0年 0月 の投稿一覧

カンニング竹山「レギュラー番組売込み」試作映像の“逆効果すぎる”中身!

カンニング竹山「レギュラー番組売込み」試作映像の“逆効果すぎる”中身!

写真拡大


「野望」は、「無謀」で終わりそう!?

 お笑い芸人のカンニング竹山が同局の吉田明世アナの質問に答え、その遠大な計画を明らかにしたのは、1月29日放送のラジオ番組「たまむすび」(TBSラジオ系)でのことだった。

「竹山はYouTubeに『拝啓テレビ局様チャンネル』を開設して知人のディレクター2人に頼んで映像を制作してもらったそうです。うち1本目の『カンニング竹山にレギュラー番組をください PART1』は、1月24日に公開して、チャンネル登録数が2月1日には1200、視聴回数5799回を記録しました。さらに29日に公開した2本目の映像『カンニング竹山にレギュラー番組をくださいPART2 〜明太子グルメレポート〜』は、視聴回数2233回を突破していますが、93万人あまりのフォロワーを誇る公式ツイッターでこまめにPRに務めている割には、なかなか思うように視聴回数が増えないでいる」(芸能ライター)

 YouTubeへのチャンネル開設の理由は、竹山は、出身地の福岡で、レギュラーを務めるテレビ番組を持っていないこと。一念発起して、宿泊・食事・飛行機代など諸経費すべて自腹を切り、故郷のテレビ局に向け一世一代の売り込みをかけているのだ。

 「ところが、配信中の映像を見るとユルユルのグダグダ。情報番組が1日10番組もあることに目をつけ、食レポを売り込もうとなじみの明太子屋を突撃。だが、肝心の味については『うまい』の一辺倒で、試食後は自分のお土産として購入することに夢中になり、同行ディレクターが財布をロケ車に忘れたからと、竹山に金を出させ、自分たちのお土産を買わせるまさかの展開に。キレ芸が売りの竹山が、仕事を忘れた自分を棚に上げ、2人に毒づいて終了。竹山はうんちくも語らず、店の人との交流もないまま。竹山のアップのシーンでピントがズレまくるなど、プロとは思えない水準。これを8回も続ける予定とか。上から目線のしゃべりといい、逆効果必至となりそう」(ネットライター)

 時間はかかるが、各番組プロデューサーのもとに出向いて直接交渉したほうが、まだ可能性があるかもしれない。

(塩勢知央)

これがキョンキョン流?小泉今日子がみずから不貞を暴露した深いワケとは

これがキョンキョン流?小泉今日子がみずから不貞を暴露した深いワケとは

写真拡大


 2月1日、小泉今日子が事務所からの独立とともに以前から噂となっていた俳優・豊原功補との交際を、個人の会社である「明後日」のHP上で発表した。驚いたのは豊原との不貞関係を認めたことだ。豊原も同日、公式サイトで小泉と恋愛関係にあること、自身が既婚者であることを認め、妻子とは3年近く別居中であることを述べている。

 この前代未聞の発表に「あっさり不貞を認めるあたり、さすがキョンキョン!」「小泉流、かっこいい!」といった声もあるが、「不貞は不貞。尊敬できない」「奥さんがかわいそう」「堂々と不貞を宣言するなんて何を考えているの?」といった批判的な意見も多く、賛否は分かれている。小泉らはなぜ、みずから不貞を認めたのだろうか。

「豊原さんはすでに離婚しているという噂があったことから、これまでは大人のカップルとして好意的に見られていました。これは、小泉さんが所属していた事務所流の小泉さんの守り方だったのかもしれません。しかし、小泉さんにはもう後ろ盾はなくなった。独立と同時に悪い噂が出ても、誰も打ち消してはくれません。独立したタレントがスキャンダルでつぶされるケースはこれまでもありました。だからこそ、バレる前にみずから暴露したのではないでしょうか。かっこいいとか、時代に逆行しようとか、そういう狙いではないと私は思います」(エンタメライター)

 バレてしまえばさらに風当たりは強くなる。だったらいっそ…ということだろうか。

(笠松和美)

有吉弘行、めっきり酒の弱くなった“恩人”上島竜兵に万感の思い!

有吉弘行、めっきり酒の弱くなった“恩人”上島竜兵に万感の思い!

写真拡大


 お笑い芸人の有吉弘行が、先輩芸人のダチョウ倶楽部・上島竜兵の「困ったちゃん」ぶりに、手を焼いていた。それは1月20日、上島の57歳の誕生日のことだった。ちょうどこの日の有吉は、自身の故郷でもある広島で上島とロケをする仕事があり、終了後の打ち上げに一緒に参加した。

「なのに夜7時から始まった飲み会で、1時間ほど経った頃、上島は焼酎2杯とウィスキーの水割りを飲んだところでロレツが回らなくなり、『もう酔っちゃってダメだ』『帰ろうかな』を連発し始めたんです」(芸能ライター)

 驚いたのは有吉。というのも、サプライズで上島の誕生日祝いを用意していたからだ。

「帰りたがる上島をなだめすかし、急いでバースデーケーキを登場させて電気を消灯。大慌てのスタッフがケーキを運び込むと全員でハッピーバースデーの歌を合唱したんですが、当の上島は、すでにベロンベロンにできあがっていて、まるで状況を認識できず、有吉がかわりにローソクの火を消した。ここでようやく気づいた上島は『やめろ!』と絶叫しながらも、サプライズの心づくしに嬉々としていたそうです」(前出・芸能ライター)

 1月21日放送のラジオ番組「有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER」(JFN系)で、有吉が明かしたものだが、それにしても上島といえば、酒豪で知られていたはずだが…。

「30年以上前から、ダチョウの上島と肥後克広を中心に、有吉、土田晃之、デンジャラス、劇団ひとり、カンニング竹山ら上島を慕う後輩芸人たちと“竜兵会”を組織し、週に3回は行きつけの居酒屋に集まってはオダをあげていました。上島は芋焼酎や日本酒が大好きで、朝まで飲んでいたそうです。酔っぱらうと赤ちゃん言葉で話し出し、やたら泣き上戸になるものの、楽しい酒だったそうですね。それが、なじみの店が閉店したり、メンバーが売れっ子になって次第に集まることも減って竜兵会は消滅。上島と有吉が一緒に飲む機会も激減し、この時も久々の飲み会だったそうです。猿岩石で大ブレイク後、長い不遇時代も、竜兵会では変わらずに接してくれた上島には、有吉も感謝の気持ちはひとしおだったと思いますよ」(前出・芸能ライター)

 そんな上島が、ここまで酒が弱くなったことを全然知らなかった有吉は、わが目を疑ったそうで「SUNDAY NIGHT DREAMER」でも、「あんな早いかね?」とボヤいていた。まあ、上島もアラ還。元気に痛飲していたのは、30年も昔の話だから、今後、上島に飲み会でサプライズする際は慎重にやったほうがよさそうだ。

(塩勢知央)

フィフィ、misonoの意外な一面を明かす「想像以上に繊細な子」

misono

写真拡大


6日、タレントのフィフィが、自身のTwitterアカウントで、歌手・misonoの意外な一面を明かした。

misonoは5日、自身の公式ブログで「終止符=通過点(4)」と題した記事を投稿している。その中で「『自分は“右往左往&浮き沈み”してしまう人間』だから、皆様の言う通り『バラエティーには出ない方がいい』っていう意見を、取り入れてみて…実行してみる事にしました」「よって今までみたくmisonoが自ら『この番組に出たい』と、アプローチする事はないです」と、バラエティー番組の卒業を宣言した。

これを受けて、アメーバニュースが「misono、バラエティーからの卒業を宣言『もうコレ以上は、叩かれたくない』」との記事で報じており、フィフィは記事を引用しつつツイートした。

ツイートによると「バイキング」(フジテレビ系)で共演した際に、misonoは発言するごとに「これで良かったのかな」と、フィフィに問いかけてきていたという。それほどまでに「世間の反応を気にしていた」ため、「想像以上に繊細な子」だと、フィフィの目には映っていたようだ。

【関連ページ】
misono/Me(misonoの妹分)Official Blog「miso脳☆misoKnoW」

【関連記事】
浜田雅功の黒塗り 批判する人に疑問「優劣を付けて人種を見てる」
フィフィが理事選に落選した貴乃花親方に見解「プライドを保てた」
「酔ってませんか?」フィフィが会見中の豊原功補の言動に疑問

叶姉妹がInstagramに投稿した「親子のあり方」 母親たちから賛同の声

絵本作家・のぶみさんが作詞した「あたし、おかあさんだから」という歌が炎上する中、叶姉妹が2月5日、恭子さんの写真とともにインスタグラムに投稿した”親子”の在り方が共感を呼んでいる。

「あたし、おかあさんだから」では、子育てのために自分の好きなことを我慢する母親が描かれているが、叶姉妹の投稿には「『親』と『子』は、お互いに自由であってよいという『救い』でもあるのです」と説く。

「心配はするけれども、支配はしないこと。導きはするけれども、相手を信じること」

「親は子どもを救えません。 また逆に、子どもも親を救えません。親は子どもを変えることはできず、子どもも親を変えられません」

しかしこれは悲しむべきことではなく、そのくらい親と子は自由でいいという”救い”でもある、というのだ。

「心配はするけれども、支配はしないこと。導きはするけれども、相手を信じること。『相手は、自分とちがう他人である』という気持ちが、お互いの人生に敬意を払うこと、心地よい関係性にとても大切なことです」

この投稿に対してコメント欄では多くの”おかあさん”から賛同の声が寄せられた。

「子供との関わり方を悩んでいました。ストンっと心の中に入ってくる言葉でした」
「育てる責任はあるけど、自由でいていいんですよね。親も子も、1人の人間ですもんね」

「恋人や夫婦などすべての関係性にあてはまるのでは」

また他者から押し付けられた母親像に悩んでいた人からは「今の私に救いの一文でした。知らぬ間に人様にイメージを押し付けて、勝手に裏切られたような感覚になってしまっていました」という声、また「親と子だけでなく、夫婦でも恋人でもそうですね」という声もあがっていた。

話題となっている「わたし、おかあさん」の歌詞は、のぶみさんが実際に母親たちからエピソードを募集して作りあげたという。歌詞に共感したという母親も多いが、親子の距離感を説く叶姉妹の投稿に救いを感じたという人も多かった。歌も投稿も、どこかの”おかあさん”の支えになったのであれば本望ではないだろうか。

中島美嘉が清水邦広と離婚 格差婚による金銭感覚のズレが埋まらず?

提供:リアルライブ

写真拡大


 歌手の中島美嘉と、男子バレーボール北京五輪日本代表でVプレミアリーグ・パナソニックに所属する清水邦広選手が2日に離婚したことを、3日付の各スポーツ紙が報じた。

 もともと中島が清水のファンで、2011年に知人を介し、中島から手紙を渡して交際に発展。その後、2014年12月25日に結婚した。

 中島は仕事のスケジュールを縫って、たびたび試合会場に応援に駆けつけ、テレビ中継に真剣な面持ちで夫を応援する中島の姿が映し出されたこともあったのだが…。

 「もともと、奇抜なファッションで知られていた中島。アスリートの妻は本来、夫よりも目立つべきではないが、華美なファッションの中島が試合場に来るとどうしても目立ってしまう。おまけに、中島の関係者は“VIP待遇”を要求するので、バレー関係者の間ではあまり良く思われていなかった」(Vリーグ関係者)

 各紙によると、離婚の理由はすれ違い。清水は大阪に本拠地を置くパナソニックに所属し、全国を転戦。一方、中島も仕事で東京や地方にいることが多く、月に3、4回しか会えないこともあったのだとか。

 昨年9月に夫婦で出演したテレビ番組では、2人で過ごしている時も清水がイヤホンをして映画を見ているそうで、中島が不満を漏らす場面もあった。

 2日夕に代理人を通じて都内の区役所に離婚届を提出し、離婚が成立したというのだ。

 「結婚当初から、2人の“格差婚”が心配されていた。中島は一時期よりも勢いが衰えたとはいえ、カラオケで人気の持ち歌もあり、毎年数千万単位で稼いでいる。一方、清水の収入はどう頑張っても中島の足元にも及ばないので、金銭感覚の大きなズレは離婚まで埋まらなかったのでは」(芸能記者)

 中島、清水ともに、再婚は初婚と違う職業の相手を選んだ方が良さそうだ。

藤崎マーケット・トキの仮想通貨被害ネタ「引っ張り過ぎ」との声も

「コインチェックにてNEM盗られ日記」(画像は「藤崎マーケット」トキさんのツイッターより)

写真拡大


仮想通貨「NEM」の流出の被害にあったお笑いコンビ「藤崎マーケット」のトキさん(33)が、ツイッター上で日記を更新している。

その名も「コインチェックにてNEM盗られ日記」。コメント欄には今回の経験を書籍化すべき、など好意的な声もあるが、「引っ張り過ぎ」と指摘する人も少なくない。

15年音信不通の人から「なんぼ突っ込んでたん?」

トキさんは、2018年1月26日に仮想通貨取引所の「Coincheck」から「NEM」が流出したことで、貯金がすべてなくなったとツイッター上に報告、話題となった。

その後、27日からトキさんはツイッター上で「コインチェックにてNEM盗られ日記」をスタート。初日は、

「強いお酒を飲んだにもかかわらず昨夜は寝れなかった。朝8時寝不足のまま朝の情報番組へ。司会のハイヒール、リンゴ姉さんが何故かコインに見えた」

と、仮想通貨流出をネタに、悲哀に満ちたツイートを投稿。この投稿には100以上のコメント、2000以上のリツイート、4000超の「いいね」がついている。

トキさんは28日以降も2月5日まで10日間にわたり、毎日この日記を更新している(6日11時現在)。1月31日の日記では、

「朝、久しぶりにテレビの星座占いを見る。今日の射手座のラッキーアイテムは『テーブル』だそうな。テーブルごときでどうこうできる問題ではない」

と、事態の深刻さをアピール。ほかにも、2月1日には、

「昔、ラーメン屋でバイトをしていた頃に突如、音信不通になりバイト先にも来なくなった『鈴木』から、どうやって連絡先を知ったのか、15年ぶりにメールが来た。一文章のみ。『なんぼ突っ込んでたん?』。トんでいた人間も興味のあるこの事件。早期解決を望む」

と、疎遠だった知人から問い合わせがあったことを明かすなどしている。

「体験を本に」「ここまで引きずるんだったら…」

この「日記」に、コメント欄では、

「仕事増えるようにネタ書けぇー(笑)」
「トキさん、頑張ってください!!」
「めっちゃおいしいですね 転んでもタダで起きないトキさん 芸人魂素晴らしい」

と、トキさんを励ます声や、

「体験を本にして売りましょう」
「投資は、余力で行わないとこういう事もおきるという典型だとおもうので、これはこれで、経験談として書籍化したら売れるきがします!!」

と、今回の一件を書籍化するべきという声も。

ただ、一方では一連の問題について「引っ張り過ぎ」と見る向きも多く、

「いつまでこんなお涙頂戴のツイートしているの?」
「ここまで引きずるんだったら、集団訴訟に参加したら?それでまたマスコミに出て仕事恵んでもらえばいいんじゃないの?」
「いつまで、このネタをするきだ?仮想通貨のイメージが悪くなる!」
「炎上ネタ良かったじゃん。本気で余剰金を投資に回して無かったんなら只のギャンブルでスってブチブチ言ってるアホやろ?なんでリスク分散させんかったんや笑」

と、トキさんに対して厳しい声も少なくない。

「あさイチ」井ノ原快彦&有働由美子アナが卒業へ NHKが正式発表

有働由美子アナウンサー (C)ORICON NewS inc.

写真拡大


 NHKは6日、朝の情報番組『あさイチ』(月〜金 前8:15)の司会を務めるV6・井ノ原快彦(41)と有働由美子アナウンサー(48)が、3月いっぱいで卒業することを正式に発表した。なお、後任については後日発表する。

有働由美子のプロフィール

 同番組は2010年にスタート。井ノ原と有働アナは番組の顔として、くらしに役立つ情報、さわやかな映像や感動、生活の不安解消など、朝の番組らしいさまざまなテーマを8年間にわたって伝え続けてきた。

 卒業について同局は「有働アナウンサーについては、このタイミングで卒業し、新しいステージに挑戦してもらいたいと考えました」と説明。井ノ原においては「有働アナが番組を離れるのであれば2人そろって卒業という形を取りたいという思いを受け、卒業することになりました」と明かし「今後とも2人を応援していただけると幸いです」と伝えた。

 また、井ノ原は書面を通じて「有働さんをはじめとした『あさイチ』の仲間たち、そして愛のある視聴者の皆さまにここまで育てていただきました。心から感謝しております」とし「この先『あさイチ』がさらにパワーアップしていくことを願いつつ、視聴者の皆さまとともに見守っていきたいと思います」とメッセージ。

 有働アナも「『あさイチ』を視てくださっている皆様。本当に本当に毎日支えてくださって、ありがとうございます」と感謝の言葉とともに「来年度に最高の形でバトンタッチできるよう、イノッチと共に最後まで全力で向き合っていきます」と、誓った。

以下、2人のコメント全文

【井ノ原快彦】
今年の3月末に『あさイチ』を卒業させていただくことになりました。
有働さんをはじめとした『あさイチ』の仲間たち、そして愛のある視聴者の皆さまにここまで育てていただきました。心から感謝しております。
この先、『あさイチ』がさらにパワーアップしていくことを願いつつ、視聴者の皆さまとともに見守っていきたいと思います。4月からの『あさイチ』もどうぞよろしくお願いいたします。

【有働由美子アナ】
「あさイチ」を視てくださっている皆さま。本当に本当に毎日支えてくださって、ありがとうございます。私の大好きな「あさイチ」を来年度に最高の形でバトンタッチできるよう、イノッチと共に最後まで全力で向き合っていきます。

二階堂ふみが激変した恋愛観を告白「ストライクゾーン広まった」

激変した恋愛観を明かした二階堂ふみ (C)モデルプレス

写真拡大


二階堂ふみ/モデルプレス=2月6日】女優の二階堂ふみが、5日放送の日本テレビ系トークバラエティ番組「しゃべくり007」(毎週月曜よる10時〜)に出演。激変した私生活と、プライベートの交友関係を明かした。

【さらに写真を見る】ブルゾンちえみ&二階堂ふみ“ぱっつんコンビ”2ショットに「美人姉妹」「オン眉可愛すぎ」と絶賛の声

◆二階堂ふみ、激変した恋愛感とは?

最近生活スタイルが“激変した”という二階堂。以前は夜遊びに行くことも好きだったが、最近はペットの犬にあわせ早寝早起きのヘルシーな生活になったと、その変化を語った。

二階堂はその他の“激変ぶり”も明かすこととなり「男性の好みが広くなった」と告白。以前は硬派で寡黙な不良タイプが好きで、ワイルドな恋愛に憧れていたが、現在はツバを吐かなかったり、前髪をずっとこだわっていなければ良いなど、ストライクゾーンが広まったことを明かした。また、中学生までぼさっとしていた眉毛を、高校球児がクッと剃ってしまうのが嫌だと話しスタジオを笑わせた。

◆二階堂ふみ、プライベートで仲が良いのは?

生活スタイルは変わったものの、友達関係はあまり変わらないという二階堂。女優でモデルの菜々緒とはヨガやお茶をしに行く仲で、突然「明日からタイに行くんだけど、どう?」などと連絡が来ることもあるそう。

また女優の有村架純、川栄李奈、松岡茉優とも仲が良く、最近はお笑いタレントのブルゾンちえみと食事に行ったという。「あまり人見知りはしないんです」と明かしていた。(modelpress編集部)

情報:日本テレビ

【Not Sponsored 記事】

ジャニーズのネット写真解禁 裏で媒体締め出された媒体も?

ジャニーズ“ネット写真解禁”の裏で「媒体締め出し」の異常事態!? 伝わってくる混乱ぶり

 ジャニーズ事務所が長年禁止していたWEBでの所属タレントの写真掲載が、1月31日の関ジャ二∞・錦戸亮が登壇した会見から突如解禁。芸能記者たちがこぞって色めき立つなど、日本の芸能史が変わった1日となった。

 しかし、その舞台裏では写真が解禁になったことにより、取材から“締め出し”を食った媒体が続出していたのだという。

「今回、ネット写真解禁となった現場は、錦戸の主演映画『羊の木』の会見でした。ですが、この会見に呼ばれたのは大手マスコミばかり。これまで同作のイベントに、錦戸の写真が使えなくてもコツコツと足を運んだりして告知してきた小さい媒体には、会見があることすら知らされなかった。その上、あとで映画の宣伝担当者に抗議したところ、詳しい事情説明もなく『媒体を絞った』の一点張りだったらしいですよ。この対応に肩を落とし“泣き寝入り”する媒体関係者が続出といった状況のようですね」(ワイドショー関係者)

 とはいえ、今回の解禁にあたっては、ジャニーズ側がかなり敏感になっているという。

「『羊の木』に関しては、ジャニーズ側も慎重に対応しており、2月3日の初日舞台挨拶も同じような方針になったそうです。“解禁”といいながら、錦戸がいるために取材ができない媒体もあり、作品の宣伝よりも“ジャニーズルール”が先行した形になってしまったようですね」(同)

 一方、ジャニーズ事務所を退社した元・SMAPの香取慎吾などは、退社後初となるイベントでそれまでNGだった媒体の取材も受けるなど、対照的な対応をみせている。とはいえ、これだけ厳しい体制になっているのは『羊の木』だけともいわれる。

「『羊の木』以外で、別のジャニタレが出演するイベントの取材案内などがメディア向けにまかれていますが、そちらはWEB写真が解禁される以前と特に変わらず、これまで通りの対応といったようですよ」(同)

 今後、とりあえずはジャニタレの写真をWEB上で見る機会も増えそうだが、ジャニーズの舵取りが安定するまでは時間がかかるだろう。