0年 0月 の投稿一覧

高橋一生「家電に名前付ける」意外な私生活披露にファン歓喜


 
7月30日、俳優の高橋一生(36)が日本テレビ系トーク番組『おしゃれイズム』に出演。そこで披露した、ある私生活での行動が話題を呼んでいる。
 
「これは“まちだくん”っていうんですよ」
「まちだくん!?」
 
その行動とは、自宅の家具・家電に名前をつけるというもの。最近念願叶って買えたというソファの写真を指して言う高橋に、司会の上田晋也(47)も驚きを見せた。
 
「だいたい家具に名前つけるんです。そうすると捨てたくなくなるんです。愛着がわくんですよ」
 
前述のソファは、全て革張りでオーダーしなくてはいけないもの。見つけてから自宅に届くまで2〜3カ月待ったことからまちだくんと名付けたという。ほかにも、高橋が自宅で名付けた家電が紹介された。
 
たとえば「すごい吸って何物にもまさる」掃除機はマサル君。多肉植物は生い茂る様子からしげる先生。“先生”の由来は「いろいろ教えてくれるので。命の尊さを」。他にも見た目が渋く光沢があるテーブルは渋沢さん、洗濯機はダジャレでせんだ君など、独特のネーミングセンスを披露した。
 
「名付けた家電には声かけるんすか?」と上田から質問が飛ぶと、高橋は「しげる先生には声かけますね。今日どうすか?みたいな」とハニカミ笑顔を見せた。
 
このエピソードに、ネット上ではファンから《簡単には捨てられないだろうから高橋一生の家電になりたい》《高橋一生の家の物に自分の名前をつけて欲しい》《萌えキャラすぎ》などのコメントが上がっている。
 
家具家電を大切にして家事が大好きと公言する姿にも《結婚したい》《イケメン》との声が続出するなど、好感度を高めるファンは多かったようだ。

セクシー女優の三上悠亜がファンに怒り「おっぱいに腕をわざと」

三上悠亜、写メ会での“鬼ギレ”エピソード

写真拡大


アイドルグループ・SKE48の元メンバーで、セクシー女優三上悠亜(23歳)が、7月28日に放送されたバラエティ番組「必殺!バカリズム地獄」(AbemaTV)に出演。フリーショット写メ会での“鬼ギレ”エピソードを語った。

三上はこの日、最近あったという“鬼ギレ”エピソードを告白。「ファンの方に恩返しをしたくて、フリーツーショット写メ会をしたんです」と、それは写メ会での出来事だったという。

「無料ってことで、18歳未満の方や、若い男の子とか来たんですけど」と、普段とは若干客層が異なっていたようだが、「何か残したいっていう思いからか、腕を絡ましてきて、おっぱいを腕にわざと触れさせる人がいて…」と告白。

「普通にしてくれたら、腕を組んでツーショットを撮ろうって思っている」という三上だったが、「そういう人には…」と苦言を呈していた。

嵐の二宮和也が相葉雅紀の天然ぶりに恐怖「ゾーっとしたね」

30日放送の「ニノさん」(日本テレビ系)で、の二宮和也が、相葉雅紀の天然エピソードを披露した。

番組では「となりのホラーちゃん」と題して、恐怖を感じる雑学を紹介した。番組終盤、嵐のメンバーで「ホラーな人」は誰かを尋ねられた二宮は「それはもう一択じゃないですか、相葉くんだと思いますよ」と即答した。

バカリズムが「オレはそんなイメージないですよ」とフォローを入れる中、二宮は「昔、(櫻井)翔ちゃんが、新聞見ながらご飯食べてて」と、相葉に恐怖を感じたエピソードを話しはじめた。

そのとき二宮は、櫻井の隣にいた相葉を「翔さんは新聞を見ながらご飯食べる、ふたつのことを同時にやれてスゴいね」「相葉さんできないじゃん、なんでできないんだろうね?」などとイジり続けていたのだとか。

すると、怒り出した相葉は「オレだってね、新聞食べながらご飯ぐらい読めるよ!」と言い放ってしまったそう。このエピソードにほかの出演者は大ウケし、菊地亜美も「スゴい、ド天然じゃないですか!」と激しいツッコミ。二宮も「ゾーっとしたね、それは」と回想し、笑いを誘っていた。

【関連記事】
嵐・相葉雅紀が大野智の隠れた努力を知らずに勘違い「天才かと思ってた」
嵐・櫻井翔 中居正広と嵐メンバーとの恒例行事を明かす「毎年嬉しかった」
二宮和也が子役時代に衝撃を受けた仕事「しんどかったなぁ」

ウーマン村本大輔が学歴を熱弁「社会で結果を出したやつが勝ち」

ウーマンラッシュアワー・村本大輔

写真拡大


29日深夜放送の「ウーマンラッシュアワー村本大輔の土曜The NIGHT」(AbemaTV)で、お笑いコンビ・ウーマンラッシュアワーの村本大輔が、学歴について持論を展開した。

番組では、視聴者からの不満メールを募り、メール内容に村本が答えていった。その中で、学歴を重要視する母親に腹を立てているという女性からの投稿を紹介した。

投稿によると「Fランク」と呼ばれる大学に通う投稿者は過去に「一流大学の男性」から強引に肉体関係を迫られ、その場で断固拒否した際「Fラン大学のクセに死ね」「どうせFラン大学はヤリマンだらけだろ」「やらせろ」などと辛らつな言葉を浴びせられたのだという。

投稿者は、プライドが高いが故の「本音」だろうと感じたそうだが、「頭の悪い私が求めるべきものは、学歴よりも常識だと思う」と主張。しかし、母親はその考えを理解してくれないそうで「学歴学歴とうるさい人に、説得できる方法はないでしょう?」と村本に相談した。

投稿者の悩みに、村本は「大学の4年生(まで)で全員死ねるんだったらいい」「ただ、学校なんて人生の長いうちの、こんだけ(わずか)ですよ」と学歴への考えを語りはじめた。

村本は、人生を家に例え、自分自身で設計しなければいけないと前置きする。学生時代は、社会に出て家を建築するための「知識という名の工具を自分という工具箱に入れるための期間」と主張し、高学歴になるほど工具の種類も量も変わるという。

「ドライバー1本で今人生を切り開いている、いい家を建てている、そこはセンスと技術で」と自身について語る一方で、どれだけ金をかけて工具を手にしていても、家を設計する能力がない人がいると指摘する。

学歴などの過去の結果にすがっていても、現状で活かせなかったら意味がないと主張する村本は「社会で結果を出したやつが勝ちでしょ」「そのために、学歴がないよりはあったほうがいいっていうレベル」との持論を展開していた。

【関連記事】
村本大輔 今井絵理子氏の「一線を越えていない」発言への批判に異論
ウーマンラッシュアワー・村本大輔が自身のスキャンダルネタの価格に不満
村本大輔が芸能人による政治的発言を推奨「芸人が興味がなさすぎる」

吉岡里帆、チラ見えの腹筋に絶賛の声「割れてる、めっちゃきれい」

 女優の吉岡里帆が、自身のInstagramを更新。公開された美しいスタイルが反響を呼んでいる。

 週刊誌『週刊文春』7月27日号に掲載された、“原色美女図鑑”というコーナーの写真をいくつか公開した吉岡。まず目につくのは真っ赤なドレスに身を包む華やかな姿。そして、写真をスクロールしていくと、シックな黒のドレス姿、また最後には白の衣装を着ているのだが、綺麗に割れた腹筋がちらりと覗いており、とてもセクシーだ。

 この姿を見たファンからは、「腹筋割れてる!?」「腹筋めっちゃきれい」「腹筋カッコイイ !」と絶賛する声が多数届いている。

 吉岡は現在、7月9日にスタートした日曜劇場『ごめん、愛してる』(TBS系)にてヒロインを演じている。同ドラマは2つの三角関係が交差する切ない恋愛ドラマ。連続ドラマのヒロイン役は初挑戦の彼女だけに、視聴者からは注目が集まっている。

市川海老蔵が24時間テレビランナーに反応「スケジュール空いている」

歌舞伎俳優の市川海老蔵

写真拡大


 歌舞伎俳優の市川海老蔵(39)が31日、自身のブログを更新。8月26、27日に放送される日本テレビ「24時間テレビ」のチャリティーマラソンランナーについて反応した。

 「ネット見て え?私?はしるの?」というエントリータイトルで更新し、「日テレさんの24時間テレビでマラソンランナーが海老蔵だよね、とかたまに目にする」と触れ、「え?私?走るの?」とつづった。

 ブログのラストは「因みにスケジュールは空いてる笑笑」と「笑」という文字を2個つけて締めた。

 今年の24時間マラソンのランナーは8月26日当日に発表されることが、7月30日放送の同局「行列のできる法律相談所」(日曜後9・00)で明らかになった。総合司会を務める羽鳥慎一アナウンサー(46)が報告。候補は会場の日本武道館にいる出演者全員で、1992年のマラソン企画スタート以来、史上初の試みとなる。

今井絵理子議員の不倫疑惑に続報示唆 リポーターの証言に悲鳴

今井絵理子参院議員

写真拡大


31日放送の「バイキング」(フジテレビ系)で、芸能リポーターの菊池真由子氏が、今井絵理子参議院議員の不倫報道に関し、続報の存在を示唆した。

番組では「週刊新潮」が報じた今井氏と橋本健神戸市議会議員の不倫疑惑を取り上げて、出演者が意見を交わしていた。その最中、MCの坂上忍が菊池氏に尋ねる。

報道陣が、ふたりで宿泊した事実は現在判明しているほかにあるのか、橋本氏を追及したときのこと。橋本氏が曖昧な回答を返したことから、坂上は「また、流行りの“第2弾”がありそうな気がしてならない」と疑いを持っているというのだ。

坂上の疑問に対し、菊池氏は「私の情報では、出ますね」と、続報の登場を示唆したため、スタジオは悲鳴に近い声でざわついていた。菊池氏によると、今井議員と橋本市議の言い分に対する反論だとするものとのこと。

菊池氏の情報にはコメンテーターのガダルカナル・タカも「ふたりが言ってきたことが『全部違うんじゃないですか』って言われてしまう可能性があるってことですよね? いやー、キツいなそれは」と唸っていた。

【関連記事】
フィフィ 今井絵理子参院議員の言動を批判「ポリシーがない」
池田美優 今井絵理子議員の恋人繋ぎに痛烈「30代もこういう繋ぎ方するんだ」
いとうあさこ 今井絵理子議員の釈明に疑問「手繋ぐのが我慢できない人達が…」

「ちびまる子ちゃん」期間限定で「トラウマ回」を放送か

8月限定メニュー!おたのしみ夏ものがたり

写真拡大


 あの『ちびまる子ちゃん』が、8月6日(日)から27日(日)の4週にわたり「8月限定メニュー!おたのしみ夏ものがたり」と題して、夏っぽく「怪談」や「不思議な話」を取り入れたエピソードを放送することが分かった。その期間中は、いつもの『ちびまる子ちゃん』らしい夏休みの話と、普段とはひと味異なる怖い話(?)を1話ずつセットにして放送するそうだ。

 以下が放送スケジュールとあらすじである。

■8月6日(日) 「『さくら家の車を探せ!』の巻」「『むかしむかーしの怖い話』の巻」
 真夏の神社の境内で、涼をとるため怖い話をすることにしたまる子たち。怖い話に詳しいという野口さんが、昔の子どもたちのことを話し始めた。その子たちはお寺の離れに集まり、自分たちと同じように怖い話をすることになったのだという。そこに加わったのは、怖い話が大好きだという寺の小僧の珍念さん。みんなが語り合う話の「オチ」をことごとく見抜いてしまう珍念さんが、最後に話し始めたとっておきの怖い話とは…?

■8月13日(日) 「『花輪君、まる子たちのキャンプに参加する』の巻」「『おじいちゃん、タタリにおびえる』の巻」
 老人会のハイキングにやって来た友蔵とまる子。下山中の不注意で、友蔵は大きな石に足をぶつけてしまう。どんどんひどくなる友蔵のケガ。翌日、まる子は学校で野口さんから「石ふみ様」という神様の話を聞く。石ふみ様は山の石に宿る神様で、その石を取り除こうとする村人たちに災いをもたらしたのだとか…「おじいちゃん、倒してはいけない石を倒したから、足が腫れたんじゃ」。友蔵にふりかかる不運の数々は、果たして石のタタリなのか…!?

■8月20日(日) 「『何でも凍らせちゃおう』の巻」「『まる子と小僧の呪い』の巻」
 心霊写真の本を読んだまる子は、自分にも何か起こるのではと怯えていた。ある日たまちゃんから一緒に公園で遊んだ時の写真をもらうのだが、それを見た野口さんが「小僧が写ってるね」とポツリ。飛んできたボールにぶつかったり、かわいい犬に吠えられたりと不運続きのまる子は「小僧の呪い」を確信する。家に帰ると家族は不在。留守番をしていると外は徐々に暗くなり、どこからともなく水音が…。まる子は小僧に呪われてしまったのか!?

■8月27日(日) 「『まる子、一日中寝ていたい』の巻」「『まる子と夏の不思議な男の子』の巻」
 公園で缶ぽっくりで遊んでいたまる子たち。突然の雷雨に見舞われて、まる子は缶ぽっくりを忘れたまま慌てて家に帰ってしまう。その後雨上がりに公園に戻ると、小さな男の子がまる子の缶ぽっくりで遊んでいた。うまく遊べない男の子に使い方を教えてあげるうちに、まる子たちはすっかり友達に。遠くから来たという男の子・ゴロちゃんと毎日公園で遊ぶようになるのだが、なぜか雷の音が聞こえるたびに、ゴロちゃんは一目散に家に帰ってしまい…。

 『ちびまる子ちゃん』はたまに挿し込まれる感動の神回が話題となるが、今回は恐怖すぎるトラウマ回となるか……?

有村架純の「ナラタージュ」過激シーンに試写会場でどよめき

「ひよっこ」の純朴な彼女がまさか…

写真拡大


 ベッドに横たわる女のキャミソールを男が荒々しくたくし上げると、ブラジャーの間から豊かな谷間が現われる。そして触れたらぷるぷると揺れそうな柔らかなバストが露わに──。

 この濃厚なベッドシーンは、10月公開の映画『ナラタージュ』の一場面。ヒロインを演じているのは、視聴率20%を超えるNHKの朝ドラ『ひよっこ』で、田舎から上京して奮闘する主人公を演じている有村架純(24)だ。

 そんな朝ドラで見せる純朴さと真逆の表情に、関係者限定の試写会を見た芸能記者は思わず息を呑んだという。

 映画で描かれているのは、演劇部顧問の高校教師(松本潤・33)とその教え子だった女子大生(有村)、彼女の演劇仲間(坂口健太郎・26)の三角関係。

 原作の小説ではヒロインの濃密なラブシーンが随所に登場するため、有村がどう演じるかが注目されていた。前出の芸能記者が明かす。

「坂口とのシーンにはさらに有村が首筋を愛撫されたあと、正常位で交わる場面があり、その恍惚の表情や、抑えきれず漏れる喘ぎ声など、リアルな演技に驚きました。松本とは、座ったまま正面から抱き合う体勢でのラブシーンがあり、火照った彼女の背中が色っぽく映し出されていた。想像していた以上の過激さに試写会場ではどよめきが起きたほどです」

 興味深いのは、この映画のクランクアップが1年前の8月だったという点だ。クランクアップから公開まで1年以上も間が空くのは珍しいケースだという。どうやらこれには半年間に及ぶ朝ドラ出演との兼ね合いがあるようだ。

「清純イメージが必須の朝ドラヒロインに別のイメージが付かないよう、朝ドラ出演直前や放送中は新たなCM契約を結ばないという暗黙のルールがあるようです。そのため、公開は『ひよっこ』の最終回(9月30日)後に設定されたのではないでしょうか」(芸能関係者)

 同映画の配給会社の一つであるアスミック・エースにこの件について聞くと、次のように答えた。

「撮影前から今年の秋公開を予定しており、『ひよっこ』の放映時期との調整があったわけではありません」

“ひよっこ”のみね子から、“オトナの女”に大変身を遂げる有村の演技をスクリーンで見る日が待ち遠しい。

※週刊ポスト2017年8月11日号

北朝鮮のミサイルを巡り珍実験 宮根誠司が苦言「だいぶ違うとこに」

写真:gettyimages

写真拡大


31日放送の「ミヤネ屋」(日本テレビ系)で、北朝鮮のミサイル発射をめぐり珍実験を実施。スタジオ出演者から苦笑が漏れる事態となった。

番組では、28日夜に北朝鮮が発射した弾道ミサイルについて専門家を交えて検証していた。

特集では、異例の深夜帯に発射された狙いのほか、通常よりも角度をつけて超高度に打ち上げる「ロフテッド軌道」に着目。「ロフテッド軌道」とは、通常よりも角度をつけて高く打ち上げる発射方法だ。ここ最近、同国で多く見られる発射方法で、米国本土にミサイルを着弾させるための実験の意味合いも含まれているとされている。番組ではその実効性を検証するためにスタジオ実験を行なった。

スタジオには朝鮮半島と日本列島が書かれた台が登場。朝鮮半島には、ミサイル台を模したピンポン球を打ち上げる台が備え付けられている。その出来映えに司会の宮根誠司も「手作り感満載ですけどね」とツッコミが入れられる。

実験進行役の野村明大アナウンサーからの説明がされたあと、「ロフテッド軌道」の角度を示すため、発射口をほぼ真上に向けてピンポン玉を発射させた。しかし発射された各ピンポン玉は四方に飛び散ってしまい、ゆうに日本列島を越していってしまったのだ。本来ならば高く打ち上がった玉が、すべて日本海に落ちなければならない。

宮根は「いやいや、だいぶ違うとこ落ちてるぞ、これ」とあまりの出来の悪さに苦言を呈す。約15発近くあがった玉の9割は的外れな箇所に着地してしまい、宮根は「何回もリハーサルやってたやんか」と制作陣のミスを指摘した。野村アナによると「リハーサル何回もやって、まだ完全にうまくいかないまんま本番に突入してます」と裏側を暴露し、スタジオでは苦笑が漏れる。

続いて野村アナが発射台の出力を変えないまま角度だけ鋭角に変更して発射すると、飛距離が格段に伸びてスタジオの床に置かれた米国と書かれた「箱」とまで届いた。つまり、出力を変えずに発射口の角度を鋭角にするだけでミサイルの飛距離が伸びることが実証されたのだ。

しかし、宮根は箱の位置が疑問のようで「そこ(発射台)からアメリカ(の箱)の距離ってこれくらいなんですか?」と、距離の根拠を尋ねた。

野村アナが「正確な距離は検証してません」とあっさり答えると、デーブ・スペクターも「夏休みの(自由)研究みたい」とイジる始末。宮根が野村アナに「灘高から東大出てんだから、そういうことやめた方がいいと思う」とダメ出しすると、野村アナは野村アナで「私もね、これやりたくなかったんですよ」と本音を爆発させ、さらなる笑いを誘っていた。

【関連記事】
「ミヤネ屋」が高須克弥院長をめぐるコメンテーターの発言を謝罪
宮根誠司 稲田朋美防衛大臣に指摘「防衛省や自衛隊からナメられてる」
宮根誠司 加計学園をめぐる問題に厳しい指摘「民間企業だったら許されない」