0年 0月 の投稿一覧

高樹沙耶容疑者の逮捕でテレビ朝日に巨額損失?「相棒」再放送に大打撃

「相棒Season14」より

写真拡大

 世間に衝撃を与えた元女優・高樹沙耶(53)の大麻取締法違反容疑での逮捕。2012年末には所属していたオスカープロモーションを退社し、芸能活動から身を引いていたため、芸能界にはそれほど影響はないはず……だったのだが、テレビ朝日には激震が走った。

 その理由は、彼女がシーズン10までレギュラー出演していた、テレビ朝日のドル箱ドラマ『相棒』の存在だ。現に逮捕当日の10月25日、平日夕方に放送される『相棒セレクション』で彼女が出演している『相棒シーズン7』が放送予定だったが、急きょ差し替えられている。ファンからは、過去シリーズが封印されてしまうことに落胆の声が多く寄せられたが、テレビ朝日にとっては大打撃になると関係者は語る。

「『相棒』は、過去作の再放送であっても視聴率が見込め、スポンサーもつきやすい。夕方の時間帯に流して、そこからニュースにつなげるなど視聴者を取り込む効果も高い。テレビ不振の今、テレビ朝日にとってはまさに生命線のドラマです。それが今回の逮捕で放送できなくなってしまったんです」

■遺産が一転、不良債権に

 過去のシーズンだからと侮れない人気を誇る『相棒』シリーズ。だからこそ、テレビ朝日も相当な損失を被るようなのだ。

「通常ドラマは2年間の再放送権付きで契約されます。それ以降の再放送に関しては、また新たな契約料が発生する仕組みです。しかし、人気シリーズ『相棒』ともなれば、シーズンの早い段階で再放送の権利込みで買い切った可能性があります。何度でも放送できる人気ドラマは、テレビ局にとってまさに遺産。今回の高樹逮捕は、その遺産のうち100話近くを失ってしまう巨額な損失を出してしまったことになります」(前出・関係者)

 遺産だったドラマが、一気に不良債権と化してしまった高樹沙耶の逮捕。『相棒』ファンよりも、テレビ朝日へのダメージのほうが深刻なようだ。

文・真田栄太郎(さなだ・えいたろう)※1978年神奈川県出身。大学在学中にフリーライターとして活動を始め、『東京ダークサイドリポート』(ワニマガジン社)、『週刊宝島』(宝島社)、『Hot Dog Press』(講談社)などに寄稿。現在は週刊誌の記者・編集者として事件、芸能取材に奔走する

高樹沙耶容疑者の逮捕でテレビ朝日に巨額損失?「相棒」再放送に大打撃

「相棒Season14」より

写真拡大

 世間に衝撃を与えた元女優・高樹沙耶(53)の大麻取締法違反容疑での逮捕。2012年末には所属していたオスカープロモーションを退社し、芸能活動から身を引いていたため、芸能界にはそれほど影響はないはず……だったのだが、テレビ朝日には激震が走った。

 その理由は、彼女がシーズン10までレギュラー出演していた、テレビ朝日のドル箱ドラマ『相棒』の存在だ。現に逮捕当日の10月25日、平日夕方に放送される『相棒セレクション』で彼女が出演している『相棒シーズン7』が放送予定だったが、急きょ差し替えられている。ファンからは、過去シリーズが封印されてしまうことに落胆の声が多く寄せられたが、テレビ朝日にとっては大打撃になると関係者は語る。

「『相棒』は、過去作の再放送であっても視聴率が見込め、スポンサーもつきやすい。夕方の時間帯に流して、そこからニュースにつなげるなど視聴者を取り込む効果も高い。テレビ不振の今、テレビ朝日にとってはまさに生命線のドラマです。それが今回の逮捕で放送できなくなってしまったんです」

■遺産が一転、不良債権に

 過去のシーズンだからと侮れない人気を誇る『相棒』シリーズ。だからこそ、テレビ朝日も相当な損失を被るようなのだ。

「通常ドラマは2年間の再放送権付きで契約されます。それ以降の再放送に関しては、また新たな契約料が発生する仕組みです。しかし、人気シリーズ『相棒』ともなれば、シーズンの早い段階で再放送の権利込みで買い切った可能性があります。何度でも放送できる人気ドラマは、テレビ局にとってまさに遺産。今回の高樹逮捕は、その遺産のうち100話近くを失ってしまう巨額な損失を出してしまったことになります」(前出・関係者)

 遺産だったドラマが、一気に不良債権と化してしまった高樹沙耶の逮捕。『相棒』ファンよりも、テレビ朝日へのダメージのほうが深刻なようだ。

文・真田栄太郎(さなだ・えいたろう)※1978年神奈川県出身。大学在学中にフリーライターとして活動を始め、『東京ダークサイドリポート』(ワニマガジン社)、『週刊宝島』(宝島社)、『Hot Dog Press』(講談社)などに寄稿。現在は週刊誌の記者・編集者として事件、芸能取材に奔走する

井上公造氏が大物カップルの結婚を予告 「11月1日か2日に発表」

井上公造氏

写真拡大

 芸能リポーターの井上公造氏(59)が31日、日本テレビ系「情報ライブミヤネ屋」(月〜金曜後1・55)に出演し、「明日か明後日に結婚を発表する大物カップルがいる」と予告した。

 番組ではV6の森田剛(37)と女優、宮沢りえ(43)の熱愛報道について紹介。井上氏は「宮沢りえさんの熱愛の真偽を明らかにする報道が実は3年前にもあったんです」と指摘した。宮沢は今回の熱愛報道後初の公の場となった29日の主演映画初日舞台あいさつでは、報道陣からの熱愛質問に答えなかったが、3年前に故・蜷川幸雄さん演出の舞台で共演した12歳年下の俳優とのお泊り愛を報じられた際には、すぐにFAXで否定コメントを発表したという。説明を終えた井上氏は「僕の取材じゃ、やはりお付き合いがある。この間まで沖縄に二人で行ってたはずです」と告白した。

 さらに「実はですね、明日か明後日に結婚を発表する大物カップルがいるんです」と驚きの情報も暴露。メインキャスターの宮根誠司(53)に「噂になってた(人)?」と問われると「ん〜あの…はい。女性はタレントさんで、男性はスポーツ選手。ハワイで結婚式をするはずです」と明かした。宮根は「もう交際宣言してた人や」と反応し、出演者たちもイニシャルトークを希望したが「詳しいことは正式発表があるまで僕も言えない」とかわした。

高樹沙耶容疑者の逮捕でテレビ朝日に巨額損失?「相棒」再放送に大打撃

「相棒Season14」より

写真拡大

 世間に衝撃を与えた元女優・高樹沙耶(53)の大麻取締法違反容疑での逮捕。2012年末には所属していたオスカープロモーションを退社し、芸能活動から身を引いていたため、芸能界にはそれほど影響はないはず……だったのだが、テレビ朝日には激震が走った。

 その理由は、彼女がシーズン10までレギュラー出演していた、テレビ朝日のドル箱ドラマ『相棒』の存在だ。現に逮捕当日の10月25日、平日夕方に放送される『相棒セレクション』で彼女が出演している『相棒シーズン7』が放送予定だったが、急きょ差し替えられている。ファンからは、過去シリーズが封印されてしまうことに落胆の声が多く寄せられたが、テレビ朝日にとっては大打撃になると関係者は語る。

「『相棒』は、過去作の再放送であっても視聴率が見込め、スポンサーもつきやすい。夕方の時間帯に流して、そこからニュースにつなげるなど視聴者を取り込む効果も高い。テレビ不振の今、テレビ朝日にとってはまさに生命線のドラマです。それが今回の逮捕で放送できなくなってしまったんです」

■遺産が一転、不良債権に

 過去のシーズンだからと侮れない人気を誇る『相棒』シリーズ。だからこそ、テレビ朝日も相当な損失を被るようなのだ。

「通常ドラマは2年間の再放送権付きで契約されます。それ以降の再放送に関しては、また新たな契約料が発生する仕組みです。しかし、人気シリーズ『相棒』ともなれば、シーズンの早い段階で再放送の権利込みで買い切った可能性があります。何度でも放送できる人気ドラマは、テレビ局にとってまさに遺産。今回の高樹逮捕は、その遺産のうち100話近くを失ってしまう巨額な損失を出してしまったことになります」(前出・関係者)

 遺産だったドラマが、一気に不良債権と化してしまった高樹沙耶の逮捕。『相棒』ファンよりも、テレビ朝日へのダメージのほうが深刻なようだ。

文・真田栄太郎(さなだ・えいたろう)※1978年神奈川県出身。大学在学中にフリーライターとして活動を始め、『東京ダークサイドリポート』(ワニマガジン社)、『週刊宝島』(宝島社)、『Hot Dog Press』(講談社)などに寄稿。現在は週刊誌の記者・編集者として事件、芸能取材に奔走する

高橋ジョージが孤独な一人暮らしを語る 「毎日、風呂に入るとき怖い」

高橋ジョージ

写真拡大

 3月に女優、三船美佳(34)と協議離婚したロックバンド、THE 虎舞竜のボーカル、高橋ジョージ(58)が31日放送のテレビ朝日系「しくじり先生 俺みたいになるな!! 3時間SP」(後7・0)に出演。離婚に至った原因や孤独な一人暮らしの恐怖などをテーマに、長年連れ添った妻と熟年離婚をしないための授業を行った。

 「モラハラ」の言葉を世に知らしめた離婚から7カ月。高橋は「彼女が嫌になって出て行ったのは事実」と冒頭で語ると、「出て行く寸前まですごく幸せでした。離婚は突然やってくる」と力説した。

 そもそも離婚に至る原因を自分の性格だと話し、少年時代に両親の離婚や放火犯に疑われた経験をしたことで、世間をうらみ続ける性格になり、結果的に強烈にしつこい性格になったと分析した。

 高橋が40歳のときに16歳の三船と結婚。当時について「(年齢が)24歳も離れていたら、けんかにならないだろう」と考えていたことを明かした。その後、高橋は仕事が激減するも、三船と夫婦そろってバラエティー番組に出演したことをきっかけに、夫婦共演のオファーが殺到した。

 これが「離婚ロードの始まり」と切り出すと、「彼女はいろいろ言うけど、1回も文句は言わなかった。2012年にアメリカロケに行った時にとうとう彼女が我慢の限界だった」と明かし、「(ロケ中に)ひどい冗談を言ったら彼女が不機嫌になった。その日の夜に『今日、私はあなたと本気で離婚しようと思った』と言われた」と振り返ったが、当時は冗談だと思って相手にしなかったという。

 「思えば、これが最初の(離婚への)サイン。冗談として流して、原因を反省しなかった」と分析。結局、翌13年のクリスマスに、三船は娘と愛犬を連れて家を出て行ってしまった。高橋は「彼女の精神的成長をなめていた。自分の方がずっと大人だと思っていた。精神面では女性にかなわない。家では謙虚に生きましょう。男はもっと奥さんのことを知る努力をしよう。離婚のサインが出たときは遅い」と世の男性に訴えた。

 続けて、離婚後の孤独な一人暮らしについて「異性との出会いがない。(孤独死が恐くて)毎日、風呂に入るとき怖い。子供に会えない寂しさは想像を絶する」などと、実際に味わった“恐怖体験”を語った。

三船美佳 高橋ジョージの「しくじり先生」出演の裏でInstagramに意味深投稿

三船美佳

写真拡大

 3月にロックバンド、THE 虎舞竜のボーカル、高橋ジョージ(58)と協議離婚した女優、三船美佳(34)が31日、自身のインスタグラムを更新。意味深長なメッセージを投稿した。

 この日、元夫の高橋がテレビ朝日系「しくじり先生 俺みたいになるな!! 3時間SP」(後7・0)に出演し、離婚に至った原因や孤独な一人暮らしの恐怖などをテーマに、長年連れ添った妻と熟年離婚をしないための授業を行った。

 それを受けてか、三船はハロウィンにちなんだ画像とともに「人生色々あるけれど 笑いの絶えない家族の時間 かけがえのない空間」というメッセージをインスタグラムに投稿した。

高樹沙耶容疑者の逮捕でテレビ朝日に巨額損失?「相棒」再放送に大打撃

「相棒Season14」より

写真拡大

 世間に衝撃を与えた元女優・高樹沙耶(53)の大麻取締法違反容疑での逮捕。2012年末には所属していたオスカープロモーションを退社し、芸能活動から身を引いていたため、芸能界にはそれほど影響はないはず……だったのだが、テレビ朝日には激震が走った。

 その理由は、彼女がシーズン10までレギュラー出演していた、テレビ朝日のドル箱ドラマ『相棒』の存在だ。現に逮捕当日の10月25日、平日夕方に放送される『相棒セレクション』で彼女が出演している『相棒シーズン7』が放送予定だったが、急きょ差し替えられている。ファンからは、過去シリーズが封印されてしまうことに落胆の声が多く寄せられたが、テレビ朝日にとっては大打撃になると関係者は語る。

「『相棒』は、過去作の再放送であっても視聴率が見込め、スポンサーもつきやすい。夕方の時間帯に流して、そこからニュースにつなげるなど視聴者を取り込む効果も高い。テレビ不振の今、テレビ朝日にとってはまさに生命線のドラマです。それが今回の逮捕で放送できなくなってしまったんです」

■遺産が一転、不良債権に

 過去のシーズンだからと侮れない人気を誇る『相棒』シリーズ。だからこそ、テレビ朝日も相当な損失を被るようなのだ。

「通常ドラマは2年間の再放送権付きで契約されます。それ以降の再放送に関しては、また新たな契約料が発生する仕組みです。しかし、人気シリーズ『相棒』ともなれば、シーズンの早い段階で再放送の権利込みで買い切った可能性があります。何度でも放送できる人気ドラマは、テレビ局にとってまさに遺産。今回の高樹逮捕は、その遺産のうち100話近くを失ってしまう巨額な損失を出してしまったことになります」(前出・関係者)

 遺産だったドラマが、一気に不良債権と化してしまった高樹沙耶の逮捕。『相棒』ファンよりも、テレビ朝日へのダメージのほうが深刻なようだ。

文・真田栄太郎(さなだ・えいたろう)※1978年神奈川県出身。大学在学中にフリーライターとして活動を始め、『東京ダークサイドリポート』(ワニマガジン社)、『週刊宝島』(宝島社)、『Hot Dog Press』(講談社)などに寄稿。現在は週刊誌の記者・編集者として事件、芸能取材に奔走する

TOKIO松岡昌宏が絶賛 近藤真彦から依頼をされた矢沢永吉の「断り方」

矢沢永吉 近藤真彦から楽曲提供を頼まれたときにみせた「最高の断り方」

写真拡大

30日放送の「関ジャム 完全燃SHOW」(テレビ朝日系)で、TOKIOの松岡昌宏が自分が聞いたという矢沢永吉の楽曲提供の「最高の断り方」について語った。

番組では松岡をゲストに迎えて、「TOKIO松岡と…80年代歌謡曲の裏側を学ぶ!!」という企画をVTRと共にクイズ形式で実施した。

その際、80年代には山下達郎や松任谷由実など著名なシンガーソングライターがアイドルへの楽曲提供に名を連ねている話となり、松岡が「マッチさん(近藤真彦)が矢沢さんのファンで。『矢沢さんの曲を作ってもらいたい』と『楽曲提供をしてもらいたい』と言った」と事務所の先輩である近藤が矢沢に曲のオファーをしたエピソードを語った。

松岡によるとオファーした後日に、近藤がレコーディングをしていたスタジオに「そちらに近藤さんはいらっしゃいますか? 矢沢と申します」と矢沢本人から電話が入ったとのこと。

その電話で矢沢は近藤に「僕、あなたのことよくテレビで拝見して、すごい素晴らしいし、本当にかっこいいと思う。あなたのこと好きです」と直接話をして絶賛したという。その上で「あなたに最高の曲を作りたい」と伝えたそうだが「ただごめんね、最高の曲ができたら僕が歌いたいよね」と楽曲提供は断ったそうだ。

この話を聞いたスタジオはどよめき、松岡は「でも、最高の断り方じゃない?」「いいよな〜、この断り方かっこいいな」と絶賛したのだった。

【関連記事】
矢沢永吉と哀川翔の伝説的な初対面エピソード 書評家・吉田豪氏が明かす
「つけまつける」誕生秘話 きゃりーの大御所への行為がヒント
さだまさし カズレーザーの歌詞分析に感嘆「本当にうれしい」

高樹沙耶容疑者の逮捕でテレビ朝日に巨額損失?「相棒」再放送に大打撃

「相棒Season14」より

写真拡大

 世間に衝撃を与えた元女優・高樹沙耶(53)の大麻取締法違反容疑での逮捕。2012年末には所属していたオスカープロモーションを退社し、芸能活動から身を引いていたため、芸能界にはそれほど影響はないはず……だったのだが、テレビ朝日には激震が走った。

 その理由は、彼女がシーズン10までレギュラー出演していた、テレビ朝日のドル箱ドラマ『相棒』の存在だ。現に逮捕当日の10月25日、平日夕方に放送される『相棒セレクション』で彼女が出演している『相棒シーズン7』が放送予定だったが、急きょ差し替えられている。ファンからは、過去シリーズが封印されてしまうことに落胆の声が多く寄せられたが、テレビ朝日にとっては大打撃になると関係者は語る。

「『相棒』は、過去作の再放送であっても視聴率が見込め、スポンサーもつきやすい。夕方の時間帯に流して、そこからニュースにつなげるなど視聴者を取り込む効果も高い。テレビ不振の今、テレビ朝日にとってはまさに生命線のドラマです。それが今回の逮捕で放送できなくなってしまったんです」

■遺産が一転、不良債権に

 過去のシーズンだからと侮れない人気を誇る『相棒』シリーズ。だからこそ、テレビ朝日も相当な損失を被るようなのだ。

「通常ドラマは2年間の再放送権付きで契約されます。それ以降の再放送に関しては、また新たな契約料が発生する仕組みです。しかし、人気シリーズ『相棒』ともなれば、シーズンの早い段階で再放送の権利込みで買い切った可能性があります。何度でも放送できる人気ドラマは、テレビ局にとってまさに遺産。今回の高樹逮捕は、その遺産のうち100話近くを失ってしまう巨額な損失を出してしまったことになります」(前出・関係者)

 遺産だったドラマが、一気に不良債権と化してしまった高樹沙耶の逮捕。『相棒』ファンよりも、テレビ朝日へのダメージのほうが深刻なようだ。

文・真田栄太郎(さなだ・えいたろう)※1978年神奈川県出身。大学在学中にフリーライターとして活動を始め、『東京ダークサイドリポート』(ワニマガジン社)、『週刊宝島』(宝島社)、『Hot Dog Press』(講談社)などに寄稿。現在は週刊誌の記者・編集者として事件、芸能取材に奔走する

吉田羊が「ネプリーグ」で快挙達成 漢字問題をひとりで全問正解

吉田羊

写真拡大

31日放送の「ネプリーグ」(フジテレビ系)で、女優の吉田羊が、漢字問題をひとりで全問正解した。

番組では「林先生の漢字テストツアーズ」という漢字クイズに、ネプチューンの原田泰造が率いる「メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断」(フジテレビ系)の女性出演者チームが挑戦した。このクイズは、林修氏が選んだ「大人なら書けて当然の漢字」が10問出題される。ひとりが解答席に立ち、正解すればそのまま続けられるが、不正解の場合はチーム内の次のメンバーへと交代になる。

吉田はチームの1番手として、解答席に立った。「漢字好きです」「けど、好きだ好きだって言ったら、林先生が難問をぶつけてきそう」「全力を尽くします」と、ゲーム前に意気込みを語っていた。

まずは「カテゴリー1 読めないと恥ずかしい地名」の問題で、「対馬(つしま)」「青梅(おうめ)」「諏訪(すわ)」の読みを、3問連続正解した。

続く「カテゴリー2 同音異義語 デンドウ」の書き問題でも「デンドウ(電動)自転車」「デンドウ(伝道)師」「デンドウ(殿堂)入り」を難なく書いて正解する。

ここで発生したボーナス問題「30秒以内に対義語を3つ完成させろ」でも、「遠視(近視)」「縦断(横断)」「豪華(質素)」をあっさり答えてしまった。

そして「カテゴリー3 書き間違いが多い漢字」も「味をトトノ(調)える」「医療費コウジョ(控除)」「リーダーにテキカク(適格)」と解答し、ここまで9問連続で正解した。これには別室で待機していた林氏も「ひっかからなかったなぁ…」と漏らす。

迎えた10問目の「林先生からの最終問題」では「タムロする」という書き取り問題が出題。吉田は迷うことなく「屯」と書き、見事に正解。鮮やかな解答ぶりに、林氏も「参った!」と完敗を認めた。

吉田は全問をクリア後、笑顔で「(屯を)書いたことはないですけど、本で(読んだことがある)」とコメントしていた。

【関連記事】
吉田羊の転機に大きく関わっていた中井貴一「本当にこういうことがあるんだね」
小倉智昭氏が吉田羊と中島裕翔の熱愛報道に皮肉?「台詞の練習してた」
吉田羊 自身のマネージャーとマジ喧嘩 一時険悪な空気に