0年 0月 の投稿一覧

Kiroro・玉城千春が紅白出場前日に泥棒被害「布団を頭の上に」

22日放送の「ビビット」(TBS系)で、音楽グループのKiroroのボーカル・玉城千春が、泥棒被害に遭っていた過去を明かした。

この日は、今年でデビュー20周年を迎えるKiroroに密着し、私生活や現在の活躍ぶりを紹介した。

Kiroroは、デビュー曲「長い間」が、売上枚数120万枚のミリオンセラーを達成し音楽番組「紅白歌合戦」(NHK総合)に3度出場。ところが2001年、玉城は「声帯結節」という喉の病気で思うように声が出なくなり、同年の「第52回紅白歌合戦」出場を最後に、活動休止することを決断した。

番組では、当時のことを玉城が振り返った。玉城は、最後の「紅白歌合戦」を乗り切ろうと意気込んでいたが、追い打ちをかけるような事件が発生。なんと本番前日に、自宅に泥棒が侵入したのだ。

朝、起床すると窓が割れており、周囲を見渡すとかばんや通帳などの貴重品が盗まれていたとか。さらに玉城によると「(誰かに)布団を頭の上にかけられた」という記憶もあるということだ。

また、警察とのやり取りの際には「紅白頑張ってください」と、前向きな応援の言葉をかけられたらしい。玉城の胸中としては不安にさいなまれたそうだが、本番では無事に10枚目シングル「Best Friend」を歌いきったということだ。

【関連記事】
「納得できる歌が歌えない」Kiroroが明かす約10年間の“空白期間”
元・三木道三ことDOZAN11 活動休止の真相「寝たきりだった」
SNAIL RAMPの竹村哲 バンド活動休止の意外な理由とその後の転身ぶりを語る

安田大サーカス・クロちゃんのアブナイ発言、みちょぱがドン引き

安田大サーカス・クロちゃん

写真拡大


21日放送のラジオ番組「有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER」(JFN)で、お笑いタレントの有吉弘行が、お笑いグループ 安田大サーカスクロちゃんの発言に、モデルのみちょぱこと池田美優がドン引きしていたことをバラした。

番組では、有吉が広島でのロケで、クロちゃん、アンガールズの田中卓志、池田らと一緒に、ロケバスで移動していたときのエピソードを語った。

「(クロちゃんと)ずーっとお話してました。気持ち悪いね、相変わらず」と話す有吉は、クロちゃんに「32歳のキレイな女性と、15歳の学生がいたらどっちがいい?」と聞いたところ、「15歳」と即答したのだという。

やりとりは続き、「じゃあ、15歳のブスと6歳のカワイイ子は?」と聞くと、クロちゃんは「うーん、迷うなー…」と言い始めたそうで、有吉は「迷っちゃダメよ、クロちゃん。どうして迷うの?」とツッコミを入れたのだとか。

ロケバスで移動中、ずっとクロちゃんの話題で盛り上がっていた有吉は、「みちょぱ(池田)がいてさ、みちょぱなんかはもう『この人はもう本当に危ない人なんだな』っていう認識したみたいで、あんまり口も聞いてなかったんだけど」と、クロちゃん発言で池田がドン引きしていたことを明かしていた。

【関連記事】
「一週間辛かった」クロちゃん仕掛け人の女性 “レイちゃま”が放送後に本音連発
クロちゃんが「水曜日のダウンタウン」で起きた弊害を告白
三四郎・小宮浩信が安田大サーカス・クロちゃんのドッキリ企画の裏側を告白

中居正広出演の「めちゃイケ」過去のVTRに香取慎吾 視聴者が湧く

20日に放送されたフジテレビ系「めちゃ2イケてるッ!」がSMAPファンの間で話題となっている。

【写真】香取慎吾 、過去のハプニングでの発言が現実に

番組では以前放送された中居正広とナインティナインが日本一周する企画の未公開シーンを放送した。その中で、SMAPにまつわるシーンがいくつかあったことが話題となっている。

まずは、ヘアセットしたいという中居の要望に応えるべく、大阪の美容院に立ち寄った際、中国人という設定の美容師さんがSMAPが中国でコンサートをした時の話を切り出し、大スターを目の前に緊張してミスをしてしまうという場面があった。その時BGMとしてかかっていたのがSMAPの代表曲『世界に一つだけの花』だった。

また、電車で劇団ひとりと遭遇し、中居の目の前で、「ジャニーさんですか?」や「メリーさん…」というセリフが入った“ジャニーズJr.のオーディション”のネタを披露した。これに中居は「確信犯だろ、これ。こいつダメだよ」とコメントし、劇団ひとりは悲しい顔をして電車を降りていった。

さらに、回転寿司店にも現れた劇団ひとりが、過去の「めちゃ2イケてるッ!」で披露した連続大食いに再び挑戦した。その際、当時のVTRが放送。ゲストには香取慎吾が出演しており、「SMAPが誇る大食い・香取慎吾」というナレシーションが流れた。

この放送に視聴者は「慎吾のブイも出しやがった!!!!!!スタッフさん攻めてる!!!!」「SMAPの中国のコンサート、ジャニーさん、メリーさんとか……SMAPの香取慎吾などのワードが出てきてもしれっと放送するの最高だし、開き直り最高」「スタッフさんの意地を、心意気を強く感じました」「フジの中にはSMAPへ心寄せる方達がまだまだたくさんいらっしゃる証だと改めて思った」「めちゃイケ 怖いものなしでぶっ込んでたね」などのコメントを数多く投稿していた。

以前放送されたテレビ番組でも、明石家さんまが「シェイクシェイクシェイク!胸騒ぎ…どんな歌やったっけ?」と、SMAPの楽曲『SHAKE』のワンフレーズのようなメロディを口ずさみながら木村拓哉に声をかけると、木村は「ブギーな胸騒ぎ!」と歌の続きを伝え、これにファンから反響が寄せられていた。

マツコ・デラックスが小室哲哉の文春砲に持論「自殺行為」

 タレント、マツコ・デラックス(45)が22日、TOKYO MX「5時に夢中!」(月〜金曜・後5・0)に出演。音楽プロデューサー、小室哲哉(59)が18日発売の「週刊文春」で看護師との不倫疑惑を報じられ、19日に音楽活動の引退を電撃発表したしたことで世間で巻き起こっている不倫報道の是非について持論を述べた。

 まず、マツコは「週刊誌に対して、ここまではオッケー、ここから先はダメ、という線引は無理だと思う」とコメント。その上で「商売でやってるわけだから、いかにセンセーショナルな記事を書けるか、というところに尽きる。それ以上でもそれ以下でもない」とし、「ただ不倫ってものが、雑誌を売るってなった時に、それを目玉にしていることが限界なんではないですか、といったことを如実に出した問題」と不倫報道などの問題点を指摘した。

 続けて「文春だけじゃなく、スクープで食いつないでる雑誌というのは、全てそうだと思うんだけど。じゃあ、スクープする内容をもっと…。言い方は悪いけど、もうちょっと頭のいい、人のためになるスクープだったり記事ということに、真剣にシフトしていかないと、だぶん終わる時一気に終わるよ」と週刊誌のあり方に警鐘を鳴らした。さらに「ウエブ媒体含めて、センセーショナルなことだけで雑誌の購買につなげようとしているのだろうけど、まあこれも本当に自殺行為っていうか。どんどん自分たちの首を締めている。これ以上の話題を出さないと話題にもならなくなっていく」などと語った。

 この意見に、MCのふかわりょう(43)は、番組でも2次的な記事を扱っているがと意見を求めた。すると、マツコは「この番組が一番貧相、下劣ですから。文春のことはなにも言えませんよ。他人の力で書いた記事を元にただダラダラ話しているだけ」と自身の出演番組への戒めも忘れなかった。

広瀬アリス・すず姉妹が兄の逮捕で謝罪 タレント名を報じる必要はあったか

関連画像

写真拡大


人気女優の広瀬アリス、すず姉妹の兄が、1月15日に道路交通法違反(酒気帯び運転)容疑で静岡県警清水署に現行犯逮捕されたとして、新聞やテレビなどの報道が相次いだ。その後、姉妹がTwitterで「ご心配をおかけし申し訳ございません」とお詫びする事態に発展している。

ただ、兄とはいえ、別人格である成人男性が逮捕されたことに対し、姉妹が公に謝罪しなければいけないのか。しかも逮捕容疑は殺人や強盗致傷といった重大犯罪でもない。

今回は「捜査関係者によると、容疑者は広瀬姉妹の兄」との報道もあり、警察関係者によるリークもうかがえる。今回の問題をどうみているか。佐藤大和弁護士に聞いた。

●逮捕に関係がないタレント名を一緒に報道するべきでない

ーー佐藤弁護士は今回の件について、共同代表理事を務める芸能人の権利を守る「日本エンターテイナーライツ協会(ERA)」にて声明を発表していますね

「今回のように、タレント本人が逮捕されていないにもかかわらず、親族が逮捕されたことを理由に、逮捕とは関係がないタレント本人の名前を掲載し報道することは、タレントに対する不利益も大きく、間接的なイメージダウンにもつながる可能性があります。また、そもそもタレント名を一緒に報道する必要性も低く、避けるべきだと思っています」

●今後の出演内容に影響を与えるおそれ

「タレントのイメージは、タレントの本人の不断の努力、また関係者たちの努力によって作られており、それは企業の『ブランド』と一緒の価値があります。それにもかかわらず、本人と関係がないところでのマイナス報道は、そういった本人や関係者の努力を水の泡にする可能性があります。

そして親族の逮捕報道等は、確かに直接的にタレント本人のイメージダウンにはなりませんが、今後のタレントのCMや出演の起用、出演内容等に少なからず影響を与えるでしょう」

●警察の広報のあり方に疑問

ーー逮捕された兄の名字はタレントの名字とは違いました

「今回、私が最大の疑問に思っている点は、なぜ親族名からタレント名がわかったのかということです。どのような経緯でタレント名が発覚したかわかりませんが、このようなことが発覚してしまう警察の広報のあり方についても問題があると考えています。

タレント本人がTwitterで謝罪をしていますが、そもそも親族逮捕からタレント名が発覚することがなければ、謝罪する必要はなかったと思っています。

憲法21条の趣旨に照らせば、報道の自由は尊重されるべきものとはいえ、マスコミの報道は、その内容一つで、その人や家族、関係者の人生を大きく変えてしまうほどの力があります。事件報道にあたっては、慎重な報道が求められるでしょう」

(弁護士ドットコムニュース)

【取材協力弁護士】
佐藤 大和(さとう・やまと)弁護士
代表弁護士。毎週月曜「バイキング」に出演中。芸能人の権利を守る「日本エンターテイナーライツ協会(ERA)」共同代表理事。エンターテインメント分野に強く、多くのタレント、ユーチューバー、スポーツ選手等の顧問弁護士をしている。厚生労働省「労働法教育に関する支援対策事業」教材作成委員を務めている。
事務所名:レイ法律事務所
事務所URL:http://rei-law.com/

人気女優5人の「艶始め」を完全公開(4)土屋太鳳は肉体改造に着手

人気女優5人の「艶始め」を完全公開(4)土屋太鳳は肉体改造に着手

写真拡大


 昨年、大躍進を見せた土屋太鳳(22)も年明け早々から動き出している。

 1月5日、渋谷のBunkamuraシアターコクーンで舞台「プルートゥ」の公開稽古に臨んだ彼女。

 舞台デビュー作となるだけに意気込みは半端ない。ダンス部出身の体育会系の肢体をしならせて、舞台を駆け回る激しい演技を披露。

 そんな土屋は舞台に備えてさらなる肉体改造に着手。広告代理店関係者によれば、

「現在も日本女子体育大学に在学しているとあって、彼女は一年中スポーツに親しんでいるのですが、このところ特にストイックにトレーニングしていると聞いています。実は彼女自身、舞台デビューの準備のみならず、女性的なメリハリボディになろうとしているようです。以前から彼女は『自分のゴツい体型にコンプレックスがあるのでは』と業界内で根強く言われていて、CMでもイベントでも体型のわからない服装を用意されることがほとんどだった。今ではトレーニングのかいあってか、最近はずいぶんと“細マッチョ”になってきてセクシーなドレスも似合うような大人のオンナになっています」

 その過酷なトレーニングの成果として同関係者があげるのが年末から放送されているダイハツ「ブーン隊 室内」篇のCMだろう。

「明らかに他のCMと比べて体のラインがシャープになっているんです。ダンスのキレも増している。その一方で、車に乗り込む時の“胸チラ”でわかるように、Eカップといわれるバストのボリュームは変わっていない。今後、肉体改造が進むことで彼女がボディを露出する機会は確実に増えるでしょうね」(前出・広告代理店関係者)

 それだけではない。今年の土屋は「美ボディだけでなく、出演作をきっかけにお色気アップも期待できそうだ」と証言する映画関係者もいるのだ。

「今年9月に公開される映画『累-かさね-』では、朝ドラヒロインだった芳根京子とのW主演作になりますが、二人が『キスをするたびに顔が入れ代わる』という設定で、土屋と芳根のハードなキスシーンが繰り返されると見られているんです。前評判では『彼女にとって最もエロティックな作品になる』と言われています」

 朝ドラ女優の「脱清純派」に、拍車がかかりそうだ。

 最後に“肉体的変化”がささやかれているのが、昨年夏に舞台で女優デビューしたフィギュアスケーターの浅田舞(29)だ。

 昨年12月15日から3日間にわたり行われた「クリスマスオンアイス2017」に登場した彼女。16日にテレビ東京で放送された同イベントの中継を見た芸能ライターが驚きを口にする。

「ムチムチのボディで推定Fカップの乳を大胆に揺らすスケートがあまりに衝撃的でした。妹の真央が初めて振り付けしたというプログラムを演じていたのですが、舞はFどころか現役時代とは比べものにならないぐらい巨乳化していて、圧倒的なフェロモンを放っていた。この“オッパイスケート”を見てから『2018年、浅田舞は女優として大ブレイクする』と確信しましたね」

 実績度では劣るものの、セクシーさでは人気女優たちを凌駕しているようだ。

南沢奈央、熱愛相手のオードリー若林の「夜のお店通い」説で心配の声

南沢奈央、熱愛相手のオードリー若林の「夜のお店通い」説で心配の声

写真拡大


 熱愛がスポーツ紙に元旦スクープされた女優の南沢奈央と人気お笑いコンビ・オードリーの若林正恭。2人は、落語やプロレスといった共通の趣味がきっかけで交際に発展。去る1月7日放送の「オードリーのオールナイトニッポン」(ニッポン放送)で、若林本人が、南沢との熱愛を明言したほか、南沢の事務所も「真剣交際させていただいております」とコメントした。その組み合わせの意外性ということもあり、芸能界内外問わず、大きな話題になっている。そんな若林と南沢について「“年内結婚説”も飛び交っているんですよ」と話すのは構成作家だ。

「若林さん以上に南沢さんが結婚に前向きだと、もっぱらの噂なんです。南沢さんの所属事務所も若林さんとの交際・結婚を歓迎していて、彼女のスポンサー筋への報告もすでに済ましていると聞きました」

 ゴールイン間近と見られる2人だが「南沢さんを健康面で非常に心配する声があるんです」と同氏。南沢に関する“非常に心配な話”とは──。

「お笑い界屈指の“大人の夜のサービス店”好きだという説のある若林さんが、南沢さんとの交際以降もそうしたお店に通い続けているんじゃないかと芸人やスタッフの間で噂されているんです。南沢さんが若林さんから『知らないうちに病気をもらってしまうのでは』とまで危惧する人もいますよ。『今、日本でも梅毒が大流行しているだけに心配』なんてね」(前出・構成作家)

 南沢にささやかれるまさかの「罹患危機」。杞憂に終わってほしいものである。

(白川健一)

月9「海月姫」大爆死で福山雅治「ガリレオ」新シリーズ撮影が前倒し!?

月9「海月姫」大爆死で福山雅治「ガリレオ」新シリーズ撮影が前倒し!?

写真拡大


 1月15日に放送されたテレビドラマ「海月姫」(フジテレビ系)第1話の視聴率が、8.6%だったことがわかった。この初回視聴率は、月9ドラマとして歴代ワースト2位だという。

「月9の初回最低視聴率は、西内まりや主演のドラマ『突然ですが、明日結婚します』(フジテレビ系)の8.5%ですから、今回0.1ポイント上回った『海月姫』は、何とか最下位を免れました。しかし同ドラマは人気漫画を原作としており、14年に能年玲奈主演で映画化されたばかり。新鮮味がないため、今後さらに数字を下げる可能性があるでしょう」(テレビ誌記者)

 また同ドラマは、放送前から瀬戸康史演じる女装男子役に大きな注目が集まっていたものの、フタを開けてみれば「顔はキレイだけど、肩幅がゴツすぎる!」「どう見てもおっさんじゃん」と、周囲が男だと気がつかずに接するというドラマの展開に、視聴者から辛辣な意見が殺到した。もしこのまま爆死視聴率が続けば、あの大ヒットドラマの続編開始が早まる可能性があるという。

「1月5日発売の『女性自身』によると、現在、フジでは福山雅治が主演を務めた大ヒットドラマ『ガリレオ』(フジテレビ系)第3シーズンの計画が浮上しているそうです。昨今の月9は、篠原涼子主演の『民衆の敵〜世の中、おかしくないですか!?〜』ですら最終回で視聴率4%台を記録するなど、壊滅状態にありますから、今回の『海月姫』も失敗するとなると、『ガリレオ』の続編計画を前倒しして早めるしかないでしょうね」(前出・テレビ誌記者)

 昨年、山下智久主演の医療ドラマ「コード・ブルー〜ドクターヘリ緊急救命〜」の続編では成功を収めた月9。やはり現在のフジは、人気作の続編にすがるしか道はないのだろうか。

ASKAが“おもしろブログ”を閉鎖!ファンから悲しみの声が

ASKAが“おもしろブログ”を閉鎖!ファンから悲しみの声が

写真拡大


 歌手のASKAが自身のブログ「aska_burnishstone’s diary」の終了を宣言した。同ブログは薬物事件を起こしたASKAが、自分の声を届けようと、当初、1カ月限定で2016年7月に始めたもの。彼のウソ偽りのない意見が読めるため、多くのファンが楽しみにしていた。好評のため期間を延長、約1年半にわたって続けられてきた。そんなASKAブログを楽しみにしていたのはファンだけではない。ある週刊誌記者も毎日欠かさずに見るほど、楽しみにしていたという。

「ブログの内容にはかなり興味をひかれましたね。初期は謎の組織との攻防を手に汗握る描写で書いてみせた。技術的な話も多く、ASKAさんのITリテラシーの高さを感じました。もっとも、プログラマーに読んでもらったら『技術的な話は何を言ってるのかまったくわからない』と笑っていましたが(笑)。また、時には難解なポエムをつづることもありました。後期になると“ノリツッコミ”を交えた笑い話を披露することもあり、ASKAさんの意外な一面を知ることができました」(週刊誌記者)

 1月18日の投稿によると、このブログは終了するが、同日に新しくオープンするASKAのオフィシャルサイトでブログは続けられるという。ただし、好きに書いてきた今までとは違い、「安全な内容」になるということだ。

「当たり障りのない内容になってしまうのは残念です。ただ、有料会員用のブログには今と同じノリで書くそうでホッとしました。“イレブン”(ASKAのこと)の楽しい話、そして気になる謎の組織との結末も期待しています」(前出・週刊誌記者)

 ASKAの粋なはからいにファンも胸をなでおろしていることだろう。

やはり馴染めなかった!? ももクロ有安杏果の引退にネット民がザワザワ

やはり馴染めなかった!? ももクロ有安杏果の引退にネット民がザワザワ

写真拡大


 やはりどうしてもあの疑惑がよみがえってしまう?

 ももいろクローバーZの有安杏果が、1月21日に幕張メッセで行われるライブをもってグループを脱退することが1月15日に発表された。有安は自身のブログで「子役時代から22年間やってきた世界から一度距離を置いて、普通の女の子の生活を送りたいという想いが強くなり、わがままを受け入れてもらいました」と、グループ卒業とともに芸能界も引退する意向であることを説明。発表から引退までの期間が1週間もないため、当然、モノノフ(ももクロファン)たちは状況が整理できていない様子で、悲しみの声が上がっている。

 一方、さほどファンでもない層は、有安の卒業理由についてすぐ“得心がいった”ようで「やっぱりいじめが原因なのかな?」「他のメンバーのノリについていくの大変そうだったもんな」「結構、えぐい画像たくさんあるもんな」など、グループの不仲が原因ではないか?という見解のコメントが相次いだ。

「確かにグループ5人の中で有安だけインディーズデビュー後の途中加入ということもあって、他の4人の輪に入れず、温度差が感じられる場面は、今まで多々ありました。ただ、不仲説がささやかれるようになってからはメンバー間でもそう見られているのを意識してか、不仲が感じられる瞬間は減り、次第に不仲説は解消されていったように思えます。ですが、そんな有安の芸能界引退で不仲ネタで盛り上がるのはこれが最後と踏んだのか、有安がわかりやすく仲間外れにされているように見える画像が、ふたたびネット上で連投・拡散されはじめています。それらの写真を改めて見ると、なかなかインパクトがあるものばかりですから、やはり溝がしっかり埋まっていなかったと感じてしまうのも無理はないかもしれません」(エンタメ誌ライター)

 有安は卒業後に何をしたいかという具体的なビジョンもないとのこと。ファンに心の準備をする間も与えずに、そこまで急いでグループを抜けたい理由とはいったい何なのかは、確かに気になるところだ。

(権田力也)