0年 0月 の投稿一覧

吉高由里子、イベントで「IKKOのモノマネ」披露で、お笑い路線に転向!?

吉高由里子、イベントで「IKKOのモノマネ」披露で、お笑い路線に転向!?

写真拡大


 女優の吉高由里子が久しぶりに表舞台に姿を現したのは、去る6月26日。都内で行われたグリコのアイスクリーム新商品の発表会に登場したのだが、彼女は、今年1月から3月にかけてドラマ「東京タラレバ娘」(日本テレビ系)に出演した以降、目立った活動はしていない。

「彼女の姿を観るのは実に3カ月ぶり。久々のイベント出演ということもあり、本人も『緊張している』と話していました」(スポーツ紙カメラマン)

 しかし、とてもそうとは思えない場面も見られた。

「新商品では、入手困難とされるイチジク“佐渡の黒ダイヤ”が使用されていますが、それを聞いた吉高が『すごいー! IKKOさんが出てきたー。“まぼろし〜”と言ってますよ(笑)』と、『まぼろし〜』のところを人差し指を立てて横に振りながら、IKKOっぽく言うというモノマネを披露したんです」(イベント関係者)

 予想外の吉高のモノマネに会場も盛り上がり、和やかな雰囲気に包まれた。

「吉高は、3年前にNHK朝ドラ『花子とアン』に出演して以来、“沈黙の1年間”と称され、言わば仕事がない状態だったと聞いています。原因は現在は退社している当時のマネージャーと事務所との関係にあったとも言われていましたが、時間も経過し、今年から徐々に仕事が増えつつあります。このイベントは、彼女にとって大事なアピールの場所。モノマネも、その一環だったのでしょうね」(前出・イベント関係者)

 実はもともと、吉高の弾けっぷりには定評があると言う。

「今年1月に『しゃべくり007』(日本テレビ系)に出演した時も、『催眠術にかかる気がしない』と言っておきながらあっさりかかってしまったり、ツボにハマったのか大笑いが止まらず上田に『吉高さん、酔ってる?』と突っ込まれるなど、独自の笑いのセンスを持っています」(放送作家)

 吉高は、お笑い芸人とも親交が深く、笑福亭鶴瓶やハリセンボンの近藤春菜とも仲がいい。東京出身にもかかわらず、関西弁が話せるという噂も。お笑い路線に転向しても、充分やっていけるのかもしれない…!?

指原莉乃 「本当にしんどい」と語った過去の誕生日サプライズ

指原莉乃(HKT48)

写真拡大


29日深夜放送の「HKT48のおでかけ!」(TBS系)で、HKT48・指原莉乃が、番組スタッフからのサプライズに本音を漏らした。

番組では、指原とフットボールアワー・後藤輝基、HKT48のメンバーらが東京・渋谷にある飲食店を訪問。ここで、後藤の誕生日が6月18日だったため、HKT48のメンバーが、肉で作り上げた「肉ケーキマウンテン」を贈るというサプライズを仕掛けていた。

だが後藤は、自身の誕生日について「何にもない」とコメントするなど、さしたる感慨はないのだという。すると指原が、自身の体験を明かしたのだ。過去に、レギュラー番組ではなく特番のゲストの際に誕生日を迎えてしまったことがあるのだとか。

そこで指原は、全然知らないスタッフや共演者の前でサプライズケーキを用意されてしまったという。このサプライズに指原は「本当にしんどい」と振り返り、共演者の笑いを誘っていた。

【関連記事】
指原莉乃がクラブに対する苦手意識を告白「クラブに行く人も嫌い」「信用ならん」
HKT48・指原莉乃 自身を推すファンに本音「0から1は作れない」
指原莉乃が明かしたアイドルとしての教訓 自称「バラエティ担当」は「クソつまんない」

「週休5日」のクールポコが現在の収入を明かす ブレイク当時と変わらず

 6月21日(水)に放送されたお笑いコンビ・FUJIWARA藤本敏史の冠番組『フジモンが芸能界から干される前にやりたい10のこと』に、アキラ100%が登場した。

 同番組は万が一、藤本が不祥事を起こして芸能界を追放されても後悔しないためにゲストが藤本とやっておきたい10のことを叶えていくというバラエティで、アキラは「一発屋としての悩みを解消したい」というリクエストを提案。自身が一発屋になりそうである不安を打ち明け、そうならないために、また、なってしまった際はどうすればいいのか考えていると告白した。

 ここで一発屋の先輩芸人としてクールポコが登場。2人はブレイクした当時のネタで「全盛期と比べてテレビの仕事が激減した男がいるんですよ〜」「な〜に〜やっちまったなあ!」「一発屋は黙って」「土日の営業」「週休5日だよ〜」という現在の状況を報告した。

 アキラが「一発屋にならないための心構えを教えてほしい」と尋ねると、クールポコは二発目を当てるためにほかのネタを作り、衣装を脱ぎ捨てことを告白し、当時作ったという「ヒップホップ回転ずし」というネタを披露。ネタが終わると藤本は「二度と出れないよ〜」とせんちゃん風にダメ出しした。本人たちも結局「やっちまったなあ!」のネタが一番だと気づいたそうだ。

 しかし現在は、「週休5日」という仕事の状況にもかかわらず、給料はブレイクしていたころと同じくらいもらっているという。小野まじめは、そのからくりについて「CMですね」と回答。地方のCMに3本ほど出演していることから、生活には困っていないという。

 藤本が「じゃあ、テレビは捨てろと」と結論を求めると小野は「一発屋の宿命ですよ。大丈夫です。一発屋でも、一発屋会っていうこれからどうしていこうかを考える会がありますので。HGさんと小島よしおさんを筆頭に定期的に集まる会がありますので」と一発屋でも仲間がいれば安心であると述べると、アキラも納得した様子だった。

(c)AbemaTV

橋本マナミ 豊田真由子氏の影響を受けマネジャーを叱責

橋本マナミ

写真拡大


30日放送の「バイキング」(フジテレビ系)で、橋本マナミが、豊田真由子議員騒動の影響を受けて自身のマネジャーを厳しく叱責してしまったことを明かした。

番組では前日に続き、豊田氏が元秘書の男性に怒声を浴びせ、暴言や暴力を振るったとされる問題を特集した。週刊新潮があらたに、豊田氏の「あたしが違うといったら違うんだよ」「豊田真由子様に向かって、お前のやっていることは違うというわけ?」といった発言を報じている。司会の坂上忍は「大変なお仕事されてるっていうのはわかるんですけれども」としながらも、「この方は、それ以前の問題なのかな」とコメントした。

この件について橋本は「言いたくなっちゃう気持ち、分かるんですよ」とし、自身のマネジャーへの言動を振り返る。橋本は、自身のマネジャーがミスも遅刻も多いといい、その都度注意するという。

さらに橋本は、さまざまなメディアが豊田氏の音声を流しているので、身についてしまったと告白。そして先日、とうとう遅刻したマネジャーに向かって「何回も同じこと言ってんだろうが!」と口荒く怒ってしまったと明かしたのだ。

その普段の橋本とのギャップに、スタジオから驚きの声が上がる。坂上が「橋本マナミ様になんてこというのよ!」と豊田氏の発言をもじって再現し、橋本は照れ笑いを浮かべていた。

【関連記事】
フィフィ 豊田真由子衆院議員の暴言を報道するマスコミに苦言「下品だなぁ」
岡村隆史が豊田真由子議員の元秘書に対しても疑念「なかなかちゃうかな」
坂上忍が豊田真由子議員に辛らつ「入院という名の雲隠れをされてる」

トレエン・斎藤司 アルバイトを辞めるときに上司がかけた粋なセリフ

斎藤司(トレンディエンジェル)

写真拡大


30日放送の「スッキリ!!」(日本テレビ系)で、トレンディエンジェル斎藤司がアルバイトを辞める際に上司からかけられた粋なセリフを明らかにした。

番組では「エンタメまるごとクイズッス!!」のコーナーに、新CM発表会に登壇した斎藤と俳優の斎藤工が登場した。そこで斎藤司が出したクイズは、かつてアルバイト先に「お笑いを本格的にするので辞めます」と伝えたとき、上司から言われた台詞は何かというものだった。

正解は「オレを笑わせてから行け」で、この話には斎藤工も「粋な感じですね」と感心した様子。当時の斎藤はこの言葉に「キラーコンテンツ」と自負していたえなりかずきのモノマネを披露したというが、上司は笑わなかったのだとか。

そこで実際にえなりのモノマネを披露。ところが斎藤工もこれには笑わず、それどころか「タフなハートですね」と辛辣な感想を述べ、斎藤司を慌てさせていた。

【関連記事】
トレエン斎藤司が市川海老蔵の会見に感銘「本当に『愛』なんだなって」
トレンディエンジェル・斎藤司 絶景スポットで叫ぶ「橋本マナミいきた〜い」
マツコ・デラックス 私物の弁償を部下に求める上司に異論

松居一代の暴走ブログに透ける「スピリチュアル私生活」

「実はもう…1年5ヶ月も尾行され続けているの」など、突拍子もない内容のブログで芸能マスコミの関心を集めている女優の松居一代(60)。

 話題のブログには、「15日間ほど逃げていた」「日本中を(車で)走って逃げていたのよ」と“逃避行”を思わせる書き込みに加え、「私の品性を蔑んだのです」「謝罪をするのが当然です」と誰かに向けた強い怒りのメッセージもある。

 27日には「今も居場所だけは伝えられないの ごめんなさい」とつづり、“潜伏先”で撮影したとみられる自撮り写真を公開。松居が岩場に寝そべった写真で、「ここは、たぶん…日本人は2人しか知らない、奇跡の、パワースポット」「岩の下は、崖なの 覚悟の、エネルギー充電しているから」と、なんだか意味深だ。

 さかのぼってみると、この手の書き込みは昨年冬ごろからチラホラ。風水を意識したのか「吉方位取りのため」と千葉県の犬吠埼に朝日を拝みに行き、「不思議な力もプラスされなくっちゃね」とガッツポーズ。

 別の日には沖縄の守り神シーサーの置物を紹介し、「ある不思議なパワーをもった先生が石垣島の海にこのシーサーを抱えて30分海の中でパワーを注入してくださった貴重なシーサー」「午前中の太陽に当てて塩水で洗ってパワーの復活!」など、運気を意識した表現のオンパレードだ。

 投資家・資産家としても知られる松居は一昨年、開運本を出版して話題に。バラエティー番組では、金運を上げるために自身の財布を座布団の上に乗せてタオルをかぶせ、財布を“寝かしつける”儀式を行っていた。

 松居のこうしたスピリチュアルな日々も、ブログの暴走と無関係ではないのかもしれない。

NEWS小山慶一郎、実は交際を続けている? 事務所が「ほぼ黙認」か

NEWS・小山慶一郎、太田希望と交際継続中!? 事務所“ほぼ黙認”で「小山から申し出た」

写真拡大


 この夏8月26〜27日に放送される『24時間テレビ 愛は地球を救う』(日本テレビ系)で、メインパーソナリティーの1人として出演が決まっているNEWS・小山慶一郎。しかし、マスコミ関係者の間では、小山の起用を疑問視する声もあるようだ。

 今年のメインパーソナリティーは、4月15日の『「嵐にしやがれ3時間拡大版」&24時間テレビ重大発表SP』(同)にて、小山のほかに嵐・櫻井翔、KAT‐TUN・亀梨和也といった顔ぶれが発表された。

「しかし、小山はこの直前、今年2月までアイドルグループ・放課後プリンセスに所属していた太田希望との“交際疑惑”が浮上し、ファンの間に波紋を広げていました。1月頃、2人の関係を示唆する内容がネット掲示板に書き込まれると、その後は、太田のSNSから交際を匂わせるような画像が発見され、ツーショット写真まで流出。しかも、2月には太田が所属グループから解雇されたため、業界内でも『小山と付き合っていたのがバレて、クビになったのではないか』との見方が強まりました」(スポーツ紙記者)

 けれども、これらは“ネット上”で騒ぎになっただけで、テレビやスポーツ紙などで、大々的に報じられることはなかった。

「そのためジャニーズ事務所も、小山と太田の交際疑惑騒動をさほど問題視しておらず、そのまま『24時間テレビ』パーソナリティーの発表に至りました。ですが、世間一般に表沙汰になっていないだけで、小山が問題を起こしたことには変わりないので、ジャニーズの判断に疑問を抱くマスコミ関係者も少なくありません」(同)

 一方、ファンは、小山と太田の“その後”が気になるところだろうが、これに関しても驚くべき証言が……。

「実は、小山は現在も太田との交際を続けているそうです。というのも、ジャニーズが交際をほぼ黙認している状態なので、小山が関係の継続を決めたとのこと。太田も5月から新事務所に所属し、『新藤まなみ』として活動を再開したとあって、さらにバッシングが強まっていますが、小山も太田も公私ともに充実しているといえそうです。しかし、もしこの事実がファンに知れ渡れば、さらなる大炎上が起こるのは必至。2人とも、ファンのことを舐めているとしか思えません」(同)

 太田の新名義のTwitterには小山ファンから批判が殺到しているものの、当の小山が彼女の味方についているとは、なんとも皮肉な構図といえる。

ケンドーコバヤシが「危険人物」と評した広瀬アリスの漫画趣味

広瀬アリス

写真拡大


29日放送の「アメトーーク!」(テレビ朝日系)で、女優・広瀬アリスの漫画趣味に、ケンドーコバヤシが「危険人物」と指摘した。

番組では、雨上がり決死隊のふたり、ゲストの広瀬やケンドーコバヤシらが、書店を巡りながら好きな漫画についてトークを展開した。広瀬は、現在「ヤングジャンプ」「ヤングマガジン」「マガジン」の雑誌3冊を購読しているほどの漫画好き。そして、楽しみにしている連載を、「東京喰種」「ワンパンマン」「彼岸島」と明かしていた。

なお広瀬は、ラブコメ系や「ワンピース」「弱虫ペダル」といった看板作品や女性人気の作品はあまり興味がないのだとか。そこでオススメ作品を尋ねられると、広瀬は「デス(死)がもともと好き」と好みを説明し、「骨が腐るまで」「今夜は月が綺麗ですが、とりあえず死ね」「春の呪い」「女子高生に殺されたい」といったサスペンス・ミステリー系のジャンルを挙げる。

こうした広瀬の嗜好には、ケンドーコバヤシが「オジサンの趣味」とバッサリ。さらには、「セックスと死が絡まなきゃ読めない」「簡単に言ったら危険人物ですよ!」「アリスちゃんの近所で事件起きたら、家宅捜索される」とコメントしていた。

【関連記事】
広瀬アリスが一般人から「ブス」呼ばわりされた過去 明石家さんまも驚き
広瀬アリス スカウト後に「きみ、女の子なの!?」と驚かれる
理想の男性はマンガの主人公・・・広瀬アリスの語る「夢中な人」に出演者が困惑

有働由美子アナが「あさイチ」の視聴者FAXに痛烈「図々しい」

有働由美子アナウンサー

写真拡大


30日放送の「あさイチ」(NHK総合)で、有働由美子アナウンサーが、視聴者のFAXに痛烈発言を飛ばした。

番組の「プレミアムトーク」コーナーでは、NHK連続テレビ小説「ひよっこ」出演中の俳優・竹内涼真がゲストで登場し、自身の芸能生活や出演作を振り返った。

オープニングでは、有働アナが、番組に寄せられたFAXを読み上げていた。そのほとんどが竹内の好印象を語る内容であり、その中に、40代視聴者から「ああ、みね子になりたい」という内容のFAXがあった。「みね子」とは同ドラマにおいて有村架純が演じている主人公であり、竹内との共演シーンが幾度となくある。

有働アナはこのFAXを紹介した後、「みね子は若いから、ちょっと図々しいっすね。この方は!」と言い放ったのだ。この率直発言に対し、竹内は笑っていたが、V6・井ノ原快彦は「『図々しい』とか言うのは止めてください」とツッコんでいた。

【関連記事】
「あさイチ」性暴力被害の特集へのFAXに出演陣が反論「娘に同じこと言えますか?」
「あさイチ」が紹介した高齢者のファクス Twitterで反論され大反響
V6・井ノ原快彦 視聴者から男性への手厳しいFAXに困惑「そんなこと言ってないよ!」

天才テリー伊藤対談「田原俊彦」(4)何だよトシちゃんカッコよすぎるよ

天才テリー伊藤対談「田原俊彦」(4)何だよトシちゃんカッコよすぎるよ

写真拡大


テリー そんな時代が終わった頃、トシちゃんはジャニーズ事務所を辞めるでしょう。

田原 33歳の時ですね。

テリー ズバリ、理由は何だったの?

田原 「30歳を過ぎたら、自分で仕事を回していきたい」ってずっと思ってたんですよ。例えばコンサートをやるのでも、音、衣装、スタッフ、バンド、ダンサーとか、1から10まで全部自分で決めたかった。

テリー それはジャニーズにいたら、できなかった?

田原 いえ、デビューして10年ぐらいたった頃には、ジャニー(喜多川)さんがいちおうプロデューサーとしていますけど、基本、僕の好きなようにやらせてもらっていました。

テリー だったら、問題ないじゃない。

田原 まずジャニーズ事務所は、ティーンエイジャーをメインにプロデュースする会社だと僕は思っているんです。あの頃は光GENJIがいちばんすごかったし、SMAPがそろそろ出てくるタイミングですよ。そういう若い才能の頂点に自分がいてはいけないな、という気持ちがあったんです。

テリー なるほどね。

田原 あと、ジャニーさんってクリエイターだから、何かを作って、それが軌道に乗って走り始めたら「はい、次」。新しいものを作ることが大好きな人なんですよ。だからこそ、自分のことは自分でやらなければ、と思ったんです。

テリー へぇ、じゃあ、トシちゃんが辞めることについては、ジャニーさんも納得してくれた?

田原 別に揉めたりすることはなかったですよ。15年もお世話になって、それこそ僕は事務所の長男坊みたいなものだったから、やりたい放題させてもらったし、いろいろ迷惑もかけたし‥‥とにかくジャニーさんには感謝しかないから。

テリー でも、そのあとは「ビッグ発言」なんかもあって、仕事的には厳しい時もあったよね。

田原 確かに大きな事務所を辞めて、それまでと同じペースではやれない部分はありましたね。だけど、それは自分で選んだ道なんだし、腹もくくっていたので、「これからどうなっちゃうんだろう?」「怖いな」なんて不安はなかったんです。仕事がないのは、単に僕の力がないだけだ、と思っていたので。

テリー ちょっとトシちゃん、カッコよすぎるよ。

田原 アハハハハ! カッコつけすぎた?(笑)。でも本当に僕、自分が大好きだし、「何があっても死なねぇぞ」っていう自負があるんですよ。それはやっぱりデビューから培ってきた自分なりの財産があったからだし、その間ずっと支えてくれたファンの人たちがいてくれたからだと思うんですよね。

テリー ありがたいよね。

田原 本当に。それに僕、33歳で結婚したんですけど、それも大きかったですよ。結婚して子供ができて、「家族のためにも頑張らなきゃ」っていう新しい目標もできたから。

テリー 自分を曲げずにここまでやれてきてるんだから、最高にハッピーじゃない。今後の目標なんかはあるの?

田原 ありますけど、今はあんまりガツガツしない方向で。いい明日を迎えられるように、まずは今日を頑張ろうと思っているので。

テリー 何だよ、いちいちカッコいいな(笑)。

田原 そういう意味でも、まずは新曲の「フェミニスト」ですね。魂を込めてしっかり歌える曲なので、これから大切に歌い続けたいと思います。

◆テリーからひと言

 トシちゃんとはいつもくだらない話しかしてないけど、あらためて話すとやっぱり大スターだね。年齢も重ねて、言葉に重みも出てきた。この新曲で紅白が狙えるように俺も応援してます!