0年 0月 の投稿一覧

カミナリの竹内まなぶ 早稲田大学政治経済学部に進学の高学歴芸人だった

カミナリ竹内、実は高学歴で「全国模試でトップ10に…」

写真拡大


茨城弁の掛け合いと“どつき漫才”で人気急上昇中のお笑いコンビ、カミナリが、6月28日(水)19時から3時間SPで放送される『クイズサバイバー』(テレビ朝日系列、19:00〜21:48)のニューフェイスとして参加。“高学歴芸人”の竹内まなぶと、竹内が正解したときの“どつきツッコミ”を準備して臨んだ石田たくみの2人は、電光石火の早押し合戦で見せ場を作ることができたのか?

今回で7回目を迎える同番組は、くりぃむしちゅー(上田晋也・有田哲平)と林修がそれぞれチームリーダーを務め、50人対25人(第一回のみ100人対50人)の壮絶な早押し合戦を繰り広げてきた。今回は番組も全面リニューアルし、茨城弁の掛け合いと、独特の間で繰り出されるどつきツッコミで一躍人気芸人の仲間入りを果たしたカミナリが、初参戦をはたす。

中退ながら早稲田大学政治経済学部に進学した経歴を生かし、“高学歴芸人”としてクイズ番組にも多数出演している竹内と、ひらめき系のクイズには自信があるという石田たくみ。2人は得意分野を生かして、60人が一斉に早押しに挑むサバイバーでも、漫才同様の勢いを見せることができるのか?

収録後、竹内は「僕らラップが大好きなんですけど、今日やっと(芸能人チームで出場の)UZIさんとちゃんとしゃべることができました」。石田からも「UZIさんも僕らがラップ好きというのを知っていてくれて、KAMINARI-KAZOKU.(カミナリカゾク)というUZIさんが関わっていたヒップホップ・グループがあるんですけど、そこから僕らのコンビ名が付けられたと思われたみたいで、“ありがとう”って言ってくれたんです。正直言うと、カミナリは、まなぶくんのお母さんが決めてくれたんですよね。UZIさんの喜びの圧が強かったので、言えませんでした(笑)」とコンビ名の由来についても話していた。

“高学歴芸人”として出場の竹内だが、「いろんなクイズ番組に呼んでもらっているんですけど、期待に応えられない結果が続いているので、“今日こそは!”との意気込みで臨みました」。一方の石田は、「まなぶくんが一問ごとに、“そっちか……”とか“これだったらわかっていたのに……”とか、小さい声で言い訳しているのが聞こえてきたので、これはいつか正解するなという期待のもと、その時が来たらいつものように頭叩いて、“今夜は赤飯だな!”というコメントを準備していました」と述べていたが、そのコメントは披露される時は来たのだろうか? 政治経済が得意という竹内。「大学受験当時は全国模試でトップ10に入っていたこともあるんですが、政治経済ってどんどん移ろっていくんですよね。だから新たに勉強しないとダメですね」と語っていた。

土田晃之が若手芸人に忠告「賞レースで優勝したらスッゴい大変」

土田晃之

写真拡大


25日放送の「ボクらの時代」(フジテレビ系)で土田晃之が、若手芸人に忠告をする場面があった。

番組では、同世代の中堅芸人である土田、東貴博、古坂大魔王の3人が「ボキャブラ天国」(フジテレビ系)をはじめとする、かつてのお笑い番組を振り返りつつ、芸能業界やお笑い芸人について語り合った。

番組の終盤では「20年以上芸能界で生き残るには」というテーマで土田が力説した。土田は、若手芸人に対し「賞レース、『M-1(グランプリ)』だったり『キングオブコント』だったり、優勝をスゴく目指してるけど、『優勝したらスッゴい大変なこと待ってるんだよ』ということを、もうちょっと考えたほうがいい」と忠告する。

土田によると、大きな賞レースで優勝すると、そこから初めてテレビの「テスト」が「毎日」はじまるのだという。そして、テレビに出演することで、テレビに出る先輩芸人を間近で見ることになり「毎日、絶望感を味わわされる」というのだ。

その「テスト」を乗り切った者だけが、翌年以降もテレビに出演できるようになると指摘する土田は「(『テスト』を)越えられない人は、もう(テレビに)呼ばれなくなっちゃうんだよね」と、賞レースに優勝することで、売れっこの仲間入りを果たしているように見えるが、実はそのウラで、生き残るための大変な試練が待っていることを力説した。

「結局テレビとか、この世界って、売れることよりも長くいるほうが絶対大変」と熱弁する土田に、東も古坂も同意していた。

【関連記事】
土田晃之 フジ「ボクらの時代」の編集に違和感「どういうこと?」
土田晃之が明石家さんまの“恐ろしさ”熱弁「実際一緒になったらゲロ吐く」
東野幸治 おばたのお兄さんの浮気を謝罪「吉本興業を代表して」

有村架純の姉・有村藍里が姉妹不仲説に言及「ごくごく普通」

有村藍里傷つく「妹より劣っているとか…」

写真拡大


グラビアアイドルの有村藍里(26歳)が、6月24日に放送されたバラエティ番組「今夜、釈明します」(AbemaTV)に出演。妹の女優・有村架純(24歳)との関係や、整形疑惑などについてコメントした。

番組に登場した有村は、まず、「ネットで便乗商法をしているという噂がありますが、事実無根です」と、妹・架純への“便乗”を強く否定。芸能記者から「芸名を本名にされましたけど、それは何でですか?」と質問されると、有村は「母に『変えれば?』と言われたので変えちゃいました」と理由を明かした。

また芸能記者から「整形疑惑で、顔も胸も整形されたと聞いたのですが…」との質問が飛び出すと、これに有村は「顔は、歯を6本抜いたので印象が変わったかもしれないです。胸は入れるならもっと大きくしたいです。今DカップなのでGカップくらいにはしたいです、やるなら…」と話し、「それに対してお母様はなんて言ってるんですか?」と質問が出ると、有村は「入れたいなら入れちゃえば? と言っていました」と淡々と話した。

さらに「妹さんに対してコンプレックスはあるんですか?」との質問には「全く思ってないですが、周りに言われているのが傷付きます。妹より可愛くないとか、妹より劣っているとか…」と現在の心境を告白。

また芸能記者が「本当に仲は良いんですか?」と聞くと、有村は「ごくごく普通の姉妹です。仲良いです」と姉妹不仲疑惑について釈明していた。

森戸知沙希がモーニング娘。へ移籍 ハロプロが新体制を発表

森戸知沙希

写真拡大


 プレーイングマネジャーの嗣永桃子(25)が30日で卒業する、ハロー!プロジェクトの6人組アイドルグループ、カントリー・ガールズは26日、同メンバーの森戸知沙希(17)、梁川奈々美(15)、船木結(15)の新たな所属先を発表した。森戸はモーニング娘。’17、梁川はJuice=Juice、船木はアンジェルムに移籍してメーンの活動を行い、カントリー・ガールズと兼任して活動する。

 またハロプロ研究生の段原瑠々(16)はJuice=Juice、川村文乃(17)はアンジェルムに昇格する。一岡伶奈(18)は今後、発表される新グループのリーダーに就任する。

 モーニング娘。’17、Juice=Juice、アンジェルムともに7月15日に大阪オリックス劇場で初日を迎えるハロー!プロジェクトのツアーから新体制をスタートさせる。

カミナリ竹内まなぶ 早稲田大学政治経済学部に進学の高学歴芸人だった

カミナリ竹内、実は高学歴で「全国模試でトップ10に…」

写真拡大


茨城弁の掛け合いと“どつき漫才”で人気急上昇中のお笑いコンビ、カミナリが、6月28日(水)19時から3時間SPで放送される『クイズサバイバー』(テレビ朝日系列、19:00〜21:48)のニューフェイスとして参加。“高学歴芸人”の竹内まなぶと、竹内が正解したときの“どつきツッコミ”を準備して臨んだ石田たくみの2人は、電光石火の早押し合戦で見せ場を作ることができたのか?

今回で7回目を迎える同番組は、くりぃむしちゅー(上田晋也・有田哲平)と林修がそれぞれチームリーダーを務め、50人対25人(第一回のみ100人対50人)の壮絶な早押し合戦を繰り広げてきた。今回は番組も全面リニューアルし、茨城弁の掛け合いと、独特の間で繰り出されるどつきツッコミで一躍人気芸人の仲間入りを果たしたカミナリが、初参戦をはたす。

中退ながら早稲田大学政治経済学部に進学した経歴を生かし、“高学歴芸人”としてクイズ番組にも多数出演している竹内と、ひらめき系のクイズには自信があるという石田たくみ。2人は得意分野を生かして、60人が一斉に早押しに挑むサバイバーでも、漫才同様の勢いを見せることができるのか?

収録後、竹内は「僕らラップが大好きなんですけど、今日やっと(芸能人チームで出場の)UZIさんとちゃんとしゃべることができました」。石田からも「UZIさんも僕らがラップ好きというのを知っていてくれて、KAMINARI-KAZOKU.(カミナリカゾク)というUZIさんが関わっていたヒップホップ・グループがあるんですけど、そこから僕らのコンビ名が付けられたと思われたみたいで、“ありがとう”って言ってくれたんです。正直言うと、カミナリは、まなぶくんのお母さんが決めてくれたんですよね。UZIさんの喜びの圧が強かったので、言えませんでした(笑)」とコンビ名の由来についても話していた。

“高学歴芸人”として出場の竹内だが、「いろんなクイズ番組に呼んでもらっているんですけど、期待に応えられない結果が続いているので、“今日こそは!”との意気込みで臨みました」。一方の石田は、「まなぶくんが一問ごとに、“そっちか……”とか“これだったらわかっていたのに……”とか、小さい声で言い訳しているのが聞こえてきたので、これはいつか正解するなという期待のもと、その時が来たらいつものように頭叩いて、“今夜は赤飯だな!”というコメントを準備していました」と述べていたが、そのコメントは披露される時は来たのだろうか? 政治経済が得意という竹内。「大学受験当時は全国模試でトップ10に入っていたこともあるんですが、政治経済ってどんどん移ろっていくんですよね。だから新たに勉強しないとダメですね」と語っていた。

欅坂46 事件翌日の握手会開催で運営に疑問の声が相次ぐ

イメージ

写真拡大


 秋元康氏がプロデュースするアイドルグループ・欅坂46の握手会で24日、メンバーの近くで発炎筒を焚き、果物ナイフを所持していた男が逮捕された。

 欅坂46は千葉・幕張メッセでCD購入者を対象とした握手会を開催。センターの平手友梨奈と柿崎芽実がいるレーンに並んでいた男が、メンバーまで約3メートルの至近距離で発炎筒を焚き、警備員に取り押さえられた。銃刀法違反の容疑で逮捕された24歳の自称・北海道札幌市の無職、阿部凌平容疑者は、「ナイフを持っていたことは間違いない」と認め、特定のメンバーの名前を挙げて「刺して殺そうと思った」と供述しているという。

 会場では、来場者に対し目視による手荷物検査や、ハンディ型の金属探知機を使った身体のチェックを行っていたが、阿部容疑者はナイフなどが入ったバッグを他人の忘れ物として会場の係員に預け、手ぶらで入場。その後、運営本部にバッグが届いていないか問い合わせ、受け取ったという。

「こんなにアナログな方法でも簡単にすり抜けられることが証明され、セキュリティのザルぶりが露呈。メンバーが殺されかけたにもかかわらず、次の日も同じ場所で予定通り握手会を開催した運営の意識の低さに、疑問の声が相次いでいます」(芸能記者)

 翌25日に行われた握手会では、平手と柿崎を含む4人が欠席し、2人が一部欠席。前日の手口を受け、この日は忘れ物にも金属探知機を通すようにしたほか、手荷物検査もより厳重に行ったという。

 これに、ネット上では「拾得者と遺失者確認なんて基本中の基本でしょ」「忘れ物をチェックしないとか、警備員は素人なの?」といった声や、「なんで翌日も開催しちゃうの?」「本当に危険な商法」「対策うんぬんじゃなくて、辞める方向で検討すべき」「こんな危険なグループに娘を入れる親の気持ちが理解できない」といった批判的な意見が見受けられる。

 2014年5月には、AKB48の握手会でノコギリによる襲撃事件が発生。川栄李奈と入山杏奈が生々しい傷を負ったが、同グループは事件から41日後に握手会を再開。金属探査機による検査が導入されたほか、メンバーとファンの間に柵が設けられるなどの対策がとられたが、当時のネット上では「AKB48は金の虫だな」「まだ精神的に辛いメンバーがいるのに、再開が早すぎる」と批判が相次いだ。

「AKB48襲撃事件から3年しか経っておらず、今回の事件に『またか』という印象。欅坂46のメンバーにケガ人はいないものの、今後、同じことが繰り返されるのではないかと心配の声も。運営は、CDの売り方を根本から考え直すことから、意図的に目を逸らしているように見えてなりません」(同)

 約3年前に残忍な事件が起きながらも、握手会を開催し続けるAKB48関連グループ。世間から「金の亡者」と揶揄されるのも当然だろう。

17年ぶりの「復活」で話題 元ジャニーズJr.小原裕貴さんの伝説

20年ぶりに帰ってくる(日本テレビ公式HPより)

写真拡大


 元SMAPの稲垣、草磲、香取が今年9月を持って退社することが確定したが、「ジャニーズ事務所を美しく大団円で去る」のは非常に難しいことだ。ましてやデビューしていないジャニーズJr.からしてみたら、それはもうデビュー以上に非現実的な未来だろう。

 そんな夢のような事柄をなしえた人物がいる。小原裕貴である。1991年から2000年までの9年間、ジャニーズJr.として活動していた小原は、1980年生まれの37歳。現在は会社員として働いている一般人の彼が、7月21日にKinKi Kidsデビュー20周年記念で放送される特別ドラマ「ぼくらの勇気 未満都市2017」年に出演することが明らかになり、話題をとなっている。


20年ぶりに帰ってくる(日本テレビ公式HPより)

 ご存じでない方も多いかもしれないが、小原裕貴と言えば、ジャニーズJr.黄金期に、タッキーこと滝沢秀明や現在の嵐のメンバーらと一緒に活躍していた人物で、集英社発行のアイドル雑誌『Myojo』の「みんなが選ぶジュニア大賞」というファン投票の「一番美形なJr.」を5年連続(95〜99年)で、「恋人にしたいJr.」部門を2年連続(96年、97年)で制するほどの人気を誇っていた。
 もちろん何らかの形でデビューをすると思われていたが、2000年9月3日、小原が20歳のとき、ジャニーズJr.3大ドームツアー初日に突然ジャニーズ事務所を卒業することを発表し、ファンを阿鼻叫喚の渦に巻き込んだ。

 ちなみに長い歴史の中で、ジャニーズ事務所がJr.の退所について公式に発表したのは、小原裕貴ただ一人。最後のコンサートには既に嵐として活躍していた櫻井翔が花束を持って駆けつけ熱い抱擁を交わし、惜しまれつつも芸能界を引退したのである。

 そんな伝説の小原裕貴が再びテレビドラマに出演するとあって、往年のファンは大興奮。SNSでは「小原くんが帰ってくる!鳥肌たった!」「胸が熱くて死にそう」「ありがとうございます!」と喜びの声が溢れた。

「ぼくらの勇気 未満都市」は1997年に日本テレビの土曜9時枠で放送されたドラマ。KinKi Kidsの2人が主演をつとめ、嵐の相葉雅紀と松本潤の初めての連続ドラマ出演を果たし、一大現象を巻き起こした作品だ。公式HPによると「ドラマの最終回で『20年後、またこの場所で会おう』と言って別れた彼らが今夏、スペシャルドラマでその約束を果たします」とのことで、演出、プロデューサー、制作スタッフも20年前と同じ布陣で挑むという。小原自身は「プロデューサーさんから話を聞いた時は驚きましたが、KinKi Kidsさんの記念すべき20周年に少しでも貢献できればと、出演を決意しました。演技は久しぶりでとても緊張していますが、みなさん温かい目で見守っていただければ幸いです」とコメントを寄せている。

デイリー新潮編集部

2017年6月26日 掲載

和田アキ子の「地雷」踏んだ芸能人とその理由 勝俣州和が明かす

 25日、AbemaTV(アベマTV)にて芸能界の第一線で活躍する先輩芸能人がその生き残り術を次世代に教える番組『TVじゃ教えてくれない業界裏教科書』が放送された。講師として勝俣州和が出演し、「女帝和田アキ子の取扱い説明書」というテーマで講義した。生徒役はNiki、長澤茉里奈、大川藍、池田美優、菊地亜美の5人。「芸能界のドン・和田アキ子の地雷」と題されたコーナーでは、勝俣が「和田の前でやってはいけないこと」を多数挙げた。

1. まともな挨拶ができない奴は即潰される

 勝俣によると、和田対策として一番需要なのは「挨拶」。勝俣はこう説明する。

「挨拶に対しては真剣。どんな人が挨拶に来ても椅子から立ち上がる。自分より後輩だったら消えるまで頭を下げる。先輩だったら自分から挨拶に行く」(勝俣・以下「」内同)

 そして、重要なのは喋りの内容ではなく、腰を90度まで曲げて挨拶をするということだ。そうすることによって、誠実な人柄が見えるのだ。

「あの人自身が90度まで腰を曲げる人なんですよ。このテクは、色々な人にも使えます。90度のお辞儀さえできれば、『あの子、若いけど、お行儀良い子だね』となる。簡単なんですよ。あとは、名前に関してはお笑いコンビが『●×△※!ッッス』みたいにはっきり言わないことがあるけど、それはダメ。『えっ?』と聞かれたらダメ」

2. 和田の中身は少女 前室では健康やスイーツの話を

 次の地雷は「前室では黙るな」だ。「前室」とは、スタジオに入る前の待機部屋のような場所。大きいテーブルがあって、ジュースなどがある。そこで黙っていてはいけない。勝俣によると、大御所との繋がりを作る方法はいくらでもあるそうだ。

 和田がいた場合、どうすればいいか? 実際に生徒役がシミュレーションをしてみることに。勝俣が和田役を演じ、ディレクター役の大熊英司アナと立ち話をしている時、いかにして自分の存在を知ってもらうか、というテストだ。

 5人の生徒たちは挨拶をしたり、メイクをホメるなど様々なコミュニケーションを試みたが、正解は大川による「水はいかがですか?」。和田に扮した勝俣は「私水はダメやねん。水出ししたコレ飲んでる」と演技し、大川と会話。健康に気を遣う和田にとっては水を勧めることは一つの会話のきっかけになるようだ。勝俣によると和田の中身は少女であり、健康やスイーツなど、少女が気になることをやればいいそうだ。

 それこそ、会話に割って入るのが厳しそうな場合は、テーブルの上のスイーツについて「うわー、これ、原宿の人気のスイーツですよ! ディレクターさん、これ並んで買ってきたんですか!」などとやる。すると、その周辺の人々の間でスイーツに関する会話が始まる。そこに和田も割って入ってくるため、「今度私、並んで楽屋に届けますよ」とやればいいのだそうだ。

3. 居酒屋で頼んではいけないものは「板わさ」「フルーツトマト」「韓国のり」

 続いては「好きなもん頼みや〜」とメニューを渡されたときの地雷を踏まない行動。この場合の正解の行動は「アッコさんにオススメを聞く」である。一番豪華なものを頼んだら指を折られるそうだ。

 そして、和田が許せないメニューは板わさ、フルーツトマト、韓国のりの3つ。いずれも「切るだけ」「袋から出すだけ」で、手がかっていないためだ。この3種を頼んだのがTKO木下隆行。以来和田の飲み会には呼ばれていない。

 和田はマナーにも厳しく、特に箸の使い方を重視する。カンニング竹山は箸の使い方が汚かったため、2年間ほど矯正箸で直されたそうだ。また、和田の前をまたいで食べ物を取ることも許せないようで、アンガールズの田中卓志で、個室の外で立たされた。

 「遅れるから先に飲んでて」と言われ、地雷を踏まない行動については、「ソフトドリンクを頼んで待つ」だ。以前、勝俣は「先に飲んでて」を真に受け、焼酎を飲んでいたところぶっ飛ばされたそうだ。なお、長澤が答えた「店の前で待つ」は100点満点の回答だという。

 同番組は今回が最後となるが、「芸能義塾大学」と名称を変え、木曜20時〜のオンエアとなる。初回は7月13日。

(c)AbemaTV

「歯が無い人たちが集まる」握手会に集まる男性の特徴が話題に

欅坂46の握手会でナイフを所持していた男が逮捕され、アイドル業界に緊張が走る中、SKE48松村香織さん(27)がファンについて語った内容がネット上で話題になっている。

松村さんは6月23日放送のバラエティ番組「千原ジュニアのヘベレケ」(東海テレビ)に出演。SKE48の握手会に来るファンについて、

「なんでこんなに歯が無い人たちが集まるんだろう?」

と発言した。

「歯医者に行く金があるなら握手したい」という強者も

たしかに、現代の日本では高齢でもないのに歯がない人というのは少数派だ。松村さんが気になるのも無理はない。ネット上では、歯を治療せずに、握手会に参加するファンに対して「CD買う前に歯医者に行くという選択肢は無いのか」と呆れる声が続出した。

本当にアイドルのファンには歯がない人が多いのか。地下アイドル現場に通う30代男性は次のように語る。

「自分が推しているグループだと、歯のないファンが3人いますね。みんなまだ30〜40代なのに2〜3本は欠けています。『歯医者に行く金があるなら握手をしたい』と話している人もいました」

やはり仕事はしておらず、ニート状態で親にオタ活費用を出してもらっている人もいたという。しかも、そういうファンに限って「厄介ヲタ」であることが多い。

「自分の好きなメンバーが歌っているときにジャンプしまくったり、CDを買い占めて何十回も握手したり、アイドルしか生きがいがないので粘着ぶりが凄かったです。色々やらかして出禁になった人もいましたね」

全ジャンルの中で年間消費額が最も多いのがアイドルオタク

歯の治療にはどのくらいの費用が掛かるのだろうか。インプラントの場合は1本20〜40万円とかなり高額だが、保険適用の材料を使ったブリッジであれば、およそ5万円から治療できる上、部分入れ歯であれば5000円ですむ。生活にそれほど余裕がなくても、これくらいであれば支払えるのではないだろうか。

矢野経済研究所が昨年末に発表した「オタク」市場に関する調査結果によると、アイドルオタクの年間平均消費金額は1人あたり7万9783円で、他のどのジャンルのオタクよりも多いという。しかも2番目に支出の多い「メイド・コスプレ関連サービス」のオタクたちが使う3万7289円の倍以上の金額だ。やはり、アイドルのファンには、歯の治療よりも好きなアイドルにお金を使ってしまう熱心な人が多い、ということなのだろう。

IKKOがパニック障害だった過去を明かす「高速道路に乗れなかった」

パニック障害に悩んだ過去を明かしたIKKO (C)ORICON NewS inc.

写真拡大


 美容家のIKKO(55)が26日、都内で行われた映画『歓びのトスカーナ』の公開記念トークショーに出席した。

【写真】おなじみの「どんだけ〜」を披露したIKKO

 7月8日より公開される同作は、トスカーナの診療施設を抜け出した女性2人の逃避行を描く。過去のトラウマや人間関係に悩みながら、互いに助け合っていく主人公たちの姿にIKKOは「理解者が一人でもいたら人って生きていけるんだなと改めて思いました」としみじみと感想を語った。

 さらに「30代の終わりに重度のパニック障害になった」過去を告白。当時、IKKOはヘアメイクの個人事務所を立ち上げ、アーティストだけではなく、スタッフを抱える経営者としても活動していた。

 しかし大きなプレッシャーに押しつぶされ、30代後半にパニック障害を発症してしまう。「この感覚は何なんだろうと思って不安感に襲われた。またいつ発作が起きるのか考えると雨の日は高速道路に乗れなかったです」と、当時の状況を振り返った。

 それでも「当時は付き合ってる彼と仲間たちが支えてくれたんです」と微笑んだIKKO。イベント終盤には、観客から寄せられた悩み相談を親身になって答えていた。