0年 0月 の投稿一覧

高樹沙耶容疑者の逮捕でテレビ朝日に巨額損失?「相棒」再放送に大打撃

「相棒Season14」より

写真拡大

 世間に衝撃を与えた元女優・高樹沙耶(53)の大麻取締法違反容疑での逮捕。2012年末には所属していたオスカープロモーションを退社し、芸能活動から身を引いていたため、芸能界にはそれほど影響はないはず……だったのだが、テレビ朝日には激震が走った。

 その理由は、彼女がシーズン10までレギュラー出演していた、テレビ朝日のドル箱ドラマ『相棒』の存在だ。現に逮捕当日の10月25日、平日夕方に放送される『相棒セレクション』で彼女が出演している『相棒シーズン7』が放送予定だったが、急きょ差し替えられている。ファンからは、過去シリーズが封印されてしまうことに落胆の声が多く寄せられたが、テレビ朝日にとっては大打撃になると関係者は語る。

「『相棒』は、過去作の再放送であっても視聴率が見込め、スポンサーもつきやすい。夕方の時間帯に流して、そこからニュースにつなげるなど視聴者を取り込む効果も高い。テレビ不振の今、テレビ朝日にとってはまさに生命線のドラマです。それが今回の逮捕で放送できなくなってしまったんです」

■遺産が一転、不良債権に

 過去のシーズンだからと侮れない人気を誇る『相棒』シリーズ。だからこそ、テレビ朝日も相当な損失を被るようなのだ。

「通常ドラマは2年間の再放送権付きで契約されます。それ以降の再放送に関しては、また新たな契約料が発生する仕組みです。しかし、人気シリーズ『相棒』ともなれば、シーズンの早い段階で再放送の権利込みで買い切った可能性があります。何度でも放送できる人気ドラマは、テレビ局にとってまさに遺産。今回の高樹逮捕は、その遺産のうち100話近くを失ってしまう巨額な損失を出してしまったことになります」(前出・関係者)

 遺産だったドラマが、一気に不良債権と化してしまった高樹沙耶の逮捕。『相棒』ファンよりも、テレビ朝日へのダメージのほうが深刻なようだ。

文・真田栄太郎(さなだ・えいたろう)※1978年神奈川県出身。大学在学中にフリーライターとして活動を始め、『東京ダークサイドリポート』(ワニマガジン社)、『週刊宝島』(宝島社)、『Hot Dog Press』(講談社)などに寄稿。現在は週刊誌の記者・編集者として事件、芸能取材に奔走する

高樹沙耶容疑者の逮捕でテレビ朝日に巨額損失?「相棒」再放送に大打撃

「相棒Season14」より

写真拡大

 世間に衝撃を与えた元女優・高樹沙耶(53)の大麻取締法違反容疑での逮捕。2012年末には所属していたオスカープロモーションを退社し、芸能活動から身を引いていたため、芸能界にはそれほど影響はないはず……だったのだが、テレビ朝日には激震が走った。

 その理由は、彼女がシーズン10までレギュラー出演していた、テレビ朝日のドル箱ドラマ『相棒』の存在だ。現に逮捕当日の10月25日、平日夕方に放送される『相棒セレクション』で彼女が出演している『相棒シーズン7』が放送予定だったが、急きょ差し替えられている。ファンからは、過去シリーズが封印されてしまうことに落胆の声が多く寄せられたが、テレビ朝日にとっては大打撃になると関係者は語る。

「『相棒』は、過去作の再放送であっても視聴率が見込め、スポンサーもつきやすい。夕方の時間帯に流して、そこからニュースにつなげるなど視聴者を取り込む効果も高い。テレビ不振の今、テレビ朝日にとってはまさに生命線のドラマです。それが今回の逮捕で放送できなくなってしまったんです」

■遺産が一転、不良債権に

 過去のシーズンだからと侮れない人気を誇る『相棒』シリーズ。だからこそ、テレビ朝日も相当な損失を被るようなのだ。

「通常ドラマは2年間の再放送権付きで契約されます。それ以降の再放送に関しては、また新たな契約料が発生する仕組みです。しかし、人気シリーズ『相棒』ともなれば、シーズンの早い段階で再放送の権利込みで買い切った可能性があります。何度でも放送できる人気ドラマは、テレビ局にとってまさに遺産。今回の高樹逮捕は、その遺産のうち100話近くを失ってしまう巨額な損失を出してしまったことになります」(前出・関係者)

 遺産だったドラマが、一気に不良債権と化してしまった高樹沙耶の逮捕。『相棒』ファンよりも、テレビ朝日へのダメージのほうが深刻なようだ。

文・真田栄太郎(さなだ・えいたろう)※1978年神奈川県出身。大学在学中にフリーライターとして活動を始め、『東京ダークサイドリポート』(ワニマガジン社)、『週刊宝島』(宝島社)、『Hot Dog Press』(講談社)などに寄稿。現在は週刊誌の記者・編集者として事件、芸能取材に奔走する

石田純一 すみれの体調不良の原因を明かす「重圧とストレス」

「H2 Bubble」PRイベントに出席した石田純一

写真拡大

 俳優の石田純一(62)が31日、都内で「H2Bubble」PRイベントに出席した。体調不良で休養している娘でモデルのすみれ(26)について「すごく良くなりました」と報告した。

 すみれは体調不良のため、この日東京・半蔵門のTOKYOFMホールで行われる予定だったチャリティーコンサートを中止。石田はすみれの「体調について聞かれると「だいぶ良くなりました」と笑顔。「(来月)6日、7日くらいから復帰できると思う」と語った。「1つ2つ仕事をキャンセルしたので、本当にご迷惑をおかけした」と謝罪。体調の不良の原因は「女性だから色んなプレッシャーとかストレスとか全部だと思う。めちゃめちゃ心配してましたが、すごく良くなった」とホッとした表情を浮かべていた。

 イベントにはタレントの春香クリスティーン(24)、葉加瀬マイ(29)も出席した。

リア・ディゾンが雑誌でグラビア披露 ブレイク時と変わらぬ美貌に絶賛の声

リア・ディゾン(C)飯塚昌大/週刊プレイボーイ

写真拡大

【リア・ディゾン/モデルプレス=10月31日】タレントのリア・ディゾンが、10月31日発売の「週刊プレイボーイ」46号(集英社)の表紙に登場。日本のグラビア界を席巻していた2006年当時と変わらぬ美貌を披露した。

【さらに写真を見る】リア・ディゾン、美バストあらわなSEXYドレスで登場

同誌の表紙を飾るのは約8年ぶりとなる彼女。同誌の創刊50周年記念月間の第5弾となる今号で、彼女を表紙に起用した理由を関係者は「週刊プレイボーイ創刊50周年企画として、この号は『スクープ特集号』と位置づけてあります。週プレの過去の『スクープ』の中で、リアディゾンさんの存在は大きく、かつまだ『現役』であることから、表紙に起用させていただきました」と説明。多数の雑誌でグラビアを飾っていた2000年代より変わらぬスタイルと美貌を披露したが「ビジュアルが当時とほとんど変わっていなかったことも、大きな要因です」と絶賛している。

◆8年ぶりの表紙撮影のエピソード

2013年夏にも“復活”として、同誌に登場していたリア。表紙は実に8年ぶりとなったが関係者は「久しぶりのグラビアの仕事ということで、とても喜んでくれていました」と撮影時の様子を明かした。

一方で編集担当によると「最初は久しぶりの撮影で、カンを取り戻すまでポーズ等で苦労していたよう」とも。しかし「すぐに慣れていたようでした。ビジュアルも6年前とほとんど変わっておらず、現役バリバリだった頃にタイムスリップしたような感覚になりました」と変わらぬ美ボディを遺憾なく見せつけた。(modelpress編集部)

高樹沙耶容疑者の逮捕でテレビ朝日に巨額損失?「相棒」再放送に大打撃

「相棒Season14」より

写真拡大

 世間に衝撃を与えた元女優・高樹沙耶(53)の大麻取締法違反容疑での逮捕。2012年末には所属していたオスカープロモーションを退社し、芸能活動から身を引いていたため、芸能界にはそれほど影響はないはず……だったのだが、テレビ朝日には激震が走った。

 その理由は、彼女がシーズン10までレギュラー出演していた、テレビ朝日のドル箱ドラマ『相棒』の存在だ。現に逮捕当日の10月25日、平日夕方に放送される『相棒セレクション』で彼女が出演している『相棒シーズン7』が放送予定だったが、急きょ差し替えられている。ファンからは、過去シリーズが封印されてしまうことに落胆の声が多く寄せられたが、テレビ朝日にとっては大打撃になると関係者は語る。

「『相棒』は、過去作の再放送であっても視聴率が見込め、スポンサーもつきやすい。夕方の時間帯に流して、そこからニュースにつなげるなど視聴者を取り込む効果も高い。テレビ不振の今、テレビ朝日にとってはまさに生命線のドラマです。それが今回の逮捕で放送できなくなってしまったんです」

■遺産が一転、不良債権に

 過去のシーズンだからと侮れない人気を誇る『相棒』シリーズ。だからこそ、テレビ朝日も相当な損失を被るようなのだ。

「通常ドラマは2年間の再放送権付きで契約されます。それ以降の再放送に関しては、また新たな契約料が発生する仕組みです。しかし、人気シリーズ『相棒』ともなれば、シーズンの早い段階で再放送の権利込みで買い切った可能性があります。何度でも放送できる人気ドラマは、テレビ局にとってまさに遺産。今回の高樹逮捕は、その遺産のうち100話近くを失ってしまう巨額な損失を出してしまったことになります」(前出・関係者)

 遺産だったドラマが、一気に不良債権と化してしまった高樹沙耶の逮捕。『相棒』ファンよりも、テレビ朝日へのダメージのほうが深刻なようだ。

文・真田栄太郎(さなだ・えいたろう)※1978年神奈川県出身。大学在学中にフリーライターとして活動を始め、『東京ダークサイドリポート』(ワニマガジン社)、『週刊宝島』(宝島社)、『Hot Dog Press』(講談社)などに寄稿。現在は週刊誌の記者・編集者として事件、芸能取材に奔走する

高橋みなみの取材で「熱愛質問NG」 興味を失う記者が続出

高橋みなみ

写真拡大

 元AKB48の高橋みなみが26日、日本マクドナルド45周年記念キャンペーン発表会に登場したが、現場では“ある質問”が禁止され、高橋への興味を失う記者が続出していたという。

「高橋は、この日発表されたCMには登場しておらず、同席していた千原ジュニアからは『暇なん?』と言われる始末。高橋は“マクドナルドのファン代表”という立場をアピールし、少々強引に出演理由をこじつけていました」(ワイドショー関係者)

 そんな高橋の“必死”さが見える中、囲み取材が始まったというのだが……。

「囲み取材が始まる直前に、PRスタッフから『結婚、恋愛、家族の話題はNGです』という通達が出たんです。高橋といえば、今年5月に『女性セブン』(小学館)でIT関連企業に勤める15歳年上男性との熱愛が報じられ、その後のイベントでもちょこちょこコメントしていますが、このことを聞けないとあって、記者たちのモチベーションはガタ落ち。『もういいや』と、興味を失って、現場を離れかける記者まで出るほどでした」(同)

 この状況を皮肉るような気概を見せていたのが、千原だったという。

「高橋の熱愛に触れられなくなった影響もあってか、千原に質問が多めに振られることになり、その中で『奥さんと一緒にマックは?』と質問が上がったんです。PRスタッフはそれを止めようとしたんですが、千原は『そんなん別にええのにね。奥さんとマック行きますか? って、全然オッケーでしょう』と、マスコミの心情を代弁するようなコメントで、PRスタッフを逆に黙らせていました」(同)

 逆にNGが出なかった部分では、AKB48関連の質問は上がらず、自分で「AKB劇場に通っていたときは、週7でマクドナルドに行っていた」と話していたという。

 どうやら、今の高橋は元AKB48という部分での話題性もなくなり、熱愛にしか興味を持たれていない様子が浮き彫りとなったようだ。

TOKIO長瀬智也と城島茂の知識 本業の梨農家も驚き隠せず

30日放送の「ザ!鉄腕!DASH!!」(日本テレビ系)で、TOKIO・長瀬智也と城島茂の梨の知識に本業の梨農家が驚く場面があった。

番組のコーナー「出張DASH村」では、日本の農家をお手伝いするコーナーで長瀬と城島が栃木県宇都宮市で4代、100年続いているという梨農家を訪問し、まさに旬を迎えている「にっこり」という新種の梨の収穫と梨を使った料理を楽しんだ。

まず、梨を試食した長瀬と城島だったが、長瀬が「甘い! むちゃくちゃ糖度高い。これも12とか?」と糖度の数値についてコメントすると梨農家の山口さんが「平均で13は超えます」と答えた。このやりとりに城島が「普通に糖度の話するようになったよね、長瀬も」と言って周囲から笑いが起きると長瀬が「そろそろ『糖度』って曲出す?」と返してさらに爆笑となった。

直後に城島が、梨の果汁のすごさの秘密について、「表面にブツブツあるじゃないですか」と言うと、山口さんは「そこに気づくんですか…」と驚きを隠せない様子。番組の解説によるとブツブツは「果点コルク」というみずみずしさの秘密になっているとのことだ。

梨の実は青く小さいときに呼吸する「気孔」という穴があり、これは成長につれて壊れてしまう。しかしそこで水分が抜けてしまうのではなく、皮の表面にできる人間で言うかさぶたが「果点コルク」で、これが壊れた穴をふさぐフタとして梨の水分を実の中に閉じ込める役割を果たしているのだ。

城島はまた「すごいのは葉っぱなんよね、虫に食われてない」とこの梨の長所を指摘すると、5代目に当たる山口さんの娘さんが「そこに気づくのがスゴイ…」と笑顔を見せる。福島のDASH村で梨の害虫に悩まされた経験を持つ城島は「時期がズレているから、夏(のほかの梨)と違って中の(虫の)被害が少ない」と発言した根拠を解説すると山口家の面々は「スゴイですね、梨屋さんみたいだ」と驚きを隠せない。

最後に収穫の目安を説明した山口さんは「採り方はもうわかってますよね?」とふたりに聞くと、城島は「はい!」と答えて、長瀬と共に上に持ち上げて採る梨の収穫を特に教えてもらうこともなく進めたのだった。

【関連記事】
TOKIO・城島茂 頭髪への不安から自家製育毛剤作りに挑戦
TOKIO・山口達也がプロ顔負けの大工仕事を披露 共演者も絶賛
山口達也と松岡昌宏が漂流物でところてんを自作「DASH島で食えるとは…」

堀江貴文氏 核兵器禁止条約をめぐる渡辺謙の意見にTwitterで異論

堀江貴文氏 核兵器禁止条約に反対票を入れた日本政府に理解「禁止するとより危険」

写真拡大

30日、堀江貴文氏が自身のTwitter上で、核兵器禁止条約に反対票を入れた日本政府に対しての理解を示した。

ことの発端は、国連総会が27日「核兵器禁止条約」の制定に向けて、2017年より交渉を開始するという決議を採択したことにある。採択に際して、被爆国であるはずの日本を含む38ヶ国が反対票を投じたのだ。これに関して、岸田文雄外相は「核兵器国と非核兵器国の間の対立を一層助長し,その亀裂を深めるもの」と、今回取った判断理由を明かした

こうした日本の動きについて、渡辺はTwitter上で「信じられないニュース」だと批判。「核を持つ国に追従するだけで意見は無いのか」「原爆だけでなく原発でも核の恐ろしさを体験したこの国はどこへ行こうとしているのか、何を発信したいのか」と綴り、唯一の被爆国・日本が条約採択に反対したことに怒りをあらわにしたのだ。

それに対して、堀江氏は渡辺の意見に反論する形で、自身の見解を投稿した。堀江氏は渡辺の怒りの声を伝えるネット記事を引用するとともに、「んー、禁止すると地下に潜ってより危険だと思いますよ」と、核兵器禁止の動きを疑問視。

続けて、「北朝鮮のような国家やそもそも国連に加盟しないISとかのテロリストが持つことを禁止することは難しい」といい、国連の条約制定による核兵器廃絶の困難さを指摘している。

【関連記事】
堀江貴文氏 世間の過度な企業叩きに苦言「魔女狩りみたいになっちゃう」
堀江貴文氏が会社員の勤務状況を指摘「みんな仕事してない」
堀江貴文氏が危惧する「ワンピース」の価値観「仲間を無条件に救う」

広瀬すずと生田斗真が「先生!」の主演に 漫画ファンからブーイングの嵐

広瀬すずPHOTO BOOK 『17才のすずぼん。』より

写真拡大

 まるでベルトコンベアーの流れ作業のように次から次へと……。10月27日、広瀬すず(18)と生田斗真(32)がW主演を果たす映画『先生!』の制作および2017年秋の公開予定が発表された。“人気恋愛漫画の実写映画化作品”への出演が続く広瀬すずを中心に、漫画ファンの間で「お腹いっぱい」などとブーイングの嵐だ。

■広瀬すず主演で「ミスキャスト」「お腹いっぱい」

 11月以降、漫画原作の公開予定映画は目白押し。『溺れるナイフ』や『イタズラなKiss THE MOVIE ハイスクール編』、『一週間フレンズ。』、『きょうのキラ君』、『ひるなかの流星』、『3月のライオン』などあふれんばかりだ。

 広瀬も2016年、漫画原作の実写映画『ちはやふる』シリーズ(上の句・下の句)や『四月は君の嘘』に出演。PRにも熱心で、幾度となくイベントに出席して芸能ニュースに登場した。そして今回は、『別冊マーガレット』(集英社)で1996年から2003年まで連載された人気恋愛漫画『先生!』の実写映画に出演が決定。広瀬は女子高生・島田響を演じる。

 ファンの反応はどうもイマイチ。タメ息まじりで「ミスキャスト」「お腹いっぱい」という声が続出し、先生・伊藤貢作を演じる生田にも「イメージに合わない」と非難が飛んでいる。

 ファンが納得いかない点の一つが、作り手の反省感のなさだ。近年公開された『進撃の巨人』や『テラフォーマーズ』は公開前から「ムチャだ」と非難され、あげく公開後に大爆死。広瀬が出演した『四月は君の嘘』も評価はやや低調だった。それにもかかわらず、企画時点で安易に見える漫画実写化の連発が止まらない。

「広瀬出演が決定した『先生!』は、わざわざ13年前の作品を引っ張り出して実写映画化することになります。夢もワクワクもない代わり、リスクがない安全な投資だということでしょうか。この人気漫画実写化の傾向は当分止まりそうになく、むしろ勢いが増すばかり。原作の熱心なファンほど諦めが要求されるかもしれません」(報道関係者)

 人気漫画『GANTZ』の作者・奥浩哉(49)も過去にツイッターで、「知名度がある原作とイケメンの組み合わせだけで内容はテキトーでも観に行く人達がいっぱいいるからですよ。コアなファンなんて最初から相手にされてません。儲からなかったら誰も作りません」とあられもない現実をファンに突きつけた。

 また最近は、熱心な原作ファンに心境の変化を求める声も出ている。10月26日放送のバラエティ番組『マツコ&有吉の怒り新党』(テレビ朝日系)で漫画やアニメの実写化が話題になった際、マツコ・デラックス(44)は「今、文句言う人はちょっとダサい」と意見した。

 実写化にウンザリするファンからは「もうどうせなら漫画原作は全て山崎賢人(22)と広瀬すずですれば」とヤケクソ気味の皮肉も飛ぶ人気漫画の実写化。2017年は山崎主演の『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』『斉木楠雄のΨ難』、山田涼介(23)主演の『鋼の錬金術師』などの公開も控えている。熱心なファンは我慢を強いられ、阿鼻叫喚の年となりそうだ。

文・橘カイト(たちばな・かいと)※1979年島根県生まれ。編集プロダクションを経て、フリーに。週刊誌などで芸能関係の記事を執筆。また、民俗学などにも精通し、日本のタブーにも数多く取材。主な著書に『真相!禁忌都市伝説』(ミリオン出版)ほか多数。

高樹沙耶容疑者の逮捕でテレビ朝日に巨額損失?「相棒」再放送に大打撃

「相棒Season14」より

写真拡大

 世間に衝撃を与えた元女優・高樹沙耶(53)の大麻取締法違反容疑での逮捕。2012年末には所属していたオスカープロモーションを退社し、芸能活動から身を引いていたため、芸能界にはそれほど影響はないはず……だったのだが、テレビ朝日には激震が走った。

 その理由は、彼女がシーズン10までレギュラー出演していた、テレビ朝日のドル箱ドラマ『相棒』の存在だ。現に逮捕当日の10月25日、平日夕方に放送される『相棒セレクション』で彼女が出演している『相棒シーズン7』が放送予定だったが、急きょ差し替えられている。ファンからは、過去シリーズが封印されてしまうことに落胆の声が多く寄せられたが、テレビ朝日にとっては大打撃になると関係者は語る。

「『相棒』は、過去作の再放送であっても視聴率が見込め、スポンサーもつきやすい。夕方の時間帯に流して、そこからニュースにつなげるなど視聴者を取り込む効果も高い。テレビ不振の今、テレビ朝日にとってはまさに生命線のドラマです。それが今回の逮捕で放送できなくなってしまったんです」

■遺産が一転、不良債権に

 過去のシーズンだからと侮れない人気を誇る『相棒』シリーズ。だからこそ、テレビ朝日も相当な損失を被るようなのだ。

「通常ドラマは2年間の再放送権付きで契約されます。それ以降の再放送に関しては、また新たな契約料が発生する仕組みです。しかし、人気シリーズ『相棒』ともなれば、シーズンの早い段階で再放送の権利込みで買い切った可能性があります。何度でも放送できる人気ドラマは、テレビ局にとってまさに遺産。今回の高樹逮捕は、その遺産のうち100話近くを失ってしまう巨額な損失を出してしまったことになります」(前出・関係者)

 遺産だったドラマが、一気に不良債権と化してしまった高樹沙耶の逮捕。『相棒』ファンよりも、テレビ朝日へのダメージのほうが深刻なようだ。

文・真田栄太郎(さなだ・えいたろう)※1978年神奈川県出身。大学在学中にフリーライターとして活動を始め、『東京ダークサイドリポート』(ワニマガジン社)、『週刊宝島』(宝島社)、『Hot Dog Press』(講談社)などに寄稿。現在は週刊誌の記者・編集者として事件、芸能取材に奔走する