0年 0月 の投稿一覧

「馬よりルメール優先主義」に激論勃発(2)今後もドンドン有力馬が集まる

「馬よりルメール優先主義」に激論勃発(2)今後もドンドン有力馬が集まる

写真拡大


 ルメールがもてはやされるのには、もちろん理由がある。1つ目は、日本の競馬に慣れたこと。対応力がとにかくすごいのだ。02年に初来日した頃は、フランスとは違ってレースが速く流れていると感じたが、最近はスローペースのレースが多くなってきたという。

 事実、今年のダービーなどは、それを象徴するようなレースで、スローを見抜いたルメールの早めの対応が、レイデオロに勝利をもたらした。

 2つ目は、判断力に優れていること。ルメールに限らないが、海外の一流騎手は馬群に詰まることが非常に少ない。行ける時にサッと動いて、勝負どころでは空いたところをキッチリ抜け出してくる。ヴィクトリアMをアドマイヤリードで制した時や、秋華賞をディアドラで勝った時もそうだった。

 3つ目は、馬といいコンタクトが取れること。ルメールは、調教や返し馬に乗る時、頭の動きや首の使い方、走り方に注目する。そして瞬時に馬の癖やタイプを見抜く。だからレースで馬の持ち味をフルに発揮させることができるのだ。

 そのいい例が10月8日に行われた東京7R(3歳以上500万下)。勝ったアルーアキャロルは、道中、頭を上げて行きたがっていたが、その癖をわかっていたルメールは馬をなだめ、ためていた脚を直線で爆発させた。こういう優れたところを持った騎手だから、みんなが乗せたがるのである。

 そのルメールが今年最大の目標としているのが、リーディングを獲ること。イタリアで5回リーディングに輝いているM・デムーロ(38)とは違い、ルメールは自国フランスでも一度もない。そのため、リーディングへの思いは人一倍強いのだ。

 昨年は戸崎圭太(37)に1勝差で敗れたが、そのリベンジを果たしたいとも思っている。もしリーディングを獲ることができれば、外国人ジョッキーでは初となり、歴史的な快挙。それをエージェントもわかっているだけに、今後、ドンドン有力馬をそろえてくるだろう。

 もちろん、ライバルたちも黙ってはいまい。デムーロは、今年の目標を200勝と言って、自身を鼓舞している。これから暮れにかけて、ジョッキーたちの激しいバトルが繰り広げられそうだが、ファンは、強い馬同士の熱い戦いを見たいと願っているに違いない。

南キャン山里が許せない先輩女性芸人は有吉弘行からも嫌われていた!

南キャン山里が許せない先輩女性芸人は有吉弘行からも嫌われていた!

写真拡大


 イメージ通りのキャラ!?

 南海キャンディーズの山里亮太が、27日に放送されたバラエティ番組「ダウンタウンなう」(フジテレビ系)で、某先輩女芸人との因縁を明かし、ネット上をざわつかせている。

 山里といえば、前々からテレビ番組などで品川庄司・品川祐が苦手と話していたことは有名な話だが、今回、番組では山里の情報として「テレビで言っていない絶対に許せない人があと2人いる」と紹介。

 何でも、1人は所属事務所の吉本興業の社員というのだが、もう1人はある女先輩芸人とのこと。

 山里は収録ではその芸人の実名を出していたが、オンエアではピー音でその名前は伏せられていた。ただ、ダウンタウンもその名前を聞いてビックリしていただけにダウンタウンにとってはかなり意外な人物だったようだ。

 山里いわく、その女芸人は山里のことをものすごく嫌いだったようで、その理由について、「お前スタッフの間で“お荷物”って言われてんの知ってる?」「お前干すから」と、カメラが回っていないところで言われ続けていたというのだ。

 やはり、この女芸人が誰なのか、視聴者であれば非常に気になるところだとは思うが、「あ〜、あの人ね」「絶対、性格悪いと思ってた」「確か有吉もあの人のこと嫌いだよね」とすでに大方の人々はその人物が誰なのか察しがついているようだ。

「今から10年ほど前に全盛期を迎えていた青木さやかですね。過去にラジオ番組で『山里が嫌いな芸能人は誰か教えて』というメールがリスナーから届いた際、共演した東野幸治があっさり青木の名前を出してしまい、山里は肯定も否定もできず、タジタジになった場面もありました。確かに気の強い青木だったら、妙に納得がいきますよね。

 また、あの有吉弘行も再ブレイクする前には、当時売れっ子だった青木に小馬鹿にされていました。有吉もいまだにそのことを根に持っているようですから、青木も当時は相当テングになっていたのでしょう。しかし、そういった裏の評判もすぐに広まるもので青木といい、品川といい、みごとに干されてしまったわけですがね」(エンタメ誌ライター)

 青木は18日に放送された綾瀬はるかの主演ドラマ「奥様は、取り扱い注意」(日本テレビ系)の第3話で元女子プロレスラーで今はママ友グループを仕切り、気に入らないママ友をイジメるという“ボスママ”役を熱演し、視聴者からは「本気でムカついてしまうほど、演技がうまい」という絶賛の言葉が寄せられていたが、どうやら演技というよりは、素のキャラがそれに近かったようだ。

(田中康)

永野「PON!」ビンタ騒動で松本大志にブチギレた本当の理由とは?

永野「PON!」ビンタ騒動で松本大志にブチギレた本当の理由とは?

写真拡大


 10月25日放送の「PON!」(日本テレビ系)にて、お笑い芸人の永野が、俳優の松本大志に何度もビンタをしたことで視聴者から批判が殺到している。放送後に松本は、永野をフォローする動画をネットにアップしたという。

「番組では松本が舞台の宣伝のため、学生服姿で登場。すると永野が『PON!と違って役者の時は真剣になるって、PON!ナメんな、マジで』と激怒しながら接近。2人はにらみ合いとなり、松本が永野の頬を軽く叩くと、永野は、かなり強い力でビンタを連発し、出演者が止める事態となりました。放送後に松本は『びっくりすることもありましたが、永野さんは優しいお兄さん的存在なんです』と永野をフォローする動画をツイートしていましたが、永野への批判の声は収まっていません」(テレビ誌記者)

 永野が松本に手をあげる直前、番組では松本の舞台練習に密着したVTRが流された。その際、ワイプ画面にてスタジオ出演者の顔も映っていたのだが、松本の「お芝居の現場に来ると、真剣に取り組むことが多い」という発言で永野の表情が一変。

 そしてその後に松本が発した言葉が、さらに永野の怒りに火を付けた可能性があるという。

「松本はVTRで、『PON!』のレギュラーを勝ち取ったことに関して『(スタッフから)気に入られやすい。プロデューサーから“この子だ!”って言われた』と、自身のスタッフ受けを自慢気に話していました。すると永野はワイプで『うーわ!』と大声をあげて絶句。永野といえば、先日放送されたバラエティ番組の中で、『(『PON!』の時は)前室(スタジオの入り口前のたまり場)と反省会でめっちゃしゃべるんですよ。総合演出の田中さんが、めっちゃハマってくれて』と、わざわざスタッフの名前を出して、自分がいかに気に入られているかをアピールしています。それだけに今回、はるかに年下の松本がスタッフからの高評価を得ていることが気に障ったのかもしれません」(前出・テレビ誌記者)

 とはいえ、この騒動後、知名度が高くなり人気が上昇している松本。次回の永野との共演では、大きな注目が集まりそうだ。

関連記事:永野とビンタ応酬!新進俳優・松本大志が「ブレイク必至」の意外な理由 http://www.asagei.com/excerpt/91709

川谷絵音の元カノ・ほのかりんが熱唱した曲が「椎名林檎」似でガッカリ!

川谷絵音の元カノ・ほのかりんが熱唱した曲が「椎名林檎」似でガッカリ!

写真拡大


 4人組バンド「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音の元恋人・ほのかりんが10月23日に初のソロライブを行った。ほのかは未成年だった昨年9月、「文春砲」を被弾して飲酒疑惑を報じられた末、12月に所属事務所から契約解除。その後は川谷と同棲するも破局。約4000人のエントリーがあった女性アイドルオーディション「ミスiD」のファイナリスト83名に選出され、9月に歌手デビューして再スタートを切ったばかりだ。

「ほのかは初ライブに金髪のショートボブで現れました。キノコに似たそのヘアスタイルは、元カレの川谷に驚くほどよく似ているため、会場内はザワついたほど。さらに椎名林檎ファンを公言しているほのかが作詞作曲した楽曲は、どこか椎名の作る楽曲に似ています。本人にやる気があり、過去にモデルやタレントをしていただけのことはあってビジュアルもいいのに、誰かに似ている容姿や楽曲での再スタートは実に疑問です。“川谷の元カノ”という冠は時間が経てば古びてしまうし、椎名に似た楽曲ではどこまで行っても“似ている楽曲”でしかありません。『オリジナリティを打ち出そう』とアドバイスしてくれる大人のスタッフが周囲にいないのでしょうが、せっかくの素材が実にもったいないですね」(音楽プロデューサー)

 新しく右腕にバラのつぼみのタトゥーも入れたほのか。騒動前の清楚系容姿からのイメチェンなのかもしれないが、それだけではオリジナリティの構築には及ばないようだ。

関連記事:ほのかりん、歌手デビューで断ち切るゲス極・川谷との「飲酒交際」の呪縛!! http://www.asagei.com/excerpt/89049