巻の食べっぷりを見せつけた小原だったが、そのビジュアルにも注目が集まっている。

「女性陣の中で小原だけが合コン会場に遅れて現れた時には、今一つ盛り上がっていなかった男性陣の表情が明らかに一変して、笑顔になっていましたし、正直何も知らなければ、『こんなモデル体型の美女が大食いなの?』と思ってしまうほどの美女でした。大食い界でルックスが整った女性が現れると、話題になることは多いですが、小原は人気のアイドルグループ・乃木坂46の寺田蘭世似で、歴代の大食い美女の中でもトップクラスの美女といっていいでしょう」(エンタメ誌ライター)

 その後、バラエティ番組に頻繁に出演しているお馴染みの大食い女王・もえのあずきや、元ミス鎌倉の桝渕祥与も出演していたが、SNS上では「尚子さん、可愛すぎるだろ」「食費負担するから、本気で付き合いたい」「ギャル曽根とかもはや太刀打ちできないだろ」などといった小原に関する書き込みが多く目立っていた。

 番組放送後には小原のツイッターをフォローする人が急増。今後はバラエティに引っ張りダコの存在になることは間違いなさそうだ。

(田中康)

度が過ぎる「クロちゃんキモい」の風潮にアイドル業界から大反論!

度が過ぎる「クロちゃんキモい」の風潮にアイドル業界から大反論!

写真拡大


 お笑いトリオ「安田大サーカス」のクロちゃんに対する“キモキャラ”いじりが、さすがに度を越してきているようだ。最近はクロちゃんのやることなすことすべてを気持ち悪がる風潮も生まれているが、クロちゃんの専門分野である「アイドル」に関しては、業界全体から擁護の声もあがっているという。アイドル誌の編集者が指摘する。

「クロちゃんは足しげくアイドルライブに通っては、ライブの様子やメンバーのMCを細かくメモ。彼の視点が詰まっているそのメモはアイドル業界から一目置かれています。ところが2月14日放送の『フジモンが芸能界から干される前にやりたい10のこと』(AbemaTV)では、クロちゃんの『ボクはメモリストなんで』という言葉に共演者が過剰に反応。メモを取ること自体が気持ち悪いというノリで場が進行し、業界中から『ふざけるな!』との非難が寄せられています」

 その場面ではクロちゃんが「家に帰って(メモを)見返して『うふふ』って笑ったりとか」と語る場面も。ここでゲスト出演していたアイドルグループ「原駅ステージA」の磯部杏莉と牧野真鈴がドン引きしていたと報じるメディアもあったのだが、そういった記事に対しても大ブーイングが飛んでいるという。

「その場面では、MCを務めるラフレクランの西村真二が『すごいっすよ、アイドル本人がガチ引いてますねえ』と、原駅ステージAに対して強引に振ったのです。そこで彼女たちもしょうがなく愛想笑いしていたのは画面を見ても明らか。そもそもクロちゃんがライブ中にメモを取っていることは、彼と面識のあるアイドルなら誰でも知っている業界の常識ですよ。つまりこの演出はクロちゃんばかりではなく、原駅ステージAの二人をもバカにしたものであり、本当に許せませんね」(前出・アイドル誌編集者)

 そもそもテレビ業界では、アイドル関連の企画を作る際にはクロちゃんにも意見を求め、そのメモを参考にして番組が作られることもあるほど。クロちゃんがイジられること自体は芸人としての宿命だが、そのアイドル愛まで茶化すような演出は厳に慎んでもらいたいものだ。

(金田麻有)

中条あやみ「CanCam」をジャック 表紙と裏表紙のダブル表紙

中条あやみ/「CanCam」4月号(小学館、2月23日発売)表紙(画像提供:小学館)

写真拡大


中条あやみモデルプレス=2月22日】モデルで女優の中条あやみが、23日発売の雑誌CanCam」4月号にて表紙と裏表紙のダブル表紙を飾る。

【さらに写真を見る】中条あやみの“美人肌”際立つ裏表紙

今回の表紙は、スタイリッシュなビビッドレッドのコーデ。ダブル表紙となった裏表紙は、イメージガールをつとめる化粧品のイメージカラーで、中条の“美人肌”が映える黒が基調。赤と黒の世界で「CanCam」を丸ごとジャックしている。

中条は「カラフルで春を感じるCanCamらしい表紙と、思いっきりクールなKATEらしい裏表紙を同時に演じられる貴重な機会でした!みなさま、ぜひとも見てくださいね!!」とコメントした。

さらに、特集では中条が「絶対かわいくなれるコーデ」を18ページに渡って紹介。裏表紙から続く4ページでも中条が登場し、外も中身も中条の魅力がたくさん詰まっている。

◆日本アカデミー賞新人賞受賞で「CanCam」ダブル表紙

映画「チア☆ダン〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜」では主演・広瀬すずのライバル役で初のチアリーダーに挑戦、今回映画出演4作目で第41回日本アカデミー賞の新人俳優賞を受賞。さらに、昨年11月に映画「覆面系ノイズ」、今秋公開映画「3D彼女 リアルガール」と主演作が相次ぎ、いままさにひっぱりだこの存在に。

一方、ファッションモデルとしても活躍し、昨年、「Seventeen」の専属から「CanCam」専属モデルへ移籍。10代から20代女子憧れのファッションアイコンとしても人気。今回は「CanCam」サプライズダブル表紙で、アニバーサリーに相応しい一冊となった。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

芳根京子がブログで公開した瀬戸康史のドレス姿 広瀬すず似の声も

 EntamePlex

写真拡大 (全2枚)


フジテレビ系月9ドラマ『海月姫』で主演を務める女優の芳根京子が19日、アメブロオフィシャルブログを更新。俳優の瀬戸康史や工藤阿須加ら同ドラマの共演者たちとの“指ハート”ポーズ写真を公開した。

同ドラマの原作は累計420万部超の東村アキコ氏の人気漫画。2010年には同局でアニメ化、2014年には能年玲奈主演で映画化。「男を必要としない人生」をモットーに掲げる“オタク女子”が集う共同アパート「天水館」を舞台に、NHK連続テレビ小説『べっぴんさん』以来のテレビドラマ出演、月9初主演の芳根演じる主人公の倉下月海やファッション好きな女装美男子・鯉淵蔵之介(瀬戸)と、蔵之介の弟で童貞エリートの鯉淵修(工藤)と出会い、予期せぬ三角関係を繰り広げる。

第6話放送直前に「5話。」と題して更新されたブログは、「『海月姫』第5話ありがとうございました。ファッションショーの回。まややさん大活躍でございますゆえ。そしてノムさん登場。勢いが止まらない 海月姫です。」とファンに感謝などを伝え、ドレス姿の瀬戸や、工藤、“尼〜ず”ら共演者らと“指ハート”ポーズをしたオフショットを公開した。

続けて、「ハナガサクラゲのドレス。かわいいです。これを着た蔵之介さんは 本当にお姫様ですね。三角関係がどどーんと動きそうな第5話でした。」と5話を振り返り、ハナガサクラゲのドレスとのオフショットなども公開。

最後には、まもなくスタートする第6話の見どころをファンに伝え、「我々はまだまだ撮影中です 寒いから、お家であったかくして 海月姫をみてくださーい」と呼びかけた。

ファンから「すごくきゅんとする回でしたねー!」「一気に蔵之介派になりました」「毎回波乱含みでいよいよ目が離せません」「天水館 素敵!遊びに行ってみたい」「毎週、爆笑しながら見てますよー!」「残りの撮影も頑張ってくださいねぇ」「月海殿の恋の行方が これからも 益々 気になるところ 」「海月姫楽しみすぎます!!」「三角関係気になります」と第6話を観た感想や、月海(芳根)、蔵之介(瀬戸)、修(工藤)の三角関係の展開が気になる声、ドラマ放送を楽しみにしている声などが寄せられている。また、公開された写真には「瀬戸くんが一瞬、すずちゃんに見えた」などの声も。

フジテレビ系月9ドラマ『海月姫』第7話は、2月26日(月)よる9時〜放送。修(工藤)が月海(芳根)に真剣告白…しかも結婚を前提に! どうする月海! さらに新キャラクター登場で今度は“四角関係”に!?

国分太一「ビビット」で大杉漣さんの死を悼む「たぶん報道を望んでいない」

急逝した大杉漣さん

写真拡大


 TOKIOの国分太一(43)が22日、司会を務めるTBS「ビビット」(月〜金曜前8・00)に生出演。日本テレビ「ぐるぐるナインティナイン」の名物コーナー「ゴチになります!」で2年間共演した大杉漣さん(享年66)を悼んだ。

 「まだ信じられません。2年間、大杉さんの隣で毎週、収録して、カメラが回っていないところでも、いろいろとお話しして。。最後に会ったのは去年の年末。元気な笑顔が忘れられません」。バラエティー番組のレギュラーに初挑戦だった大杉さんは「新しいことを見つけてやるのは楽しい」と語っていたといい「『ただ、分からないから、太一君、いろいろ教えてね』と。後輩の僕から何かを盗もうとしている姿に、凄い人だと思いました」と振り返った。

 番組冒頭から約30分特集。「今日、こういう形で報道しましたが、たぶん漣さんはこの報道を望んでいないと僕は思います。『オレのことはいいからさ、オリンピックでメダル獲ったんだし、そっちやってよ』と言いそう…そういう人なんです。まだ信じられません。悲しいです」。国分の目は赤かった。

大杉漣さん 亡くなる前日に松重豊と対談形式で取材を受けていた

テレビ東京「バイプレイヤーズ〜もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら〜」で共演の(左から)遠藤憲一、大杉漣さん、田口トモロヲ、松重豊、光石研(C)「バイプレイヤーズ2018」製作委員会

写真拡大


 ◇大杉漣さん急死

 大杉漣さんは亡くなる前日(20日)も千葉県内でテレビ東京「バイプレイヤーズ」の撮影に元気に参加していた。公式サイト「スポニチアネックス」の連載取材で、記者が現場入りしたのは20日午後1時頃。ちょうど大杉さん、遠藤憲一(56)田口トモロヲ(60)松重豊(55)光石研(56)の5人で最終回(第5話)のラストシーンを撮影していた。合間に光石がギャグで駅名を連呼し、5人で笑い合っていた。その明るい笑顔から半日後に…。今も信じられない。

 大杉さんに松重との対談形式で取材させてもらったのは今月5日。20日の現場ですれ違った際「先日お世話になりました」とあいさつすると、大杉さんも「どうもぉ〜!」と気さくに返してくれた。

 大杉さんは松重の映画デビュー作「地獄の警備員」(92年)で初共演。約30年の付き合いだが、松重に「当時と全く変わらない」と言われ「いやぁ、さらにフラフラしている」と大笑いした姿が忘れられない。役者としての感覚の若さも際立っていた。今作で海の中から現れるオープニング、本番まで誰か分からないシークレットゲストを考えたのも大杉さん。プロデューサーも「精神がお若い!」とうなった。

 大杉さんが仲間との長年の絆の末に「たどり着いた寄港地みたいな作品」と評した「バイプレイヤーズ」。27日に予定されたクランクアップを前に、一人で旅立たれた。