0年 0月 の投稿一覧

活動歴30年超の林原めぐみが「ファーストライブ」発表 開催場所に悲鳴も


                「KING SUPER LIVE 2015」での林原めぐみさん

写真拡大

週末からネット上を最も騒がせている声優さんと言えば、林原めぐみさんでしょう。

【林原めぐみさん「ファーストライブ」が与える衝撃 「なぜ今!」「武道館で頼む!」TL激震の画像・動画をすべて見る】

活動歴は30年を超えるベテラン声優・歌手として活動する林原めぐみさんが、先週末、自身のラジオにて突然「ファーストライブ」の開催を発表したからです。

これには、ファンも騒然。しかも場所が中野サンプラザホール、定員数は2,222名(「サンプラザホールご利用案内」より)という、彼女の活動歴や人気を考えればどう考えてもキャパが足りない場所であることも明かされ、悲鳴が上がっています。

開催日は6月11日(日)。チケット倍率はどれくらいになるのか想像もつかない事態となっています。

声優アーティストの先駆け・林原めぐみ

林原めぐみさんは、1986年にアニメ『めぞん一刻』の幼稚園児役で声優デビュー。それから30年以上、第一線で活躍しています。

数多くの代表作を持つ方ですが、最も有名なのは、1995年放送の『新世紀エヴァンゲリオン』の綾波レイでしょう。

一方で、歌手としても活動。自ら声優として参加する作品のOPやEDを中心に、数々の名曲を残してきました。

『スレイヤーズNEXT』主題歌「Give a reason」や『シャーマンキング』OPの「Northern Lights」、近年では『昭和元禄落語心中』のOP「薄ら氷心中」などが挙げられます。

Give a reason林原 めぐみ¥ 250iTunesで見る

声優で歌手としても活躍する、いわゆる「声優アーティスト」は今でこそ数多く存在しますが、林原めぐみさんはその先駆者だと言っていいでしょう。

なぜ林原めぐみのファーストライブが衝撃を与えたのか?

オリコンTOP10も経験している林原めぐみさんによるワンマンのファーストライブ開催は、「ビートルズ初来日に匹敵する初公演」「本当に一生に一度の機会かもしれないのでなんとしても行くしかない」と騒がれています。

「なんでそんなベテランなのに今さらファーストライブなの?」と疑問に思う方もいるでしょう。これまで、無料のミニライブなどは行われてきましたが、無単独での有料ライブは行われてきませんでした。

だからこそ、所属レーベルであるキングレコードによるアニソンフェス「KING SUPER LIVE 2015」に林原めぐみさんが参加するという発表も、大きな驚きをもってファンに受け止められました。

長きにわたって活動する林原めぐみさんなので、80・90年代の活躍を知る方から、それ以降にファンになった方まで、ファーストライブには幅広い年齢層のファンが集結することが予想されます。

そのため、2000人ちょっとという中野サンプラザホールではとても無理という意見が相次いでいます。「武道館でやってほしい」という声も多数…。

林原めぐみから故・岡崎律子に贈るトリビュート・アルバムも

さらに、週末のファーストライブ発表から明けて月曜日の2月27日には、故・岡崎律子さんへ贈る林原めぐみさんによるトリビュート・アルバムが発売されることも明らかになりました。

『ラブひな』主題歌の「サクラサク」はじめ、林原めぐみさんに数々の楽曲を提供してきた岡崎律子さんのトリビュート・アルバムには、林原めぐみさんによって新たに新録されたカバー曲なども収録されるとのことです。

そちらの発売は5月3日(水)。

2015年、歌手デビュー25周年を迎え、ベストアルバムなどをリリースしてきた林原めぐみさん。「満を持して」という言葉に相応しいファーストライブ、一体どうなってしまうのでしょうか。

銀玉セブンの倉田園子が急きょ脱退 グループ在籍中にSTU48を受ける

アイドルがグループ在籍中にSTU48受け騒動

写真拡大

岡山を拠点に活動している地方アイドルのメンバーが、グループ在籍中にも関わらず、今夏発足予定のAKB48姉妹グループ・STU48(SeToUchi48)のオーディションを受けていたことが発覚。グループから急遽脱退するなど、騒動になっている。

このアイドルは、銀玉セブンのメンバーとして活動していた倉田園子。2月26日、インフルエンザのためイベントへの出演を取りやめることが公式Twitterなどでアナウンスされ、メンバーも「倉田のぶんまで盛り上げなきゃ」「倉田いんふる早く治してね〜〜〜!」などと体調を案じていたが、当日はSTU48第1期生オーディション2次審査が岡山市内で行われており、倉田はこれに参加していた。

倉田は合格者12人の中に入り、3月の最終審査へ進出することが決定。岡山オーディションの模様は地元・山陽新聞などが報じ、動画もネットで公開されている(https://www.youtube.com/watch?v=ykJuXSV-Buo)ため、すぐに銀玉セブンのメンバーがいることが特定されたようだ。

この事態を受け、銀玉セブンの公式Twitterは「2月26日をもって諸事情により倉田園子が銀玉sevenを脱退する事となりました」とファンに報告すると共に、「ファンの皆様方には大変なご迷惑をおかけ致しますが…結城、一ノ瀬はじめ銀玉sevenを今後とも宜しくお願い申し上げます」とお詫び。さらに「これ以上のコメントは一切控えさせて頂きます」と続けている。

また、メンバーも突然のニュースにショックを受けている様子で、Twitterで「いっしょに頑張ろうねって言ったじゃん。裏切られた。銀玉で有名になる、愛梨の夢壊さないでよ」(一ノ瀬愛梨)、「なんで。銀玉で頑張っていくって決めて、武道館に立とうとか、皆で夢語ってたのに。おかしくない。涙があふれてくる。正直許せれない。裏切られた気しかないよ」(結城琉梨 ※原文ママ)とツイートしている。

STU48は、山口・広島・岡山・兵庫・徳島・香川・愛媛の瀬戸内7県を本拠地に、船上公演を行うグループ。HKT48の指原莉乃が劇場支配人に就任し、メンバーとしても活動するほか、AKB48・岡田奈々もキャプテンとして兼任することが決定している。

幸福の科学は石原さとみを意識?清水富美加で創価学会の例なぞる考えか

清水富美加

写真拡大

 人気女優・清水富美加の出家宣言は残された契約を反故にするだけで誰も幸せにしなかった。ままごとみたいな愚行の陰で糸を引いていたのは他ならぬ「幸福の科学」。世間は驚きついでに思い出した。1200万も信者がいるのに選挙で1人も当選していない怪を。

 ***

 清水の出家を、教団の将来を憂う大川隆法総裁(60)が打って出たギャンブルと指摘する声があるが、

「今回の騒動を受けて、一番に感じたのは教団の『二世問題』です」

 そう解説するのはジャーナリストの藤倉善郎氏だ。

「清水さんは、親が信者で幼少期から信仰を持っていた。おそらく家庭内でも“大川総裁が神である”と教育を受けてきたのでしょう。そのような人がある日、大川総裁から霊言を与えられ、“覚悟を決めよ”と『ラブコール』を受ければ、舞い上がってしまって当然。仕事を放り出してしまった清水さんに世間からの風当たりは強いですが、育った家庭環境を考えれば、正常な判断が働かない状況に陥ってしまったのも致し方ないような気がします」


清水富美加

 では、清水に出家を決意させた幸福のカネ、現状、課題について見てみることにしよう。ジャーナリストの山田直樹氏によると、

「ピーク時の会員数は13万5000人でした。このうち、毎週のように教会へ通う『活動会員』は3万人。熱心な会員ともなると年に1000万円以上もお布施をします。大川本の印税を加えると、教団には毎年300億くらいのカネが入ってきていた。そこから職員の給与など諸経費を差っ引いてもざっと150億が残る計算です」

 いまもなお「世界で1200万人の信仰」を公称する教団は世情に疎いというのが通り相場。それが退潮の引き金となることについては後述するが、さておき、宗教法人法の庇護のもとに集められた信者の血と汗と涙からなる「無税で約150億円」の話は、むろん単年にとどまるものではない。

 積もったキャッシュはどうなるかというと、都内を中心とする不動産に形を変えて行ったのである。

 失われた20年という焦土に枯れ果てたバブルの徒花なら、濡れ手で粟と言わないまでも、二束三文みたいなもの。

 事実、登記簿謄本を確認すると、銀座30坪、五反田50坪、赤坂60坪……と枚挙にいとまがなく、90年代後半から2010年頃に亘り、すべて現金で購入している。

 銀座は坪単価6000万円、赤坂でもこの半分は下らない代物であるのに加えて、宗教活動に使用すると認可されれば不動産取得税に固定資産税、都市計画税から登録免許税までが非課税となる。いずれにせよ、当時の幸福にとっては“はしたガネ”だった。

■総選挙と離婚問題

 そんななか、風向きが変わって、違うものが入りこみ始めたのが09年。幸福実現党を結党して衆院選に打って出たものの、惨敗したのである。

「幸福の科学を熱心に支持する人たちのなかで自民党のシンパは少なくなかった。それが、選挙で自民よりも過激な右寄り政策を打ち出したことで離れて行ったんです」(同)

 言ってみれば世間から爪はじきにあったこの愚行の一番のポイントは、日本のみの数字ではないとはいえ、信者が1200万もいりゃ1人くらい当選するのになんで?という疑問に答えられなかったことだ。東大法学部を卒(お)えた本尊「エル・カンターレ」は絶対的存在ではなかったのか。

 更に追い打ちをかけたのが、10年に持ち上がった妻・きょう子さんとの離婚問題である。

「ボディブローのように効いて行きましたね。結果として、お布施をたくさんしてくれる太い信者、通称『大黒天』が激減し、年間の集金額が2分の1から3分の1になってしまった」(同)

 事実とすれば、要するに年間で100億〜150億円に留まるわけで、これでは立ち行かないかもしれない。そこで、新たな信者獲得策として白羽の矢を立てたのが、他ならぬ清水だったということなのだろう。

■石原さとみを意識

 実際、こんな布石が打たれていて、

「総裁の長男・宏洋氏は勤め先の建設会社を辞め、昨年1月から幸福系の芸能プロ社長を務めています。彼自身を含めてすでに約10人のタレント・役者が所属しており、この事務所に清水が名を連ねる可能性は否定できない」(同)

 その一方で、

「過去を振り返ってみると……」

 と、これは元幹部信者の分析である。

「景山民夫にしろ小川知子にしろ、芸能界での活動と信仰を両立させるように仕向けていたんです。それに総裁は創価学会員である石原さとみの存在をかなり意識している。彼女がいて学会はステータスを確立したとさえ捉えているんです。清水を『幸福の科学のさとみ』になぞらえたかったんでしょうけれど、なおのこと在家でやらせた方がよかったんじゃないでしょうか」

■出馬させる可能性も?

 先の藤倉氏が後を受け、昨年に変更された「退会手続き」に教団の焦りを見て、

「煎じ詰めると、“支部長と面談のうえ了承を得ること”“幸福の悪口は絶対言わないと約束すること”となりました。上層部からの許可なしに抜けられないということはつまり、信教の自由を認めない宗教法人になったということです」

 とし、こんな総括をする。

「すでに清水さんに法名を与えましたが、出家前の信者にそうするのは異例だし、発生する違約金を肩代わりするとみられている点も、普段の教団では寡聞にして聞いたことがありません。それほど歓待されている清水さんですから、被選挙権を得たのち、知名度を生かして、出馬させる可能性もある」

 仕事という未来から逃避して勝手に出家した清水が壮大なままごとに駆り出される日が来るのか。いや、ままごとと言っては子供に失礼だろうか。

特集「素朴な疑問は『幸福の科学』信者1200万人なのになぜ落選? 勝手に出家『清水富美加』が不幸にした人」より

「週刊新潮」2017年2月23日号 掲載

細川茂樹の契約解除騒動が長引く理由を弁護士が推測「やり方が良くない」

細川茂樹

写真拡大

27日放送の「バイキング」(フジテレビ系)で、俳優・細川茂樹が事務所と契約解除をめぐった騒動が長引いている理由を弁護士が推測した。

番組では、細川の契約解除騒動を特集。細川は昨年12月、業務債務不履行及び担当マネージャーへのパワハラがあったとして、所属事務所から契約解除を通告されている。

しかし細川側は、暴力はなくマネージャーとの関係も円満であり、「マイナスイメージを作り上げられた」と反論。契約解除を不服として、無効を求める仮処分を東京地裁に申請し、これが認められた。

また、暴力有無のほかにも契約解除の日付についても双方の主張が折り合っていない。細川側は5月7日の契約終了を主張する一方で、事務所側は3月中の終了を訴えており、これがまた騒動の長期化を招いている。

ここまで騒動が長引く理由について、弁護士の佐藤大和氏は「これ言ったら、怒られるかもしれないんですけど」と前置きし、見解を語り始める。

佐藤氏は「(細川側の)弁護士としてのやり方が良くない」「弁護士がファイティングポーズ(対決姿勢)を取っていると思う」と指摘。タレントはイメージ商売であり、円満解決が望ましいにも関わらず「(細川側の)弁護士が『ここは法律上、突っ込む』と言って、攻撃しているのかもしれない」と推測していた。

【関連記事】
細川茂樹のこだわりを藤田ニコルがバッサリ「嫌い」「めんどくさい」
フィフィが会社員時代に受けたパワハラを明かす
東国原英夫氏 清水富美加の告白本の内容で「カチンときたこと」

YOSHIKI 過密すぎるスケジュールをInstagramで公開し悲痛な叫び

YOSHIKIのロンドンでのスケジュールがすごい……

3月3日に日本でも公開されることが決まったX JAPANのドキュメンタリー映画『WE ARE X』のプロモーションや自身のソロコンサートで世界を飛び回りつつ、X JAPANとしての活動も精力的に展開するYOSHIKI。多忙を極める彼のハードな生活の様子はInstagramでも度々公開され心配の声も寄せられているが、彼が「明日のロンドンでのスケジュール」を公開。まさに分刻みのスケジュールとなっており、YOSHIKIも「誰か起こして。。」と悲痛な叫びをあげている。

YOSHIKI Instagram

<耳マンのそのほかの記事>

10分刻み……ファンも悲鳴

X JAPANは3月4日(現地)、2016年にメンバーのPATAが緊急入院したことでキャンセルとなった英ウェンブリー・アリーナ公演を開催する。すでにイギリス入りしているのか、YOSHIKIは「明日のロンドンでのスケジュール」として予定表を公開。そこにはまさに“分刻み”の過密な予定が記されており、起床時間は朝4時、そのあと4時30分から電話会議……!? この日は(も?)取材が多く入っているようで特に11時から14時あたりは10分刻みの予定もあり(しかも怒濤のインタビュー!)、食事する時間なんてまったくなさそう。ファンも悲鳴に似た心配の声を寄せているが、本当にこれは心配になる。

21時からは「ジム」!? 深夜にはレコーディングも

驚かされるのは21時からの「ジム」。4時起き、しかも食事も満足にとれていないであろうこんな日にも関わらずジムで身体を動かすなんて……。世界的アーティストのストイックさにはただただ脱帽だ。さらに23時からは……レコーディング!? しかも終わりの時間が書いていない。これはエンドレスということなのか。まさにENDLESS RAINだ……。

スターの宿命なのか……

世界中のファンのため身体を酷使し続けるYOSHIKI。スターの宿命なのかもしれないが、せめてゆっくり睡眠や食事ができる時間を……。いよいよ3月3日に『WE ARE X』が日本で公開されるが、彼が一息つけるのはいつになるのだろうか。

YOSHIKI

[耳マン編集部]

宮根誠司が喉の不調を謝罪「寺島進と怒鳴り合いした」

宮根誠司氏

写真拡大

27日放送の「情報ライブ ミヤネ屋」(日本テレビ系)で、司会の宮根誠司氏が、のどの不調を謝罪し釈明する場面があった。

番組冒頭、宮根氏が「『情報ライブ ミヤネ屋』です。昨日から声が出なくなりまして、申し訳ございません」と、声が枯れたのどを押さえながら謝罪した。林マオアナウンサーが「大変です。大丈夫ですか?」とフォローするも、宮根氏は声を絞り出しながら、番組進行を務めた。

そして番組中盤、日本テレビ報道フロアから鈴木美穂記者が、最新のニュースを伝えるコーナーで、香川県・小豆島のニホンザルが花粉症に悩んでいるニュースを紹介した。このニュースに宮根氏が「昨日から(自分の)声が出にくなって耳鼻咽喉科に行ったら、今年になって(花粉症に)なっている人がいっぱいましたよ」と、花粉症を発症した人が多い現状を報告。

これに鈴木記者が「宮根さん、花粉症なんですか?」と尋ねると、宮根氏は即座に否定し「僕はのどが昨日の夜から出なくなった」「俳優の寺島進さんっているじゃないですか?あれと怒鳴り合いしてたらこうなった」と冗談まじりに、声が出なくなった理由を説明したのだ。

続けて、「同級生なんで『寺島コノヤロ!』とかずっと言い合っていたらこうなったのかな?」「こうなったのは寺島進のせいだと僕は思ってます」と語り、笑いを誘っていた。

【関連記事】 
宮根誠司氏 清水富美加の所属事務所レプロを擁護「事務所は自分の味方」
宮根誠司氏が小池百合子都知事を「ババア」呼ばわり
宮根誠司氏 中国のアパホテルへの対応を厳しく非難「開かれた国家ではない」

マツコ・デラックスがプレミアムフライデーに苦言「調子いいことばかり」

マツコ・デラックス

写真拡大

27日放送の「5時に夢中!」(TOKYO MX)でマツコ・デラックスが、「プレミアムフライデー」に苦言を呈した。

番組では「プレミアムフライデーは週休3日制への一歩?」と題し、東京スポーツの記事を取り上げた。記事では、経済アナリストの森永卓郎氏が「週休3日制への重要な一歩」「(プレミアムフライデーを)定着、拡充していくべき」「サラリーマンの働き方を変えるにはとてつもなく長い時間が必要になる」と主張している。

この記事にマツコは「スゴい時間をかけて仕事のスタイルって変化してきた」と森永氏の訴えに同意したうえで、人工知能の発達による職の喪失や、人口減少による産業の縮小を指摘し「これからは否応なしに、週休3日取らなきゃいけない時代がくる」と持論を展開した。

さらにマツコは、一部の人だけが豊かになるのではなく、穏やかにみんなが豊かに生きていきたいという選択した場合「少ない仕事をみんなで分け合わなきゃいけない日は絶対にくる!」と強く主張。

厳しい状況がこれから訪れることを示唆するマツコは、プレミアムフライデーについて「こんな調子のいい感じのことばっかり言ってるけど…」「『そういうことじゃないよ』っていうのを、誰が言い出すんだろって思うんだよね、政治家で」と苦言を呈していた。

【関連記事】
マツコ・デラックスが「5時に夢中!」でコメント拒否を連発「キャンセルで」
マツコ・デラックス 安易な名称変更に苦言「誰かがダサいと言ってあげないと!」
マツコ・デラックスが芸能界での心残りを告白…有吉弘行からあだ名もらえず

高嶋ちさ子「DS破壊事件」のその後 子どもたちのたくましい様子を告白

 27日放送の『しゃべくり007』(日本テレビ)にヴァイオリニストの高嶋ちさ子が登場。一時期話題となった、子供のゲーム機を折った「ゲーム機バキバキ事件」のその後の顛末について語った。

 小学1年生と4年生の息子がいる高嶋家では平日はゲームが禁止。しかし子どもたちが高嶋の目を盗みこっそりDSをやっていたことが発覚し、バツとして連帯責任もかね高嶋が兄弟2人のゲーム機を「バキバキと」折った、という一件は「躾の行き過ぎ」などと一時騒がれた。

 高嶋は、DSを折られた子どもたちがその後DSが無くなったことに対し泣きわめいたりはせず、「じゃあしょうがない、Wiiやるか!」と、遊ぶゲーム機がWiiに変わっただけだったことを告白。「そこが、うちの子のダメなところで……」と高嶋のスパルタ教育もどこ吹く風とばかりに、2人の子どもたちはたくましく育っていると語った。

梅沢富美男 主催する劇団に在籍していた意外な芸人を明かす

27日放送の「もしかしてズレてる?」(フジテレビ系)で、梅沢富美男が、かつて自身の主催する劇団に在籍していた芸人を明かした。

番組では、梅沢に対する世間のイメージ調査の結果を明かす中で「この人の名前漢字で書ける?」という出題を街の若い女性に投げかけた。正解者がほとんど出ない中、とある女性からは「女装したとき、さあ、コウメ太夫みたい」という、梅沢への発言も飛び出した。

VTRが明けたスタジオでは、梅沢が女性の発言を持ち出し「あの、コウメ太夫っていうのやめてくんねえかな!」と、毒づいて笑いを誘った。

梅沢が「コウメ太夫」に反応したのは理由があったようで「あれ(小梅)、うち(梅沢富美男劇団)にいたんだよ」と打ち明けたのだ。この意外な事実にはスタジオから驚きの声が上がった。

司会の後藤輝基が「じゃあ、大衆演劇の白塗りをそのまま…?」と驚くと、梅沢は「そうそう」と答え「コウメ太夫って名前つけたのも(梅沢の)『梅』を付けたんじゃない?」と、コウメの芸名の由来についても自身の影響がある可能性を指摘していた。

【関連記事】
梅沢富美男 結婚指輪をめぐって妻・明子さんに激怒した過去「勝手にしろ!」
梅沢富美男 尻を丸出しにした状態で女性マネジャーに怒鳴られた過去
陣内智則へのドッキリで白塗り芸人がチョイ役で出演し驚きの声あがる

「突然ですが、明日結婚します」が月9史上初の5%台に 3週連続で最低更新

フジテレビ本社

写真拡大

 フジテレビ「突然ですが、明日結婚します」(月曜後9・00)の第6話が27日に放送され、平均視聴率は5・0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが28日、分かった。3週連続で月9ワースト記録を塗り替えた。

 第4話(13日)=6・6%、第5話(20日)=6・2%と、昨年4月クール「ラヴソング」の6・8%(第6話=5月16日、第7話=5月23日)を下回り、2週連続で月9史上最低を更新していたが、今回も、さらに1・2ポイント下落。初の5%台となる月9ワースト記録となった。

 初回=8・5%から第2話=6・9%と急落。第3話=7・6%と持ち直したが、以降は下降線。テレビ視聴のスタイルの変化もあり、若年層を狙った作品はリアルタイムの世帯視聴率に反映されにくくなっていることもあり、数々の名作・ヒット作を生み出した看板枠ながら昨年から苦戦を続けている。

 亀山千広社長(60)が今月24日の定例会見で「FOD(フジテレビオンデマンド、動画配信)では圧倒的に、ある層には支持を得ている」と一定の成果が出ているとした。

 原作は月刊コミック誌「プチコミック」(小学館)で連載中の宮園いづみ氏の同名漫画。専業主婦になりたい女=OLの高梨あすか(西内まりや)と、絶対に結婚したくない男=イケメン人気アナウンサーの名波竜(flumpool山村隆太)が繰り広げるラブストーリー。脚本は山室有紀子氏、倉光泰子氏。演出は並木道子氏、石井祐介氏。プロデュースは後藤博幸氏、大木綾子氏。