0年 0月 の投稿一覧

加計学園理事長・加計孝太郎「優しい独裁者」の正体をバラす!(3)あだ名はサケコウタロウ

加計学園理事長・加計孝太郎「優しい独裁者」の正体をバラす!(3)あだ名はサケコウタロウ

写真拡大


 一方、加計氏が加計学園の理事長に就任した頃、実姉の美也子氏もまた、吉備国際大学(高梁市)などを経営する学校法人「順正学園」の理事長に就任。“形見分け”をした父親の願いもむなしく、程なく姉弟の関係はぎくしゃくしてしまう。

「二人で話し合っても会話がかみ合わず、孝太郎氏が姉について『話にならない!』と愚痴をこぼすこともあったようです」(加計学園グループ関係者)

 関係者によれば、姉の美也子氏は、貴族のような、世間離れしたタイプだという。服装も全身黒ずくめの服を着ることが多く、ウエストがキュッと細くて、独特の雰囲気を醸し出しているだけに、叩き上げの加計氏とは反りが合わなかったようなのだ。

「経営方針が合わずに7年前から絶縁。実家にも孝太郎さんが顔を出すことはなくなったそうです」(加計学園グループOB)

 そうした家族内の不協和音を打ち消すかのように、加計氏の評判は「夜の街」で広く知れ渡っている。加計学園グループOBが続けてこう証言する。

「サケコウタロウとあだ名が付くほどの酒豪。居酒屋で職員と会った時は、いつの間にか孝太郎さんが会計を済ませてくれます。過去には理事長の邸宅で職員や近所の子供が招かれ、ガーデンパーティが開かれた。わたあめや金魚すくいなど出店が用意されていたのには驚きましたね」

 私生活では、米国留学時代に出会った前妻とは8年前に離婚。その後、20歳近く年下の女性と再婚した。以来、岡山の繁華街で羽を伸ばすことも多く、ひいきにしているクラブに頻繁に顔を出すようになる。地元記者はこう話す。

「特別にかわいい子が働いている店でもないのですが、ママのことがお気に入りで職員や知り合いを連れて通っているようです。ママは口が堅いので、マスコミが来た時には“忖度”して追い払ってくれます」

 羽振りがよく、岡山の夜の街を闊歩していた加計氏。しかし、「加計学園問題」がマスコミをにぎわわせるようになってからほとんど姿を見せなくなった。「週刊新潮」が岡山市のスーパーで買い物しているところや、銚子市(千葉県)で自身の誕生日会に参加した様子を報じただけだ。加計学園の職員はこう話す。

「岡山市内の高級マンションに住んでいますが、マスコミが自宅前で張り込みしているので転々とすることもあるとか。ほとんどの職員も数カ月間、見かけていないのですが、秘書に聞くと岡山理科大に出勤したりして、ちゃんと業務をこなしているそうです」

 加計氏の“雲隠れ”をよそに“親友”の安倍総理の支持率は危険水域に入ってきた。7月28日にはジャーナリストの田原総一朗氏(83)が総理側の希望で官邸を訪問。支持率回復のため、「政治生命をかけた冒険をしないか」と切り出して“秘策”を提言したようだ。

「会談内容は明かしていませんが、もっぱら年内の電撃訪朝だと言われています。ミサイル連発で北朝鮮と米国の緊張状態が続く中、安倍総理が訪朝して“仲裁役”となり、米朝首脳会談を実現させる。それを政権浮揚の足がかりにする狙いがあると見られています」(政治部記者)

 お友達内閣に続き、本当の親友からも足を引っ張られた安倍総理。起死回生の一手は功を奏するのだろうか。

宮迫博之に迫るベッキー超え惨事!テレビ局が恐れる「最悪のシナリオ」とは?

宮迫博之に迫るベッキー超え惨事!テレビ局が恐れる「最悪のシナリオ」とは?

写真拡大


 不貞疑惑に揺れるお笑いコンビ「雨上がり決死隊」の宮迫博之が、徐々に窮地に立たされているようだ。12年に早期胃ガンが発覚し、摘出手術を受けていた宮迫は、アフラック「がん保険」のCMに出演。そのCM動画が同社のサイトから削除されたのである。そんな宮迫の状況について芸能ライターが説明する。

「男性用シャンプーのCM動画は削除されていませんが、こちらは相方の蛍原徹と一緒に『雨上がり決死隊』として出演しているからかもしれません。しかし今後、不貞に関する新情報が発覚しようものなら、コンビ出演しているCMでも出演自粛といった措置に発展する可能性は否定できません」

 不貞を原因とするCM降板と言えば、ゲス不貞で話題になったベッキーの例が記憶に新しい。彼女は10社ものCMが打ち切りになったほか、レギュラー番組も次々と降板し、表舞台から1年以上も姿を消すこととなった。だが宮迫の場合、そのベッキーを超える影響が生じる可能性もあるというのである。

「宮迫は雨上がり決死隊として3本の冠番組を抱えています。これらの番組で宮迫を降板させるとなると、番組名の変更か番組の打ち切りを迫られる恐れが高いはず。『雨上がりのナニモン!?』(関西テレビ)と『雨上がりの「Aさんの話」』(朝日放送)は放送開始から1〜2年なので影響は少なめですが、15年目を迎えた長寿番組の『アメトーーク!』(テレビ朝日系)では、同局の番組編成に関わる大騒動となりかねません」(前出・芸能ライター)

 その「アメトーーク!」は昨年10月から「日曜もアメトーーク!」との週2本体制に拡大しており、テレビ朝日のバラエティ部門を支える柱となっている。その2本がまとめて打ち切りとなれば、局を揺るがす騒ぎになるのは確実。今頃テレ朝では宮迫の不貞騒ぎが、これ以上の「惨事」にならないことを祈っているのかもしれない。

(金田麻有)

先発投手とリリーフ投手が“同姓同名”だったチームがある!

先発投手とリリーフ投手が“同姓同名”だったチームがある!

写真拡大


 現在の日本の総人口は約1億2000万人。もはや人によっては有名人と同姓同名の知人がいても不思議ではないが、夏の甲子園で1試合中に“同姓同名”選手が出現という前代未聞の珍事が発生したことがある。

 それが05年第87回大会3回戦。日大三(西東京)と対戦した前橋商(群馬)は先発にエースナンバー「1」をつけた冨田光紀(とみた・こうき)を起用。試合は激しい点の取り合いとなり、7回表の前橋商の攻撃を終えた時点で日大三に4‐6と2点のリードを許す展開となっていた。

 その裏、前橋商は1点を追加され、なおも2アウト二塁のピンチで投手交代。そして告げられてリリーフに出てきた背番号11の二番手投手も何と富田功樹(とみた・こうき)だったのだ。鈴木や山田、小林といった日本人に多い名字ならさもありなんだが、“とみた・こうき”での丸かぶり。この時は字が違っていたのでスコアボード上では区別できたのだが、しゃべるウグイス嬢も聞いた観客も混乱したのではないだろうか。

 なお、試合は世にも珍しかった“とみた・こうき”リレーも虚しく(?)6‐9で前橋商は敗退している。

 この同姓同名選手は後年、11年第93回大会に出場した聖光学院(福島)にも1番バッターでセカンドの斉藤佑希(さいとう・ゆうき)と2番バッターでセンターの斎藤湧貴(さいとう・ゆうき)がいて、続けてバッターボックスに入るという出来事があった(こちらも漢字の表記は違うため、スコアボード上での混乱はなかった)。さらに、06年第88回大会で早稲田実(西東京)を初優勝に導いた“ハンカチ王子”斎藤佑樹(北海道日本ハム)と同じ名前ということもあって、多数のメディアにも取り上げられたのであった。

(高校野球評論家・上杉純也)=敬称略=

安めぐみ「一児の母の艶っぽ叱責」に視聴者が「子供はズルい!」とまで身悶え

安めぐみ「一児の母の艶っぽ叱責」に視聴者が「子供はズルい!」とまで身悶え

写真拡大


 かつて「お嫁さんにしたいタレントNo.1」と言われた癒やし系美女・安めぐみ。結婚してはや6年が経つが、先日あるテレビ番組で久々にその色香を爆発させた。

「グラドルデビュー時は18歳だった安も今や35歳。しかも2歳4カ月の女児を育てるママです。その番組では今まで以上に“癒やしオーラ”が増した姿に視聴者も大興奮でした」(芸能ライター)

 そんな女神ぶりを拝むことができたのが、8月12日放送の情報番組「にじいろジーン」(フジテレビ系)。この日の放送で、彼女は、MCの山口智充と、娘と行きたい場所を巡ったり、娘に作ってあげたい「キャラ弁」作りを学ぶなど、すっかり母親目線のロケを行ったのだが、画面に安が登場するやツイッター上は大盛り上がり。「安めぐみの雰囲気に癒やされる」「安めぐみだぁーむっちむっちでいぃ〜ね」「安めぐみ 二の腕 たまらん」などとクギづけ状態。

 さらに、普段、電車好きの娘と電車に乗っていると明かすと、「母親が安めぐみとかずるいな」と嫉妬する視聴者や、さらに子どもを叱ることはないが、そのぶん、夫の東貴博にイライラすることが多くなったと彼女が明かしたことに対しても「安めぐみがかわいいばかりに東MAXへの嫉妬心が殊更燃え上がる」「東MAXマジ羨ましい」と彼へのジェラシーを募らせる視聴者もいる始末。

「さらに料理研究家にキャラ弁作りを教えてもらう際、MC山口が、安より年配の料理研究家を軽くイジると安が『コラ!コラコラ…』と、まるで子どもをたしなめるように言ったんです。これには『安めぐみさんにコラコラって言われたい』『安めぐみさんのコラコラいいなぁ』という声があがりました」(前出・芸能ライター)

 伝説のグラドル安めぐみ。ママになった今でもその破壊力に変わりはないようだ。二児の母である熊田曜子も写真集を出し続けている今、安のグラビア「再挑戦」にも期待したくなってくる。

(魚住新司)

古舘伊知郎が「イマドキの番組作り」に「自主規制の神様が覆ってる!」大苦言

古舘伊知郎が「イマドキの番組作り」に「自主規制の神様が覆ってる!」大苦言

写真拡大


 古舘伊知郎が荒れに荒れた。8月12日の土曜深夜のトーク番組「おしゃべりオジサンと怒れる女」(テレビ東京系)の中でのことだ。

「もっと毒のある番組、もっと過激な番組、もっとヘンテコリンな番組があってこそ多様性が生まれる。今、テレビは自主規制の神様が覆ってますね。昔の過激でフラチでメチャクチャなテレビが一概にはいいとは言えないけど、テレビがもっとヤンチャにならないと」

「本当に取り残されているのか古いのかもしれないけど、何でこんなに無難な編集して無難な、お行儀の良い番組なのかオレには理解できない」

 そう、彼が怒っているのは「イマドキの口当たりの良い番組作り」についてだ。スポンサーの横ヤリ、さらに視聴者からのクレームを気にするあまり、毒にも薬にもならない番組が増えていることへの嘆きである。

 しかし関係者は古舘の言葉に一定の理解を示しながらも、テレビ界を取り巻く現状についてこう語る。

「確かに古舘さんが言うこともわかります。そのせいでさらにテレビ離れが進んでいることも事実。でも過激なことをやれば番組が打ち切りに追い込まれかねず、スタッフの生活も危うくなる。今や世に問うような番組や、ハチャメチャな番組を作ろうという骨のあるテレビマンはほとんどいないと言ってもいいでしょう。そもそも会議で目立つ発言をすれば角が立つし、嫌がられる。もはやこの流れは止められませんよ」(テレビ関係者)

 それでも古舘は同番組で続けて激高する。

「オレがちょっと過激発言ぽいことをする。プロデューサーが『あれ面白かったです』。それに対し俺が『使う?使う根性ある?』『使うに決まってんじゃないですか〜、繰り返しちゃおっかな〜』なんつって、(見たら)一切カット」

 古舘が嘆くようにもはやアナーキーでヒリヒリするような番組は絶滅してしまったとは思いたくはないが…。

(魚住新司)

「24時間テレビ」マラソン走者問題で「水卜麻美アナ起用」に局内が猛反対!?

「24時間テレビ」マラソン走者問題で「水卜麻美アナ起用」に局内が猛反対!?

写真拡大


 日本テレビが8月26〜27日に放送する「24時間テレビ」のチャリティーマラソンランナーを巡り、その人選が紛糾している。番組側では「ランナーは当日発表」と濁しており、ブルゾンちえみやサンシャイン池崎といった芸人が「私の出番!」とばかりにアピールを続けているが、実際には局アナから選ばれる可能性が高いというのだ。

「最も可能性が高いと言われているのは水卜麻美アナ。ぽっちゃりキャラの彼女ならマラソン挑戦でダイエットするという大義名分もありますし、10月から『スッキリ!!』のMCに就任することで、番組側が強調している『走る理由がある人』にも該当します」(芸能ライター)

 ところが水卜アナなど局アナの起用に対しては、社内からの大反対が起こりかねないというのだ。テレビ局では昨今コンプライアンス重視が叫ばれており、人事部やアナウンス部が難色を示すはずだと、テレビ誌のライターが内情をささやく。

「問題なのは局アナは正社員だということ。マラソンという過酷な競技に強制参加させることが不当な業務命令だとして、監督官庁からの指導が入る恐れもあります。これでヒザを傷めて歩けなくなったり、熱中症で卒倒でもしたら、番組の責任者が業務上過失致傷を問われる可能性すらあるでしょう」

 これまでも東京マラソンに局アナが参加する例もあったが、市民ランナーが数多く挑戦する通常のマラソンと、100キロにおよぶチャリティーマラソンでは過酷さが段違いなのは明らか。会社から100キロマラソンを命じられるなど、想像するだけでも身震いしてしまいそうだ。

(金田麻有)

不自然すぎ?「バイキング」の「世間の注目ランキング」にねつ造疑惑か

フジテレビ『バイキング』番組公式サイトより

写真拡大


「これは絶対違うだろう」
「完全な捏造」
「デタラメにも程がある」
「もうこの番組のランキングは信用できない」

 ネット上でこんな声が連打されているのは、8月14日に放送された情報番組『バイキング』(フジテレビ系)について。同番組では、街行く人へのインタビューを元に集計した「世間の注目ニュースランキング」を発表したのだが、あまりの不自然すぎる結果に視聴者も目がテンになったようだ。

 6位から順に発表されたランキングは、6位・警察官による中学生への自白強要、5位・世界陸上「男子400mリレー」で日本が銅メダル獲得、4位・社交界のプリンスが児童ポルノ禁止法違反、3位・紗栄子が実業家と破局、2位・雨上がり決死隊・宮迫博之の不倫疑惑という結果だった。

 ネット上では、リアルタイムで視聴していた人たちが1位を予想。圧倒的だったのが「上原多香子の不倫報道」だった。

「ところが、発表された1位はなんと『高畑裕太出演映画の撮り直し』でした。高畑が強姦致傷容疑で逮捕されたことにより、撮影中断となっていた映画『青の帰り道』が撮影再開となったという話など、芸能関係者の間ですらほとんど話題に上がりません。ましてや、宮迫の不倫疑惑よりも上位にくるなんて考えられません。VTRに登場した人物も“言わされた感”がアリアリでしたね」(芸能記者)

 上原の不倫疑惑については、『バイキング』だけでなく、『ワイド!スクランブル』(テレビ朝日系)をのぞいたほとんどのワイドショーがスルーという気味の悪さ。かろうじて『サンデー・ジャポン』『アッコにおまかせ!』(共にTBS系)がVTRを流すも、出演者のコメントはゼロだった。

「『バイキング』を観て笑ってしまったのは、上原の不倫をトップ記事で扱った『女性セブン』(小学館)の表紙を載せて、さも大ニュースと言わんばかりに同じ号にわずかに掲載されている高畑淳子・裕太親子の近況記事のページを開き、カメラを寄せていました。もしかしたら、当初、スタッフは『1位・上原』で編集していたところ、上層部からストップがかかり、苦肉の策で同じ誌面に載っている高畑の記事に差し替えたのかもしれませんね」(テレビ関係者)

 とはいえ、視聴者の声を元に作ったと謳ったランキングの結果を捏造するのは完全にアウト。今後、『バイキング』が作成するランキングは視聴者に信じてもらえるのだろうか。

松本人志 番組で宮迫博之の騒動を匂わす一幕「モザイクかけて」

松本人志(ダウンタウン)

写真拡大


17日放送の「ダウンタウンDX」(日本テレビ系)で、松本人志が、不倫騒動で注目されている雨上がり決死隊宮迫博之を皮肉った。

番組では、友近が扮する演歌歌手・水谷千重子が、数々の豪華アーティストたちが共演するステージ「キーポンシャイニング歌謡祭」を紹介した。

浜田が、ステージを賑わす「千重子ファミリー」の面々も触れたときのこと。八公太郎(木村明浩)、六条たかや(徳井義実)、倉たけし(秋山竜次)のほか、宮迫が扮するオネエ歌手、春澪(しゅんれい)が紹介された。

宮迫と言えば、「週刊文春」に不倫疑惑を報じられ大騒ぎになったばかり。水谷が「1番右が…」と、テロップで表示された写真一覧の春澪の顔写真にコメントしようとすると、松本は「ちょっとあれじゃないかな」と、手で×を作ると「あの、モザイク…モザイクかけて」と指示をし、スタジオは笑いに包まれた。

すかさず、水谷も「右の、”文春”ちゃん? あ、春澪ちゃんかな」と一連の報道を匂わす形でスタジオにさらなる笑いを起こしていた。

【関連記事】
不倫疑惑の宮迫博之が「バイキング」に出演 「嫁に『行ってこいお前』と言われ」
宮迫博之の不倫疑惑報道に弁護士が断言「裁判に入ってもアウトに近い」
坂上忍 「バイキング」メンバーの宮迫博之の不倫報道に本音「まさか本命が来るとは」

10代が選ぶ「好きな司会者」2位にくりぃむ上田晋也

10代男女が思う「マジで好きな司会者」

写真拡大


AbemaTVは8月16日、バラエティ番組「マジガチランキング」において、10代男女が思う「マジで好きな司会者」を発表した。

この日の番組では、ランキング結果をスタジオで予想。ゲストとして参加した10代から人気のモデルやアーティストからは、「マツコ・デラックス」や「有吉弘行」の名前が挙がったほか、同番組で数々のランキングで根強い人気を持ち、常にランクインするアイドルグループ・嵐から「櫻井翔」が上位に入っているのではとの声も。

また、MCを務めるカンニング竹山は「司会者のイメージが強いのではないか」との理由から、「中居正広」が1位であると予想した。

そして発表されたランキングの結果では、櫻井は「努力家なところが好き」「司会者として工夫してやっているところが素敵」との理由で7位に、中居は「人を見ている」「芸人さんたちに回すのが上手い」との理由で4位にランクインし、1位は「いつも元気だし、返しが上手」「良い所でツッコんでくれる」「ツッコみ所がキレキレ」とツッコみが絶賛され「明石家さんま」となった。

☆マジで好きな司会者(AbemaTV調べ)※10代男女683人対象

1位 明石家さんま
2位 上田晋也
3位 有吉弘行
4位 中居正広
4位 タモリ
6位 後藤輝基
7位 櫻井翔
8位 内村光良
9位 マツコ・デラックス
10位 ダウンタウン
11位 浜田雅功
12位 今田耕司
13位 桝太一
14位 村上信五
15位 くりぃむしちゅー
16位 徳井義実
17位 水卜麻美
18位 羽鳥慎一
19位 宮迫博之
20位 バナナマン

山里亮太 過去のヤンチャを語る人にチクリ「被害者サイドから言うと…」

南海キャンディーズ・山里亮太

写真拡大


16日深夜放送のラジオ番組「山里亮太の不毛な議論」(TBSラジオ)で、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、過去の破天荒エピソードを「昔のいい思い出」として話してしまう人々に苦言を呈した。

番組ではリスナーから届いた「ヤンキー」にまつわるメールをきっかけに、山里が「ヤンキー」について語っていた。

中でも、山里は「昔はヤンチャだったからね」「悪さしてたけど、それは昔ですよ」と話す人がいることを例にあげ「スゲェいい思い出みたいな空気を出すけどさ…」「被害者サイドから言うと、結構人生変わっちゃった人もいるんじゃないかな?」と苦言を呈したのだ。

さらに山里は「よく悪い人とかテレビで『昔ムチャしてて』とか言う人たちは1回さ、被害者で人生変わっちゃった人のコメントも受けてほしいよね」とチクリ。

「やられた人って、結構人生変わっちゃってない?」「学校行けなくなっちゃった人とかいるバージョンの、そのコメントを受けるシーンもほしいなっていつも思う」と被害者側の声や、その後の人生について聞いてみるべきだと主張。

山里は、被害者側のコメントを直接、加害者側にぶつける様子を「見てみたいんだよね1回」「1度でいいから見てみたい」と熱望。そんな山里自身も、かつて授業が集中できないほど恐い人がいたことを振り返りつつ「それを肯定されちゃうとって思う」と、異論を唱えていた。

【関連記事】
山里亮太 「鳥人間コンテスト」めぐり受けた注意「全体的に静かにして下さい」
山里亮太が「ガラの悪い人」にボコられたロケ 警察沙汰でお蔵入りに
山里亮太が母親からの指摘を告白「DMMは何代に入れたらいいの?」