0年 0月 の投稿一覧

天才テリー伊藤対談「ペンギンズ」(1)「アニキ漫才」は反応がすごかった

天才テリー伊藤対談「ペンギンズ」(1)「アニキ漫才」は反応がすごかった

写真拡大


●ゲスト:ペンギンズ(ぺんぎんず) アニキ(写真左)/1977年、埼玉県生まれ。ノブオ/1985年、埼玉県生まれ。松竹芸能に所属していた際に知り合う。お互いのコンビがほぼ同時期に解散したこともあり、アニキがノブオに声をかける形で2015年3月コンビ結成。その後、すでにアニキが所属していたサンミュージックプロダクションにコンビで所属する。当初は普通の漫才をしていたが、16年8月頃から現在の「アニキ漫才」へ移行、ライブシーンで頭角を現す。今年1月、「ぐるぐるナインティナイン」(日本テレビ系)の若手お笑い芸人を紹介する「おもしろ荘」に出演し、知名度を上げる。現在、バラエティ番組などに多数出演する注目の若手コンビ。

 渋い極道キャラのアニキとお調子者の舎弟ノブオの掛け合いが楽しい「アニキ漫才」で人気急上昇中のお笑いコンビ・ペンギンズ。かねてからコンビに注目していたという天才テリーも2人の登場に大喜び、「アニキ漫才」誕生の秘密からその素顔まで、全てを聞き出した!

テリー スーツ姿のほうがアニキ、アロハの弟分がノブオさんだよね? 俺、2人の「アニキ漫才」好きなんだ。

アニキ ありがとうございます!

テリー だけど、あれって漫才なのかな? 2人の立ち位置が横並びじゃなくて、ノブオさんはアニキの斜め後ろに立って、舞台上ではお互いに目を合わせないんだもんな。

アニキ そうですね。

テリー しかも、衣装はコントみたいだし。これ、新ジャンルだよね。

ノブオ そうですね。コントの大会に行くと「漫才だろう?」って言われて、漫才の大会に行くと、「コントだろう?」って言われます(苦笑)。

テリー そもそも、何がきっかけでできたスタイルなの?

ノブオ 最初は普通の漫才をやっていたんですけれど、M -1(グランプリ)で1回戦で落ちてしまった時に「さすがにヤバい」と追い込まれまして‥‥。

アニキ いろいろな方に言われたこともヒントになってできたネタですね。

テリー というと?

ノブオ その頃、一度ロケ番組に呼んでもらったんですが、MCが南海キャンディーズの山里(亮太)さんだったんです。で、アニキの顔を見たとたんに、「キミって、テレビに出て大丈夫なの?」って、いきなり“怖い人いじり”が始まったんです。その時に「ああ、他の人からはこんなふうに見えて、そうやっておもしろがってくれるんだ」と。それがヒントになりました。

アニキ 僕が楽屋に入った時も、かなり芸歴が上の先輩たちが「おはようございます!」って、立ち上がって挨拶してくれることもあったりして(笑)。

ノブオ 「だったら、もう“アニキ”っていうキャラクターにしちゃおう」「その横にちょっと抜けたチンピラがいたらおもしろいんじゃないか」と、発想していきました。

テリー 「お、このネタ、いけるんじゃないの?」という、手応えを感じたのはいつ?

ノブオ 最初にライブでやった時ですね、もうそれまでとウケ方が全然違いましたから。一緒に出ていた芸人さんやスタッフさんも「何だ、これ」ってザワザワした感じで。

アニキ 「これ、すぐテレビに出られるんじゃないですか?」って言ってくれる人もいましたね。

テリー それがまさにそのとおりになったわけだ。だけど、ここまで話して思うのは、2人ともキャラと違って、すごく真面目なんだよね(笑)。

ノブオ (急に立ち上がって)こら、そんなことねェぞ! 窓ガラス全部ブチ割っちゃうぞ、この野郎!

テリー おお、待ってました! そうそう、これが見たかったんだ(笑)。

エハラマサヒロ、ものまね特番で優勝も視聴者「強い違和感」のワケ!

エハラマサヒロ、ものまね特番で優勝も視聴者「強い違和感」のワケ!

写真拡大


 そのユーモアはあまり視聴者に届かなかったようだ。

 モノマネ芸人のエハラマサヒロが11月24日放送のモノマネ特番「日本一のものまね王者が今夜決定!ものまね王座決定戦 年に一度の鉄板ネタガチンコバトルスぺシャル」(フジテレビ系)に出演。24組の出場者がトーナメント戦を勝ち抜き、ものまね王者の座を狙うというこの番組で、みごと初優勝を収めた。エハラは決勝で、ある人気ロックバンドの歌モノマネを披露。また、歌唱終盤にはモノマネとは無関係だが、そのロックバンドのメンバー本人はしないであろうダンスを見せ、会場を沸かせていた。

 しかし、視聴者からは「踊りって、モノマネに関係なくね」「踊ったら誰でも優勝できるんじゃね」「ミラクルひかるのほうがよかったと思う」「ってか、全体的にモノマネのレベル落ちたよね」「この番組つまらなくなったよな」など、エハラの優勝に首を傾げるような声や、番組のクオリティーが落ちてきたと主張する声が多数見られている。

「9月に放送された日本テレビのモノマネ特番『ものまねグランプリ 芸人40組秋のガチランキングSP』では、青木隆治が複数の歌手の歌マネを変幻自在にマネて2位になりましたが、こちらも『全然似てない』『青木が2位はヤラセだろ』など、ヤラセ疑惑が浮上。ものまね番組は基本的にスタジオ審査員の審査で順位が決まるためか、視聴者が思う優勝者と違ってしまうようなギャップが起こりがちです。ただ、ものまね番組のレベルが下がっているという指摘があるのも納得ですね。昔で言うと、コロッケのような誰もが知るようなものまねスターが不在なのも大きいでしょうね」(エンタメ誌ライター)

 モノマネ番組存続のために早いところ、新世代のモノマネスターが出てきてほしいものだ。

(田中康)

香取慎吾&稲垣吾郎「オールフリー」CM抜擢で足がかりを得た民放“再進出”

香取慎吾&稲垣吾郎「オールフリー」CM抜擢で足がかりを得た民放“再進出”

写真拡大


 サントリーのノンアルコールビール「オールフリー」の新CMに起用されることが決まった香取慎吾&稲垣吾郎。

 11月28日、香取慎吾のツイッターには「サントリー『オールフリー』を全力で応援させて頂く事になりました! しんごろ.嬉しく.楽しく.頑張りまーす! ALL NEW! ALL FREE!」という文章が投稿された。このつぶやきには瞬く間に「うれしいよーっ」「たくさん買います!」「絶対見る!やったー!」といったお祝いのコメントが殺到した。

「『ALL NEW! ALL FREE!』というのが香取さんの気持ちなのでしょう。インターネットの『72時間ホンネテレビ』など新しいことを次々手がけている。表情も明るく充実ぶりがうかがえます。しかし民放で活躍できるかといえば、まだ不透明な部分も大きい。『72時間ホンネテレビ』は歴史に残るような視聴者数を得たのに、地上波の民放テレビで大きく取り上げられることはありませんでした」(スポーツ紙芸能記者)

「GQ JAPAN」誌が香取と稲垣、草なぎ剛を表彰したものの、これはほとんど扱われなかった。人気も話題もあるのに、不自然な状態が続いている。

「ですが、天下のサントリーのCMに出演するわけですから、風向きは大きく変わったといえる。サントリーといえば民放にとって大スポンサー。スポンサーが起用しているタレントだったら堂々と出演依頼ができますから」(エンタメ誌ライター)

 今後はインターネットを中心に活躍するかと思われた3人だが、民放各局への出演もこのCMをきっかけに増えるだろう。「ALL NEW!」で「ALL FREE!」な3人の活躍が楽しみだ。

(笠松和美)

こんなに白くて美しいの?石田ゆり子のナマ脚公開に列島震撼

こんなに白くて美しいの?石田ゆり子のナマ脚公開に列島震撼

写真拡大


 ドラマやCMに引っ張りだこの石田ゆり子。大活躍の理由のひとつが48歳とは思えない美貌だ。インスタグラムではすっぴんの写真を公開することもあり、アラフィフとは思えない若々しさと美貌に驚きの声が上がることもしばしば。そんな彼女がこれまでに見せたことがないナマ脚を披露し、驚きの声が上がっている。

 問題の写真は11月28日に公開された3枚。椅子に腰掛けてストレッチをしている様子を写したものだ。彼女は肘掛けつきの椅子に座り、両足を上げて足首を手でつかむ体勢を取っている。そのため衣服がズリ下がり、ヒザからくるぶしまでが露わになっているのだ。

「脚がよく見えるのは、手と脚をピンと伸ばして腰を曲げて、椅子の上で体をV字にした2枚目の写真です。そのおみ足をよ〜く見てみると、これが信じられないほど真っ白なんです。シミひとつありませんし、毛もなくてツルツル。毛穴ひとつ見えません。また細すぎず太すぎずの絶妙なふくらはぎです。とても48歳の脚とは思えません」(芸能ライター)

 タレントや歌姫がインスタグラムで公開する写真といえば修整されるのが当たり前。だが、石田の写真はこれまでの投稿から考えて修整は入っていないと見ていいだろう。この美脚がなにひとつ修整されていないとは…。石田の活躍はまだまだ続いていきそうだ。

最上もがが自宅での姿を公開 無表情での超高速タイピングに悲鳴

29日に放送された日本テレビ系「徳井と後藤と麗しのSHELLYと芳しの指原が今夜くらべてみました」に出演した元でんぱ組.incの最上もがが自宅での様子を公開し、話題になっている。

番組では松岡茉優、亀井京子、最上の3人をゲストに迎え、学生時代やプライベートなどをもとにトークを展開していった。

その中で、最上が自宅の写真を公開した。写真にはシンプルなダイニングテーブルにノートパソコンが2台置いてあり、そのすぐ隣には大きなトレーニングマシンが設置してあった。あまりにも飾りっ気がない部屋で一点を見つめ座っている最上の様子にスタジオからは「やばい」「もう目が死んでますよね」といったコメントが飛び出した。

その後、自宅での最上の様子を定点カメラで撮影した動画が放送された。ダイニングテーブルに席についた最上が超高速のタイピングでネットゲームに夢中になっている姿が映し出された。飼い猫が近寄っても、全く相手にせず、無表情でタイピングを続ける最上に共演者からは驚きの悲鳴が上がっていた。

最上の自宅での様子に視聴者はTwitterで「タイピング速度がハンパねぇ〜!分速500文字は、いってるかな?」「最上もがヤバいやつやん」「2pc設置とタイピング速度で、この人ガチにネトゲプレイヤーだー、って思った」「チャットのタイピングやばすぎ」「今のおれに欲しいスキル」などのコメントを投稿し、盛り上がりを見せた。

最上は今年8月6日にアイドルユニット「でんぱ組.inc」からの脱退を発表し、大きな話題となっていた。