0年 0月 の投稿一覧

水原希子が批判される2つの要因 弱音を吐くことで「新たな燃料」に?


 
芸術は爆発だ!
 
そう言い残したのは偉大な芸術家・岡本太郎さん(享年84)ですが、水原希子さん(27)のスタイルを見ていると「これが爆発ってやつか」と考えてしまいます。
 
先日27歳の誕生日に、自身のブランドを立ち上げた水原さん。マルチに活躍する彼女ですが、いよいよファッションの世界にも本格参入するようです。しかしその洋服を見た多くの人が、言葉を失いました。Tシャツやパーカーには彼女の顔写真があしらわれ、「水原希子」と名前までプリントされているのです。
 
このデザインにはファンもびっくり。「あれはクラスTシャツ?」「これが『飛び抜けたセンス』ってやつ?」など戸惑いの声が集まります。何がどう凄いかはみなさんそれぞれが心に問いかけてほしいのですが、水原希子といえばこの奇抜なファッションセンスだけでなく“お騒がせモデル”のイメージが何かとつきまとっています。
 
そう思わせる要因は、主に2つ。1つはハーフというバックボーンから発せられる発言や行動が、心ない人種差別や中傷発言を生んでしまっていること。もう1つはスリムで美しい体を披露しまくっており、それを“アート”と呼んでいる点です。
 
この2つの要因は誹謗中傷を生むと同時に、熱狂的なファンやモデルとしての唯一無二のキャラクターを生んでいることは間違いありません。しかし最近はやることなすこと、たいていがネットで批判され気味なのです。
 
「出る杭は打たれる」のが日本。でも彼女が打たれるのはこれらだけが原因かといえば、そうとも言い切れません。そこには我が道をいく彼女に、2つのスキが感じられることも関係しています。
 
1つは我が道をいきつつも、定期的に弱音を吐くことです。先日も「自分らしく、正直に生きるってこんなに大変なんだ」と朝から涙したことを告白していました。人は無関心を決め込まれると、アンチは消えていくもの。ですが水原さんは一見強気な振舞いを見せつつも、定期的にダメージを食らった顔も見せています。これが粘着質な人にとって、“新たな燃料”になっているのです。
 
そしてもう1つは、水原さんが目指している“セクシー”というアート表現に対する、価値観の違いです。日本では「女優やモデルが脱ぐ」というアクションは、基本的にアート的観点で見られにくいもの。芸能人が脱ぐのはだいたい何か大きな決意を持って脱ぐか、人気に翳りが出たから脱ぐかのどちらかです。
 
そのため水原さんが脱げば脱ぐほど、「なぜ彼女は脱ぎたがっているのか?」と理解できない人も出てくることに。その結果、「彼女はきっと見せたがりなんだ!」と“勝手な解釈”をして批判するのです。思い込みって、恐ろしいですよね。
 
日本の芸能界において、彼女はいろんな意味で“規格外”。でも、だからこそのカリスマ性です。
 
新しいブランドの名前は『OK』。本当に規格外な自分にOKを出せれば、傷つくこともないはず。そしてつまらない価値観なんかも気にならないはずです。さあ自身作のTシャツを着て、世界に羽ばたくのです!

「有吉ゼミ」で坂上忍が重大発表 平均視聴率が番組歴代最高をマーク

「有吉ゼミ」のMCを務める有吉弘行と水卜麻美アナウンサー(C)日本テレビ

写真拡大


 30日に放送された日本テレビ「有吉ゼミ」(月曜後7・00)が平均視聴率17・1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。従来の最高15・4%(2014年3月10日)を上回り、番組歴代最高をマークしたことが10月31日、分かった。

 13年10月にスタートした知的エンターテイメント番組。芸能人のリアルな実生活から現代社会を学ぶ。「坂上不動産」「ヒロミ、自宅を作る」などのコーナーが人気になっている。

 この日は「有吉ゼミ ヒロミ・タッキーリフォーム&坂上忍が重大発表SP」と題し、2時間スペシャルを放送した。

ビビる大木 「トリビアの泉」のスタッフに守られ番組残留の過去

ビビる大木

写真拡大


30日深夜放送の「オー!!マイ神様!!」(TBS系)で、ビビる大木が「トリビアの泉〜素晴らしきムダ知識〜」(フジテレビ系)のスタッフに守られ、番組に残留した過去を明かした。

番組では、ゲスト出演した大木が「マイ神様」とあがめる歴史上の人物・ジョン万次郎についてプレゼン。流れに身を任せ、行く先々で全力を尽くした結果、人望を集めたジョン万次郎に感銘を受けた大木は、自身のエピソードも披露した。題して「トリビアの泉 ゴールデン進出“事件”」。

かつて大木は、2002年スタートの深夜バラエティー番組「トリビアの泉」のレギュラー出演者だった。ところが、番組の人気に伴い、2003年にゴールデンタイム昇格が決定。それまで大木が務めていた品評会会長にはタモリを迎えることに。すると、プロデューサーから「大木いらない」と言われてしまう。

しかし、現場のディレクターたちが「大木さんも一緒にやってきた。上(ゴールデン)に行くとき、大木さんもいなきゃダメだ」とプロデューサーに不満を訴えてくれたというのだ。結果、大木は番組に残ることとなった。

この話に共演者たちが「へぇ〜〜!!」と感心すると、大木は「だから、流された先で全力を尽くすといいことあるな、って感じた」と当時を振り返っていた。

【関連記事】
芸能界引退危機の矢口真里を救った島田紳助さんの言葉「ゆっくり行きましょう」
三四郎・小宮浩信がオリエンタルラジオのネタを見て挫折した過去を語る
ダウンタウン・浜田雅功がデビュー当時の鈴木杏樹を救った優しさ

テラスハウス新シーズンは軽井沢 山里亮太「闇をすべてぶちまける」

『テラスハウス』新シーズンは軽井沢!南キャン山里「闇をすべてぶちまける」

写真拡大


シェアハウスに同居する男⼥6⼈の⻘春模様を記録した人気リアリティー・ショー『テラスハウス』の新シーズン『TERRACE HOUSE OPENING NEW DOORS』(テラスハウス オープニング ニュー ドアーズ)の制作が決定。フジテレビ、NETFLIX、FODで放送・配信されることがわかった。

前シーズンのハワイから再び日本に舞台を戻す新シーズン。世界のセレブたちにも愛される⽇本有数の避暑地である長野・軽井沢で新たな生活がスタートする。スタジオは、YOU、トリンドル玲奈、徳井義実(チュートリアル)、馬場園梓(アジアン)、山里亮太(南海キャンディーズ)のお馴染みのメンバーに加え、新メンバーとして葉山奨之が参加する。

YOUは、葉山がドラマ『僕たちがやりました』で演じた役名“マル”について触れ、「あ! 新スタジオメンバーの“マル”だ。。。楽しみ!!」と歓迎。トリンドルも「さらにパワーアップしたテラスハウスが楽しみです!」と新シーズンの制作を喜んだ。そして徳井は「聖南さんやギルティー侍に続く新たなテラハスターの登場がとてもとても楽しみ」、馬場園は「待ってました! ありがとうございます! 楽しいからもう⼀⽣続いてほしいです。次の軽井沢は落ち着いた場所ですし、30代以上のしっとりとした恋愛も⾒てみたいですね。⾼橋克典さんみたいなステキな⽅が出て来ないかなぁ」と期待を寄せた。

一方で山里は「ハワイ編でイライラを蓄積させられたままで吐き出せていなかったんです。軽井沢なんて最⾼じゃないですか! 初回からこの溜まった闇をすべてぶちまけていきます。先に⾔います。純粋な恋が⾒たいタイプのファンの⼈ごめんなさい!」と本音を吐露。そして、新メンバーの葉山は「ずっと見ていたテラスハウスに、まさか⾃分が携われるなんて信じられません。ものすごく嬉しいです!」と喜び、「素直に感じたことや思ったことなどをみなさまにきちんと伝えられるように頑張ります!」と意気込んでいる。

『テラスハウス』は、フジテレビの放送を経て、前シーズンは世界最⼤の会員数を誇る動画配信サービスNetflixにて世界190カ国にも配信。アメリカやヨーロッパ、アジアを中⼼に高い⼈気を博し、海外メディアからも注目を集める番組へと成長。新シーズンの放送はフジテレビで2018年1⽉22⽇(月)24時25分よりスタート。NETFLIXでは、放送に先駆け2017年12月19日(火)深夜0時、FODでは2018年1月16日(火)深夜0時より配信がスタートする。

マツコ・デラックスが自らの寿命について言及「体感5年で死ぬ」

マツコ・デラックス

写真拡大


30日放送の「月曜から夜ふかし」(日本テレビ系)で、マツコ・デラックスが自分の「体感」寿命は残り5年だと語った。

番組では高知大学の学生寮を調査した。学生たちの暮らしぶりに迫る中で、木彫りの胸像を「お首様」と呼ぶ寮生が登場。ほかの寮生は、彼の個性的な性格を「2カ月ぐらいで飽きました」と評していた。

スタジオのマツコは「2カ月笑かしてくれる人いない」と表明し、観覧者に「若いうちにやれることやっときな」「あっという間よ、人生は」と呼びかけた。マツコは、老年の女性がベンチに座ってずっとぼんやりしているのを見ると「暇じゃないの?」と思うかもしれないが、本人にとっては一瞬に感じるものだと訴えるのだ。

すると関ジャニ∞・村上信五が、今年は「体感」としてどれくらいに感じているのかと質問すると、マツコは「今の時点で2カ月」だと答える。さらに、これから「30年生きれる」とし、現状では30年が60カ月に感じるので「体感5年であと死ぬわけよ、私」と明かして、スタジオに笑いを誘っていた。

【関連記事】
マツコ・デラックス 休職者に不満をもつ会社員に助言「頭を切り替えないと」
マツコ・デラックスがエゴサーチをしない理由「まったく心に響かない」
橋下徹氏 長寿を推奨する風潮に疑問「社会保障制度はどうなるんですか?」

サンドウィッチマン伊達みきお 交際0日でプロポーズしていた

伊達みきお(サンドウィッチマン)

写真拡大


30日深夜放送の「なかい君の学スイッチ」(TBS系)で、お笑いコンビ・サンドウィッチマン伊達みきおが、交際期間0日でプロポーズをしていたことを明かした。

番組では「美女と野獣カップル」を取り上げ、女子アナウンサーと結婚した伊達が結婚までのエピソードを語った。伊達の妻・麻衣子さんは、岩手めんこいテレビでアナウンサーとして勤めた後、東京でフリーのアナウンサーになっている。

出会いは、フジテレビの朝番組で、麻衣子さんがサンドウィッチマンを1日密着取材したことだという。その際、伊達は麻衣子さんと同郷だったこともあり会話のきっかけをつかめたそうだ。

その時点で、伊達は「あ、オレ、この人と結婚するかも」と思ったそうで、「付き合って下さい」というタイミングで「結婚して下さい」と申し込んだというのだ。伊達は「だから付き合ってはいないんですよ、ほとんど」と、ほぼ交際しないまま結婚を申し込んだと明らかにした。

また、麻衣子さんへのアプローチについても言及。伊達は麻衣子さんの住所だけは何となく聞いていたそうで、それらしい家の周辺まで行っては住所表記のある電柱の写真をメールで送っていたそうだ。さらに、麻衣子さんの家まで近づけるようになると、夜に呼び出し、結果的にドライブをしたとのことだ。伊達は「今考えるとストーカーですよね?」と振り返っていた。

【関連記事】
伊達みきおがネット掲示板を見ないワケ「一回『ツッコミしね』って書いてあった」
サンド伊達が高速道路をめぐる発言で謝罪 相方・富澤は「謹慎しましょうか?」
サンドウィッチマンがコンビ結成時にした7つの約束…15年後に全部叶う

重盛さと美がタレント業に本音「すごく割のいい仕事です」

30日深夜放送の「痛快!明石家電視台」(毎日放送)で、重盛さと美が、タレント業に本音を漏らした。

番組では、レギュラー出演者たちが宮城・延岡市の島野浦島を訪れ、島の小中学生36人からの疑問に答えた。中学1年生の女子から「タレントとはどんな職業ですか?」との質問が飛ぶと、重盛は「すごく割のいい仕事です」と即答する。

出演者から笑いが起こると、さらに重盛は「これだけで、こんなに(ギャラを)もらえるの?っていうくらい」「夢いっぱい」とコメントした。

ほかの出演者からは「そこまで行くのに大変」だとの意見も飛ばされるなか、司会の明石家さんまは、同意する様子を見せつつも「俺はもろてるけど」とぶっちゃけ、笑いを誘っていた。

【関連記事】
内山信二 10歳で経験した高額ギャラの営業「3つアイス食べて150万円」
蛭子能収が漫画を始めた理由…漫画好きではなくギャラのため
女優・佐藤仁美の豪快な金遣い「酒とタクシーとゲームだけ」

武井壮の女性対策に共演者らが悲鳴「徹底ぶりが気持ち悪い」

武井壮(写真:アフロ)

写真拡大


30日放送の「バラいろダンディ」(TOKYO MX)で、武井壮の徹底した女性対策に、共演者から非難の声があがった。

番組では「パートナーに対するウソ」をテーマに、出演者たちが討論した。この中で武井は自身の場合として「別れた後、チャットとかで悪口を言われたりするじゃん。そのために女の子にはひとりずつ違うウソを言っておくようにしてんだよね」と語ったのだ。

理由は、匿名で武井の悪口が書かれたとしても、個人を特定できるのだとか。武井が「出身地だけウソを言っておくとか」とコメントすると共演者たちから悲鳴があがり、漫画家の倉田真由美氏は「何この男!」「その危機管理の徹底ぶりが気持ち悪い」と意見する。

また女優・遠野なぎこも、隣に座る武井を見ると「いや、ちょっと無理だな」と顔をしかめた。

【関連記事】
武井壮が福井・中2自殺の問題で担任教師の心理を推測「鬱積した気持ちを晴らしてる」
武井壮 斉藤由貴のプライベート写真掲載を批判「リベンジポルノみたいなもの」
「バラいろダンディ」街頭取材で男性に災難 恐妻家エピソードが放送されて…

KAT-TUN亀梨和也 清宮幸太郎の出身チームから過去に勧誘されていた

 KAT―TUNの亀梨和也(31)は、プロ野球のドラフト会議で日本ハムが交渉権を獲得した早実高の清宮幸太郎内野手について「日ハムだからこその起用法があるかも」と期待を寄せた。

 日本テレビ「Going!」でキャスターを務めており「キャンプでお会いするのが楽しみ」。清宮選手の出身チーム「東京北砂リトル」から、自身も誘われたことがあるそうで「行っておけば良かった。(清宮選手を)後輩と言えたのに」と苦笑いした。

木村拓哉が主演の「BG」 江口洋介、上川隆也ら主役級キャストが多数出演

テレビ朝日系ドラマ『BG(ビージー)〜身辺警護人〜(仮)』(2018年1月スタート)出演者(上段左から)江口洋介、石田ゆり子、上川隆也(下段左から)斎藤工、菜々緒、間宮祥太朗

写真拡大


 俳優の木村拓哉が主演するテレビ朝日系ドラマ『BG(ビージー)〜身辺警護人〜(仮)』(2018年1月スタート、毎週木曜 後9:00)に、江口洋介、石田ゆり子、上川隆也ら主役級キャストが多数出演することがわかった。木村と初共演の江口は「互いに高い意識の中でどんな火花を散らせるか、撮影に入るのが今から楽しみです」と気合十分。2003年放送のドラマ『プライド』(フジテレビ)以来の共演となる石田も「とてもワクワクしております」と胸をときめかせる。

【写真】過去に共演 斎藤工とハグ!照れ笑いがキュートな石田ゆり子

 脚本家・井上由美子氏が完全オリジナルで書き上げる本作は、拳銃や殺傷能力の高い武器などを一切持たずにクライアントを護る、民間の警備会社で“ボディーガード”として働く男たちの危険と隣合わせの戦いの日々を描くドラマ。

 木村演じる主人公・島崎章は、かつては敏腕のボディーガードとして働いていたが、ある出来事をきっかけに、工事現場の一警備員となっていた。しかし身辺警護課の新設を機に、復帰を決意。過去を隠し、ほかのメンバーと同じく“新人ボディーガード”として着任する。

 島崎の同僚となる身辺警護課のメンバーに、斎藤工、菜々緒、間宮祥太朗、そして課長・村田五郎役に上川。身辺警護課と対立する警視庁SP(セキュリティーポリス)の落合義明役に江口。そして、警護対象者となる厚生労働大臣・立原愛子を石田が演じる。

 物語上、不可欠な存在である主人公と対立するライバルを演じる江口は「落合は、常に冷静で、感情を表に出さない男ですが、島崎という男に出会って、どのように変化していくのかを楽しみにしていただけたらと思います。丸腰の民間ボディーガードに対して、常に立ちはだかる強力なライバルとして、相手を圧倒させる存在感を出せたら」と、コメント。

 同局では主演作も多い上川は「煌びやかな出演者が居並ぶ中、艶に乏しい輩が紛れ込んでしまいましたが、鈍色にもそれなりの味わいはあるであろう事に期待しつつ、皆さんと一緒に作品を盛り上げていきたいと思います」と、コメントを寄せている。

■登場人物
島崎 章(しまざき・あきら)…木村拓哉
 ボディーガードとしてのスキルは卓越したものがあり、徐々にそれが明らかに…。私生活では、中学生の息子とふたり暮らしだが、いまいち円滑なコミュニケーションはとれていない。

高梨雅也(たかなし・まさや)…斎藤工
 身辺警護課所属。元自衛隊員ということもあり、新人ボディーガードの中では卓越した能力を持っている。そのため、他のメンバーを見下しているところも。性格は、よく言えばまっすぐで情熱的、悪く言えば思いこみが激しく融通が利かない。

菅沼まゆ(すがぬま・まゆ)…菜々緒
 身辺警護課所属。かつては将来を有望視される柔道選手で、運動神経は抜群。ボディーガードの仕事は、お金のためと割り切っていて、危険手当の出る仕事に食いつく。

沢口正太郎(さわぐち・せいたろう)…間宮祥太朗
 身辺警護課所属。就活戦線に失敗。どこからも内定を貰えず、渋々就職した先が警備会社だった。よくも悪くも今時の若者で、物事を深く考えずノリが軽い。

村田五郎(むらた・ごろう)…上川隆也
 身辺警護課の課長。新設された身辺警護課に集まった個性豊かなメンバーをとりまとめる存在。柔らかな物腰で、常に冷静、課長としてメンバーひとりひとりを良く見ている。

立原愛子(たちはら・あいこ)…石田ゆり子
 厚生労働大臣。知的な美貌で、人気のキャスターだったが、8年前、衆議院に立候補。有権者(特に男性)から圧倒的な支持を受け、見事トップ当選。上昇志向が強く、そのためには手段を選ばない。

落合義明(おちあい・よしあき)…江口洋介
 警視庁SP。警視庁入庁後、所轄勤務を経て、警護課へ配属。秀でた能力、広範な知識、冷静な判断力から、早々にSPを任命された。特技は拳銃。特定の警護対象者にはつかず、緊急かつ重要な対象者の警護にあたっている。武器を持たない民間の警備会社が身辺警護に当たることを良く思っていない。