0年 0月 の投稿一覧

坂上忍と梅沢富美男 詐欺に名前を利用され激怒「絶対に許せない!」

28日放送のTBS系『犯人に告ぐ!盗聴盗撮 怒りの追跡バスターズ第4弾』に出演するMCの坂上忍とヒロミ (C)TBS

写真拡大


 俳優の坂上忍が、28日放送のTBS系特番『犯人に告ぐ!盗聴盗撮 怒りの追跡バスターズ第4弾』(後7:00)にMCとして出演。これまでも盗聴盗撮事件やストーカー被害など解決に導いてきた同番組が、今回追跡するのは、坂上忍と梅沢富美男の名前を利用する詐欺組織。勝手に名前を使われた坂上は「絶対に許せない!」と激怒する。

【写真】疑惑の会社のパンフレットには坂上忍の姿が…

 昨年秋から『フューチャーケーブルコミュニケーション』という番組制作会社を名乗り「取材に協力すればだまし取られたお金が返ってくる」などと言って、現金をだまし取るニセ電話詐欺が多発。すでに女性2名が1000万円近くをだまし取られた被害も出ているという。その制作会社が作成したと思われる1枚のパンフレットを入手すると「スペシャルプロデューサー」として坂上の写真と名前が記載されていた…。

 しかも、かつて別の詐欺被害を受けたこの女性宅には同番組のスタッフを名乗る男から電話が入り、被害者を救済する制度があり、それを利用すると被害金額の半額が戻ると巧みに語ってきたという。スペシャルプロデューサーに梅沢の名前を利用した同様の手口が存在することも判明。梅沢にももちろん身に覚えがないそうで「ふざけんじゃねぇ!」と怒りを爆発させた。

 「被害者がでたら大変だ! すぐ対応したい」と解決を急ぐ坂上は、河西邦剛弁護士と共に自ら警察へ被害相談。その恐るべき詐欺組織の巧妙で悪質な犯行手口を明らかにする。嵯峨祥平プロデューサーは「自分たちが作っている番組名と坂上忍さんの名が詐欺組織に利用されていることに驚きました。当番組で取材対象者からお金を頂くなんてことは絶対にありえません」と説明。番組では今回の詐欺や盗聴盗撮、ご近所トラブルの実態をリポートしながら、それに引っかからないための知識も紹介する。

博多華丸、あさイチ初回は丸刈りで登場 「謝罪会見にならないか不安」


「謝罪会見になるんじゃ……」と不安げな博多華丸

写真拡大


 お笑い芸人の博多華丸が28日、都内で行われた劇場版『めんたいぴりり』製作発表会見に出席。相方の博多大吉と共に、有働由美子アナウンサーと井ノ原快彦(V6)の後任として4月からNHKの朝の情報番組「あさイチ」の新司会を務める華丸は、ある懸念を打ち明けた。会見には、富田靖子、江口カン監督も登場した。

 本作は、戦後の混乱期を乗り越え、経済が復興から成長へとシフトしていく昭和30年代を舞台に、明太子「ふくや」の創業者・川原夫婦がモデルの海野俊之(華丸)・千代子(富田)夫婦により、辛子明太子が福岡の代表的な惣菜となるまでを、笑いと涙と人情を交えて描いた人間ドラマ。福岡で絶大な知名度と人気を誇るテレビドラマシリーズの舞台化に次ぐ劇場版だ。

 映画初主演の華丸は、「(3月3日クランインする)この映画のせいで、(『あさイチ』という)大きな番組をさせていただくプレッシャーや、こういう風にした方がいいかなと考えたり悩む余裕がなくなった」と明かすと、「そういう意味では、(『あさイチ』にとらわれることなく)映画に集中できるかな」と安心している様子。しかし、この日は撮影に向けて青山のヘアサロンのカリスマ美容師に頭をそってもらっており、「唯一心配なのは、番組の一発目に坊主で出ること。謝罪会見になるんじゃないかと不安ではある」ともらし、報道陣を笑わせた。

 初主演については、「最初にやらせてもらうならこれだと決めていたので、ひょっとしたら以前そういう(主演映画の)話を断って現在に至っているかもしれない」と含みを持たせつつ、「富田さんは大先輩なので、サポートを受けながらダブル主演、頑張ります」と意気込み。撮影には「2013年から同じスタッフメンバーでやり続けた結晶を作るつもり」で臨むことも力強く語った。とはいえ、全国公開されることに関して、「福岡でロードショーをして様子を見た方がいいんじゃないかなと思いました。怯えております」と不安げな表情をのぞかせていた。

 この日は、女優の佐々木希とアンジャッシュ渡部建との間に第1子が授かったことを受けてコメントを求められる場面もあり、華丸は「昔、テレビにあまり出ていなかった頃、東京で知っていた(数少ない)コンビの一組がアンジャッシュだった」と懐かしみながら、「やっぱり嬉しいし、早く見たかったので、男の子でも女の子でも愛らしい赤ちゃんが生まれるんじゃないかなと思います。おめでとうございます」と祝福した。(取材:錦怜那)

劇場版『めんたいぴりり』は2019年1月全国公開

門脇麦の体を張ったキスシーン 視聴率不振で皮肉な業界評も

門脇麦

写真拡大


 日本テレビ系ドラマ「トドメの接吻」(日曜午後10時半)が早くも“キス損”などとやゆされているという。同ドラマは山粼賢人(23)演じるナンバーワンホストが、キスで相手を殺す女、門脇麦(25)の手にかかり、死のタイムリープを繰り返すサスペンスだ。

「山粼は愛を信じず金と権力を愛するクズホストです。門脇とは演出上、キスが必要なため、何度もキスシーンが繰り返し収録される。今回のドラマの見どころの一つは、まさにそのキスシーンですよ」(芸能プロ関係者)

 聞けば、1回の収録で2人が交わすキスは、リハーサルを含め100回以上にも上るというから驚きだ。

「ドラマは、初回から山粼と釈由美子や井上晴美との濡れ場がありましたが、色気という意味では門脇とのキスシーンにかないません。とにかく2人のキスは濃厚でエロい。シズル感漂うキスなんですよ。リハーサルからガチ本番さながらのキスを繰り広げていますね」(同関係者)

 ところが、そんな体を張ったキスシーンを展開しても、残念ながら視聴率に跳ね返ってこない。1月7日の初回7・4%を皮切りに、第2話が6・5%。その後も6%台と7%台をほぼ行ったり来たり。25日に放送された第8話も6・5%だった。

「結果はすべてシングル視聴率のオンパレードですね。この状況に日テレも頭を抱えています。もっとも、あれだけキスを披露しても視聴率が上がらないのはちょっと気の毒ではありますが…。門脇は業界でキス損と言われていますね」(芸能関係者)

 ドラマ自体、一風変わったストーリーなので、視聴者がついていけないのかもしれない。悲願の2桁はかなうのだろうか。(視聴率は関東地区、ビデオリサーチ調べ)

「とんねるずに拍手はいらない」と識者 悪童であり続ける凄さ

数々の名物企画を生んだ『とんねるずのみなさんのおかげでした』(公式HPより)

写真拡大


 3月いっぱいで30年の歴史に幕を閉じる『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)。とんねるずをデビュー直後から見てきたコラムニストのペリー荻野さんが改めて「みなおか」の凄さについて考察する。

 * * *
 最終回に向けて、『とんねるずのみなさんのおかげでした』は、名物企画のファイナル版を放送している。すごいのは、ファイナルだから力が入っているというよりも、通常通り、または昔と同じにやってものすごく面白いってことだ。

 芸人たちのムダな特技を披露するという「ムダ・ベストテン」では、カンニング竹山が箱に手を突っ込んで平然と中身を当てるという特技でサソリをつかみ出して大騒ぎ。大久保佳代子は、早見優風のカツラとミニドレスで『夏色のナンシー』をイエイ!と歌いながら暗算をしてみせる。

 栄えある第1位は、荻野目洋子が『ダンシングヒーロー』を歌い踊る後ろで水槽に沈んだ江頭2:50がどれだけいっしょに踊れるかを計測するという息止め特技。見事、息止め新記録を達成して、企画のファイナルを締めくくった。
 
 しかし、この前の週に放送された『とんねるず大反省会』企画には、若干違和感を覚えたのも事実。これまでとんねるずにさまざまな被害を受けてきた芸人、スタッフが直接本人に文句を言うという1時間。思った通り、買わせる企画で1600万円ものポルシェを買わされたバナナマン日村やスキがあると石橋にバリカンでもみあげを剃られたノッチなどが苦情を連発。石橋に「ブス」と呼び続けられ、ついには鼻に詰め物をされた姿で歌まで歌わされたフジの山崎夕貴アナも「こんなに人生でブスって言われたことないです」と訴えていた。

 最後に釣りやハワイなど水辺のロケのたびに木梨に水中に落とされ続けたADが「最後に憲武さんを落とさないことには」と、セット奥に用意した熱闘風呂に案内。だが、案の定、AD自身が突き落とされ、ゴルゴ松本ら芸人も落下。そして水浸しの男たちが勢ぞろいで振り向くとそろいのTシャツに「石橋ラブ」「木梨ラブ」「いつも本当に」「ありがとう」「とんねるず最高」と書かれているという仕掛けだった。
 
 仕込み丸出し。高校の文化祭みたいである。だが、流れはそれでいい。もともと、とんねるずの芸風は、文化祭なのである。先生のものまねや買い食い、罰ゲーム、ズボンの脱がしあいや水に落としあいといった悪ふざけ、女子に平気で「ブス」と言い、かわいい子だけひいきするくせに、キャーキャー言われたいからステージにも立つ。こんな男子がそのままおとなになって、ダーイシやサブ北島になり、野猿もやった。私たちは彼らの体を張ったおふざけに「やりすぎだよ」と言いながら、爆笑してきたのだ。

 違和感があったのは、そんな悪童であり続けたい彼らに「ありがとう」とメッセージを贈ったこと。とんねるずはずっと「いい人」になろうとはしていないからだ。お笑いタレントにとって「いい人」に押し込められるのは迷惑だ。それでも視聴者は「ああ見えて本当はいい人」と思いたがる。その圧力をはねのけ続けたことが、この番組のすごみだった。

 東京でのデビューシーンは見損ねたが、『ビックリハウス』(※編集部注 1974年から1985年まで発行されたサブカル雑誌)の愛読者で長く彼らを見ていた私は、またしれっと冠番組を持つだろうと思っている。とんねるずに見送りの拍手はいらない。

佐々木希が第1子妊娠を報告「夫婦で喜んでおります」

第1子妊娠を発表した佐々木希(C)ORICON NewS inc.

写真拡大


 昨年4月にお笑いコンビ・アンジャッシュの渡部建(45)と結婚した女優・佐々木希(30)が28日、自身のインスタグラムで第1子妊娠を報告した。「新たな家族が増える事を夫婦で喜んでおります」とつづり、今秋の出産予定と明かしている。

【全身ショット】くびれがキュッ!ワンピースでスタイル抜群の佐々木希

 「ファンの皆さまへ」とのエントリーで「この度新しい命を授かりました。新たな家族が増える事を夫婦で喜んでおります」と発表。「本来ならば、タイミングをみてファンの皆様へ私から報告したいと思っておりましたが、報道が先に出てしまった為、このような順番になりました事をお許しください」とつづっている。

 続けて、4月20日スタートの主演ドラマ『デイジー・ラック』(NHK総合、毎週金曜 後10:00)についても説明しており「(出演を)オファーをして頂いた際に子供を授かる可能性がありますとお伝えしたところ、それでもとのご返答をいただきました。そして、私もこの役を演じたいと強く思いましたので今回お引き受けしました」と、役を全うすることを誓った。

 最後は「お腹の中に宿った命を大切にしながら秋の出産に向けた時間を過ごしたいと思っていますので、どうぞ温かく見守っていただけるとうれしいです」と結んでいる。

 佐々木と渡部は昨年4月に日本テレビ系『行列のできる法律相談所』で結婚を発表。11月には一部週刊誌でおめでた説が報じられたが、この時は妊娠しておらず直後のイベントでも佐々木が否定していた。

優香VS綾瀬はるか 最新艶技を実況中継(3)共演者を虜にする綾瀬はるか

優香VS綾瀬はるか 最新艶技を実況中継(3)共演者を虜にする綾瀬はるか

写真拡大


 一方、艶技開眼の優香に対するのは、事務所後輩の綾瀬はるか(32)だ。こちらも主演映画「今夜、ロマンス劇場で」(ワーナー・ブラザース映画)が、2月10日に公開されると、封切3日間で2.4億円の興行収入トップに躍り出た。

 映画は、廃棄処分寸前のモノクロ映画の中から現実世界に飛び出したお姫様と映画助監督の恋愛物語。勝気なプリンセスの綾瀬がシモベの男に見せるドSぶりがまさに適役だ。

「得意のアクションあり、コメディ風あり、『ローマの休日』のオードリー・ヘプバーンのようなわがままプリンセス役が綾瀬の魅力を最大限に引き出し、ファンにはたまらない作品です。もっとも、今回は王道ラブロマンスだけに、お色気シーンは封印している。とはいえ、そこは綾瀬。激走シーンに挑み、かつて『プリンセス トヨトミ』や『本能寺ホテル』で見せた着衣の乳揺れを映画ラストで炸裂させてくれます」(映画ライター)

 初日舞台挨拶では、かなえたい夢について質問されると、

「世界平和です」

 と語り、天然ぶりを発揮した綾瀬だが、この映画の撮影舞台裏をスポーツ紙芸能デスクが明かす。

「実は、本人は天然と言われることが好きではないんです。この発言もただの天然ではなく、開催中の平和の祭典・オリンピックもあって本気で語っていたようです。昨秋の主演ドラマ『奥様は、取り扱い注意』(日本テレビ系)でも激しい格闘シーンが話題を呼びましたが、本人はアクション演技がお好みで毎日の筋トレを欠かさない。今回のお姫様役では無用かと思っていたのですが、実はお姫様ドレス姿でさっそうと歩くためには、スカートの中で裾を蹴り上げる特別な歩き方をしなければいけないそうなんです。ですから、ただ歩いているだけに見えても、本人なりにかなり努力していた。撮影中、『天然よりも天才と呼ばれたい〜』と嘆いていましたが、共演者からは『天才じゃなくて天災だろう』と、笑いを誘っていました」

 モノクロ姫でも天然色に変えてしまうのが綾瀬の魅力なのだろう。

 そんな、綾瀬がもう一つの“天然”を発揮してくれたのが、2月1日放送の「ぐるぐるナインティナイン」(日テレ系)での一幕だ。

 おなかを引き締めるアメリカ式エクササイズに体当たりした綾瀬は、ゴーゴーダンスの要領で腕を大きく振りながら、腰をツイスト。すると、胸を強調させないはずの黒いTシャツの下でF乳が縦横にプルルンと暴れまくる。

 この暴走乳を見逃さなかったのは、芸能評論家の織田祐二氏だ。

「正直、この乳振りダンスだけをずっと見ていたいほど癒やされました。左右にプルンプルン揺れるF乳シルエットに他の出演者の目線が釘づけになっていましたね」

大沢樹生に濱松恵との不倫疑惑が浮上 会食後都内のマンションへ

「彼女、女優さんなんだよ」
 バレンタインデーの前夜、2月13日。都内のある駅前には、知人に女性を紹介する、俳優・大沢樹生(48)の姿があった。

 紙袋を持って微笑む女性は、数多くの芸能人と浮き名を流してきた「炎上女優」濱松恵(35)。3人は、寿司屋に入り2時間ほど会食。

 店を出てお開きかと思いきや、大沢と濱松は2人きりに。寄り添うようにタクシーに乗り込み、そのまま都内のマンションへ向かい、裏口から入っていった。さてこの2人、どんな関係にあるのか。

「2人が会うマンションは、大沢さんの事務所です。いつもそこで会っていると濱松さんは言っていました。初めて2人で食事に行ったのは2018年の正月明け。それから、何回もデートに行く仲になっていました。バレンタインデーの前には、『プレゼントを用意したの』とはしゃいでいましたね」(濱松の友人)

 日付が変わろうとする時間に、マンションの裏口から出てきた2人。濱松の手には、紙袋はなかった。

 大沢は既婚者だ。1994年に光GENJIを脱退後、女優・喜多嶋舞と結婚するが、2005年に離婚。間に生まれた長男との父子関係をめぐり、喜多嶋と繰り広げた裁判は話題を呼んだ。

 その後2008年に一般人の女性と再婚し、2014年に娘を授かっている。最近は、家族で仲よく遊ぶ様子をブログに投稿している。

 本誌は2月5日にも2人の逢瀬を目撃している。小一時間ほどバーで一緒に飲み、別々にマンションへ向かっていった。先にバーから出た大沢は、何度も後ろを振り返る警戒ぶりである。部屋の明かりは、ついたり消えたりを繰り返していた。

 大沢の事務所に問い合わせると、「(5日と13日は)事務所で弊社社員などを含め4人で打ち合わせをしておりました」「男女の関係など断じてございません」と回答を寄せた。濱松の事務所は、「プライベートは本人にまかせておりますが、大沢さんの事務所と同様の見解です」と答えた。

『ガラスの十代』を歌った大沢も、あと1年もすれば50代。火遊びは、ほどほどに。

(週刊FLASH 2018年3月13日号)

とろサーモンが日テレ出禁か スベるもディレクターにクレーム


 
とろサーモンの久保田が“やらかした”と、すでに他局にまで噂が出回ってますよ。M−1グランプリで優勝して、せっかく波が来ているところなのに、勢いを止めることにならないといいんですが……」(テレビ局関係者)
 
昨年のM-1グランプリの覇者・とろサーモンのボケ担当・久保田かずのぶ(38)。1月21日に放送された『行列ができる法律相談所』(日本テレビ系)に、久保田は相方の村田秀亮(38)とコンビで出演した。
 
この日の番組テーマは“絶対に会いたくない人”。久保田が明かしたのは、6年前に離婚した元妻への未練。久保田との“生電話”で元妻はM-1でとろサーモンが優勝した瞬間、うれし泣きしたことを報告。スタジオに“これは復縁もあるかも……”と雰囲気が流れた。
 
だが元妻は久保田のことを「食事に行くだけでも絶対に無理。芸人としては好きだが、人間としては最低」と切り捨てた。もちろんスタジオは爆笑の渦に。芸人としては“おいしい”展開に見えたのだが――。
 
「じつは編集でうまく笑いになっていましたが、あの生電話の場面、本当はもっと“スベった”雰囲気だったんです。それで収録が終わったとたん、久保田さんがディレクターに『こんなシラケ具合、ひどいからカットして使わんといて』とクレームを出したんですよ。若手芸人がディレクターにそんなことを言うことなんて、絶対にありえません。何様のつもりだという話になっているんです」(日本テレビ関係者)
 
久保田からの“クレーム”は、すぐに番組総合演出のA氏の耳に入ったという。
 
「Aさんは日本テレビを代表する敏腕演出家で、いまのテレビ業界でも5本の指に入る実力の持ち主。あきれた様子で『(編集でスベリ具合を)やわらげるのはいいけれど、そういうことを言ってると、彼らの仕事がなくなるよ』と話していました。Aさんがそうまで言うタレントを進んで使おうというスタッフはいません。事実上、日テレのバラエティ番組には“出入り禁止”ですね」(お笑い関係者)
 
M-1優勝で、今年は飛躍の年のはずだったとろサーモンがつまづいた落とし穴。プライベートでの“クズキャラ”ぶりでもブレークしたが、業界内での“掟破り”はやりすぎだったようだ――。

「腹立ったわ」笑福亭鶴瓶がいまだに怒っている一般人の言動

笑福亭鶴瓶

写真拡大


27日深夜放送の「チマタの噺」(テレビ東京系)で、MCの笑福亭鶴瓶が、一般人の言動で立腹したエピソードを明らかにした。

番組では、街頭で「こんなマナー違反は許せない」という出来事を一般人にインタビューしていった。そこでは「ゴミのポイ捨て」「電車の中の子どもの泣き声への不寛容」「街中でやるスケートボード」「店員に対する高圧的な態度」などという意見が寄せられた。

取材VTRが終わると、ゲストの夏木マリは「お行儀が悪いということね」と一般人の意見をまとめる。鶴瓶も「常識が狂ってきてるよね」と指摘し、自身が経験した話を語り出した。

鶴瓶は一般人から「(漫才の)中川家の剛、知ってますか?」と聞かれたことがあるという。「知ってるよ」と答えたところ、「(剛と)会います?」と言ってきたそうだ。

中川家は吉本興業、鶴瓶は松竹芸能に所属している。そこで鶴瓶が「そんな会わないんですわ」と説明するも、相手は剛のラグビー部の先輩だと言い、自身の名刺を出して「これ剛に渡しといてください」と鶴瓶に託そうとしたという。

鶴瓶は、名刺を預けられても「剛に会うまでずっとこれ『渡さなあかんのか』」と思っていなければならないし、そもそも「会わへん言うてるやろ」と言ったそうだ。当時を振り返り、鶴瓶は「何を考えてんのか、意味が分からない行動する」「腹立ったわ、こないだ」と口を尖(とが)らせていた。

それに対し夏木は「テレビとか情報がもういっぱいあって、なんかみんなが友だちみたくなっちゃって」と鶴瓶に名刺を託した意図をくみ取った。鶴瓶も「この人やったら持って行ってくれるやろ」と思われていたと理解を示すも、「そんなもん長いことかかるやん」「自分の言うてること、分かってんのかな思う」と、いまだに怒っている様子だった。

【関連記事】
「何を言われても楽しいなって思う」笑福亭鶴瓶が明かす中居正広の優しさ
映画のロケ撮影に意外な有名人が偶然映り込み…助監督が注意する事態
故・立川談志さんが最後の入院生活で一番楽しみにしていた見舞客

サンドウィッチマンの楽屋での仲良しぶり、共演者から悲鳴

サンドウィッチマンの仲良しぶりが“異様”出演者から悲鳴も

写真拡大


2月28日放送の『1周回って知らない話』(日本テレビ系、毎週水曜19:00〜)に、2017年「今1番面白いと思うお笑いコンビ」ランキングで1位となったサンドウィッチマン(伊達みきお・富澤たけし)がゲスト出演。“お笑い界一仲が良い”と言われている2人だが、果たして本当なのかを調査する。

東野幸治がMC、川田裕美がアシスタント務める同番組。テレビで当たり前として扱われているが“今どきの視聴者”が知らない疑問を調査し、本人にその疑問をぶつけて明らかにしていく。

今回、サンドウィッチマンをよく知る人物として、ナイツの2人もゲスト出演。楽屋でいかに楽しそうにしているかを明かすと、伊達自らがエピソードを告白。楽屋が一緒ではなく隣同士だった際に、あまりにも寂しすぎて壁を「トントントン」と叩くと、相方の富澤も叩き返し、2人で楽しんだという異様な仲良しぶりに、他の出演者から悲鳴が上がる。

また、自宅では子どもにデレデレな良きパパだという2人に、子どもたちから手紙が到着。伊達の6歳になる長女が書いた「パパの好きなところ」と「嫌いなところ」には、伊達も思わず大笑い。自身も芸人の娘である岡田結実は「センスありまくりですね、芸人さんになったら脅威」と驚く。さらに、将来芸人になりたいという、富澤の6歳になる息子は、ビデオレターである人気芸人のギャグをちょっと変わった形で披露。「出かけた涙が引っ込みました」と困ったように笑う富澤の嬉しそうな表情に注目だ。