0年 0月 の投稿一覧

とにかく明るい安村が記者の直撃への対応を後悔 ギャグへのフリをスルー

とにかく明るい安村

写真拡大

31日放送の「バイキング」(フジテレビ系)で、とにかく明るい安村が自身の不倫報道を振り返り、週刊誌記者の直撃を受けた際の対応を後悔した。

番組では、昨年から相次ぐ不倫疑惑報道の過剰ぶりを取り上げ、スタジオでは坂上忍から「自らも不倫を体験し、糞味噌に叩かれた不倫専門家の最近とにかく明るくない安村さん」との紹介を受け、安村がゲスト出演。

昨年3月、知人女性とホテルから出てきたところを記者を直撃された安村。当時の受け答えについて後悔しているようで、記者は「パンツ、履いてましたか?」と聞き、暗に自身の持ちギャグ「安心してください。履いてますよ」を求めていたという。ところが安村はパニックになっていたため、ひたすら否定するのみ。動画に映る自分に対して「なんで言わねえんだよ!」と悔しさをにじませた。

実は当時、エレベーターで降りてきた際にはすでにホテルロビーに記者はいたそうで「(安村が)来た来た!来た来た!」との声も聞こえていたとか。今にしてみれば、そこから直撃を受ける数十秒の間に服を脱いでパンツ一枚となっていれば「ちょっとは(状況が)変わっていたのかな」とこぼすと、小籔一豊がすかさず「変わるか!」とツッコみ、スタジオで笑いが起きていた。

EXILE世界と佐藤大樹ら7人 新ユニット「FANTASTICS」を結成

EXILEのパフォーマー(左から)世界、佐藤大樹が新ユニット「FANTASTICS」を結成

写真拡大

 人気グループ・EXILEのパフォーマーのEXILE世界と佐藤大樹が、新ユニット「FANTASTICS」を結成することが31日、明らかになった。2人のほかLDHグループのスクールの育成生徒から選ばれた精鋭5人のパフォーマーからなる、ボーカルのいない7人組ダンスパフォーマーグループとなる。

【写真】黒スーツでビシっとキメるEXILEの世界

 2018年の再結集に向け、個々のスキルアップを掲げているEXILEの中でも、2014年に加入した世界と佐藤は、これまで幾度となくリーダーのHIROと話し合いを重ねてきた。2人の「パフォーマーとしてもっともっと活躍したいし、世の中にEXILEの良さを伝えていきたい」という熱い思いを感じたHIROは、同時にスクールで次世代の活躍を夢見る生徒たちに「(夢に挑戦する)場所を提供したい」と考えており、その思いが「FANTASTICS」結成に至った。

 新たに加わった5人は、かつて佐藤とともに同じレッスンで汗を流していた旧知の仲で、世界もスクールのインストラクターとしてダンスを教えていた間柄。ダンスの実力は折り紙付きで、本場ニューヨークで開催されたエンターテインメント・ショー「HOUSE OF EXILE 2016」にも出演しており、パワーあふれるパフォーマンスで現地の観客からも大歓声を浴びていた。

 ユニットは、LDHアーティストのデビューへの登竜門となっている「武者修行」を2月から行うことも決定。バス一台で全国各地を行脚し、実力の向上はもちろんのこと人間性も鍛える。HIROは「夢を諦めずに頑張っていれば色んなチャンスがあるんだということをこのユニットで証明してほしい」と期待を寄せている。

EXILE世界と佐藤大樹ら7人 新ユニット「FANTASTICS」を結成

EXILEのパフォーマー(左から)世界、佐藤大樹が新ユニット「FANTASTICS」を結成

写真拡大

 人気グループ・EXILEのパフォーマーのEXILE世界と佐藤大樹が、新ユニット「FANTASTICS」を結成することが31日、明らかになった。2人のほかLDHグループのスクールの育成生徒から選ばれた精鋭5人のパフォーマーからなる、ボーカルのいない7人組ダンスパフォーマーグループとなる。

【写真】黒スーツでビシっとキメるEXILEの世界

 2018年の再結集に向け、個々のスキルアップを掲げているEXILEの中でも、2014年に加入した世界と佐藤は、これまで幾度となくリーダーのHIROと話し合いを重ねてきた。2人の「パフォーマーとしてもっともっと活躍したいし、世の中にEXILEの良さを伝えていきたい」という熱い思いを感じたHIROは、同時にスクールで次世代の活躍を夢見る生徒たちに「(夢に挑戦する)場所を提供したい」と考えており、その思いが「FANTASTICS」結成に至った。

 新たに加わった5人は、かつて佐藤とともに同じレッスンで汗を流していた旧知の仲で、世界もスクールのインストラクターとしてダンスを教えていた間柄。ダンスの実力は折り紙付きで、本場ニューヨークで開催されたエンターテインメント・ショー「HOUSE OF EXILE 2016」にも出演しており、パワーあふれるパフォーマンスで現地の観客からも大歓声を浴びていた。

 ユニットは、LDHアーティストのデビューへの登竜門となっている「武者修行」を2月から行うことも決定。バス一台で全国各地を行脚し、実力の向上はもちろんのこと人間性も鍛える。HIROは「夢を諦めずに頑張っていれば色んなチャンスがあるんだということをこのユニットで証明してほしい」と期待を寄せている。

「スマスマ」最終回の演出 元マネジャーが番組プロデューサーにクギ

 果たして、キムタク以外の元SMAPメンバー4人は独立するのか。いよいよXデーが近づいていると、周辺はにわかに騒がしくなってきた。その中でも“キーパーソン”といわれるのが、元チーフマネジャー・飯島三智氏だ。ジャニーズ事務所を退職後、SMAPとの関わりを否定し続けてきたが、そんなことはない。ウラではいろいろと動き回っていたという。

「昨年末の『スマスマ』最終回の放送内容について、飯島さんが番組プロデューサーに電話をかけてきたようなんです。どうも、ある場面が気に食わなかったらしい。『ジャニーズ事務所の言いなりになりすぎないように』とクギを刺したといいます。対応したプロデューサーは取り合わなかったみたいですが、事務所と飯島さんとの間で“板挟み”となり困っていました」(番組制作会社関係者)

 飯島氏が気に食わなかったある場面とは、フジテレビの西山喜久恵アナが視聴者からのFAXを読み上げたシーン。解散を美談仕立てにしようとする魂胆がみえみえだったが、飯島氏としてもそのような“演出”は我慢ならなかったのだろう。

■新会社の代表に就任

 もともと、解散の原因は、メリー喜多川副社長が週刊文春のインタビューの際、飯島氏を呼びつけ激しく叱責したことに端を発したといわれている。その後、ジャニーズ事務所からの独立を画策するも失敗。解散までは血みどろの争いがあったのだ。

「昨年末、飯島氏はある会社の社長に就任しています。日本のコンテンツや文化を海外に発信する事業を行う会社で、芸能界復帰への“足掛かり”にするとみられています」(週刊誌記者)

 飯島氏がジャニーズ事務所を辞めたのは昨年2月4日。もうすぐちょうど1年が経ち、表立ってマネジメントをすることができる。その時、4人が飯島氏のもとに駆けつける可能性は十分。再び大きな騒動となる日が刻一刻と近づいている。

EXILE世界と佐藤大樹ら7人 新ユニット「FANTASTICS」を結成

EXILEのパフォーマー(左から)世界、佐藤大樹が新ユニット「FANTASTICS」を結成

写真拡大

 人気グループ・EXILEのパフォーマーのEXILE世界と佐藤大樹が、新ユニット「FANTASTICS」を結成することが31日、明らかになった。2人のほかLDHグループのスクールの育成生徒から選ばれた精鋭5人のパフォーマーからなる、ボーカルのいない7人組ダンスパフォーマーグループとなる。

【写真】黒スーツでビシっとキメるEXILEの世界

 2018年の再結集に向け、個々のスキルアップを掲げているEXILEの中でも、2014年に加入した世界と佐藤は、これまで幾度となくリーダーのHIROと話し合いを重ねてきた。2人の「パフォーマーとしてもっともっと活躍したいし、世の中にEXILEの良さを伝えていきたい」という熱い思いを感じたHIROは、同時にスクールで次世代の活躍を夢見る生徒たちに「(夢に挑戦する)場所を提供したい」と考えており、その思いが「FANTASTICS」結成に至った。

 新たに加わった5人は、かつて佐藤とともに同じレッスンで汗を流していた旧知の仲で、世界もスクールのインストラクターとしてダンスを教えていた間柄。ダンスの実力は折り紙付きで、本場ニューヨークで開催されたエンターテインメント・ショー「HOUSE OF EXILE 2016」にも出演しており、パワーあふれるパフォーマンスで現地の観客からも大歓声を浴びていた。

 ユニットは、LDHアーティストのデビューへの登竜門となっている「武者修行」を2月から行うことも決定。バス一台で全国各地を行脚し、実力の向上はもちろんのこと人間性も鍛える。HIROは「夢を諦めずに頑張っていれば色んなチャンスがあるんだということをこのユニットで証明してほしい」と期待を寄せている。

正月の結婚報道にガセが多い理由 駒井千佳子氏が明かす

30日放送の「痛快! 明石家電視台」(毎日放送)で、正月の結婚報道に誤った情報が多い理由が説明された。

番組では、ぺこ&りゅうちぇるを始め、年末から1月中旬にかけて芸能人の結婚報道が13組以上あったことを話題にした。

そこで芸能レポーター・駒井千佳子氏が、正月の「おめでたい」報道にはガセが多いことと明かし「ロマンス系はご祝儀というか、おめでたいので『うわさ程度だけど言っちゃえ(報道しちゃえ)』っていうのもある」と伝えた。

これに出演者が驚くと、明石家さんまは「めでたい記事は訴えることができない」と補足した。

さんまは別番組で共演する弁護士の北村晴男氏にこのことを確認したようで、マイナスな誤報は名誉毀損罪になるが、それ以外は罪になりにくいとのことだ。

反対に離婚疑惑などは営業妨害になる可能性があるため、駒井氏によると「『あそこのカップルヤバイぞ』っていうのは基本、言わないようにしてる」とのことだ。

【関連記事】
加藤紗里の二面性ある言動にスタジオ大爆笑「駒井のババアには負けない」
駒井千佳子氏 竹島への慰安婦像の設置計画に怒り「絶対許せない」
東野幸治 芸能レポーターに苦言「1軒目で帰りなさい」

小西真奈美やにしおかすみこ 最近見かけなくなった女性芸能人の現状

3位にしおかすみこ!今が気になる女性芸能人…元カノ説引きずる1位は

写真拡大

var amp_med = ‘2000689’;
var amp_site = ‘2000850’;
var amp_frame = ‘2007958’;
var amp_rurl = document.referrer;
var amp_send = location.protocol + ‘//ads.adjust-net.jp/adserver/ad/ads_v.js?’ + Math.random();
document.write(“” + “ipt>”);

移り変わりが激しい芸能界。人気を博した芸能人が、気付けば「あの人は今!?」なんてこともザラだろう。

となれば、気になってしまうのが、最近テレビで見かけなくなった有名女優や俳優、お笑い芸人の現在の活動。

そこで今回は、『VenusTap』が男女500名に「“見かけなくなったな〜”と、今何をしているのか気になる女性芸能人は?」という、女性有名人を対象にしたアンケート調査を実施。

気になる調査結果を参考に、驚きの現状をのぞき見していこう。

■福山雅治の元カノ!? 病みブログにラップデビュー……「小西真奈美」

<今何をしているのか気になる女性芸能人ランキング>

1位・・・小西真奈美(18.0%)

2位・・・裕木奈江(14.2%)

3位・・・にしおかすみこ(12.8%)

4位・・・ほしのあき(6.6%)

同率5位・・・中島知子(5.6%)

同率5位・・・さとう珠緒(5.6%)

第1位にランクインしたのは、かつて癒し系ナンバーワン女優ともいわれ、世の男性を虜にした「小西真奈美」。

「コニタン、小さいけれど黒目がちな瞳が可愛かった……」、「最後に見たのは、ドラマ『Nのために』で、DV夫の暴力に怯える妻役」、「今じゃ福山雅治の元カノのイメージしかない。病みブログが強烈だった」など、寂しいコメントが相次いだ。

そんな“コニタン”こと小西真奈美だが、2016年5月にはKREVAが2014年に発売したシングル『トランキライザー』をカバーし、iTunesヒップホップチャートでそうそうたる面々を抑えて1位を獲得するなど、異例のラップデビューを果たしたばかり。なんでもKREVAが小西真奈美の歌声に惚れこんだことがきっかけだそう。

ネット民からは、透明感あふれるフワフワした歌声に「最高の癒し」、「めっちゃ良い」と絶賛する声が上がる一方、 「ボサノバ系の方が似合いそう」、「あ、うん。そっか〜……」など、冷ややかなコメントも。

気になる人は、ぜひ聴いてみてはいかがだろうか?

主演映画『トマトのしずく』(アークエンタテイメント)も5年間のお蔵入りを経て2017年1月14日から劇場公開されている。今後、再び活躍を目にする機会が増えるのかもしれない。

■小悪魔演技がリアルすぎてブーイング!? 20年後の今は……「裕木奈江」

続いて2位にランクインしたのは、1990年代にアイドル的人気を博した歌手で女優の「裕木奈江」。

#水の精#裕木奈江 自分の曲が聞きたい時に持ってない。月夜のドルフィンが聞きたいのに。

Nae Yuuki 裕木奈江さん(@nae_yuuki)が投稿した写真 – 2016 9月 12 10:40午前 PDT

「小悪魔演技が上手すぎて、女性から嫌われてたイメージ」、「密かに好きだったから、今どうしているのか気になる……」、「大きくなった芦田愛菜ちゃんっぽい! あどけなくて可愛いかった」など、ため息交じりのコメントが数多く上げられた。

2015年1月に放送された『行列のできる法律相談所 さんまVS怒れる美女軍団SP』(日本テレビ系)では、約20年ぶりにバラエティ―番組に出演し、1999年に11歳年上のヘアメイクアーティストと結婚して米国へ移住するも、2009年に離婚したことを激白。離婚後は、全くいい恋愛をしていないと嘆いた。

2006年にはクリント・イーストウッド監督の映画『硫黄島からの手紙』に“NAE”名義で出演、現在では活動の拠点を海外におきながら、日本映画への出演もしているようだ。

■女王様オーラはゼロ! ヘルシーライフへ……「にしおかすみこ」

3位にしおかすみこ!あの人は今…「気になる女性芸能人」1位は

3位には、ボンデージにムチのSM女王様ルックで「にしおかぁ〜すみこだよぉ〜!」のネタで大ブレイクした、お笑い芸人「にしおかすみこ」がランクイン。

「4年くらい前に地元のCMに出てた。よっぽど仕事がないのかと思う……」、「ブレイクが落ち着いた後、無理している感がひしひしと伝わってきて心配だった」、「ローカルテレビで偶然見かけたとき、可哀想なくらい女王様オーラが抜けきってた」など、同情コメントが続出した。

熊本で営業 #この時代に #リムジン移動 #バブリー #にしおかすみこさん #平野ノラ #山本高広

山本高広さん(@_yamamoto_takahiro_)が投稿した写真 – 2016 12月 12 7:22午前 PST

気になる現在だが、オフィシャルブログ『にしおかすみこのすっぴんブログ』を覗いてみると、ジョギングや夕焼け、食べものネタなど、毒素のかけらも感じられない、健康的で緩やかな日々を送っているようだ。

いかがだっただろうか? テレビでは見かけなくなった芸能人だが、地方営業へ繰り出すなど活躍の舞台を移していることも多いようなので、気になる人はチェックしてみるのもいいだろう。

【画像】 Licensed by Getty Images

EXILE世界と佐藤大樹ら7人 新ユニット「FANTASTICS」を結成

EXILEのパフォーマー(左から)世界、佐藤大樹が新ユニット「FANTASTICS」を結成

写真拡大

 人気グループ・EXILEのパフォーマーのEXILE世界と佐藤大樹が、新ユニット「FANTASTICS」を結成することが31日、明らかになった。2人のほかLDHグループのスクールの育成生徒から選ばれた精鋭5人のパフォーマーからなる、ボーカルのいない7人組ダンスパフォーマーグループとなる。

【写真】黒スーツでビシっとキメるEXILEの世界

 2018年の再結集に向け、個々のスキルアップを掲げているEXILEの中でも、2014年に加入した世界と佐藤は、これまで幾度となくリーダーのHIROと話し合いを重ねてきた。2人の「パフォーマーとしてもっともっと活躍したいし、世の中にEXILEの良さを伝えていきたい」という熱い思いを感じたHIROは、同時にスクールで次世代の活躍を夢見る生徒たちに「(夢に挑戦する)場所を提供したい」と考えており、その思いが「FANTASTICS」結成に至った。

 新たに加わった5人は、かつて佐藤とともに同じレッスンで汗を流していた旧知の仲で、世界もスクールのインストラクターとしてダンスを教えていた間柄。ダンスの実力は折り紙付きで、本場ニューヨークで開催されたエンターテインメント・ショー「HOUSE OF EXILE 2016」にも出演しており、パワーあふれるパフォーマンスで現地の観客からも大歓声を浴びていた。

 ユニットは、LDHアーティストのデビューへの登竜門となっている「武者修行」を2月から行うことも決定。バス一台で全国各地を行脚し、実力の向上はもちろんのこと人間性も鍛える。HIROは「夢を諦めずに頑張っていれば色んなチャンスがあるんだということをこのユニットで証明してほしい」と期待を寄せている。

明石家さんまが芸人のネット炎上に異論「ちょっとでも笑顔にしたい」

明石家さんま

写真拡大

30日放送の「痛快! 明石家電視台」(毎日放送)で、明石家さんまが、お笑い芸人がネット上であえて炎上する芸風に異論を唱えた。

番組では、「あかんかまへんNEWS」として、最近のトピックに対して肯定か否定かを出演者らが議論した。その中に「不特定多数が見るSNSでの喧嘩」という話題があがる。

昨今、芸能人と一般人のSNS上でのけんかが頻発している。番組ではその代表例として村本のTwitterが紹介された。

村本による上から目線の投稿には、案の定批判が殺到し「炎上」したということだ。MCのロザン・宇治原史規は「(この炎上は)『ビジネス炎上』に近い」と意図的に炎上させていると推測すると、さんまは「村本はそうやな」とうなづいた。

ここでミッツ・マングローブがさんまに「こういうコミュニケーションをお客さんとやっているっていうのは、お笑いのひとつのスタイルとしてなしですか?」と問う。するとさんまは「俺、なし」と即答。相手をあえて怒らせるような行動は自身のお笑いの方法にはないようで「とにかく、ちょっとでも笑顔にしたいからこの商売(芸人)を選んでる」のだと、そのモチベーションを語った。

たださんまは、そうした感覚についてジェネレーションギャップだと自覚しているようで「この時代とはちょっとちゃうねん」とコメント。ネットで炎上する芸人に「お前ら平気なん?」と質問したところ「面白いんですよ。遊んでるんですよ」という返答があったことを驚きを持って紹介していた。

【関連記事】
明石家さんまが笑福亭鶴瓶のうそ暴露 初対面のファンに「覚えてるよ」
明石家さんまの頭をカミナリ・石田たくみがマジ叩き 出演者も騒然
村本大輔 乃木坂46・白石麻衣からの釈明に大興奮「ウソですよ、好きですよ」

鈴木賢治らものまねSMAPの楽屋に密着「偽物やるのも意外と大変」

 香取慎吾や長瀬智也のものまねで人気のお笑いコンビ・すいたんすいこうの“スズケン”こと鈴木賢治が29日、結婚式を行った。この結婚式には、スズケンとともに「ものまねSMAP」を組むメンバーの元木敦士(木村拓哉)、ヒデ(中居正広) 、ジゴロー(稲垣吾郎)、よっしー(草なぎ剛)と、EXILE・TAKAHIROのものまねで人気の芸人・松本和也、そしてスズケンの相方の黒澤正徳がEXILE・ATSUSHI風のものまねをしてゲストとして登場。式の翌日の30日、松本はブログを更新し、ものまねSMAPの楽屋風景をレポートした。

 松本は「ものまねSMAPに密着」というタイトルでエントリー。「昨日は、スズケンさんの結婚式でものまねSMAPの皆様が集合してたので、楽屋にお邪魔してみました。スズケンさんはものまねSMAPの香取さん役なので不在です。」と、ブログの経緯を説明。「どうやら、スズケンさんにはサプライズみたいです」と、同企画がサプライズだったことを明かした。

 「扉をあけるとメンバーの皆さん準備してました。」「中居さん役【ヒデさん】メイク中でございます。」「木村さん役【もっぷん】どの角度が似てるか、鏡見て探しているようです。」と、次々とメンバーの準備風景を説明していく松本。

 実は元木とは「キムザイル」を組む相方同士であり、「いつも見慣れてるんですが、なんか腹立ってきましたw」と、思わずツッコミを入れていた。

 続けて、ヨッシーがヒゲを抜く写真を掲載すると、「草磲さん役【ヨッシーさん】ヒゲ抜いてます。アイドルのものまねとなると、毛の処理も大事ですね。僕がいうのもなんなんですが、偽物やるのも以外と大変なんですよ。(原文まま)」と、ものまね芸人ならではの影の努力を告白。

 「稲垣さん役【ジゴローさん】なんだか精神統一してるようです。」とジゴローの写真を掲載したかと思えば、動画も掲載し、「携帯を取り出し、SMAPの曲流して踊り始めました。」「年々、歳とってフリがわからなくなってきてるそうです。」と、振り付けを練習するジゴローの姿を解説していた。

 楽屋は終始SMAP楽屋の話でもちきりだったといい、松本は「もっぷんはドラマ A LIFEの細いワンシーンを語りだして、ヨッシーさんはドラマ 嘘の戦争の細いワンシーンを、あつく語りだしたときは、マニアックすぎて笑えちゃいました」とニヤニヤ。「もっぷんがドラマのシーンを、携帯をとりだして、あつく語ってるシーンがこちら。」と動画まで掲載していた。

 強いSMAP愛で知られるものまねSMAPの面々だが、これを目の当たりにした松本は「モノマネの先輩達の背中を見て、いろいろ見習わなければと思いました」と、ものまね芸人としての気持ちを新たにした様子。

 ちなみに、ものまねSMAPのサプライズは大成功だったそうで「スズケンさん泣きそうになってました」と松本は語っていた。

※画像は全て松本和也公式ブログより