0年 0月 の投稿一覧

星野源ブレークでファンが殺到 実家のジャズ喫茶が閉店に

2度目の紅白出場を決め、主演ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)も絶好調の星野源(35)。そんな彼は、埼玉県内で育った。

「ご両親はプロミュージシャンを目指していましたが、源くんができたことで結婚して家業を継ぎました。子供時代から、家ではモダン・ジャズが流れていたそうです」(地元関係者)

最寄り駅から徒歩5分。駅前の喧騒を抜け、住宅街の一角にコンクリート打ちっぱなしの星野の実家がある。

「音楽の夢を諦められなかったんでしょう。ご両親はここで10年ほど前にジャズ喫茶を開業したのです。テーブルとカウンターで10席ちょっと。コーヒーは美味しかったけど、近所のおばちゃんがおしゃべりに行けるような店ではなく、音楽好きが集まるような場所でした」(近所の住人)

両親に、星野の子供時代の話を聞こうと実家のジャズ喫茶を訪れてみた。すると、店の入口にはこんな貼り紙が。

《10月22日を持ちまして閉店致しました。長らくのご愛顧ありがとうございました》

そして店の窓には、「無断での撮影、インスタ、他SNSの書き込みはご遠慮ください」という貼り紙も。前出の近所の住人は言う。

「昨年、星野さんが紅白に初出場して以来、ファンが押しかけてくることもあったそうです。店の常連客の迷惑になることも多く、そうしたファンへの対応に煩わしさを感じることもあったそうです」

大ブレークの思わぬ余波だった……。

Hey!Say!JUMPの中島裕翔がモテ期を明かす「一気に3人から告白」


中島裕翔と共に『僕らのごはんは明日で待ってる』完成披露試写会に登壇した新木優子

写真拡大

 Hey! Say! JUMP の中島裕翔が30日、都内で行われた主演映画『僕らのごはんは明日で待ってる』の完成披露試写会に共演の新木優子、市井昌秀監督とともに登壇。壇上で過去の恋愛に触れた中島は「一気に3人に告白されたことあります」と自身のモテキを照れくさそうに明かして会場を沸かせた。

 瀬尾まいこの小説に基づき、ひょんなことから交際することになった対照的な性格の男女が、食を通じて愛を育んでいく7年間の軌跡を描いた本作。壇上では中島、新木、監督の3人が物語に絡め、和気あいあいと恋愛トーク。

 好きな相手に対して「追いかけられるよりも追いかける側ですか?」と問われた中島は「どっちだろうな……追いかけられる方が楽かな」と自身を分析したが、これに新木が「どちらかというと告白されてばかりでしょう?」と異論を唱えると、「そうですね……一気に3人に告白されたことがあります」とモテキを告白。

 中島によればこのエピソードには裏があり、「びっくりしました。調子乗っちゃいそうでした。でも、短い間に順々に告白しにきたので仲間なんじゃないかと。競っているのかなって。いろいろ考えると怖かったです」と当時を述懐。反対に新木の方は追いかけられるより追いかけることが多いといい、「同じ人に3回告白して3回断られたことがあります」と意表をついた回答で会場をどよめかせた。

 中島はさらに、自身の甘酸っぱい初恋の思い出も披露。「覚えています。小学校のころの話。かわいかったな〜」と切り出すと、「雨の日に相合い傘をさして帰ったことがあるんです。(自分はどちらかというと)ネガティブな性格だけど、その頃は頑張りました」とうれしそうに話していた。(取材・文:名鹿祥史)

映画『僕らのごはんは明日で待ってる』は2017年1月7日より全国公開

蒼井優の酒豪ぶりを石崎ひゅーいが暴露「一升瓶が7本くらい」

映画「アズミ・ハルコは行方不明」の公開記念イベントでトークショーを行った石崎ひゅーいと蒼井優

写真拡大

 女優の蒼井優(31)が30日、都内で行われた主演映画「アズミ・ハルコは行方不明」(12月3日公開)の公開記念イベントでトークショーを行った。

 映画の単独主演は「百万円と苦虫女」(08年)以来で、「20代までは主演を背負うのはあんまりやりたくないなと思っていたけど、30歳になって初めてのオファーだったので、主演とか助演とかにこだわらず、映画を作りたいと思って引き受けました」と笑顔。トークショーには松居大悟監督(31)や、一部週刊誌で蒼井との熱愛が報じられた石崎ひゅーい(32)ら共演者も登壇。石崎は「蒼井優ってストイックで怖いイメージだった。監督には“怒られたら絶対に守ってくれ”と言っていた」と告白。一方、撮影を振り返り「優ちゃんはキャリアもあるし、やりやすい雰囲気を作ってくれた。酒豪で、撮影の最初のほうに(ロケ先の)ホテルで出演陣が集まって部屋飲みをした時、優ちゃんの部屋に一升瓶が7本くらいあって場末のスナックみたいで、安心して入っていけた」と感謝した。

 蒼井も石崎に対し「自分の世界がある怖い人と思っていたら、台本読みの時に“嘘でしょ”っていうくらい声が出てなかった」と笑って明かした。共演陣は仲が良く、「いまだにみんなで集まってご飯を食べます」と話した。

 イベントでは、人気バンド「チャットモンチー」がライブを行い、主題歌「消えない星」などを熱唱。「バスロマンス」では、蒼井がピアノの伴奏を披露。演奏が終わると、「人生で一番緊張した」と笑顔を見せた。

ドラマ「ドクターX」監修医の森田豊氏 フジテレビの医療番組に疑義呈す


森田医師

 人気ドラマ「ドクターX」(テレビ朝日系)の監修を務める医師で医療ジャーナリストの森田豊氏が「週刊文春」の取材に応じ、フジテレビ系の医療情報バラエティ「その原因、Xにあり!」の内容に疑義を呈した。

 この番組は肩こりや冷え性などの身近な「健康に関するお悩み」への対処法を紹介するもの。たとえば、10月28日の放送では「ぽっこりお腹」を取り上げている。この症状の原因は水分を含んだ「むくみ腸」にあるとし、解決策として生姜とココアを混ぜたドリンクを紹介。実際に歌手の石井明美らが3週間、朝晩一杯ずつ飲み続けると腹囲が約10センチも細くなったとしている。

 これに対し、森田氏は次のように批判する。

「実際のぽっこりお腹は内臓脂肪や皮下脂肪が溜まった人、つまり肥満の人に多いのではないでしょうか。生姜ココアを飲み続けても劇的な効果が生まれるとは考えにくい。ドリンクを飲むことに対し、『仮に効果がなくても害がないならいいじゃないか』という意見もあると思いますが、実際にその症状で苦しんでいる人が番組を真に受け、独自の解決法に身を委ねるのは決していい事ではないはずです」

 フジテレビ企業広報部はこう回答した。

「本番組は、複数の専門家の監修のもと、細心の注意をはらいながら番組制作に努めております」

 森田氏による批判の詳細は12月1日(木)発売の「週刊文春」が報じる。

このスクープ記事の詳細はニコニコチャンネルの
「週刊文春デジタル」で12月1日午前5時より全文公開します。
→ 今すぐ入会!

「週刊文春」編集部

人気声優・入野自由が2017年からの休業を発表「海外留学のため」

休業を発表した入野自由(写真は2013年のもの) (C)ORICON NewS inc.

写真拡大

 アニメ映画『聲の形』の石田将也役などで知られる人気声優の入野自由(28)が30日、自身の公式ブログを更新。来年1月のソロライブ以降の休業を発表した。

■入野自由のプロフィール

 ブログで「入野自由からお知らせです」と切り出した入野は「2017年1月のソロライブが終わったあと、暫くの間お休みをさせて頂きます!! 前々から考えていた海外留学のためです」と休業の理由を明かした。

 続けて「数年前から海外での生活やエンターテイメントというものに興味が出てきていました。それに触れることで自分に足りないもの、求めているものがハッキリとしたし触れれば触れるほどその想いが強くなったからです」と胸中を告白。

 さらに「言語も芝居も、知らないことをもっと知りたい。もはや行かないという選択肢はなかったのです。行くなら早いうちに行かねば! ってことで。相談に相談を重ね、この時期に行くしかない! という結論に至ったわけです」と強い思いをつづっている。

 今後については「とにかく言えることは、、、今の活動、これからの活動のための『旅』であるという事。皆さんが思っているより早く戻ってくると思いますし。サッと行って、サッと帰ってきます。安心してください」とファンに呼びかけ、「この場を借りて、留学にあたり背中を押してくれた仲間達、サポートしてくれた関係者各位そしてファンの皆様に感謝!! ありがとうございます!!」と感謝の言葉で締めくくった。

 入野は『聲の形』の石田将也役のほか、『おそ松さん』のトド松役、『千と千尋の神隠し』のハク役などで知られている。

土屋アンナが最近の運動会事情に不満「見ていて全然面白くない」

土屋アンナが最近の運動会事情に怒り「見ていて全然面白くない」

写真拡大

29日深夜放送の「チマタの噺」(テレビ東京系)で、土屋アンナが、現在の運動会への不満を語った。

番組では、土屋がゲストとして出演し、プライベート事情や子どもたちが通う学校教育の現状について笑福亭鶴瓶とトークした。

この中で土屋は、「学校も騎馬戦がなくなったりで、私すっごい怒ってるんですよ」と憤りをぶちまける。なんでも学校の運動会が、自分たちの時代から大きく変わってしまったことが不満なのだとか。

運動会から騎馬戦が消えた理由は「落ちてケガしたから」とのことらしい。これに鶴瓶は「そんなものみんなする」と納得がいかない様子を見せ、土屋も「だったら、家で牛乳飲ませてすごい体力をつけさせるか、出さないかにしなさいって思うんだけど」と持論を展開していた。

土屋によると、最近の運動会はなんでも禁止にするそうで、徒競走では順位をつけないのだという。これに土屋は「あれはないと思う!ちゃんとやった方がいい」「(子どもたちは)できないから、悔しいから頑張る」と、順位の意義を主張する。

さらに、土屋は保護者目線で、「(運動会が)見ていて全然面白くないんですよ」とも語る。その大きな理由は「負けん気っていうのがない!」ということらしい。土屋が「(小学校)高学年の子たちが玉入れとかしちゃってる。ダメ!」と力強く語ると、スタジオに笑い声が響いたのだった。

【関連記事】 
土屋アンナがママ友とのケンカを告白「いい加減にしろ」
土屋アンナが裁判騒動について聞かれて困惑「何を言えばいいんだ」
土屋アンナがカメラマンにブチギレ 笑っているのに「ちゃんと笑って!」と指示され

ドラマ「ドクターX」監修医の森田豊氏 フジテレビの医療番組に疑義呈す


森田医師

 人気ドラマ「ドクターX」(テレビ朝日系)の監修を務める医師で医療ジャーナリストの森田豊氏が「週刊文春」の取材に応じ、フジテレビ系の医療情報バラエティ「その原因、Xにあり!」の内容に疑義を呈した。

 この番組は肩こりや冷え性などの身近な「健康に関するお悩み」への対処法を紹介するもの。たとえば、10月28日の放送では「ぽっこりお腹」を取り上げている。この症状の原因は水分を含んだ「むくみ腸」にあるとし、解決策として生姜とココアを混ぜたドリンクを紹介。実際に歌手の石井明美らが3週間、朝晩一杯ずつ飲み続けると腹囲が約10センチも細くなったとしている。

 これに対し、森田氏は次のように批判する。

「実際のぽっこりお腹は内臓脂肪や皮下脂肪が溜まった人、つまり肥満の人に多いのではないでしょうか。生姜ココアを飲み続けても劇的な効果が生まれるとは考えにくい。ドリンクを飲むことに対し、『仮に効果がなくても害がないならいいじゃないか』という意見もあると思いますが、実際にその症状で苦しんでいる人が番組を真に受け、独自の解決法に身を委ねるのは決していい事ではないはずです」

 フジテレビ企業広報部はこう回答した。

「本番組は、複数の専門家の監修のもと、細心の注意をはらいながら番組制作に努めております」

 森田氏による批判の詳細は12月1日(木)発売の「週刊文春」が報じる。

このスクープ記事の詳細はニコニコチャンネルの
「週刊文春デジタル」で12月1日午前5時より全文公開します。
→ 今すぐ入会!

「週刊文春」編集部

ASKA容疑者が語った謎の組織「ギフハフ」 専門家がバッサリ

ASKA容疑者

写真拡大

 歌手・ASKA容疑者(本名・宮崎重明=58)の逮捕劇で注目を集めているのが「ギフハフ」なる謎の言葉だ。日本テレビ系情報番組「情報ライブ ミヤネ屋」は29日、芸能ジャーナリスト・井上公造氏(59)の生電話に出た同容疑者の肉声を放送した。その中で、ASKA容疑者は覚醒剤使用を全面否定した上で、こう持論を展開し、あぜんとさせた。

「ギフハフっていう組織があるんですけど、そこが今、AR(拡張現実)で、僕のいるところを映したりして。ぼくのケータイにもそのアプリが埋め込まれていたんですよ!」

 この組織が盗聴、盗撮しているとの主張だが、通話する宮根誠司アナ(53)は困惑するばかり。 一方、ネット上では「ASKAは組織の真実に近づきすぎたんだよ」「それ以上追及するな、危ないぞ」と悪ふざけする書き込みで大盛り上がりとなった。アップストアには似た名前の「GifHub」なる画像シェアアプリがあり「これを指しているのでは?」などとも取りざたされたが、もちろん関係はない。

 ITジャーナリストの井上トシユキ氏(51)は「薬物中毒者の典型的な症状ですね。昔から『後をつけられている』『衛星から監視されている』など“監視されている”系はあるんです。テクノロジーの発達に伴って『スマホに盗聴用ウイルスが仕込まれている』と時代に即したものになったのでしょう。完全に妄想ですね」とバッサリ。

 井上氏によると、確かに技術的にはスマホを盗聴することは可能だという。だが「手間暇かけて盗聴するメリットがない」と一笑に付した。

 今月25日には他人のスマホを遠隔操作して通話履歴などを監視する目的でソフトを入手したとして、京都府警が不正指令電磁的記録取得の疑いで会社員(45)を逮捕したばかり。もしかして、ASKA容疑者はこのニュースをヒントにした?

ドラマ「ドクターX」監修医の森田豊氏 フジテレビの医療番組に疑義呈す


森田医師

 人気ドラマ「ドクターX」(テレビ朝日系)の監修を務める医師で医療ジャーナリストの森田豊氏が「週刊文春」の取材に応じ、フジテレビ系の医療情報バラエティ「その原因、Xにあり!」の内容に疑義を呈した。

 この番組は肩こりや冷え性などの身近な「健康に関するお悩み」への対処法を紹介するもの。たとえば、10月28日の放送では「ぽっこりお腹」を取り上げている。この症状の原因は水分を含んだ「むくみ腸」にあるとし、解決策として生姜とココアを混ぜたドリンクを紹介。実際に歌手の石井明美らが3週間、朝晩一杯ずつ飲み続けると腹囲が約10センチも細くなったとしている。

 これに対し、森田氏は次のように批判する。

「実際のぽっこりお腹は内臓脂肪や皮下脂肪が溜まった人、つまり肥満の人に多いのではないでしょうか。生姜ココアを飲み続けても劇的な効果が生まれるとは考えにくい。ドリンクを飲むことに対し、『仮に効果がなくても害がないならいいじゃないか』という意見もあると思いますが、実際にその症状で苦しんでいる人が番組を真に受け、独自の解決法に身を委ねるのは決していい事ではないはずです」

 フジテレビ企業広報部はこう回答した。

「本番組は、複数の専門家の監修のもと、細心の注意をはらいながら番組制作に努めております」

 森田氏による批判の詳細は12月1日(木)発売の「週刊文春」が報じる。

このスクープ記事の詳細はニコニコチャンネルの
「週刊文春デジタル」で12月1日午前5時より全文公開します。
→ 今すぐ入会!

「週刊文春」編集部

井上公造氏 執行猶予がつく日本の考えに持論

 28日に覚せい剤取締法違反(使用)容疑で逮捕された歌手のASKA容疑者(58)が30日、湾岸署から東京地検に送検された。「誰かに盗聴・盗撮されている」と主張し、一貫して「やっていない」と否認したままだというASKA容疑者について、芸能リポーター・井上公造氏(59)が分析した。

「(盗聴・盗撮のことを)最初聞いた時には『なんじゃそら』っていう感じでしたよ。けど、ずっとその話を聞かされていると『そういうこともあるのかな?』っていう気持ちになってきたことも…。UFOを見たってずっと話されたら、『本当にこの人UFO見たのかな?』って思い始めてくるのに似ています。

話しているときは、本当に“普通”なんです。ほとんどの間普通。時々多少テンション高めですが、そういう人っていますからね。そしてまったく話はぶれない。1月に話した1回だけ、まったくろれつが回らない時はありました。その時は睡眠薬を飲んだっていう話で。夕方16時くらいだったんですが、普通の人は(睡眠薬を)飲まない時間だけど、ものづくりをする人って昼夜逆転だし(そういうこともあるのかなと)。

(そもそも)覚せい剤をやっている人が、自分から(警察に)通報するって思わないでしょ?尿検査で陽性反応が出ていて、間違いなく実際に使用しているんだけれど、本人に『使用した』っていう意識がないかもしれない。うそをついても、うそをついた認識がない人が世の中にいる。それがものすごくエスカレートしている可能性がある」

 そして井上氏は、初犯だと多くの場合、執行猶予がつく日本の考え方にも言及。

「今、こんなに覚せい剤が手に入りやすい状況になってきたら、法律そのものを変えないと無理だと思うんです。初犯だとほとんどの場合執行猶予がつく。それってものすごい“性善説”なんですよね。

アメリカなんかでは、すぐに更生する施設に強制入院させる。メジャーリーガーでも捕まって更生施設で薬抜きができたら、メジャーリーグに戻る。日本の場合、(社会に戻っても)仕事がない、それでヤケになって最終的に薬に戻るケースも多い。(執行猶予中に再逮捕となったASKAについては)寂しいというか……、だって、自分が喋った数時間後に逮捕されるんですよ……」

 直接話したからこそ、無念さも大きい井上氏。顔を歪めた。

(c)AbemaTV

『芸能(秘)チャンネル』は毎週月〜金曜日 17:00〜18:00「AbemaSPECIAL」チャンネルにて放送中