0年 0月 の投稿一覧

実写版「ジョジョの奇妙な冒険」 伊勢谷友介演じる空条承太郎の姿を解禁

空条承太郎を演じる伊勢谷友介 (C)2017 映画「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」製作委員会 (C)LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社

写真拡大

 荒木飛呂彦氏の人気漫画を実写する映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』(8月4日公開)より、新たなキャラクター写真が3月1日、解禁された。これまで主人公・東方仗助を演じる山崎賢人をはじめ、広瀬康一役の神木隆之介らのビジュアルがお披露目されてきたが、ラストを飾るのは空条承太郎役の伊勢谷友介。承太郎には「中学の頃から恐ろしいほど憧れていた」と思い入れを明かし、上下真っ白で決めた日本人離れした衣装を着こなしている。

【写真】アンジェロ役 山田孝之の“極悪フェイス”

 同作は、19世紀末のイギリスを舞台にした第1部から始まる“ジョジョ”と呼ばれる“ジョースター家”の代々の戦いを描く大河ストーリーから、第4部『ダイヤモンドは砕けない』を実写化。三池崇史監督がメガホンをとり、シリーズ化を見据えた製作体制で挑む。

 伊勢谷が演じる承太郎は、“ジョースター家”の人間で、仗助とは血縁上「甥」にあたるが、仗助を導いていく存在。以前から原作のファンだった伊勢谷は「承太郎と伊勢谷友介は全く別人格なのでそのギャップを埋めるのが難しかった」と苦労を吐露したが、「三池監督のアイデアが随所にあふれてくる撮影はすごく刺激的で、楽しませていただいた」とコメント。スペイン・シッチェスで行われた撮影も満喫したようで、「この街の中であるからこそ、ジョジョの衣装が馴染み、違和感がないと思うので期待している」と自信をのぞかせた。

DAIGOが北川景子との結婚生活を告白「掃除とか洗濯はやってくれる」

DAIGO&北川景子が結婚1周年 (C)モデルプレス

写真拡大

【DAIGO・北川景子/モデルプレス=2月28日】歌手でタレントのDAIGOが27日、MCを務めるフジテレビ・関西テレビ系バラエティ番組「ちょっとザワつくイメージ調査 もしかしてズレてる?」(毎週月曜よる10時〜)に出演。妻で女優の北川景子との結婚生活を明かした。

DAIGO、北川景子出演映画を鑑賞「ラブラブな夫婦」の声

同じくMCの後藤輝基(フットボールアワー)から「結婚して褒められたりするの?奥さんに」と問われると「結構褒めてくれるんすよね。バラエティとか僕の出てた番組を一緒に観て『(バラエティを)ほんとに分かってる』みたいな」と答えたDAIGO。「ほかの芸人さんがやってる時はそんなに笑ったりしない?」とさらに後藤から掘り下げられると「もちろん面白いのは笑うんですけど、俺がアルファベット(=DAI語)とかやってもいまだに笑ってくれる」と真顔で語った。

また家事に関しては「基本的に掃除とか洗濯は奥さんがやってくれるんですけど、ただ先(家に)帰る場合は俺が掃除機とか風呂掃除とか(する)」と結婚生活の実態を明かした。

◆交際中のエピソードを紹介

また後藤は、2人が交際中に北川とロケが一緒になった際のエピソードを紹介。DAIGOを知っていたため、ロケの進行をしにくく感じていた後藤に対し、北川から「はじめまして。いつもうちのDAIGOがお世話になっております。ずっとDAIGOからお話聞いてます」と挨拶したそう。

後藤が明かした北川の気遣いにスタジオからは「え〜」と驚きや感心の声が上がっていた。(modelpress編集部)

情報:フジテレビ

狩野英孝がレギュラー出演していた「超ポンコツさまぁ~ず」3月で終了

狩野英孝

写真拡大

 女子高生との淫行疑惑で芸能活動を謹慎中のタレント狩野英孝(35)がレギュラー出演していたテレビ東京「超ポンコツさまぁ〜ず」(土曜後6・00)が3月いっぱいで終了することが28日、分かった。

 関係者は「狩野さんの淫行問題とは関係なく、元々終わることが決まっていた」と説明。後継はこれまでと同様に、お笑いコンビ「さまぁ〜ず」の冠番組で、スポーツ選手と絡む内容だという。

長渕剛 恩人の「お別れ会」で“ナマ熱唱弔辞”の舞台裏

長渕剛 恩人の「お別れ会」で“ナマ熱唱弔辞”の舞台裏

写真拡大

 大恩人の「お別れ会」で、長渕剛(60)が熱唱──。いかにも“らしい”やり方で、故人を送り出した。しかし感動的な追悼の舞台裏には、大御所ミュージシャンの意外な“小心素顔”が隠れていたのである。

「石坂さん、こんなところで、お別れの会で弔辞を読むなんて思ってもなかったです。すごく悲しいんだけど、しっかり読めるかどうか‥‥」

 2月8日、東京・青山葬儀所で営まれた、元日本レコード協会会長・石坂敬一氏(享年71)の「お別れ会」。長渕の弔辞は、そんな戸惑いとも取れる独白から始まった。

 昨年12月31日に亡くなった石坂氏は、東芝EMIでビートルズの担当ディレクターを務め、レコード会社の会長職を歴任した音楽界の巨人だ。長渕にとってもデビュー当時からのつきあいで、代表曲「巡恋歌」「乾杯」などを手がけてもらっている。

 弔辞の終盤には12年に鬼籍に入った俳優・二谷英明の葬儀でも披露した、自身の楽曲「12色のクレパス」を熱唱。故人への思いがあふれるあまり、即興で歌いだしたかのようなムードに、多くの参列者の涙を誘ったのだが‥‥。

「即興のわけがないでしょう。豪放磊落で堂々とした印象のある長渕さんですが、実はかなりの小心者ですからね。あの熱唱弔辞も、2日前に葬儀所を訪れて、しっかりリハーサルを行っていましたよ」

 そう断言するのは、長渕をよく知る音楽番組の関係者だ。

「昨年12月に放送されたフジテレビの音楽特番『FNS歌謡祭』でも、まるで即興のように米・トランプ大統領やマスメディアの報道姿勢を批判するような『乾杯』のアレンジ曲を約8分間の長尺で披露しました。物議を醸したものですが、画面にはしっかり歌詞が字幕スーパーで出ていて、生放送の進行にも支障を来しませんでした。リハなしではありえませんよ」(前出・音楽番組関係者)

 いわく、長渕はリハがないととたんに不安が募る性格で、今回もスタッフに、「何とかしろ!!」とハッパをかけ、半ば強引に前代未聞の“葬儀所リハ”を実現させたのだという。

 会場となった青山葬儀所に問い合わせると、やはり「お別れ会」の2日前にそれは極秘で行われていた。

「葬儀社のほうから、式場の使用をお願いされました。ただ、『扉を全て閉め切らせてほしい』とのことで、誰が来て中で何をされているかは当方では把握していませんでした。会の当日になって、『長渕さんだったのか』と思い至った次第です」(青山葬儀所担当者)

 大恩人の石坂氏の弔事を万が一にも失敗できない、というプレッシャーもあっただろうが、入念にリハとは、まるで式の主役である。

 会に参列して、実際に長渕の熱唱を聴いたレコード会社関係者が言う。

「弔辞は長渕さんだけでなく都合3人が読み上げたのですが、“トリ”を飾った長渕さんが読む間だけ、ずっと生ピアノの伴奏が入っていたんです。歌もそのピアノに乗せて歌っていた。ピアノのサウンドチェック、歌い出しと伴奏のタイミングはリハどおりだったようでバッチリでした」

 長渕の鶴の一声で奔走させられた、スタッフ一同も胸をなで下ろしたに違いない。

 事務所に近い関係者によると、こうした強引な指令は日常茶飯事だという。

「15年の富士山オールナイトライブでは、事務所スタッフが長渕さんの要求を全てかなえるべく骨を折り、心労が重なったあげく、多くのスタッフがライブ終了後に事務所を辞めました。新しいスタッフを入れても結局長続きせず、イエスマンしか残れないような状況です。15年に男女関係にあると疑惑が報じられた冨永愛(34)を常に付き人のように従えて、どんな現場でも“暴君”のようにふるまっていると聞いています。結局、長渕さんに意見したりコントロールできるのは、奥さんの志穂美悦子(61)さんだけみたいですね」

 そもそもリハどおりにいかないのが、長渕のこれまでの人生だったようにも思えるのだが‥‥。

綾瀬はるか 本番とのギャップが魅力?私服のゆるさで現場がコーフン状態

綾瀬はるか 本番とのギャップが魅力?私服のゆるさで現場がコーフン状態

写真拡大

 ドラマ、CM、映画‥‥。テレビで見ない日はない八面六臂の活躍を見せる女優といえば綾瀬はるか(31)だ。実は、カメラが回っていない場面でも周囲の目を引き付けてやまないのだった。

 スポーツ紙文化部記者が打ち明ける。

「先月中旬、NHK局内でナマ綾瀬を目撃したんです。その日は番組への出演がなく、表に出る予定がなかったようで、青いオーバーオールに白いニットセーターという非常にラフな格好でした。小走りに廊下を急ぐと、その胸当ての上であのみごとなバストがユッサユッサと揺れていました」

 その様子はまな板の上のコイならぬ、胸当ての上で2匹の白うさぎが跳びはねるようだったという。

 ワイドショーの芸能デスクがふだん着の綾瀬について説明する。

「“恋人にしたい女優NO1”など、男性から圧倒的な支持を受ける綾瀬ですが、ふだんのファッションは意外にもボーイッシュなものを好みます。下はゆるっとしたパンツやオーバーオール、上はニットセーターやTシャツなどリラックスした着こなしで、足元も夏場はスニーカー、冬場はショートブーツなど男の子っぽいものをよく履いています。早朝にスタジオ入りする時などは、髪の毛がボサボサな時もあるほどですからね」

 トップ女優がオーバーオールとは、ドラマで演じた「干物女」を地で行くようで、飾らぬところが人気の秘密なのかもしれない。

「実は、先日目撃したこのオーバーオールは、綾瀬さんの大のお気に入りアイテムのようです。忘れもしませんよ。一昨年の紅白で司会を務めた時にも、リハーサルで着用していたんです」(前出・スポーツ紙文化部記者)

 紅白司会者には、大みそかの本番前にもう一つの大仕事が控えている。本番数日前に出演者全員と実際に顔を合わせて面談を行うのだ。出場アーティストは数十組にも及ぶため朝から晩までの1日仕事になる。

「実際の面談では男性司会者の井ノ原快彦(40)が主にホスト役を務め、軽妙なトークでアーティストとコミュニケーションを図っていました。その傍らで綾瀬はほぼスイッチオフ状態。例のゆるっとしたオーバーオール姿で机の上にドンと自慢のF乳を乗せていました。ただ、退屈そうにメガネをかけたり外したりするたびに自慢のFカップがブルンブルン揺れて存在感を主張していたんです。正直、周囲をスケベな妄想に駆りたてる痴女のような私服を直視できず、目のやり場に困りましたよ」(前出・スポーツ紙文化部記者)

 関係者はまさに眼福のひと時だったに違いない。

 綾瀬の天然ぶりに驚いているのはスタッフだけではない。

「公開中の映画『本能寺ホテル』(東宝)の収録中に、大阪城を見て、『きれいなお寺。あ、神社だった』など天然すぎる発言を繰り返し、共演者を和ませています。特に、W主演の堤真一(52)は綾瀬さんの天然トークにぞっこんで、キャンペーン中も『はるかちゃんの破壊力はハンパじゃない。見ているだけで疲れが吹っ飛ぶ』とすっかり目尻を下げていました」(前出・ワイドショー芸能デスク)

 何かと天然ぶりばかりが注目される綾瀬だが、昨年は「海街diary」(東宝/ギャガ)で日本アカデミー主演女優賞を獲得するなど、アクションからコメディまで幅広い役柄を演じる女優としての評価は高い。

「綾瀬さんほど気負いのない演技をする女優は珍しい。いつも本番直前までは椅子に座ってダラけたり、ヘン顔してみせたり常にリラックス状態。ところが、本番がスタートするとみごとに役に入って演じきってしまう。女優として天才肌の反面、私生活では天然干物女というギャップが高い好感度を維持する理由なんです」(前出・ワイドショー芸能デスク)

 綾瀬主演のNHKドラマ「精霊の守り人」は、4Kスーパーハイビジョンテレビ対応の鳴り物入りでスタートしたが視聴率は低迷中。いっそ総天然色の濡れ場で挽回を図ってみては‥‥。

篠原涼子 年上夫・市村正親とごぶさた気味で欲求不満の肉声

篠原涼子 年上夫・市村正親とごぶさた気味で欲求不満の肉声

写真拡大

 まさに女盛りを迎えている篠原涼子(43)は、やはり何事にも旺盛である。酒場での様子に耳を傾けると、何とも艶っぽい肉声が聞こえてきた。

 実は最近、篠原が都心のバーに出没し、夜な夜な「飲んだくれている姿」が目撃されている。

 事情を知る広告代理店関係者が語る。

「同行者は仕事の関係者や同性の友人で、西麻布や白金といった有名人も集うハイソな街のシャレたバーで飲むことが多いようです。それが、酔いも進むと、夫との“夜の生活”の不満をぶちまけている。要はごぶさた気味で、ストレスがたまっているらしいのです」

 夫の市村正親(68)とは24歳差ながら、おしどり夫婦として有名である。市村が14年に胃ガンを患ったり、15年に右膝の半月板損傷で手術をしたりした際も、篠原が献身的に支え、その後の復帰を後押しした。

 ところが、酒席で酔っ払った篠原は、

「不倫した〜い」

 とまで口にし、まるで“新たなお相手”を物色しているかのようだというのだ。

 思えば篠原は、16年4月にも、ドラマ「オトナ女子」(フジテレビ系)で共演した江口洋介(49)とのW不倫デート疑惑が「女性セブン」に報じられている。

 しかし、そんなことがあっても警戒を強めるどころか、いまだに飲み歩きをやめていない。よっぽど欲求不満が高まっているのだろうか。

「そもそも篠原といえば、既婚者の市村と交際し、不倫略奪婚までこぎつけた“肉食女子”ですよ。おまけに下着CMで見せる柔らかそうな胸の谷間や、子供を2人産んだとは思えない完璧なボディラインはまさに熟れ頃。カラダがウズいて不倫願望を漏らすのも、さもありなんといった話です」(スポーツ紙芸能デスク)

「三十させごろ、四十しごろ」とはよく言ったものだが、性欲がピークに達する40代女性にとって、夫とのセックスレスは重大な問題と言えよう。とはいえ、市村に同情的な声も出ている。

「超売れっ子の市村は現在、連ドラ『嘘の戦争』(フジ系)に出演中で、今後も映画が1本、舞台が3本決まっています。2月初旬に都内で行われたイベントに出席し『来年は古希だけにコキコキ頑張ります』と軽口を叩いていましたが、大病から復帰して間もなく、“夫婦生活”に回す体力が残らないのも当然でしょう。年齢的にも、欲求の衰えだって考慮してあげないと‥‥」(前出・スポーツ紙芸能デスク)

 悶々とした篠原の現状から、複数のゴシップ誌が不倫スクープを狙ってスタンバイしているという。

 そんな不穏な私生活とは裏腹に、結婚後はセーブ気味だった篠原の仕事量がここへ来て急増している、とキー局スタッフが語る。「年明けにはスペシャルドラマ『愛を乞う人』(日本テレビ系)に主演。さらに、ここ10年はまったくと言っていいほど出演していなかったバラエティ番組にも顔を出し、女優としてブレイクする前の過去を知っているため共演NGと言われてきた、小室哲哉(58)や今田耕司(50)とも再会を果たしています」

 驚くべきことに、今田と共演した「アナザースカイ」(日テレ系)では、篠原最大のタブーとされていた「東京パフォーマンスドール」時代の話にも触れている。

「大胆な方針転換は、人気回復のための新戦略でしょう。クールビューティ路線で確固たる地位を築いた篠原ですが、最近は主演ドラマの視聴率が低空飛行。ライバルの米倉涼子(41)に押され気味ですからね」(前出・キー局スタッフ)

 こうした軌道修正は活動の間口を広げ、パフォーマンスドール時代の後輩で、不仲がささやかれる仲間由紀恵(37)との共演という“ウルトラC”の可能性まで期待される。芸能評論家の張本茂雄氏はこうも言う。

「顔が広く先輩後輩問わず慕われる今田との共演は、“今田ルート”での男あさりスタートの予感があります。かつての“ごっつファミリー”もしくは今田本人と、ベッキー以上の炎上覚悟となる不倫劇を妄想したいですね」

 公私ともにひと波乱ありそうな篠原から目が離せそうにない。

忽然と消えた女子アナたちはいま!(2)細貝沙羅は下手すぎて人事部異動、龍円愛梨は小池百合子塾に…

忽然と消えた女子アナたちはいま!(2)細貝沙羅は下手すぎて人事部異動、龍円愛梨は小池百合子塾に…

写真拡大

 80年代以降、すべての「女子アナ」はマスコミに狙われる対象に。記憶に残るあの醜聞は、彼女たちの運命を激変させた。

小宮悦子(テレビ朝日、81年入社)代表番組「ニュースステーション」

 85年スタートのNステで絶大な人気を得たが、既婚の身で男性スタッフ宅からの朝帰りが発覚。現在は緩やかに活動を再開している。

小林悠(TBS、10年入社)「朝ズバッ!」

 ハーフアナとして目立っていたが、昨年2月に実業家とのデートを報道され、精神的に不安定になったとして3月4日付で依願退職。

木場弘子(TBS、87年入社)「JNNニュースコープ」

 TBSを退社後、内閣府の「規制改革会議」の委員などに名をつらね、原発礼賛のタイアップ記事に登場したワースト1位に認定。

松尾翠(フジテレビ、06年入社)「めざにゅ〜」

 入社早々、大学時代の不貞メールが発覚するトラブルに見舞われたが、13年に福永祐一騎手とのデキ婚でフジを辞め、京都に移住した。

河野明子(テレビ朝日、01年入社)「報道ステーション」

「報ステ」担当時は、22歳年上の番組統括プロデューサーとの同棲で物議を醸した。その後、中日の井端弘和(現・巨人コーチ)と結婚し、11年に出産。

畑恵(NHK、84年入局)「夜7時のニュース」

 最年少で7時のニュースを担当した才媛で、95年には参議院議員に初当選。船田元衆議院議員との政界不貞⇒略奪婚は批判を浴びた。

福島敦子(NHK、88年契約)「サンデースポーツ」

 CBCからNHKの契約アナとなり、その翌年には番組ディレクターとの不貞が発覚。さらに93年にも番組スタッフとの不貞に発展。

細貝沙羅(フジテレビ、10年入社)「FNNスーパーニュース」

 ミス日本やミス慶應の候補になるほどのビジュアルだったが「あまりにもアナウンス技術が低い」との理由で、昨年6月に人事部に異動。

馬場典子(日本テレビ、97年入社)「ZIP!」

 12年に週刊文春で「横領疑惑」や「二股」が報じられ、担当番組を次々と降板。14年の6月末で日テレ退社に追い込まれた。

龍円愛梨(テレビ朝日、99年入社)「朝いち!!やじうま」

 過去に艶系の店で働いていたと報じた雑誌を提訴し、770万円の損害賠償を勝ち取る。その後、社会部記者を経て11年に退社。昨年10月には小池百合子の政治塾にも参加した。