0年 0月 の投稿一覧

HKT48の兒玉遥が総選挙の公約を実行 金髪ギャルメイクで竹下通りを歩く

HKT48の兒玉遥が金髪JKメイクで原宿・竹下通りに登場(C)AKS

写真拡大

 HKT48兼AKB48の兒玉遥(19)が、6月に行われた『第8回AKB48選抜総選挙』の公約を実行し、金髪のツインテールにギャルメイク、制服姿で東京・原宿の竹下通りを歩いた。

【写真】金髪JK姿で竹下通りを楽しむ兒玉遥

 兒玉は総選挙前にニッポン放送『ミュ〜コミプラス』に出演し、リスナーから寄せられた選挙公約案「選抜入りしたら、竹下通りをギャルメイクで歩く」を採用。総選挙では9位となり、初の総選挙選抜入り(上位16人)を果たしたことから、公約を実行することになった。

 きのう30日午後5時すぎ、AKB48の新曲「LOVE TRIPのミュージックビデオに登場するピンクの「LOVE TRIP バス」で竹下通りに登場。目ざといファンから「はるっぴだ!」と気づかれたり、外国人と記念撮影をしたり、クレープや雑貨を買ったりと20分ほど楽しんだ。

 竹下通りを訪れたのは「実は初めて」という兒玉は、制服&ギャルメイクで女子高生気分を満喫し「あっという間でした、楽しかったです!」と大喜び。「これも皆さんのおかげです。公約も達成できてよかった。次はプライベートでまた来たいです」と声を弾ませていた。

 総選挙選抜が歌うAKB48の45thシングル「LOVE TRIP/しあわせを分けなさい」はきょう31日に発売された。

川谷絵音の熱愛報道でベッキーファンの怒りが爆発か 壁ドン画像に疑惑も

川谷絵音公式インスタグラムより

写真拡大

 30日に発売された「週刊女性」(主婦と生活社)によって、ロックバンド・ゲスの極み乙女。のボーカル・川谷絵音が、ミュージシャンのmiwa似の一般女性との熱愛疑惑を報じられた。

 川谷自身は直撃取材に対して、「友達ですね」と語っているものの、掲載されたツーショット画像では、川谷が女性の肩を抱き寄せ、恋人同士にしか見えないことから、「ベッキーは批判浴びまくってるのに!」「ふざけんな!」などと、ベッキーファンの怒りが爆発した。

 今年1月にベッキーとの不倫が報じられた際には、世間のバッシングに耐え切れなくなったベッキーが芸能活動を自粛した一方で、川谷は音楽活動を続け、「厚顔無恥!」「お前も自粛しろ!」などと批判を浴びていたのだが、そのベッキーがいまだに批判を浴び続けている中、もうすでに次の女性に手をつけている川谷の姿に、ベッキーファンだけでなく、世間の怒りも増すばかりとなっている。

「ベッキーとの不倫報道が流れた直後の1月13日には、騒動を逆手に取ったようなタイトルをつけたアルバム『両成敗』(ワーナーミュージック・ジャパン)を発売し、以前と変わらぬ様子でライブにも参加していたため、ベッキーとの不倫に関しては、売名疑惑すら流れていた川谷ですが、今月1日には、自身のインスタグラムに『きゃりーと久々飲んだ』と、歌手のきゃりーぱみゅぱみゅがワイングラスを手に1人で写っている画像をアップしたことで、『ベッキーネタが尽きたからって、きゃりーに手を出したら容赦しないからな!』と、きゃりーファンの怒りを買っていました。その直後でのmiwaに似た女性との熱愛疑惑が報じられたことで、『miwaちゃん本人じゃないよね?』と、miwaファンが戦々恐々とすると同時に、世間の怒りの声が殺到してしまっています」(芸能関係者)

 川谷は、大塚愛やPerfumeの西脇綾香など、女性アーティストとのツーショット画像をインスタグラムにアップすることが少なくないのだが、そのたびにベッキーファンから「よく他の女とデレデレした顔で撮った写真をアップできるよな!」「ベッキーがどう思うか少しは考えろ!」などと、批判の声が殺到するのが常となってしまっていた。

「有名な女性アーティストとのツーショットでは、大人しく突っ立っているだけの川谷ですが、今月5日に、バンドのサポートコーラスを務める女性とのツーショット画像をアップした際には、壁ドンをしている姿を披露。先月にも同じくサポートコーラスを務めている別の女性の肩に腕を回して撮ったツーショット画像をアップしていたため、『裏で相当な数の女を食ってそう』『何股かけてるの?』などといった疑惑の声が広まってしまっているようです」(同)

 川谷が熱愛を報じられた一方で、ベッキーは、先月25日に発売された「女性セブン」(小学館)に、1人でラーメン店に出入りするところを激写されていた。このギャップに、「ベッキー、かわいそう」と同情する声が増し、本格復帰を後押しする声が急速に高まりを見せている。

HKT48の兒玉遥が総選挙の公約を実行 金髪ギャルメイクで竹下通りを歩く

HKT48の兒玉遥が金髪JKメイクで原宿・竹下通りに登場(C)AKS

写真拡大

 HKT48兼AKB48の兒玉遥(19)が、6月に行われた『第8回AKB48選抜総選挙』の公約を実行し、金髪のツインテールにギャルメイク、制服姿で東京・原宿の竹下通りを歩いた。

【写真】金髪JK姿で竹下通りを楽しむ兒玉遥

 兒玉は総選挙前にニッポン放送『ミュ〜コミプラス』に出演し、リスナーから寄せられた選挙公約案「選抜入りしたら、竹下通りをギャルメイクで歩く」を採用。総選挙では9位となり、初の総選挙選抜入り(上位16人)を果たしたことから、公約を実行することになった。

 きのう30日午後5時すぎ、AKB48の新曲「LOVE TRIPのミュージックビデオに登場するピンクの「LOVE TRIP バス」で竹下通りに登場。目ざといファンから「はるっぴだ!」と気づかれたり、外国人と記念撮影をしたり、クレープや雑貨を買ったりと20分ほど楽しんだ。

 竹下通りを訪れたのは「実は初めて」という兒玉は、制服&ギャルメイクで女子高生気分を満喫し「あっという間でした、楽しかったです!」と大喜び。「これも皆さんのおかげです。公約も達成できてよかった。次はプライベートでまた来たいです」と声を弾ませていた。

 総選挙選抜が歌うAKB48の45thシングル「LOVE TRIP/しあわせを分けなさい」はきょう31日に発売された。

EXILEやE-girlsが所属する「LDH」 取引先によって態度が違いすぎる?

EXILE

写真拡大

「文春の報道が出ても、周囲は誰も驚かなかったですね。あそこの“接待”は昔から有名でしたからね。まあ、それで仕事を決める局の上層部にも問題があるかもしれませんが」(テレビ局関係者)

 EXILEや三代目J Soul Brothers、E-girlsなど多くの人気アーティストが所属する芸能事務所「LDH」で陰湿な社内イジメが多発していることが、元従業員によって「週刊文春」(文藝春秋)に告発された。

「あそこの事務所は、プロデューサークラスを接待するときになると、手が空いてるスタッフやタレントみんながその飲み会に参加させられるんです。だから残業時間がおかしなことになるんですよね。多いときは大学の体育会系の人数くらい集まりますよ。お店にあるレモンサワーを飲み干したって武勇伝もありますが、100〜200人で貸し切って、それしか飲まなかったら、そりゃなくなりますよね」(芸能事務所関係者)

 通常の業界“接待”は、部長クラスとメインタレントが1〜2名というのが一般的だというから、いかにLDHの人数が多いかがわかる。

「ただ、その接待を受けたら、やっぱりキャスティングせざるを得ない気持ちにはなりますよね。少し前に話題にもなった“枕営業”とは違って、別に違法性がある接待ではないですからね。起用する側も、やはり人気どころを使いたいですから、フィフティフィフティだと思いますよ」(ドラマスタッフ)

 ただし、これが出入りの業者などになると対応がまったく異なるという。

「コンサートなどの物販でグッズのタオルなどを扱っている業者が挨拶に行くと、担当の役員も同席するのですが、目も合わさず最後まで一言も発することがなかったそうです。あまりの態度の悪さに驚いたそうですよ。要は、強いものには弱腰で、弱いものには強気に出る、ただそれだけじゃないですかね」(音楽関係者)

 まさに“ヤンキー”体質の会社だということか。

小倉智昭氏 覚せい剤所持容疑で逮捕の庄司哲郎容疑者に資金援助


最近は役者の仕事は皆無で、超常現象の体験者として雑誌「ムー」の取材を受けるなどの活動をしていた

 8月25日夕刻、関東信越厚生局麻薬取締部が俳優の庄司哲郎(49)を覚せい剤取締法違反(所持)容疑で逮捕した。この庄司を金銭的に支援していたのが、フジテレビの情報番組「とくダネ!」のキャスター・小倉智昭(69)であることが「週刊文春」の取材により明らかになった。

 庄司は逮捕当日の昼頃も、お台場で「とくダネ!」の放送を終えた小倉と食事をし、少なくない額の金を受け取っていた。庄司は、かつては小倉と同じオーケープロダクションに籍を置いていた。


逮捕当日、庄司はフェイスブックで「小倉さんに逢いに行って来ます」

「庄司は小倉さんに向けて『俺に頼れるのは兄貴しかいないんです』といった文面のメールを送っていました。要は金をせびっていたわけです」(庄司の知人)

 小倉の事務所に事実確認を求めたところ、小倉本人はインタビューに応じなかったものの、資金援助の事実を認めた。庄司は薬物常習者だった可能性が高く、結果的に小倉からもらった金で薬物を購入していたとも考えられる。

 詳しくは9月1日(木)発売の「週刊文春」で報じる。

このスクープ記事の詳細は、ニコニコチャンネルの
「週刊文春デジタル」で9月1日午前5時より全文公開します。
→ 今すぐ入会!

「週刊文春」編集部

高須克弥氏がHKT48兒玉遥の整形疑惑に明言「ヒアルロン酸打ちすぎ」

デビュー当初のはるっぴ

写真拡大

 高須クリニックの名物院長・高須克弥氏(71)が30日、自身のTwitterでHKT48およびAKB48の“はるっぴ”こと兒玉遥(19)について「ヒアルロン酸の打ちすぎ」と明言した。

 かねてより、Twitter上で整形に関する質問に応じている高須院長。この日、兒玉のデビュー当時と最近の顔を比較した画像と共に、「2年で鼻筋がここまで伸びる事があるのでしょうか?鼻筋高くなりたい」と投げかけた一般人に対し、「『ヒアルロン酸の射ちすぎはプチ整形の範疇を超えるからやってはいかん』と若い医者たちに講義したのにもう忘れとる( ω-、) 額と鼻が同じ高さはギリシャじんだよ。不自然だよ。 普通の鼻に戻してあげるから来なさい」(原文ママ、以下同)と返信した。

 この後、別のアカウントから「はるっぴのことは誰も触れてはならないという暗黙のルールを破りやがったな」とのリプライが飛ぶと、「だれでもわかる。周知の事実ではないの?王様の耳はロバの耳」と返信。さらに、「はるっぴが誰だか知ってるんですか?」との質問には、「全く知りません。あのアパターのようなお嬢さんのことですか?」と返した。

 ネット上では、「これが高須砲か」「はるっぴは、誰が見ても不自然」「未成年に、高須が引くほどヒアルロン酸いれる医者が悪いだろ」といった声が上がるほか、高須クリニックが、今月開催されたSKE48のライブイベントの協賛スポンサーであることから、「運営は、何も言い返せないだろう」との指摘も。

 兒玉といえば、14歳でHKT48入り。デビュー時からセンターを務め、今年の選抜総選挙では自己最高の9位を獲得した。その一方で、ある時期から整形疑惑が叫ばれるように。一重だった目はくっきり二重となり、丸かった鼻にはがっつりとした鼻筋が通り、唇より引っ込んでいた顎は前方に突き出す形状に変化。約2年前に『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)に出演した際、その変貌ぶりがネット上で大きな話題となった。

 また、2014年10月にAKB48・渡辺麻友の“裏アカ”と思しきインスタグラムが流出した騒動では、兒玉とHKT48・宮脇咲良について「整形モンスター」と書かれていたことから、兒玉の整形のウワサはさらに広がりを見せた。

「AKB48グループのメンバーは、初期メンから9期生(09年にオーディション実施)くらいまでは、顔を大改造するメンバーが目立ちましたが、最近は応募者の容姿レベルが上がっていることや、『メザイク』などのメイクアイテムが充実していることから、大きく整形するメンバーはかなり減ったとか。そんな中、10代の児玉の変貌ぶりは、大きな話題に。今の時代、ヒアルロン酸を注入する若い女性は珍しくありませんが、兒玉に関しては『横顔が怖い』『昔のほうがかわいかった』という声は多く、兒玉の変貌が結果的によかったのかという点には疑問が残ります」(芸能記者)

 美容整形界の権威から、「プチ整形の範疇を超えている」と指摘されてしまった兒玉。今後も“整形モンスター”の異名を背負っていくしかなさそうだ。

HKT48の兒玉遥が総選挙の公約を実行 金髪ギャルメイクで竹下通りを歩く

HKT48の兒玉遥が金髪JKメイクで原宿・竹下通りに登場(C)AKS

写真拡大

 HKT48兼AKB48の兒玉遥(19)が、6月に行われた『第8回AKB48選抜総選挙』の公約を実行し、金髪のツインテールにギャルメイク、制服姿で東京・原宿の竹下通りを歩いた。

【写真】金髪JK姿で竹下通りを楽しむ兒玉遥

 兒玉は総選挙前にニッポン放送『ミュ〜コミプラス』に出演し、リスナーから寄せられた選挙公約案「選抜入りしたら、竹下通りをギャルメイクで歩く」を採用。総選挙では9位となり、初の総選挙選抜入り(上位16人)を果たしたことから、公約を実行することになった。

 きのう30日午後5時すぎ、AKB48の新曲「LOVE TRIPのミュージックビデオに登場するピンクの「LOVE TRIP バス」で竹下通りに登場。目ざといファンから「はるっぴだ!」と気づかれたり、外国人と記念撮影をしたり、クレープや雑貨を買ったりと20分ほど楽しんだ。

 竹下通りを訪れたのは「実は初めて」という兒玉は、制服&ギャルメイクで女子高生気分を満喫し「あっという間でした、楽しかったです!」と大喜び。「これも皆さんのおかげです。公約も達成できてよかった。次はプライベートでまた来たいです」と声を弾ませていた。

 総選挙選抜が歌うAKB48の45thシングル「LOVE TRIP/しあわせを分けなさい」はきょう31日に発売された。

HKT48の兒玉遥が総選挙の公約を実行 金髪ギャルメイクで竹下通りを歩く

HKT48の兒玉遥が金髪JKメイクで原宿・竹下通りに登場(C)AKS

写真拡大

 HKT48兼AKB48の兒玉遥(19)が、6月に行われた『第8回AKB48選抜総選挙』の公約を実行し、金髪のツインテールにギャルメイク、制服姿で東京・原宿の竹下通りを歩いた。

【写真】金髪JK姿で竹下通りを楽しむ兒玉遥

 兒玉は総選挙前にニッポン放送『ミュ〜コミプラス』に出演し、リスナーから寄せられた選挙公約案「選抜入りしたら、竹下通りをギャルメイクで歩く」を採用。総選挙では9位となり、初の総選挙選抜入り(上位16人)を果たしたことから、公約を実行することになった。

 きのう30日午後5時すぎ、AKB48の新曲「LOVE TRIPのミュージックビデオに登場するピンクの「LOVE TRIP バス」で竹下通りに登場。目ざといファンから「はるっぴだ!」と気づかれたり、外国人と記念撮影をしたり、クレープや雑貨を買ったりと20分ほど楽しんだ。

 竹下通りを訪れたのは「実は初めて」という兒玉は、制服&ギャルメイクで女子高生気分を満喫し「あっという間でした、楽しかったです!」と大喜び。「これも皆さんのおかげです。公約も達成できてよかった。次はプライベートでまた来たいです」と声を弾ませていた。

 総選挙選抜が歌うAKB48の45thシングル「LOVE TRIP/しあわせを分けなさい」はきょう31日に発売された。

Kis‐My‐Ft2とBOYS AND MENの新曲めぐりファンが熾烈な戦い

 Kis‐My‐Ft2の新曲「Sha la la☆Summer Time」(8月24日発売)が、9月5日付のオリコン週間ランキングで1位を獲得した。初日売り上げでは、同日発売だった名古屋発のボーイズグループ・BOYS AND MENの新曲「YAMATO☆Dancing」に負けを喫し、デイリー売り上げ1位を逃したが、週間ランキングでは逆転に成功。その裏では、双方のファンによる熾烈な戦いが繰り広げられていたようだ。

 今年8月にデビュー5周年を迎えたキスマイ。6年目に入って幸先良いスタートを飾りたいところだったが、発売初日の23日付のデイリーランキングでは、16.7万枚を売り上げた名古屋発の10人組男性グループ・BOYS AND MEN(以下、ボイメン)に敗北し、14.7万枚のキスマイは2位にランクイン。この結果を重く受け止めたキスマイのファンは、「Sha la la☆Summer Time」を週間1位に導くため、Twitter上などで追加購入を呼びかける運動を開始。「シャララ狩り」「追いシャララ」などの言葉を用いて情報を拡散したところ、発売2日目(24日付)に3.7万枚を売り上げ1位となり、その後も2.4万枚(25日付)、1.3万枚(26日付)と、順調に売り上げを伸ばしていった。

「ボイメンは6月から今作のリリースイベントを開催しており、約2カ月にわたって売り込みを続けていました。初日に1位を獲った後、8,753枚(24日付)、7,093(25日付)と売り上げの勢いが落ちていたものの、26日付で約2.0万枚を売り上げ、再び1位に浮上。そこへきてさらに、27・28日は地元・名古屋で『24時間テレビ 愛は地球を救う』(日本テレビ系)に関連したチャリティーイベントを行い、会場で新曲の購入特典会を実施しました」(ジャニーズに詳しい記者)

 ボイメンの公式サイトでは「グッズの収益金がチャリティーになります」と告知し、公式Twitterは『24時間テレビ』のチャリTシャツを着たメンバーの写真とともに「今、ステージ横でCD販売してます!!時間限定です!!」と投稿。キスマイのファンから「売り方汚い」「『24時間テレビ』ってCDを売るところ?」「そんなことしてまで、ジャニーズに勝ちたいのか」「売名? 実力で勝負できないのか」「とっとと帰れ」などと、公式Twitterに批判が殺到する事態となった。

「売り方が汚い、とボイメンを批判する人に対し『キスマイだって散々汚い売り方してきた』とたしためるキスマイファンの声もありました。また、『もはやボイメンとの戦いではなく事務所との戦い』と、熱くなるファンも。キスマイは、SMAPの元チーフマネジャー・飯島三智氏のマネジメントを受けてきましたが、飯島氏が退社した現在、ファンはキスマイの今後を不安視しています。この状況下でCD売り上げも低下すれば、事務所から“冷遇されるのではないか”という懸念があったようで、とにかく売り上げを伸ばそうと必死だったようです」(同)

キスマイを1位にさせようという流れには、先輩であるSMAPのファンや、メンバーの宮田俊哉がアニメ好きということから、“アニオタ”もCD購入に協力していたようだ。Twitter上ではリアルタイムで各CDショップの在庫・完売情報がファンによって投稿され、1人で十数枚購入する者も現れるなど“祭り”状態に。

 一方のボイメンは、週末の27・28日のイベント会場でさらにCDが売れるとみられていたが、28日3部のイベントが「会場の都合」で突如中止。急きょCD販売会ではなく、ハイタッチ会に変更されたという。そして、週間ランキングではファンが努力した甲斐もあり、結果的にキスマイが初週26.7万枚を売り上げ、見事1位に。これは、3月発売の前作「Gravity」の初週記録21.3万枚を5万枚以上も上回っていた。

 昨年10月発売の「AAO」の初週記録は18.2万枚という過去最低値を出したが、今回は多くの支えがあり、週間1位を死守したキスマイ。今回はBOYS AND MENと切磋琢磨したおかげで売り上げがプラスになっただけに、次回のシングルは“実力勝負”となりそうだ。

木村拓哉が2億円で購入 ダイヤモンドヘッドを一望できる別荘とは

木村拓哉(43)

写真拡大 (全2枚)

 おのれより逃れたき日のサングラス(佐藤博美)。“キムタク”ではなく香り立つような娘のよき父、美しい妻を労(ねぎら)う夫として、水入らずの夏休みをハワイで満喫し、8月22日に帰国した木村拓哉(43)。かの地で過ごした、ダイヤモンドヘッドを一望する2億円別荘の売買記録を開陳しよう。

 ***

 本誌(「週刊新潮」)既報の通り、木村を除く4人がジャニー喜多川社長(84)と面談、解散が不可避となったのは10日午後。このときすでに木村はハワイを訪れていたのだった。

 サラリーマンの背中を半ば濡れ雑巾のようにし、ビルまでもひしゃげそうな東京の8月とは事変わり、現地にジメジメした鬱陶しさはない。気温31度、湿度も平均70%と高温多湿に変わりはないが、すこぶる爽やかなのだ。


木村拓哉(43)

 ホノルル国際空港から東へクルマで20分ほど。アラモアナ・ショッピングセンターをやり過ごしてしばらく行くと、クリーム色の邸宅が高台に集落を成しているのが視界に入ってくる。1980年代に開発されたホノルル屈指の高級住宅街「ワイアラエ・イキ5」である。

「2013年11月8日、木村は自身が代表を務める会社名義で、ここに別荘を購入しています」

 と話すのは、ハワイ在住の不動産関係者。当時キムタクは、平均視聴率12・8%と伸び悩んだ「安堂ロイド」(TBS系)の評判に気を揉む日々だった。

「土地が250坪で127万ドル、建物が73坪で71万ドルで合わせて200万ドル。当時のレートで約2億円になります。加えて、管理費が年40万円、固定資産税は同120万円かかる」


キムタクが所有する別荘の周辺

 木村邸は、黒の屋根とクリーム色の壁に包まれたシックな佇まいで、天井も6メートルと高々。

「あちらには安いもので1億円強、高ければ4億円にもなる物件が300軒ほど。床ひとつとっても、大理石からオーク材、あるいはブラジリアン・チェリーウッドなど選択肢に富む」(同)

 住民のひとりが、

「ここは別荘として使う人もいるけれど、居住者の方が圧倒的に多い。海抜約240メートルの高台からはダイヤモンドヘッドを見下ろせて、グレートのひとこと。潮風も臭わないよ」

 と、その魅力をひとくさり続ける。

■「会った事実はない」

「ホノルルには他に、『カハラ』『ポートロック』という高級住宅街があるけれど、いずれも水辺なんだ。高いところにあって、入口のゲートに警備員が24時間常駐するのはここだけ。日本人? 開発がバブル期と重なっていたから結構いたようだけど、最近は減ってきているね」

 さて、ここから西へクルマを10分走らせると、ワイキキビーチに隣接した38階建てのビルが見えてくる。高さにして107メートルのホテル風コンドミニアム。その超高層階にある約3億6000万円の一室を「3・11」直後の6月に購入したのが、他ならぬジャニーズ事務所の藤島ジュリー景子副社長(50)だ。

「ワイキキでホテルの覇権争いをしているのが、ここと『ハレクラニ・ホテル』、そして『リッツ・カールトン』。09年に売り出されたこのコンドミニアムは460超の部屋があるにもかかわらず、2時間半で売り切れました。ビーチ沿いにある物件の値が下がることはないと見込んだ投資家が殺到した結果です」(先の関係者)

 部屋はピンキリで、下は10坪4000万円から。上は70坪の部屋にジャグジーのあるバルコニー90坪が付いて12億3600万円也で、この部屋は目下売り出し中。

 キムタクの後を追うように、ジュリー氏は母のメリー泰子副社長(89)を伴ってプライベート・ジェットでハワイへやって来ていたのだが、事務所によると、

「2人が木村拓哉と会った事実はありません」

“おのれ”から逃れ、オフを噛み締めるのも帝国の掟。

「特集 SMAP解散が浮き彫りにした! 『ジャニーズ帝国』の憲法」より

「週刊新潮」2016年9月1日号 掲載