0年 0月 の投稿一覧

「ハゲ暴言」豊田真由子が新たに政策秘書を雇い議員を辞める気ナシ!の裏事情

「ハゲ暴言」豊田真由子が新たに政策秘書を雇い議員を辞める気ナシ!の裏事情

写真拡大


「このハゲー!」と自身の秘書を罵倒し、その暴力行為が暴露され、世間から猛バッシングを浴びた豊田真由子衆院議員。一連の問題言動が6月22日、「週刊新潮」に報じられた同日、自民党に離党届を提出した。以来、“精神的に不安定”を理由に、入院。以来、1カ月以上が経過しても、いまだに雲隠れを決め込んでいる。

“政界に戻るのはムリ”と、有権者のほとんどは思っていたに違いない。

 しかし、ここにきて日刊ゲンダイは「辞職の意向なし」と報じた。その理由として、衆院議員の公設秘書の経験がある現職の地方議員の男性が、豊田氏の政策秘書に内定したからという。

 これに対し有権者からは「政治家には品格も必要だから早く議員辞職して欲しい。この瞬間にも多額の歳費が払われてると思ったら嫌になる」「どのツラ下げて公の場に出るの?」「即刻、議員辞職」「まずは、会見しろ!」など、厳しい意見が殺到した。

 政治部の記者は「豊田議員については離党届を出したとはいえ、けじめをつけさせないと、防衛大臣を辞任するにいたった稲田朋美議員の問題以上に、自民党の痛手になるでしょうね」

 としたうえでこう話す。

「永田町筋によると、豊田氏の離党届は保留のまま。もし議員辞職して補欠選挙になれば、自民党は勝てる候補を出せず、議席数を減らしたくないとの理由から離党させるのをためらっているんです。もしかするとそういう党の状況を見越して、豊田氏は、議員は続けられると踏んで新たに政策秘書を雇ったのでは?と勘ぐりたくなるほどです。でもこのまま放置しておくほうがダメージは大きいですよ。それにしても安倍総理は、稲田、豊田、今井絵理子議員といい、つくづく女縁が悪いというか、見る目がないとしか言えません」

 もはや安倍政権には、豊田氏に、国民が納得するような「身の処し方」を決めさせる力も残っていないようだ。

カトパンだけじゃない!人気女子アナたちが受けた「ハラスメント入社面接」

カトパンだけじゃない!人気女子アナたちが受けた「ハラスメント入社面接」

写真拡大


 元フジテレビアナウンサーのカトパンこと加藤綾子が、7月10日深夜に放送の「クジパン」(フジテレビ系)で同局の入社試験時に面接官から艶系ポーズをするように指示されたことをこう暴露した。

「どうしよう、どうしようと思って、私、何を血迷ったか、スカートの裾を上げたの‥‥。スカートの裾を膝上まで上げて、エヘッとかやって」

 番組の放送以降、ネット上ではフジテレビの「ハラスメント面接」について批判コメントが続出したが、テレビ関係者の間では受け止め方が違ったようである。

「カトパンのチラ見せなんて全然序の口です。女子アナ採用の現場は各局どこも同じ。いや、もっとエゲツない質問、強要で溢れかえっていますよ」(民放関係者)

 それもコンプライアンス意識の低かった時代には、露骨さは現在の比ではなかったようだ。

「30年前、河野景子がフジの重役面接を受けた際の最初の質問は『君って男性未体験なの?』だったんですよ。これに動じず『想像にお任せします』と答えたことで彼女が採用されたというエピソードは今もテレビ業界の語り草。90年代後半までは『外国人とヤッたことある?』『今日は何色のを履いているの?』なんて質問がバンバン飛び交っていましたよ」(前出・民放関係者)

 そんなハラスメント面接は、多少ソフト路線になりつつも現在にいたっても連綿と続いているという。

 7月31日発売の「週刊アサヒ芸能」(8月10日号)では、TBS・宇垣美里アナ、フジテレビ・宮司愛海アナ、テレビ朝日・田中萌アナ、テレビ東京・鷲見玲奈アナなどの知られざる「入社面接」秘話を赤面リポートしている。美女アナたちが難関を突破するまでの“通過儀礼”はこんなにもスゴかった!

「そのうちオレも狙われる」松居一代への恐怖を口にした「超大物IT社長」

「そのうちオレも狙われる」松居一代への恐怖を口にした「超大物IT社長」

写真拡大


 6月27日から1カ月もの間、インターネットを駆使して夫・船越英一郎への攻撃を続ける松居一代。

 船越のレギュラー番組「ごごナマ」を放送するNHKに夫の降板を要求し、自身のブログ読者に対してNHKへの抗議を扇動。

 7月26日の「こっちは100才まで戦えますぞ」と題したブログへの投稿では、離婚した前夫の遺族に「週刊誌に、ペラペラ私のことをしゃべられている様子ですからね」と怒りを表明した。

 船越、NHK、前夫の遺族と敵視する対象を広げる松居だが、彼女の次のターゲットになるのではと恐怖を口にしている「超大物IT社長」がいるという。

「騒動勃発当初から『いずれ松居さんの怒りの矛先が“社長”に向かうのでは』と噂されていたのですが、社長本人も『そのうちオレも狙われる』と漏らしているんですよ」と語るのはIT関係者である。

 松居一代の恐怖を口にした“社長”とは、彼女が活用する「アメブロ」の運営元・サイバーエージェントの藤田晋社長だ。

「報道されているように『アメブロ』ではたびたび、彼女に『誹謗中傷記事』を掲載しないよう警告していて、常に彼女のブログは閉鎖の危機にあります。7月上旬に閉鎖を免れた時は松居さんが『藤田社長様 ありがとう!!』という記事を投稿していましたが、今後、誹謗中傷がエスカレートして同社がブログ閉鎖の決定を下した場合、社長への感謝が憎しみに変わることは想像に難くない。杞憂に終わればいいのですが……」(前出・IT関係者)

 果たして松居の怒りの行方はいずこへ──。

(白川健一)

上西小百合議員に今田耕司が指摘「理解力のない人に政治任せたら怖い」

2017年7月15日に行われたサッカーの親善試合、浦和レッズ対ドルトムント戦について発言した上西小百合@uenishi_sayuri)衆院議員。


敗れた浦和レッズに対し、こうツイートし、浦和ファンのみならず多くの人から批判をされています。

また、暗にファンやサポーターを挑発するようなツイートまで!

このツイートには度を超えた批判コメントが寄せられ、いわゆる『炎上』した状態になってしまいます。

上西議員は、この件について7月18日に謝罪会見を行いました。しかし、秘書にうながされて渋々行った印象をぐぬぐえないものに…。

その後も、過激なツイートを続ける上西議員。

反省しているようには見えない上西議員に対する風当たりは、日に日に強まっているようにも見えます。

今田耕司が一刀両断!

そんな上西議員が、7月29日に放送された読売テレビの『特盛!よしもと 今田・八光のおしゃべりジャングル』に出演。

騒動について、こんな発言をしたのです。

何で、あの試合の感想がこんな大騒ぎになっているのか分からない。

特盛!よしもと 今田・八光のおしゃべりジャングル ーより引用

大騒ぎになる意味が分からない…出演者も唖然とする発言です。

さらには、こう続けた上西議員。

例えば、サッカーの専門家だとか、セルジオ越後さんとか、そういった人がいったなら、みんなから注目されて「このコメントはどうだ」とかなら分かりますけど。

私、サッカーの素人じゃないですか。

好きですよ、というだけで。

サッカーの知識もあるわけでもない人間がいったことに対して、何で反響があるのか分からない。

特盛!よしもと 今田・八光のおしゃべりジャングル ーより引用

「なぜ、批判されなければならないのかを理解できない」「感想をいっただけじゃないか」といった主旨の発言を行います。

この発言を、真っ向から否定したのは、番組MCの今田耕司さん。

「分かってもらいたいのは…」と切り出し、次のように発言します。

「炎上している意味が分からない」というのが本心だとしたら。

これが何で炎上しているのか、理解力のない人に、政治とか任せてたらメチャクチャ怖いですよ。

理解力が著しく欠如してるんじゃないか、と思うんですよ。

特盛!よしもと 今田・八光のおしゃべりジャングル ーより引用

なぜ多くの人が怒っているのかを理解できないような人に政治を任せるのは怖い…非常にシンプルですが、多くの人の気持ちを代弁した素晴らしい切り返し。

この今田さんの発言はTwitterでも話題になります。

よくぞいった!上西議員は好きでも嫌いでもないけど「理解力がない」というところには同意します。理解力がない人が、議員になれるシステムに問題がある。本当に、この人はいろいろと勘違いしていると思う。今田さんの発言に拍手を送ります。私のいいたいことを分かりやすく伝えてくれた。

上西議員が試合の感想を述べるのは自由です。

しかし、議員という国民を代表する立場にある人間が、多くの人の気持ちを理解できないとしたら、それは非常に怖いこと。行き過ぎた批判は許されませんが、浦和ファンをはじめとする多くの人が気分を害したことだけは間違いありません。

だからこそ、今田さんが面と向かって、上西議員の問題点をズバッと指摘したことに多くの拍手が寄せられたのではないでしょうか。

[文・構成/grape編集部]

!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0],p=/^http:/.test(d.location)?’http’:’https’;if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=p+”://platform.twitter.com/widgets.js”;fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document,”script”,”twitter-wjs”);

NEWS小山慶一郎が24時間テレビランナーか「練習メニューある」

NEWS小山慶一郎、24時間テレビランナーの可能性に言及「練習メニューを渡されている」

写真拡大


小山慶一郎/モデルプレス=7月31日】NEWSの小山慶一郎が31日、キャスターを務める日本テレビ系情報番組「news every.」(毎週月曜〜金曜15時50分)にて、チャリティーマラソンランナーが当日に発表されることが明らかとなった同局系「24時間テレビ40 告白 〜勇気を出して伝えよう〜」(8月26日〜27日に放送)について、心境を語った。

櫻井翔・亀梨和也・小山慶一郎が“告白”「小山との禁断の…」「櫻井くんと怒られた」「亀梨くんとお泊り」<24時間テレビ制作発表会見>

◆小山慶一郎にもランナーの可能性

嵐の櫻井翔、KAT-TUNの亀梨和也とともに「24時間テレビ40」のメインパーソナリティーを務める小山。カルチャーコーナーを担当する寺田ちひろに「メインパーソナリティーの小山さんも可能性があるということですよね?」と問われると、小山は「はい。この発表に本当に驚いたんですけれども、みんな可能性があるということで、私も実は練習メニューを渡されている」と告白。

そして「本番までおよそ1ヶ月となりましたが、今までとはちょっと違う緊張感を持って、当日を迎えたいと思います。練習がんばります!」と意気込んだ。

◆“当日、武道館にいる人”がランナーに

チャリティーマラソンランナーが当日明らかとなることは、30日に放送された同局系「行列のできる法律相談所」(毎週日曜よる9時)にて発表。ヒントとして“当日、武道館にいる人”がランナーになるということで、すでに発表されている出演者は、メインパーソナリティーの櫻井、亀梨、小山の3人、チャリティパーソナリティーの石原さとみ、スペシャルサポーターの東野幸治、宮迫博之、後藤輝基、渡部建、ブルゾンちえみ、梅沢富美男の6人、総合司会を務める羽鳥慎一、水ト麻美アナ、24時間テレビサポーターの徳光和夫に加え、(同番組で発表された)武道館北口担当のANZEN漫才みやぞんと、サンシャイン池崎。

番組内で「ジャニーズはないですよね?翔くんとか亀ちゃんが走ると(街が)パニックになっちゃう」と告げた小山に、後藤は「そんなん言うたらTOKIOのリーダー(城島茂)走ってるやん!」とつっこむなどし、ジャニーズの可能性もうかがわせていた。(modelpress編集部)

情報:日本テレビ

【Not Sponsored 記事】

「SuG」9月2日の日本武道館公演をもって無期限活動休止へ

日本武道館公演をもって活動を休止するSuG

写真拡大


 活動10周年を迎えたビジュアル系バンド・SuGが、9月2日の東京・日本武道館公演『HEAVY POSITIVE ROCK』をもって無期限活動休止することが31日、わかった。バンドの公式サイトで発表された。

【写真】金髪の松崎しげるが助っ人加入したことも

 バンドとスタッフの連名で「バンド活動10周年を迎えるにあたりメンバー・スタッフとも今後の活動についての話し合いを重ねた結果、2017年9月2日の日本武道館公演をもちまして、無期限活動休止とさせて頂くという決断に至りました。突然のお知らせとなりましたことを心より深くお詫び申し上げます」と報告。「これからの5人の新しい活動と挑戦をご支援頂ければ幸いです」としている。

 メンバー5人も一人ひとりコメントを掲載。武瑠(Vo)は「出来ることも、出来ないことも、全てやりました。それでもSuGを守れなかったこと。みんなに対して申し訳ないと思うと同時に、自分自身の無力さに、心底不甲斐なく思っています」とつづり、masato(G)は「やっと武道館まで辿り着いてその先がないという事実を突きつけてごめんなさい。しっかりと10年の証を刻む武道館公演にしたいので、その瞬間を会場で一緒に感じてもらえたら嬉しいです」と呼びかけている。

 2006年に結成され、07年から活動を始めたSuGは、武瑠、masato、yuji(G)、Chiyu(B)、shinpei(Dr)からなる5人組。2012年12月に所属事務所を離れるとともに活動を休止し、13年12月から活動を再開していた。15年2月にボーカルの武瑠が慢性扁桃腺炎治療のため一時活動を休止していたときには、SHIGERUこと松崎しげるが助っ人ボーカルとして加わったことでも話題を呼んだ。

ココリコ田中直樹の離婚の原因に新たな説が浮上 細かすぎる性格に問題?

ココリコ・田中直樹

写真拡大


「小日向しえさんとの離婚から3カ月弱になりますが、いまだに離婚の原因は明らかにされていません。小日向さんの浮気が原因だという報道も一部ありましたが、どうやら田中さんの性格にも問題があったようです」(テレビ局関係者)

 静岡・沼津市戸田の市営施設「駿河湾深海生物館」がリニューアルオープンし、監修者で同館の名誉館長に就任したお笑い芸人ココリコ田中直樹

「田中さんは、自宅でも魚の図鑑をずっと見ているような、根っからの魚オタクです。芸人仲間と飲みに行ったりすることはほとんどなく、毎日自宅と仕事場の往復のみ。そのため、彼は東京の地名や駅名もほとんどわからないそうですよ。小日向さんが『たまには飲みに行ってきなよ』と言っても帰ってくるので、息が抜けない毎日だったようです」(芸能事務所関係者)

 一部ではお金の管理もすべて田中が行い、細かい家計簿までつけていたといわれる。

「小日向さんが飲みに行くお金も、田中がその都度、渡していたというウワサもあります。回数が多いと、その理由や誰と行っているのかなど、ネチネチと聞いていたようです。それで小日向さんも余計に口をきかなくなって、ギクシャクしたとか。とはいえ、仕事に関しては真面目ですし、彼のことを悪く言う人はいませんよ。相方の遠藤章造さんと違って、彼は芝居の評価も高いですからね。深夜ドラマだと主演をしてもおかしくないですし、あの三谷幸喜さんも彼のことを評価してます。離婚したことで、今まで以上に仕事に集中できるんじゃないでしょうか」(バラエティ関係者)

 離婚が吉と出るか、凶と出るか――。

HKT48の指原莉乃が地元・大分に帰郷 実家での部屋着姿に反響

 アイドルグループ・HKT48指原莉乃が、地元・大分に帰郷し、満喫する姿が反響を呼んでいる。

 今月29日より3日間限定で、大分県別府市の遊園地「別府ラクテンチ」内にオープンした、温泉と遊園地を一体化させた話題のスポット 『湯〜園地』に訪れていた指原 。日帰りの予定が急遽泊まれることになったようで、実家で過ごす束の間の時間を自身のTwitterで公開している。

 指原は「大分市のお祭り『ななせの火群まつり』にも行ってきました!」と綴り、広々としてとても綺麗な公園でのショットを公開。写真は自身の母が撮ってくれたそう。雑誌の1ページにもなりそうなショットだが、指原も「地味にお母さんが写真上手くなってる件について」と、母の腕前について称賛するコメントを残している。

 また、公開された実家での部屋着姿も反響を呼んだ。「実家感つよすぎの部屋着。トリニータ」と綴られた投稿には、指原の地元・大分のJリーグチーム『大分トリニータ』のユニフォームを着ているショットが公開されている。胸元には自身の名前を番号で表した「345」の文字も入っており、愛用している様子も伝わる。

 大分市の観光大使を務めている指原だが、地元をアピールする姿を見たファンからは、「変わらぬ地元愛に感動」「さすが観光大使!」「大分の魅力伝わってるよ」「大分に帰ってきてくれてありがとう」などの声が届いている。

24時間テレビ マラソンランナーの当日発表に愛好者から批判も

提供:リアルライブ

写真拡大


 日本テレビは7月30日放送の『行列のできる法律相談所』にて8月26日〜27日放送予定の『24時間テレビ 愛は地球を救う40』のマラソンランナーについての発表を行った。

 日テレの羽鳥慎一アナの説明によると「今年のマラソンランナーは本人含め当日に発表」。さらにヒントとして「当日、武道館にいる人」「走る理由がある人をランナーにする」と告知した。

 つまりランナーの候補は24時間テレビでメインパーソナリティーを務めるNEWSの小山慶一郎および石原さとみ、サポーターの東野幸治、宮迫博之、後藤輝基、渡部建のほか発表を行った羽鳥アナまで候補に入っており誰が走るのかは『24時間テレビ』放送当日までわからない。

 この発表にネットでは「体力作りや走る時のペース配分とか事前に練習が必要じゃないの」、「人気者しかいないのに怪我があったら大変では」、「体力面が心配なのでこれに関してはヤラセであってほしい」といった、いきなりランナーに指名される芸能人の体調を心配する書き込みが相次いだ。

 そのほか「当日の発表で100キロのマラソンはプロランナーでも無理。マラソンを舐めているのでは?」とマラソン愛好者からの痛烈な批判も数多く寄せられているという。

 「8月の炎天下のなかアスファルトを走るフルマラソンは想像以上に過酷です。体力作りのための準備期間は少なくとも3か月は必要だし、細かいことをいえばマラソンに使うウェアやシューズなども血豆ができないよう体に馴染ませるために事前に走り込んだ状態で当日に挑みます。いくらトレーナーやスタッフが同行すると言っても、走る本人に基礎体力と準備が無ければ命取りになります」(某スポーツライター)

 また、今回の「ランナー当日発表」を含めネットユーザーの一部では「24時間テレビのバラエティ化」を危惧する声も強いという。

 「あまりにお茶らけすぎ。チャリティ番組なのにバラエティっぽいノリが強くなりすぎているのでは?」、「ふざけた発想でチャリティ番組を作る姿勢に疑問を感じる」などの批判が相次いでいる。

 テレビ業界に詳しいライターはこう語る。

 「過酷なチャレンジの当日発表はバラエティ番組のお約束です。なので当日はバラエティのような『罰ゲーム発表』みたいな演出になると思います。最近の24時間テレビは視聴率も年々低下し『打ち切り』の噂もちらほら聞きます。さらに昨年はサポーターの高畑裕太が放送前に逮捕されるなどスキャンダルなイメージも付いてしまった。バラエティ化は最後の悪あがきではないでしょうか」

 日本テレビの本音としては『地球』のまえに『24時間テレビ』自体を救って欲しいのかもしれない。

(ミッチェル横山)

仮面女子が「天下鳥ます」とコラボ「女の子の汗の味からあげ」を販売

あの地下アイドルがからあげ専門店とコラボ!

“最強の地下アイドル”とのキャッチコピーを掲げるアイドルグループ・仮面女子がからあげ専門店『天下鳥ます』とコラボレーションし、衝撃的なネーミングのからあげを期間限定で『天下鳥ます』の店舗にて販売する。

仮面女子

<耳マンのそのほかの記事>

前代未聞の衝撃メニュー!『女の子の汗の味からあげ』

気になるコラボ商品は、その名も『女の子の汗の味からあげ』。これは、『天下鳥ます』の鶏むね肉のからあげに塩とレモン汁とチーズをかけた特製のからあげ。「塩で塩辛さを、レモンで酸っぱさを、チーズで後味の感じ」をイメージした味付けで、“女の子の汗の味”を再現したという。何ともインパクトのあるアイデアだ……。

『女の子の汗の味からあげ』

同商品は8月1日から10月31日までの期間限定販売となる。なお、中神駅前店、小谷サービスエリア店、欽明館店、海外店舗での販売はしないそうなので、注意しておこう。

[耳マン編集部]