0年 0月 の投稿一覧

清水富美加の出家後を幸福の科学に聞いた 主演映画の話題に触れる?

清水さんは2017年2月に突然ファクスで「出家」を表明した

写真拡大


タレントの清水富美加さん(22)が宗教法人「幸福の科学」に職員として採用され「出家」してから約2か月半が経った。当時、教団側は「仕事を選択する自由も無い、一種の『苦役』」が原因で清水さんに「心身の不調」が起き、「宗教上の緊急救済の観点から出家者として受け入れを決めた」と説明していた。

それ以降、清水さんはツイッターを数回更新した以外、ほとんど動向は不明で、2017年4月29日に行われた、出家前に撮影した主演映画「笑う招き猫」の公開イベントにも姿を見せなかった。改めて近況を教団側に聞いた。

主演映画「笑う招き猫」公開イベントにも姿を見せず

教団側が説明するように、出家直後の清水さんの状態は、きわめて不安定だったようだ。教団名の「千眼美子」(せんげん・よしこ)名義で解説されたツイッターの書き込みも、

「自分の真実くらい、自分で語らせて下さい」(2017年2月11日)
「すり減って行く心を 守ってくれようとしたのは 事務所じゃなかった」(2月12日)
「また一つの事実がもう消されそう」(2月13日)

などと追い詰められたような書き込みが続き、2月17日に発売した著書「全部、言っちゃうね。」(幸福の科学出版)でも、芸能生活をめぐるストレスで右手首をカッターで切ったり、マネジャーに対して「本当に(編注:当時の所属事務所の)社長のことを殺したいって思ったりします」と伝えたことを明かしていた。

体調が良い時には「宗教行事や企画など」も

2月26日には「ソラニン」という謎の4文字を投稿。その意図をめぐる憶測を呼んだ。ただ、3月7日、3月18日の両日には料理の写真を投稿し、3月18日には「ちょっとずつ回復しておりますー」の一言もあった。書き込み内容が多少穏やかになりつつあるとの見方も出ていたが、その1か月後の4月19日には、帽子をかぶってマスクをつけた状態で、満開の桜の木をバックにした写真を掲載。「ふぇーい。いつか。この前」という意味不明なコメントが添えられており、本当に「回復基調」なのか疑問視する向きも出ていた。

では、実際のところはどうなのか。幸福の科学グループの広報担当者は、出家直後は

「健康が回復した後、ご本人の希望を汲みつつ、人助けのプロとなるべく、まずは精神的修養を積んでまいります」

と説明していたが、4月26日には

「体調が良い時には、出家者として宗教行事や企画などの聖務を行える状態になりつつあります」

と説明。職員として、ある程度の業務ができる程度には回復しているようだ。

主演映画については「特に聞いておりません」

清水さんをめぐっては、出家前に撮影した主演映画「笑う招き猫」が4月29日に公開されたばかり。映画は松井玲奈さん(25)とのダブル主演。スポーツ各紙によると、4月29日に行われた初日舞台あいさつで、飯塚健監督(38)が「松井がひとりで宣伝を頑張ってくれた」と松井さんをねぎらったが、松井さんの口からは清水さんに関する言及はなかった。

ただ、松井さんはツイッターで、

「松井玲奈、初日挨拶でW主演の清水富美加には触れず」(サンケイスポーツ)

といった見出しをリツイート(転送)。すでにリツイートは取り消されているが、やはり、思うところがあるようだ。

なお、前出の幸福の科学の広報担当者は、清水さんが仕事が教団内の会合で映画の話題について触れることがあるかどうかについて、

「特に聞いておりません」

としている。

トレエン斎藤司が3月の月収が300万円とぶっちゃけ 4カ月前から大幅ダウン

「トレンディエンジェル」の斎藤司

写真拡大


 「トレンディエンジェル」の斎藤司(38)が30日放送のTBS「アッコにおまかせ!」(日曜前11・45)に生出演。先月の月収をぶっちゃけた。

 番組では、他の番組でヒロミ(52)から2017年で消えそうな芸人に選ばれたことを紹介。ヒロミが「斎藤さんだぞ!が最近雑になっている」とその理由を説明すると、斎藤も「ぐうの音も出ない」と苦笑いした。

 そんな旬の芸人・斎藤だが、3、4カ月前の月収については相方のたかし(31)が「1000万円」と暴露。斎藤も「CMとか入って、まとめて」とそれが事実であると認めた。そのうえで、先月の月収を聞かれた斎藤は観念したように「300万円」とぶっちゃけ。これには司会の和田アキ子(66)は「それでもそんなにあるんだ!」と驚き。陣内智則(43)は「なんで言うの?お前とカズレーザー言い過ぎだぞ!」と困り顔だった。

たんぽぽ川村エミコが持論 「中途半端な可愛い子は性格悪い」

 AbemaTVのトークバラエティ番組『おぎやはぎの「ブス」テレビ』のが5月1日放送される。同番組は毎週月曜よる9時より放送されている、お笑いコンビ・おぎやはぎの小木博明と矢作兼がMCを務め、“ブス”をテーマに語り尽くすバラエティ番組。毎回スタジオに登場する容姿や性格が自称“ブス”な女性の意見や経験談を元に、“ブスとは何なのか”を徹底討論していく。

 今回は自称“ブス”な女性として、お笑いコンビ・たんぽぽ川村エミコや元AKB48の野呂佳代らが出演。美人枠としてライブアイドルの小桃音まいも登場し、自称“ブス”な女性たちとともに「ブスのゴールデンウィーク」「ブスのここを見直した」「ブスのさらにHな話」など、様々なテーマについて話し合っていく。

■たんぽぽ川村「中途半端な可愛い子は性格悪い」

 自称“ブス”として登場した芸人のたんぽぽ・川村エミコは、「中途半端な可愛い子は性格悪いイメージ」と持論を展開。アイドル好きの芸人・梶原つぐみも、アイドルのことは好きなものの「性格は悪い」と力説。“美人枠”の小桃音を攻撃する形に。しかし、小桃音は負けじとぶりっ子ポーズを連発。ゲストたちの間で「美人とブス、どちらが性格が悪いのか」という論争が巻き起こっていく。

 『おぎやはぎの「ブス」テレビ』は5月1日(月)よる8時よりAbemaTV・AbemaSPECIALチャンネルで放送される。

■ 『おぎやはぎの「ブス」テレビ』

放送日程:5月1日(月)

放送時間:よる9時~よる10時

放送チャンネル: AbemaSPECIAL

放送URL: https://abema.tv/channels/abema-special/slots/8T6VERWgxNmPEf

(c)AbemaTV

神田沙也加の暮らしぶり 松田聖子を反面教師に自然体で堅実?

'16年3月『ラーメン二郎』を食べた後、帰路につく神田沙也加

写真拡大


 女優で歌手の神田沙也加(30)が4月26日に俳優の村田充(39)との結婚を発表した。昨年夏の舞台『ダンガンロンパ THE 〜希望の学園と絶望の高校生〜2016』での共演を機に、交際期間8カ月でのゴールインだという。

この記事のすべての写真を見る

 そんなふたりが稽古で知り合ったばかりであろう’16年3月夜のこと。沙也加の姿は都内の人気ラーメン店『ラーメン二郎目黒店』の前にあった。

「この日は男友達ふたりと来ていました。普通に行列に並んでいましたが、あの特徴的な声で神田だと気づきました。でも地味目な服装にメガネ姿で、あまりにも周囲に溶け込んでいて、ほかに気付いている人はいなかったんじゃないかな」

 そう話すのは同店の常連客だ。

 同店は“ニンニクマシマシヤサイマシアブラカラメ”という呪文のような注文コールや、“ジロリアン”と呼ばれる熱狂的なファンの存在が知られており、そのヘビーさゆえか、女性客はあまり見かけない。それでも、沙也加は何の違和感もなく店の雰囲気に馴染んでいたという。

≪じゃんがらの他にすきなのはね、天下一品のラーメン、横濱屋の角煮ラーメン、金伝丸の黒丸、なんつっ亭のラーメン、ラーメン二郎のにんにく以外増し…などなど。太麺や、粉落としに出来るとなお良し☆超こってり好みなアタシ。≫(’10年1月18日『神田沙也加Official Blog』)

 ブログに記しているように、沙也加は大のラーメン好きだったのだ。もしかしたら、この日も“ニンニク以外全マシ”で注文したのだろうか。ラーメンを食べ終えて店から出ると「おいしかった〜」と満足そうに話しながら、男友達と目黒駅に向かったのだった。

 沙也加は自身のインスタグラムに村田と父・神田正輝(66)との3ショットをアップし結婚を報告し、神田も娘の結婚を祝福するコメントを発表した。だが、母親である松田聖子(55)は沈黙したまま。

「あえて父・神田を交えた3ショットを載せたのは、母親に対しての何かのメッセージなのかもしれません。母娘の“不仲”は以前から囁かれていましたし、沙也加は聖子の知的財産を管理する個人会社に所属していますが、5月1日から個人事務所を設立することをWebサイト上で発表しました。実質的な“松田聖子”からの独立ということでしょうね」(音楽関係者)

 聖子は母親であっても、やはり、私生活でもトップアイドル・松田聖子なのだろう。

「聖子の姿が反面教師になったのでしょう、沙也加は自然体で家庭を築いていくと思いますよ。真面目な性格で、礼儀正しく、とても気さくです。普段の移動も電車や徒歩だったりで、暮らしぶりもかなり堅実なタイプです」(舞台関係者)

 結婚後は夫婦仲良くラーメン店へ行く姿が見られるかもしれない。

「きりたんぽ」騒動の裏でユースケ・サンタマリアが降板?タイトル提案か

『サヨナラ、えなりくん』(テレビ朝日系)公式サイトより

写真拡大


 AKB48・渡辺麻友が主演する『サヨナラ、えなりくん』(テレビ朝日系)が、4月30日深夜にスタートする。当初は『サヨナラ、きりたんぽ』のタイトルで発表されていた同ドラマだが、ある“クレーム”がきっかけとなり、題名だけでなく内容まで変更して仕切り直すこととなった。

「当初の『サヨナラ、きりたんぽ』は、1936年に起こった“阿部定事件”をモチーフに、渡辺演じる主人公が出会った“最低な男たち”を成敗していくという内容で、男性の下腹部を切断するというシーンもあると伝えられていました。しかし、“きりたんぽ=男性器”を連想させ、『きりたんぽのイメージが悪くなる』と、秋田県からのクレームが入り、局がタイトルの変更を発表したんです」(スポーツ紙記者)

 新たに発表された『サヨナラ、えなりくん』は、主人公の桐山さおり(渡辺)が交際男性の本性を見抜き、“特殊能力”によって懲らしめる……という内容で、タイトルだけでなく内容も変更。また、“えなりくん”役として俳優・えなりかずきもメインキャストに加わった。

「同ドラマは、企画・原作がAKB48の総合プロデューサー・秋元康氏であるため、今回の騒動を秋元氏の失態と思っている人も多いはず。しかし、実際に、秋元氏は当初のタイトルについて一切関与していなかったそうです」(芸能プロ関係者)

 では、一体誰が“きりたんぽ”をタイトルとして提案したのだろうか。

「実は、同ドラマに出演予定だったユースケ・サンタマリアが、ドラマスタッフとの雑談中に思い付いたというんです。当然、『さすがにヤバいんじゃないか?』といった声もあったものの、本人からの強い推薦もあって採用。しかし、結局発表直後にあのような大騒動になってしまいました」(同)

 そして局はタイトル変更を余儀なくされたが、改題版の発表と同時に、渡辺以外の共演者が公になった際、そこにユースケの名前はなかった。

「もともとユースケは男性俳優の一番手にキャスティングされていたので、えなりとチェンジになったとみられています。関係者の間では、『騒動の責任を取って本人が辞退したのでは』といわれているんです」(同)

 こうしたトラブルを経て、ようやく放送開始にこぎつけた『サヨナラ、えなりくん』。主演の渡辺はこの逆境から、巻き返しを図れるだろうか。

オードリー若林正恭 ゴルフ場での男性キャディの非礼行為に怒り

若林正恭(オードリー)

写真拡大


29日深夜放送の「オードリーのオールナイトニッポン」(ニッポン放送)で、オードリーの若林正恭が、ゴルフ場でのキャディの非礼行為を明かした。

番組では若林が、アンタッチャブル・山崎弘也、ますだおかだ・岡田圭右、占い芸人の島田秀平とともにゴルフをした際のエピソードを披露した。

若林たちのキャディは40歳前半とみられる男性だったそうで、出会い頭、挨拶もせずにいきなり「若林さんのドライバーってこれ?」と尋ねてきたというのだ。さらには、すぐさまスマホを取り出し、若林たちとの写真撮影を試みてきたそう。若林がSNSに上げないようお願いすると、キャディは馴れ馴れしい態度で「アタシやってないから。大丈夫、大丈夫〜」と返してきたとか。

またゲームの後半には、キャディが島田に向かって、「本当に手相見れるんですかぁ?」と聞いてきたという。若林もとうとう「とんでもない失礼なこと聞くな!」と腹を立て、他の面々も「何を聞いてるんですか?」「見れるに決まってるでしょ!」と詰め寄ったということだった。

【関連記事】
オードリー・若林正恭が呆れ果てた銀行員の対応
オードリー・若林正恭がタクシー運転手の非礼を暴露 自宅前で待ち伏せされる
若林正恭 20代のマネジャーの非礼な振る舞いに困惑

松本人志が泰葉の坂口杏里についての記述を一刀両断「マナー違反」

松本人志(ダウンタウン)

写真拡大


30日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)で、松本人志が、タレント・泰葉の行動に苦言を呈した。

番組では、2007年に離婚した元夫・春風亭小朝から約20年にわたって虐待を受けていたことを、泰葉が自身のブログで告白した件を話題にした。

泰葉は、告白のきっかけが坂口杏里の3万円恐喝未遂事件にあるとし「たった三万円で逮捕されちゃうって報道みて」「じゃあ私がされたことを通報しちゃったら相手は完全に監獄行き」「ハット気がつきました」などとブログにつづっている。

この暴露について、松本は「ブログやTwitterは楽しい話をしてほしい」と意見し「坂口杏里さんのことは関係ない。親しくもないタレントさんの名前を勝手にブログで使うっていうのはマナー違反」だと一刀両断した。

また、松本は「アクセス数を増やしたいだけなのか、って。ブログによってはお金になるんでしょ。そっちの方も考えてしまう」と、この告発が泰葉の売名行為である可能性も指摘していた。さらに松本は「特に坂口杏里は本当に関係ない。本人にひと言ないと」と念を押した。

【関連リンク】
泰葉オフィシャルブログ「Yasuha Style」〜告発〜

【関連記事】
ダウンタウンが生放送中にネタを酷評されて逆ギレした相手
松本人志が女性店員から受けた被害を告白 直電で「ご飯でも食べない?」
松本人志がアンジャッシュ・児嶋一哉の「肉の区別がつかない」バカ舌に驚愕

橋本マナミが婚活での撃沈経験を告白 交際の一歩手前で逃げられる

橋本マナミ

写真拡大


30日放送の「サンデー・ジャポン」(TBS系)で、橋本マナミが、結婚前提の交際を求めた結果、男性に逃げられたことを告白した。

番組では、26日に東京・六本木で行われた「ザ・プレミアム・モルツ フェスティバル」のオープニングイベントで、橋本にインタビューした模様を放送した。

インタビューで橋本は、「気になる男性と飲みに行ったりしてないんですか?」との質問に、「私一応、婚活中なので、結構何人かと行ってたんですよ」と、男性と飲みに行っていたことを明かす。

そしてある男性と関係が深まり、交際まであと一歩のタイミングで、橋本が「結婚を前提にお付き合いしてほしい」と真面目に伝えたとか。だが相手の態度が急変したそうで、橋本は「ちゃんと伝えたら逃げて行きました」と残念そうに振り返っていた。

【関連記事】
橋本マナミ 梅沢富美男に口説かれ危機感「いやらしい目で見てくる」
橋本マナミが異性に求める意外な条件「経済力より性格より食の相性」
橋本マナミ 不倫報道の中川俊直衆院議員をバッサリ「器の小さなしょうもない男」

坂口杏里の今後の道は AVギャラダウンで「風俗出戻り」説も

坂口杏里

写真拡大


 ホストから3万円を脅し取ろうとして恐喝未遂容疑で逮捕、釈放されたセクシー女優の坂口杏里(26)に、かつて働いていたといわれる風俗業界に戻る可能性が浮上しているという。

 坂口といえば、昨年10月に『芸能人ANRI What a day!!』(MUTEKI)でAV界に鮮烈デビュー。業界で「トップになりたい」と高らかに宣言し、最初こそ注目されたが、お尻が汚いことで集中砲火を浴び、これがその後リリースした写真集の売り上げにまで影響を与えたといわれる。

 評価はともかく、今年2月に『芸能人ANRI By KING』(ムーディーズ)、3月には『芸能人ANRIめちゃくちゃイッてるッ!』(同)と順調にリリースを重ねてきた坂口だが、今回の逮捕で状況が一変することもあり得るというのだ。

 25日発売の「女性自身」(光文社)によると、坂口は現在の所属メーカーとはすでに5本契約し、ギャラは前金でもらっているという。5月13日には最新作『ヤルからにはトップを獲る!芸能人ソープ嬢 ANRI』(同)の発売が決まっているが、それ以降の活動は不透明。逮捕の影響で制作が延期や中止になった場合、損害賠償を求められる可能性もあるという。AVデビューの背景にはホストに貢いで作った借金があったと伝えられており、賠償金を支払うとなれば本末転倒だ。

 そんな中、やはり注目されるのは、坂口の行く末だ。

「AVデビュー前、坂口がハマっていた都内某所のホストクラブで、金の使いの荒さと男への異常な執着ぶりに恐れをなしたのか、『あいつはヤバい……』と複数人のホストが逃げるように辞めていったそうです。そのときの感覚のままホストに貢いでいたとすれば、ホスト通い自体をやめない限り、同じことを繰り返し、今後普通の生活ができないのでは?」(ホストクラブ関係者)

 4年前、母の坂口良子(享年57)を失ったことで空いた坂口の心の穴を埋める場所こそが、ホストクラブだったともいわれる。今回の逮捕のきっかけがホストだったこともあり、根本的な解決策を見いだせない限り、坂口の“ホストファースト”な生活からの脱却は難しい。

「かつて坂口はホスト代捻出のために、高給風俗店で1回10数万〜20万ほどの報酬を得て働いていたとも聞きます。賠償金が発生、仮に免れたとしても、AVのギャラダウンは避けられないでしょう。AVに嫌気が差して見切りをつけ、再び風俗で稼ぐという選択も、あり得るかもしれません」(エンタメ系ライター)

 再起を懸け、“風俗嬢でトップ”を目指す出戻りという選択なら、批判よりも同情の筋書きが描けるだろうか? 坂口の今後が注目される。

明石家さんまが「理想的」と評価 藤井隆とココリコ田中直樹の関係

明石家さんま

写真拡大


29日放送のラジオ番組「ヤングタウン土曜日」(MBSラジオ)で、明石家さんまが、藤井隆ココリコ田中直樹の関係を「理想的」と評した。

番組では、さんまが「会話しなくても楽しいのが一番エエなって思う」と、人間関係について意見を語った後、藤井と田中のやり取りを一例として挙げた。ふたりは喫茶店で待ち合わせするも、そのまま思い思いに時間を過ごし、ひと言もしゃべらずにまた帰っていくのだとか。

さんまが、わざわざ待ち合わせすることを疑問に思い、問いただすも、ふたりは「それは待ち合わせしてお茶飲みたいんです」と返してきたそう。出演者がこの話に驚く中、さんまは「結構それ理想形やろ? 夫婦としても」と、ふたりの珍しい関係を褒めていた。

【関連記事】
YOU 彼女ができるまでの藤井隆の印象を告白「ちょっと気持ち悪かった」
藤井隆 テレビでブレーク後の葛藤を告白「本当に腐ってた」
藤井隆 「逃げ恥」最終回で乙葉と夫婦共演した経緯を告白