0年 0月 の投稿一覧

みちょぱが藤田ニコルとの関係について言及 過去の嫌がらせも告白

池田美優【撮影:竹内みちまろ】

写真拡大


 モデルの“みちょぱ”こと池田美優が、28日放送の「良かれと思って!」(フジテレビ系)に出演。藤田ニコルとの関係について言及した。

 ニコルとは雑誌「Popteen」の専属モデルとして出会ったみちょぱ。現在ニコルは卒業し、「ViVi」に移っているが、「Popteen」時代のはじめはかなりの負けず嫌いだったという。

 表紙の撮影で数人のモデルが左右に動き回りポーズを決める中、ニコルは端にいくたびに「やる気のない顔」をして全体のクオリティを下げ、写真を使わせないようにしていたと告白。

 ただしこれはニコルのいつもの行動であるため、みちょぱは「またかよ!」と言いながらも自分たちまでやる気をなくしてしまっていたと話した。

 みちょぱが「どうせ真ん中がいいんだろ!」と言うと、ニコルは「そうだよー」とアッサリ認めてしまっていたのだとか。

 今は仲が良いという2人。みちょぱは「昨日もLINEとかしていた」と話していた。

「安定期過ぎてからにして」 佐々木希の妊娠報道を批判する声も

女優の佐々木希さん(30)が、夫でお笑いコンビ、アンジャッシュの渡部健さん(45)との間に第1子を妊娠した。現在、妊娠3か月で今秋に出産予定だという。2月28日、サンスポなどが報じた。

ネットには「おめでとうございます」と祝福する声が相次いでいる一方、「安定期に入ってないなら関係者やマスコミもしばらくそっとしてあげればいいのに」と報道を批判する声も上がっている。

「めでたいけどなにがあるかわかんないんだから報道は安定期過ぎてからしたれや…」
「佐々木希の妊娠は本人達が発表する前に報道されたんだよね?しかも3ヶ月ってまた安定期前に……まだまだ不安定で何が起こるか分からない時期なのに」

「堀北真希のときもそやけど、ホンマに自分勝手で可哀想」

一般に、安定期に入るのは妊娠5か月以降だとされている。この時期までは、流産の可能性も高いことから、安定期入って落ち着いてから妊娠を報告するという人も多い。

しかし、スポーツ報知によると、佐々木さんは、仕事への影響に配慮して、仕事関係者にはすでに報告しているという。ただ、それを一般に報道していいのかは疑問が残るところだ。

また、「佐々木希の口から言われるまで待ったれや。堀北真希のときもそやけど、ホンマに自分勝手で可哀想」という人もいた。2016年6月には堀北真希さん(29)の妊娠を「女性自身」が報じた。今回のケースと同様に堀北さんも当時妊娠3か月で安定期に入っておらず、

「妊娠初期で大々的に報じるとか神経を疑う」
「本人や事務所が発表するまで待つべきだと思う」

といった批判が噴出。堀北さんの夫、山本耕史さんが自身の公式ファンクラブサイトで、

「本来であれば安定期に入った段階で、まず会員の皆様にご報告すべきところですが、私たちの意思に反して、この時期に、そしてあのような形で報道されてしまいました。(中略)どうか授かりました新しい生命の誕生を静かに見守っていただきますようお願いいたします」

と呼びかけるに至った。

佐々木さんは4月からNHK連続ドラマ「デイジー・ラック」に主演することが決まっている。ドラマは25日に顔合わせが行われたばかりで、これからクランクインだが、「撮影に支障はなく、全うできる状況」(スポーツ報知)だという。

長嶋一茂がロケでみせた自由奔放さが波紋 番組SNSに批判殺到の異例事態

長嶋一茂さん(画像はイラスト)

写真拡大


2018年2月27日放送の「火曜サプライズ」(日本テレビ系)で放送された、タレントの長嶋一茂さん(52)がウエンツ瑛士さん(32)と東京・五反田を散策するロケでみせた自由奔放な言動や振る舞いが、インターネット上で波紋を広げている。

一茂さんは終始、年下のウエンツさんと気さくに会話していたが、時折いら立ちをあらわにする場面も。さらに撮影の交渉では、初対面の店員に「タメ口」を利くなどし、これに賛否両論の反応が寄せられているのだ。

「ウエンツに『殺す』とか…」

東京都・五反田周辺を散策するロケで2人がまず訪れたのは、中華料理の巨匠が経営する火鍋専門店だ。一茂さんは「火鍋湯麺(ひなべたんめん)」、ウエンツさんは「ピリ辛和え麺」を注文した。

「麺の硬さがちょうどいい、おれに。弾力がある」。一茂さんは先にひとくち食べ、そんな「おれ」目線で感想を表現した。ウエンツさんがこれに「じゃあどうなんですか」とツッコミを入れると、一茂さんは「弾力があるって何度も言わせるなよ」と少しいら立ったように返答した。

対するウエンツさんも麺の香りを確認し「あーすごい」とリアクション。一茂さんは「どう?」と聞き、ウエンツさんは「まだだよ」と「タメ口」で返答。一茂さんは「そこがオレを見下してる」と指摘した。

仲が良いやら悪いやらよく分からない関係性の2人。だがこの後、一茂さんのある発言に違和感を覚える視聴者が続出することになる。

それは、ウエンツさんが「ピリ辛和え麺」を食べた時のこと。「食感がわさわさしている。独特な食感」と感想を述べ、一茂さんが「(自分の麺も)独特な食感がする」とコメント。ウエンツさんはこれに「話が違うじゃん。さっきそんなこと言っていなかった」とツッコんだ。

ウエンツさんはさらに火鍋湯麺を食べ、「独特なのは食感じゃなくスープですって。これ伝えないと絶対ダメですよ」と食レポの観点からダメ出し。一茂さんは「本当に全否定するな〜」などと返答し、最後に

「もしかしたらテレビ史上初のウエンツを殺すところが今から出そうな気がする。一発で。だんだんムカついてきた」

と発言したのだ。

一茂さんから飛び出した「殺す」発言に、ツイッターなどインターネット上では

「一茂、自分があんぽんたんな発言と行動してるのにフォローしてるウエンツに『殺す』とか…」
「長嶋一茂って自分があんぽんたんなのにウエンツにつっこまれて『殺す』とか語彙力乏しい」

と衝撃が広がっていた。

一茂さん「すっげえ面倒くさいロケ」

その後、2人は一茂さんオススメの店を廻るが、2軒続けて撮影NGとなる。仕方なく一茂さんがひとりで他の店に入り、オススメの飲食店を聞くことに。

だが一茂さんは、カウンターの従業員に声をかけると、またもナゾの言動を発し始める。

「ごめんね。火曜サプライズってロケ知ってますか? すっげえ面倒くさいロケで、やってらんねえんだよ!(店外のウエンツさんを指さす)あそこに、分かります? ウエンツ瑛士っているの。あいつとね、合わない、話がまったく。とにかくアレしろコレしろってうるさいわけ。オレより年下のくせに。波長が合っていない」

と、ウエンツさんへの悪口をぶつけたのだ。

一茂さんは「そんな話はいいんだ」と飲食店のことも聞いたが、従業員が教えてくれた店は、既に番組で過去に紹介したところだったという。

一茂さんはウエンツさんに「とにかく『このロケやりづらくてしょうがない』と言っていた」と交渉内容を報告。ただウエンツさんもさすがに理解に苦しんだのか、

「ふざけんなよ!これね、2世ですよ2世。しょうがないですよ、一茂さんキャスティングしたのおれじゃないから。こういう人だって分かってたでしょ?」

と番組スタッフに話していた。

その後もOLに「あなた食事作れないですか?」と聞いたり、オイスターバーで「ここ、もし『撮影』って言ったら、できる?」と質問したり、小学女子に「ここのパン屋、行ったことある?」と声をかけたり……。

一茂さんの自由奔放な振る舞いの数々に、番組の公式ツイッターには

「酷すぎて途中で見るのやめた 態度がもうただのマナーのない糞オヤジで、ウエンツかわいそすぎるし、ウエンツに暴言吐きまくりだし…」
「火曜サプライズ、大好きで、ほぼ毎週見てますが、こんな不快な方はなかなかないです。長嶋一茂さんがまたご出演される時は、見ません」
「視聴者を不愉快な気持ちにさせるって、ある意味、放送事故ですよ」

など批判的なリプライが殺到した。番組の告知ツイートには78件のリプライが付いているが、74件が一茂さんへの批判という状況だ。ただ、ツイッター上では

「長嶋一茂wwwwわたしはこの性格けっこー好きなんですけどw」
「長嶋一茂面白いしボンボンなのに常識あるから好き」

との声も上がっている。

映画「空海」公開記念対談!「平安の超天才」は3カ月で密教の祖師になった(1)空海は「うどん県」で生まれた

映画「空海」公開記念対談!「平安の超天才」は3カ月で密教の祖師になった(1)空海は「うどん県」で生まれた

写真拡大


 夢枕獏氏の原作「沙門(しゃもん)空海 唐の国にて鬼と宴す」(徳間文庫・角川文庫)が、日中合作の超大作映画として完成。2月24日(土)からの公開を記念して、歴史研究家・河合敦氏と歴ドル・美甘子による「空海」を巡るスペシャル対談をお届けする。

河合 つい先日(2月1日)ご結婚を発表されましたね。おめでとうございます。

美甘子 ありがとうございます。

河合 今日はお遍路(へんろ)の装束ですけど、新婚旅行でお四国参りですか。

美甘子 そうじゃないんですが、私も空海さんと同じ四国出身なので、お遍路はいずれは行きたいなと思っていたので、通販で購入しました。とはいっても、空海のことはあまり知らなくて、河合先生に教えてもらおうと。

河合 私は数年前にテレビ朝日の「ぶっちゃけ寺」という番組の取材で高野山に行ったのがご縁ですね。空海はもう本当に大天才で、うどん県で有名な讃岐(香川県)の佐伯さんという郡司(ぐんじ)の家の生まれです。

美甘子 郡司というのは?

河合 今でいえば市長とか村長のような地方の役人ですね。

美甘子 地方の優秀な家柄の息子さんだったんですね。

河合 お父さんやお母さんも空海のことを貴物(とうともの)と呼んで大事に育てたようです。小さい時から仏像を作ったり、神童と言われるほどの利発な少年だった。将来、仏の道で生きることができるなら命を救ってくださいと、山で身を投げたら天女が現れて空海の身を受け止めたという伝説がありますね。

美甘子 すごい! 天が助けてくれたんですね。

河合 当時、郡司の子供というのは国学という地方の学校で文や詩を学ぶんですが、空海は18歳のとき、当時の都である長岡京に出て大学に入ります。彼のおじさんが桓武天皇の皇子である伊予親王の家庭教師のようなことをやっていて、空海もこのおじさんに論語などを学んで大学に入ったのです。が、大学に飽き足らなくなって辞めてしまいます。せっかく入った大学をなぜ辞めたのかというと、記憶力が百倍くらいよくなる「虚空蔵求聞持法(こくうぞうぐもんじほう)」という修行法を、ある沙門(修行僧)に教わり、仏教の修行に入ったんです。虚空蔵菩薩の真言を、ある作法にのっとって50日間に百万回唱えるという荒行で、あらゆる経典を暗記して理解できるようになったといいます。

美甘子 大学で儒教を学んでエリートコースにいたのに‥‥。

河合 仏教の道に行くために大学は中退してしまった。もちろん親や親戚は大反対。だから納得してもらうため、儒教・道教・仏教を比較して、最終的に仏教が優れている理由を本(『三教指帰(さんごうしいき)』)に書いています。

美甘子 それから四国の山の中で修行してたんですね。

河合 ある時、高知県の室戸岬の洞窟で修行している時、空と海しか見えなくなって‥‥。

美甘子 そう、それで空海という名前を名乗ったんですよね。

河合 そこで修行していたら、明けの明星と言われる金星が水平線に現れて、空海の口の中にグワーっと飛び込んできたというんですね。

美甘子 ちょっと神話的というか、神秘体験ですね。

河合 空海が生まれる時も、インドの聖人が飛んできて体の中に入る夢をお母さんが見たという伝説がありますから。

美甘子 キリスト生誕の伝説なんかにも似てますね。

<プロフィール>

河合敦(かわい・あつし)1965年、東京都出身。青山学院大学文学部史学科卒業、早稲田大学大学院博士課程単位取得満期退学(教育学研究科社会科教育専攻日本史)。高校教師27年の経験を生かし、歴史研究家、歴史作家として講演、執筆、テレビをはじめとするさまざまなメディアで日本史の解説を行っている。新書判「大久保利通 西郷どんを屠った男」(徳間書店・2月28日刊)など著書多数。昨年は自身初の歴史小説「窮鼠の一矢」(新泉社)を上梓。

美甘子(みかこ)1982年生まれ。愛媛県今治市、国宝とロマンの島・大三島出身。専修大学文学部日本語日本文学科卒業。坂本龍馬など歴史上の人物をこよなく愛する「歴ドル」として、テレビ、ラジオ、雑誌などで活躍中。高知県観光特使、神々の国 宮崎PR大使、いよココロザシ大学生徒会長なども務める。著書に「龍馬はなぜあんなにモテたのか」(KKベストブック)などがある。趣味は歴史上の人物のお墓参りと、昭和の香り漂う純喫茶巡り。特技は幕末の志士たちの変名や辞世の句が言えること。

「空海-KU-KAI-美しき王妃の謎」全国東宝系にてロードショー

レジェンド葛西が目指す「最後の五輪」っていつ?

レジェンド葛西が目指す「最後の五輪」っていつ?

写真拡大


 気まぐれな強風で選手を翻弄した平昌五輪のジャンプ台。幸運・不運が大きく分かれた今大会はレジェンド・葛西紀明選手をもってしても「普通なら中止じゃないの?」と言わしめたほどだった。大きく影響を受け、思うような結果を残せなかった葛西選手だが、今後の競技の継続が気になるところだ。

「葛西選手がいつまで現役を続行するのか、というのは記者が一番聞きたいテーマでした。その質問を、スキージャンプW杯で通算最多優勝記録を持ち、無期限休養に入っているグレゴア・シュリーレンツァウアー選手が葛西選手に単刀直入に尋ねたんです」(スポーツライター)

 はたして4年後、2022年の北京五輪挑戦は本当にあるのか。その答えは、何とも驚くべきものだった。

「葛西選手は、北京のさらに次、2026年の招致を目指している札幌五輪までと答えたそうです。8年後にはさすがのレジェンドも53歳ですから、聞いた人々は葛西選手の返答に驚くやら喜ぶやらだったといいます」(前出・スポーツライター)

 そんな葛西選手は、平昌から戻ってすぐに体調を崩し、咳と痰に悩まされたうえに口唇ヘルペスまでできて大変な状況の中、2月24日には国内大会に出場したという。休む間もなく現役選手としてバリバリとジャンプしまくる──そんな葛西選手なら、北京五輪での出場記録更新どころか、本当にその次の五輪出場も、軽々と、果たしてくれそうだ。

(芝公子)

オトコ醜聞が原因? 元アイドリング橋本楓、電撃「引退発表」も同情の声“皆無”

オトコ醜聞が原因? 元アイドリング橋本楓、電撃「引退発表」も同情の声“皆無”

写真拡大


 引退の理由はやっぱりあの騒動か?

 元アイドリング!!!の橋本楓が2月26日にブログを更新。2月末をもって芸能界を引退することを発表した。橋本は「みなさまへ」と題したタイトルの記事を更新。本文では「いきなりのご報告となりますが、私、橋本楓は、2月末日をもちまして、9年間お世話になった芸能界から卒業致します」と、突然の芸能界引退を報告。また、今後については大学卒業後にかねてより興味があったという保育の分野を目指すという。卒業理由については、いち早く保育の現場に立つために集中できる環境を作るためと真っ当な理由を語っているが、この橋本の決断が猛バッシングを浴びている。

「というのも、人気ミュージカル俳優の財木琢磨が橋本とみられる女性とキスをしている写真や、一緒にお風呂に入っている写真が今月、ネット上に漏洩したばかり。この件について財木は一応は謝罪していたものの、橋本は無言を貫いたまま。スキャンダル直後のこの引退発表ということもあって、逃げるように芸能界を去っていくのは事実ですから、そういった事情を知る双方のファンもスキャンダルの影響を受けての引退とみているようですね」(エンタメ誌ライター)

 そのため、橋本のツイッターのコメント欄も荒れており、「せめて後始末をしてから去っていくべき」「あなたのような写真が漏洩した保育士に子どもは絶対任せたくない」「今後、子どもたちと写真を撮る時はせめて服を着てね」「『ごめんなさい』も言えないような人が目指す職業じゃありませんね」といった、引退発表に対して集まっているコメントとは思えないほど、批判が大多数を占めている。

「同じ保育の道に進むために引退したアイドルといえば、昨年、元Berryz工房の“ももち”こと嗣永桃子が幼児教育の道を目指して芸能界を引退しています。嗣永は個性的なキャラだったため、アンチも多かったわけですが、自身のキャラを最後まで貫いての芸能界引退ということもあって、最後には嗣永に応援コメントが殺到していました。それに比べて、今回の橋本が迎えるラストはあまりに対照的ですね」(前出・エンタメ誌ライター)

 スキャンダルについてはノーコメントを貫いた橋本。今後、他人の子どもたちを預かる立場になろうとしているとすれば、自身の行動にもう少し自覚と責任を持って、人生を歩んでほしいところだ。

(佐伯シンジ)

すみれ、アンダーウエアが透ける衣装のメキシコ滞在姿が艶っぽすぎ!

すみれ、アンダーウエアが透ける衣装のメキシコ滞在姿が艶っぽすぎ!

写真拡大


 タレントのすみれが自身のインスタグラムで公開した写真が、過去最高の艶っぽさを更新したと話題になっている。

 2月25日に投稿した写真がそれで、すみれは網目がわかるタイツに黒のショーパンを穿き、真っ赤な半透明な素材のロングTシャツという衣装。半透明だから、下に着ている、これまたバストを覆う真っ赤なアンダーウエアが、Tシャツ越しに見えるのだ。

「すみれは今年になってから胸が大きくなったともっぱらの評判です。以前は推定Bカップでしたが、今ではDは間違いないのではないかと言われています。そしてそのDカップの渓谷がこの写真では、ハッキリと見える。かなりググッとくるショットです」(週刊誌記者)

 写真が撮影されたのはメキシコで行われた音楽フェス会場。そのためテンションが上がり、このようなお宝ショットが生まれたのだろう。

「すみれの顔は明らかにハツラツとしています。日本やハワイだと、他人の目が気になるものですが、メキシコなら誰かに気兼ねすることなく思う存分に楽しめたのではないでしょうか。彼女は精神的に追い込まれ、一時芸能活動から離れたこともありましたが、これならもう大丈夫でしょう」(スポーツ紙芸能記者)

 せっかくの美貌とDカップ、次はぜひ日本で日本のファンのために披露してほしいものだ。