0年 0月 の投稿一覧

小倉優子の夫に不倫報道 SMAP解散騒動が少なからず影響?

小倉優子妊娠中に「後輩アイドルと不倫」! 夫・菊地勲氏の「女好き」「金ナシ」な素顔

写真拡大

 3日発売の「週刊文春」(文藝春秋)が小倉優子の夫である“きくりん”こと菊地勲氏の“ゲス不倫”をすっぱ抜いた。カリスマ美容師として知られる菊地氏だが、現在妊娠中の妻を尻目に、小倉と同事務所に所属するタレント・馬越幸子と関係を持っていたという。菊地氏は不倫関係を否定しているが、自宅に出入りする様子も撮影されていることから、言い逃れは難しいところだ。

 小倉と菊地氏は2011年に結婚、翌年には第1児をもうけた。菊地氏はSMAPや、最近では氷室京介ら著名人のヘアメイクを担当するほか、サロンの経営者としても知られている。

「馬越は『文春』発売前に所属事務所のHPから名前が削除されており、またブログやTwitterなども閲覧できない状態に。菊地氏との関係が明らかになり、即座に事務所を解雇されたようです」(スポーツ紙記者)

 またしても芸能界に新たな“ゲス不倫”騒動が巻き起こってしまったが、菊地氏については「こうしたスキャンダルが勃発するのも時間の問題だった」という指摘も。

「菊地さんは、まったくお酒が飲めないのに、キャバクラやガールズバーの常連客でした。また、タレントやグラドルの卵のような、若い女性が大好きということも公言していました。結婚後も女性との交流は途絶えなかったことから、いつかはこういう事態に陥るだろうと言われていたものです」(スタイリスト)

 さらに、菊地氏が不貞を働いた原因には、SMAPの分裂・解散騒動も少なからず影響していたとの声も。

「SMAPの専属ヘアメークアーティストといわれることも多いですが、菊地さんの担当はあくまで稲垣吾郎のみ。他メンバーに比べると、稲垣はピンの仕事も少なく、また騒動により、『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)に出演する回数も減ったため、周囲に『空き時間が増えてしまった』と話していました。そこでハメを外してしまったんでしょうね」(テレビ局関係者)

 なぜわざわざ妻の後輩に狙いを定めたのかに関しては、「年収1億円などと報じられたこともありますが、彼は実質雇われ経営者で、自由にお金を使える立場ではない。どちらかといえば上に好かれる後輩キャラで、お金持ちに取り入るのが得意な“コバンザメタイプ”。相手を選ぶ経済的な余裕もなかったのでしょう」(同)という。

 かつての“こりん星のお姫様”というキャラを卒業し、すっかりママタレの代表格的な存在になった小倉に対し、菊地氏は完全な“ゲス夫”だったと言わざるを得ない。夫婦間の決着に注目が集まる。

大渕愛子弁護士の会見に2つのナゾ 「知識不足」と「なぜ今処分?」

 日本テレビ系「行列のできる法律相談所」などに出演する大渕愛子弁護士(38)が、依頼人から17万8500円の不当報酬を受け取ったとして、東京弁護士会が業務停止1カ月の懲戒処分にした。大渕氏は2日夜、東京都内で会見。全額返金済みとした上で「心よりおわび申し上げます」と謝罪した。

 今回の騒動は、経済的に苦しい依頼人をサポートする日本司法支援センター(法テラス)の代理援助制度を利用した依頼人の女性から、大渕氏が不当報酬を受け取ったというもの。

 弁護士会によると、大渕氏は2010年10月、女性から養育費請求の依頼を受任。女性は報酬支払いについて、法テラスの援助制度を使った。

 法テラスの規定では、弁護士は制度を利用した依頼人から直接報酬を受け取ることができない。しかし、大渕氏は法テラスが支払った12万5000円のほか、受任時に約束した着手金や顧問料などとして依頼人から17万8500円を受領した。

 返金への経緯だが、依頼人が翌11年6月に返金を求め、同7月に法テラスの担当者が制度を説明するも大渕氏は拒絶。同10月、弁護士会の役員の求めに応じて返金した。

 大渕氏は10年1月に弁護士として独立。返金を拒絶していた理由については「11年7月の説明以来、法テラスからの連絡が来なかったので問題は解決したと思っていた」と弁明。「法テラスへの知識不足で、みなさまにご迷惑をおかけしました」と頭を下げた。

 その「知識不足」につては、「この件で初めて法テラスを利用した依頼人を担当した」「中国関係の仕事を中心にやっていたので、今回の仕事は手探りでやっていた」などと説明。「法テラスの制度を知らないって、弁護士として大丈夫なの?」と思ってしまうが、会見でも“あり得ない知識不足”を追及する厳しい質問も相次いだ。

 もうひとつの「?」は5年前の騒動について、なぜ今、処分を下すのかということ。不当報酬の返済はしているのに…。大渕氏は報道陣から「近年、タレントとしてテレビに出ていることを(弁護士会から)問題視されたのでは」と質問されるも、明言は避けた。

 今回の件をめぐり、大渕氏が所属する芸能事務所の顧問弁護士で前大阪市長、橋下徹氏(47)が「不当な処分」として異議申し立てする意向を示しているという。今後、新たな展開を迎えるかに注目が集まる。(MM)

ロンドンブーツ1号2号の田村淳 極楽とんぼの山本圭壱に隠れて会っていた

田村淳

写真拡大

「ロンドンブーツ1号2号」の田村淳(42)が、2日深夜放送のMBSラジオ「アッパレやってまーす!」に出演。7月30日の「めちゃ×2イケてるッ!」(フジテレビ系)に、10年振りに出演した極楽とんぼ・山本圭壱(48)に対する思いを改めて語った。

「軍団山本」として、めちゃイケに出演しエールを送った淳の熱い思いは変わらない。「賛否あるでしょうけど、ようやくウチの兄貴が地上波復帰できまして、ありがとうございます。ただただ泣くしかできなかったですけどね」と番組で号泣した淳が振り返る。

 同ラジオレギュラーの「千鳥」ノブが「淳さんが泣いてるの初めて見ました」と驚くと「10年、ずっとつらい時期を見てるから」と説明。

 千鳥の大悟に「お会いになってたんですね?」と水を向けられると「もう、しょっちゅう会ってたから。それこそ事務所、吉本にも『今は会わない方が良い』と言われてても、こっそり隠れて会ってたりしてたから」と裏話を明かした。

 問題の山本が宮崎、広島にいたときも、会って励まし続けたといい「泣きたくなかったよ、本当はテレビでね」と本音を伝えた。山本がロンハーのレギュラーに復帰したわけではないため「こっからですよ、結局はね」と先輩の活躍を期待する。

 2006年7月、山本はタレントの萩本欽一が設立した社会人野球チーム「茨城ゴールデンゴールズ」の遠征試合のため訪れた北海道函館市で、未成年の少女と酒を飲み、暴行したとして警察から事情聴取を受けた。示談が成立して不起訴処分となったが、吉本興業は山本の契約を解除した。

 今後、山本と加藤浩次(47)は「極楽とんぼ」としてライブを敢行し全国をめぐる。淳の気持ちは届くのだろうか。

爆笑問題の太田光がNHKキャラ「はに丸」を殴打 有働由美子アナが注意

太田光がNHKマスコットキャラ「はに丸」を殴打 有働由美子アナがガチ注意

写真拡大

3日放送の「あさイチ」(NHK総合)で、爆笑問題・太田光が、NHKマスコットキャラのはに丸を突然殴る一幕があった。

番組のオープニングトークでは、太田、V6・井ノ原快彦、同局で夜に放送する教育番組「はに丸ジャーナル」に出演するはに丸が登場した。このとき、視聴者に向かって話すはに丸の目を手でふさいだりと、太田はすぐさま悪ふざけに入る。

そして、有働由美子アナウンサーとくわばたりえ、柳澤秀夫解説委員がスタジオに登場したとき、ハプニングが起きる。太田は突然はに丸の頭を音が出るほど強く叩いたのだ。はに丸が「痛い! あーっ! 何すんだよ!?」と悲鳴を上げると、くわばたりえは真剣な口調で「(はに丸の頭が)割れちゃうから!」と、太田を注意する。

笑う太田に向かい、はに丸が「そうだよ! 壊れやすいんだよ!」と非難の言葉をぶつけると、有働アナも「夏休みの子どもも見てるから大事にしてあげてください」とたしなめたのだった。

なお、NHK広報局の公式Twitterアカウントは番組放送中、すぐさまこの一件を取り上げてツイートしている。

【関連記事】
太田光が心霊ロケで暴挙 祟りで有名な「平将門の首塚」を蹴り上げる
太田光らが「27時間テレビ」で暴走して無法地帯に 東国原英夫氏が唖然
NHKの番組マスコットキャラ「はに丸」がNHK重役に懇願「リストラしないで!」

トレエンの斎藤司とNON STYLE井上裕介が結成したユニットに反響

2人のラップバトルに注目(出典:https://www.instagram.com/tsukasa_trandy)

写真拡大

人気お笑いコンビ、トレンディエンジェルの斎藤司とNON STYLEの井上裕介が結成したユニット『TRENDY STYLE』。先月に記念すべきデビュー曲『YA・BA・I・DE・A・I』が配信開始されたが、そのアーティスト写真を斎藤が自身のInstagramに投稿した。彼が「みんな聞いてね」と呼びかけると「最強ですね」「カッコイイ」などの声があがり、なかなかの高評価のようだ。

【この記事の動画を見る】

斎藤司は2日、自身のInstagramを更新。NON STYLEの井上裕介と結成した音楽ユニット『TRENDY STYLE』のアーティスト写真を披露した。

このユニットはキリンビールのアルコール飲料『氷結』キャンペーンPRのために結成されたもので、斎藤は“MC PE”、井上は“#NOWAY”として活動。かなりおふざけのように思えるが、作曲とプロデュースはm-floの☆Taku Takahashi、作詞をラッパーのDOTAMAが担当するという豪華な1曲に仕上がっている。

写真はパーカーのフードを被った井上とキャップを被った斎藤がクールにカメラ目線を送っており、なかなかのインパクト。斎藤が「#みんな聞いてね」とフォロワーに呼びかけると、「めっちゃかっこよくて何回もリピしてる」「これだいすき!!!」「最強ですね」と高評価のコメントが続々と寄せられている。また「Mステで歌ってほしい!」と音楽番組への出演を期待するファンも少なくないようだ。

そんなファンのみならず、斎藤も「目指すは紅白」と熱い野望を記している。配信は先月29日からスタートしており、現在100位以内をキープ。これからの注目度によっては音楽番組で『TRENDY STYLE』が見られる機会も登場するかもしれない。

出典:https://www.instagram.com/tsukasa_trandy
(TechinsightJapan編集部 根岸奈央)

ベテラン俳優大慌て 「シン・ゴジラ」撮影秘話を樋口真嗣監督が明かす


『シン・ゴジラ』の撮影を振り返った樋口真嗣監督

写真拡大

 映画『シン・ゴジラ』(全国公開中)の樋口真嗣監督が3日、都内で行われた「『シン・ゴジラ』スペシャルデモコンテンツfor PlayStation VR」特別先行体験会&記念トークショーに、プロデューサーの佐藤善宏と共に出席、ベテラン俳優もてんやわんやだったという撮影を振り返った。

 本作は、アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」シリーズなどの庵野秀明が脚本・総監督を、樋口真嗣が監督・特技監督を務め、日本で初めてゴジラをフルCGで描写した特撮映画。現代日本に出現したゴジラが、人類からの攻撃をものともせずに暴れる姿を活写する。

 長谷川博己、竹野内豊、石原さとみなど328名の豪華キャストが集結したことでも話題を呼んでいる本作だが、佐藤プロデューサーは「スケジュールを合わせるのも大変で、もう2度とやりたくない」と本音をポロリ。「本来なら大御所の方も手厚く迎えなければいけないが、そんなことをしていられず、長机を用意して自由に座ってくださいという感じでした」と苦笑いを浮かべる。

 樋口監督も「ものすごい台詞の量で、普通の映画は感情があるけどそういうのがゼロ。しかも会議のシーンばかりで専門用語が多くて覚えづらかったらしい」とキャスト陣の苦労に触れつつ、あるシーンの撮影を終えた翌日に「お父つぁん(庵野総監督)が、(そのシーンの)引き画がほしいと言い出したから、ベテラン俳優が控室にダーッと走って『忘れちゃったよぉ』と(台本を読み漁り)阿鼻叫喚になっていた」と告白。こういった光景は何度も繰り広げられたようで、佐藤プロデューサーも「それなのに、庵野総監督が『いいよ、音録らないから』と言い出すから、冷や汗をかきました」と笑顔でボヤいてみせた。

 また、「本来なら1対1で芝居ができる人たちが“佃煮”みたいに並んでいた」と例えて笑いを誘った樋口監督は、1カットに登場する役者があまりにも多かったため、演技の感想を求められたとき「観てなかったと言えなかった」と吐露。さらに、役者間で「早くしゃべらないとカットされるという噂が流れた」と明かすと、佐藤プロデューサーは「誰もそんなことは言っていないけれど、先のために良いと思って、『そうです』と言っておきました」とぶっちゃけて、会場を沸かせた。

 この日は、ソニー・インタラクティブエンタテインメントの秋山賢成氏も出席。「『シン・ゴジラ』スペシャルデモコンテンツfor PlayStation VR」は、映画用に製作された3DCGデータを使用し、史上最大となる全長118.5メートルのフルCGゴジラが目の前に迫る究極のゴジラ体験を味わえる「PlayStation VR」向けのコンテンツで、樋口監督もそのリアリティーを楽しんでいた。(取材/錦怜那)

「『シン・ゴジラ』スペシャルデモコンテンツfor PlayStation VR」は PlayStation Store にて10月13日より国内向けに期間限定で無料配信

バナナマン・設楽統の幼なじみが過去を暴露「変わらない。ドSだし」

バナナマン・設楽統の幼なじみが過去を暴露「変わらないですよ。ドSだし」

写真拡大

3日放送の「オトナ養成所 バナナスクール」(東海テレビ)で、バナナマン・設楽統の幼なじみが、設楽の過去を暴露した。

番組では設楽の地元である埼玉・秩父でロケを行い、ゲストらがそれぞれバナナマンを喜ばせることができれば準レギュラーに昇格する企画を放送した。

後半には、設楽と幼稚園と高校が一緒だった新井仁さんが登場。このサプライズに設楽は「嘘だろ、なんで?」「すげー驚いた」と感想を述べる。15年ぶりに再開したふたりは、高校時代などの昔話に花を咲かせたのだった。そして新井さんは、設楽とバンドで活動していた当時の写真などを公開していた。

さらに昔の設楽の様子に話が及ぶと、新井さんは「変わらないですよ。ドSだし」「オレけっこうイジられましたから」と答える。新井さんが自動販売機で飲料を買おうとすると、設楽が勝手にボタンを押してしまうといった過去を明かす。

これに設楽は「変わらない。今もやるもんね」と相方・日村勇紀に聞くと、日村は「やる」とうなずき、笑いを誘ったのだった。

ちなみに、新井さんの話ではその頃の設楽はモテたそうだ。

【関連記事】
設楽統 松本人志の幼少期貧乏エピソードに「スゲェ悲しい」「スゲェ切ない」
設楽統 記者会見でスベッた相方・日村勇紀に怒り「恥かかせんじゃねぇ」
TBS「ヒムケン先生」 炎上怖れてチーフプロデューサーが業務放棄

松任谷由実の夫、松任谷正隆氏 女性マネジャーとの不倫疑惑が浮上

提供:リアルライブ

写真拡大

 ユーミンこと歌手の松任谷由実の夫で音楽プロデューサーの松任谷正隆氏と、30代前半の女性マネージャーの不倫疑惑を、発売中の「週刊新潮」(新潮社)が報じている。

 同誌によると、7月上旬の午後5時過ぎ、正隆氏が女性マネージャーとコーヒーショップに向かいコーヒーをテイクアウト。人通りの少ない住宅街に入ると2人は手をつなぎかなり親密な関係をうかがわせたという。

 女性マネージャーはおととし正隆氏の事務所に入社。ほどなく、正隆氏は愛称で呼ぶようになり、ゴルフや重要な会合に連れて行くようになったという。さらに、今年11月、ユーミンは3年ぶりのアルバムを発売するが、正隆氏は制作ディレクターに前職はPR会社で音楽はまったくの素人のマネージャーを抜てき。さらに6月には、正隆氏が連載を持つファッション誌の仕事にマネージャーを同行させたというのだ。

 同誌は手つなぎ写真についてマネージャーと正隆氏を直撃。マネージャーは明らかに動揺していたというが、結局、正隆氏と口裏を合わせたように、マネージャーが退社で揉め、正隆氏が引き留めたという趣旨の説明をしたという。さらに、都内の自宅でユーミンを直撃すると、手をつないでいたことを把握していたそうで、そのことについては「問題外です」と答えたというのだ。

 「かつては日本音楽界の歌姫として君臨していたユーミンだが、年々、歌声は劣化し、アルバムのセールスもかなり落ち込んでいる。本来ならば、プロデューサーの正隆氏は現状を打開するような作品やアレンジを考えるべきだが、まるで愛人のような素人をディレクターに抜てきしたとなれば、ますますセールスが落ち込むことになりそうだ」(音楽関係者)

 ユーミンと正隆氏の結婚生活は40年。いまごろ、このぐらいのことで夫婦仲は揺らがないようだ。