0年 0月 の投稿一覧

「はるかぜちゃん」こと春名風花 女子高校生のセクハラいじめを批判

春名風花

写真拡大


31日、タレントの「はるかぜちゃん」こと春名風花が自身のTwitter上で、女子高校生が男子高校生にした“セクハラいじめ”を「気持ち悪い」と切って捨てた。

春名は「産経新聞」が28日に掲載したネット記事を引用した。記事によると、新潟県内の県立高校において、女子生徒が男子生徒に嫌がらせをする様子を動画で撮影。この動画がインターネット上に投稿されたことがきっかけとなり、いじめと認定されることになったという。

女子生徒は男子生徒の「顔に物を投げたり、貼り付けたりした」そうだ。学校側の聞き取り調査に対し、「過去にも仲間同士で何回かやっていて、たまたま近くにいた男子生徒に軽い気持ちで投げた」と述べているという。事件の発覚を受け、新潟県教育委員会と同校は26日に記者会見をし、こうした一連の行為をいじめと認定した上で謝罪している。

この問題に、まず春名は「男子も女子からセクハラいじめにあうことがある」とひと言。続けて、記事では「物」とだけ表現されていた物が、実際は生理用ナプキンであったと指摘。「気持ち悪いし、まずそんな事をしようとする発想がイかれてる」と、嫌悪感をあらわにした。

また、被害者の男子生徒に対して、一部から「女子のナプキンを顔に貼られるのはご褒美でいじめじゃない」という声があることにも言及。春名は「ドン引き」「女の子に『痴漢してやったんだから喜べ』って言ってるのと同じで最低だ」と猛批判し、「あんなことする女子の生理用品なんて吐き気するほど気持ち悪いに決まってるじゃん」とも吐き捨てていた。

春名は、これらの「どんな男に痴漢されても喜べ」「どんな女のナプキンでも喜べ」という発言に対し、「セクハラだ」と断じた上で、「そういう人は性被害とは何たるかが根本的に分かっていないのでこういう事件のときは発言を控えろというか、本気ですっこんでて欲しいです」と強く訴えた。

【関連記事】
「本当に気持ち悪い」春名風花が下着を白色だけに限定する校則を批判
春名風花 平昌五輪HPの日本列島消失騒動に持論「笑って受け流した方が」
春名風花 戦争について「偉い人」にお願い「皆さんが前線に立ってください」

クロちゃん、Twitterで生活改善への決意をつづる「頑張るしん」

安田大サーカス・クロちゃん

写真拡大


 29日放送のTBS医療バラエティ番組「名医のTHE太鼓判!」(月曜後7・00)で2型糖尿病であることが判明したお笑いトリオ「安田大サーカス」のクロちゃん(41)が自身のツイッターを更新。「親を悲しませちゃいけないからね。ひくほど頑張るしん!!」と生活改善への決意をつづった。

 同番組で以前にも検査数値の異常を指摘され、医師団から「突然死」のリスクも伝えられていたクロちゃん。にもかかわらず、暴飲暴食ぶりを全く改善せず、血糖値は即入院レベルの値に。29日の放送では、番組の医師団から警告を受けていた。

 クロちゃんはツイッターに、健康の欄に「自分に甘えるな」と記されたおみくじの画像とともに「おみくじ引いたらやっぱりね。神様は見てるよね」と投稿。「気を引き締めて頑張ります!親を悲しませちゃいけないからね。みなさん叱咤激励ありがとうございます。ひくほど頑張るしん!!」と意気込んだ。

 このツイートに、同番組にも出演する医師の森田豊氏(54)は「クロちゃん、医師団は本当に心配してます。2型糖尿病など多くの生活習慣病は症状が乏しく、なかなか医療機関に行かない方が多いです。でも今回を契機に、通院してください」と反応。「そして、番組、医師団、フォロワー皆で食生活、運動などを見守っていきたいです。嘘のツイートは厳禁です。正直になること」と番組で嘘のツイートを暴かれたクロちゃんに忠告した。

太田光 「はれのひ」社長会見での記者の質問内容を疑問視

太田光(爆笑問題)

写真拡大


30日深夜放送のラジオ番組「爆笑問題カーボーイ」(TBSラジオ)で、爆笑問題・太田光が、着物販売レンタル「はれのひ」の篠崎洋一郎社長に対する記者の質問内容を疑問視した。

番組では、リスナーからのメールで、篠崎社長の記者会見中に女性記者が「歌が好きと聞いたんですが、お休み中は何を歌いましたか?」と、「どうでもいい質問」をしていたとの投稿があった。

「はれのひ」は8日の成人の日に突然営業を停止し、振り袖を着て式典に行こうとしていた多くの新成人たちがトラブルに巻き込まれていた。篠崎社長は26日になって記者会見を開き、成人の日当日は「知人宅におりまして、そこで待機していた」などと説明した。

太田によると、篠崎社長に対して「お宅の娘さんには、成人式には何を着させたいですか?」といった質問もあり、「ただの嫌みでしかない」と苦々しく指摘。相方の田中裕二も「もし被害者側の親だったら、どう思いますか?」「やっぱり怒りますね」といった質問もあったと続けた。

一連の質問について、太田は「記者会見で聞くことじゃない!」とバッサリ。「責めてるだけ」で、「人民裁判みたいな、なんか社会的制裁みたいな」様相だったとし、「止めろよって思う」と苦言を呈していた。

【関連記事】
「信用しないほうがいい」爆笑問題・太田光が仮想通貨に持論
「何日間出てこねぇんだよ!」土田晃之が「はれのひ」社長の釈明を一蹴
「はれのひ」事件の別被害者…預けていたはかまが卒業式に着られず

伊勢谷友介と順調な同棲生活 森星を記者が直撃

 伊勢谷友介(41)の愛車・トヨタハイエースは、大寒波に見舞われた1月の東京を颯爽と走り抜ける。商用車にこだわりの大改造を施した「伊勢谷バージョン」にいったいいくらかかっているかは知らないが、艶消し塗装のいかついボディはひときわ目を引く。

 彼のこだわりは、車だけにとどまらない。都内の高級住宅街にある自宅マンションも、跡形なくリノベーションされている。テレビや雑誌で公開しているオシャレすぎる部屋は、現在も進化中だ。

 その日、家主が外出しているはずの部屋には、ぽつんと灯りがついていた。一人、伊勢谷の帰りを待っていたのは森星(25)。祖母はファッションデザイナーの森英恵(92)、姉はモデルの森泉(35)。幼稚舎から大学まで慶應というセレブモデルである。

「伊勢谷と森は破局して、元カノの長澤まさみと復縁したと噂されていた。だが、森との交際は順調に続いている。いまや同棲状態で、特に隠すこともなく堂々と2人で出かけている」(芸能プロ関係者)

 森が伊勢谷を彼の部屋で待っていたのは、この日だけではない。本誌は別の日にも、一人でマンションへ帰宅し、合鍵を使って慣れた様子で入室する森の姿を確認している。

 伊勢谷と森の交際が発覚したのは2016年4月のことだった。それ以前に伊勢谷は長澤まさみ(30)と2013年3月にスポーツ紙で交際が報じられ、その後幾度となくツーショット姿をキャッチされていた。交際は2年近く続いたが、ゴールインには至らなかった。

「30歳を目前にし結婚願望が強かった長澤と、結婚したくない伊勢谷。それが原因で破局したと聞いている。その点、森は交際開始当時、大学を卒業したばかりの23歳。交際がすぐ結婚に結びつくことはなかった」(伊勢谷を知る関係者)

 41歳の伊勢谷は、いまだに結婚しない理由を「彼女がいっしょの部屋にいるとしんどいときがある」と語っている。だが森との生活は順調なようだ。

 冒頭の場面に戻ろう。伊勢谷を乗せたハイエースがマンションに戻ると、2時間後、2人はタクシーに乗って出かけた。約2時間のデートを楽しみ、伊勢谷のエスコートで2人は部屋へ帰っていった。

 後日、伊勢谷のマンションに帰宅した森を直撃した。

ーー森さん、「FLASH」です。

「キャーー!! びっくりした〜」

ーー伊勢谷さんとご結婚の予定は?

「うーん。当分ないと思いますよ」

ーー驚かせてしまってすみません……。

「はーい。お疲れさまでーす」

 森にも、結婚願望はない様子。車に、家にと、ただならぬこだわりで自分仕様にしてきた伊勢谷は“結婚しない”ポリシーにこだわって、お似合いの相手を見つけた。

(週刊FLASH 2018年2月13日号)

ハリセンボンの箕輪はるか 3回のコンビ解散危機を告白

画像提供:マイナビニュース

写真拡大


お笑いコンビのハリセンボンが、きょう31日に放送される日本テレビ系バラエティ番組『1周回って知らない話』(毎週水曜21:00〜)が登場。箕輪はるかが、コンビ解散の危機がこれまで3回あったことを告白する。

コンビ結成14年のハリセンボンだが、今時の視聴者からは「ハリセンボンって仲いいの?」と心配する声が。実際のところ、「プライベートはまったく別」「2人きりでのごはんは10年以上ない」といい、はるかの口からは「これから(近藤春菜が)どんどん1人でやっていくなら、ちょっと本気で話し合おうかなと」という言葉が飛び出す。

実ははるかには、春菜も気づかなかったコンビ解散の危機がこれまでに3回あったことを告白。テレビで活躍する春菜を見て、「私はもう戻れないんじゃないか」と不安になっていたはるかを、春菜のある行動が救ったと明かされる。

今回の放送では他にも、「好きなママタレランキング」1位の小倉優子と7位のギャル曽根というプラベートでも仲よしの2人が、人気旅行サイトランキングで2年連続1位を獲得した人気ホテルを調査。気の置けない2人の凸凹コンビぶりは必見で、1個約数億円もする最新のお風呂もテレビ初公開する。

川崎希がアレクサンダーの浮気メールを発見?「またやったな」

※アレクサンダーオフィシャルブログより

写真拡大


タレントのアレクことアレクサンダーが30日、自身のアメブロを更新。妻でタレントの川崎希に“浮気メール”がバレたことを明かした。

「のんちゃんの抜き打ちチェックで浮気メールがばれてしまった!!」と衝撃的な告白をしたアレク。ひろみという女性から「車内で待ってます」と届いたメールのスクリーンショットを公開。「ひろみってだれ? 車内てま待ってる アレク またやったな」(原文ママ)と怒り顔の猫の絵文字とともに川崎の怒りを伝えた。

アレクには2017年3月、写真週刊誌『FRIDAY』に車内不倫を報じられた“前科”が。同年12月には、アレクが2時間電話に出なかったことから川崎が浮気を疑ったことも。川崎にとって気が気でなかった様子。

続けて、みさきという女性から届いたメールのスクリーンショットも掲載。「どしたのん??元気なん??至急返答してちょ」と書かれてある。アレクは「いやいや、、、これは迷惑メールですから!!俺メアドなんて使った事ないからな!!」と釈明している。

V6・井ノ原快彦 コンビニの24時間営業めぐり視聴者投稿に疑問

コンビニエンスストア

写真拡大


31日放送の「あさイチ」(NHK総合)で、MCのV6・井ノ原快彦が、24時間営業するコンビニエンスストアの役割に首をひねった。

番組では、「やっぱり便利? 24時間営業」と題して、コンビニエンスストアやファミリーレストランの多くが取り入れている「24時間営業」をさまざまな角度から分析していった。

その中で、有働由美子アナウンサーが、40代の視聴者が寄せた意見を紹介。視聴者は、「朝4時半ごろ、酔っ払いに絡まれたとき、コンビニに逃げ込めたので助かりました」とつづっていた。

出演者は「そういうこともあるのか」などと一様に納得した声を上げる中、井ノ原は冷静な態度で「確かにね。それでも(逃げ込む場所が)コンビニである必要あるのかなって思いますね」と指摘したのだ。これに、有働アナも「本当はね。そういう役目(ではない)…」と同意していた。

【関連記事】
「捨てちゃう人も出てくる」V6の井ノ原快彦がペットブームに異論
井ノ原快彦 「あさイチ」の情報発信に意見「子どもだよ? 電話!」
V6・井ノ原快彦 ユニクロによる調査ランキングに疑問「信用できない」

川崎希がアレクサンダーの浮気メールを発見「またやったな」

※アレクサンダーオフィシャルブログより

写真拡大


タレントのアレクことアレクサンダーが30日、自身のアメブロを更新。妻でタレントの川崎希に“浮気メール”がバレたことを明かした。

「のんちゃんの抜き打ちチェックで浮気メールがばれてしまった!!」と衝撃的な告白をしたアレク。ひろみという女性から「車内で待ってます」と届いたメールのスクリーンショットを公開。「ひろみってだれ? 車内てま待ってる アレク またやったな」(原文ママ)と怒り顔の猫の絵文字とともに川崎の怒りを伝えた。

アレクには2017年3月、写真週刊誌『FRIDAY』に車内不倫を報じられた“前科”が。同年12月には、アレクが2時間電話に出なかったことから川崎が浮気を疑ったことも。川崎にとって気が気でなかった様子。

続けて、みさきという女性から届いたメールのスクリーンショットも掲載。「どしたのん??元気なん??至急返答してちょ」と書かれてある。アレクは「いやいや、、、これは迷惑メールですから!!俺メアドなんて使った事ないからな!!」と釈明している。

藤本美貴 夫の庄司智春が浮気したら「私の人生かけて潰す」

元「モーニング娘。」でタレントの藤本美貴

写真拡大


 元「モーニング娘。」でタレントの藤本美貴(32)が、30日放送の日本テレビ「ザ!世界仰天ニュース」(火曜後9・00)に出演。夫でお笑い芸人の「品川庄司」の庄司智春(41)について言及した。

 番組では芸人・山本竜馬(26)の母親が、山本の高校の同級生と結婚したエピソードを再現VTRで紹介。山本は、高校の同級生が母親に対して亭主関白な態度を取っていたことを明かし、「人の母親をこき使わないでくれと思っていた」と笑いを誘った。

 これを受けて、司会の中居正広(45)は「ミキティーも家では怖いんでしょ。庄司もの言えないんでしょ」と藤本に質問。藤本は「庄司はケンカしたら家出しちゃって3日ぐらい帰ってこない」と苦笑い。中居が「どこかで女の人作っちゃうんじゃないかなとか心配しないの」と再び問うと、「作ったら私の人生かけて潰す」と言葉に力を込め、中居を震え上がらせていた。

凶暴犬をしつけるために痛みも与える 訓練士の姿に涙

犬の訓練士に密着

写真拡大


2018年1月29日放送の「プロフェッショナル 仕事の流儀」(NHK)で放映された、「戦う訓練士」こと犬の訓練士・中村信哉さん(47)のドキュメンタリーに、視聴者から「泣いた」との反響が相次いでいる。

中村さんが預かるのは、飼い主の手に負えなくなった凶暴犬ばかり。手厳しい訓練は時に批判を浴びることもある。だが心を鬼にして、犬と向き合う。いったい何がそうさせるのか。J-CASTニュースは、本人に取材した。

ほめるのも大事、叱るのも大事

北栃木愛犬救命訓練所(栃木県大田原市)で所長を務めている中村さんは元々、警察犬の訓練士だった。警察犬訓練所で5年半の修行を積み、現在の訓練所を設立した後、問題行動を起こす犬の飼い主から訓練の依頼が入るように。中村さんはそんな犬の更生に尽力するため、警察犬の訓練をやめた。

飼い犬の噛み付き事故は例年、4000件を超えている。中村さんは預託訓練専門で、全国各地の飼い主から凶暴犬の更生を引き受ける。この20年間で700頭超、全体の約8割を更生させ、現在も100頭の凶暴犬を抱えている。

番組によると、犬が凶暴化する要因はさまざまだという。ただ、「叱る」「ほめる」の両極端でしつけられるなどして、人と感情を交わした経験が希薄なのだそうだ。

中村さんは一体、どのように犬を更生させているのか。番組では、エサやりの模様を紹介した。

「待て」「伏せ」などと指示し、犬の檻にエサを入れ、2本の竹で作った手製のムチを使う。問題行動を起こす犬は、本能が抑えられない状態にあるため、食事の時間にムチで大きな音を出し、最低限の痛みを与え、我慢の経験を積ませる。こうすれば、犬は何を叱られているのか、音と刺激で覚えるようになるという。

中村さんは番組の取材に「(叩くことは)気持ち良くはない。これでも犬好きなので」と前置きした上で、

「厳しいのが嫌いだからといって、やらなかったら、襲ってくることも止まらないし、かみ続ける。かむ犬は治らないと処分してしまったケースがある。どんな方法を使っても、飼い主の元で一生を送らせたい」

と強調した。

「私はほめるしつけが間違っているとは思わない。ほめるのも大事、叱るのも大事、片一方だけでやるのがダメ。まったくほめられなかった子どもはどうなるか。同じことが犬の業界でも起きている」

「涙が止まらなかった」「泣きそうになった」

番組ではその後、中村さんが8歳の柴犬「まめ蔵」と向き合う様子に密着した。

訓練所に来てから、既に9か月。多くの犬は半年もすれば変化の兆しが表れるそうだが、まめ蔵は人への関心を示すどころか避けようとしていた。「ちょっとしたことに対して拒絶が半端じゃない」(中村さん談)。

ある日のこと。中村さんが「伏せ」と指示しても、まめ蔵は言うことを聞かない。中村さんが檻を開け、手を伸ばした時、まめ蔵は大きな悲鳴を上げ、その手にガブッとかみついた。

「痛ってえっつんだよ」。中村さんはそう声を上げると、まめ蔵を檻から外に出し、握りこぶし、そして手の平で頭部を叩いた。

だが中村さんがある日、まめ蔵を普段と違う檻に入れた時のこと。まめ蔵はいつも一定の距離感を保っているのにもかかわらず、中村さんの後をついてくるようになった。数日間、そんな状態は続いた。

ここで我慢を覚えれば、立ち直るきっかけをつかめるはず――。中村さんはそう考え、まめ蔵にエサを出さないことにしたが、それでも「待て」「伏せ」の指示に従い続ける。まめ蔵が殻を破った瞬間だった。中村さんは「褒美」としてエサを与える。

その後、成長したまめ蔵と面会した飼い主の目には涙が…。まめ蔵は2018年1月21日、訓練所を卒業。番組の最後には、まめ蔵が中村さんの元へ駆け寄り抱きかかえられる場面も流れ、ツイッターやインターネット上では

「中村さんとまめ蔵の話、物語にはないリアルな感動があった 自分の好きな犬に対してあれだけ厳しくできるのは本当の愛があってこそだと思う」
「最後まめ蔵が自ら中村さんの方へ抱きついてて泣きそうになった」
「ストの方、まだ体が強張り気味のまめ蔵を抱きしめながら、ありがとうと囁いたシーンに涙が止まらなかった」

との声が続出した。

中村さん「本当は、私みたいな存在がいてはいけない」

一方で、中村さんのしつけは時として「鞭打ち式体罰」「暴力を振るう訓練士」と批判にさらされる。実際、番組放送後のツイッターには

「訓練士、豆ぞうをグーで頭殴った。こんな躾ありえない」
「言っていいですか?棒で殴って距離が縮まるわけないじゃん。バカなんじゃないの、このひと」

などの声が上がっていた。

だが中村さんがそのような声にひるむことはない。自身のフェイスブックでは放送後、「私が戦う相手がおわかりいただけたでしょうか?」と投稿。その上で、

「そうです…『世論』と『世論に負けそうになる自分』との戦いです。きっとこれは死ぬまで続くのではないかと思っています。それでも戦い続けます。後に続く者達と行き場を失った咬み犬がいる限り」

とつづった。

中村さんは1月30日のJ-CASTニュースの取材に、

「体罰を使うことを否定するのが今の世論。ですが、主流のトレーナーがそうした声に流され、さじを投げた結果、治るものも治らなくなっている」

と話す。その上で、

「犬は平等じゃない。理屈の違う子もいる。トレーナーや獣医師、繁殖者らが本来、手をかけてやるべきなのだが、そうしたシステムが確立しておらず、手遅れになってしまっている。本当は、私みたいな存在がいてはいけない」

と強調した。

テレビ局の密着取材を受けるのは、これが初めて。放送後の反響については、「(しつけへの)賛同者の方が多かった」と感じている。応援のメールも3〜40件、電話も5、6件届いたが、「虐待だ」と批判するものは1件だったという。