0年 0月 の投稿一覧

青木さやか ダイエット後の写真をInstagramに投稿し称賛の声

この迫力下っ腹がどう変わった?(写真は、青木さやかさんのインスタグラムより)

写真拡大


先日、迫力ある「下っ腹」を披露したばかりのお笑い芸人の青木さやかさん(44)が、ダイエット後の写真を、2017年7月30日、インスタグラムに公開した。

10日間でウエストは4センチ、へそまわりは5センチ減ったというそのスッキリボディラインを見た読者からは、「お腹痩せてるよぉ〜」「お腹が全然ちがーう!」と、賞賛の声があがっている。

ウエストはマイナス4.5センチも

青木さんは、TBS系情報番組「サタデープラス」の「名医監修 夏の部分痩せランキングベスト3」に参加し、10日間のダイエット企画にチャレンジしていた。

7月13日には、「ダイエット企画はじめました ビフォア」というコメントとともに、62キロでウエスト78センチというありのままの姿を披露し話題になっていたが、そのダイエットの結果が、29日、番組で放送された。

10日間で、ウエストはマイナス4.5センチ、おへそまわりはマイナス4.5センチ(83センチ→78.5センチ)、太ももはマイナス1.5センチ(50センチ→48.5センチ)を達成。体重も2キロ痩せた。

放送翌日には、ビフォー写真の時とほぼ一緒の姿でポーズを決め、

「そういえば、まあまあ、痩せました。#サタデープラス #ダイエット #ドクター格子の夏痩せ #あと5キロ痩せたらベスト体重!」

というコメントとともに、アフター写真を公開した。

フォロワーからも、

「さやかさん痩せたね 可愛い」
「青木さん 痩せました 羨ましい」
「脚も腕もほっそりしてて、やっぱりお若いわぁ」
「足、細い、、、、」
「やはり足 綺麗ですよ」

と、変化を驚く声が相次いでいる。

ちなみに、青木さんが実践したダイエットは、スポーツドクターの中村格子さんが伝授した「戦う女の三画ポーズ」というシェイプアップ方法だ。

1回30秒程度、朝晩1回ずつ行うだけ。気になる太ももまわりをシェイプアップできることが証明され、「私も続けます!今朝早速やりました」「あたしもッ頑張ろ!」という書き込みも続いている。

叶美香がコスプレでの露出に持論 エゴサで投稿に喜んだことも明かす

叶美香

写真拡大


30日、叶姉妹の妹・叶美香がブログで、コスプレの露出についての持論を述べた。

同日、美香は千葉県の幕張メッセで開催されていた大型展示会「ワンダーフェスティバル2017[夏]」で、ゲームメーカー・ニトロプラスのブースに登場し、同社の人気キャラクター「すーぱーそに子」のコスプレを披露していた。

美香は、自身のコスプレについて「世界中のどのような場所でも誠実な敬意の念と心のマナーを重んじる」と語っている。

レッドカーペットなどで必要なハイブランドのドレスの場合、「下着を着けていること自体がナンセンス」「デザイナーの方に対して失礼である場合があります」とマナーを綴る。

一方で、コスプレは、そのキャラクターのあり方を考慮し、「コスプレを体現すること自体にリスペクトと心のマナーをきちんと反映」させて、下着を着用したと明かした。

なお、自身を検索にかけたところ、コスプレについて「完成度も素晴らしいんだけどちゃんと露出対策をしているのが本当に素晴らしい」という投稿があり、姉妹で喜んだということだ。

【関連リンク】
コスプレ💓の露出のTPOマナー🌹と心のマナー💎について…💋✨

【関連記事】
内村光良が自身の衣装に本音「たまには短パンをはきたかった」
有吉弘行 大胆衣装の葉加瀬マイに痛烈発言「顔はイマイチ、胸はスゴイ」
筧美和子 巨乳にまつわる痛みを明かす「トラウマになる」

アンジャッシュの渡部建 4億円の豪邸購入認めるも困惑

渡部建、4億円マンション購入報道に困惑「そんな景気のいい話ではない」

写真拡大


 女優、佐々木希(29)と4月に結婚したお笑いコンビ、アンジャッシュのツッコミ担当、渡部建(44)が31日、東京・渋谷の「リゾ婚cafe」オープニングイベントに出席した。

 ワタベウェディングの「リゾ婚PR大使」に就任した渡部に報道陣から結婚式の日取りについて質問が集中。渡部はハワイなどリゾート地での挙式について「可能性なくはないですね。ただバタバタしてますので落ち着いたタイミングで。新婚旅行も行けてないので一段落ついたところで調整中です」と当面は仕事優先の姿勢を見せた。

 結婚から3カ月。新婚生活は「(佐々木は)料理もしてくれますし、ビーフシチューがおいしかった。日常的にすべて幸せです。毎日愛を育んでます」のろけまくった。

 一部で都内の一等地に“愛の巣”となる約4億円の超高級マンションをキャッシュで購入したと報じられたが、渡部は自宅購入自体は認めながら「全部うそです。キャッシュでもないしワインセラーもない。そんな景気のいい話ではない」と困惑していた。

 一方、日本テレビ系「24時間テレビ」のチャリティーマラソンのランナーが、放送当日の26日に発表されることが決定。有力候補となっていることを聞かれると「本当にぼくも知らない。練習マニュアルは渡されましたよ。万が一となったら迷惑かけるので」と心の準備はできているようだが、「ちょっと怖いですね。腰に爆弾かかえているので」と笑顔ながら戦々恐々としていた。

GACKTがラスベガスのポーカー大会に出場 わずか3日で900万円ゲット?

ポーカーぐらいじゃ動じない

写真拡大


 いっそ“プロ転向”してみてはどうだろうか。近頃は、本業のミュージシャンや俳優よりも、本物を見極められるかを競うバラエティ番組に出演し、“一流芸能人”としての活動がもっぱらのGACKT(44)。本場ラスベガスで行われたポーカー大会に出場し、なんと1000万円近くの賞金を獲得していたのだ。

 ***

 この時期、ラスベガスには、世界中のポーカーファンが集っているという。それというのも、世界最高のポーカー大会「ワールド・シリーズ・オブ・ポーカー」(WSOP)が、5月から約2カ月間に亘って開催されているからだ。

 過去、WSOPでの優勝経験がある木原直哉プロによれば、

「期間中は、70弱のタイトルイベントと他に200くらいの小さなイベントが毎日行われています。メインイベントは、1万ドル(約110万円)の参加料を払い、今年は、7300人が参加しました」


ポーカーぐらいじゃ動じない

 GACKTは、7月8日に開催された、優勝賞金9億円のこのメインイベントに参加していた。もっとも、一時はチップを積み上げるも、勝負所で運に見放され、あえなく初日敗退。自身のブログには、

《負けはしたがダメだったとは思っていない》

 悔しさを滲ませているが、実は、この前日に行われた別の試合に彼は出場し、勝利を収めていたのだ。

 そのゲームはWSOPとは異なるカジノが開催したイベントだが、参加費用は2万5000ドル(約280万円)で優勝賞金は約5000万円に上る。

チップを上乗せ

「このイベントは、権威があるわけでもなく参加料も高いため、腕に相当な自信のある人しか参加しません。実際、この時も、入賞者4名は、世界のトップクラスの人たちです」(木原氏)

 GACKTは4位に入り、約850万円を手にしている。さらに、別の日にもWSOP主催大会で入賞し、約40万円獲得。わずか3日間で約900万円をゲットしたというわけだ。

 これまでにアジアの大会で4回入賞し、今のところ賞金ランキングは国内58位に付ける。

 GACKTとの対戦経験について国内ランキング5位の土川鉄也氏が解説する。

「10年前にポーカーを知ったそうですが、本格的に大会に出始めたのは、昨年11月頃です。その2カ月後には、マニラの大会で7位入賞ですから、人並外れたセンスの持ち主と言えます」

 彼の持ち味については、

「自分からガンガンとチップを上乗せし、相手にプレッシャーを与え、場を支配する攻撃的なタイプです。ブラフも多いのでしょうけど、癖が少ない。顔色を変えずに大量のチップを賭けてくるので、威圧感を覚えます。このペースで成長すると、トッププロと互角に戦える日もそう遠くないかもしれません」

 ポーカーフェイスも“一流”と言うわけだが、そういえば、昨年、113億円を集金した投資詐欺の被害に遭い数億円の損失を出したとされるGACKT。慌てるどころか、すでに新たな投資を行っていると言われているだけに、感情を顔に出さないポーカーが得意なのも十分頷けるのである。

「週刊新潮」2017年7月27日号 掲載

松本人志の筋肉に意外な余波 見知らぬ黒人男性から鍛え方聞かれる

松本人志(ダウンタウン)

写真拡大


30日放送の「ダウンタウンガキの使いやあらへんで!」(日本テレビ系)で、ダウンタウン・松本人志が、路上で外国人に突然話しかけられた顛末を語った。

番組では、ダウンタウンの2ショットトークのコーナーで松本の筋肉がすごいことになっている話題に。

第三者から見ても松本の筋肉は注目すべきものとなっているよう。その前日、松本が街を歩いていて、見知らぬ黒人男性から話しかけられたという。松本によると、男性は「そこそこの胸筋」があるガッチリ体型だった。

男性は松本のことを芸能人とは知らないようで、すれ違った瞬間に「どうやって鍛えているんですか?」と尋ねてきたというのだ。松本が「ちょっと急いでいるんで」と断っても、気になってしかたないようで「本当に! 本当に!」と執拗に尋ねてきたとか。

前日の出来事を振り返り、松本は「すごくないっすか? とうとう俺、黒人にまで一目置かれるようになった!」と大喜び。相方の浜田雅功は爆笑しつつ、「よっぽど気になったんでしょう」と推測していた。

【関連記事】
松本人志が前園真聖氏の“責任逃れコメント”に呆れ顔「告げ口!」
松本人志が元カノとの番組共演を告白「プロだから何もなかったようにする」
佐々木恭子アナ 松本人志が語る夫婦論に涙目「すごい染みました…」

加藤浩次 ヤンキーに土下座した過去「好きな女の子の前で」

加藤浩次(極楽とんぼ)

写真拡大


31日放送の「スッキリ!!」(日本テレビ系)で、加藤浩次が10代のころに経験した夏の苦い思い出を語った。

番組では、ビーチを満喫する人々に「夏の恋の思い出」をインタビューし、MCの加藤も自身のエピソードを披露した。

加藤は、学生時代の夏は部活でサッカー三昧だったが、1度だけ好きな女の子を含めグループで海に遊びに行ったことがあるという。海のそばには使い古しのブロックがあり、持ってきて焚き火をしようと盛り上がったという。

すると、どこからか現れた20歳くらいの悪そうな男性たちが「おいテメエ、俺らのブロック盗んだろ」と難癖をつけてきたとか。盗んだつもりはなかったが、その場を穏便に済ませるため、加藤は土下座したというのだ。「好きな女の子の前で20歳くらいの人たちに土下座した思い出がある」と振り返った。

共演者から「ええ〜!?」「怖い!」「強烈な思い出!」と驚きの声が上がると、加藤は「それから土下座するのが嫌じゃなくなった」「土下座慣れした」と続け、スタジオを笑わせていた。

【関連記事】
加藤浩次がInstagramブームをバッサリ「“映え”したから、何だっつうの?」
加藤浩次が声を潰してラジオ番組を急きょ欠席 山本圭壱が事情を説明
加藤浩次 心が痛む収録現場の光景「なんとかなんないかね?」

真木よう子主演「セシルのもくろみ」打ち切りを示唆する展開に?

セシルのもくろみ|フジテレビ公式サイトより

写真拡大


 真木よう子(34)が主演を務める「セシルのもくろみ」(フジテレビ系)第3回が7月27日に放送され、平均視聴率4.8%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)だったことがわかった。今期ドラマでもワーストに近い4.5%を叩き出した前回に比べれば0.3%アップしているが、依然として厳しいまま。あまりの爆死ぶりに打ち切り説も浮上している今作品だが、第3話で「噂は本当かも」と思えるシーンがいくつか印象に残った。

 3話では、「ヴァニティ」のモデルであり、羨望の的であったハマユカ(=浜口由華子)(吉瀬美智子)が、実は夫からのDVに苦しんでいた事実が発覚。宮地奈央(真木よう子)は警察に訴えるよう説得するが、自分の暮らしを守りたいハマユカから拒否されてしまう。

 完璧に思える人が、実は誰にも言えない悩みを抱えていたというのは、ドラマではよくある展開。正直、私もこの展開は予想していたが、まさかこんなに早い時点で発覚するとは思ってもみなかった。さらに、ここから問題解決に数話かけるのかと思っていたが、結局ハマユカが我慢することで一旦解決し、モヤモヤする気持ちだけが残る展開に。DVって結構大きな問題だと思うのだけど…。こうした展開の早さと描写の浅薄さを目にすると、打ち切り説は本当なのではないかと勘ぐってしまう。

 さらに、黒沢洵子(板谷由夏)が「一週間後に、ヴァニティの読者モデルのうち、ひとりを専属モデルに採用する」と宣言したのも衝撃だった。専属モデルを目指す奈央と沖田江里(伊藤歩)の夢が叶うかどうかが作品の肝なのに、わずか一週間で決めるなんて、あまりにも駆け足すぎやしなだろうか。

 専属モデルが決まるまで、読者モデル同士でのつぶし合いや、ライター同士の諍いが見られると期待していたのに、そこも大幅に削られそうな予感がして仕方がない。まだ3話であるにも関わらず、こうも急展開が続くと、制作陣の諦めモードが伝わってきて、視聴者もますます離れていくのではないのだろうか。相変わらず真木よう子のガリガリな身体と、それに不釣り合いな巨乳に違和感満載だし、キャラクターやストーリーの薄っぺらさなど、手を加えるべき点はあるはずだ。

 次回は、専属モデルの椅子を巡ってさらに女同士のバトルがオーバーヒート。派手なバトルシーンで、ぜひとも打ち切り説をふっ飛ばしてほしい。

文・Harumaki

HKT48指原莉乃 天野眞隆が告白したアイドルとの恋愛話に大絶叫

 AbemaTV(アベマTV)にて、8月1日(火)よる9時よりトークバラエティ番組『指原莉乃&ブラマヨの恋するサイテー男総選挙』の2時間スペシャルが放送される。同番組は、HKT48の指原莉乃と、お笑いコンビ・ブラックマヨネーズの小杉竜一・吉田敬がMCを務め、ゆがんだ恋愛観を持つサイテー男たちから極悪非道なエピソードを聞き出し、女子がサイテー男にひっかからないための「ゲス恋から学ぶ恋の教科書」がテーマ。

 1日放送回は、ゲストにお笑い芸人のケンドーコバヤシ、お笑いトリオ・パンサーの尾形貴弘らが登場。「サイテー恋愛武勇伝」「夏のサイテー写真」など、様々なテーマで話し合っていく。

■マルチタレント・天野眞隆、人気アイドルとの恋を告白

 番組序盤では、AAA西島隆弘にそっくりと話題のマルチタレント・天野眞隆が「サイテー恋愛武勇伝」として、有名グループのアイドルとの恋愛を告白。天野は、同じアイドルグループに属する2人から同時期に片思いされたことがあるといい、「2人から告白されたけど、僕は好きになった相手じゃないと付き合えないので、お断りをした」と語った。

 天野は初め、その2人がアイドルであることを知らなかったといい、フッた後にヴィレッジヴァンガードで、2人がCDジャケットに写っているのを発見し「結構有名なアイドル」と認識したそうだ。番組内で、天野は指原にのみアイドルグループの名前を耳打ちすることとなるが、聞いた指原は「ええー ッ!?」と大絶叫。「めちゃめちゃ好き!」「アイドルフェスにも毎回出ている!」と興奮し、そのアイドルの特徴を暴露する。

 『指原莉乃&ブラマヨの恋するサイテー男総選挙』は8月1日(火)よる9時よりAbemaTV・AbemaSPECIALチャンネルで放送される。

■『指原莉乃&ブラマヨの恋するサイテー男総選挙』 番組概要

放送日程:8月1日(火)

放送時間:毎週火曜 夜9時〜夜10時

放送チャンネル:AbemaSPECIAL

8月1日放送URL: https://abema.tv/channels/abema-special/slots/9BndPsPZgVziPy

(過去の放送回は、 「Abemaビデオ」 にて無料でご覧いただけます)

(c)AbemaTV

高橋一生の狂気じみた素顔に上田晋也が絶叫「とんだサイコ野郎!」

高橋一生(撮影:編集部)

写真拡大


 30日放送の「おしゃれイズム」(日本テレビ)に俳優・高橋一生が出演した。

 番組では冒頭、番組からの「高橋一生にここだけは直してもらいたいところは?」という質問に対する森山未來からの手紙を披露。そこで森山は「皆様に愛されている、あの顔面をくしゃくしゃにして笑う笑顔が僕の胸をなんだかざわつかせます。気を付けてください。」と高橋に謎のエールを。「笑顔が狂気じみていると(森山)未來に言われたことがある」と高橋が付け加えると、MCの上田晋也はそんなことはないと一笑、高橋のさわやかさに太鼓判を。

 しかしその後、高橋の親友の俳優・瀬戸康史がサプライズゲストとして登場し、高橋の素顔を次々と暴露。性格が「暗い」、「コミュニケーションのひとつとして」お尻を触ってくる、と徐々に明かされてきた高橋の素顔に、上田も驚き顔に。さらに瀬戸が、手料理の得意な高橋が肉専用の包丁を購入し、それを「へっへっへ。ほら・・・」と笑いながら見せてきたととどめの告白をすると、それまで爽やかな演技派と高橋を見ていた上田も「これは狂気じみてるわ。恐い!」と思わず絶叫。「いろいろ聞いてると、とんだサイコ野郎!」とすっかり高橋への印象が変わった様子だった。

アメフト漫画「アイシールド21」米国で18禁扱いされている理由

29日深夜放送のラジオ番組「サンドウィッチマンの週刊ラジオジャンプ」(TBSラジオ)で、アメフト漫画「アイシールド21」が、米国内で18禁になっている理由が明かされた。

番組では、同作の作者である稲垣理一郎氏を招いて制作の裏側を語った。稲垣氏は作風のリアリティーを求めて、日本以外にもアメリカンフットボールの本場・米国にも取材で訪れたそうだ。

伊達みきおが、米国内における出版状況を尋ねると、稲垣氏は「一応、出してるんですけど。18禁レーベルになってたような気が…」と告白する。

稲垣氏は年齢制限がかかった理由として「(作中の)高校生が銃を乱射するんで。アメリカだとちょっとヤバイんですよ」「日本だとギャグなんですけど」と語った。

両国の認識の違いに、相方の富澤たけしが「文化の違いで、こんなことになるんですね」というと、伊達も「銃社会だからね、向こうは。ダメなんだ」と驚きを隠せないようだった。

【関連記事】
森田まさのり氏 ヒット前に有名漫画家から言われた屈辱的なひと言
フィフィ 「週刊少年ジャンプ」のお色気表現騒動に「規制をかける必要はない」
「週刊少年ジャンプ」への抗議呼びかけに江川達也氏が反論「子供の能力を低く見ている」