0年 0月 の投稿一覧

指原莉乃がコンサートでドッキリ発言「あと2年か…2年いるかな?」

指原莉乃

写真拡大


 福岡・博多を拠点に活動する人気アイドルグループ「HKT48」が31日、さいたまスーパーアリーナで単独公演を開催した。

 2月25日の神戸・ワールド記念ホール公演からスタートした「春のアリーナツアー2018〜これが博多のやり方だ!〜」。3か所目になる今回の公演は、1万5000人の観客を動員した。

 メンバー一人ひとりがセンターとして登場する24曲に及ぶメドレーを披露。さらに、姉妹グループの垣根を越えてAKB48、SKE48、NMB48、NGT48、STU48の楽曲も歌唱し“博多流”で盛り上げた。

 さらに、メンバーが演じた寸劇では、HKT48劇場支配人を兼務する指原莉乃(25)がエロ女教師に扮し、タイトなミニスカート姿で登場。自慢の美脚をあらわにしながら「総選挙出ないから、なんでもありよ!」と会場にエロ目線を投げかけた。

 ドヤ顔で会場の盛り上がりを確認すると、昨年の総選挙で4位の宮脇咲良(20)を見ながら「咲良! 総選挙を3連覇すると、あなたも私みたいにこうなるのよ」と他のメンバーにはない色気あるオーラを振りまいた。

 また、途中のMCで田中菜津美(17)から「3連覇して総選挙に出ないけど、どんな気分?」と振られると「なんかね、貴族の高み(の見物)。下で何をやってるんだろうって」と“女王節”で会場を沸かせた。

 そんな指原は田島芽瑠(18)から「20歳になったら、一緒にお酒を飲みましょう」とお願いされると「あと2年か…2年後いるかな?」とドッキリ発言。「来年、卒業発表しても、ズルズル(卒業するまで)1年ぐらいたつからね」と1〜2年後の卒業に思いを巡らせるシーンもあった。

 また、終演後には同グループの公式ツイッターで、11枚目シングル「早送りカレンダー」を5月2日に発売することを発表。選抜メンバーも発表され、矢吹奈子(16)、田中美久(16)のフレッシュな2人が“ダブルセンター”を務めることが明らかになった。

“なこみく”の愛称で人気の2人。新しい試みにネット上はファンの驚きの声であふれた。

ジャニーズ事務所の改革「ネット解禁」でも結局変わっていないこと

ジャニーズショップ原宿店

写真拡大


 1月31日にジャニーズ事務所がウェブ媒体における写真掲載を許可、いわゆる“ネット解禁”に踏み切ってから2か月が経過した。

 当初は“常識を覆す重大発表”“歴史的改革”と、大事件のように扱われたが、実際のところ何が変わったのか。

「これまでもジャニーズは、“アナログ”から徐々にデジタル化を進めてきました。事務面では、各コンサートでのデジタルチケット導入や、ファンクラブ入会も限定的ながらウェブでできるようになりました。そして営業面においてもネット事業を推進してきました」(スポーツ紙記者)

 近年では、ジャニーズタレントが出演する各番組HPでの写真使用が緩和されてきた。昨年11月にはジャニーズWESTがネット配信ドラマに出演し、3月21日には動画配信サイト『YouTube』で『ジャニーズJr.チャンネル』がスタート。チャンネル登録数はすでに20万件を超える人気コンテンツとなっている。

 そんな中での“改革”だったのだが、いまだ解禁されていないウェブ媒体もある。

「ジャニーズを表紙に起用するテレビ誌やアイドル誌、映画誌やファッション誌などは、今なお不自然な白抜き、またイラストで代用されたまま。

 解禁はあくまでも新聞や雑誌などの報道目的のみで、商業誌では肖像権に触れるということなのでしょう。これを認めていないのはいまだにジャニーズだけです」(ネットニュース編集者)

 また舞台やコンサートでも、いわゆる“絵作り”写真以外はネット解禁されていない。こんな事情もある。

ネットから“落とせばいい”

「4月に嵐ら所属グループのコンサートシーンを1冊にまとめたオールスター写真集をジャニーズショップ限定で発売するように、そもそも写真はジャニーズにとって大きな収入源になっているのです。

 販売されている1枚160円(税込み)の生写真を、ファンは数枚から数十枚まとめて買っていくわけで、全面解禁を認めると生写真を買わなくてもネットから“落とせばいいか”となってしまう恐れがあるんですね」(芸能プロ関係者)

 そうでなくとも“海賊版”写真があふれている現状がある。いまだにオンラインでダウンロード購入できないのも、そんな“流出”を懸念してのことなのだろう。

 現在、春休み期間中ということもあり、遠方からも多くのファンが訪れるジャニーズショップ原宿店は、入店制限がかけられるほどの繁盛ぶり。

「担当するタレントの新写真が発売されるたびに、ジャニショに来る熱心なファンも多いですよ。“ネットで買いたい”とか“時代遅れ”って声も聞くけども、やっぱりココに来るとワクワクします。変わらないところは変わらなくてもいいんじゃないかな」(20代女性)

 一方で昨年9月にジャニーズを独立後、『新しい地図』を立ち上げた元SMAPの香取慎吾、稲垣吾郎、草なぎ剛。SNSツールやネットコンテンツ駆使して活動の場を広げる彼らだが、現在、帝国ホテルプラザに出演映画のコラボショップを限定オープンさせている。

 かつて10年間、『SMAP SHOP』でファンの足を運ばせてきた彼ら。何かとくらべられがちではあるが、“ワクワクする”場所を提供するエンターテイメントの原点は双方同じなのかもしれない。

めちゃイケ最終回 ビートたけしが逆ドッキリで大暴れ

『めちゃイケ』最終回 往年の名コーナーが続々復活 (C)フジテレビ

写真拡大


 22年の歴史についに終止符を打つフジテレビ系バラエティー『めちゃ×2イケてるッ!』の5時間にわたる最終回『めちゃ×2イケてるッ!最後はみんなで空高く舞い上がれ〜スペシャル!!』が31日午後6時半、幕を開けた。オープニングでは22年前の番組スタート時と同じ東京湾をクルージングしながら、元気よくシャンパンで祝杯をあげスタートした。

【貴重写真】番組初期、初々しいナイナイの2人

 これまで“シュウ活”と題して、グランドフィナーレに向かってさまざまな企画を実施してきた『めちゃイケ』。最終回は“祝活”として、ゲストを招きながら歴代の過激なコーナーを復活させるべく、間髪を入れずに名物企画「シャンプー刑事」から華々しい幕開け。小栗旬、綾野剛といった俳優陣や、番組で体を張り数々の伝説を残してきた“スター”錦野旦らがクルージングに姿を現し、最後を盛大に祝った。

 往年の名コーナーも豪華ゲストとともに次々と復活。濱口優とモンキッキーが体を張った行動で人気を博した「クイズ濱口優」には、ロックバンド・X JAPANのボーカル・Toshlがまさかの登場。加藤浩次と山本圭壱による“極楽同盟”の13年ぶりプロレスや18年ぶりの「しりとり侍」など、番組の歴史や幅を感じさせる企画が続々登場。ビートたけしは、いきなり熱湯風呂のドッキリにひっかかる「突然熱湯CM」のえじきとなる…はずが、たけしの逆ドッキリにナイナイ、極楽とんぼ、よゐこが翻ろうされる展開に。消火器攻撃で盛大に『めちゃイケ』のラストをねぎらった。

 90年代半ばからナインティナイン、極楽とんぼら当時の若手芸人が中心となり土曜の夜、お茶の間に笑いを届けてきた同番組。最終回を除く、通年平均視聴率は14.3%(1996年10月19日〜2018年3月17日※先週24日は休止)。歴代最高視聴率は2004年10月9日放送『めちゃ×2イケてるッ! オールスター夢の激突8周年大感謝スペシャル!!』の33.2%(2018年3月17日までの期間)で、叶姉妹や若槻千夏らが出演した抜き打ち期末テスト企画や『爆走数取団スペシャル』を放送した。

YOSHIKIが告白 解散コンサートで「Toshl殴るつもりだった」

YOSHIKI(左)とToshl

写真拡大


 ロックバンド「X JAPAN」のリーダー・YOSHIKIが30日、TBS系「中居正広のキンスマスペシャル」に出演し、Toshlの洗脳騒動(脱退)を発端にしたバンド解散とラストコンサートについて語った。

 1997年、Toshlの洗脳騒動(脱退)を発端に、X JAPANが分裂状態となったことからYOSHIKIは解散を発表。同年12月31日に行った解散コンサートは洗脳状態にあったToshlと打ち合わせをしなかったという。また「Toshlがステージで何を言いだすかわからない」と、おかしなことが起きたらマイクを切るなど“有事”に備えていたと打ち明けた。

 番組では最後のシーンを放送。ステージの終盤、花道でToshl向き合ったYOSHIKIは「本当はぶん殴るつもりだった」という。だが、近寄ってきたのは「幼なじみのToshlだった」。2人は涙を流しながら、熱い抱擁を交わした。

 その後、「もう会うことはないと思っていた」(YOSHIKI)が、Toshl側からのアプローチで再会。2007年、Toshlが復帰する形で活動を再開した。

極楽とんぼの山本圭壱が「めちゃイケ」メンバーに復帰

画像提供:マイナビニュース

写真拡大


極楽とんぼの山本圭壱が、31日に放送されたフジテレビ系バラエティ番組『めちゃ×2イケてるッ! 22年間の感謝をこめて最後はみんなで空高く舞い上がれスペシャル!!』で、”めちゃイケメンバー”に復帰した。

極楽とんぼの山本圭壱

この日は、1996年10月の第1回放送と同じく、フジテレビ本社近くの東京・台場の海上に浮かんだ船の上からスタート。22年前と同じ船の上にレギュラーメンバーが勢ぞろいする中、06年に不祥事で脱退した山本も乗り込んで乾杯に参加した。

山本は、テレビ復帰後も「めちゃイケメンバー」として認められていない中で同番組に出演しており、ナインティナインの矢部浩之は「気になるわ〜気になるわ!」と引っかかっていたが、岡村隆史の「最終回、間に合ったよ」という声とともに、他のメンバーからは温かい拍手が。ナレーションの木村匡也氏が「皆さまのご理解のおかげです」と補足し、最終回はメンバーが舞い上がるごとに「マイアガール」ポイントが加算されていくことが説明された。

「祝活」をテーマに放送される最終回は「伝説3文字しりとり超人気芸人侍VS野武士」「いきなり熱湯CMで独立たけしをドッキリ」「最終章女子プロレスまさかの極楽同盟復活」「殉職シャンプー刑事和田アキ子を決死捜査」「肉体系クイズ濱口優XJAPANトシ参戦」「M3兄弟×川栄李奈」のほか、「小栗旬&綾野剛爆笑」「スター錦野激怒の真相」「松岡修造そだねー連発」「中居君視聴率で全裸に」「江頭は初ダマシで崩壊」「ラストは岡村結婚式!?豪雨の祝福スピーチで想いあふれて…涙涙涙」「さんま(秘)サプライズで全員ご卒業」といった内容が予告されている。

重盛さと美が「人の命」を救った過去「おバカをみて自殺をやめた」女性

タレントの重盛さと美

写真拡大


 タレントの重盛さと美(29)が31日放送の「めちゃ×2イケてるッ!」最終回に出演。ゲストの元プロテニス選手でスポーツキャスター松岡修造氏(50)からねぎらいの言葉を掛けられた。

 “祝活プロジェクト”として熱血男、松岡氏が22年間番組を続けたレギュラー陣を「おめでとう!」と祝福した。

 名物企画「抜き打ちテスト」で“おバカ女王”になった重盛に対して「何回おバカ女王になった?」と質問。「4回です」と重盛が返答すると、「その結果どうなった?」と続けて質問し「給料が上がりました」と答えると松岡氏は「おめでとう!」と称えた。

 「馬鹿な姿をさらして誰かを幸せにした?」と聞くと、重盛は「沖縄に行ったときに、ちょっと小太りな女性に“自殺しようとしてたけど、テレビでおバカテストを見て、こんなにバカな子がいるんだと思い笑ってしまった”って」と告白すると、松岡氏は「人の命を救えた!おめでとう!」と祝福。ほかのメンバーも「いい話」と喜んでいた。

指原莉乃ら不在で混戦模様のAKB総選挙 透けて見える運営の「推しメン」

指原莉乃

写真拡大


 6月16日に行われる「第10回AKB48世界選抜総選挙」の出馬が27日に締め切られ、339人が立候補した。

 昨年3連覇を達成したHKT48の指原莉乃は昨年からの公約通り不出馬。昨年2位のまゆゆこと渡辺麻友は昨年いっぱいでAKB48を卒業。AKB48の柏木由紀、NMB48の山本彩ら人気メンバーも不出馬で“本命不在”の様相だ。

 「順当に行けば、昨年3位のSKE48・松井珠理奈、同4位のHKT48・宮脇咲良、同5位のNGT48・荻野由佳がトップ争いを繰り広げそうですが、指原の不出馬で浮動票となった“中華砲”が誰に入るか。また、今年は世界各地の姉妹グループメンバーも出馬して全体の得票数が増えることが予想されるので、思わぬ番狂わせが巻き起こるかもしれません」(芸能記者)

 そんな中、ここに来てやたらと運営側の“推し”が強いメンバーが目立つようになった。

 なんと言ってもその筆頭は、総選挙の投票権がついた52枚目のシングルで初センターに抜てきされた、昨年51位のAKB48・チーム8の小栗有以

 「『2万年に1人の美少女』の異名を持ちチーム8屈指の人気メンバー。まゆゆから自身の後継者に任命されたこともあり、今年は一気にトップ10入りしそう」(アイドル誌ライター)

 昨年6位のSKE48・須田亜香里はやたらと“トップ獲り”を宣言。バラエティー番組などの露出も増えている。

 「2月に名古屋で行われた『豆腐プロレス』では、メインのタッグマッチで松井にフォール勝ち。松井は不満で、ろくに須田の技を受けずにファンの不評を買っていましたが、運営の須田推しが一気に露呈しました」(同)

 昨年23位のNGT48・中井りかは4月からスタートする、AKB48グループ総合プロデューサーの秋元康氏が企画を手がける、テレビ東京系「青春高校3年C組」のサブMCを担当する。

「月曜から金曜までの帯番組。毒舌で炎上を繰り返す中井だけに、番組出演はこれ以上ない“選挙活動”となりそう」(同)

 よほどのことがない限り、この3人が17位以下で選抜漏れすることはなさそうだ。

土屋太鳳が「るろうに剣心」アクション練習の動画公開 驚きと絶賛の声


またアクションが見たい! 土屋太鳳
 - Sports Nippon / Getty Images

写真拡大


 女優の土屋太鳳が、30日に日本テレビ系「金曜ロードSHOW!」で放送された、2014年に出演した大ヒット映画『るろうに剣心 京都大火編』の撮影時に取り組んだアクション練習の動画を公開。驚異的な身体能力に、ファンから「すごすぎる!!!!!」「カッコイイ」など驚愕と絶賛の声が相次いだ。

 佐藤健主演で「週刊少年ジャンプ」連載の人気漫画を実写化した本作は、香港映画界でも活躍するアクション監督・谷垣健治による本格的なアクションも話題に。土屋は『るろうに剣心 京都大火編』『るろうに剣心 伝説の最期編』で、佐藤ふんする主人公・緋村剣心と共に戦う巻町操を演じ、アクション初挑戦とは思えない力強い殺陣をこなしてみせた。

 番組放送前のCMで、久々に自分の演じる操の姿を目にした土屋は、「めちゃめちゃ嬉しくて嬉しくて、嬉しい記念に操ちゃんを演じるにあたって初めて本格的に取り組んだアクションの練習での動画を何回か載せようと思います」と複数回に分けて、約5年前に撮影された練習動画を公開。そこには、縦横無尽に動き回りながら、相手役の男性たちと戦う土屋の姿が映し出されている。

 自身の演技を支えてくれた人々や、アクションへの熱すぎる思いを語る土屋にファンも「鮮やかな動きでカッコいい」「かっこいい!! キレッキレですね」と驚き。日本女子体育大学に進学するなどアスリート気質の土屋は近年、佐藤と再び共演した『8年越しの花嫁 奇跡の実話』や『となりの怪物くん』など、ラブストーリーや青春映画への出演が続いているものの、アクションも「本当に本当に本当に挑戦したいです」と告白。実は『るろうに剣心』の前に、「ある大好きな海外の作品の続編」のオーディションに合格したこともあったが、諸事情で出演はかなわなかったという。

 ただ、演技とは全てが“アクション”だととらえることもでき、本人も「出会う作品は全て心のアクションを描いているのでそれもひとつのアクションのジャンルだと思うんです」と断言。「いつ、何を『出来ますか?』と言われても挑戦させてください!!! と言えるように踏んばっていこうと思ってます」と決意を明かしている。(西村重人)

aikoが告白 つんく♂プロデュースのグループに勧誘されかけていた

つんく♂

写真拡大


30日放送の「松任谷由実のオールナイトニッポンGOLD」(ニッポン放送)で、シンガー・ソングライターのaikoが、音楽プロデューサーのつんく♂から女性歌手グループ「太陽とシスコムーン」に勧誘されかけていたことを告白した。

番組では、ゲスト出演したaikoがパーソナリティーの松任谷由実とトークを展開。この中で「太陽とシスコムーン」に誘われかけた経緯を語ったのだ。

「太陽とシスコムーン」は芸能経験のある女性を対象にしたグループ。つんく♂がオーディションをしていた際、ラジオDJを務めていたaikoに注目したようなのだ。aikoは「つんく♂さんから電話掛かってきて『お前ってデビューとか決まってんのか?』って」とそのときの様子を振り返った。

当時のaikoはインディーズで歌手活動をしていたとか。つんく♂はaikoのインディーズ曲を聴き、連絡をしてきたという。aikoは「デビュー前に曲のことで言ってくれたのはつんく♂さんだけだった」「あそこまでぐいぐい『ここのアレンジはこうした方がいい』とか言ってくれたのがつんく♂さんだった」とつんく♂との思い出を語る。

つんく♂の熱烈なアプローチについて、松任谷は「aiko、好みだったんだよね」「何かを感じたんだよね」と推測。続けて「やっぱりいい声だもんね。独特の節まわしがある」とaikoの歌声を絶賛したのだった。

【関連記事】
松任谷由実の苗場コンサートの開催…始まりは大企業社長となる大学生のひと言だった
椎名林檎に宇多田ヒカルも…2018年にデビュー20周年を迎える歌姫たち
山下達郎がライブで合唱する人に苦言「あなたの歌を聴きに来てるんじゃない」

「ぷっすま」歴史に幕 草なぎ剛&ユースケ・サンタマリアの絆に感動


 
草なぎ剛(43)とユースケ・サンタマリア(47)の出演する『「ぷっ」すま』(テレビ朝日系)最終回が3月30日深夜に放送。20年近く続いた番組の幕を下ろした。
 
当日の放送では最終回とはいえ、草なぎ発案の新企画「犬部」を放送。草なぎは約1年前に飼い始めた愛犬を紹介。犬好きタレントが愛犬とともに集まり“親バカ”ぶりを披露し、最後まで“『「ぷっ」すま』らしさ”を貫いた。終盤、草なぎは同番組の歴史を回想した。
 
「本当に楽しかったですよ。20年ですからね、みなさんと出会えて。僕の人生に寄り添ってきた番組なんで」
 
さらに草なぎは、ユースケとの“なぎスケ”コンビに「エンディングはない」とコメント。ユースケも「また何かやるかもしれないですね。19年半も番組をやれたってだけで、ただただ感謝」と述べた。最後は草なぎがこう結んだ。
 
「また近々、お会いしましょう」
 
Twitterではファンから、2人への感謝の気持ちとともに感動の声が上がっている。
 
ぷっすまは毎回安定して面白い、良い番組でしたね。本当にお疲れ様でした≫
≪嫌なことがあっても「ぷっ」すまを見てる間だけは嫌なことが忘れられたし、本当にいい意味で力を抜いて楽しめるバラエティー番組だった≫
≪みんなの笑顔と『近々』という合言葉が涙を忘れさせてくれた。ぷっすま、ありがとう≫
 
「また近々」という宣言通り、4月1日からスタートする「新しい別の窓」(AbemaTV)にて2人は再び共演することが31日に発表された。やはり「エンディングはない」ようだ!