0年 0月 の投稿一覧

HKT48の兒玉遥が総選挙の公約を実行 金髪ギャルメイクで竹下通りを歩く

HKT48の兒玉遥が金髪JKメイクで原宿・竹下通りに登場(C)AKS

写真拡大

 HKT48兼AKB48の兒玉遥(19)が、6月に行われた『第8回AKB48選抜総選挙』の公約を実行し、金髪のツインテールにギャルメイク、制服姿で東京・原宿の竹下通りを歩いた。

【写真】金髪JK姿で竹下通りを楽しむ兒玉遥

 兒玉は総選挙前にニッポン放送『ミュ〜コミプラス』に出演し、リスナーから寄せられた選挙公約案「選抜入りしたら、竹下通りをギャルメイクで歩く」を採用。総選挙では9位となり、初の総選挙選抜入り(上位16人)を果たしたことから、公約を実行することになった。

 きのう30日午後5時すぎ、AKB48の新曲「LOVE TRIPのミュージックビデオに登場するピンクの「LOVE TRIP バス」で竹下通りに登場。目ざといファンから「はるっぴだ!」と気づかれたり、外国人と記念撮影をしたり、クレープや雑貨を買ったりと20分ほど楽しんだ。

 竹下通りを訪れたのは「実は初めて」という兒玉は、制服&ギャルメイクで女子高生気分を満喫し「あっという間でした、楽しかったです!」と大喜び。「これも皆さんのおかげです。公約も達成できてよかった。次はプライベートでまた来たいです」と声を弾ませていた。

 総選挙選抜が歌うAKB48の45thシングル「LOVE TRIP/しあわせを分けなさい」はきょう31日に発売された。

滝沢カレンの意味不明エピソードに共演者らが困惑

30日放送の「踊る!さんま御殿!!(日本テレビ系)で、滝沢カレンの語るエピソードに、出演者があきれてしまう一幕があった。

番組では「インテリvsノットインテリ」と題し、国立大学卒などの芸能人と、学歴の高くない芸能人でトークを繰り広げた。

ノットインテリ代表として出演した滝沢は、「我ながらおバカ過ぎたと反省している事」のテーマで、小学校時代の家庭科でのエピソードを切り出す。滝沢は、その状況説明で「机が何台もある家で…、机が何台もある教室?」などと、自身も理解していないような発言を繰り返し、司会の明石家さんまは、この整合性の取れない滝沢のトーク運びに床に崩れ落ちてしまった。

その後、家庭科の教室で、大きな机に男子たちと4人で座っていたと語る。そして、猛烈な眠さに襲われたときに、その男子から「おい、ここは今、夢だよ」と声をかけられたのだとか。滝沢はこの言葉で混乱したそうで、「そのとき私は現実と夢のはざまの経験をしてた時期があったので、凄まじい状況になっちゃって私は『夢だよ』と言われたので、夢だと思っちゃったんですね」と、意味不明な説明を続ける。

男子に声をかけられた滝沢は、目を覚まそうと急いでトイレの水道で顔を洗ったそう。そこで、水の冷たさを感じて現実と認識した滝沢だったが、教室に戻るとその男子から「夢だよ」と再度言われてしまったとか。これでさらに動揺した滝沢は泣きじゃくったが、最終的に「今が現実」と言われて現実に戻ったという。この自身の行動を振り返り、滝沢は「今はバカだなと思う」とトークを締めたのだった。

このまとまりのないエピソード展開に、他の出演者はあきれてしまう。ここで西川史子が、「よくその話が採用されたね、今日」と真顔でコメントすると、スタジオの笑いを誘った。

【関連記事】
滝沢カレンの「好きな男性のタイプ」に出演者らが総ツッコミ
滝沢カレンが北島三郎に「ヤバイ人」発言 ダウンタウンに緊張走る
滝沢カレンの日本語が変な理由が明らかに「そういう学校に行ってた」

久本雅美、高畑淳子に「胸が痛い」 高畑裕太容疑者の印象にも言及

最新著書の出版記念イベントを行った久本雅美

写真拡大

 タレントの久本雅美(58)が31日、2冊目の著書「人に心を開いてもらいたい時、私が必ずやること、やらないこと。」(TAC出版)の発売記念イベントを東京・三省堂書店池袋本店で開いた。

 レギュラー出演する「メレンゲの気持ち」、「秘密のケンミンSHOW」(共に日本テレビ)などでの経験を基に、人とのコミュニケーションの取るためのトーク術などをしたためた指南本。舞台など仕事の合間を縫い、執筆に約半年をかけた意欲作で「まず自分が心を開かなければ、相手に伝わらない。話すことが難しい、恥ずかしいと思っている人が、何かの参考にしてもらえれば」とアピールした。

 だが、持ち前のトークを持ってしても男性の心を開くことはいまだ達成できておらず、「なかなかうまくいかない。まだまだ学ばなければ」と苦笑。「この年になると、ドキドキしているのか心筋こうそくか分からなくなる。この頃は後輩といる方が楽で、後輩に面倒見てもらった方がいいかなと思う」と弱気な一面ものぞかせた。

 強姦(ごうかん)致傷容疑で逮捕された高畑裕太容疑者(22)は「メレンゲの気持ち」に出演したことがあり、「バラエティー・トークで自分なりに一生懸命しゃべっていた。ちょっとやんちゃな部分はあったけれど、いい印象だった」と述懐。それ以上に、母親で女優の高畑淳子(61)と親交が深いため「淳ちゃんの心を思うと胸が痛い。友人として心中いかばかりかと思う。被害者の方のつらさも計り知れないけれど、誠実に対応してくれると思う。何か役に立つことがあれば力になりたい」と慮った。

 また、WAHAHA本舗の後輩で、リオ五輪の男子マラソンにカンボジア代表で出場した猫ひろし(39)には、「よく頑張った。開会式で映っていたこと自体に感動して泣いた」と大喜び。結果はブービーの139位だったが、「猫ひろしTシャツを着て、後輩たちとテレビの前で応援した。ほとんど映ってなくて、気が付いたら酒に溺れて寝ていたけれど、完走したことに意義がある。すごく幸せな時間だったと思う」と称えていた。

肺炎で緊急入院していた志村けんが退院を報告「散歩できるようになった」

退院と回復を報告した志村けん

写真拡大

 今月19日に肺炎のため緊急入院したタレントの志村けん(66)が31日、退院した。自身のブログで報告した。3日前から散歩が可能になったと、順調な回復ぶりもつづった。

 「この度は皆さんに心配掛けました 今日退院しました」とエントリー。19日、大阪・新歌舞伎座で初日を迎えた座長公演「志村魂(シムラコン)」に出演していたが、終演後に大阪市内の病院にそのまま直行した。

 関係者によると、志村は名古屋公演を終えて一度、帰京した際に体調を崩し、17日に東京都内の病院で肺炎の診断を受けた。19日は高熱のため車イスに乗りながら点滴を受けるほど体調不良だったが、出演を決断。共演のダチョウ倶楽部や大場久美子(56)磯山さやか(32)らとの舞台を普段通りに務め上げた。

 終演後に向かった病院でも医師から「出演は困難」と診断され、20〜21日の同劇場2公演は中止になった。

 志村は「大阪・新歌舞伎座の公演、来られる予定の方、本当にすいませんでした」と公演中止を謝罪。「次の機会に必ず頑張りますので」と再会を誓った。

 今月15日以来、16日ぶりのブログ更新で「なかなか連絡できなくて、ずっと病院で安静してました」という。「3日前から散歩できるようになり、久しぶりに東京タワーの下です。これからも頑張ります。よろしくお願いします」と回復を報告し、東京タワーの写真をアップした。

高須克弥氏が乃木坂46やAKB48メンバーの顔を酷評「鼻が大きい」

高須先生がツイッターで大暴れ(画像はツイッターより)

写真拡大

「鼻が曲がって見えます」「エラと頬骨か発達しすぎ」――。美容整形外科「高須クリニック」の高須克弥院長が、乃木坂46やAKB48グループの「顔だち」をツイッターで酷評している。

さらには、HKT48のメンバーに対して、「普通の鼻に戻してあげるから来なさい」との言葉を送る一幕も。こうした歯に衣着せぬ物言いに、一部のアイドルファンから「何様のつもり」との批判も寄せられている。

「目が小さい割には鼻が大きい。逆なら良かったのに」

高須院長の「診断」が始まったのは2016年8月29日夜のこと。あるツイッターユーザーからの質問に答える形で、乃木坂46の桜井玲香さんの顔について、

「しっかり売り出すならエラと鼻を細くしてあげれば人気が出るとおもいます。このままではショートヘアにできません」

と手厳しいコメントを送ったことがきっかけだ。

このやり取りに大きな反応を見せたのは、乃木坂46やAKBグループの熱狂的ファン達だった。自分が好きなメンバーの「顔」を批評して貰うため、高須院長に「どう思いますか?」「判定お願いします」とのコメント付きでアイドルの写真を送りつけ始めたのだ。

大量に送られてくるアイドルファンからの「批評依頼」に、高須院長は切れ味鋭いコメントを次々と返している。NMB48の太田夢莉(ゆうり)さんのファンから送られた「完璧すぎませんか?」との声に対しては、

「鼻先と上唇がほとんどくっついています!目が小さい割には鼻が大きいです。逆なら良かったのに」

とバッサリ。また、乃木坂46の生田絵梨花さんの「おれの愛する人なんです 判定お願いします」とのツイートに対しては、「エラと頬骨か発達しすぎ」と辛らつな一言を送っている。

こうした高須院長の「激辛コメント」には、「何様のつもり」「乃木坂メンバーに言う前に自分の顔直せよ」と噛みつくファンも数多く出ていた。また、あまりにあけすけな物言いに強いショックを受けたのか、批評を依頼するツイートを削除するユーザーも数多く出ていた。

集合写真に「キャバクラですか?」

その後も高須院長の勢いは止まる気配がなく、ときには皮肉をきかせた「過激発言」でファンに応じる場面も出てきた。

NMBとAKBを兼任する白間美瑠さんのファンから出た「この子を売り出すためにどうすればいいでしょう?」という質問に対しては、

「恋愛をさせないような非人道的なマネージメントが必要ではないかな?」

と同グループの「恋愛禁止令」を引き合いにシニカルに回答。続けて、指原莉乃さんや柏木由紀さんらが写ったAKBメンバーの集合写真を「キャバクラですか?」との言葉を送っていた。

さらに翌30日には、HKT48の兒玉遥さんの「鼻筋」に言及する場面も。あるユーザーが、兒玉さんの横顔を2枚並べた画像について「2年で鼻筋がここまで伸びる事はあるのでしょうか?」と質問したところ、

「不自然だよ。普通の鼻に戻してあげるから来なさい」

と過激なコメントで応じていた。

ただ、この数時間前には、ほかのユーザーが比較画像付きで寄せた兒玉さんの「整形疑惑」に関する質問に対し「メイクと髪型変えただけに見えます」ときっぱり否定していただけに、ファンからは「結局どっちなの?」「たいがいにしとけよ」といった反発も起きている。

解散するSMAPの「NHK紅白歌合戦」出演 キーマンとされる人物とは

SMAPの紅白出場が実現するか、明石家さんまに期待がかかる

写真拡大

 今年12月31日で解散するSMAP。最後の晴れ舞台として、大みそかのNHK紅白歌合戦への出演が期待されているが、メンバー間の溝が深く、現状では厳しいとみられている。そこでキーマンと待望されているのがお笑いタレント、明石家さんま(61)だ。さんまの紅白司会が実現すれば、SMAP出演の可能性も出てくるという。

 29日放送のフジテレビ系「SMAP×SMAP」。解散発表後、初めて5人がそろい注目された。リオ五輪柔道男子金メダリストのベイカー茉秋(21)をゲストに迎えた「ビストロSMAP」では、木村拓哉(43)と香取慎吾(39)が別の組に分かれる“配慮”も。

 ベイカーが初めて買ったCDを当てるクイズでは「結構タイムリー」という中居正広(44)のヒントに、木村が「SMAP」、続けて香取が「世界に一つだけの花」と連係プレーをみせた。

 しかし、大みそかまで5人がそろう番組は他にはない。「紅白がSMAPのラストステージとなれば注目は間違いない。NHKは大トリさえ考えている」と音楽関係者が明かすように、NHKは紅白出演をオファーするとみられるが、出演は「かなり難しい」(放送関係者)という。「夏の民放各局の音楽特番にも出演しなかった。紅白とはいえ、メンバーが生放送でそろうことは難しい」と前出放送関係者。

 タモリ(71)を紅白司会に迎え、出演を見込む声もある。「ブラタモリでNHKともつながりがあり、何より草なぎ剛や香取をかわいがってきた。中居にも目をかけてきた」とテレビ誌記者。

 しかし「木村と他のメンバーを結びつけることができるのは、さんま以外にいない」とNHK関係者。木村とは「さんタク」(フジテレビ系)で、中居とは「27時間テレビ」(同)で長年共演。「日本テレビのクリスマス特番では全員と共演しており、解散も気にかけている」と続ける。

 今年の「27時間テレビ」でも中居に「歌番組に出ろ」と詰め寄ったさんま。今月27日のフジテレビ系「さんまのお笑い向上委員会」では「中居も、俺が木村派やと知っている」と話すなど、親しさがにじむ。「生放送なので、さんまに紅白は不向きだが、SMAPの死に水を取れる数少ない人なのは間違いない」とNHK関係者。

 芸能評論家の肥留間正明氏は「北島三郎さんも『紅白を最後にしたら』と呼びかけるように、SMAP出演を期待する声は大きい。ここまでこじれると難しいかもしれないが、さんまの呼びかけで、メンバーが幕引きを考えることができれば、可能性が出てくるかもしれない」と話す。

明石家さんまが「木村拓哉派」と明言した真意 報道のバランスをとった?

「今頃になって、どうしてあんな発言をしたんだろう?」――業界内でさまざまな臆測を呼んでいる。27日放送の「さんまのお笑い向上委員会」(フジテレビ系)で、明石家さんま(61)がSMAP解散に絡んで「オレは木村派や」と明言したことについてだ。

 バラエティー番組内でのジョークと受け止める向きもあるが、さんまとSMAPメンバーの関係は深く、実はこうした際どい発言をするのは今回が初めてではない。解散発表直前にさんまが中居正広(44)に突っ込んだことで話題になった「FNS27時間テレビ」(フジテレビ系、7月23〜24日)でも「おまえ(中居)はなんかオレを木村派みたいな目で見ている」「オレはメリーさん派やからな」と発言して物議を醸した。

 さんまと木村拓哉(43)、中居、それぞれの“距離感”はというと、木村とは03年から「さんタク」(フジテレビ系)を、中居とは前述の「27時間テレビ」内のコーナーを02年から毎年一緒にやっていて、特にどちらかに肩入れしているということはなさそうだ。

 しかし、「同業の友人がほとんどいない」と言われる木村から見ると、さんまは特別な存在のようで、先月号で木村の単独インタビューを載せた雑誌「SWITCH」の中でもさんまの名前だけを挙げて「叔父貴」と呼んでいること、「(悩んでいた時)『なんでやねん』の一言で」解決してしまったことなど、さんまへの惜しみないリスペクトを語っていた。

 では、さんまの「オレは木村派」発言にはどんな意味があったのか。芸能評論家の肥留間正明氏が推測する。

「簡単に言えば“バランスを取った”ということでしょう。それまでジャニーズ事務所の顔色をうかがいながら、どちらかというと“中居たち4人組の反乱”と報道していた芸能マスコミが、解散が明らかになった14日以降、裏切り者は木村だと百八十度、論調を変えた。特に女性誌は露骨で、木村の変節や妻の工藤静香の動きを中心に話をまとめている。さんまはこれが一方的過ぎるとみて、木村の肩を持ったということじゃないでしょうか」

 初めからさんまに仲裁を頼んでいたら、解散は避けられたかもしれない。

夏目三久と有吉弘行の交際妊娠報道を潰した「芸能界のドン」

夏目三久

写真拡大 (全2枚)

「日刊スポーツ」が報じた、夏目三久(32)と有吉弘行(42)の交際妊娠報道。9月1日発売の「週刊新潮」では、騒動の真相と、スクープを潰した“芸能界のドン”の存在について特集する。

 ***
 
「日刊スポーツ」が〈夏目三久アナと有吉熱愛! すでに妊娠 番組きっかけ〉と1面トップで報じたのは、8月24日付けの紙面である。これに怒りを抑えられなかったのが、夏目が所属する田辺エージェンシーの田邊昭知社長(77)だ。SMAP解散騒動でもその名が取り沙汰された。

 この報道を受け、田邊社長はテレビ各局の担当者に対し、「日刊の記事には1秒も触れるな」と厳命。結果、熱愛はなかったことにされた。

 芸能担当記者によると、報道の発端は今年1月、夏目が『マツコ&有吉の怒り新党』(テレビ朝日系)を降板するとの情報が流れたことだった。


夏目三久

「確かに、夏目が番組を去ることになったのは、有吉との交際が原因です。その前後に夏目は田邊さんと面談し、“有吉さんと結婚してゆくゆくは子供を産みたい”と伝えました――」

 ***

 9月1日発売の「週刊新潮」では、2人の交際の詳細と共に、芸能界を牛耳る“ドン”の素顔について掲載する。

「週刊新潮」2016年9月8日号 掲載

高畑裕太容疑者の逮捕で高畑淳子を待ち受けるいばらの道

息子の不祥事が発覚した主な有名人

写真拡大

 前橋市のビジネスホテルの女性従業員に乱暴したとして、群馬県警に強姦致傷容疑で逮捕された俳優、高畑裕太容疑者(22)。事件の余波は母親で女優の高畑淳子(61)をも直撃している。謝罪会見を余儀なくされ、出演CMが放映中止になるなどさまざまな影響が及び始めているのだ。過去、わが子が起こした不祥事で打撃を受けた有名人は少なくないだけに、高畑自身のキャリアも正念場に差しかかっている。

 「ここまで愚かだとは思わなかった」

 高畑は26日、裕太容疑者の事件を受けて開いた謝罪会見で涙ながらにこう語った。バカ息子の蛮行を「彼の甘さだと思う」と断じた上で、「罪を犯したのだから、罪に服すべきだ」と厳しい言葉を投げかけた。

 ただ、「親はバカな生き物で、間違いであってくれと子供をかばうことを思ってしまう」と母親として揺れる心情ものぞかせた。

 「懲役5年の実刑判決を受ける可能性もある」(司法関係者)という裕太容疑者だが、影響は本人のみにとどまらない。

 出演CMの放映が中止となり、レギュラー陣に名前を連ねるNHKの番組の出演を辞退するなど、高畑の女優人生も危機に立たされている。

 成人したわが子の不祥事に振り回されるのは、ある面、気の毒とも思えるが、同様のケースは過去に何度も起きている。

 2013年9月には、フリーアナウンサーのみのもんた(72)の次男=当時(31)=が窃盗未遂容疑で逮捕された。

 みのはキャスターを務めていたTBS系の情報番組「みのもんたの朝ズバッ!」などを降板。会見で息子を「ばかやろう!」と叱責したものの、「私のせがれじゃなかったらこんな大騒ぎにならなかった」とも発言し、批判を浴びた。

 09年4月には、俳優の中村雅俊(65)の長男=同(31)=が大麻取締法違反容疑で現行犯逮捕されている。中村は「嘘であってほしいと思ったが事実でした」とコメントした。当時、俳優として活動していた長男は芸能界引退を余儀なくされたほか、中村自身も仕事を数日間自粛するなど影響を受けた。

 1998年1月、18歳の時に覚醒剤使用が発覚し、大騒動に発展したのは女優、三田佳子(74)の次男。2000年10月に再び覚せい剤取締法違反容疑で逮捕された。その後、芸能界入りを果たしたものの、07年11月に覚醒剤の所持容疑で現行犯逮捕されて実刑判決を受けた。三田は最初の事件発覚後の会見では、「毎月50万円の小遣いを渡している」などと明かして批判が殺到。出演するCM全てを降板するなど、女優生命の危機に陥った。

 同じような立場に立たされた母・高畑淳子にもいばらの道が待ち受けている。

 芸能評論家の肥留間正明氏は、「高畑はわが子との距離の置き方を間違えていた。親子といえども裕太容疑者はいち俳優だ。同じ職業に就く者として厳しく一線を引くべきだった。そういう厳しさが必要だった。今回の事件でこれまで積み上げたキャリアは事実上崩れた。役柄の幅も狭まってくるしCMも厳しい。事件前の状態に戻すことは不可能に近い。ピーク時の6、7割程度の仕事量まで回復するのにも、10年近い歳月が必要になるかもしれない」と話す。

 女性を傷つけ、母親にも痛手を負わせた裕太容疑者の罪は重い。

「SMAP×SMAP」のビストロSMAPに疑問の声 番組協力の募集ないのに「歓声」

 29日夜に放送された「SMAP×SMAP」(フジテレビ系)のビストロSMAPで、バックに流れていた観客の歓声や笑い声に対しファンから疑問の声が相次いでいる。原因は、今年1月から続いている番組の“異例対応”だ。

 ビストロSMAPは従来、スタジオに観客を入れて収録。生の歓声を使用していたが、1月のSMAP解散騒動を境に観客を入れないスタイルに変更。以来、VTRを別会場で流し、それを見た観客の声を録音して流している。

 スタジオ観覧や声の別録りは「番組協力」と呼ばれ、公式ファンサイト「ジャニーズファミリークラブ」で募集を行っていた。

 ところが、この日のビストロSMAPではその番組協力、つまり声の別録りの募集が行われなかった、とする声がツイッターを中心に噴出。<番組協力無かったのに何で声入ってるの?><観覧の声めっちゃ聞こえるけど…なんなんこれ? 番協募集なんか無かったはずよね?><ファンじゃなくてエキストラなの?>と、疑問の声が相次いでいる。

 また、現時点で次回収録の募集も行われていないことから、<このまま募集はかけない?>と今後を不安視する声も少なくない。ファン不在ともいわれる一連の解散劇、まだまだ尾を引きそうだ。