0年 0月 の投稿一覧

元国連捜査官が見た北朝鮮「ブラックホール」(2)登記簿にあった「日本人代表者」

元国連捜査官が見た北朝鮮「ブラックホール」(2)登記簿にあった「日本人代表者」

写真拡大


 さらに、船舶から押収した資料や通信記録から、パナマに運河通行料を支払っていたフロント企業が判明。それが香港に本社を置く「ミラエ・シッピング香港」(香港ミラエ社)だった。

「この会社には11年2月にも、オーシャン・マリタイム・マネジメント社(以下、OMM)貨物船の通行料を香港からパナマへ送金していた記録があり、OMMの貨物船の運航手配や海外送金を通じてOMMのグローバルな活動に携わってきたことが判明したんです」

 古川氏が同社の登記簿を入手すると、驚くことにそこに記されていた代表者は「ハヤト・エミヤ」(仮名)なる日本人だったのである。

 14年2月。古川氏は東京・新橋駅前のSL広場にいた。目の前には雑居ビルがある。尾行されていないことを確認したあと、エレベーターで10階へ。目指すのは1007号室だ。そこにあるのが「近洋海運」という会社だった。

「香港ミラエ社の登記簿に記されたエミヤという人物は、別にこの近洋海運を経営していることがわかった。朝鮮総連のウエブサイトで確認すると、同社は共和国船舶の総代理業務を担当する会社として82年9月に設立されたことがわかったんです。ただ、この時点ではあくまでも捜査対象企業の存在と動静の確認が目的ですから、国連による捜査が始まっていることを相手に悟られてはまずい。とりあえず郵便受けの写真を撮り、エレベーターホールに戻ったんですが、視線の端で何かが動いた。人の気配がまったくないホールの壁に、人影がさっと動いて消えたんです。あの時はほんとに背筋が凍りつきましたね」

 得体の知れない戦慄を感じながらも、エレベーターで1階に降り、入り口にあるテナント一覧を見ると、1007号室にはもう1社、入っていた。それが「オーシャン」(仮名)という、OMMと酷似した名前の日本企業だったのである。

「つまり、非合法の北朝鮮企業と関係する人物が関わる日本企業2社が、こともあろうに霞が関と目と鼻の先、新橋という場所で、一つの部屋に同居して仕事を続けてきたということ。その後、エミヤ氏は香港にある、少なくとも14の企業の経営に携わり、所有する船舶のうち8隻がシリアやエジプト、アンゴラといった、北朝鮮の武器密輸相手国に寄港していることも明らかになります。そういう意味ではこの人物が文字どおり、OMMの貨物船を世界中で動かす中核的な役割を担う外国人協力者だった。国連安保理による北朝鮮への制裁開始は06年以降ですが、登記簿どおりだとしたら、この会社は82年から北朝鮮制裁が大幅に強化されるまでの間、霞が関にほど近い場所で堂々と海運業を行っていたことになる。つまり、日本はまさに北朝鮮の対外活動拠点だったのです」

 古川氏は捜査結果を国連に報告。安保理がOMMを制裁対象に指定するべく動き出すことになる。

ビットコインと芸能人「ズブズブ金脈」すべて暴く(2)結婚相談や旅行にも使える

ビットコインと芸能人「ズブズブ金脈」すべて暴く(2)結婚相談や旅行にも使える

写真拡大


 あの「消えた芸人」も仮想通貨の恩恵にあずかっている投資家の一人だ。

「昨年5月に飲酒運転で逮捕され、無期限謹慎中のガリガリガリクソン(31)は仮想通貨への投資で荒稼ぎしている一人ですね。彼は『リップル』という仮想通貨を中心に買っている。『俺は芸人より投資をやっているほうが儲かる』『仮想通貨の取り引きに集中できて無期限謹慎はラッキーだった』とまで豪語していたそうです。後輩芸人たちを家に呼んで『仮想通貨教室』を開き、“授業料”を取っているという話ですよ」(中堅芸人A)

 芸能人と仮想通貨の「ズブズブ金脈」が判明する中、にわかに浮上した一番の大物が、元SMAPの中居正広(45)だ。

「投資顧問会社出身という異色の経歴を持つ芸人・アイクぬわら(31)からビットコインについて教えてもらったのをきっかけに、『俺も始めてみようかな』と本気で語っていたようですよ」

 こう語る前出の中堅芸人Aにもまた、ビットコインの恩恵にあずかるチャンスが‥‥。小声で打ち明けるには、

「今、『アメトーーク!』(テレビ朝日系)で『ビットコイン芸人』の企画が進んでいるみたいで、年明けに事務所のマネージャーから『ビットコインやってない?』と聞かれました。世間に知られたくないので『興味がない』と返しましたが‥‥」

 人気バラエティー番組がネタにすれば、ブームはさらに過熱する気配を見せよう。

 さて、こうした仮想通貨はどのようにして購入できるのか。

「現在、ネット上にはビットフライヤー、コインチェックといった複数の『仮想通貨取引所』がありますが、早いところでは半日程度で実際に取り引きができるようになりますよ」

 と語るのは、大手仮想通貨取引所の関係者だ。スーツ姿の出川哲朗(53)が、一人二役でもう一人の出川と激論を交わすテレビCMが頻繁にオンエアされているが、これは「コインチェック」をPRするものだ。仮想通貨取り引きは初心者を取り込み、今後さらに普及しそうな勢いだが、

「基本的には、本人確認が完了した時点で取り引きが可能になります。住所氏名や銀行口座の情報などを登録して、運転免許証や健康保険、パスポートなどの写真をスマホのカメラで撮影し、サイトにアップロードするだけの簡単な作業です」(取引所関係者)

 後日、確認書類が自宅に郵送されるが、

「一般的に、書類が自宅に届く前から取り引きが可能です。たいていの取引所では銀行振り込みのほか、ネットバンキング、コンビニ払いに対応していて、クレジットカードでの入金も可能。どの仮想通貨に関しても1円単位で購入することができます」(前出・取引所関係者)

 妙味ある投資先として注目を集める仮想通貨だが、本来の魅力はその「決済システム」にある。

「銀行振り込みやクレジットカード決済と比べて、必要となる手数料がきわめて安価ですね。現在、多くの実店舗で『仮想通貨払い』が導入されているんです。17年に家電販売店の『ビックカメラ』や旅行代理店の『エイチ・アイ・エス』、メガネ販売の『メガネスーパー』など大手チェーンでビットコイン決済が導入されてニュースになりましたが、全国を見渡すと、結婚相談所や自動車教習所、着付け教室といったあらゆる業種で、仮想通貨への対応をスタートさせています」(前出・取引所関係者)

 決済システムの新しい波は、“オトコの楽園”にも押し寄せていた。

「風俗業界でも仮想通貨での決済が本格化しているんですよ。中でも注目されているのが、都内に拠点を置く出張アロマエステ店。通常の料金システムに加えて“ビットコイン単価”でコースが用意されています」

 実際、同店のサイトを見てみると「60分0.012ビットコイン」といった表記が確認できた。

「円に換算すると約1万5500円(1月19日現在)。ビットコインの価格は分刻みで変動するので、暴落した時に決済すれば、その分、安くサービスが受けられることになります。つまり、100万円台に暴落した1月17日には、約1万2000円で遊べた計算になります」(風俗ライター)

オードリーの若林正恭 読み終えた本を売らずに捨てる訳

若林正恭(オードリー)

写真拡大


30日放送の「セブンルール」(フジテレビ系)で、オードリーの若林正恭が、読み終えた本を売らずに、捨ててしまう理由を明かした。

番組では、三省堂書店神保町本店の書店員・新井見枝香さんに密着取材。新井さんがプッシュした作品は「必ず売れる」とまでいわれているという。

VTRでは、そんな新井さんが自宅の本棚を紹介する場面も放送した。壁に設置された本棚には、本が乱雑に詰め込まれており、今にも雪崩が起きそうなほど。新井さんは、雪崩が起きると本を捨てるのだとか。なんでも、それほど高く売れる本はないため、読み終わったらゴミとしてどんどん捨ててしまうというのだ。

スタジオでは「読書好き」として有名な若林が、同じく本好きの人と読了した本について言い合いになったエピソードを披露した。

若林は、新井さんと同じく読了した本を捨てているという。「古本屋に売ると、その分作家さんに(お金が)入らないから」とその理由を説いたところ、「(その本を読む)きっかけを古本屋は作るんだ!」と反論されたそうだ。相手によると、古本屋で安く買った本にハマることで、読者がその作家の本をその後ずっと買い続けるのだとか。

そこで、劇作家の本谷有希子氏は「それ(古本屋)がきっかけでハマった人は、またその人(の本)を古本屋で買うよね?」と斬り込み、若林をうなずかせていた。

【関連記事】
林修氏 最近のベストセラー書籍に痛烈「離乳食だ」
読書家・芦田愛菜 人生で「1番魂が震えた本」とは
立川志らく 本を読まない若者をバッサリ「つまんない人生歩めば」

不倫報じられた池谷直樹 妻との自宅紹介ロケにネットざわつく

不倫報道の池谷直樹が妻と自宅ロケ、視聴者ざわざわ

写真拡大


不倫騒動の渦中にある元体操選手でタレントの池谷直樹(44歳)が、1月30日に放送されたバラエティ番組「有吉弘行のダレトク!?」(フジテレビ系)に妻と共に出演。半年前に購入したという6LDKの自宅を紹介した。

池谷は昨年7月、神奈川県川崎市に一戸建ての住居を購入。土地代が3000万円、上物が3500万円、計6500万円の物件で、今回同番組では自宅査定のロケが行われた。結果は地価の上昇に伴い7500万円と、価格アップの査定。これに池谷は「ええ、マジっすか」と驚き、「じゃあ売りましょう。売ってまたそういうところを買えばいいじゃない」とノリノリの様子だった。

妻も顔出しで登場し、素敵な新築のマイホームを紹介する池谷。しかし、先日、一部週刊誌に不倫疑惑が報じられたばかりというタイミングでの放送に、違和感を抱いた視聴者は少なくなかったようだ。

Twitterなどネットでは「タイムリーすぎ」「奥さんと仲よさそうなのに……」「裏切られた家族が出てるのは残酷」「奥さんキレイな人なのになぁ」「このタイミングで池谷直樹を用意してるダレトクの引きの強さ」「これ以上ない査定のリアル感」「近いうちに本当に売りに出そうだな」などの声が上がっている。

なお、1月30日に池谷が所属するサムライ・ロック・オーケストラは、公式サイトに「お詫びとご報告」を掲載。「この度、某週刊誌に掲載されました池谷直樹の記事により多くの皆様にご迷惑をおかけしましたことを心よりお詫び申し上げます。本人自身軽率な行動について深く反省をしております。しかしながら、弊社団体は子供達にスポーツの楽しさを提供する、家族で楽しめるエンターテイメントをコンセプトとして掲げている以上、ファンの皆様、サポーター企業様、関係者様に対しまして主宰としてきちんとけじめをつけさせていただくことになりました。サムライ・ロック・オーケストラ主宰の責務について辞退し、2018年4月からの新作の舞台への出演、総合演出など一切の活動を自粛させていただきます。タレント活動については、掲載以降すでに自粛させていただいております」と活動自粛を発表している。

子ども向けドラマ 監督が明かした遠藤憲一の起用理由に笑い

三池崇史監督、女児向け特撮ドラマに遠藤憲一を起用 衝撃理由を告白

写真拡大


『ガールズ×ヒロイン!』シリーズ第2弾『魔法×戦士 マジマジョピュアーズ!』(テレビ東京系、2018年春放送)製作記者発表会が30日、都内で行われ、三池崇史総監督、栗原類、南明奈、「テレビドラマガールズオーディション」で選ばれた「マジマジョピュアーズ」に扮する三好佑季(愛乃モモカ役)、隅谷百花(白雪リン役)、鶴屋美咲(花守ミツキ役)が出席した。

本作は、前作『アイドル×戦士 ミラクルちゅーんず!』同様、三池監督が総監督を務め、最新のVFXをふんだんに駆使した“全く新しい女児向け特撮テレビドラマシリーズ”。魔法使いが魔法とダンスの力で悪を倒し、人々の夢、そして世界の平和を守るライブ型NEW特撮ヒロインストーリーが展開される。

三池監督は、オーディションを勝ち抜きヒロインの座についた3人について「多くの人のなかから選ばれただけあってすごい。初日から才能を発揮している姿を見て驚いています」と絶賛し、「子ども向けの番組は読めない部分が多い。頭で考えるのではなく全力でぶつかっていくしかない。僕も立派ではないですが、子育てを経験し、子どもには嘘は通用しないことを学びました」と女児向け作品を手掛けるうえで大切にしていることを明かす。

三池監督から絶賛された三好、隅谷、鶴屋はそれぞれ「モモカが成長していく姿を見てほしい」(三好)、「クールで努力家というリンをしっかり表現していきたい」(隅谷)、「元気でスポーツ万能なミツキをしっかり演じたい」(鶴屋)と抱負を語った。

また、本作には「マジマジョピュアーズ」と敵対する「邪魔邪魔団」のボスとして遠藤憲一、魔法界から来た妖精モコニャンの声として安藤サクラが参加するなど、意外なキャストも注目を集めているが、遠藤はVTRで「2〜5歳が対象の作品と聞いて、俄然やる気が出てきました。大人のドラマより、いろいろなアイデアを入れられる」と意気込むと、三池監督は「Vシネマから(遠藤と)一緒にやってきて、汚れた世界を作りすぎたので、2人で心を浄化してピュアに立ち戻ろうと思った」と起用理由を語って会場を笑わせていた。

邪魔邪魔団のムリ太郎役を演じる栗原は、『アイドル×戦士 ミラクルちゅーんず!』が世界的に評価を受けていることに触れ「プロジェクトのスケールの大きさを感じます。僕も負けないぐらい悪役として頑張りたい」と抱負を語ると、第1話のゲストキャストである南法子役の南も「キュンキュンしてほんわかする作品。親子で楽しめる素敵な作品に出演させていただき嬉しい」と喜びを表現していた。

関ジャニ∞・村上信五の「音楽チャンプ」 異例のスピード打ち切り

テレビ朝日の社屋

写真拡大


 関ジャニ∞の村上信五(36)が司会を務めるテレビ朝日「今夜、誕生!音楽チャンプ」(日曜後9・58)が3月末で終了することが30日、分かった。昨年10月8日のスタートから、わずか半年でのスピード打ち切りとなる。同局関係者は「視聴率の低迷など、さまざまな要素を総合的に判断した結果」と説明した。

 村上が女優の黒木瞳(57)とコンビを組んで司会をする音楽オーディション番組。次世代スターを夢見る挑戦者たちが自慢の歌やダンスを披露し、審査員の評価を受けながら頂点を目指す。昨年6月に特番として放送された後、村上にとって単独で4本目の司会番組としてレギュラー化された。可愛い見掛けとは裏腹に、厳しく判定するロボット採点機「チャンプくん」の出演も話題を呼んだ。

 ジャニーズの中でも最も勢いのある人気司会者を起用し鳴り物入りでスタートした大型番組の異例のスピード終了。同局関係者によると、理由は視聴率の低迷。日曜夜の激戦区で6%前後の数字にとどまっていた。昨年12月3日に9・5%(関東地区、ビデオリサーチ)を記録するなど明るい兆しが見えたこともあったが、プライム帯(午後7〜11時)の番組としては「物足りない」(同関係者)と判断された。

 同局はスポニチ本紙の取材に対し「4月改編については現在未定です」としている。

坊主頭や体当たりでロケ 木村佳乃の業界での評価がうなぎのぼり


 
木村佳乃(41)が「相棒 season16」(テレビ朝日系)に1月24日と31日に出演。坊主頭を披露することで、話題となっている。
 
木村は20代の頃から同シリーズに衆議院議員の片山雛子役で出演している。今回は議員辞職した後、出家するという設定だ。
 
坊主頭は、特殊メイクで施されたもの。どこまでもリアルな姿に近づけるため、3時間かかったという。坊主姿にはさすがに抵抗がありそうだが、木村は「三蔵法師みたいでおもしろいですよ」と、同局の公式HPにコメントを寄せている。
 
木村といえば近ごろ、今までのイメージを刷新するような仕事をしている。
 
「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)では熱湯風呂やバンジージャンプ、ゲテモノ料理といったロケに挑戦。まさに、体当たりでロケに挑んでいる。昨年11月にも「ごごナマ」(NHK総合)で司会の美保純(57)から「(体当たりロケを)なんで断らないんだろう?」と不思議がられていた。
 
しかし木村はもともと「イッテQ」の大ファンだったそうで、自ら直談判。さらに「やるって決めたら、やらないと気が済まない」性格であると告白。番組中の天真爛漫な姿を見た友人からも「素だね」と言われるほどだ。
 
そんな彼女に、業界内での評価もうなぎのぼりだという。
 
「実は『イッテQ』に出演する際、スタッフからNGリストを渡されたそうです。ロケに関して、『これはイケる/これはダメ』といったことを選択するリストですね。危険なロケも少なくないですから。しかし彼女は結局、NGをつけなかったといいます。局内からも『肝が据わっている』と評判になっていたそうです」(芸能関係者)
 
今年は新しい木村佳乃の一面が、さらに見られるかもしれない。

ベッキーが主演の「くノ一忍法帖」 タイトルをめぐり動揺広がる

ベッキーが青い目の女忍者に

写真拡大


タレントのベッキーさん(33)が、2018年4月から始まる時代劇「くノ一忍法帖 蛍火」に主演の忍者役出演することを、2018年1月30日、BSジャパンが発表した。ベッキーさんの時代劇への挑戦は初めて。

「くノ一忍法帖 蛍火」は、アニメ化もされた「甲賀忍法帖」を始めとする忍法帖シリーズで人気の小説家・山田風太郎氏の作品が原作。小説、ベッキーさん双方のファンの間で話題になっているが、その「くノ一忍法帖」というタイトルを巡り、動揺も広がっている。

「私の記憶が合ってるなら確か…」

というのも、山田風太郎氏の作品といえば自由な発想で作られた「忍法」が有名だが、特に「くノ一忍法帖」シリーズにおいては、非常に独創的、かつセクシーな「忍法」が多数登場するのだ。

そのため、ツイッターには

「えっ!? 『くノ一忍法帖』って… あの…」
「『忍法 千手観音』とかもあるの?」
「くノ一忍法帖って…私の記憶が合ってるなら確か…大阪落城前に秀頼の子供を孕んだ女忍たちのげふんげふんな物語だったようn(以下自重)」

と、動揺が広がり、中には期待の声もあった。

実際の原作は「忍法双頭の鷲」

しかしながら、番組サイトの紹介を見る限り、そういった路線ではない可能性が高そうだ。

タイトルは「くノ一忍法帖」であるものの、実際の原作は「忍法双頭の鷲」であり、番組サイトのストーリー紹介によると、

「旅先で数々の敵との戦闘アクション、その中で使用される奇想天外な特殊忍法には、敵も含めバラエティー豊かな忍法が炸裂!!また彼女達のピンチをいつも助ける凄腕の忍び 城助を想うお螢の恋の行方も必見です」

と、アクションと恋、そしてキャラクターの葛藤を描く内容であると解説。更には

「本作は、老若男女誰もが楽しめる時代劇になっております」

と、幅広い層にアピールしているためだ。

また、脚本の土橋章宏さんは、番組サイトに

「明るく、楽しく、かっこいいくノ一たちが、バッサバッサと悪を斬る忍術アクションコメディ!くノ一の凛々しい勇気、おかしな友情も見所です」

とコメントし、それらの加え凛々しさ友情も「見所」だと伝えている。

「奇想天外な特殊忍法」は健在であるとしているが、それまでの「くノ一忍法帖」シリーズとは大きく異なった作風になりそうだ。

立川談志さん 最後の入院生活で一番楽しみにしていた見舞客

笑福亭鶴瓶

写真拡大


30日深夜放送の「チマタの噺」(テレビ東京系)で、2011年に亡くなった故・立川談志さんが楽しみしていた見舞客が明かされた。

番組では、落語家・春風亭小朝がゲストとして登場し、笑福亭鶴瓶とトークを繰り広げた。そこで談志さんの話題へ及ぶ。

小朝によると、談志さんにとって最後の入院生活の頃にはほとんどの見舞客を断っていたそうだ。しかし、鶴瓶は見舞いに行きながら談志さんを笑わせていたという。小朝は「談志師匠が(鶴瓶の見舞いを)一番楽しみしてたって」と打ち明けていた。

鶴瓶は、当時を振り返って見舞いの品に悩んでいたと明かした。結局「お金持ってくのもおかしい」と思い、手ぶらで赴き「何を持って来てええかわからへん」と正直に点滴中の談志さんに告白したそうだ。談志さんは笑いながら「やっぱりお前、おもしれーよな」「ほんならこれ、祝儀やるよ」と、桂文枝が談志さんに渡した見舞金を鶴瓶に手渡してきたということだ。

受け取りに困惑した鶴瓶は、文枝に電話で事情を説明したそうだ。すると文枝は「(見舞金が)少なかったんかなぁ」とぼやいてたということだった。

【関連記事】
笑福亭鶴瓶が緒形拳さんの“ハートをキャッチ”するために取った行動
笑福亭鶴瓶がテレビ業界の言葉狩りに苦言「規制することで差別生む」
立川談志さんにダメ出し 立川志らくが生前の師匠に教えてあげたかったこと

高校の同級生が母親と結婚 父親になった芸人・山本竜馬が当時を語る

“高校の同級生が母と結婚、父になった”芸人

写真拡大


お笑い芸人の山本竜馬(26歳)が、1月30日に放送されたバラエティ番組「ザ!世界仰天ニュース」(日本テレビ系)に出演。“高校の同級生が母親と結婚、父親になった”エピソードが特集され、現在の様子などを語った。

山本のこのエピソードは、これまでも幾度かテレビ番組で紹介され、その都度話題となったが、今回はゴールデンタイムの人気番組での特集。再現VTR付きで、高校の同級生が母親と結婚、つまりは自分の“父親”になった経緯が紹介された。

それは山本が高校1年生の16歳、母親・ミドリさんが2人目の夫と離婚したばかりだった36歳の頃のこと。山本の自宅に遊びに来た友人の一人が母親をすぐに気に入ってしまい、その後、交際に発展したという。地元唯一のデートスポットだったジャスコでの目撃情報がほかの友人から伝えられるなど心中穏やかではなかった山本だが、あるとき面と向かって交際宣言され、「僕は混乱してましたね。ものすごくまっすぐな目で見られたんで。本当に愛してるんだなって。(母親のことを)名前で読んでるし、こいつ、別れる気もないし……」と、当時の胸中を振り返った。

そして高校卒業後のある日、母親から妊娠と結婚の報告があり、山本はまさかの“同級生の父親”を持つことに。この妙な関係に、「(山本は)お父さんって呼ぶの?」との質問に、「僕はもともと呼んでた感じで呼んでたんですけど、向こうは『お父さん』って呼んで欲しいような」と、お父さんの雰囲気をチラつかせるのだという。

また、実家で一緒に食事をするときに、「ミドリ、ごはん。ミドリ、マヨネーズ取ってきて」と亭主関白風の雰囲気を出していることに、山本は「やめてくれ、こき使うのやめてくれ。オレの母親を」と複雑な感情に苛まれたとも。

結婚から7年、番組では現在の母親を直撃したが、すでに結婚5年で離婚、いまは7歳の娘を1人で育てているという。そして、山本に対しては「いま考えると、本当に竜馬には悪いことした」と自省していた。