0年 0月 の投稿一覧

坂口杏里のAV 発売から1カ月経過もAmazonで売上げ1位

発売から1か月が経ってもアマゾンのアダルト部門では1位にランクインしている

写真拡大

AV女優に転向したANRIこと坂口杏里さん(25)のAVデビュー作「芸能人ANRI What a day!!」(MUTEKI)が好調だ。10月1日の発売直後には「性的魅力に乏しい」など批判が相次いだが、発売から1か月が経過した現時点でもアマゾンのアダルトランキングでは1位にランクインしている。

ただ、アマゾンのレビュー欄は、内容に失望する声と評価する声に大きく分かれ、拮抗している。

性的魅力に乏しいという前評判

坂口さんの作品をめぐっては、発売直後から(1)やせ過ぎ(2)胸が小さい(3)お尻に吹き出物のようなものがある、といった指摘が相次いでいたほか、アンダーヘアが「未処理」だったことも話題になった。「女性自身」のウェブサイトは10月9日に「坂口杏里のアンダーヘア論争にみる『永久脱毛すべきか』問題」と題した記事を掲載し、賛否両論の意見が出ていることを伝えた。

「やせ過ぎ」問題については、坂口さん自身が反論。10月6日にはツイッターで、

「確かに前に映画の撮影でドレスを着る撮影が続き急激で過激なダイエットで歯止めが効かなく40キロまで痩せて体質も変わり食べても食べても太らなく悩んでいました」

などと過去には痩せていた時期があったことを明かし、「57.7キロ」と読み取れる体重計の写真を公開。「今はこの体重なので少し健康的に痩せたいんです」と、むしろ太り過ぎだと明かしていた。

このように、発売前の評価はお世辞にも高いとは言えなかったが、発売から1か月が経過しようとしている10月31日15時時点では、アマゾンのアダルト部門で1位にランクインするなど、意外にも高い人気を維持している。

ただ、この時点で80件のコメントが寄せられたレビュー欄の平均点は2.5。最低評価を示す「1」をつけた人が31人いる一方で、21人が最高評価の「5」をつけており、評価は真っぷたつに分かれた。

「出演していたテレビを横で流しながら見てます」

「1」をつけた人の声は、

「貧乳、お尻が汚いし、興奮すら出来ない内容」
「痩せすぎ、貧乳、尻汚い」
「全く魅力を感じないし、これだったら密かに風俗で働いてたほうが良かったんじゃないかな?」

などといったもので、従来の批判の延長戦上とも言えるものが大半だ。対する「5」と評価した人の声は、

「芸能人なのに、デビュー作にしてはがっつりやってます。アンダーヘアケアなどが言われてますが、一部マニアには大好評のようです」
「出演していたテレビを横で流しながら見てます。とても興奮します。これが最高の見方でしょう」

などとタレント時代とのギャップを評価する「ご祝儀相場」に近い声が多いようだ。

11月4日にはヘアヌード写真集も出る

11月4日には初のヘアヌード写真集「What a day!!」(講談社)が発売される予定で、同社の写真週刊誌「フライデー」では10月28日号、11月4日号と2週連続で袋とじの特集を組んだ。こういった継続的な露出がAV人気を下支えしている可能性もありそうだ。

坂口さんは10月31日には、

「DVD見ました!次も出しますか?」

というツイッター利用者の声に対して、

「出さないのかな?まだそういったお話にはなっていませんね」

と返信。

「撮ってないですよ」
「予定ないよ」

と繰り返したものの、次回作への意欲をのぞかせていた。

ラストイヤーなのに…木村沙織の“おばさんパーマ”にファンが悲鳴

ラストイヤーなのに…木村沙織の“おばさんパーマ”にファンが悲鳴

写真拡大

 バレーボール女子「Vプレミアリーグ」が10月30日に開幕した。注目は今シーズン限りでの引退を表明している木村沙織。彼女のプレーと揺れる美しい胸をひと目見ようと多くのファンが会場の東京体育館に詰めかけた。

「そんなファンたちを凍りつかせるような出来事が起きてしまいました。木村がヘアスタイルを変えたのですが、それがまるで“おばさん”のようなんです。アスリートらしいショートカットがよく似合っていたのに残念です」(スポーツライター)

 木村の新ヘアは、前髪は眉の上までで後ろは肩にかからない長さでバッサリと切りそろえられており、色はほんのりブラウン。全体に軽いウェーブがかかっている。

 男性ファンから特に不評で「おばさん」のほかにも「小型犬みたい」「おしゃれしようとして失敗しちゃった中学生」と厳しい声が上がっている。

「髪型を変えたことについて木村は『特に意味はない』とコメントしています。彼女はちょっぴり天然なので、実際深い意味はなく思いつきでやったのでしょう。ラストシーズンで注目されているのにこんなわかりやすい失敗をしてしまうのは、いかにも彼女らしいですね」(前出・スポーツライター)

 髪型は変でも、推定Fカップが上下に激しく揺れる「バストアタック」は健在。最後の雄姿を目に焼き付けるために、女子Vプレミアリーグを観戦したいものだ。

Hey!Say!JUMP伊野尾との熱愛をネタにされた艶系女優が「最低!」とマジギレ

Hey!Say!JUMP伊野尾との熱愛をネタにされた艶系女優が「最低!」とマジギレ

写真拡大

 10月26日に放送されたバラエティ番組「マスカットナイト」(テレビ東京系)にて、出演者で構成されたアイドルグループ「恵比寿★マスカッツ」の問題が取り上げられた。番組によると、多くのメンバーが、リーダーである明日花キララの行動に不満を持っていたという。

「明日花はリーダーとしてグループを引っ張っていかなければならない立場であるにもかかわらず、ライブの前に行われる大切なリハーサルに姿を現さないということが、他のメンバーのクレームによって明らかになりました。しかし彼女は、『風邪を引いていた』『携帯が壊れて場所にたどり着けなかった』『家の鍵がなくて衣装が用意できなかった』などの小学生レベルの言い訳を繰り返したことで、メンバーやMCのおぎやはぎから、強く責められることとなりました」(テレビ誌記者)

 そんな明日花といえば、先日発売された週刊誌にて、Hey!Say!JUMPの伊野尾慧とのシンガポール極秘旅行が発覚し、世間を騒がせた。

 そこで番組は、ライブに真面目に取り組まない彼女に対し、伊野尾との交際に関係した罰を与えたという。

「明日花を反省させるという理由で今回、スタジオの扉の先に罰が用意されたのですが、そこには伊野尾と過ごしていた屋上プールを思わせる椅子などが並べられていたのです。それを確認した瞬間、彼女は戸惑った表情を見せ、目に涙を浮かべながら『最低! ホント最低!』という言葉をひたすら連呼。すると『最低なのはあなたですよ!』というナレーションが流れ、番組は終了しました」(前出・テレビ誌記者)

 熱愛報道後、自身のツイッターにて「お相手の男性とはお話ししていただけで、交際の事実も一切ないです」と否定していた明日花。それだけにもうこの話題には触れてほしくなかったのかもしれない。

(森嶋時生)

月9「カインとアベル」が早くも打ち切り危機?制作サイドの発表に視聴者混乱

月9「カインとアベル」が早くも打ち切り危機?制作サイドの発表に視聴者混乱

写真拡大

 10月17日からスタートした、Hey!Say!JUMP・山田涼介主演のフジテレビ月9ドラマ「カインとアベル」の視聴率が苦戦している。そんななか、同ドラマの第2話は、先日亡くなった俳優の平幹二朗さんが出演していたことで、注目を集めたという。

「『カインとアベル』は初回視聴率が月9史上最低の8.8%を記録し、翌週の第2話では8.6%とさらに数字を下げてしまいました。とはいえ、第2話では急死した平さん最後の出演に注目が集まったことで、そのシーンの瞬間視聴率は9.7%まで上昇。つまり平さんのいなくなった次回からは、もっと視聴率が下がってしまう可能性があります」(テレビ誌記者)

 近年、月9ドラマは通常全10回の放送だが、唯一、初回視聴率1ケタを記録していた福士蒼汰主演「恋仲」だけは、打ち切りの公式発表がなかったものの、9話で終了した。

 そのため「カインとアベル」も当初から打ち切りの噂が囁かれてきたが、今回、ある公式発表により視聴者が混乱しているという。

「公式サイトの第3話のあらすじに『物語は怒涛のクライマックスに突き進む』と記載されているのです。クライマックスとは様々な意味を持つ言葉ですが、通常、連続ドラマの場合、物語終盤の盛り上がりを伝える際に予告などで使われる単語です。そのため視聴者からは『3話なのにもうクライマックス!?』『5話くらいで終わるのかな』『打ち切りにならないで!』と動揺する声が広がっています」(前出・テレビ誌記者)

 第2話では「衝撃のラスト!」と宣伝していたが、特に劇的な展開を見せず終了したため、批判が殺到した「カインとアベル」。今回もまた、視聴者を煽るためだけの言葉なのだろうか。

(森嶋時生)

「でんぱ組はブス!」2人組人気アイドルが過激発言連発で物議

「でんぱ組はブス!」2人組人気アイドルが過激発言連発で物議

写真拡大

 人気急上昇中の2人組アイドル「生ハムと焼うどん」のワンマンライブが10月21日、TOKYO DOME CITY HALLにて行われた。同ライブ終了後、会場で行われたオープニング演出が物議を醸しているという。

「『生ハムと焼うどん』は昨今、ダウンタウンや中居正広などの番組にも出演し、今、最も勢いがあると言われる2人組アイドルです。しかし度々、過激なパフォーマンスが話題となり、今回、3000人規模のワンマンライブでも『反原発』『左翼』『朝鮮人』という単語を交えて怒鳴る女性のネット音源をオープニングで流し、大きな注目を集めました」(芸能記者)

 ライブ終了後、一部ファンの間ではこの演出について「生ハムと焼うどんのセンスに脱帽」と称賛する感想が飛び交った。しかし会場でライブを鑑賞していたある女性作家は、ブログにて名前こそ出さなかったものの、「(冒頭のSEが原因で)少しも楽しめないまま終了してしまった」等の不快な気持ちと詳細を綴り、ファン以外にも内容が拡散。

 その結果、一部ネットユーザーから「不謹慎だ」と批判が殺到したという。

「メンバーの2人はまだ10代ですし、『生ハムと焼うどん』は芸能事務所にも所属していないセルフプロデュースユニットです。おそらく今回の演出に関しては、尖った表現を試みただけで、彼女たちに差別的な思想や悪気はなかったと思われます。しかし最近は沖縄機動隊員による不適切発言などで世間がナーバスになっているため、ここまで炎上してしまったのでしょう」(アイドルライター)

 また、寸劇を交えながらライブを展開していくことで知られる彼女たちだが、この日はさらにアイドルグループ「でんぱ組.inc」のルックスに対しても「ブス」という言葉を連呼したことで、同グループのファンからも怒りを買っているという。

 はたして「生ハムと焼うどん」は、それらの批判を物ともせず、今後も過激なパフォーマンスの道を突き進んでいくのだろうか。

(森嶋時生)

筧美和子のHカップを5回も鷲掴み!鈴木紗理奈の荒業に「羨ましすぎる」の声

筧美和子のHカップを5回も鷲掴み!鈴木紗理奈の荒業に「羨ましすぎる」の声

写真拡大

 芸能界の至宝でもあるHカップバストが5回も揉まれた! そんなシーンが男性視聴者の間で話題になっている。10月27日放送の「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ系)には新旧のバラドルが出演。ここで「今が旬」チームに参加した筧美和子の爆裂バストが、視聴者の見守る前で公開モミモミされたのである。テレビ誌のライターが興奮した様子で話す。

「この日は『女だらけのモジモジくん』と題して、出演者全員がおなじみの全身タイツで出演。黒タイツ姿の筧は自慢のバストがくっきりと浮き出し、それだけで男性視聴者は大興奮でした。ここで鈴木紗理奈とのゲーム対決となり、鈴木が筧のバストをちょんと突ついて牽制。筧が『パイはちょっと‥‥』と言いつつ、胸を両手で隠したシーンですでに辛抱たまらん感じでしたね」

 そしてクライマックスは、ワサビ入りの激辛ケーキを食べさせられるロシアンルーレットの直後にやってきた。

「筧は運悪く激辛のケーキを口にして悶絶。それでもリアクションを見せようとカメラの前で頑張っていると、鈴木が横から抱きかかえるようにして、筧の右バストを鷲掴みしたのです! 呆気に取られたのか筧は無抵抗で、そのまま5回も揉まれ放題。テレビ史上に残るであろう見事な揉まれっぷりには、男性視聴者も悶絶していたに違いありません」

 事の直後には「何してんの〜!」と絶叫していた筧だが、それ以降は文句を言わず、潔さを感じさせていた。それにしても目を見張るべきは、揉まれているときに垣間見せたバストの柔らかさ。ぜひ鈴木にはその時の感触を教えてもらいたいものだ。

(金田麻有)

松本人志 坂上忍から苦言を呈されたオリラジ中田敦彦をかばう一幕

提供:リアルライブ

写真拡大

 30日放送のフジテレビ「ワイドナショー」でダウンタウンの松本人志が、大麻所持で逮捕された高樹沙耶容疑者の事件に関して、俳優の坂上忍から苦言を呈されたオリエンタルラジオの中田敦彦をかばった。

 25日、大麻所持の疑いで現行犯逮捕された元女優の高樹沙耶容疑者(本名:益戸育江)。26日放送のTBS「白熱ライブ ビビット」で中田は、7年前にとあるロケで高樹容疑者の住居へ行ったようで、「そのときから怪しいなって思っていました」とコメント。この発言に反応したのが、俳優の坂上忍。27日放送のフジテレビ「バイキング」で、坂上は「この子大丈夫なの?」とコメントし、中田の後付けコメントについて「それはないだろ!」と苦言を呈した。

 「ワイドナショー」では、高樹容疑者の事件を取り上げつつ、中田の発言もピックアップ。松本は、「7年前から怪しかったに、(坂上から)すごい怒られてるでしょ!?」と坂上の苦言に触れ、そして、「僕は8年前から怪しかったと思いますけどね」とコメント。

 ボケで後輩をかばうカタチとなったが、MCの東野幸治からは「もっと怒られます」と注意されてしまった。

広瀬すずと生田斗真が「先生!」の主演に 漫画ファンからブーイングの嵐

広瀬すずPHOTO BOOK 『17才のすずぼん。』より

写真拡大

 まるでベルトコンベアーの流れ作業のように次から次へと……。10月27日、広瀬すず(18)と生田斗真(32)がW主演を果たす映画『先生!』の制作および2017年秋の公開予定が発表された。“人気恋愛漫画の実写映画化作品”への出演が続く広瀬すずを中心に、漫画ファンの間で「お腹いっぱい」などとブーイングの嵐だ。

■広瀬すず主演で「ミスキャスト」「お腹いっぱい」

 11月以降、漫画原作の公開予定映画は目白押し。『溺れるナイフ』や『イタズラなKiss THE MOVIE ハイスクール編』、『一週間フレンズ。』、『きょうのキラ君』、『ひるなかの流星』、『3月のライオン』などあふれんばかりだ。

 広瀬も2016年、漫画原作の実写映画『ちはやふる』シリーズ(上の句・下の句)や『四月は君の嘘』に出演。PRにも熱心で、幾度となくイベントに出席して芸能ニュースに登場した。そして今回は、『別冊マーガレット』(集英社)で1996年から2003年まで連載された人気恋愛漫画『先生!』の実写映画に出演が決定。広瀬は女子高生・島田響を演じる。

 ファンの反応はどうもイマイチ。タメ息まじりで「ミスキャスト」「お腹いっぱい」という声が続出し、先生・伊藤貢作を演じる生田にも「イメージに合わない」と非難が飛んでいる。

 ファンが納得いかない点の一つが、作り手の反省感のなさだ。近年公開された『進撃の巨人』や『テラフォーマーズ』は公開前から「ムチャだ」と非難され、あげく公開後に大爆死。広瀬が出演した『四月は君の嘘』も評価はやや低調だった。それにもかかわらず、企画時点で安易に見える漫画実写化の連発が止まらない。

「広瀬出演が決定した『先生!』は、わざわざ13年前の作品を引っ張り出して実写映画化することになります。夢もワクワクもない代わり、リスクがない安全な投資だということでしょうか。この人気漫画実写化の傾向は当分止まりそうになく、むしろ勢いが増すばかり。原作の熱心なファンほど諦めが要求されるかもしれません」(報道関係者)

 人気漫画『GANTZ』の作者・奥浩哉(49)も過去にツイッターで、「知名度がある原作とイケメンの組み合わせだけで内容はテキトーでも観に行く人達がいっぱいいるからですよ。コアなファンなんて最初から相手にされてません。儲からなかったら誰も作りません」とあられもない現実をファンに突きつけた。

 また最近は、熱心な原作ファンに心境の変化を求める声も出ている。10月26日放送のバラエティ番組『マツコ&有吉の怒り新党』(テレビ朝日系)で漫画やアニメの実写化が話題になった際、マツコ・デラックス(44)は「今、文句言う人はちょっとダサい」と意見した。

 実写化にウンザリするファンからは「もうどうせなら漫画原作は全て山崎賢人(22)と広瀬すずですれば」とヤケクソ気味の皮肉も飛ぶ人気漫画の実写化。2017年は山崎主演の『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』『斉木楠雄のΨ難』、山田涼介(23)主演の『鋼の錬金術師』などの公開も控えている。熱心なファンは我慢を強いられ、阿鼻叫喚の年となりそうだ。

文・橘カイト(たちばな・かいと)※1979年島根県生まれ。編集プロダクションを経て、フリーに。週刊誌などで芸能関係の記事を執筆。また、民俗学などにも精通し、日本のタブーにも数多く取材。主な著書に『真相!禁忌都市伝説』(ミリオン出版)ほか多数。

高島彩に「究極の勝ち組ママ」評 第2子出産後、わずか1カ月で現場復帰

まさに順風満帆?(高島彩)

写真拡大

 一昔前なら、退社・結婚した女子アナは“内助の功”に徹し、再び表舞台に出てくる人は少なかった。しかし近年、結婚後にもテレビに出まくる女子アナが増えている。特に“スピード復活”で周囲を驚かせているのが、元フジテレビのアヤパンこと高島彩(37)だ。

 6月に第2子を出産後、わずか1か月で現場復帰。10月には初の子育てエッセーとなる書籍を出版、新番組『#nakedEve』(フジテレビ系)のMCに就任した。

「2人目の出産は分娩台に上がってから30分というスピード出産で、体力的な負担も少なく、出産3日後には『仕事がしたい』と思ったんだとか。夫のゆず・北川悠仁が育児をフルサポートして、妻の職場復帰を支えている。CMなどにも引っ張りだこで芸能界究極の勝ち組ママですね」(芸能記者)

※週刊ポスト2016年11月11日号

平成ノブシコブシ吉村崇 番組のBPO審議入りに踏み込んだ発言

「会見以来初めてお会いしました」と吉村(出典:https://www.instagram.com/hnkyoshimura)

写真拡大

お笑いコンビ・平成ノブシコブシの吉村崇が、自身のインスタグラムで同期のピース2人が写る画像を投稿。来年、日本を離れる綾部を前にして「人それぞれ色んな生き方がありますね」としんみり呟いている。同期である綾部が世界へと飛び出すという事実、一方の吉村は先日自身が出演した番組が物議を醸している現実。これらに対して吉村の複雑な胸中が垣間見える。

10月9日に放送された『オール芸人お笑い謝肉祭’16秋』で吉村崇はチームリーダーに抜擢され、どのゲームでも参加者、応援団として他の芸人の先頭に立ち頑張っていた。何より彼が尊敬する石橋貴明(とんねるず)が総合MCを務め、石橋自身が「こういう番組をやろうって言ってくれるのは非常にうれしいし、楽しい」と張り切っていたのだ。吉村も並々ならぬ意気込みで挑んだであろう番組が今回、放送倫理・番組向上機構(BPO)「放送と青少年に関する委員会」の審議対象になったことは彼にとっても相当ショックだったことだろう。

10月30日の『吉村崇 hnkyoshimura Instagram』に投稿したのは、同期で来年4月から米ニューヨーク移住を発表した綾部祐二(ピース)の写真だ。シリアスな表情の綾部に「#会見以来初めてお会いしました」「#恥ずかしながら緊張致しました」との感想が添えられている。よく見ると彼の後ろにある鏡の中に、お疲れ気味の相方・又吉直樹の姿が。「クマがすごい」とフォロワーが驚いている。

今回の投稿で一番気になるのは「彼はUSAに、私はBPOに」「人それぞれ色んな生き方がありますね」との吉村のコメントだ。彼がBPOの審議対象になった件に関して踏み込むのは、ここまでが限界なのかもしれない。その思いを汲み取ったのか、ファンからは次のような声が届いている。「BPOと新聞で知りビックリです!! 家族で大爆笑して見たのに」「BPOの件は気にされなくてもいいですよ…なんと言ってもあれで沢山の人が爆笑だったのは事実!」「あれでいちいち審議入りされたんじゃあ、益々テレビがつまんない」といずれも納得がいかないという内容だ。なお同番組を放送したTBSは「審議入りを重く受け止め、今後の審議に真摯に協力する。社内調査でも独自に検証を進める」とコメントしている。

出典:https://www.instagram.com/hnkyoshimura
(TechinsightJapan編集部 みやび)