0年 0月 の投稿一覧

紅白歌合戦 武田真一アナがゴジラ襲来で突如「PPAP」を披露

ゴジラ襲来で“緊迫”の実況をした武田真一アナウンサー (C)ORICON NewS inc.

写真拡大

■『第67回NHK紅白歌合戦』(31日、NHKホール)
 スペシャル企画では今年大ヒットを記録した映画『シン・ゴジラ』とのコラボが実現。この日会場のNHKホールに“襲来”したというゴジラの動向を司会の武田真一アナが緊迫感あふれる本格的な現場実況で盛り上げた。

【フォトギャラリー】欅坂46や星野源の“恋ダンス”など…リハーサルの模様

 企画では映画でゴジラ対策の指揮をとる矢口蘭堂役・長谷川博己ら「巨大不明生物特設災害対策本部(=巨災対)」のメンバーが映像で登場し、“政府発表”を行うなど新たな映像も流された。

 会場を襲うゴジラの撃退には「良質な音楽」の力が必要。そこでピコ太郎と共に武田アナも突如「PPAP」のダンスを披露する展開に。それでも撃退するには至らず、続けてX JAPANの「紅」が演奏されると、映画と同様にゴジラの活動が“停止”。見事危機を回避してみせたのだった。

ピコ太郎 紅白歌合戦で新曲を披露も途中でニュースに切り替わる

『紅白HALFTIME SHOW』に登場したピコ太郎 (C)ORICON NewS inc.

写真拡大

■『第67回紅白歌合戦』(31日、東京・渋谷 NHKホール)

【写真】『紅白HALFTIME SHOW』には渡辺直美も

 「ペンパイナッポーアッポーペン」(PPAP)が世界中で大人気の千葉県出身シンガー・ソングライター「ピコ太郎」が、前半終了時に行われた企画コーナー『紅白HALFTIME SHOW』に登場。紅白初の試みとなった同コーナーで、伸び伸びと「PPAP」を歌い上げた。

 同コーナーのMCを務めた嵐の二宮和也、白組司会の相葉雅紀、紅組司会の有村架純、渡辺直美と5人で同曲を熱唱したピコ太郎。「PPAP」に続いて、気分良く新曲「ポンポコリンポンペン」も披露しようとしたが、歌いきる前に時間切れとなってしまい、曲の途中でニュースに切り替わってしまった。

 ピコ太郎の前に登場した渡辺は、ビヨンセの楽曲に乗せて全力のダンスパフォーマンスを披露。審査員席へとなだれ込んむと、プロ野球・日本ハムの大谷翔平選手をダンスで誘惑し、新垣結衣の目の前で「恋ダンス」の振り付けを見せつけるなど、大暴れだった。

 出演後には、ネットでライブ配信されている「紅白楽屋トーク」で共演したピコ太郎と渡辺。互いに「ちょっと緊張した」と怒とうのステージを振り返った。幻の新作については「悪いクセがあって、打ち合わせと同じことをしたくなくなちゃって…」と別の案が存在していたことを明かした。

 具体的な歌詞については「本当は『I have a pen』『I have a 紅』ウーン“紅pen”っていうのがあって、それを白でもやろうと思っていました」と紅白にちなんだバージョンにする予定であったと説明。番組中には、オリエンタルラジオの中田敦彦とのにらみ合いシーンが放映されているが「私はケンカとかしたくないですけど、グッとくるタイプにはグッと押したいですので」と闘志を燃やしていた。

水森かおりが5年連続の巨大衣装を披露「最高の景色でした」

 NHK紅白歌合戦が31日に行われ、14年連続出場の水森かおり(43)は5年連続となる巨大衣装を披露。電動で伸縮する高さ6メートル、横9メートルに広がる純白のロングドレスで歌唱曲「越後水原〜白鳥飛翔〜」を熱唱した。

 無事にステージを終え、「歓声がよく聞こえました。(巨大衣装からの景色は)最高の景色でした」と満足そうだった。

AKB48の紅白選抜 NMB48の山本彩が視聴者投票1位でセンターに

AKB48紅白選抜センターに輝いた山本彩 (C)ORICON NewS inc.

写真拡大

■『第67回NHK紅白歌合戦』(31日、NHKホール)
 9回目の出場となったAKB48が、視聴者投票で選ばれた“紅白選抜”48人で「夢の紅白選抜SPメドレー」をぶっつけ本番でパフォーマンスした。ステージ上で上位16人が発表され、1位に輝いたNMB48の山本彩は涙ぐみながら感激し、センターを務めた。

【リハの模様】指原が仮でセンターに! こじはる、ぱるるらも登場

 ステージに立ったのは、AKB48、SKE48、NMB48、HKT48、NGT48の国内5グループ総勢342人のうち、視聴者投票で選ばれた上位48人のみ。メドレー1曲目で「RIVER」を披露すると、「フライングゲット」のイントロとともに投票結果の上位16人がLEDモニターで次々と発表されていき、1位には山本彩が輝いた。

 メンバーもこの場で初めて順位を知ったため、上位16人は順位別に決められたそれぞれのポジションにつき、まさに“ぶっつけ本番”で「君はメロディー」をパフォーマンス。46万856票が投じられた企画で1位となった山本は口元を抑え、涙をぬぐって感激した。

 メンバーから口々に「おめでとう」と祝福されるなか、センターに立ち、ソロを取った山本は興奮冷めやらぬ様子。「一気に緊張が来たので震えが止まらないんですが…ありがとうございました」と感謝した。

 出場者を投票で決める紅白初の同企画は、12月8日〜28日まで投票を受け付け、29日夜の事前番組で“紅白選抜”48人の顔ぶれを発表。AKB48は午後9時以降の出演となるため、中学3年生のHKT48田中美久(15)、矢吹奈子(15)の2人が10番目に出演する天童よしみの応援に回り、49・50位のSKE48北川綾巴(18)と惣田紗莉渚(23)が繰り上がりで出場した。

 繰り上げ2人を含む上位50人は以下のとおり。

1位 山本彩(NMB48)4万1190票
2位 指原莉乃(HKT48)3万4247票
3位 島崎遥香(AKB48)1万9002票
4位 渡辺麻友(AKB48)1万5473票
5位 宮脇咲良(HKT48兼AKB48)1万1552票
6位 吉田朱里(NMB48)1万1101票
7位 小嶋陽菜(AKB48)1万957票
8位 横山由依(AKB48)9758票
9位 柏木由紀(AKB48)9220票
10位 市川美織(NMB48)8624票
11位 松井珠理奈(SKE48)8541票
12位 大家志津香(AKB48)8110票
13位 須田亜香里(SKE48)5954票
14位 北原里英(NGT48)5870票
15位 白間美瑠(NMB48)5659票
16位 峯岸みなみ(AKB48)5408票
17位 矢吹奈子(HKT48兼AKB48)5089票 ※中学生のため歌唱できず
18位 木下百花(NMB48)4819票
19位 高柳明音(SKE48)4813票
20位 朝長美桜(HKT48兼AKB48)4542票
21位 薮下柊(NMB48)4415票
22位 向井地美音(AKB48)4336票
23位 木崎ゆりあ(AKB48)4233票
24位 入山杏奈(AKB48)4230票
25位 小嶋真子(AKB48)4202票
26位 渋谷凪咲(NMB48兼AKB48)4075票
27位 上西恵(NMB48)3899票
28位 太田夢莉(NMB48)3762票
29位 兒玉遥(HKT48兼AKB48)3734票
30位 村山彩希(AKB48)3720票
31位 田島芽瑠(HKT48)3678票
32位 岡田奈々(AKB48)3668票
33位 中井りか(NGT48)3626票
34位 須藤凜々花(NMB48)3471票
35位 松岡はな(HKT48)3347票
36位 大和田南那(AKB48)3307票
37位 松村香織(SKE48)3221票
38位 川本紗矢(AKB48)3156票
39位 加藤美南(NGT48)3148票
40位 古畑奈和(SKE48)3117票
41位 矢倉楓子(NMB48)3055票
42位 加藤玲奈(AKB48)3036票
43位 武藤十夢(AKB48)3019票
44位 大場美奈(SKE48)2860票
45位 田中美久(HKT48)2798票 ※中学生のため歌唱できず
46位 森保まどか(HKT48)2796票
47位 本村碧唯(HKT48)2709票
48位 松岡菜摘(HKT48)2652票
49位 北川綾巴(SKE48)2648票 ※矢吹奈子の繰り上げ
50位 惣田紗莉渚(SKE48)2539票 ※田中美久の繰り上げ

「笑ってはいけない」で斎藤工がサプライズゲスト まさかのキャラを熱演

斎藤工

写真拡大

12月31日放送の「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!大晦日年越しスペシャル!『絶対に笑ってはいけない科学博士24時!』」(日本テレビ系)に俳優の斎藤工がサプライズ出演。セクシー所長として絶叫するまさかのキャラを熱演して見せた。

番組には科学研究所の所長に扮したピン芸人・サンシャイン池崎が登場。池崎は持ち前のハイテンション芸を繰り出したあと、「セクシー増強装置」なるもので変身。煙の中から登場したのが、なんと普段はセクシー俳優として誉れ高い斎藤工だったのだ。

池崎と同様に短パン、ノースリーブ、ハチマキ姿の”サンシャイン斎藤”は目を見開き、「空前絶後のぉ!超絶怒涛のセクシー俳優!」「セクシーを愛しセクシーに愛された男ぉ‼」「サンシャイン斎藤!」などと、池崎顔負けの絶叫芸を繰り出し、これにはガキ使メンバーの5人も笑いをこらえることはできなかった。

【関連記事】
「ガキの使い」大晦日スペシャル 遠藤章造が新妻のサプライズ出演に絶句
田中直樹「ガキ使」収録終わりの「ZIP!」スタッフの気遣いに感動 椅子の上に座布団
堀北真希が「笑ってはいけないシリーズ」の刺客に登場 松本人志の愛妻家ぶりを暴露

「ハロー!プロジェクト」新リーダー アンジュルムの和田彩花が就任

ハロー!プロジェクトの新リーダーに就任し涙したアンジュルムの和田彩花(右から2番目)

写真拡大

 アイドルユニット「ハロー!プロジェクト」の2017年からの新リーダーにアンジュルムの和田彩花(22)、ハロプロ初のサブリーダーとしてモーニング娘。’16の譜久村聖(20)が就任することが12月31日、東京・中野サンプラザで開催された年越しライブ『Hello!Project COUNTDOWN PARTY 2016 〜 GOOD BYE & HELLO!〜』で発表された。

 ハロプロ所属のグループが一堂に会する年越しライブは2013年末に初開催以来、毎年の恒例行事に。2015年末はモー娘。’15の中心的存在だった鞘師里保(18)のラストライブとなったが、4回目となる今年はハロプロの歴史の1ページを更新する公演となった。

 Juice=Juice、つばきファクトリー、こぶしファクトリー、カントリー・ガールズら4組のライブを終えて休憩時間を挟んだ直後、OGの藤本美貴が登場。ファンが騒然とするなか、代表曲「ロマンティック 浮かれモード」を熱唱して会場を熱気に包んだ。

 その後、来年6月の解散を表明している℃-uteのリーダーでハロプロの現リーダー、矢島舞美から「新リーダーを決めたんです」とサプライズ発表。サブリーダーに譜久村、リーダーに和田を任命した。

相葉雅紀 ピコ太郎にダメ出し「まだいくの、もういいよ」

 大みそかの「第67回NHK紅白歌合戦」(後7・15)で謎の中年歌手、ピコ太郎(53)が前半終了時のハーフタイムショーで女芸人、渡辺直美(29)と共演。デビュー曲「ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)」を歌い、米歌姫、ビヨンセ(35)に扮した渡辺がセクシー乱舞で盛り上げた。

 ピコ太郎のパフォーマンスで進行が遅れ、司会の嵐・相葉雅紀(34)から「まだいくの、もういいよ」とだめだしされる始末。相葉が「まじで終わりもう終わり、ニュース挟んで9時からですよ」と話すと、ニュースに切り替わった。

 渡辺はビヨンセの代表曲「crazy in love」で切れのあるダンスを披露。審査員を務める日本ハム・大谷翔平投手(22)に迫り、苦笑いを誘った。

「ダウンタウンとしゃべるな」ヒロミの尖っていた若手時代を暴露

ヒロミ

写真拡大

12月31日放送の「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!大晦日年越しスペシャル!『絶対に笑ってはいけない科学博士24時!』」(日本テレビ系)にヒロミが出演。B21スペシャルのメンバーふたりに、若手時代に「ダウンタウンとしゃべるな」と言明していたことを暴露された。

番組では閉じ込められた松本人志を救出するため、プレイヤーゲストとしてヒロミが登場した。捕まったら罰ゲームが食らわせる鬼に追いかけられながら、松本の閉じ込められた檻のカギを捜索する中、ヒロミが「積年の恨み」と書かれた鬼に捕まってしまう。

そこで登場したのが、B21スペシャルのデビット伊東とミスターちん。伊東は「デビュー当時、ダウンタウンとウンナンとは絶対しゃべるなっていったよな?」「それなのに自分はこそこそしゃべって、今は仲良く番組を一緒にやって!」といい、ヒロミの頭にハリセン一閃。

この暴露にはガキ使メンバーも爆笑。ヒロミは暴露について事実と認め、「でも俺は結構若いころから一緒に遊んでたのよ」と話し、浜田雅功も「そんなん言いながらうち来たりして」と過去を振り返っていた。

【関連記事】
田中直樹「ガキ使」収録終わりの「ZIP!」スタッフの気遣いに感動 椅子の上に座布団
堀北真希が「笑ってはいけないシリーズ」の刺客に登場 松本人志の愛妻家ぶりを暴露
中居正広が「笑ってはいけないシリーズ」に初登場 オカリナにキスされる事態

オリエンタルラジオ中田敦彦 紅白歌合戦でピコ太郎と和解ハグ

RADIO FISHのステージは「天下人」をイメージ(C)ORICON NewS inc.

写真拡大

■『第67回NHK紅白歌合戦』(31日、NHKホール)
 オリエンタルラジオ率いるダンス&ボーカルユニット・RADIO FISHが初出場を果たした。中田敦彦が「ネオ秀吉」がテーマの金ピカ衣装に身を包み、一般オーディションから選出した40人のダンサーたちとともに日本中を席捲した「PERFECT HUMAN」を披露した。

【写真】巨大なあっちゃんも出現 ド派手なステージを披露

 同じく今年のブレークしたピコ太郎と番組序盤から睨み合うなど“バチバチムード”を演出していた2組。大歓声のなかパフォーマンスを終えると、ピコ太郎が「いや〜素晴らしい、感動した」と歩み寄り、中田とステージ上で“ハグ”。これには白組司会の嵐・相葉雅紀も「よかった〜、歴史的和解ですね」と笑顔で安堵していた。

土屋太鳳、紅白歌合戦で圧巻のダンスを披露 ネットで絶賛の声

土屋太鳳(右)と全力パフォーマンスを披露した郷ひろみ (C)ORICON NewS inc.

写真拡大

■『第67回紅白歌合戦』(31日、東京・渋谷 NHKホール)
 女優の土屋太鳳(21)が、「言えないよ」を歌う郷ひろみ(61)のステージにダンスで参加。日本女子体育大学で舞踊を専攻し、身体能力に定評がある土屋が、裸足で圧巻のダンスを披露した。

【写真】妖艶なダンスをみせた土屋太鳳 郷ひろみと熱い抱擁も

 曲紹介の際には「ずっとダンスも頑張ってきたので、(郷と)ご一緒できてよかったです」と紅白への出演を喜んでいた土屋。最後は郷と強く抱き合う場面もあり、ステージが成功したうれしさからか、一度離れてから郷と目を合わせてもう一度ハグ。SNSでは、しなやかかつ躍動感のあるダンスに「土屋太鳳の踊りすごいな」「郷ひろみさんの歌と土屋太鳳さんのダンスで泣いてしまった」「土屋太鳳のパワーすごい」など絶賛の声が上がっていた。

 土屋の“入魂ダンス”は、リハーサルの段階から全力で取り組む姿が取材した記者の間でも話題になり、音合わせを終えた郷も「やる気のある、なしで人生変わってくるんだな、太鳳ちゃんを見ているとひしひしと感じるものがあって、僕自身、今回のコラボでたくさんのことを学んだ気がします」と話していた。