0年 0月 の投稿一覧

オードリーの若林正恭、アルバイトの面接に8連続で落ちた過去

画像提供:マイナビニュース

写真拡大


お笑いコンビ・オードリー若林正恭が、きょう23日に放送されるカンテレ・フジテレビ系番組『セブンルール』(毎週火曜23:00〜)で、アルバイトの面接で落ちまくった過去を明かす。

さまざまな分野でキャリアを輝かせている女性たちに密着し、彼女たちが決めている7つのルールを掘り下げていく同番組。今回は、料理家にして行列のできる水餃子専門店「按田餃子」(東京・代々木上原)のオーナー・按田優子さん(41歳)が登場する。

5年前に店をオープンした当初は全くの素人だったため、「自転車操業でひどい状態。ランチをやってもお客さんが1人や2人とか…」というが、油を使わない女性好みのヘルシー水餃子が評判を呼び、今では開店と同時に席が埋まる人気店に。16年から3年連続でミシュランガイド・ビブグルマン部門に掲載されるまでになった。

子どもの頃は体が弱かった彼女だが、あるきっかけでみるみる健康になり、その経験から食に興味を持つように。彼女の餃子にはニンニクとニラが入っていないだけでなく、香菜と胡瓜、大根と搾菜など、ユニークな具材を組み合わせた斬新なメニューで、餃子には必須と思われるあるモノも存在しなかった。そこには、アルバイトの採用や店の運営に対する彼女のポリシーも反映されてるという。

若林は、按田餃子に「プライベートで4〜5回行ってます」といい、按田さんとの意外な接点を告白。スタジオトークは、アルバイト採用にまつわるルールで盛り上がるが、若林は「アルバイトの面接に8連続で落とされ、9回目でやっと採用された」と明かし、先輩から言われて思わず「泣いちゃった…」というひと言を打ち明ける。

川栄李奈が雪に大はしゃぎする写真「小学生か!」とツッコミ

川栄李奈、雪に大はしゃぎ ※「川栄李奈」ツイッター

写真拡大


 女優の川栄李奈が、22日に自身のツイッターとインスタグラムを更新し、雪景色にはしゃぎまわる姿を収めた写真を投稿。ファンからは「小学生か!」「何処の小僧ですか?」などのコメントが寄せられている。

【写真】「川栄李奈」フォトギャラリー

 川栄はツイッターに「顔 #姉と雪合戦」と言葉を添えて、雪の上に座り込んだり、大の字に寝そべったりする姿を収めた写真をアップ。インスタグラムでも、雪が降る中、傘もささず笑っている様子や、雨合羽を身に着けた姿を公開した。「傘持ってるのに雪にはしゃぐ私はまだ若いなと思った。足元お気をつけて!」「カッパ着たの何年ぶりだろう 子供の頃から傘派です」と思いを綴っている。

 写真を見たファンからは「小学生か!笑」「一緒に雪合戦したい」「無邪気なりっちゃん大好き」「こういうところがりっちゃんらしいね」「カッパ姿もかわいい〜」「白い妖精だね」「りっちゃんって、何でも着こなすなあ」などのコメントが寄せられている。

引用:https://twitter.com/_kawaei_rina_
https://www.instagram.com/rina_kawaei.official/

桂文枝の「喜楽館」名称選考ヤラセ疑惑 NPO理事長が否定

取材に応じる高四代氏

写真拡大


 今夏開場予定の上方落語協会第2の定石寄席「喜楽館」(神戸・新開地)の名称選定を巡り、同協会会長の桂文枝(74)が知人女性を介在させたとの疑惑を22日発売の「週刊現代」が報じた件で、文枝らとともに選考を行った「新開地まちづくりNPO」理事長の高四代(たか・よんだい=70)氏が23日、取材に応じた。

 同誌によると、文枝は昨年3月から5月にかけて行われた同館の命名で、昨年末に「週刊新潮」に不倫疑惑を報じられた日本舞踊の先生・Aさんに「喜楽館」の名称で応募するよう依頼。名称が採用され、Aさんが命名者となったことを「ヤラセ」と指摘した。

 高氏は「『喜楽館』の応募は5通あった。8月9日に会議を行い、私が5通の中から1通を選んで命名代表者を決定した。その1通がたまたまその女性だったのだろう。NPOとしては後ろめたいことは何もない」と選考過程を説明した。

 名称については「文枝さんとは『喜楽亭』とか『喜楽館』とか、いいなぁとはお話してた。大阪が繁昌“亭”だし、新開地には昔『聚楽館』という劇場があって、“館”の方がなじみがあった」と明かした。

 また、ヤラセ疑惑については「文枝さん一人では決められないですよ。記事には『NPOの代表や市長からも了解をもらっている』ともあるが、私は了解していないし、市長が選考過程を知るはずもない」と反論。文枝から事前に「喜楽館」を選ぶよう打診を受けたり、女性に応募させたという話は「聞いていない。聞いてたら問題になる」としたが、女性に応募を依頼したのが事実であるならば「ルール違反ではないが、モラルの問題はあるんじゃないか」と話した。

 今後については「喜楽館に愛着があるし、夏のオープンに向けて粛々と進めていきたい。苦情があれば、丁寧に説明したい」と名称の変更などは考えていないという。

 文枝からは「ご迷惑をおかけした」と謝罪があったが、女性に関する言及はなかったそうで、NPOとして追及するつもりはないという。高氏はその女性と面識はなく「見てみたいくらい。文枝さんも公人なんだから、脇が甘いよなぁ」と降って湧いた騒動に苦笑いだった。

武井壮が張本勲氏の「チョレイ」批判に苦笑「相手は14歳の少年」

張本智和

写真拡大


 タレント、武井壮(44)が22日、月曜レギュラーを務めるTOKYO MX「バラいろダンディ」(月〜金曜後9・0)に生出演。野球評論家の張本勲氏(77)が、卓球全日本選手権男子単で史上最年少優勝を果たした張本智和(14)=エリートアカデミー=のド派手なパフォーマンスに苦言を呈したことに「相手は14歳の少年ですよ」と苦笑いを浮かべた。

 張本氏は21日に放送されたTBS系「サンデーモーニング」(日曜前8・0)の名物コーナー「週刊・御意見番」に出演した際、かけ声の「チョレイ」や“ハリバウアー”など張本のド派手なパフォーマンスに対し、ほほ笑みながら「子供だからね。ワァーワァー騒いでもいいけど、成人だったら“喝”やるんだけどね」と語った。さらに「ああいう子は気が小さいんですよ。感情を抑えきれない。ワァーと出しちゃう」と理解を示しつつも、「本当に根性のある人はああいう態度は取らない。男は」と手厳しかった。

 番組放送後、14歳の張本は史上最年少で全日本選手権を制した。この話題に武井は「張本さんの言うことも分からんでもないけど」と苦笑いしながら、「相手は14歳の少年ですよ。すごい一生懸命、卓球頑張って、過去9連覇している水谷(隼)選手を破っての優勝でしょ? 大快挙じゃないですか、国民的な。そんな子の偉業を『男なら』とか『そんなやつは根性ない』とかじゃなくて…。少年だから。まだ、手放しでみんなで『やっほーい』って言ってあげたいなっていう思いはあります」と素直に張本の偉業をたたえた。

スカパラの新曲ジャケ絵に中村佑介氏が懸念 藤子・F・不二雄氏作品に酷似?

18日から19日にかけて、スカバンド・東京スカパラダイスオーケストラの新曲ジャケットに、イラストレーター・中村佑介氏が自身のTwitterアカウント上で懸念の声をあげた。

東京スカパラダイスオーケストラは18日、銀杏BOYZ・峯田和伸をゲストボーカリストに迎えたニューシングル「ちえのわ feat.峯田和伸」のアートワークを発表した。

すると中村氏は、イラストレーター・ハシヅメユウヤ氏の描き下ろしたジャケット画が、漫画家である藤子・F・不二雄さんの作品に酷似している点に注目し「藤子・F・不二雄プロと小学館にきちんと許可取ってる…んだよね!?」と疑問を呈したのだ。ハシヅメ氏の他の作品に関して「藤子F作品(主に『エスパー魔美』『SF短編』『T・Pぼん』等)の1コマをそのまま拡大コピー(トレース)して、髪型、ファッション、色を変えただけのようなものも多く見受けられます」とつづっている。

さらに中村氏は、ハシヅメ氏が藤子Fさんのプロダクションに許可を取らずにオマージュとして発表していた場合「一線を越えてしまうと、日本はコピー商品を売っても良いということになります」「個人的には、やっぱ『勝手にコピー売っても、買ってもいいじゃん。損する人?興味なーい』ってのはヘンかなぁと思っちゃう」と警鐘を鳴らしたのだ。

また中村氏は、正式な許可のもと発表された作品の画像を添付し「ぼくはこういう愛と義理のかたちがだいすきです」と一連の投稿を締めくくっている。

公式サイトによると、ハシヅメ氏は2013年からイラストレーターの道を歩み、CDジャケット・漫画などで活動し、数回の個展を開いている。

またウェブマガジン・TABI LABOの記事で、ハシヅメ氏は「最終的に僕の絵が売れても売れなくてもどっちでもいい」「僕の作品をきっかけに、藤子先生の作品の魅力に気づく人が増えて欲しい」とし、「日本人がファンのルールをきっちり決めてしまうから、(ドラえもんは)日本をなかなか飛び越えられない」などと持論を語っていた。

【関連記事】
「マイナスしか生まない情報が多すぎ」漫画家・末次由紀氏がワイドショーに意見
「他人を非難するってやめられないよね」江川達也氏がICANの日本政府批判に痛烈
作家が若年層の陥る自虐ネタに警鐘「キャラクターが固定化し下に扱われるようになる」

有安杏果が卒業 ももクロの現メンバーがブログで続々とコメント発表

※玉井詩織オフィシャルブログより

写真拡大


1月21日に千葉・幕張メッセで行われたライブ『2018年OPENING〜新しい青空へ〜』をもって、アイドルグループ・ももいろクローバーZを卒業した有安杏果について、現メンバーがアメブロでコメントを続々と発表している。

玉井詩織は22日のブログで、「8年間、本当にお疲れ様!楽しかったよ」と有安に呼び掛け、「ここまで一緒に歩いてきてくれて本当にありがとう」と、最後のステージ衣装を身にまとった5人の写真や、ステージ写真を公開。続けて「さあ!これからは4人で新しい道、新しいZ伝説作っていくよ!!」と意気込んだ。

高城れには「杏果本当にお疲れ様」と有安をねぎらい、「杏果がいなきゃ出来なかったこと、出会えなかった人、杏果を好きなたくさんのモノノフさん、そして私自身沢山支えられたこと、教えてもらったことこれからもずっとずっと大切にするからね!」と呼びかけ、有安とのツーショットを多数公開した。

高城は5月23日に東京ドームで結成10周年のアニバーサリーライブを開催することや、同日にベストアルバムをリリースすることに触れ、「新しい道がどんどん見え始めて。ここからまたみーんなで肩を組んで歩いて行くとき」とコメント。「今まではクローバーの葉は5つ。激レアの5つ葉」「でもこれからは幸せを運ぶ4つ葉」とつづり、「私達もみんなに笑顔を届けるために、幸せになるためにもっともっと頑張るから!みんなこれからも最高で最強の笑顔を見せてね」とファンに呼びかけた。

百田夏菜子は23日のブログで、「後ろを向いてる暇もなく4人でいろいろ始まってます」と新たな展開を示唆し、「これが私達らしいのかな」とコメント。「戸惑うこともあるかと思いますがこれからもどうぞよろしくお願いします」とつづり、玉井、高城、佐々木彩夏と雪の中で笑顔の4ショットを公開した。

貴乃花親方「相撲革命」で掲げた「三大公約」(3)本場所の数を減らす必要が…

貴乃花親方「相撲革命」で掲げた「三大公約」(3)本場所の数を減らす必要が…

写真拡大


 いずれにせよ、「ナイター本場所」「脱タニマチ」などの“公約”を旗印に改革路線に突き進む貴乃花親方だが、たびたび「自分は改革派ではなく、保守改革派」と発言しているのも気になるところだ‥‥。

「貴乃花親方は『相撲は神道に基づく』という独自の世界観を常日頃から主張しています。これは、相撲は江戸時代に興行相撲が盛んになったが、本来は豊作を願う儀式として神様に感謝や祈りをささげるための神事、つまり日本の伝統文化であり、ゆえに国技だという考えです。日本書紀に出てくる相撲の祖『野見宿禰(のみのすくね)』は国を賭けて戦い、敗れれば命を落としかねないものだった」(相撲部屋関係者)

 この神道相撲を追求する、貴乃花親方の相撲道では、八百長などもってのほか。常にガチンコありきなのだ。

「とはいえ、大型力士が増えた現在、年間6場所の本場所をガチンコ相撲だけで乗り切ることが難しいのは横綱・稀勢の里のケガを見ても明らか。貴乃花親方の目指すガチンコ神道相撲をするには、本場所の数を減らすなどしなければ、力士のコンディションを維持できない」(相撲担当記者)

 この初場所の土俵では親方になり代わり、新小結・貴景勝(21)にガチ相撲でモンゴル力士勢の正面突破を託す。

「また、自身については毘沙門天の生まれ変わり、親方衆の中では最高の優勝回数を誇り、神格化された存在だと信じている。それでも敵対する評議員会・池坊保子議長(75)は貴乃花親方の理事再任を認めない可能性を打ち出している。その時、貴乃花親方がどんな手に打って出るか」(前出・相撲担当記者)

 まさに2月の理事選は錣山親方(54)ほか2名の親方が時津風一門を離脱し、無所属となったこともあり、風雲急を告げている。

 最後に相撲ジャーナリストの中澤潔氏が警鐘を鳴らす。

「これまで相撲界は、世間の非常識は相撲界の常識、相撲界の常識は世間の非常識とし、他人に迷惑をかけなければ、放っておいてくれという論理でやってきた。ところが今回、貴乃花親方が第三者である警察に判断を委ねたことで、横綱は罰金刑も受けた。やはり世間の目で裁きを受けることは今後の相撲界にとっては必要なこと。今後、貴乃花親方を排除するようなことになれば、相撲界に将来はない。今度の騒動は相撲界が良識の世界に戻る最後のチャンスになる」

 トップを決める角界人事で、座布団が乱れ飛ぶ波乱が起こるのだろうか!?

実は実家がお金持ちな芸能人 岩田剛典の父は従業員600人の靴メーカー社長

提供:リアルライブ

写真拡大


 森泉や藤井サチなど、実家が“超”が付くほどの金持ちで、それを売りにしているタレントも多い。だが一方で、実家が金持ちであるにも関わらず、それを隠して活動しているタレントも多いのだ。

 まず、おぼっちゃまの王道を行くのが幅広い演技力を持つ加瀬亮だ。加瀬の父親は、機械やエネルギーの分野などで全世界にビジネスを展開する総合商社「双日」の会長である。ちなみに、2016年の双日の売上高は4兆円。加瀬自身も、大学は中央大学商学部に進学しており、長男であることからも、将来は父の会社にという思いもあっただろう。しかし、結局は役者の道を歩むことを決意し、大学は中退している。

 男性では、三代目J Soul Brothers岩田剛典も御曹司だ。父親は創業90年の靴メーカー「マドラス株式会社」の社長で、従業員は600人(グループ会社含む)を抱える。実家はもちろん広い庭付きの豪邸で、岩田も中学から慶應に通うサラブレッド。慶應義塾大学卒業後は大手企業に入社予定だったが、本人はダンスの道に進みたいと内定を辞退。その時、母親は泣いてすがったというが、今のポジションを獲得するためには、必要な決断であったに違いない。

 アモーレでお馴染みの平愛梨も、お金持ち一家に育った一人。父親は建築関係の社長で、なんと、家は持ち家と別荘を含めて6軒もあるという。また、兄は海外でコーディネーターとして働いており、現在は、あのビバリーヒルズに住んでいる。これもお金持ちがゆえ、教育にお金がかけられた結果なのかもしれない。

 海外といえば、日本人の父とアメリカ人の母を持つシンガーソングライターのアンジェラ・アキの父親は、英会話教室「イーオン」の代表取締役会長兼社長だ。父親は徳島で英語教室をオープンさせ、一代でイーオンをここまで有名にした。アンジェラも37歳にして音楽大学に通っており、道を自ら切り開く精神力の強さは父親譲りだ。

 彼らが今活躍しているのは、彼ら自身の力であることは間違いない。だが、少なくとも裕福な家庭で生まれたことは、彼らの活躍の後押しとなっている。

丸岡いずみ夫妻に代理母出産で男児誕生 ロシアでは500万円~1000万円

丸岡いずみ

写真拡大


 映画コメンテーターの有村昆(41)、元日本テレビキャスターの丸岡いずみ(46)夫妻に今月3日、代理母出産で3400グラムの男児が誕生した。23日発売の「婦人公論」で明かし、自身のブログでも報告した。

 同誌によると、丸岡は12年に結婚後、妊娠初期に2度の流産を経験。その後も不妊治療を続け、2016年冬にはロシアの代理母へ依頼し凍結保存した受精卵を提供していた。丸岡は「今の日本社会には、代理母出産についてさまざまな意見があると思いますし。でも、批判を受け止めたうえで、できる仕事をコツコツとやっていければと考えています」などと吐露している。

 代理母出産にかかる費用は国によって異なり、日本の仲介サイトなどによれば、米国で約1000万〜2500万円、ロシアやウクライナなどで約500万〜1000万円とされる。期間は仲介業者との面談や代理母探しなど準備期間から出産まで1年以上を要する。

 著名人では元プロレスラーの高田延彦(55)、タレントの向井亜紀(53)夫妻が03年に代理母出産で双子の男の子をもうけた。日本では卵子提供者ではなく代理母が法律上の母になるため、高田夫妻は双子と特別養子縁組した。

 代理母出産は日本では法的に禁止されていないが、日本産科婦人科学会などの方針で原則認められていない。そのため日本人の夫婦は、国内の仲介業者を通じて米国や東南アジアなど代理母出産を認める国に行くケースがほとんどだ。産婦人科医の丸田佳奈氏(36)は「(身体的に)代理母の負担が大きく複雑な問題も多く抱えている。日本では認められていないが、一般の人が自己判断で代理出産を選ぶのはありうる話。個人的には人工子宮の研究が進んでいくことに期待している」と話している。

小室哲哉の不倫報道を巡る炎上騒動 文春記者の発言が火に油を注ぐ結果に

小室哲哉

写真拡大


 音楽プロデューサーの小室哲哉の電撃引退が、「週刊文春」(文藝春秋)やワイドショーの炎上騒動に発展している。

「文春」に看護師女性との不倫疑惑が報じられ、19日の会見で「僕なりの騒動のケジメとして、引退を決意しました」と宣言。会見では、主に自身の体調の悪さと、くも膜下出血で療養中の妻・KEIKOの現状を語っていた小室だが、この直後から「文春」のTwitterが炎上。「文春が引退しろ」「SMAPが解散して、TKが引退して何が得なの?」「コンビニを経営してますが、もう文春は陳列しないことにします」などの批判が殺到している。

 また、会見を放送したワイドショー『直撃LIVE グッディ!』(フジテレビ系)もバッシングの的に。同番組では、コメンテーターの木村太郎氏が「『何もなかったんだ、文句あっか』って言えば一言で済む話を、KEIKOさんの話をね、あそこまでプライバシーの話を人に披露することなのかなと思ってね、それはちょっと許せない感じしますよね」「(不倫の)口実にそういうことを人に言うっていうのは、ありえないこと」と小室をばっさり。

 さらに、トレンディエンジェルの斎藤司が「体調悪いからっていう話が9割で、1割くらいが今回の(不倫の)件でくらいだったし、なんかちょっと保身というかねえ」「(介護で)大変なのはわかるんですけどね、ストレスとか」と語ると、安藤優子キャスターは「ただ、同じように介護をされてる方、ごまんといらっしゃるわけですから」と小室に批判的な姿勢を見せていた。

「ネット上では、小室に否定的な意見は袋叩きに遭う風潮が広がっている。また、会見の最後に『介護などの大変さを発信することで、少しでもみなさんが幸せになる方向に動いてくれたら……』などと付け加えた小室ですが、この部分をカットしたニュース番組にも批判が相次いでいます」(芸能記者)

 そんな中、21日の『サンデー・ジャポン』(TBS系)に、不倫疑惑をスクープした「文春」記者が出演。「率直にはホント、引退は残念。ご本人が言われたことと、我々が取材したところ、違う部分っていうのはやはり多くあります。それは記事を見ていただければわかると思うんですけれども、そこには絶対の自信もありますし。ただまあ、それ以上に今回のこういう結果になってしまったことで、やはり本意ではない結果になったなと」と、不本意さを強調した。

「この記者の発言が、バッシングに対し、火に油を注ぐ結果に。これまで週刊誌に数々のスキャンダルが報じられた米・大リーグのダルビッシュ有投手も22日、Twitterで『他人のプライベートほじくりまわして“本意ではない結果”って本当に頭大丈夫なのでしょうか?』と痛烈批判。『不倫は夫婦間の問題ですから他人は関係ない』と怒りを露わにしています」(同)

 これまでの“ゲス不倫”とは、全く様相の異なる小室の不倫騒動。大物プロデューサーの引退は、それだけ世間に大きな衝撃を与えたようだ。