0年 0月 の投稿一覧

芸人からグラドルまで…芸能人とビットコイン「ズブズブ金脈」が暴かれた!

芸人からグラドルまで…芸能人とビットコイン「ズブズブ金脈」が暴かれた!

写真拡大


 今、「ビットコイン」を始めとした「仮想通貨」が世界中で大ブームとなっている。仮想通貨とは、インターネット上で発行され、同じくネット上で取引や決済が行える電子データの一種で、その名の通り、紙幣や硬貨のように目に見えて手にとれる“現物”の形で存在しない通貨を指す。現在、日本で仮想通貨が大きな注目を集める最大の理由が、株よりもダイナミックな価格変動を見せる「投機的要素」だ。中でもビットコインは、昨年の初めから12月のピーク時までに20倍以上も価格が上昇し、多くの億万長者を誕生させた。

 こうした「ビットコイン長者」は、芸能界でもチラホラと目につくようになった。まずあげられるのが、平成ノブシコブシの吉村崇(37)だ。お笑い業界に詳しい放送作家が明かす。

「1ビットコインが5万円だった一昨年に、『100万円分を購入した』とラジオで語っていました。もしもそれが事実なら、その後に価値は40倍にふくれあがった計算。いい時期に売り抜けていれば、約4000万円もボロ儲けしていた計算になります」

 ロンドンブーツ1号2号の田村淳(44)も、ネット番組で数百万円分のビットコインを所持していると告白していたという。

「吉村、ロンブー淳といったお笑いタレントに限らず、グラドルの杉原杏璃(35)も『ビットコイン購入』を公言していました」(前出・放送作家)

 1月23日発売の「週刊アサヒ芸能」2月1日号では、さらに、仮想通貨にハマる芸能人たちの気になる収支を総力取材。同時に、仮想通貨の意外な使い方や投資法を解説している。

「芸能人の中には、ほかにも、口外していないだけで、仮想通貨の投資で荒稼ぎしている芸能人はかなりの数いると見られています」(前出・放送作家)

 というから、そのズブズブ金脈ぶりは実に気になるところである。

YouTubeの規約改定で山本圭壱ら「芸人ユーチューバー」が軒並み退場!?

YouTubeの規約改定で山本圭壱ら「芸人ユーチューバー」が軒並み退場!?

写真拡大


 いまや芸能人並みの知名度を誇る人気者も少なくないユーチューバー。年収1億円超えを果たす成功者も多く、若者にとっては“あこがれの職業”の一つとなっている。その成功にあやかりたいとYouTubeの公式チャンネルを開設する芸人も少なくないが、お笑いと動画では勝手が違うのか、成功しているケースはほとんどないというのが実情だ。

「ゴー☆ジャスのように登録動画が軒並み数万回の再生回数を集める例もありますが、これはむしろ例外的な存在。ほとんどの芸人ユーチューバーは、高校生の素人配信にも負ける始末です。たとえば日本エレキテル連合は平均2000回程度、山本圭壱やねづっちに至ってはほとんどの動画が1000回未満となっています。それでもネットニュースに取り上げられることで、いきなり数十万再生のスマッシュヒットになるケースもたまにありますけどね」(IT系ライター)

 そんなラッキーを期待している芸人ユーチューバーにとって、夢を絶たれる規約改定が2月に行われるという。アメリカ本国では「YouTubeパートナープログラム」への参加条件として「過去12カ月の総再生時間が4000時間以上」といった高いハードルを課すというのである。そのアメリカではすでに昨年4月、総再生回数が1万回未満のチャンネルでは広告が表示されなくなっていたというのだ。

「これらの措置が日本にも導入されるという話は現時点ではありません。しかし動画広告が日本でもすさまじい伸びを見せていること、そしてユーチューバーの行状に注目が集まるようになったことから、日本でも同様の規約改定が導入される可能性は十分にあります。そうなると多くの芸人ユーチューバーが、動画では1円も稼げなくなる危機にさらされるわけです」(前出・IT系ライター)

 山本圭壱はYouTubeチャンネル用にわざわざテーマソングまで作っていたが、そういった努力も無駄になるということか。ともあれ芸人の安易なユーチューバー転身に歯止めがかかる可能性は大きいようだ。

(金田麻有)

巨人・高橋由伸監督が年明けに漏らした「フロントへの苦言」!

巨人・高橋由伸監督が年明けに漏らした「フロントへの苦言」!

写真拡大


 昨季は3年連続のV逸のみならず、11年ぶりとなるBクラスの憂き目にあった“球界の盟主”巨人。今季の巻き返しは至上命題だが、キャンプイン直前になっても展望が見えてこない。そればかりか、監督とフロントの間に確執が生まれているようなのである。年明けに高橋由伸監督の本音を耳にした、球界関係者が明かす。

「由伸が信頼する関係者と話しこんでいる席でした。途中、話題が球団のことになると、『球団の考えと自分の考えは違う。自分は球団の外側にいる』と吐き捨てるのが聞こえてきたんです」

 現場責任者の痛烈な球団批判に聞こえる。

「球団は由伸監督の指導力を評価しておらず、おそらく今季、優勝という結果を残さない限り、監督続行の目はありません。当然ながら監督も就任経緯もあって、フロントに対してはハラに一物あるということでしょう」(巨人番記者)

 球団は表向きチーム改革に着手して由伸監督をバックアップしているかのようだが、実際のところは指揮官の意に沿わず、埋めがたい溝を生んでいるのだろうか──。その詳細は、1月23日発売の週刊アサヒ芸能2月1日号がレポートしている。チーム内に目を向けても、キャンプイン目前だというのにほころびばかりの“ダメ巨人”の行方は、はたして──。

ウーマン村本、女子刑務所への「無知」をツイートして大顰蹙!

ウーマン村本、女子刑務所への「無知」をツイートして大顰蹙!

写真拡大


 お笑いコンビ・ウーマンラッシュアワーの村本大輔が1月17日、ツイッターを更新。慶應義塾女子高校の表札を“女囚刑務所”のようだと形容し、炎上騒ぎを起こしている。ツイッターでは〈この古ぼけた表札 一瞬、女囚刑務所かと思った〉とコメントし、慶應義塾女子高校の校門の画像を投稿。村本が女子刑務所のようだと表現したのだ。表札はレンガの壁に設置されたシンプルなもので歴史を感じさせるものだった。

 このツイートに対して〈慶應関係者が本当にかわいそう。同じ芸能界にもここを卒業している人だっているんだぞ〉〈女子校と刑務所の区別もつかないとは、相変わらず目と頭が悪くていらっしゃる〉などリプライは批判の嵐。対して村本は18日、〈慶應どうこうではなく、この表札がそう見えただけ。慶應も女囚刑務所もバカにしていない〉とツイッター上で弁明。しかし〈学校の古ぼけた表札は伝統や歴史を思い起こさせるもの。高い堀などがあるわけでもないのに、わざわざ刑務所を引き合いに出すあたり、学歴コンプレックス丸出し(注:村本は高校中退)。しかも女囚とか言っちゃうあたり最悪〉〈仮にそう見えたとしても、配慮に欠けていたと思います。時には素直に謝ることも必要です〉と返され、火に油を注ぐ結果となった。週刊誌記者も苦言を呈する。

「そもそも村本は女子刑務所を見たことがあるのでしょうか。刑務所のことを紹介している『刑務所.net』によれば、女子を収容できる刑務所は全国に9カ所あるそうです。動画共有サービスなどでも確認できますが、女子刑務所は近代的な建物が多く、名称が書かれた表札なども古ぼけている印象はありません。“女囚刑務所”という言い方も変で正式名称には『女子』という言葉はつきませんが、一般的には“女子刑務所”でしょう」

 元日に放送された「朝まで生テレビ!」(テレビ朝日系)で、憲法9条2項を読んだことがないことから「無知を恥じなさい」と説教された村本。女子刑務所について無知なのは、ある意味当然なのかもしれないが…。

(石田英明)

叶恭子、下腹部の“花弁”が見えた!?「限界越え」艶ショット公開に騒然

叶恭子、下腹部の“花弁”が見えた!?「限界越え」艶ショット公開に騒然

写真拡大


 インスタグラムで艶ショットを次々と公開している叶姉妹。アンダーウエア姿は当たり前、つい先日は「胸ポッチ」が透けて見える写真を公開し、男子を喜ばせたばかり。だが、今回、ついにそれ以上の艶写真が公開され、ファンが騒然となっている。

 1月18日に公開されたその写真は、叶恭子様が黒のアンダーウエアを身に着け、片足を上げた複雑なポーズをしているもの。恭子様が大好きだという「ジョジョの奇妙な冒険」っぽいポーズをしていると言ったらいいだろうか。間違いないのは肌見せが多くて艶っぽく、とても美しいボディであることだ。

「真っ白な肌が目を引きます。そして素晴らしい形をしたヒップに目がくぎ付けになることでしょう。だが、この写真にはそれ以上に目を引くものが写っているとされています。何と、彼女の下腹部に“スジ”のようなものが見えるんです」(週刊誌記者)

 あわてて写真を見てみると、確かにスジのようなものがあるように思える。

「ただの影かもしれませんが、恭子様の美しい“花弁”だと思えば幸せになれませんか?ここはそうだと思い込むのが正解なのではないでしょうか」(前出・週刊誌記者)

 恭子様が公開してくれた艶写真。ありがたく堪能するのが男の礼儀というものだろう。

浅野ゆう子のアラ還婚に続くのは?50歳超え独身女優「マル秘日常」が判明!

浅野ゆう子のアラ還婚に続くのは?50歳超え独身女優「マル秘日常」が判明!

写真拡大


 1月11日、浅野ゆう子(57)が報道各社にファックスで、みずからの結婚を発表した。女性誌記者が驚きを隠せない様子で語る。

「大女優とはいえ、マスコミに対しては丁寧に対応するゆう子さんだけに、各社とも完全に裏をかかれました。寿報道にもかかわらず、相手が同世代の一般人としか明かされなかった理由は、3年前にクモ膜下出血で亡くなった事実婚相手の故・田宮五郎さんを気遣ったからだと言われています」

 その後、一部週刊誌の報道で、相手は服飾関係の事業を展開する社長であることが判明した。

「神戸でスナックを経営する浅野の母は結婚には反対していたようですが、田宮さんを献身的に看取った後、元気をなくしている娘の老後を気遣い、結婚にゴーサインを出したそうです」(前出・記者)

 現在はヘアウィッグCMにも出演する浅野。いわゆる“適齢期”はとうに過ぎていても平均寿命87歳という長寿時代に伴侶を得ることは心強いに違いないが、芸能界では50歳を過ぎてもバリバリ仕事している女優は意外に結婚していないケースが多い。そのいい例が、1月19日スタートのドラマ「特命刑事 カクホの女」(テレビ東京系)で、還暦にして新任刑事役に起用された名取裕子(60)だ。ベテラン芸能レポーターが明かす。

「もちろん2時間ドラマの女王と称された実力もさることながら、40年以上に渡る息の長い女優生活を維持しているのは、彼女の裏表のない性格にあります。大物であることを鼻にかけることが1つもないばかりか、出演するラジオ番組のスタッフには『食べる時間ないでしょ』と手作り弁当の差し入れを振舞い続けているほど。本人は『私はまかないのオバちゃんなのよ』と笑っていますが、男性スタッフは大女優の手作りの味にイチコロです」

 1月23日発売の「週刊アサヒ芸能」2月1号では、そんな50歳を超えてなお独身を貫く有名女優たちの素顔や私生活に迫っている。「第二の浅野」になって世間を驚かせそうなのは誰か?はたまた“別の道”を選んで成熟した私生活を謳歌しているのは?独身美女たちの放つ魅力の秘密には、男たちの興味は尽きない。

塚本高史が不倫のラブシーンに本音 クリスマスの撮影に「悪意を」

制作発表記者会見に登壇した塚本高史 (C)モデルプレス

写真拡大


塚本高史/モデルプレス=1月22日】女優の仲里依紗が主演を務めるテレビ朝日系連続ドラマ『ホリデイラブ』(2018年1月26日スタート、毎週金曜午後11時15分〜※一部地域をのぞく)の制作発表記者会見が22日、同局にて行われ、仲、塚本高史、中村倫也、松本まりか、山田裕貴、飯島寛騎、岡田龍太郎、壇蜜、平岡祐太が登壇した。

仲里依紗、濃厚濡れ場の主演ドラマ予告編に「18禁」「白目むきそう」

◆不倫ベッドシーンをクリスマスに撮影

同作は、愛する夫・純平(塚本高史)と娘に支えられ、ごく普通の幸せな家庭を築いていた高森杏寿(仲)が、夫の浮気をきっかけに壊れてしまった夫婦の絆を結び直し、“夫婦再構築”を目指して正々堂々と戦うストーリー。可愛らしい顔の裏で強い執着を持って“純平を誘う女”井筒里奈を松本が、その夫で“一見エリートだが実はパワハラ夫”の井筒渡を中村が演じる。

公開された予告での純平と松本演じる里奈の浮気現場のシーンがすでに話題を呼んでいるが、撮影は昨年のクリスマスだったといい、「スケジューラーさんの悪意を感じる(笑)」と恨み節。

12月24日に31歳の誕生日を迎えた中村は翌日に浮気現場を目撃する撮影ということで、「嫁が知らない男と裸で抱き合っているところを見る、そんな31歳の幕開けでした。何が悲しくて…。良い1年になりそうです」と自虐しながら回顧。

塚本は「純平は本当に馬鹿だなと」と自身の役について話し、「実際の僕は違いますよ!そんなことないんですけど、『純平違うよ!』って観て頂ければ」としっかりと説明した。

2人の娘を演じる渋谷南那ちゃんは2人にかなり懐いてるらしく、塚本は「撮影以外で戯れてることが多い。すごいチューされてる。5歳じゃなかったらいけないことをされてる」と苦笑しながらエピソードを披露。「現場に来てる(南那ちゃんの)お母さんと僕が結婚してって言われてます。リアル不倫ですよね」と苦笑したが、仲は「パパが来るとすごくパパの方に行ってくれるんで、助かります」と塚本の子煩悩ぶりに感謝していた。

また、“はまってしまった日常に潜む罠”という質問が飛ぶと、仲は4歳の愛息子について語りだし、「『ママ可愛いね』『大好きだよ〜』っていつも愛を毎日のようにくれるので罠にかかるんじゃないかって思ってて」と目を細めて嬉しそうに告白。「大きくなるのが怖いです」と母親の顔をのぞかせた。

◆仲里依紗、再び浮気される妻に

同作は、「マンガボックス」にて連載中の原作・こやまゆかり氏、漫画・草壁エリザ氏による『ホリデイラブ〜夫婦間恋愛〜』の初のドラマ化作品。

夫に浮気される側の正妻、“サレ妻”を主人公に据え、夫婦サイドの純愛にフォーカスした本作品。不倫という日常に潜む罠をサスペンスフルに描写しながら、“正妻と夫婦愛の正義” そして試練の末に“本当の意味でのパートナー”として成長していく夫婦の純愛ドラマとなる。

イベントでは夫婦役を演じる仲&塚本、松本&中村の2組がウエディングドレスにタキシードの結婚式さながらの衣装で登壇した。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

ゆりやんレトリィバァのピアノの腕前に絶賛の声「すごすぎる」

20日に放送されたTBS系「王様のブランチ」に出演したゆりやんレトリィバァの特技がネットで話題となっている。

10万円の予算で買い物するコーナーにゆりやんが出演し、楽器店を訪れ、高校時代に憧れて練習していたというギターをネタを交えながら演奏した。

さらに、4歳の頃ピアノを習っていたゆりやんは、店で1番高額である1200万円のグランドピアノでショパンの『幻想即興曲』を披露した。

この腕前にTwitterでは「ゆりやんのピアノ技術すごすぎる」「想像以上にピアノが上手い」「ゆりやんギターもピアノも弾けるの笑う すごい」「ゆりやん、ピアノを弾くの綺麗!」「ピアノうますぎて普通にすごって言っちゃった」など、意外な一面に絶賛のコメントが相次いでいた。

ゆりやんは昨年、日本テレビ系『女芸人No.1決定戦 THE W』で優勝を果たし、大きな注目を集めた。

都心大雪でレインボーブリッジ封鎖「踊る大捜査線」が話題に

織田裕二 (C)モデルプレス

写真拡大


【織田裕二/モデルプレス=1月22日】東京都湾岸局は22日、降雪に伴って都内のレインボーブリッジを閉鎖したことを発表。これにより2003年に公開された映画「踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」を思い出す人が続出している。

【さらに写真を見る】

◆降雪で踊る大捜査線話題

同作は織田裕二主演でフジテレビ系の連続ドラマ「踊る大捜査線」の劇場版第二作。

2003年の国内興行収入は173.5億円を記録し、同年公開の「ハリー・ポッターと秘密の部屋」を抑え第1位となったメガヒット作となっている。

この日、東京は大雪となり、レインボーブリッジの閉鎖を発表。劇中では、レインボーブリッジを封鎖するには各所への手続きが必要な設定だったため、封鎖に困難を極める様子が描かれており織田演じる青島の「レインボーブリッジを封鎖できません!」という台詞も大きな流行となった。

◆現実の“レインボーブリッジ閉鎖”が話題に

映画が公開された2003年には台風で、2009年にはイベントでレインボーブリッジが実際に閉鎖されたことがあるが、今回は降雪により閉鎖。

SNS上では「踊る大捜査線思い出した」「青島さん!レインボーブリッジ封鎖できました!!!!」「青島刑事も封鎖できなかったのに雪すごいな」「あんな苦労してたのにあっさり閉鎖」「青島ぁ!!」と同作を思いだす人が続出している。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

取材に答えた池坊保子議長 Twitterで「取材受けないんじゃ…」とツッコミ

池坊保子・評議員会議長(画像はNPO萌木の公式ウェブサイトから)

写真拡大


大相撲の十両、大砂嵐に浮上した無免許運転事故の疑惑に関連し、日本相撲協会評議員会の池坊保子議長が「直撃LIVE グッディ!」(フジテレビ系)の取材に答え、「いい大人なんだから、自己責任だと思いますよ」と見解を示した。

池坊議長は、元日馬富士の暴行問題での一連の対応への批判を受け、10日前には「もうこれから一切、取材には応じません」と同番組で話していた。

「親方になる人がいなくなっちゃうかもしれませんよ」

池坊議長は、2018年1月22日放送の「グッディ」で、電話取材に答え、大砂嵐の問題について、

「本人の責任。それで部屋の親方が悪い、と言われるのでは、親方になる人がいなくなっちゃうかもしれませんよ」
「いい大人なんだから、社会人としてやっぱりそれは、自己責任だとは思いますよ」

と見解を述べた。

番組が用意した大型パネルには、大砂嵐と池坊議長の顔写真が上段に大きく載せられ、「池坊議長も怒り!」との文字もあった。

一方、池坊議長は12日放送の「グッディ」の独占インタビュー(第2弾)の中で、自身は誠実に答えているのに、「あげつらう」人たちが多くて傷ついたし、家族にも迷惑をかけるとして、

「私テレビに出るのはこれが本当に最後」
「もうこれから一切、携帯番号も変えて取材には応じません」

と話していた。

22日の放送後にはツイッターで、取材に答えた池坊議長に対し、

「あれ?取材は一切受けないと言ってませんでしたか?」
「取材受けないんじゃなかった?」
「発言に一貫性を欠く発言の見本」

といったツッコミが入っていた。