0年 0月 の投稿一覧

尼神インター・誠子 Instagramで公開された「奇跡の1枚」が注目集める

尼神インター・誠子【撮影:編集部】

写真拡大


 Instagramで公開された尼神インター・誠子のキュートな“奇跡の1枚”が注目を集めている。

 写真に映し出されたのは桜の花に囲まれながらニッコリと笑顔を浮かべる誠子の姿。これはバラエティ番組『金曜★ロンドンハーツ』(テレビ朝日)の企画で「奇跡の1枚カレンダー2018」を作成した際に撮影されたものと思われる。

 誠子はカレンダーの4月を担当しており「素敵な4月にしようね」と可愛らしくコメント。写真を見たファンからは「とってもキレイ」「奇跡の一枚!」「どこの美人かと思いました」「えっ! 別人ですよね!w」などその変貌ぶりに驚きのコメントが殺到している。

尼神インター 誠子さん(@seiko_1204)がシェアした投稿 – 4月 2, 2018 at 5:30午前 PDT

「名探偵コナン」作者の青山剛昌氏 ファンに元気な姿披露

元気な姿を見せた青山剛昌氏 (C)ORICON NewS inc.

写真拡大


 人気漫画『名探偵コナン』の作者・青山剛昌氏が4日、都内で行われた同作の劇場版アニメ22作目『名探偵コナン ゼロの執行人』(13日公開)の完成披露舞台あいさつに出席。昨年12月に「病気療養と充電のため」との理由で長期休載していたが、今月の1日に「(11日発売の『週刊少年サンデー』)20号から『名探偵コナン』の連載を再開しやす!」と約4ヶ月ぶりに連載再開を発表して話題に。青山氏は体調を心配するファンに「心配は“ゼロ”です」と元気な姿を見せた。

【写真】高山みなみら人気声優が集結したイベントの模様

 イベントは、劇中のメインキャストである声優の高山みなみ、山崎和佳奈、小山力也、古谷徹とともにゲスト声優として参加する上戸彩、博多大吉が登壇。キャラクターボイスなどで各自あいさつし、作品の見どころなどをトーク。その後、コナン君と一緒に青山氏がサプライズで登場すると会場から「きゃー!」と大きな声援が。体調はバッチリだという青山氏に対して上戸は「復帰おめでとうございます! お帰りなさいませ」とにっこり。古谷も「赤井秀一!」と漫画の人気キャラクター・赤井秀一が着ているニット帽と革ジャンの衣装で登場した青山氏をイジるなど、会場を盛り上げた。

 連載再開となる新シリーズの1ページ目は、人気キャラクター・安室透と赤井秀一が拳銃をつきあわせるとところからスタート。安室役の古谷は「なんで、また銃を突き付け合うんですか!?」と、ファンが気になっていることを質問すると、青山氏は「それはお楽しみですね」とニヤリとし、古谷は「いつもこうやって、はぐらかされるんですよね」と笑わせた。

 公開される最新作は、東京サミットの会場を狙った大規模爆破事件を発端に、探偵であるコナンと公安警察が真っ向衝突するストーリー。私立探偵・黒ずくめの組織・公安警察のトリプルフェイスを使いこなす謎の男・安室透がメインキャラクターとして登場する。

ビートたけしの独立騒動 オフィス北野は「超ホワイト企業」だった?

ビートたけしさん(2015年撮影)

写真拡大


ビートたけしさん(71)の「オフィス北野」独立騒動で、「たけし軍団」の古株である井手らっきょさん(58)が同事務所の若手社員の超高額年収に対する不可解さをあらわにした。

井手さんは2018年4月3日放送の「とくダネ!」(フジテレビ系)で内情を明かした。明らかに「何もしてないだろう」という20代のマネジャーが1000万円以上の年収をもらっていると暴露したほか、それにもかかわらず、仕事中に「事務」作業ならぬフィットネスの「ジム」に行く社員もいたとして「ふざけんな」「ありえない」と激怒した。

森社長に「冷たい」

1日にたけし軍団の各メンバーがブログで出した声明文によると、森昌行社長(65)が必要な手続きを経ずに株式を大量取得して筆頭株主となり、会社の経営を「私物化」しているとたけしさんが指弾。怠っていた「たけし軍団のプロモーションに注力」することも含め、経営方針を「師匠(=たけしさん)が指示されました」という。ところが森社長ら事務所側はこうした「約束」を果たさず、「結果、井手らっきょが活動拠点を熊本に移さざるを得なくなるような状況」になったと主張する。

井手さんは「とくダネ」の取材で、事務所が東京での仕事をプロモーションされなかったかどうかについて「それはそうですよね」とうなずいた。ただ「まあ、仕事をとれなかったのは芸人として自分の力がなかったことなので誰も責められない。ただ、事務所が僕だけでなく他のタレントもプロモーションしてくれればよかったのにな、というのはある。それで熊本で頑張ろうという気にはなった」と話した。故郷の熊本ではレギュラー番組2本が決定しているのに加え、自身がマスターをつとめるバーも開店予定という。

井手さんは帰郷にあたって当然、社長にも話そうとしたが、こんな扱いを受けたと明かす。

「森社長に電話して、お話ししたいことがあるといったら、『僕はそういう立場ではありませんから』と切られた。それが冷たいなと思って、なんで話聞いてくれないの。社長ともう30年一緒ですよ。そのことに関しては、たけしさんも『それはないだろ』と」

事務所のマネジャーの超高額給与についても不可解な思いをあらわにし、矢継ぎ早にぶちまけた。

「何もしてないだろ、こいつ」

「マネジャーの給料は普通の会社と変わらないでしょうけど、ボーナスとかで年収額が『は?』というような。なんで、20代で一千何百万円ももらえるの? 1人だけじゃない。2人くらいは『何もしてないだろ、こいつ』という。誰が見ても、こいつは何のために事務所にいるんだろうというマネジャーやスタッフもいた。そういう人たちが何千万という年収をもらっていた。なんでこいつに何千万も渡すの? マネジャーは事務的な仕事をしているけど、『あれ、あいつどこ行ったの?』と聞いたら、『事務ね』『こっちの(フィットネス)ジムです』と。ふざけんな、お前は。仕事中だろ。それで事務所から何千万ももらってるって、あり得ないだろと」

井手さんによれば、事務所の20代社員の給与は「1800万円」、さらに森社長の報酬は「1億円超」だったという。この高額給与問題については「声明」でもふれられており、「他の事務所と比較して、適正価格の給与であったことは完全に誤報であり、流布された給料明細はボーナスを外された数字であり、実態は、中小企業の常識から、かけ離れた数字であったことは、社員本人たちも認めたことであったことを改めて、ご報告します」と、一部報道内容を否定しながら指摘されている。あくまで一方の当事者の説明であるが、事実なら「超ホワイト」な待遇だ。

番組でも、経済メディア「東洋経済オンライン」の山田俊浩編集長が「ブラック企業の逆の『ホワイト企業』という見方もできる。給料は普通の会社と変わらないけど、もろもろでそういうの(ボーナス)が出るとなると、基本的な給料は業績が悪ければ少なくなるわけで、税金の計算でやったことも考えられる。あまりこれ自体が責められることではないかもしれない」と指摘していた。

一方、森社長が「声明」の内容に「きわめて不本意」などとコメントしていることに対し、たけし軍団の水道橋博士も同番組の取材に応じ、

「あの言葉を不本意というなら、たけし軍団側ではまだ抑えて書いているので。たけし軍団自体、非が何もない。そのようにおっしゃられるのなら、非はそちらにあるのではないですか」

と徹底的に争う構えを見せていた。

自身へのストーカー行為で男が逮捕 菊池桃子が心境をブログにつづる

菊池桃子 (C)ORICON NewS inc.

写真拡大


 タレントの菊池桃子(49)が3日、自身のブログを更新。自身へのストーカー行為で元タクシー運転手の男(56)が3月31日に現行犯逮捕されたことを受け、経緯と心境をつづった。

菊池桃子のプロフィール

 「この度は大変ご心配をおかけいたしております」と切り出した菊池は、「お気遣いのお言葉も頂戴いたしておりますことに心より感謝申し上げます。会見を行うことは予定しておりませんが、この度の報道を受けて多くの方から大変なご心配をいただきましたので、文書にてコメントをさせていただきます。経緯は報道されているとおりで間違いございません」とつづり、以下のとおり説明。

 「昨年の秋に配車システムでタクシーを利用しました。マスク等で顔を隠し、会話も行く先を伝えただけでしたが、後日のメールによると、声で気づき、降車時のドアサービスで近づいてマスク越しに顔を確認したそうです」。

 続けて「その後、その時の乗務員と名乗る人物から、事務所あてに執拗な交際等を求めるメールが届くようになりました。また、送迎時に自宅を把握したとのことで、SNSやメールで私や家族に近づくことを示し、直接自宅に押し掛けるようにもなっていました」と被害がエスカレートしたことを明かした。

 その後、男から家族に対する言及などもあったことから「昨年末以降、弁護士の先生や警察に相談し、強く警告をしていただいていました。しかし、最近になってタクシー会社を退職し、ますます行動が読めず危険な状況に発展し報道で伝わったような経緯となった次第でございます」と逮捕に至るまでを説明。

 「家族全員、恐怖で眠れない日が続き、不安な毎日を抱えてきた数ヶ月でした」と心境もつづっており、最後は「現在捜査中ということもありますので、これ以上の詳細は控えさせていただきますが、皆様に助けていただきながら、仕事についてはしっかり務めてまいりますので、どうぞ宜しくお願い申し上げます」と呼びかけている。

Xデー間近…麻原彰晃はこうして処刑される(2)元刑務官が語る“執行方法”

Xデー間近…麻原彰晃はこうして処刑される(2)元刑務官が語る“執行方法”

写真拡大


 ではその時、麻原はどのようにして絞首刑台に吊るされることになるのか。死刑執行に携わった経験を持つ元刑務官の証言。

「かつては前日に執行の事実が伝えられていたが、それを聞いた死刑囚が直後に自ら命を絶ってしまった事件を機に、現在は当日まで本人に伝えられることはない。数人の屈強な刑務官が独房の前にやって来るのは朝の8時。刑務官は『外へ出ろ』と命じるだけだが、この瞬間に死刑囚は全てを察知することになる。多くの場合、恐怖のあまりブルブルと震え出して大小便を漏らしたり、『死にたくない』『助けてくれ』と絶叫して命ごいしたりと、静かだった独房は一瞬にして阿鼻叫喚の地獄と化します」

 ならば、詐病疑惑がささやかれる麻原死刑囚の場合はどうか。何人もの死刑囚を見送ったことのある元教誨師(死刑に立ち会う僧侶、牧師、神父など)はこう明かすのだ。

「精神病を装っていたある死刑囚は死刑執行を告げられるや、真顔をひきつらせながら『そうですか』と言って素に戻った。詐病だったんだね。ただ、落ち着いていたのは一瞬だけで、すぐにワケのわからないことをわめきながら、独房の奥に飛びのいて暴れだした。以後はまさに地獄絵。死刑囚は刑務官4人がかりで独房の外へ引っ張り出されると、ウーウーといううめき声を漏らしながら、薄暗い廊下をズルズルと引きずられていったよ」

 麻原死刑囚も含め、その後、死刑囚はエレベーターに乗せられ、刑場のあるフロアで降ろされる。向かう先は「教誨室」と呼ばれる応接室で、死刑囚が最後の祈りを行う「前室」を経て、死刑が行われる「執行室」へと続いている。この元教誨師が続ける。

「死刑囚は教誨室で拘置所の所長から死刑執行を正式に伝えられ、簡単な遺書や遺言を残すわずかな時間を与えられる。その後、前室で仏式、キリスト教式、無宗教式など希望に応じた祈りをささげたあと、最後のタバコと菓子を勧められるが、暴れたり自失状態になっている死刑囚については、この間の儀式が省略されることもある。実際、そういう死刑囚はかなりいたね」

 そうして、今生の別れとなる絞首刑が執行される。死刑囚は前室で白装束に着替えさせられ、頭全体を覆う目隠し用の袋をかぶせられる。再び前出・元刑務官の証言。

「その後、ただちに執行室に運ばれ、断末魔の苦しみで暴れないよう、両手と両足を縛られたうえで首に縄をかけられ、執行ボタンが押される。この間、わずか十数秒。足元の踏み板が外されると、死刑囚は自然落下していく。吊るされている時間は15分から30分。口や目や肛門などから内容物が流れ出し、中には痙攣しながらダラダラと射精したり、落ちる瞬間に叫び声を上げたために舌をかみ切り、口から大量の血を噴き出して絶命する者もいます」

 その後、立ち会いの医師による検死によって死亡確認が行われ、独房を出てから都合2時間にわたる罪の償いは完了するのだ。

 独房の奇行教祖にも、迫り来る「その時」がやって来る‥‥。

香川真司、「超ゴージャスなリビングルーム」のソファーが衝撃的!

香川真司、「超ゴージャスなリビングルーム」のソファーが衝撃的!

写真拡大


 ドイツ・ブンデスリーガの地で輝いた成功者は、あまりにも優雅な生活を楽しんでいるようだ。ドルトムント所属の日本代表MF香川真司が暮らす“豪勢なリビング”がSNS上にお披露目され、そのセレブぶりを存分に見せつける結果となった。

 主人のカラダをしっかりと支える巨大なソファー、お洒落なハンモック、そして芝生の敷かれた雄大なベランダ。兵庫県神戸市に生まれた29歳の日本人フットボーラーが謳歌するゴージャスな居間は、同じくドイツで活躍する日本代表FW武藤嘉紀のツイッターを通してファンの目に届けられた。

 3月26日、「offは真司くんの家に遊びにきました! 笑い疲れました。そして、公式Instagram始めることにしました!」とのコメントとともに、武藤は香川の自宅でくつろぐ様子を収めた写真を掲載。ソファーに並んで座った2人がテレビゲームのコントローラーを手にしながらニッコリと笑い、リラックスした表情を浮かべているのが確認できる。

「公式Instagramの開始を知らせるツイートだったようですが、どうしても視線は豪華すぎる香川宅のリビングへと吸い寄せられます。もちろん彼がドイツやイングランドで成し遂げてきた偉業を鑑みれば、その優雅な暮らしぶりにも十分納得がいくものの、小柄な香川のカラダとは対照的なジャンボソファーの存在には多くのファンも驚かされたことでしょう」(スポーツライター)

 なお、香川は現在足首の負傷により戦線を離脱しており、武藤も今回の日本代表に招集されなかったため、貴重な休日のリラックスタイムを満喫することができたようだ。両選手共にロシアW杯へ赴くだけの実力と経験を擁しているだけに、今後の復活劇には大いに期待したい。

(ジェイコヴ)

選抜最多優勝回数の中京大中京が持つもう1つの記録「選抜最長時間試合」

選抜最多優勝回数の中京大中京が持つもう1つの記録「選抜最長時間試合」

写真拡大


 現在まで夏の選手権での最多優勝回数は、何と7回。東海の名門・中京大中京(愛知)が誇る輝かしい成績である。同校は、同じ愛知県のライバルである東邦と並ぶタイ記録ながら、春の選抜でも史上最多4回の優勝に輝いている。

 最初の優勝は1938年第15回大会。まだ校名が中京商時代の頃である。前年春の選抜で準優勝、そしてその年の夏の選手権では優勝した時のエース・野口二郎(元・阪急など)が健在で、史上2校目となる夏春連覇を狙って甲子園へと乗り込んできた。もちろん優勝候補の筆頭だ。そしてこの大会で野口は恐るべき投球内容を披露する。初戦から防府商(山口)を5‐0、海草中(現・向陽=和歌山)を4‐0、海南中(現・海南=和歌山)を2‐0。そして愛知県勢同士の決戦となった決勝戦では宿敵・東邦商(現・東邦)を1‐0。野口は選抜史上初となる全試合完封勝ちという快挙で、母校の選抜初優勝に華を添えたのである。しかもその投球内容は3安打完封に始まって、海草中戦では史上4人目となるノーヒットノーラン。さらに続く2試合は2安打完封だった。4試合で許したヒットはわずかに7本。完璧なピッチングであった。

 2度目の優勝は1956年第28回大会、そして3度目が1959年第31回大会である。ともに決勝戦では隣県でしのぎを削り合ってきたライバル・岐阜商(現・県岐阜商)と対戦。前者は4‐0、後者は3‐2のスコアで勝利した。

 4度目の春制覇は1966年第38回大会。エース・加藤英夫(元・近鉄)の粘り強い投球が光った。初戦でいきなり優勝候補のPL学園(大阪)と激突。これを5‐2で撃破すると、2回戦の高鍋(宮崎)との試合は4‐5とリードされていた8回裏に鮮やかに逆転し、6‐5。準々決勝の米子東(鳥取)戦は11‐2と大勝してベスト4へと進出したのだが、続く準決勝の宇部商(山口)との一戦が春の選抜史上に残る激闘となるのである。試合は3‐3の同点のまま延長戦へと突入する緊迫の展開に。そして迎えた14回表についに宇部商に勝ち越しの1点を許してしまう。しかし中京商も粘りを見せる。その裏、加藤みずからの内野安打をきっかけに満塁とするとスクイズで同点。続く15回裏にも、またも満塁のチャンスを作り、ここでセンターへのサヨナラ犠飛。現在でも春の選抜史上最長時間試合記録となっている4時間35分の死闘を制し、ついに決勝戦へと進出したのである。

 決勝戦の相手は四国の雄・土佐(高知)。試合は相手エースの上岡誠二(慶大-日本鋼管)との投げ合いとなったが、中京商は3回裏に1点を先取。この虎の子の1点を守った加藤の力投で投手戦を制し、1‐0で優勝した。この瞬間、春の選抜単独最多優勝4回という大記録が打ち立てられたのである(のちに東邦も記録)。そして同年夏の選手権。もう一つの大記録をこのチームは成し遂げる。史上2校目となる春夏連覇の快挙であった。

(高校野球評論家・上杉純也)=敬称略=

田村淳がエイプリルフールネタを投下も青学受験をイジられる悲しい結果に!

田村淳がエイプリルフールネタを投下も青学受験をイジられる悲しい結果に!

写真拡大


 芸人の田村淳が4月1日に発したエイプリルフールのツイートが、ネット民からさんざんイジられるネタとなったようだ。

 田村は「みんなエイプリルフールって言ってるけどさぁ…正式には『エイプーリルフル』なのに、間違って日本に伝わってるよね」とのネタを投下。もちろんエイプリルフールとは「April Fool」のことであり、田村のツイートが4月1日のウソネタであることは明らかだ。しかしネット民からは斜め上からの反応が続出しているという。

「このネタに対してはただ一言『青山学院大学』とだけつぶやいたリプのほか、『浪人しろ』『だから落ちるんだ』など田村の青学受験に絡めたリプが多数寄せられました。中には『偏差値32の奴が必死に考えたのか?』と、田村の英語力を小ばかにしたリプまである始末。どうやら現在の田村にとって、英語を取り入れたネタは自爆のもとにしかならないようです」(芸能ライター)

 このように田村はエイプリルフールのネタで外してしまったわけだが、実はこのネタの振りにも失敗していたという。

「田村はこの日、もう一つのネタをツイート。それは『今日からシンクロナイズドスイミングはアーティスティックスイミング 名称が変わるらしいよ』というもので、これは日本水連が3月31日に発表した事実です。ところがネット民からは『しょうもないウソついて』と田村を信じないリプが続出。いかにもウソっぽく聞こえるネタを振ることで、次のネタに続けたかったのかもしれませんが、外してしまいましたね」(前出・芸能ライター)

 何かと世間を騒がせる田村だが、芸人としての腕前は鈍ってきたのかもしれない。

(金田麻有)

楽しんご、新コンビ「おいなりさん」結成も世間から酷評されるワケ

楽しんご、新コンビ「おいなりさん」結成も世間から酷評されるワケ

写真拡大


 イメージが悪すぎて、売れる予感は皆無!?

 お笑いタレントの楽しんごが3月30日、お笑いコンビ「おいなりさん」を結成したことを所属事務所を通じて発表した。相方は経営していたバーで楽しんごと出会ったという渋谷りゅうきで、渋谷がツッコミを担当し、楽しんごはボケを担当。結成のきっかけについて楽しんごは「初めて出会った時、コンビを組むならこの人しかいないと思いました!」と、運命のようなものを感じて、渋谷とコンビを組むことになったという。また、コンビ名を見ると、どうしても楽しんごの腰を振る動きを見せての一発ギャグ「ラブ注入」など、楽しんごの芸風を考えると下半身ネタが由来しているのでは? と思ってしまうが、コンビ名については「日本人が大好きなおいなりさんのように、みんなに愛されるコンビになります!」と説明し、ブレイクを目指すという。

 しかし、このコンビ結成について、ネット上の反応を見てみると「この人のネタ見ても、全然笑えないわ」「黙ってマッサージしてろよ」「今日からおいなりさんが嫌いになりました」「相方は暴力に気をつけろよ」と、楽しんごにとっては耳を塞ぎたくなるような声ばかりが目立っている。

「ピンでブレイクした時にすでに同性好きであることを公言していた楽しんご。公開されているオフィシャルのコンビ写真でも、2人は白のタンクトップという、どうしてもそうした要素を感じさせる装いですから、コンビになっても芸風はその路線で攻めるのではないでしょうか。ただ、楽しんごといえば2013年に元付き人の男性の顔などを複数回殴り全治約1週間の怪我を負わせ、傷害容疑で書類送検されるという過去もあるため、あまりいいイメージを持っている人はいません。また、その騒動で楽しんごがとてもキレやすい性格であることも報道されていますから、相方も十分に気を付けて欲しいところです」(エンタメ誌ライター)

 どう考えてもマイナスからの船出だが、その悪い流れを断ち切るぐらいの秘策があるのかも注目だ。

(田中康)

大阪桐蔭への雪辱を果たし敦賀気比が北陸に初めて優勝旗を運んだ第87回大会

大阪桐蔭への雪辱を果たし敦賀気比が北陸に初めて優勝旗を運んだ第87回大会

写真拡大


 春の選抜で初めて北陸のチームが優勝したのは2015年の第87回大会のこと。エース兼4番として獅子奮迅の活躍を見せた平沼翔太(北海道日本ハム)擁する敦賀気比(福井)がそのチームである。平沼はこの前年夏の甲子園でも2年生ながらエースとして3試合で完投勝利を収め、チームのベスト4進出に貢献していた。その平沼がひと冬越えてさらに成長してふたたび甲子園へと戻ってきたのである。その右腕が奈良大付との初戦から全開。与えたヒットは6回表の1本のみ。打線も計8安打で3点を叩き出し、3‐0の完封勝利で好発進したのである。

 続く2回戦は前年秋の明治神宮大会覇者の仙台育英(宮城)。優勝候補同士の大一番となった。相手のエース・佐藤世那(オリックス)もプロ注目の好投手である。試合は予想通り両エースの投げ合いとなり、5回表を終わって両軍ともに0行進。だが、その裏に試合が動いた。敦賀気比は2死二、三塁のチャンスから3番・林中勇輝が右適時打を放ち、2点の先制に成功したのだ。対する仙台育英も7回8回とチャンスを作るが平沼が後続を断ち、得点を許さなかった。結局、9回表に1点を返されるも、そのまま2‐1で逃げ切ったのだった。両投手はともに被安打5の好投を見せたが、要所でのヒットの有無が試合の勝敗を分けた形となった。

 準々決勝の静岡戦も熱戦となった。敦賀気比は平沼の先制2ランなどで3点を先攻するも、その後は追加点が奪えない展開に。すると5回表にスクイズとエラーで一気に同点とされてしまった。しかし迎えた9回裏、2死一、二塁から3番・林中がサヨナラタイムリー二塁打。劇的な幕切れでベスト4に進出したのである。

 迎えた準決勝は強豪・大阪桐蔭と対戦。実はこの前年夏の準決勝と同じカードであった。その時は初回に5点を先制するも、平沼が乱調で打撃戦に持ち込まれ、9‐15と壮絶な敗戦を喫した因縁の相手。接戦が予想されたが、雪辱に燃える敦賀気比の打線が大爆発。6番・松本哲幣が大会史上初となる2打席連続満塁ホームランを放ち、個人1試合最多打点8を記録するなど2回を終わり10‐0。投げては平沼が強打の大阪桐蔭打線を被安打4に抑えた。結局、11‐0の大差で圧勝し、前年夏のリベンジを果たしたのである。

 決勝戦は北海道・東海大四との対戦となった。試合は1回の表裏にそれぞれ1点ずつを取り合ったあとは投手戦に突入。迎えた終盤8回裏。敦賀気比は前日の大阪桐蔭戦で大活躍を見せた6番の松本が今度はレフトスタンドへ勝ち越しの2ラン。この2点を平沼が守って3‐1。敦賀気比が初優勝を遂げたのである。福井県勢としては1978年の春の選抜第50回大会で福井商が準優勝に輝いていたが、それを越える形となった。同時にこれは春夏通じて北陸勢、悲願の初優勝でもあった。

(高校野球評論家・上杉純也)=敬称略=