0年 0月 の投稿一覧

鉄腕DASHで山口達也と共演の福澤朗 「腹立たしい」と憤慨

 フリーアナウンサーの福澤朗(54)が29日、メインキャスターを務める日本テレビ「真相報道バンキシャ!」(日曜後6・00)の番組公式サイト内のブログを更新。自宅で女子高校生に無理やりキスをするなどしたとして、警視庁に強制わいせつ容疑で書類送検され、無期限謹慎中のTOKIO山口達也(46)に怒りを示し、グループへの思いをつづった。福澤アナは深夜時代の同局「ザ!鉄腕!DASH!!」(日曜後7・00)の司会を務め、TOKIOの5人と共演していた。

 TOKIOがCDデビュー(1994年「LOVE YOU ONLY」)した翌年の95年、木曜深夜枠の30分番組「鉄腕!DASH!!」としてスタート。福澤アナは「観客のいない後楽園ホールにスタジオセットを組んで、細々と収録していたあの頃、彼らは少しでも面白い番組にしようと懸命に戦っていました」と切り出した。

 「私は司会をしながらも時々、ロケにも参加しました。思い出深いのが『TOKIO VS電車』のリレー対決。彼らのロケはいつも全力。私は現場でワゴン車から顔を出しながら実況しつつも、気が付けば実況ではなく応援になっていたのです」と当時を振り返り「リレーではアンカーを務めることも多かった山口達也メンバー。今、こうして『メンバー』と表記しなくてはならないのが腹立たしい」と憤慨した。

 98年、日曜ゴールデンタイムに進出。「DASH村」を中心としたロケ番組になったため、スタジオ司会はなくなったが「それでも直前に放送される『真相報道バンキシャ!』を担当しながら、心の中では“たすき”を渡しているつもりで、彼らの成長を楽しませてもらっていたのです。時々『鉄腕!DASH!!スペシャル』の直前番宣で『バンキシャ』のスタジオにTOKIOのメンバーが来てくれました。その度に取り巻きスタッフの数が増えていきました。それはすなわち彼らが成長している証なのです」と再会が楽しみだった。

 95年の番組スタートから「この23年間、数え切れないほどのスタッフに支えられ、数え切れないほどの視聴者に愛され、やがて『親が子供に見せたい番組』とまで言われるようになった『鉄腕!DASH!!』。そのすべてを裏切ることになった彼の愚行。なぜ、彼は想像できなかったのだろう。なぜ、彼は自分の行為を俯瞰できなかったのだろう。創造力の源が想像力だとしたら、彼はミュージシャンとしても失格だったと言わざるを得ません」と山口の不祥事をバッサリ。

 「今、彼の優しい笑顔を思い出しながら、彼の判断力を奪ったものが何だったのかを考えてみる。お酒のせいだと言うのは簡単です。更に、お酒を愛する者として言わせてもらう。お酒が悪いわけではない。お酒との付き合い方を誤った人間の方が悪い」と厳しい言葉を並べた。

 最後は「4人のメンバーは立ち止まることなく、新しいTOKIOを創造していってほしい。幾度も彼らの“奇跡”を目の当たりにしてきた者として、ひとつだけ断言できることがあります。彼らの“心の筋肉”はすこぶる強い!私は彼らの成長を確信しています。頑張れ!TOKIO!頑張れ!鉄腕!DASH!!」とエールを送り、締めくくった。

「すごい決断」有働由美子が振り返る松井秀喜氏のメジャー挑戦の裏側

 3月末でNHKを退局した有働由美子アナウンサー(49)が30日、NHK・BS1のドキュメンタリー番組「松井秀喜 メジャー挑戦を語る」(後8・00)にインタビュアーとして出演。ヤンキースなどで活躍した松井秀喜氏(43)の“決断”の裏側に迫った。

 巨人の不動の4番打者だった松井氏は、02年オフにFA宣言してメジャーリーグ挑戦を表明。同年11月に行われた記者会見には有働アナも取材に訪れており、「大リーグ挑戦なのか、それとも向こうで骨を埋めるつもりなのか」と質問していた。

 16年前の会見を鮮明に覚えているという有働アナ。「(メジャーで)やりたいと自分の中で決めて、それをファンに伝えるのはどのような心境でしたか?」と改めて質問すると、松井氏は「一晩寝ずに、どう伝えるかを考えました。たくさんのファンの方の期待を背負っていくことだけを伝えようと思っていました」と回想。松井氏の言葉の重みに、有働アナは「すごい決断ですよね」とうなずいていた。

 有働アナは同局を3月31日付で退局。今後はジャーナリストとして活動していく意向明かしており、26日にはタレントのマツコ・デラックス(45)らが所属する芸能事務所「ナチュラルエイト」入りしたことを発表している。

変装したYOSHIKIの正体バレた理由 桃井かおりが秘話を明かす

 X JAPANのYOSHIKI(年齢非公表)が27日放送のTBS「中居正広の金曜日のスマイルたちへSP」(金曜後8・00)に出演。親交のある女優・桃井かおり(67)に空港での秘話を暴露される場面があった。

 番組ではYOSHIKIの驚きの米国生活を紹介。スタジオでは20年以上愛用するクリスタルピアノや世界に6台しかない激レアなシンセサイザーなどを披露した。

 スタジオにはロサンゼルス在住でYOSHIKIの友人である桃井が登場。桃井は海外で偶然YOSHIKIを発見したときの様子を語った。映画祭で香港を訪れたときに、YOSHIKIが空港で大量の荷物を自身で運んでいたという。サングラスにマスク姿で変装していたが、荷物にデカデカと「X JAPAN」の文字があり、すぐに顔バレしてファンに囲まれていたと明かした。YOSHIKIは「あれから(文字を)貼るのは止めました」と笑顔で反応した。

「勇気のある発言」山口達也復帰の是非について立川志らくが持論

 落語家、立川志らく(54)が30日、コメンテーターを務めるTBS系情報番組「ひるおび!」(月〜金曜前10・25)に生出演。強制わいせつ容疑で書類送検されたTOKIOの山口達也(46)について言及した。

 志らくは、山口の行動について「やったことは本当に卑劣な犯罪」と断じながらも「被害者側のお母さんが『彼の人生をつぶすような真似はしたくない』とおっしゃっている。私はその言葉は尊重すべきだと思います」と語った。志らくは自身の娘がこのような被害にあったら「生涯テレビに出るな!と思う」とし、多くの親はそう思うだろうと推測し、「だからこそ、このお母さんはものすごい勇気のある発言だと思うんです」と、その胸中を思い、意図を汲むべきだと主張した。

 TOKIOリーダーの城島茂(47)やメンバーが、山口に対して二度と復帰なんかさせないと語っていることについては「当然そう言わなくちゃダメですよ。身内に甘い顔はしちゃいけない」と肯定したが、「だけど、見てると周りが、芸能界の仲間たちが『復帰なんか冗談じゃない』とか、ものすごい冷たく言っているでしょ。同じ仲間なんだから。お母さんがそう言っているんだから、彼の人生をつぶすような真似をしちゃうことは私はよくないと思いますね」と持論を展開した。

 山口のしたことは「一般企業だったらアウト」としつつも、過ちを犯した人間が復帰できることは「それが芸能界の悪いところだけども、よいところでもある」と語り「もう一回、芸があるからやらせてあげようかって。甘いかもしれないけどそれは芸能界のよいところ」と繰り返した。

 山口は、所属事務所により無期限謹慎処分とされている。

白石麻衣の「ひょっこりはん」に絶賛、見事な完コピ具合

乃木坂46/モデルプレス=4月30日】乃木坂46が、30日放送の日本テレビ系バラエティ番組「しゃべくり007」(毎週月曜よる10時〜)に登場する。

乃木坂46「しゃべくり007」に登場/フォトギャラリー

スタジオには、乃木坂46の秋元真夏、生田絵梨花、齋藤飛鳥、白石麻衣、西野七瀬、松村沙友理が登場。2017年写真集売り上げランキングではトップ10に乃木坂メンバーのソロ写真集が6作ランクインするなど、その人気は絶大。

なぜ今そんなに売れているのか、秘密を探るべく番組では特別企画「これで人気の理由がわかる!お父さんのための乃木坂講座007」を実施。メンバーの魅力を徹底解剖する。

◆白石麻衣がひょっこりはんと共演 秋元真夏は小悪魔発揮でグループ内紛勃発?

最近、ミュージカルでその歌唱力が評判の生田は、得意のフィンランド民謡を披露。さらに白石は「超絶可愛い」と噂の「ひょっこりはん」を本人と共演。見事な「完コピ」具合と衝撃的に可愛いひょっこり顔に「うまい!」「動きがいい!」「これは超絶可愛い!」と一同大絶賛。

そして秋元は、握手会でコスプレをするのが趣味といい、なかでも好評という猫のコスプレを披露。秋元の握手会の対応は別格と言われ、「乃木坂イチの釣り師」の異名を持つほど。行けば絶対好きになると噂の神対応をしゃべくりメンバーも体験する。

すると、あまりの小悪魔っぷりに一同大興奮。徳井や上田も「好きだー!」と絶叫する盛り上がりを見せたが、ほかの乃木坂メンバーは露出の高い衣装でファンを独り占めする秋元に冷ややかな視線。「アイドルがこんな地獄みたいな顔することある?アウトレイジじゃねえか!」と上田が思わずつっこんだ、乃木坂46の貴重なムスッと顔にも注目。

さらに、齋藤と西野は偶然にも同じ「あること」が得意だと判明するが、アイドルらしからぬその特技とは?そして、松村は福田とガチンコ対決に挑み、驚異の能力を見せる。

◆乃木坂46、収録後のメンバーコメント

収録後、メンバーは「夢みたいな時間であっという間だったので、何日間も収録したいくらい楽しかったです!」(秋元)、「みなさんの発想力に笑いすぎました!色んなバリエーションの民謡が生まれます…(笑)」(生田)、「皆さんの『逃がさない感』がとても凄く、ちょっとだけ怖かったです」(齋藤)、「毎週見ている番組だったので乃木坂で出れて嬉しかったですし、面白過ぎてとにかく笑ったのが印象的です」(白石)、「しゃべくりメンバーの皆さんが追いうちをかけるみたいにどんどんボケてらしたので、笑い疲れました」(西野)、「しゃべくりメンバー皆さんのいつものチームワークを肌で感じられてとても幸せな時間でした!」(松村)とそれぞれコメントを寄せた。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

「僕のせいで彼女が悪く言われる」剛力彩芽と熱愛の前澤友作氏が心境吐露

剛力彩芽/モデルプレス=4月30日】女優の剛力彩芽が、ZOZOTOWNを運営するスタートトゥデイの前澤友作氏との熱愛を認めた。読売テレビ・日本テレビ系情報番組『情報ライブ ミヤネ屋』(毎週月曜〜金曜午後1時55分〜)の30日放送回では、宮根誠司フリーアナウンサーが2人の知人からの情報を伝えた。

熱愛認めた剛力彩芽、昨年“恋愛解禁”で意欲的に?明石家さんまに心配の声も

◆お互い一目惚れ、事務所社長へ挨拶も

2人は一部週刊誌にて交際を報じられ、熱愛を認めたが、なぜ早々と公表に至ったのかを番組は特集。宮根アナは「1ヵ月前に前澤さんと剛力さんとご飯を食べたという方にお会いしました」と情報を入手したことを報告。2人は2月上旬に雜誌「GOETHE」のアート企画を通じて知り合ったが、「そのときにお互い一瞬にして一目惚れだったそうです」といい、2人とも口を揃えて「会った瞬間に一目惚れだった」と話していることを明かした。

企画で米ロサンゼルスのアーティストをたずね、意気投合した2人は、日本に帰国後、2月中旬から交際を開始。芸能リポーターの井上公造氏によると、3月中旬には揃って剛力の事務所社長の元へ挨拶に行き、挨拶後社長は「2人で記念に飲みなさい。これからよろしくね」とお気に入りの高級ワインを前澤氏に渡したといい、事実上事務所公認の関係となったようだ。

◆前澤友作氏からコメントも「“お金目的”などと…」

さらに、前澤氏から番組へ寄せたコメントも紹介され、「今回の報道に関して僕のせいで彼女が悪く言われるのは本当に悲しいです。僕がもっとカッコいいイケメンだったら“お金目的”などと言われないんだろうなと思います」と世間の一部の批判の声に複雑な心境を吐露。剛力のファンに対して「僕がしっかり彼女のことを守りますのでご安心下さい」と頼りがいのある言葉で結んだ。

◆剛力彩芽、惹かれた理由を明かす

一部週刊誌にて、2人は前澤氏の車でデートを繰り返し、前澤氏が剛力を自宅まで送り届けていることが報じられた。その後、前澤氏は「自身のTwitterにて報道記事を引用しつつ「マネージャー風を装って、彼女のカバン持って後ろ歩いてみたけど、まあバレたよね」とコメント。「ただ真剣ですよ!ちなみに昔からファンでした」と真剣交際をほのめかしていた。

剛力の所属事務所は27日、「本人に再確認したところ、真剣に交際しているそうです」と交際を公表。また、剛力も自身のInstagramで29日、「友作さんは、まるで子供みたいにピュアな方です。仕事や会社や仲間を愛し、真っ直ぐで情熱的な姿は、どこか私の父親にも似ているなと感じる部分もあり、ひたむきで楽しむことを忘れない人柄にいつも勇気をもらい惹かれています。気づいたら年齢の差を越えて、お互いとても大切に思える関係になっていました」と前澤氏に惹かれた経緯をつづった。(modelpress編集部)

情報:読売テレビ・日本テレビ

【Not Sponsored 記事】

ヒカキンの年収は明石家さんまの3分の1?冗談めかしてコメント

YouTuberのヒカキン(29歳)が、4月29日に放送されたトーク番組「さんまの転職DE天職7」(日本テレビ系)に出演。元スーパーの店員時代の月給が手取り13万円だったと語った。

「ただ東京に出たかった」というヒカキンだが、スーパーの店員時代の月給は手取り13万円で、常に節約していたという。業務用の200円するかしないかの焼きそばを毎日食べていたが、特技のヒューマンビートボックスをYouTubeに掲載すると世界的にブレイク。

4年間務めていたスーパーを退職し、今ではアップした動画再生回数82億回の人気YouTuberになったヒカキンだが、「いつか(明石家)さんまさんと一緒に動画で共演したい」と夢を語っていた。

なお、番組のスタッフが、現在のヒカキンの年収をたずねたところ「具体的には(明石家)さんまさんの3分の1くらい」と冗談めかしてコメント。さんまも「そんなに貰ってるのか!」とボケに乗っかる一幕も。

Twitterなどのネットでは「さんまさんといつかヒカキンさんの動画でコラボ見たいなあ」「さんまさんどれだけ稼いでるんだろう…」「本当にすごいと思う」「これからもがんばって!」といった反応が寄せられている。

城島茂の発言からTOKIOの絆を感じる 武田鉄矢が山口達也を語る

歌手で俳優の武田鉄矢が30日、TBS系情報番組『ビビット』(毎週月〜金8:00〜9:55)に生出演。強制わいせつの疑いで書類送検され無期限謹慎処分となったアイドルグループ・TOKIO山口達也について話した。

武田鉄矢

武田は「仲いいですね」とコメント。「だからあんなにストレートに言えるんですね。『筋を通さない』なんていうのは、30年以上やったキャリアのグループ内でも言いにくいもんですよ。それをスパッとリーダーが言えるっていうのは、普段このグループのメンバーがいかに強く結ばれているかですよね」と、リーダー・城島茂の発言からTOKIOの絆を感じたという。

城島は28日に放送されたテレビ朝日系『週刊ニュースリーダー』で、TOKIO復帰は「ありえない」と断言し、メンバーに説明がなかったことに「裏切り」「筋を通していない」と厳しい発言をしていた。

武田はまた、「とにかく早く、山口くん体を治して、戻ってきてほしいな。惜しいグループですよね。TOKIOはユニークなグループですから。田んぼでこんなにお客さんを引きつけるアイドルグループはいませんよ。素晴らしい仕事をやってきてるんだから、もったいないもったいない」と山口の復帰を願った。

メンバーが欠けたら芸能界を辞める TOKIO城島茂が語っていた覚悟

誰か1人でもメンバーが欠けたら、「僕は芸能界から足を洗う」――。TOKIO城島茂さん(47)は、グループの「リーダー」としての覚悟について、過去にこのように語っていた。

雑誌「ポポロ」(2016年6月号)に掲載された対談記事の中での発言だ。山口達也メンバー(46)が強制わいせつ容疑で書類送検された事件を受けて、インターネット上で再び注目が集まっている。

「白髪になって腰が曲がっても…」

「ポポロ」はジャニーズアイドルの情報を専門に扱う月刊誌。16年4月23日に発売された同年6月号の誌上で、城島さんと「V6」リーダーの坂本昌行さん(46)が対談していた。

2人はともに、結成から20年以上の歴史をもつグループを引っ張り続けてきた存在。それだけに、対談の中では互いの「リーダー論」やグループへの思いも話題に上がったようだ。

この対談の内容を伝えたウェブメディア「ジャニーズ研究会」の16年5月6日配信記事などによれば、城島さんは「白髪になって腰が曲がっても、『絶対にTOKIOはなくさない』って思いでやってる」と告白。その上で、

「ウチ(TOKIO)のメンバーはだれかひとりでも欠けた瞬間に終わり。そして、そのときは僕は芸能界から足を洗う。それぐらいの覚悟でやってる」

との熱い思いを語っていた。

こうした城島さんの発言が、雑誌の発売から約2年後に再び大きな注目を集めることになった。自宅に呼び出した女子高校生に無理やりキスをしたなどとして、山口メンバーが強制わいせつ容疑で書類送検されていたことが明らかになったためだ。芸能活動は無期限の謹慎となり、復帰の見通しは現段階で全く立っていない。

「それだけメンバーの事を信頼してたんだろ」

城島さんがTOKIOへの思いやリーダーとしての覚悟を語っていた「ポポロ」の対談記事について、ツイッターやネット掲示板には山口メンバーの事件後、

「メンバー信頼してるからこんな発言したんやろな」
「リーダーの心境が変わってなければ相当辛い」
「それだけメンバーの事を信頼してたんだろ。山口の罪は重いよ」
「今回メンバーの中で一番傷ついているのは城島リーダーだと思う」

といった反応が。事件を受けての城島さんの胸中を、過去の発言と関連づけて心配するユーザーが出ているのだ。

そのほか、事件後の会見で山口メンバーがグループへの復帰願望を口にしたことについて、城島さんが、

「被害者の方、そして、そのご家族の方に対しての謝罪の念があれば、『戻ってきたい』とか、そういうことまず言えないと思うんですよね」

などと断じ、現時点での復帰について「ありえないですよね。普通に」と否定していたことを思い出すファンの姿も。こうした山口メンバーへの厳しい態度と、過去の発言を結びつける形で、

「TOKIOに何かあったら引退って(中略)現実になっちゃうのかな?」
「リーダーやめないで」

などと、早くも城島さんの今後を心配するような声も上がっている。

メンバーが欠けたら芸能界辞める TOKIO城島茂が語っていた覚悟

誰か1人でもメンバーが欠けたら、「僕は芸能界から足を洗う」――。TOKIO城島茂さん(47)は、グループの「リーダー」としての覚悟について、過去にこのように語っていた。

雑誌「ポポロ」(2016年6月号)に掲載された対談記事の中での発言だ。山口達也メンバー(46)が強制わいせつ容疑で書類送検された事件を受けて、インターネット上で再び注目が集まっている。

「白髪になって腰が曲がっても…」

「ポポロ」はジャニーズアイドルの情報を専門に扱う月刊誌。16年4月23日に発売された同年6月号の誌上で、城島さんと「V6」リーダーの坂本昌行さん(46)が対談していた。

2人はともに、結成から20年以上の歴史をもつグループを引っ張り続けてきた存在。それだけに、対談の中では互いの「リーダー論」やグループへの思いも話題に上がったようだ。

この対談の内容を伝えたウェブメディア「ジャニーズ研究会」の16年5月6日配信記事などによれば、城島さんは「白髪になって腰が曲がっても、『絶対にTOKIOはなくさない』って思いでやってる」と告白。その上で、

「ウチ(TOKIO)のメンバーはだれかひとりでも欠けた瞬間に終わり。そして、そのときは僕は芸能界から足を洗う。それぐらいの覚悟でやってる」

との熱い思いを語っていた。

こうした城島さんの発言が、雑誌の発売から約2年後に再び大きな注目を集めることになった。自宅に呼び出した女子高校生に無理やりキスをしたなどとして、山口メンバーが強制わいせつ容疑で書類送検されていたことが明らかになったためだ。芸能活動は無期限の謹慎となり、復帰の見通しは現段階で全く立っていない。

「それだけメンバーの事を信頼してたんだろ」

城島さんがTOKIOへの思いやリーダーとしての覚悟を語っていた「ポポロ」の対談記事について、ツイッターやネット掲示板には山口メンバーの事件後、

「メンバー信頼してるからこんな発言したんやろな」
「リーダーの心境が変わってなければ相当辛い」
「それだけメンバーの事を信頼してたんだろ。山口の罪は重いよ」
「今回メンバーの中で一番傷ついているのは城島リーダーだと思う」

といった反応が。事件を受けての城島さんの胸中を、過去の発言と関連づけて心配するユーザーが出ているのだ。

そのほか、事件後の会見で山口メンバーがグループへの復帰願望を口にしたことについて、城島さんが、

「被害者の方、そして、そのご家族の方に対しての謝罪の念があれば、『戻ってきたい』とか、そういうことまず言えないと思うんですよね」

などと断じ、現時点での復帰について「ありえないですよね。普通に」と否定していたことを思い出すファンの姿も。こうした山口メンバーへの厳しい態度と、過去の発言を結びつける形で、

「TOKIOに何かあったら引退って(中略)現実になっちゃうのかな?」
「リーダーやめないで」

などと、早くも城島さんの今後を心配するような声も上がっている。