0年 0月 の投稿一覧

加藤浩次「妨害」行為の北朝鮮選手に「なんだコイツ」と非難

画像はイメージ(Wikimedia Commonsより/Rob Croes撮影)

写真拡大


平昌五輪のスピードスケート・ショートトラック男子500メートル予選で、北朝鮮選手の「接触行為」が批判を集めている。

共に滑走した渡辺啓太選手(25)に故意ともとれる「妨害」を行ない、日本国内外で波紋を広げている。

2度のアクシデント

2018年2月20日のショートトラック男子500メートル予選。北朝鮮の美女応援団を背にチョン・グァンボム(16、北朝鮮)選手が7組でリンクに立った。同組では、米韓の選手とともに日本の渡辺選手も出場した。

問題のシーンは、スタート後ほどなくして起きた。内側1番目のチョン選手が転倒したが、その際に腕を思いきり伸ばし横にいる渡辺選手のブレード(刃)を掴むような仕草をした。渡辺選手の走行に影響は無かった。

最初のコーナーより前に転倒した場合は再スタートとなるため、仕切り直しに。だが、またしても問題が起きた。最初のコーナーでチョン、渡辺両選手は激しく接触し、コーナーを曲がりきるとチョン選手はふたたび転倒。ブレードを渡辺選手に向けた状態で派手にスライディングした。

結局、この接触行為によりチョン選手は失格。2度にわたるアクシデントを乗り越えた渡辺選手は、2位で準々決勝進出を決めた。

「さすがにこれはダメでしょ」

レース後、ツイッターではチョン選手の接触行為に言及する投稿が相次ぎ、

「北朝鮮選手が転倒の際に日本人選手を妨害して失格。さすがにこれはダメでしょ」
「北朝鮮の選手にはスポーツマンシップの欠片もないのか」

と批判が集中した。

21日放送の情報番組「スッキリ」(日本テレビ系)でも問題のシーンを取り上げ、MCの加藤浩次さん(48)も「なんだコイツ」と険しい剣幕で非難した。

この問題は、「ニューヨークポスト」や「ワシントンポスト」(いずれも電子版)など米メディアも複数取り上げている。同レースに出場した米トーマス・ホン選手(20)もチョン選手の進路妨害にあっていたためだ。

米大衆紙「USAトゥデイ」(電子版)は、

「North Korean skater disqualified after shocking crash, dirty tactics(北朝鮮スケーターが、故意の衝突という汚い戦術の末に失格となった)」

との見出しで伝えている。

ビートたけし 下積み時代の俳優・津田寛治との逸話

ビートたけし

写真拡大


20日深夜放送の「チマタの噺」(テレビ東京系)で、俳優・津田寛治が、映画監督・北野武としても活躍するお笑いタレント・ビートたけしとの逸話を披露した。

番組では、ゲスト出演した津田が、自身の芸能人生を振り返った。その中で津田は、役者を目指して上京した数年後に出会ったという、たけしとのエピソードを語り始めた。当時、津田がアルバイトしていた喫茶店に、たけしも仕事で来ていたことが出会いのきっかけだったそう。

その頃のたけしは「その男、凶暴につき」「3-4×10月」の2作品の映画を撮っていたそうだが、津田は「この2本の映画がめちゃくちゃいい映画」と絶賛する。津田によると、出演者は名前も知らないような俳優ばかりなのに、有名な俳優よりもいい演技をして輝いていたというのだ。そのとき津田は「演出に何かある」と考え、たけしの作品に関わりたいと強く思うようになったそう。

あるとき、たけしが撮影後の仕上げ作業をするべく、店を訪れる機会があった。当時は、たけし軍団への弟子入り志願者が多かったため、自身の売り込みには躊躇(ちゅうちょ)していたという津田だったが、たけしがひとりでトイレに入ったタイミングを見計らって接触を試みたそう。

津田はたけしに「(映画に)出演できなくてもいいんで、現場に参加できませんか?」「小間使いみたいなの何でもやりますんで」と直談判したという。たけしは突然の売り込みに驚いたものの、津田から渡されたプロフィールと手紙を受け取り、そのまま懐にしまったそう。津田は、たけしが話を聞いてくれ、手紙を受け取ってくれたことに感動したという。

それから1年ほどが経過し、たけしが再び店に訪れた際、たけしから「お兄ちゃんまだ俳優を目指して頑張ってんの?」と声をかけられたそう。実は、この日は次作「ソナチネ」のクランクイン前日で、たけしは大勢のスタッフを連れて来店していたという。

そんなたけしに、津田を応援していた喫茶店のママが「たけしさん、ひどいじゃないですか!」「うちの子は、1年間たけしさんの映画に出ようと思って、いろんな方にプロフィールを渡したり、お願いしたりして待ってたんですよ!?」「なんで(津田を)オーディションにすら呼んでくれないんですか!」「見損ないましたよ! 男じゃないですよ!」と、涙ながらに訴えたというのだ。

ママに圧倒されたたけしは、逃げるように店の隅の席に移動してしまったそう。しかし、その後しばらくしてからたけしは「お兄ちゃん、出番だよ。ちょっとおいで!」と津田を呼び出し、「すいません」とひと言だけ発するウエイターらしくないウエイター役で起用することを、その場でスタッフに説明したのだという。

たけしは「今回ごめんな」「『すいません』ひと言だけど、それで出てもらうから」と津田に声をかけたそう。同席していたスタッフたちは、たけしの突然の提案にあぜんとしたそうだが、たけしの作品に出演が決まったことにママも一緒に喜んでくれたという。

たけしは今でも、津田に会うと「お母さん、元気?」と、ママの様子を尋ねてくるのだとか。津田は「ママさんが俺のことを応援してくれてたっていう、その関係が心に響かれたんだと思います」と、たけしの心境を分析していた。

【関連記事】
ビートたけしが荒れる成人式に極論「いらないよ」
ビートたけしと安倍晋三首相の意外な接点…たけしのひと言で首相もその気に
ビートたけし 後輩芸人・松本人志に言及「映画はちょっと下手だな」

AKB48の田野優花 メッセージが意味深だとファンの間で波紋

AKB48の田野優花さん。激しいダンス曲が続く「井上ヨシマサ『神曲縛り』」公演に10日ぶりに出演した(写真は7月20日の初日公演リハーサル(ゲネプロ)の様子)

写真拡大


AKB48田野優花さん(20)が2018年2月19日に東京・秋葉原のAKB48劇場で行われた劇場公演後に出したメッセージが意味深だとファンの間で波紋を広げている。公演の出演が「ここ最近で一番たのしかった」そうで、「なんででしょう」とも。

田野さんの「最近」と言えば、韓国をめぐる発言で謝罪したり、週刊文春の動画番組で男性とのデートを指摘されたりと、田野さんにとっては嬉しくないニュースが相次ぐ。この日の演目は、激しいダンス曲が続く「井上ヨシマサ『神曲縛り』」公演。ダンスが得意な田野さんとしては、こういった背景も劇場公演が「一番楽しい」理由になっている可能性もありそうだ。

劇場公演では涙を流す一幕も

田野さんが劇場公演に出演するのは2月9日以来10日ぶり。公演後に動画配信サイトに掲載されるメッセージカードに、

「今日ここ最近で一番たのしかったです。なんででしょう。。ありがとー!!」

と綴った。「なんででしょう」の真意は必ずしも明らかではないが、その直前にある「ここ最近」という言葉に、そのヒントがあるとの見方も出ている。

田野さんはインスタグラムの動画配信で

「韓国人は可愛いと思うけど、韓国好きな日本人は好きじゃない」

などと発言されたことが批判され、2月5日にツイッターで謝罪したばかり。

2月17日夜には、週刊文春デジタルが配信した動画番組「文春砲Live」が、田野さんがカラオケバー店員でモデルの男性と中華料理店で食事をしたのに続いて、バンドマンの男性と「カラオケデート」していたことを写真付きで指摘。「深夜イケメンダブルヘッダー」と表現していた。

2月19日の劇場公演では、田野さんから特段、韓国や文春報道に関する発言はなかったが、涙を流す一幕もあった。ファンの間では、「最近」の出来事と関係があるとの見方を披露する人も出ている。

タモリが「ブラタモリ」新相棒の林田理沙アナに助言「仕事をするな」

『ブラタモリ』を新たに担当する林田理沙アナウンサー (C)ORICON NewS inc.

写真拡大


 NHKは21日、新年度の番組編成、主な番組キャスターの人事などを発表。人気番組『ブラタモリ』(毎週土曜 後7:30〜8:15)では、2016年4月よりタモリの相棒を務めてきた近江友里恵アナウンサーが2017年度をもって卒業し、新年度から林田理沙アナウンサーが務めることになった。同日、東京・渋谷の同局内で行われた会見に出席した林田アナは「タモリさんの豊富な知識と私の好奇心のハーモニーで、皆さんに楽しんでいただける番組を目指したい」と抱負を述べていた。

【写真】『ブラタモリ』出演への意気込みを語った林田理沙アナウンサー

 『ブラタモリ』は、ブラブラ歩きながら知られざる街の歴史や人々の暮らしに迫る番組。09年10月の開始当初は久保田祐佳アナウンサー、ロケ地を全国に広げ、土曜のゴールデンタイムに放送されるようになった15年4月から1年間は桑子真帆アナウンサー、そして近江アナがタモリの相手役を務めた後、久保田アナは産休・育休を経て昨年秋に復帰、桑子アナは『ニュースチェック11』から『ニュースウオッチ9』のキャスターへ、近江アナも新年度から朝の情報番組『あさイチ』の司会に飛躍。

 そんな縁起の良いバトンを受け継ぐことになった林田アナは、14年入局。長崎局を経て福岡局で2年目、『ロクいち!福岡』を担当している。「先輩方をすごく尊敬していて、追いつけるか不安なところでもあるのですが、自分自身は感心が広い方だと思っていまして、大学時代は音楽をやっていたんですけれども、知りたい、見たい、行ってみたいという気持ちが強いので、タモリさんにいろいろ質問して、いろいろ教わりたいと思っています」と、林田カラーを出していく意欲は十分。絶対音感の持ち主でもあり、「生かせるかわからないが、しいていえば、お寺の鐘の音を聴いて、今のはドの♯(シャープ)などとお伝えできることもあるかと。これから番組の中で探していきたい」。

 東京藝術大学音楽学部楽理科から大学院でも学び、ピアノも弾けるし、「ショパンがクラシック界に与えた影響と、日本の音楽史について語り続ける」こともできるという。ジャズに造詣が深く、音楽に精通しているタモリと、どんなコンビネーションを見せるのか。すでにタモリとの顔合わせは済ませており、「タモリさんからはひと言、『仕事をするな』と。普段どおり、肩の力を抜いてやればいい、と。近江アナからもがんばるのではなく楽しみながら、わからないことは素直に聞いて良いんだよ、とアドバイスをいただきました」と話していていた。

菅田将暉と菜々緒にお泊り報道 2017年秋ごろから親密な関係か

お泊まり翌日、帰宅する菅田

写真拡大


 菜々緒(29才)と菅田将暉(25才)が、菜々緒の自宅マンションにお泊まりする様子をキャッチした。

 都内繁華街の雑居ビルのワンフロアに入る焼鳥店。といっても、煙モクモクの赤ちょうちん的な店ではない。こぢんまりとしたカウンターに、テーブル席と小上がりの半個室がそれぞれ2つずつほど。超がつくほどの高級焼鳥で、一見さまお断りの完全紹介制。人目を忍ぶ芸能人たちが通うことで知られる。

 2月中旬の夜、その店を一組の男女が訪れた。狭い店内で長い脚を窮屈そうに折りたたんでいたのは菜々緒。その隣には、菅田将暉が座っていた。

 夜10時過ぎ、ふたりは揃って店から出てきた。黒いキャップを目深にかぶり、黒いロングコート姿の菜々緒は、ビルから出る直前にマフラーを持ち上げて顔を隠す。一方の菅田は黒いハンチングにサングラス、パイロットジャンパーといういでたち。ふたりが乗り込んだタクシーは、菜々緒の自宅マンションの地下駐車場へと消えていった。

 昨年は、映画『銀魂』、NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』、auの「三太郎CM」で共演している菜々緒と菅田。昨年秋ごろからふたりで一緒に過ごすことが増えたという。

 菜々緒の部屋を訪れた菅田がマンションから出てきたのは、翌日の正午12時前。実に13時間にもわたってお泊まりデートを楽しんだことになる。

※女性セブン2018年3月8日号

来年5月に新天皇即位「死刑囚と恩赦」の闇深きベール(1)戦後12回の実施で14人が!?

来年5月に新天皇即位「死刑囚と恩赦」の闇深きベール(1)戦後12回の実施で14人が!?

写真拡大


 来年4月に実施される今上天皇の譲位と5月の新天皇即位──。こうした慶事に際して実施されることの一つに「恩赦」がある。実は恩赦のシステムや実態は厚いベールに包まれ、一般にはうかがい知れない。現在、確定死刑囚は122人。恩赦によってシャバに戻ることはあるのか。

 恩赦の意味を広辞苑で調べてみると、〈行政権によって犯罪者に対して刑罰権の全部または一部を消滅させる処分〉とある。

 すなわち、裁判で確定した刑罰を特別な恩典によって許し、または軽くすること、である。これは内閣が決定し、天皇が認証する制度だ。

 罪を犯して服役している人を無罪放免にしたり、減刑したり、いくらかの資格停止を解除することを恩赦というのだ。

 恩赦は恩赦法によって規定されているが、大きく「政令恩赦」と「個別恩赦」に分かれている。さらに細かく見ていくと、大赦、特赦、減刑、刑の執行免除、復権の5つがあり、全てひっくるめて恩赦と呼んでいる。

 先頃出版された「恩赦と死刑囚」(洋泉社)の著者であるノンフィクション作家の斎藤充功氏が言う。

「恩赦とは、天皇の戦前の大権を制度として残したものです。慈悲によって罪を赦(ゆる)すのですから、現憲法の下ではいささか奇異に感じる市民も少なくないかもしれない。戦後12回の恩赦が行われ、死刑囚で恩赦になったのは14名ともそれ以上とも言われています。私が調べたところでは7名でしたが、はっきりしない。恩赦は法務省所管の中央更生保護審査会で決められるのですが、厚いベールに包まれて実態は詳しくわからないんです」

 では、恩赦の対象になるのは、どのような罪を犯した人なのか。

 サンフランシスコ平和条約締結恩赦(1952年)では大赦令、減刑令、復権令が出され、殺人および尊属殺人の死刑囚も減刑された。52年4月以前に禁固以上の刑に処せられた者が対象者となったが、強盗、準強盗、強盗致傷、強盗強姦、同未遂、麻薬、建造物放火、同未遂、通貨偽造行使、同未遂、直系尊属傷害同致死などは適用にならなかったのである。

 明治100年記念恩赦の個別恩赦では、選挙違反関係者が75.9%を占めていた。昭和天皇崩御の際の天皇大喪恩赦では、道交法、軽犯罪法、外国人登録法、食糧管理法など17の刑罰が対象となったが、殺人、放火、強盗などの凶悪犯は除外されている。

 このように、時代背景が変わると、恩赦の対象となる犯罪も凶悪犯は避けるなど、様変わりしてきたことがわかる。

 そうしてみると、来春に実施されるであろう恩赦において、凶悪犯、例えば死刑囚も含まれるのかは気になるところだ。

 恩赦を巡っては、時には駆け引きが行われ、予想外の事態になるケースも出てきている。天皇大喪恩赦では、恩赦に期待して控訴を取り下げた保険金殺人の夫婦がいたのである。

おのののか、「路上で胸揉みまくられ被害」告白も加害男性にファンが羨望の声

おのののか、「路上で胸揉みまくられ被害」告白も加害男性にファンが羨望の声

写真拡大


 2月16日に放送されたネットテレビのバラエティ番組「必殺!バカリズム地獄」(AbemaTV)に、おのののかがゲスト出演。同番組でおのは、過去の痴漢被害を明かし注目を集めている。

「この番組は、街の一般人やゲストから、過去に鬼ギレしたエピソードを聞いていくという内容です。この日、VTRでは、痴漢被害にあった一般女性の怒りが紹介されたのですが、その際、スタジオのおのも自身の被害を告白。彼女によると、過去、自転車に乗った男から、通りすがりに胸を何度も揉まれたというのです」(テレビ誌記者)

 おのはアルバイトに向かう途中で被害にあったようで「彼氏にもそんなふうに揉まれたことがないくらい」と話すほど、激しく揉みしだかれたようだ。だがその後、彼女は犯人に驚きの反撃をしたのだという。

「犯人はその後、自転車に乗って逃げたそうですが、先が行き止まりだったため、ふたたび戻って来たそうです。その際、おのは怒りのあまり、横を走り去ろうとする犯人に対し、思いっきり蹴りを入れたのだとか。すると犯人は自転車を置いて、そのまま逃亡したとのこと。この体験談に対し、ネットでは『犯人がうらやましすぎる』『蹴りで済むなら揉みたい』『美女からの蹴りはご褒美』と興奮するという一部のファンのものと思しきコメントが飛び交っています」(前出・テレビ誌記者)

 今回、許せない相手に対しては「自分で地獄に落としたいタイプ」と語ったおの。彼女を怒らすと、タダでは済まないようだ。

ジョイマン・高木、「月収13万円でも“幸せ”な理由」告白に賞賛の声続々!

ジョイマン・高木、「月収13万円でも“幸せ”な理由」告白に賞賛の声続々!

写真拡大


 2月18日に放送された「俺の持論」(テレビ朝日系)に、ジョイマン・高木が出演。一時は月収が150万円あったという高木だが、現在は13万円だとか。だが、そんな状況でも不幸どころか、日々幸せを感じながら生活をしているという。

「白シャツの胸元を大きく開けて、奇妙なダンスと気の抜けたラップでジョイマンが一躍ブレイクしたのが2008年。まさに一発屋の売れ方でしたが、にこるんこと藤田ニコルがジョイマンのギャグフレーズ『ありがとうオリゴ糖』を愛用したことで、再ブレイクの兆しを見せたんですが、ほどなく何事もなかったかのようにその目も消えましたね」(テレビ誌ライター)

 しかし、幸せのあり方は人それぞれ。高木は同番組でこう話したものだ。

「仕事が減って収入が減りましたけど、家にいることが多くなった時に家族が『一緒にいられる時間が増えて嬉しい』って言ってくれたんです。不幸だと思われる状況でも、隣にいる人はこういうふうに言ってくれた」

 つまり、家族が“売れていない状況”をポジティブに解釈してくれ、救われたのだという。続けて、

「忙しかった時は家に帰れなくて、一緒にいる時間が少なくて、奥さんとかも寂しく思ってくれていたみたいなんですね。今は、一緒にいられて嬉しい時間がある。子どもも、一緒にいる時間が長いのですごいなついてくれてるんです」

 と、仕事がないことで家族と過ごす時間が増え、幸せを日々感じながら生活しているとも語った。

「こうした高木の生き方に対し、SNS上では『高木さんの話を多くの人に聞いてほしい』『ジョイマン高木の持論、すごく心に刺さった』『高木さんフォローするわ』と共感の声が多く上がっています。もともと、高木は『抱きしめたい。だけどきつく抱きしめれば壊れてしまう。幸せのパンケーキ。幸せはどうしようもなく柔らかい』『岡山にはジョイマンを覚えている人がかなり多かった。20人近くはいたと思う。興奮したよ。幸せっていうのは、語れば語るほど陳腐になって砂みたいに手からこぼれ落ちていきそうで怖いから、このくらいにして大切に胸の中にしまうよ』といった哀愁のある詩的なツイートが一部で注目されていて、詩集も出版しています。タイプはまったく違いますが、キングコング・西野亮廣のような形で、ふたたび世間の注目を集めるかも知れません」(前出・テレビ誌ライター)

 最後に高木は「仕事がない日が続いても、仕事ではない時間がたくさんあるという風に考える。見方を変えるだけで幸せはそこに転がっているんだよっていうのを言いたかったんです」と締めた。

 忙しくなるのは本意ではないかもしれないが、再ブレイクを果たせるか?

広瀬すず、主演映画公開にかこつけ「anone」をなかったことに!?

広瀬すず、主演映画公開にかこつけ「anone」をなかったことに!?

写真拡大


 広瀬すずにとって十代ラストの主演ドラマは、もはや“黒歴史”となったのか。平均視聴率が6%台に落ち込む爆死ぶりで話題の「anone」(日本テレビ系)に、広瀬自身が見切りをつけたのではと噂されているようなのだ。

 その「anone」は2月21日の放送分が平昌五輪の生中継と重なったために休止。広瀬自身も2月19日に「今週anone放送お休みをお知らせします」というドラマ公式アカウントのツイートをリツイート(RT)していた。その広瀬のツイッターがこのところ、映画の話題で一色だというのだ。

「2月21日に、日本テレビでは、広瀬の主演映画『ちはやふる‐結び‐』の3月17日の公開を記念して、『ちはやふる‐上の句‐』を3月9日に、『ちはやふる‐下の句‐』を3月16日に地上波で初放送すると発表しました。このシリーズでは日本テレビが制作委員会の幹事を務めており、今のタイミングでテレビ放送するのは、ある意味で当然なのですが、気になるのはこの件を『anone』が放送休止になった当日に発表したこと。まるで『anone』の不振を覆い隠しているかのようです」(映画ライター)

 当の広瀬は2月14日の「anone」第6話放送以降、ドラマ公式アカウントのRTを除けば、「anone」について、つぶやいていない状況だ。それに対して「ちはやふる‐結び‐」に関してはガンガンツイートしており、櫻井翔とダブル主演する5月4日公開の映画「ラプラスの魔女」についてもツイート。さらに昨年公開の主演映画「先生!、、、好きになってもいいですか?」のDVD発売についても14日にみずからアピールしていたのである。

「広瀬は今、『ちはやふる‐結び‐』をはじめとする自分の主演映画を何より話題にしたいのでしょう。『anone』に関してはネガティブな話題しかなく、日本テレビ側も番宣では坂元裕二氏の脚本を褒めるばかりで、『広瀬の演技に注目』とは言ってくれませんからね。それなら自分が全身全霊を込めて取り組み、前作もヒットした『ちはやふる』シリーズに気持ちが集中するのも当然でしょう。幸いだったのはこの映画にも日本テレビが関わっていること。局側としては『ちはやふる‐結び‐』をガンガン宣伝することが、ドラマ不振のお詫び代わりになるかもしれません」(前出・映画ライター)

 広瀬にとって「anone」において救いなのは、視聴率の不振を主演・広瀬のせいにする論調がほとんどないこと。この調子では彼女にとって18年1月期は、「ちはやふる‐結び‐」をひたすら宣伝した時期として記憶されるのかもしれない。

(白根麻子)

活動休止中の西内まりやが涙ながらに告白した「現在の心境」とは?

活動休止中の西内まりやが涙ながらに告白した「現在の心境」とは?

写真拡大


 昨年11月、所属事務所の社長をビンタして加療1カ月のケガを負わせた、歌手で女優の西内まりや。事務所との契約を終了させて音楽活動に力を注ぎたい西内と、女優としても活動させたい事務所との軋轢が原因とされ、現在は活動休止状態にある。

 2月20日発売の「女性自身」が、そんな西内を直撃。現在の心境を聞き出している。

「西内はささやかれている引退の可能性を否定。『エンタテインメントをお届けするという目標や、私自身は何も変わっていない』としています。ビンタ騒動について言及することは避けましたが、事務所に対しては『恩もありますし、感謝もしているということです』とコメント。涙ぐみながら、こうして心境を語る機会をもらえたことに『ありがとうございます』と感謝の言葉を残したそうです」(芸能ライター)

 しかし、円満な契約満了は望めない様子だ。

「会社内で起こったトラブルの様子が細かく書かれていたことから、おそらく西内のビンタ騒動は事務所側からのリークではないでしょうか。だとすれば、所属歌手の不祥事を事務所みずから暴露するのは相当な怒りがあるからでしょう。影響力のある大手事務所ですからね。契約満了後にこれまでどおり順風満帆な音楽活動ができるかどうかは疑問です」(週刊誌記者)

 契約は3月末に終了するとされている。はたして西内は、どんな春を迎えるのだろうか。