0年 0月 の投稿一覧

指原莉乃が握手会のテクニックを暴露 特定の人だけに本音吐露?

 2月27日、HKT48の指原莉乃と、ブラックマヨネーズの小杉竜一、吉田敬がMCを務める 『指原莉乃&ブラマヨの恋するサイテー男総選挙』#43 (毎週火曜よる9時〜)がAbemaTV(アベマTV)にて放送。指原は、アイドルがファンに対して意識的に使っているテクニックがあると明かした。

 ゆがんだ恋愛観を持つサイテー男たちが、トークを繰り広げる同番組。ひなまつりを間近に控えた27日放送回では「全員女性SP」と題し、男を手玉に取る経験豊富なやり手の女“ヤリテー女”たちが集結した。

 シンガーソングライターのしんどう久美は「男を落とすテクニック」がトークテーマに挙がると、「貢がせやすい男」とフリップに記入。男性に貢がせるためのテクニックを紹介した。

 しんどうはミュージックバーに勤務していた際、狙っている客を特別扱いすることで、欲しいものを手に入れていたという。例えば、他の客には笑顔を振りまいていたとしても、目当ての人の前では「ちょっと疲れた」と本音を漏らし、「○○さんいるからもう少し頑張る」などと言っていたそうだ。この手法で「大概のものは手に入ります」としんどう。上京したての頃は家電がそろっていなかったため、冷蔵庫や炊飯器をもらっていたと話した。

 しかし、金持ちの客は遊び方を知っているため、このテクニックは通用しないそう。しんどういわく、「真面目で小金持ちぐらいの人を狙うとドはまりして、見栄張ってお金使ってくれる」とのこと。

 この話を聞いた指原は「アイドルと同じやり方。『あぁ疲れた』ってその人だけに言うとか、そういうのって握手会とかでもテクニックがありますから」と、現役アイドルらしからぬ発言でスタジオを驚かせた。吉田から「現役やろ!」とツッコまれても気に留める様子もなく、「効果ありますよね、絶対に」とうなずく指原だった。

⇒『指原莉乃&ブラマヨの恋するサイテー男総選挙』#43はAbemaビデオで配信中

(c)AbemaTV

木村拓哉と山口智子が22年ぶり共演「ロンバケの約束」


 
木村拓哉山口智子の共演には感動したな〜 ロンバケ世代にはたまらんです》
《知る人ぞ知る! キムタクと山口智子の懐かしいツーショット!》
 
視聴者たちを歓喜させたのは、2月22日に放映されたドラマ『BG〜身辺警護人〜』(テレビ朝日系)第6話のラストシーン。木村拓哉(45)が演じる島崎章の元妻役として、山口智子(53)が登場したのだ。
 
ドラマ『ロングバケーション』(フジテレビ系)といえば’96年に平均視聴率29.6%を記録し、ドラマ史の金字塔を打ち立てた作品。当時“月曜日はOLは街から消える”とも言われ、社会現象にもなった。
 
3月1日放送予定の第7話は、山口が演じる元妻を中心としたストーリーとなるという。
 
「ロケ現場で山口さんは、息子役の田中奏生くんと肩を寄せ合って談笑していました。そこに撮影を終えた木村さんが笑顔で駆け寄ってきたのですが、まるで本当の家族のように見え、実に微笑ましかったですね」(制作関係者)
 
まるで家族のようだったという『BG』ロケ現場での木村と山口だが、22年前のロンバケ撮影現場では、まるで本当の恋人同士のようだったという。当時を知るテレビ局関係者は次のように語る。
 
「木村さんと山口さんは、現場で会うと必ずハグをしていましたし、山口さんが『セナ〜!』と叫んで、後ろから木村さんに抱きつくこともよくありました。クランクアップのときには、山口さんが木村さんに『いつかまた共演したいね!』と笑顔で言っていたのが印象的でした」
 
22年越しについに果たされた“約束”。だが実は、木村自身もごく最近まで、この再共演のことを知らされていなかったという。前出の制作関係者は言う。
 
「第4話で、木村さんが離婚した妻に電話をかけるシーンがありました。その撮影が終わった後に、木村さんは『いったい俺は誰に電話をしているんだ!?』と苦笑いしていました。まだこの時点で元妻役は確定しておらず、プロデューサーは山口智子さんサイドと水面下で交渉中だったそうです。ようやくキャスティングが決まったときには、木村さんも『山口さん!?ホントに?』と驚いていたそうです」

木村拓哉と菅田将暉の母が講演会「子育て」に関するトークショー

「菅田将暉」母と「キムタク」母の登場

写真拡大


 さすがの安倍総理も頭を悩ませているに違いない。未だに“モリ・カケ問題”の質問が国会で飛び交い、野党からは証人喚問を求められている昭恵夫人(55)。だが、ご本人は、どこ吹く風だ。超人気俳優の母親たちによる対談ショーに登場すると、主役を飲みこむ人気を見せつけていた。

 2月18日、都内ホテルで開催されたイベントに、サプライズで出席した昭恵夫人。冒頭で祝辞を述べる際には、予想外のゲストの登場に場内からはどよめきが起こったほどだ。そして、

「この会場に入ってきた時から、もう普通の会とは違う……なんかすごい空気を感じて(略)“あ、ここは何を言っても大丈夫な会なんだろうな”となんとなく安心しているところです」


菅田将暉」母と「キムタク」母の登場

 と、ツカミで会場は大爆笑の渦に包まれたのである。

 イベントは、女性の精神的自立を目指し、「ママ教育」を薦める団体が主催する討論会。なんとキムタク(45)と菅田将暉(25)の母親2人が目玉として登壇し、「子育て」に関するトークショーを行うというものだった。そのためか、参加費は1万4000円と高めだが、180席ほどのテーブルは満席だ。昭恵夫人は続けて、

「何を話したらいいのか……私は、子育てをしているわけではありませんし、ママ育と言われても、皆さんにお話しするようなことはないんですけど……」

 じゃあ、なんで出てきたの?とツッコミたくなるが、その後も喋る喋る。先日、福岡県に行き、暴走族から更生し、ボランティア活動をする人物らと懇談して感動したことや、人気ブロガーと壱岐島まで足を延ばしてミュージカルを見たといったことまで、脱線気味の長広舌を振るったのだった。

 話を討論会に戻せば、2人の母親からは、なかなかの秘話も飛び出した。せっかくなので、アッキー節の後に行われた本来のメインイベントにも触れておこう。

ポケットがビリッ!

 日頃からスピリチュアル的な講演活動を行っているキムタクの母は、子育てで苦労したこととして、

「やはり恐喝であり、イジメでした。通学路全部に、族と言いますか地域の人が、待ち伏せしているんです。そういったことは、息子は何も申しませんでしたけれども、ワイシャツのポケットがビリッと破れていたり」

 一方、菅田の母親は司会者から歌手でもある長男のことを褒められると、意外な家族内評価を打ち明けた。

「ウチの家族の中で、割と最下位に近いんです。主人と次男が上手い。次男は大学のアカペラサークルで活躍していまして、去年は優勝したりしているので。主人が一番、その次が次男、その他という感じです」

 そんな話を笑いながら聞いていた昭恵夫人。休憩になると、ゲスト2人を差し置いて、写真を撮ろうとする参加者たちが列を作るほどの人気だ。ここへ来る前にするべきことがありそうだが、アッキーに聞くと、

「あー、別に証人喚問受けるようなことはないので。国会には呼ばれてもいないから。ここは呼ばれたので来ているだけです」

 やはり一度、呼ばれるべきでは。

「週刊新潮」2018年3月1日号 掲載

「孤独のグルメ」Season7が放送決定 松重豊はfinalを提案も却下

『孤独のグルメ』Season7の放送決定!松重豊、season finalを提案も…

写真拡大


俳優の松重豊が主演を務める、テレビ東京の“飯テロ”ドラマ『孤独のグルメ』のSeason7が、4月6日(金)よりスタートすることがわかった。

本作は、2012年1月、10月クール、2013年7月クール、2014年7月クール、2016年10月クール、2017年4月クールと6期にわたってテレビ東京系列にて放送され、数々の“夜食テロ”巻き起こしてきたグルメドキュメンタリードラマ。

season7は初心に返り、世間にはあまり広く知られていない町での素晴らしいグルメとの出会いから始まる。さらに『孤独のグルメ』では外せない和食はもちろん、最強メニューである肉料理や一番人気の中華など多彩なジャンルのメニューが登場するだけでなく、出張編もあるなど番組の魅力が満載。その一方で、これまで紹介していないジャンルのグルメが登場するなど、新たな演出も取り入れ、今までとは違う挑戦も行っていくという。

Season7決定を受け、松重は「視聴率も頭打ちなので、この際閉店商法で『孤独のグルメ season final 究極の晩餐』にしたらと提案しましたが却下されました」と冗談まじりにコメント。シリーズ開始から6年、井之頭五郎を演じる上で何か変化はあったか聞くと、「行った覚えのない飲食店に、私のサインが置いてあった」と明かし、「この番組を断食中の僧侶が観ているそうです。見方を変えればダイエット効果抜群です。但し、夥しい煩悩と戦わなければなりませんが」と語っていた。

内藤剛志&安達祐実が連ドラで共演「家なき子」以来23年ぶり

内藤剛志(中央)主演、テレビ朝日系『警視庁・捜査一課長』(4月スタート)に安達祐実、塙宣之(左)が新加入(C)テレビ朝日

写真拡大


 俳優の内藤剛志が主演するテレビ朝日系ドラマシリーズ『警視庁・捜査一課長season3』が4月から木曜ミステリー枠(毎週木曜 後8:00)で放送されることになり、今シーズンから女優の安達祐実がレギュラー出演することがわかった。内藤と安達といえば、大ヒットドラマ『家なき子』(1994年、1995年/日本テレビ)。天才子役として華々しくデビューした安達は、内藤演じる飲んだくれの父に虐待される少女を演じ、センセーションを巻き起こした。往年のドラマファンにはたまらない黄金タッグが、なんと連続ドラマの共演は、23年ぶりに装いも新たによみがえる。

【写真】『season2』まで斉藤由貴がレギュラー出演していたが…

 内藤は「仲が悪いんじゃないかというイメージを持っている人もいるみたいですが、本当は仲が良いんですよ。今回やっと共演のチャンスが来て本当にうれしい!」と言えば、安達も「内藤さんは私の中で特別な存在。今回、ご一緒していなかった時間を凝縮するかのように、私のお芝居を目の前で見てもらえるチャンスが来たことが純粋にうれしい」と、共演を喜びあっている。

 連ドラの共演は23年ぶりだが、2014年に内藤がレギュラー出演する『科捜研の女』(主演:沢口靖子)に安達がゲスト出演したことがあり、「撮影の合間に2人で話していたら、周囲がザワついていたんですよ(笑)」と内藤。実際はLINEでつながる仲だといい、「(『家なき子』が)代表作といわれるのはうれしいけど、それを超えるものをやりたいね、と2人でずっと話をしてきた」と明かす。「僕にとって、祐実ちゃんは、血は繋がっていないけど娘のように感じる、稀有な存在。特別すぎてうまく言い表せないのですが、あの時から不思議な絆を感じる」という。

 安達も『家なき子』当時を振り返り、「私がまだ子どもであまり大人の方々とお話しができなかったので、(内藤が)こんなにおしゃべりが弾む方だったんだな、と改めて思いました(笑)。『家なき子』撮影当時は、本番で内藤さんから台本にはないアドリブが投げかけられると、役柄の“すず”として「負けない!」という気持ちが湧き上がってきたことを覚えていますね。お父さん役で共演させていただいた俳優さんはたくさんいるのですが、内藤さんはやはり私の中で特別な存在。すごく不思議なのですが、“何か”が違うんです!」と話していた。

 同ドラマは、警視庁の花形部署、捜査一課の400人以上の精鋭刑事を統率する“課長”が主人公。捜査一課長は、ヒラ刑事から這い上がってきたノンキャリアの“叩き上げ”が務める、警察組織内でも特殊なポスト。都内で起きるすべての凶悪事件に臨場し、いくつもの捜査本部を同時に指揮しながら捜査方針を決めるなど、極めて重い責務を担っている。そんな捜査一課長に上り詰めた大岩純一が、危機に立たされながらも、「被害者の無念を晴らすため、一刻も早くホシを上げる!」の大号令のもと、信頼する部下たちと共に重責を果たしていく姿を描いていく。

 2012年7月、『土曜ワイド劇場』からスタートし、16年4月期に連ドラ化。昨年4月期に『season2』が放送され、平均視聴率12.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)の好成績を残した。“見つけのヤマさん”こと小山田管理官役の金田明夫や、大岩の愛妻・小春役の床嶋佳子のほか、本田博太郎、矢野浩二、鈴木裕樹など、おなじみの面々が再集結する中、安達は新キャラクターの女性刑事・谷中萌奈佳(やなか・もなか)を演じる。

 さらにもう一人、大岩捜査一課長の側近中の側近である“運転担当刑事”役にお笑いコンビ・ナイツの塙宣之が抜てきされた。塙が演じる奥野親道(おくの・ちかみち)は、妻の死後、子育てのためしばらく事務職に移り、再び現場の第一線に戻ってきた異色の刑事。長年の主夫経験から得た生活の知恵や“女子力”を駆使して、捜査に奔走する。

 塙は「僕は意外と子育てにも参加しているので、ピッタリな役だなと思いましたね。2人の娘のために『プリキュア』の新シリーズもチェック済みですし、“女子力”は高いんですよ(笑)。事件解決のヒントとなるようなせりふを言わせていただけるのかな、と今から楽しみにしています」と、意気込んでいる。

明石家さんまが藤田ニコルに容赦ない一撃「例えがバカ」

藤田ニコル【撮影:non】

写真拡大


 27日に放送された「踊る!さんま御殿!!」(日本テレビ系)で、明石家さんまが、藤田ニコルとバトルを展開した。

 「頭の良い人は恋愛がダメ」というニコル。高校時代、テストの範囲を頭の良い人にメールで教えてもらった後、「ありがとう」のあとに「ハートマーク」をつけただけで、好意を寄せていると勘違いされたと語った。

 さらに「ニュースを見ていても、頭の良い人たちばっかりが不倫したりとか、いけない事件を起こしてる」と主張。その偏見にさんまは「そんなことない」と否定し、「不倫はアホもする!」と叫んだ。

 さらにさんまが、京大出身の俳優・山西惇の卒論タイトルが未だに覚えられないと言うと、山西が 「アルファアニシルネオペンチル系化合物のソルボリシスに関する研究」とスラスラ語った。

 それに対しニコルが「ハリーポッターの呪文みたい」と言うと、またしてもさんまは、「例えがバカ」とバッサリ。さすがのニコルも笑っていた。

新垣結衣が「ビオリス」の新CMに出演 笑顔&ナマ足を披露

「ビオリス」の新CMでショートパンツ姿を披露する新垣。スラリと伸びた美脚とナチュラルな表情で魅了する

写真拡大 (全3枚)


 女優、新垣結衣(29)がコーセーコスメポートの新ヘアケアブランド「ビオリス」の新CMに出演。3月8日から全国でオンエアされる。

 今回の「あまりにもきれいで」編は、青々とした植物が茂るボタニカルルームで撮影。白のTシャツにデニムのショートパンツで飾り気のない姿のガッキーが「ビオリス」の洗い上がりを確かめ、思わず見とれているカメラに「何見てるの?」とささやく。ナチュラルな笑顔&ナマ足は癒やし効果抜群で、春の訪れにふさわしい映像に仕上がった。

 ガッキーは「髪を乾かした後も、軽やかで指どおりがとてもいいです。香りも甘みのあるフルーティーな感じで、さわやかな気分になります」と大満足。同2日発売の「ビオリス」は、髪と地肌に優しいボタニカル・キューティクル・ケア・ブランド。あまりにもきれいなガッキーにうっとりしそうなCMだ。

優香VS綾瀬はるか 最新艶技を実況中継(1)優香はTシャツ姿でも…

優香VS綾瀬はるか 最新艶技を実況中継(1)優香はTシャツ姿でも…

写真拡大


 お隣の韓国では、アスリート美女が飛んで滑って、メダルをかけて奮闘中。翻って日本では、バストに自信ありな女優が、大ハッスル。日本が誇る2大Fカップ美女の金メダル級競艶をナマ実況っ!

 90年代のグラドル史上で記憶に残る肢体を披露していた優香もすでに37歳。すっかり熟れた女優になった彼女の最新作といえば、公開中の映画「羊の木」(アスミック・エース)だ。

〈とにかくたまらない。登場シーンから見事なバストを強調した服、近頃ない過激なキスシーンまでやってくれた〉

〈あんまり演技派の印象なかったのに、いつのまにやらスゴイ艶技派☆になってたー〉

 かつて「癒やしの女神」とまで言われた彼女の突如のエロ変化ぶりが、ツイッターで話題騒然となっているのだ。

 作品は山上たつひこ原作、いがらしみきお作画のコミックを実写化した作品。仮釈放中の受刑者を過疎対策のため地方都市に受け入れる国家的極秘プロジェクトの命により、いずれも殺人を犯し、服役した過去を持つ6人の男女が港町に移住してくる。その直後、身元不明の変死体が港に打ち上げられる‥‥というミステリードラマだ。優香はその受刑者の一人の人妻役で出演している。

 映画評論家の秋本鉄次氏が語る。

「もともとは巨乳グラビアアイドルだけにポテンシャルは高かったが、結婚して落ち着いた雰囲気の女優になってきました。バラエティー色が強かったけど、最近は年齢的にも成熟し、映画でワケありの人妻役を演じられるようになりましたね」

 私生活では、一昨年、俳優の青木崇高(37)と結婚しただけに人妻役も板についたようだが、今作ではデビュー20年にしてこれまでにない艶っぽい人妻役に挑んでいるのだ。さっそく、そのナマツバシーンを堪能してみよう。

 空港で市職員の出迎えを受けた優香は、ムショ帰りの自分の衣服の臭いをクンクン気にするそぶり。「カビ臭い」と、売店で新しい服に着替えると、かつてグラビアを席巻したF乳がさらに丸みを帯び、小さめのTシャツが張り裂けるほどのぴっちりシルエット。脂の乗り切った三十路のおへそがチビTからプルルンとハミ出る。

 シャバで福祉施設の職員として働き始める。先輩ヘルパーから、

「手伝ってあげて」

 との指示が。言われたとおりに一人の老人のもとへ。右半身不随のため左手で不器用に歯を磨く老人におずおずと近づいたかと思うと、後ろからそっと歯ブラシに手を添え、背後から介助。そして自慢のFカップを老人の背中にグニュリと押しつけるのだ。手を添えるどころか、かゆいところにまで手が届く過剰サービスが、心憎いほどみごとに演じられている。

ダウンタウン・浜田が語る「お笑い論」に需要が高まるワケ

ダウンタウン・浜田が語る「お笑い論」に需要が高まるワケ

写真拡大


 2月23日に放送された「ダウンタウンなう」(フジテレビ系)で、ダウンタウン・浜田雅功が自身のツッコミ美学を語ったことが話題を呼んでいる。この日のゲストは、激しくガナリながらの“どつき”でブレイク中のお笑いコンビ・カミナリ。ツッコミの石田たくみは「番組スタッフさんに、必ず最初の打ち合わせで出演者リストを見せられて『この人叩けますか?』みたいな…」と、ボケの竹内まなぶにやっているような激しいツッコミを、あらゆる番組での共演者に求められ、そのニーズに応えられていない点を浜田に相談した。

「石田が『叩いたらキレてしまうような“地雷”がいる可能性が…』と言うと、浜田は『地雷、踏んでいこうよ』と言い切り、自身の失敗談を語りました」(テレビ誌ライター)

 浜田は「ボクも地雷踏みましたよ。バンって叩いて収録終わって、スタジオ出るのを追いかけていって『どうもすいませんでした』って言っても無視されて」と語り、人物名こそ“ピー音”で伏せられたが、一昨年、同番組で志村けんがゲストの際に語られた「大物歌手K」のエピソードであることは想像に難くない。

「当時、ネットでも様々な憶測が飛び交いましたが、番組内で証言された『クイズ世界はSHOW by ショーバイ!!』(日本テレビ系)で共演した際の出来事であり、その後、共演がない大物、そしてイニシャルKということで導き出されたのが『加山雄三』でした。頭をぞんざいに扱われることを嫌がるというのも、加山についての“アノ噂”に符合します」(前出・テレビ誌ライター)

 それでも浜田は「イチかバチか行って怒られたらしゃーないって感覚でいないと」と芸人たるもの後先考えず、目先の笑いを追いかけることを石田に勧めた。これについて、ネット上では「浜田の言葉には重みと説得力がある」「浜田のツッコミ美学もっと聞きたい」といった、浜田のツッコミ論に興味を示す声が沸き起こった。

「松本人志が“お笑い論”を語ることはよくありますが、浜田が語ることは滅多にないですからね。先日、自身が出演する番組『浜ちゃんが!』(日本テレビ系)でも、ゲストに“朝日新聞の報道犯罪”を追及するいわゆる“モリカケ本”を買ってもらう場面が放送され、『浜ちゃんの政治語りを聞いてみたい』という声がSNSで上がっていましたが、松本のコメントが逐一ネットニュースになってしまう昨今、浜田が何を考えているのかも聞きたいという機運が高まっているのは間違いない」(前出・テレビ誌ライター)

 実は“読書家”との噂もある浜田雅功、そのベールを脱ぐ日はくるのか?

高橋真麻がご自慢のボディを「モミモミさせた」驚きの相手とは?

高橋真麻がご自慢のボディを「モミモミさせた」驚きの相手とは?

写真拡大


 Hカップアナの高橋真麻がご自慢のボディを人に揉ませたとブログで告白し、ファンを驚かせている。

 2月24日付のブログで明かしたもので、何と前の晩から自分でモミモミしていたのだが人に揉んでもらったという。艶っぽく聞こえる告白だ。気になるそのお相手とは真麻が所属する事務所の社長。よもや事務所の社長とそんなふしだらな関係になっているのかとファンなら不安になってしまうが、社長とは小林亜紀子さん。つまり真麻の母親だ。

「その様子を写した写真が公開されています。母が彼女の臀部のあたりに手を当てて、グイグイと揉んでいる。真麻はイタ気持ちいいのか、照れがあるのか、はにかんだような顔なんですが、それがグッときますね」(芸能ライター) 

 社長でもある母に臀部を揉ませるとはいったい何があったのか。実は真麻は坐骨神経痛なのだという。前の夜から左腰、ヒップ、足が痛くて自分でモミモミしていたが、テレビの収録にやってきた母親に揉んでもらったというのが真相。相手が男でなくてホッとしているファンも多いことだろう。

「坐骨神経痛は、腰から足まで伸びている坐骨神経が何らかに理由で圧迫され、痛みやしびれを感じる病気です。圧迫の原因がはっきりしないケースも多い。その場合は体重を落としたり、腰周辺の筋肉をつけたりすることで解消できることもあります。また重い物を持つのもよくありません」(都内の医院に務める医師)

 真麻は坐骨神経痛の原因と理由を明らかにしていないが、あのHカップが原因ということも考えられる。また最近はしきりに太ったことを気にしている様子。

「坐骨神経痛の原因が別のことであってほしいものです。神経痛解消のためにダイエットし、Hカップが縮小してしまう、なんてことになれば残念でなりません」(女子アナウォッチャー)

 痛みに負けることなく、HからIを目指してがんばってほしいものだ。