0年 0月 の投稿一覧

とんねるず 農作業を希望する視聴者に軽トラックを突然プレゼント

とんねるずが男気を発揮 農作業を希望する視聴者に軽トラックを突然購入

写真拡大

29日放送の「とんねるずのみなさんのおかげでした とんねるずは突然に日本全国縦断2時間SP」(フジテレビ系)で、とんねるずが急きょ視聴者に軽トラックをプレゼントする場面があった。

番組では、視聴者の「父の退職を祝って欲しい」との願いを叶えるべく、とんねるずの石橋貴明と木梨憲武が北海道美唄市(びばいし)のお宅を訪れる様子を放送した。視聴者の父親という男性は、18歳のときから耐熱材メーカーに42年間務め、一家の大黒柱として一男一女を育て上げたという。

突然のとんねるずの訪問に、風呂に入っていた男性は唖然としたようす。その後、とんねるずが一家とひとしきり交流したあと、男性へのプレゼントだと自宅の外に呼び出す。そこには白の軽トラックが停まっていたのだ。男性は定年退職後に農作業をしたいと考えており、とんねるずはその意向を知るや、定年祝いのプレゼントとしてロケ当日に近所で軽トラを急きょ購入したのだ。

男性はふたりのはからいに驚き、「マジですか!?」と声を上げていた。スタジオでVTRを見守っていた石橋は「(プレゼントした軽トラは)ボロボロだよ」と謙遜していたが、バナナマン・設楽統は「車あげたんすか? 軽トラあげたの? すごくない!?」を目を丸くしていた。

その後木梨が軽トラに、このコーナーの定番であるブラジルの元サッカー選手・ペレそっくりのサインを書き込むなどサービス。男性は感極まった様子で「ありがとうございます」と、とんねるずに感謝を伝えていた。

【関連記事】
とんねるずの番組出演料に地方局アナ達が絶句 出演依頼するも叶わず
ダウンタウンがとんねるずとの不仲説の真相を語る「周りが気を使ってるだけ」
とんねるずにスナックを改造されてママがあ然 ブラジル色に大幅変更され

SMAPのベスト盤の選曲はファン投票 木村拓哉の声を排除する動きか

Photo by Pixabay

写真拡大

 年内での解散を発表しているSMAPが、12月21日にデビュー25周年記念ベストアルバム『SMAP 25 YEARS』をリリースすることが分かった。また、その翌週28日には、DVD&Blu-rayの映像作品『Clip! Smap! コンプリートシングルス』のリリースも決定。解散騒動後の朗報ともいうべき発表に歓喜するSMAPファンは少なくない。しかしその裏には、様々な思惑が存在しているという。

 今回のベストアルバムは、3枚組計50曲の収録予定で、その50曲はファンからのリクエスト投票で決定。ビクターエンタテインメントの公式サイト内にはすでに特設ページが設けられており、投票期間はスタートしている。ファンからの思い入れがある曲が選曲される可能性があるとあって、ファンとしてもうれしい“参加型”の企画のようにも思えるが、単純にそうとは言い切れない。そもそも今回の企画、内部で選曲を決めることが出来なかった大きな事情があるのだ。

「今回のベストアルバムは、発売に難色を示すメンバーや関係者がいる中で、半ば強引にジャニーズサイドが押し進めている。そんな状況下で収録曲を内部で強引に決めれば、それもまたカドが立つ。そのため収録曲はファン投票で決めることにしたようですね」(芸能関係者)

 ファンの参加型という触れ込みがあれば、ファン思いのメンバーであればOKするという目論見もあってのことだったのだろう。しかしジャニーズからしてみれば、記念すべき25周年にも関わらずこの解散騒動があって期待していた収入がなくなったどころか、損害ばかりが生まれている状況だ。今回のベストアルバムリリースというのは、SMAPとして最後の利益になるかもしれない。となれば、是が非でも発売にこぎ着けたかったのは当然のことだろう。

■ファンからは「キムタクの声を排除せよ」

 一方でファンの間では、このベストアルバムの投票制度を利用して、ジャニーズ事務所のやり方に反旗を翻そうとする動きが広まっているという。

「結果的にSMAPを解散に導いた木村拓哉(43)をどうしても許せないファンが、木村の参加していない曲だけに投票するよう、ファンに呼びかける運動が広まっています。SMAPの各アルバムなどには、メンバー数名で歌う曲が収録されていますからね。木村抜きの曲を1曲でも多く収録させて、木村の声を少しでも排除しようと一部で盛り上がっているようです」(芸能関係者)

 木村が、SMAPメンバーよりもジャニーズをとったことに嫌悪感を持っているSMAPファンは少なくない。このような動きが広まり、実際本当に木村抜きの曲が複数曲収録されるようなことになれば、ひいてはジャニーズへの抵抗にも繋がるということなのだろう。

 SMAPファンの木村への怒りは、まだまだ収まりそうにない。

文・佐々木浩司(ささき・こうじ)※1980年群馬県生まれ。スポーツ誌の契約記者を経てフリーに。現在は主に、週刊誌やビジネス誌で活動中。得意分野は芸能、プロ野球、サッカーなど。主な著書に『洗脳のすべて』(宝島社)など。

加藤綾子、10月1日より放映の花王新CMで美しいすっぴんを披露

CMですっぴんを初披露した加藤綾子アナウンサー

写真拡大

 フリーアナウンサーの加藤綾子(31)が出演する花王「ビオレうるおいクレンジングリキッド」新CM『気持ちよすぎるすっぴん!』篇が10月1日より放映される。CMでは加藤アナがメイクを落とし、すっぴんを披露している。

【CM動画】メイクを落として…キュートなすっぴんを披露したカトパン

 撮影では“すすぎ”をダイナミックな水しぶきで表現するシーンに苦戦したという加藤アナ。「美しく広がるしぶき」を実現すべく何度も何度もテイクを重ねてトライ。完成した映像では爽快感あふれる水しぶきとなり、加藤アナも思わず「気持ちよすぎる!」と美しいすっぴん顔でほほえんでいる。

広瀬すずを「バカ」呼ばわりで事務所が怒り?小島瑠璃子と共演NGか

小島瑠璃子

写真拡大

 業界の「共演NGリスト」に、新たな名前が加わった。いまや飛ぶ鳥を落とす勢いの女優・広瀬すずと、昨年は年間400本以上の番組に出演したバラエティ界の女王・小島瑠璃子の2人だ。

 きっかけは、9月5日に放送された『ネプリーグ』(フジテレビ系)だった。番組では、広瀬が映画『四月は君の嘘』チームのメンバーとして出演。ネプチューン・堀内健らと、出題された日本語を制限時間内に英単語に訳すクイズに挑んだ。

 広瀬は「例えば」の問題に「え、なになに?」と戸惑い、不正解。続く「朝食」を訳す問題でも、「なに? 待って、待って」とテンパったまま言葉が出ない。3問目の「祭り」でようやく「フェスティバル」と声を上げ正解するも、その後、「警察」を訳す問題は「あれ、なんだっけ、なんだっけ!?」と時間切れ。「虫」でも「え!? わかんない!」とうろたえ、答えられずじまい。結局、広瀬の失態により、チームはボーナスステージには上がれず、敗退した。

「これにあきれていたのが、対戦チームの小島瑠璃子でした。広瀬が固まるたびに、『うそぉ〜、簡単なのに』『えー、ヤバ〜イ』と、小バカにしたリアクションを取り続け、挙げ句には『バカだったね〜』と広瀬をバッサリ斬り捨て、笑いを取っていました。ところが、この発言に、広瀬の所属事務所は“イメージが悪くなった”とカンカン。とはいえ、クレームをつけようにも、小島は大手のホリプロ所属とあって、表立ってケンカはできない。結果、今後は小島とは共演NGということになったようです」(テレビ関係者)

 対照的に、小島はスラスラと問題を解いていたため、余計に広瀬の教養のなさが浮き彫りになってしまった。

「小島は大学こそ中退しているようですが、偏差値70といわれる千葉県立千葉東高校出身。さらに、売れる前は、人気番組を片っ端から視聴して“ウケるコメント”を研究していた苦労人でもあります。そんな彼女には、“女優にバラエティを荒らされたくない”という思いもあったのかもしれません。番組の途中で、広瀬が答えているときに下を向いてやる気なさそうにしていたのも、その表れでしょう」(同)

 若手女優のトップとバラエティ女王の「夢の共演」は、これで最後となりそうだ。

加藤綾子、10月1日より放映の花王新CMで美しいすっぴんを披露

CMですっぴんを初披露した加藤綾子アナウンサー

写真拡大

 フリーアナウンサーの加藤綾子(31)が出演する花王「ビオレうるおいクレンジングリキッド」新CM『気持ちよすぎるすっぴん!』篇が10月1日より放映される。CMでは加藤アナがメイクを落とし、すっぴんを披露している。

【CM動画】メイクを落として…キュートなすっぴんを披露したカトパン

 撮影では“すすぎ”をダイナミックな水しぶきで表現するシーンに苦戦したという加藤アナ。「美しく広がるしぶき」を実現すべく何度も何度もテイクを重ねてトライ。完成した映像では爽快感あふれる水しぶきとなり、加藤アナも思わず「気持ちよすぎる!」と美しいすっぴん顔でほほえんでいる。

加藤綾子、10月1日より放映の花王新CMで美しいすっぴんを披露

CMですっぴんを初披露した加藤綾子アナウンサー

写真拡大

 フリーアナウンサーの加藤綾子(31)が出演する花王「ビオレうるおいクレンジングリキッド」新CM『気持ちよすぎるすっぴん!』篇が10月1日より放映される。CMでは加藤アナがメイクを落とし、すっぴんを披露している。

【CM動画】メイクを落として…キュートなすっぴんを披露したカトパン

 撮影では“すすぎ”をダイナミックな水しぶきで表現するシーンに苦戦したという加藤アナ。「美しく広がるしぶき」を実現すべく何度も何度もテイクを重ねてトライ。完成した映像では爽快感あふれる水しぶきとなり、加藤アナも思わず「気持ちよすぎる!」と美しいすっぴん顔でほほえんでいる。

とんねるず 農作業を希望する視聴者に軽トラックをプレゼント

とんねるずが男気を発揮 農作業を希望する視聴者に軽トラックを突然購入

写真拡大

29日放送の「とんねるずのみなさんのおかげでした とんねるずは突然に日本全国縦断2時間SP」(フジテレビ系)で、とんねるずが急きょ視聴者に軽トラックをプレゼントする場面があった。

番組では、視聴者の「父の退職を祝って欲しい」との願いを叶えるべく、とんねるずの石橋貴明と木梨憲武が北海道美唄市(びばいし)のお宅を訪れる様子を放送した。視聴者の父親という男性は、18歳のときから耐熱材メーカーに42年間務め、一家の大黒柱として一男一女を育て上げたという。

突然のとんねるずの訪問に、風呂に入っていた男性は唖然としたようす。その後、とんねるずが一家とひとしきり交流したあと、男性へのプレゼントだと自宅の外に呼び出す。そこには白の軽トラックが停まっていたのだ。男性は定年退職後に農作業をしたいと考えており、とんねるずはその意向を知るや、定年祝いのプレゼントとしてロケ当日に近所で軽トラを急きょ購入したのだ。

男性はふたりのはからいに驚き、「マジですか!?」と声を上げていた。スタジオでVTRを見守っていた石橋は「(プレゼントした軽トラは)ボロボロだよ」と謙遜していたが、バナナマン・設楽統は「車あげたんすか? 軽トラあげたの? すごくない!?」を目を丸くしていた。

その後木梨が軽トラに、このコーナーの定番であるブラジルの元サッカー選手・ペレそっくりのサインを書き込むなどサービス。男性は感極まった様子で「ありがとうございます」と、とんねるずに感謝を伝えていた。

【関連記事】
とんねるずの番組出演料に地方局アナ達が絶句 出演依頼するも叶わず
ダウンタウンがとんねるずとの不仲説の真相を語る「周りが気を使ってるだけ」
とんねるずにスナックを改造されてママがあ然 ブラジル色に大幅変更され

加藤綾子、10月1日より放映の花王新CMで美しいすっぴんを披露

CMですっぴんを初披露した加藤綾子アナウンサー

写真拡大

 フリーアナウンサーの加藤綾子(31)が出演する花王「ビオレうるおいクレンジングリキッド」新CM『気持ちよすぎるすっぴん!』篇が10月1日より放映される。CMでは加藤アナがメイクを落とし、すっぴんを披露している。

【CM動画】メイクを落として…キュートなすっぴんを披露したカトパン

 撮影では“すすぎ”をダイナミックな水しぶきで表現するシーンに苦戦したという加藤アナ。「美しく広がるしぶき」を実現すべく何度も何度もテイクを重ねてトライ。完成した映像では爽快感あふれる水しぶきとなり、加藤アナも思わず「気持ちよすぎる!」と美しいすっぴん顔でほほえんでいる。

片岡愛之助だけが会見…藤原紀香の結婚披露宴で不自然だった対応

 会場の祝福の声とは裏腹に、長い航海にも例えられる夫婦生活のはじまりは嵐の船出となった。

 28日、東京・日比谷の帝国ホテルで開かれた片岡愛之助(44)と藤原紀香(45)の結婚披露宴。式の内容について愛之助は8月の会見では「シンプルにコンパクト」と話していたが、招待客は坂田藤十郎、片岡仁左衛門、尾上菊五郎など歌舞伎関係者をはじめ、麻生太郎財務大臣や贔屓筋など約600人。

 ウエディングケーキは「6代目」にちなんで6段で、引き出物には「和光」のバウムクーヘン、この日の日付が入った「フランク・ミュラー」の皿、2人がハマっているという「水素発生器」の特注品(10万円相当)など5品が包まれた。

 司会はフリーアナウンサーの徳光和夫(75)が務め、「新郎は初めての結婚、新婦は初めての再婚」というジョークで会場は大いに盛り上がったそうだが、紀香のお色直しは一度だけで、ウエディングドレスの披露はなし。

 それでも07年に紀香が陣内智則(42)と最初の結婚式を挙げたホテルオークラ神戸での5億円披露宴を上回る規模だったのは間違いない。

■吹き荒れる猛バッシング

 これからは梨園の妻として愛之助を陰日なたに支える立場の紀香。しかし、今月23日に行われた京都・上賀茂神社での挙式で白無垢を着たことや観客に手を振る行為に対して女性誌やネットでは「出しゃばり」「梨園の妻としての資質に欠ける」という猛バッシングが吹き荒れる事態に。

 加えて、紀香の育ての親で“芸能界のドン”ともいわれる人物が上賀茂神社の挙式に続いてこの日の披露宴も「仕事」を理由に欠席したため臆測が広がり、紀香の今後の芸能活動に暗雲が立ち込めているのである。そのためか、開宴前に行われた取材もただならぬ緊張感が漂う厳戒態勢で、囲み取材に応じたのは愛之助のみ。紀香は写真撮影だけで、無言で会場を後にした。

「3月の結婚会見では2人揃って金屏風の前で会見したにもかかわらず、今回、急に愛之助さんだけというのはあまりに不自然。挙式の時に相当バッシングがあったからでしょう。紀香が口を開けば、また揚げ足を取られてニュースになる。こうなったら、3歩どころか100歩でも下がっておこうという考えでは。それでも『藤原紀香』という名前はあまりにもインパクトが強いので、少しの言動が10倍にも20倍にも広がってしまう。富司純子のように結婚して一度引退するか、せめて休養宣言するくらいの覚悟がないと梨園に受け入れてもらえず、周囲もなかなか認めてくれないでしょう」(芸能リポーターの川内天子氏)

 芸能界を引退する覚悟で臨まなければ到底務まらない梨園の女房。吹き付ける風が強ければ強いほど夫婦の絆は深まるだろうが、目立ちたがり屋の紀香がどこまで自分を殺して夫に尽くせるか。タレント気分が抜けきれないままなら船は早晩、転覆する。

おぎやはぎは川谷絵音のルックスをばっさり「妖怪の顔」

川谷

写真拡大

 おぎやはぎの矢作兼(45)と小木博明(45)が30日未明のTBSラジオ「おぎやはぎのメガネびいき」に出演して、新恋人の存在が発覚した「ゲスの極み乙女。」ボーカル・川谷絵音(27)を「ブサイク」「妖怪の顔」とばっさり斬った。

 ゲスの極み乙女。の曲を聞いた後、2人は川谷を「才能の塊」と口を揃え音楽の能力を認めたが、ルックスに物申した。

 矢作は「顔がさあ、ダメじゃん…絵音君。もし、顔が松田翔太だったら、誰も叩かないんじゃないの。雰囲気もあるし。顔が悪いから叩かれてんじゃないの?」と持論を展開。続けて「お前みたいなもんが、ベッキーをもてあそびやがって、とかさあ。ファンだとしてもだよ。手を出したところで…これ、悔しいんだよ。こんなブサイクがさあ」と、けちょんけちょんだ。

 これを受け毒舌の小木もさすがに「もうちょっとくらいだよね。普通くらい。女性は、才能で見るから、男を」と笑いながら微妙にフォロー。

 止まらない矢作が続ける。「考え直してほしいよ。(新恋人の)ほのかりん(19)。かわいいじゃん。ベッキーにいって、ほのかりんでしょ」と、ずば抜けてモテることに不満をぶつける。

 また、ほのかが未成年ながらバーで川谷と会っていたため、レギュラーの「Rの法則」(Eテレ)から降板させられる可能性も浮上。川谷と不倫したベッキーも芸能界に完全復帰できないでいる。

 これに小木が「絵音君に絡むと、みんな不幸になって。このコだってもう、出れなくなっちゃうよ」と、さげちんぶりを指摘。

 苦笑いの矢作は「全部さ、運を吸い上げる人がいるって言うじゃん。それを全部、自分のパワーに変えるっていう」。

 ダメ押しでルックスに関してフォローに回っていた小木が翻意し「確かに、これ(川谷は)妖怪の顔だもんね。気持ち悪い妖怪の顔。妖怪の絵に出てくる顔だよ。髪形も目しか出てないし」と化け物扱いして批判した。