0年 0月 の投稿一覧

宮根誠司 謝罪を繰り返す女性記者をフォロー「僕らも知らない」

宮根誠司氏

写真拡大


31日放送の「情報ライブ ミヤネ屋」(日本テレビ系)で、司会の宮根誠司氏が、ニュースの内容に訂正と謝罪を繰り返した女性記者をフォローした。

番組中盤、日本テレビ報道フロアから最新ニュースを伝えるコーナーで、栃木県那須町での雪崩事故の続報や、米国・トランプ大統領の現状を鈴木美穂記者が伝えた。

雪崩事故では亡くなった高校生の告別式の様子を報じ、トランプ大統領については目玉公約「メキシコ国境の壁」について、与党・共和党トップが本年度の予算計上を見送る考えを示したことを伝える。このニュースで鈴木記者は、高校生の名前を「奥公輝(おく・こうき)さん」と読み、共和党トップを「ライアン下院議員」と読んでいた。

ニュースが一段落したところで、鈴木記者が「先程の雪崩事故の告別式のニュースで名前の読み方に誤りがありました。正しくは奥公輝(おく・まさき)さんでした。大変失礼いたしました」と訂正し、謝罪したのだ。

その後、ニュース紹介を続けるも「2度目のプレミアムフライデー」について、スタジオの宮根氏と鈴木記者が雑談を交わすシーンで、またしても鈴木記者が「すみません。また訂正がありまして」と切り出す。

「トランプ大統領のニュースで、『ライアン下院議員』とお伝えしましたが、『下院議長』だったそうです。大変申し訳ありませんでした」「もうほんと、何度も申し訳ありませんでした」と険しい表情を浮かべながら謝罪した。

すると宮根氏は「いえいえ。僕らも『議員』か『議長』かは正直知らない」とフォローしながら、笑いを誘った。読売テレビ報道局解説委員の春川正明氏も「まあ下院議員で間違いないですからね。議長で議員ですから」と、大きな間違えではないことを指摘していた。

【関連記事】
天皇皇后両陛下のニュース放送中に謎の音声「カコちゃん、結婚しようか?」
宮根誠司氏 のどの不調を謝罪し珍釈明「こうなったのは寺島進のせい」
宮根誠司氏が「ミヤネ屋」のスタッフに強烈なダメ出し「本気でやろうよ!」

加藤浩次の子役への対応 菊地亜美が「冷めた表情」だと指摘

加藤浩次

写真拡大


31日放送の「スッキリ!!」(日本テレビ系)で、タレントの菊地亜美が、加藤浩次が子役に対してみせる表情を目ざとく指摘した。

番組の「エンタメまるごとクイズッス」コーナーでは、30日に行われた、スパークリングワインのPRを目的とする「お花見CHANDON 2017プレスイベント」の模様を放送した。イベント紹介がひと通り終わった場面で、菊地は「スッキリ!!」に子役が出演したとき、加藤がワイプ越しにみせる表情にいつも注目している、と告白したのだ。

これまでにも、寺田心など数々の子役がVTR出演している同番組。菊地の目には、加藤が「はいはい〜(この子は)そういう感じね」という、冷めた調子の顔を浮かべているかのようにみえるとか。当の加藤はこの言葉を聞き、ワイプ越しに「してねえよ。ネガティブキャンペーンやめろ」と反撃していた。

【関連記事】
加藤浩次 リア充アピールに苦言「人と比べて良いことなんかいっこもない」
内田理央の人生を変えた加藤浩次の言葉「やりたいことをちゃんと言うべき」
加藤浩次の合コンでの狂犬ぶりが明らかに「女性にチャーハンをぶっかけた」

菊地亜美の心がけに加藤浩次が辛らつ「だからいつもちょいブスなんだ」

菊地亜美

写真拡大


31日放送の「スッキリ!!」(日本テレビ系)で、タレントの菊地亜美が明かした「心がけ」について、司会の加藤浩次がイジりまくる場面があった。

番組では「クイズッス」のコーナーで、スパークリングワイン「お花見CHANDON2017」のプレスイベントに登場した菊地と武田修宏に直撃した様子をVTRで紹介した。

その中で菊地は、スタジオ出演者に向けて「私はバラエティ番組を見ることも出ることも大好きなんですが、出させていただくときに心がけていることがあります。それはいったい何でしょう?」というクイズを出題した。

「見た目で親近感を持たせるため」というヒントから、加藤は「ちょっとメイクをブスにする」と答えて正解した。

VTR映像では菊地が「可愛くなりすぎないこと」と正解を発表すると、武田は苦笑しながら「それはどういうことですか?」と尋ねる。菊地は「可愛くなりすぎると、憧れになっちゃうから親近感がないと思う」「となると、ちょっとくらいブス。『あれ、これ可愛いのかな?ブスなのかな?』って、わからないくらいの方が親近感を持たれる」と持論を展開した。

さらに菊地が「普通に手抜いたら可愛くなっちゃうんですよ、私」「(可愛いさの)MAXはテレビでは見せれない」と語る。

VTRを見ていた加藤は「だからいつもちょいブスなんだ!」と一刀両断。さらに、同コーナーで「天の声」を担当する柳原可奈子が、加藤にコメントを求めると加藤は「いつもそうしてるんだなと思って」「オレずーっと彼女は、ちょっとブスだと思ってた」とバッサリ。

加藤の辛らつなコメントに、ゲスト出演していたお笑いコンビのナイツも「(ブスだって)言ってよかったんですね」「よかったよ自分から(ブスにしてるって)言ってくれたら楽だよ」と菊地を散々イジり、スタジオでは大きな笑いが起きていた。

【関連記事】
加藤浩次 子役への対応に対する指摘に「ネガティブキャンペーンやめろ」
加藤浩次 リア充アピールに苦言「人と比べて良いことなんかいっこもない」
菊地亜美 滑舌をよくするために受けた手術後の現状に嘆き

有村架純の姉・有村藍里のセミヌードで波紋 業界のルールを違反か

新井ゆうこオフィシャルブログより

写真拡大


 3月31日発売の写真週刊誌「フライデー」(講談社)に、有村架純の名前と「ハダカ」の文字が堂々掲載された。よくよく見ると、裸になったのは「有村架純の姉」で、グラビアアイドルの有村藍里とのことだが、本人の名前よりも妹の名前が目立っている点について、業界内で大きな波紋を呼んでいるようだ。

「同誌は8ページの袋とじで、藍里のセミヌードを掲載。表紙だけではなく、当該ページにも『朝ドラ女優 有村架純の姉』との文字がデカデカと掲げられ、藍里のプロフィール欄でも架純のことを『「あまちゃん」(NHK)に出演し大ブレイクした、実妹』と書いています。以前から藍里は、ネット上で『妹の威を借る姉』などと批判されていましたが、ここまで露骨に妹の名を出してきたとあっては、問題視されることでしょう」(芸能プロ関係者)

 そもそも、藍里は架純の姉だと発覚した当時は“新井ゆうこ”の芸名で活動していたが、今になって本名の“有村姓”を名乗り出し、5月にはこの名前で写真集を出すという。

「『フライデー』の打ち出し方は、明らかに架純サイドに迷惑が及んでいます。ヌードになった本人よりも『有村架純』の名前を前面に出しているのは、もはや“嫌がらせ”といわれても仕方がない内容です」(同)

 芸能界では兄弟姉妹タレントは珍しくないが、異なる事務所で活動する場合には“裏ルール”が存在するそうだ。

「タレントが兄弟姉妹の名前を使用する際は、通常、双方の事務所同士が『お互いの芸能活動に影響が出ない範囲で』などと取り決めを交わすもの。しかし、今回のセミヌードは、藍里側がルール違反を犯したのは明白でしょう。というのも、『フライデー』には、妹の名前に加えて『朝ドラ女優』『ハダカ』といった、NHKサイドにも迷惑がかかるワードが見出しに踊っているんです。本来ならこのワードを使った『フライデー』が悪いですが、架純の事務所が藍里サイドにクレームを入れているのは間違いないでしょう」(同)

 藍里にとっては、写真集発売前の“話題作り”だったのかもしれないが、その代償として妹との関係に亀裂が入ることは、想定できなかったのだろうか。

MステでSMAPの映像が流れる ファンから感謝と感動の声

MステにSMAP登場 ファンに感動広がる「Mステ時空では今もずっと活動中」

写真拡大


SMAP/モデルプレス=3月31日】SMAPが、31日放送のテレビ朝日系音楽番組「ミュージックステーション」3時間スペシャル(よる7時〜)に“登場”した。

SMAP再び

◆デビュー当時の映像で登場

この日「人気アーティストのデビュー映像大公開 ジャニーズ編」というコーナーで、SMAPがMステで「世界に一つだけの花」「青いイナズマ」などを歌唱するシーンが流れた後、1991年9月にデビューしたSMAPの貴重な映像を公開。

映像は西武園ゆうえんちで、「10年に一度の台風」となる土砂降りの中行われたSMAPデビューイベントの様子。

大雨の中、約1万5000人のファンがつめかけ、雨風の中必死パフォーマンスするも、マイクが壊れてしまうというアクシデントもありつつデビュー曲「Can’t Stop!! – LOVING-」を歌いきった伝説のイベントとなった。

◆「Mステ時空では今もずっと活動中」の声

SMAPの映像を流したMステにファンは「嬉しい!映像を流してくれてありがたい」「現在も変わらず活動しているかのような扱いでうれしい」「とても貴重な映像!!!」「Mステ時空では今もずっと活動中」「改めてSMAPの代わりはいない」など感謝と感動の声をあげている。(modelpress編集部)

情報:テレビ朝日

小林麻央の現在の状態は「一進一退」 夫の市川海老蔵が報告

「プレミアムフライデー」PRイベントに出席した市川海老蔵

写真拡大


 歌舞伎役者の市川海老蔵(39)が31日、都内で行われた「プレミアムフライデー」PRイベントに出席した。

 29日、妻で乳がん闘病中の小林麻央(34)がブログで血液検査の結果が予想より悪かったことを報告。海老蔵は「もう少し良くなっていると家族みんな期待していたが、思い通りにはならなかった。みんなショックですけど、まぁしょうがないです」とコメント。続けて麻央の現在の状態を聞かれると「日々一進一退ですね。大変は大変ですけど、家族全員明るく振る舞うのが我が家の信念。元気そうに見えるかもしれませんが、よく闘っていますね」と話した。

 また、麻央の姉でフリーアナウンサーの小林麻耶(37)が4月3日放送のフジテレビ「バイキング」(月〜金曜前11・55)にVTR出演することが決定。海老蔵は「きのう収録の終わりにうちに来た」と明かし、「キャピキャピしていた。『キレイ?』って聞いてきたけど僕はノーコメントでしたけどね」と語った。

 先月からスタートした「プレミアムフライデー」をPRした海老蔵。もしプレミアムフライデーがあるなら?との問いには「家族で温泉に行きたい。温泉に言ってゆっくりしたい。お茶でも飲みながらのんびりできたらいい」と希望を語った。

加藤浩次の子役への対応 菊地亜美が「冷めた表情」だと指摘

加藤浩次

写真拡大


31日放送の「スッキリ!!」(日本テレビ系)で、タレントの菊地亜美が、加藤浩次が子役に対してみせる表情を目ざとく指摘した。

番組の「エンタメまるごとクイズッス」コーナーでは、30日に行われた、スパークリングワインのPRを目的とする「お花見CHANDON 2017プレスイベント」の模様を放送した。イベント紹介がひと通り終わった場面で、菊地は「スッキリ!!」に子役が出演したとき、加藤がワイプ越しにみせる表情にいつも注目している、と告白したのだ。

これまでにも、寺田心など数々の子役がVTR出演している同番組。菊地の目には、加藤が「はいはい〜(この子は)そういう感じね」という、冷めた調子の顔を浮かべているかのようにみえるとか。当の加藤はこの言葉を聞き、ワイプ越しに「してねえよ。ネガティブキャンペーンやめろ」と反撃していた。

【関連記事】
加藤浩次 リア充アピールに苦言「人と比べて良いことなんかいっこもない」
内田理央の人生を変えた加藤浩次の言葉「やりたいことをちゃんと言うべき」
加藤浩次の合コンでの狂犬ぶりが明らかに「女性にチャーハンをぶっかけた」

菊地亜美の心がけに加藤浩次が辛らつ「だからいつもちょいブスなんだ」

菊地亜美

写真拡大


31日放送の「スッキリ!!」(日本テレビ系)で、タレントの菊地亜美が明かした「心がけ」について、司会の加藤浩次がイジりまくる場面があった。

番組では「クイズッス」のコーナーで、スパークリングワイン「お花見CHANDON2017」のプレスイベントに登場した菊地と武田修宏に直撃した様子をVTRで紹介した。

その中で菊地は、スタジオ出演者に向けて「私はバラエティ番組を見ることも出ることも大好きなんですが、出させていただくときに心がけていることがあります。それはいったい何でしょう?」というクイズを出題した。

「見た目で親近感を持たせるため」というヒントから、加藤は「ちょっとメイクをブスにする」と答えて正解した。

VTR映像では菊地が「可愛くなりすぎないこと」と正解を発表すると、武田は苦笑しながら「それはどういうことですか?」と尋ねる。菊地は「可愛くなりすぎると、憧れになっちゃうから親近感がないと思う」「となると、ちょっとくらいブス。『あれ、これ可愛いのかな?ブスなのかな?』って、わからないくらいの方が親近感を持たれる」と持論を展開した。

さらに菊地が「普通に手抜いたら可愛くなっちゃうんですよ、私」「(可愛いさの)MAXはテレビでは見せれない」と語る。

VTRを見ていた加藤は「だからいつもちょいブスなんだ!」と一刀両断。さらに、同コーナーで「天の声」を担当する柳原可奈子が、加藤にコメントを求めると加藤は「いつもそうしてるんだなと思って」「オレずーっと彼女は、ちょっとブスだと思ってた」とバッサリ。

加藤の辛らつなコメントに、ゲスト出演していたお笑いコンビのナイツも「(ブスだって)言ってよかったんですね」「よかったよ自分から(ブスにしてるって)言ってくれたら楽だよ」と菊地を散々イジり、スタジオでは大きな笑いが起きていた。

【関連記事】
加藤浩次 子役への対応に対する指摘に「ネガティブキャンペーンやめろ」
加藤浩次 リア充アピールに苦言「人と比べて良いことなんかいっこもない」
菊地亜美 滑舌をよくするために受けた手術後の現状に嘆き

トレンディエンジェルのたかし ギャラを両親に預け貯金1億円間近か

トレンディエンジェルの斎藤司(右)とたかし

写真拡大


 お笑いコンビ「トレンディエンジェル」(斎藤司=38、たかし=31)が29日、東京・世田谷区の昭和女子大学人見記念講堂で行われた「春の全国交通安全運動統一行事」に参加した。

 交通安全教室に集まった多くの子供の前で、トレンディは漫才を披露。斎藤が「僕はこう見えてもジャニーズなんです」とボケると子供たちも爆笑。さらに斎藤が「ハゲって言うなよ!」と言うと、「ハゲー!」と大声が返ってきた。

 斎藤といえば先日、交際していた彼女と結婚寸前で破局したことが話題となったが、そのショックを吹き飛ばさんばかりの勢いで子供たちを大喜びさせた。

 破局の原因については「浮気説」や「金銭感覚の崩壊」などと一部で報じられた。昨年大ブレークし現在も引っ張りダコだけに「月収で数百万円程度、最高で月1000万円は稼いでいるんじゃないでしょうか」(テレビ局関係者)。

 だがその分、散財しまくって「貯金が50万円しかないことが破局の一因」とも言われる。

 ただ、お笑い関係者は「破局の原因が散財というのはありえない」と否定する。「さすがにあれだけ稼いでいて、貯金が50万円ということはない。本人も否定したがっている」。実際には2000万〜3000万円ほど貯金があるとみられている。

 一方、斎藤の陰に隠れがちだが「しっかりため込んでいる」と言われるのが相方のたかしだ。

「仕事で稼いだギャラはいったん両親に預けていて管理してもらっているようです。このままの勢いで売れ続ければ、貯金額は1億円に届くのでは!?」(同関係者)

 ひと昔前の芸人といえば「宵越しのカネは持たない!」といったタイプも多かったが、最近は堅実派が増えているようだ。

井上貴博アナが「ビビット」卒業で号泣、「放送事故」と自虐

31日放送の「白熱ライブ ビビット」(TBS系)で、井上貴博アナが番組を卒業。お別れのあいさつで涙がこらえきれなくなり「放送事故!」と自虐コメントを残した。

番組では終了間際、同日をもって番組を卒業する井上アナと林みなほアナがあいさつをした。林アナが視聴者への感謝などを語ってそつなくこなしたあと、井上アナがあいさつする番に。

4月からは「Nスタ」(同)のキャスターをつとめる井上アナ。視聴者への感謝を述べたのち、司会の国分太一、真矢みきの方に向き直ってあいさつをしようとしたところ、急にこらえられなくなったのか、号泣し始めた。

まともに話せなくなるほど号泣する井上アナに、思わず真矢が「何言っているか全然わからないよ!」とツッコみ、他の出演者も「遠くに行っちゃうみたい…」と困惑。井上アナがこの事態に自ら「放送事故!」とコメントして笑いを誘った。

井上アナがあらためて視聴者に向かって「今後ともビビットをよろしくお願いします!」と頭を下げると、国分が突如井上アナのトレードマークであった黒縁メガネを奪って自分でかける。最後は笑いでふたりのアナを送り出したのだった。