0年 0月 の投稿一覧

高畑淳子、高畑裕太の騒動後初の連ドラ主演 息子を溺愛する役

 女優、高畑淳子(62)が6月3日スタートのフジテレビ系「屋根裏の恋人」(土曜後11・40)に出演することが30日、分かった。昨年8月に長男の俳優、高畑裕太(23)が強姦致傷容疑で逮捕(不起訴処分)されて以来、初の民放連ドラ出演。石田ひかり(44)演じる主人公の義母で、息子を溺愛する派手なベリーダンス講師役に「家で娘にしごかれながら一日中踊っています」と自宅で猛練習中だ。

 演技派女優が、お茶の間も待ちに待った“連ドラ復帰”を果たす。

 「屋根裏の恋人」は石田の14年ぶりの連ドラ主演作で、家族と平凡な生活を送っていた主婦の衣香(石田)のもとに、18年ぶりに元恋人の樹(今井翼、35)が現れ、彼女の家の屋根裏にすみつく恋愛サスペンスだ。

 高畑は、衣香のしゅうとめでベリーダンス講師の千鶴子役。衣香の義父の後妻で、血のつながらない息子を溺愛し、派手好きで名声のためなら何でもするアクの強い女を怪演する。

 高畑は、昨年8月に長男の俳優、裕太が強姦致傷容疑で逮捕され、母として直後に会見を開き謝罪。裕太はその後、被害者と示談が成立して不起訴処分で釈放された。

 昨秋はすでに決まっていた主演舞台「雪まろげ」を懸命にこなしながら、テレビ出演は見合わせ、息子と向き合う時間を作ってきた。“自粛”を経て、今年2月にNHK「スタジオパークからこんにちは」でテレビ復帰し、騒動から約10カ月を経て民放連ドラに出演する。

 名声欲の強い56歳の千鶴子役について高畑は「とても濃い人」と分析。「お庭でホームパーティーをしながら、みんなの前でベリーダンスを踊る感覚の人。しかもベリーダンスの衣装はおなかが出ていて…普通、隠すでしょう?」と劇中でヘソ出しにも挑む。

 ベリーダンスは初挑戦で、「家で娘にしごかれながら一日中、踊っています」と笑顔。年明けに家族で引っ越した東京都内の豪邸で、長女で女優、高畑こと美(30)と特訓中だ。嫁役の石田については「温かな人柄が豊かににじみ出ている方」と共演を心待ちにしている。

 女優魂を燃やす高畑が、愛と欲がうずまく物語を、存在感ある演技で牽引する。

★勝村政信、時の流れ実感

 出世欲の塊で、高畑演じる義母に溺愛される衣香(石田)の夫役の勝村政信(53)は、主人公の元恋人に扮する翼と21年ぶりの共演。1995〜96年のフジテレビ系「木曜の怪談」では先生と生徒を演じたが、今作では妻を介して対立する関係となり、「かわいらしい子だった今井君と自分の奥さんをめぐっていろいろあるというのだから…」と時の流れを実感。また、三浦理恵子(43)が主人公の親友役、大友花恋(17)が恋人とのトラブルに悩む長女役で出演する。

柴田英嗣がザキヤマとの不仲説を一蹴 近日中に食事に行く予定も

「アンタッチャブル」の柴田英嗣

写真拡大


 お笑いコンビ「アンタッチャブル柴田英嗣(41)が30日に放送された無料インターネットテレビ局Abema TV「今夜、釈明しますm(_ _)m」に出演。相方・山崎弘也(41)との不仲説について否定した。

 2010年から11年にかけて芸能活動を休止し、復帰後は漫才をしていないことについて「お互いの道を頑張ろうと(山崎と)話をしたんですよ。自分がもともと一緒にやっていた番組に戻れるわけでもない。そうしたらお互いにやっていくしかないわけですよ」と説明。「コンビが不仲なわけではない?」と聞かれると、「全然です。うち仲良いんですよ」と一蹴した。

 現在も連絡も取り合っており、近日中に食事にいく予定もあると主張。漫才復活については「日にちは決めてないですけど、機が熟したらということじゃないですか。この2人もうやらないんだなって頃にポッとやって、『やってたんだ?』くらいがベストですよ」と話した。

忽然と消えたJ‐POPの歌姫50人を追跡リサーチ(1)小室哲哉がKEIKOの記憶障害を告白

忽然と消えたJ‐POPの歌姫50人を追跡リサーチ(1)小室哲哉がKEIKOの記憶障害を告白

写真拡大


 いつも街に歌があふれていた──。そんな時代を象徴する宇多田ヒカルや中森明菜の復活は、昨年末の音楽シーンに大きな刺激を与えた。ただ、大ヒットを放ちながら、その姿を見ることが少なくなった歌姫たちも数多い。気になる50組の消息を徹底調査!

・相川七瀬 代表曲「夢見る少女じゃいられない」(95年)

 織田哲郎が中学生の頃から手塩にかけて育て上げ、晴れてデビューするとミリオンを連発。現在は3人の子供を育てているため、歌手活動と並行して育児関連の仕事も多い。

・鈴木亜美 代表曲「BE TOGETHER」(99年)

「ASAYAN」で合格してデビューすると、いきなり「モー娘。」を追い落とす勢い。独立騒動で長らく活動休止の時期もあったが、今年1月12日に第一子の男の子を出産。

・globe(KEIKO) 代表曲「DEPARTURES」(96年)

 デビューアルバムは、当時の新記録となる400万枚超のセールス。ボーカルのKEIKOは11年にクモ膜下出血を発症し、現在も夫・小室哲哉が懸命な介護を続けている。小室は昨年末のテレビ番組で記憶障害があることを明かし、現在の状態を「たぶん小学校高学年か中1くらいの女の子の感じ」と説明した。

・岡本真夜 代表曲「TOMORROW」(95年)

 デビュー曲がドラマ主題歌という幸運もあり、いきなり177万枚の特大ヒット。テレビ初出演が同年の紅白というのも話題になった。残念ながらここ9年ほど新曲は出ていない。

・GAO 代表曲「サヨナラ」(92年)

 ハスキーな声と、男か女かわからないルックスで話題になった。一時、アーティスト活動に終止符を打ってニューヨークに渡ったが、現在はバンドを率いて精力的にライブ展開。

グラドル界の「犬猿の仲」リスト!(3)おのののかという火薬庫…「VS脊山麻理子」「VS篠崎愛」

グラドル界の「犬猿の仲」リスト!(3)おのののかという火薬庫…「VS脊山麻理子」「VS篠崎愛」

写真拡大


 グラドルたちが本来、争うべきはボディの美しさである。とはいえ、そこは彼女たちも人の子。ライバルたちとバトルに発展した全ケースを追う!

 14年の「今夜くらべてみました」(日本テレビ系)で、渡部建と随所に意見が食い違った脊山麻理子。お互いの反論は止まらず、ついにはパネラーのおのが「渡部さんがしゃべっている時に言葉をかぶせていくのは失礼」と、脊山を制止する事態に。

 そう言われて脊山の態度はさらにヒートアップ。脊山のVTRに再び渡部からダメ出しをされ、それに反論すると、またまたおのが脊山にちょっかいを出す。

「スタッフさんから説明受けてなかったんですか?」

 すると脊山はおのに「受けてるにきまってるじゃないですか。バカだと思っているんですか!」と逆ギレ。

 もはや収拾がつかない事態に追い込んだのがおのだった。

 そんなおのは、大阪のラジオ番組「アッパレやってまーす!」で篠崎愛と共演。司会の千原ジュニアが危ぶむほどに、2人の微妙な関係は続く。それが表面化したのは、おのの一言から。

「どうして私のツイッターをフォローしてくれないんですか?」

 これに篠崎はきっぱり。

「面倒くさいから!」

 篠崎によれば、フォローするしないで人間関係がややこしくなるため、フォローするのは事務所社長と当時の在籍グループのメンバーを合わせた4人までと決めているらしい。そもそも篠崎とおのは、同じ楽屋にいても一言も口をきかないと千原にバラされていた。ツイッターの件はおのが黙って退散し、決着している。

「殿堂入り豊かな胸100人」を大発表(1)かとうれいこ、河合奈保子…最強レジェンド10人

「殿堂入り豊かな胸100人」を大発表(1)かとうれいこ、河合奈保子…最強レジェンド10人

写真拡大


 海の向こうのメジャーリーグや日本のプロ野球の世界では、毎年往年のスター選手が「殿堂入り」として選出される。芸能界も女性タレントの胸にスポットが当たって50年。この栄光の歴史に敬意を表し、「アサ芸シークレット」が選出した殿堂入りにふさわしいが豊かな美女100人をオールタイムで選出した!

 まずは、ランキングを超越したレジェンド10人を表彰しよう。

○かとうれいこ

 1989年は「平成元年」でもあるが、同時にこの年は“巨大な乳”を比喩する新語が誕生した年でもある。その水先案内人となったのは、童顔で上品なのに爆裂バストのかとうだった。

○細川ふみえ

 グラビア界における衝撃はいくつもあるが、はちきれそうな豊満なバストに「眼帯ブラ」と呼ばれた小さな布ひとつ──。そしてフーミンは、伝説の域を一気に駆け上った。

○宮崎美子

 それは、80年代の幕開けとともに訪れた。まったく無名の熊本大学の女子大生がCMでぎこちない水着姿を披露し、一夜にしてシンデレラガールとなる奇跡をもたらしたのだ。

○熊田曜子

 圧倒的なグラビアバブルが終わった00年代に、孤軍奮闘したジャンヌ・ダルクが現れる。シャープなプロポーションだけでなく、バラエティに対応できる頭の回転の良さも魅力。

○優香

 今でこそ一般的な表現となったグラドルだが、その言葉を日本中に広めたのは優香の存在があってこそ。ホリプロという大手事務所が初めて取り組んだ成果だった。

○青木裕子

 青木裕子を「20世紀最大のグラビア女王」と評価する声もある。そのグラマラスな肢体が表紙や巻頭グラビアを飾れば、その雑誌はたちまち完売という伝説を作り上げたのだ。

○河合奈保子

 昨年、発売された復刻写真集は、現役のアイドルを引き離して上位にランクする驚異的な売り上げ。松田聖子と新人賞を争った80年代アイドルは、ボディではライバルを圧倒。

○榊原郁恵

 小柳ルミ子やアグネス・チャンも隠れた豊かな胸の持ち主だったが、当時はサラシを巻いて目立たなくする時代。そこを堂々とアピールした革命的な歌謡曲アイドルが榊原郁恵だったのだ。

○パイレーツ

 98年の流行語大賞を、田中真紀子の「凡人・軍人・変人」と並んで「だっちゅーの」で受賞した。グラビア系では史上唯一の快挙であるが、写真を撮るポーズとしても定着した。

○篠崎愛

 ここ10年ほどに限れば、もっとも愛されたグラドルということになる。愛らしい顔立ちとド迫力のGカップは劣化することなく、若くして“大横綱”の地位に近づいた。