0年 0月 の投稿一覧

「いままででMAX」野性爆弾・くっきーが3月の月収明かす

 26日に『 極楽とんぼKAKERUTV 』(AbemaTV)が放送された。今回の放送は、「宮崎元議員が参戦!見つかったら暴露かくれんぼ!」と題し、AbemaTVの建物内でかくれんぼを敢行。鬼役の極楽とんぼ・加藤浩次に見つかったら「どんな質問にも口パクで答えないといけない」という企画が行われた。

 3回目の開催となる今回は、世間を騒がせた元衆議院議員・宮崎謙介、元なでしこジャパンの丸山桂里奈、極楽とんぼ・山本圭壱、野性爆弾くっきーとロッシー、チョコレートプラネット・長田庄平と松尾駿という“濃い”メンバーが参戦。

 「先月の月収」というお題では、まずカメラマンに扮した山本が捕まった。加藤が「まだ『めちゃイケ』のギャラが入ってないからカツカツでしょ」と予想すると、山本は前回と同じく肉声ではっきり「37万円」と答え、前回より1万円アップしたことが分かった。

 次に脚立の上にいたくっきーを見つけた加藤は、脚立をホウキで叩きまくり、ホウキを破壊するという狂犬ぶりを発揮。「先月の給料は今までの中でMAX」というくっきーに口パクで答えてもらうと、口の動きから「320万円」だったことを予想された。

 ちなみに相方のロッシーは「35万円」だったそうで、コンビ内格差も明らかに。“格差同士”の山本とロッシーは固く握手を交わしていた。

(C)AbemaTV

“老活のススメ”スペシャル対談「弘兼憲史×加藤一二三」(1)対局時の食事は40年間うな重

 弘兼憲史が新しい老後を提唱する週刊アサヒ芸能の人気連載「老活のススメ」が200回で堂々のフィナーレを飾る。それを記念して、カリスマ棋士とのスペシャル対談が実現。数々の記録を打ち立てた大御所にして、今やお茶の間の人気者「ひふみん」は、まさに老活を楽しむ達人だった! 将棋、家族、そして芸能界での新たな挑戦をエネルギッシュに語り、さしもの弘兼氏も押され気味!?

加藤 弘兼さんは、小さい頃から将棋に興味をお持ちでしたか?

弘兼 僕らの年代はみんな好きですね。まわり将棋から始めて、はさみ将棋に行き、小学校高学年で普通の将棋という順番です。矢倉や棒銀といった「型」を覚えて振り飛車とかもやりました。それでも3手くらい先しか読めません。

加藤 いやいや、3手先を読めたら一人前ですよ。

弘兼 今は漫画を描いている途中、息抜きでパソコンの将棋アプリで遊んでいます。ただ、将棋アプリは強いので、5回くらいは「待った」をしないと勝てません(笑)。加藤九段はコンピュータを使いますか。

加藤 使いません。やはり人間がいちばん強いと思っていますから。

弘兼 人間のひらめきのほうが速い、ということですか。

加藤 私の場合、盤面を見た瞬間、95%は最善手が思い浮かびます。

弘兼 ということは、早指しも得意だったのですか。

加藤 持ち時間が20分のNHK杯で7回優勝しています。1手に2時間、3時間かかる長丁場の戦いでもタイトルを取っています。思うに、将棋の天才とは、ひらめきと長考の両方が優れている人のことを言うのだと思います。

弘兼 加藤九段は、対局中に相手側の盤面に回り込んで見る「ひふみんアイ」が有名ですが、あれは何か意図があったのですか?

加藤 あれは昭和54年2月7、8日の王将戦、中原名人との対局でした。中原名人が席を離れた時、反対側の席に回ってしばし盤面を見たら、すばらしい手が浮かんできたんです。

弘兼 相手の視点から考えたのですね。

加藤 その手を指したら、中原名人に勝って、王将を獲得できました。

弘兼 それはすごい。ネクタイを長めに結んで戦うスタイルも独特と言われていますよね。

加藤 あれもたまたま長く結んで戦ってみたら、すごく気分がよかったので、それが習慣になりました。

弘兼 おもしろいですね。こだわりといえば、対局中の昼食も話題になりますが、加藤九段はうなぎを好んで食べられたとか。それはゲン担ぎですか?

加藤 そうではありませんが、私の場合、一度決めたら長いこと変えない性格で、昼と夜の食事でうな重を食べる生活を40年間続けました。

弘兼 夜もですか?

加藤 正確に言うと、昼がうなぎ2匹のうな重で、夜は3匹のうな重です。夜の戦いはおなかがすきますからね。うなぎのいいところはおいしくて、腹持ちがいいことです。お寿司もおいしいのですが、すぐにおなかが減ってしまいます。

■弘兼憲史(ひろかね・けんし)1947年、山口県生まれ。早稲田大学法学部卒。松下電器産業(現パナソニック)勤務を経たのち、74年に漫画家としてデビュー。現在、「島耕作シリーズ」や「黄昏流星群」を連載するほか、作家、ラジオのパーソナリティーとしても活躍中。「新老人のススメ」(小社刊)など著書多数。

■加藤一二三(かとう・ひふみ)棋士九段。1940年、福岡県出身。早稲田大学中退。第40期名人。仙台白百合女子大学客員教授。54年、当時の最年少記録となる14歳7カ月で史上初のプロ棋士となる。17年6月の引退まで、62年10カ月にわたりプロ棋士として活躍。00年紫綬褒章を受章。通算成績は2505戦1324勝1180敗1持将棋。現役引退時点で勝利数は歴代3位、対局数と敗戦数は歴代1位。近年は「ひふみん」の愛称でバラエティー番組など多くのメディアに出演。

後輩の指摘に激オコ!サンシャイン池崎の賞味期限はもう切れた?

 空前絶後の絶叫芸で人気のお笑い芸人、サンシャイン池崎。だが最近はお得意の「イエェーイ!!」を聞く回数が減りつつあるとの噂もあるようだ。

 4月24日放送の「ウチのガヤがすいません!」(日本テレビ系)にガヤ芸人の一人としてひな壇に座った池崎は、暴言ネタを得意とするお笑いコンビ・鬼越トマホークの餌食に。鬼越の二人が内輪ゲンカを始め、それを池崎が止めるという定番の流れだが、ここで芸歴では5年も下の後輩から強烈なディスリを受けたというのだ。

「鬼越の坂井良多は池崎に対し『お前よりお前のモノマネするやつのほうが受けてる!』との暴言。すると池崎の顔が一瞬、真顔になったのです。しかも周りのガヤ芸人は大爆笑で、本人も当惑した様子でした。さらに鬼越の金ちゃんが『(池崎自身は)本当は思ってないと思うんですけど、正直、池崎さん自体の賞味期限はもう切れちゃってる』とトドメ。大声で怒鳴り返していた池崎ですが、核心をつかれて怒りの表情を隠しきれなかったようです」(テレビ誌のライター)

 16年のブレイクから2年経ち、世間の興味も薄れてきたのか。たしかに「サンシャイン池崎」が検索された回数から調べてみると見事に右肩下がりのグラフを描いており、話題性が減っていることは確実なようだ。ただ、池崎自体が表舞台からフェードアウトしているわけではないという声もある。

「確かに『イエェーイ!!』という一発芸フレーズは賞味期限切れかもしれませんが、一方で子供向け番組の『おはスタ』(テレビ東京系)では4月9日から月曜日の日替わりレギュラーに就任。旅番組などのロケ企画やイベントゲストとしても重宝されており、池崎自身はむしろ出番を増やしているのです。ブレイク当時から破天荒キャラのように見えて根はマジメであることを露呈していましたが、最近はそのマジメさが使い勝手の良さとして評価されている模様。ブレイク前には生命保険勧誘のアルバイトで優秀な成績を収めたこともあり、人を引きこむ話術にも長けているようです」(お笑い系のライター)

 最近の池崎は「イエェーイ!!」を決めゼリフ程度に抑えてきていて、一発屋芸人から脱却しつつある。爆発的な注目度は減ったものの、どうやら長生きモードにシフトしつつあるようだ。

(金田麻有)

消えたゴリ押し美女タレントは今(3)「ポスト上戸彩」福田沙紀は共演NG連発で干された?

 2004年、国民的美少女コンテストで10万人以上の応募者から受賞し、“ポスト上戸彩”の呼び声も高かったのは、女優の福田沙紀だ。

 ドラマだけでなく、「クイズ!ヘキサゴンII」(フジテレビ系)などバラエティ番組でもおバカキャラとして活躍し、一時期はテレビに出ずっぱりだった。

 順風満帆のように見えた彼女の芸能活動だが、長くは続かなかった理由を、芸能ライターが打ち明ける。

「デビュー後すぐに大ブレイクし、ちやほやされ調子に乗った福田が、現場に遅刻して行ったりであるとか、スタッフをアゴで使っているとか出演者から共演NGを出されているなどのウワサがネット上に飛び交ったため、それを信じた視聴者たちから、『福田沙紀って性格悪いらしいね』『顔に性格の悪さがにじみ出てる』とバッシングされてしまいました。その後は主演作品が徐々に減り、脇役が多くなってしまったようです」

 もっとも、福田をデビュー時から知る女性記者はこう擁護する。

「彼女がネット上で『性格が悪い』とウワサされたきっかけとなったのは、ドラマ『ライフ』(フジテレビ系)でイジメっ子役を演じてからです。イジメ役にハマりすぎたためか、ドラマの内容に苦情が殺到するほどでした。演技力に定評のある女優ですから、今後も定期的にオファーが来ると思います」

 独学で韓国語を学び、演技に活かした経験もある福田の今後に期待だ。

(佐藤ちひろ)

元NMB48・山田菜々、吉本坂46入りについて聞かれたコメントにファンが感動

 流行りモノもいいが、やっぱり古巣が一番!

 元NMB48でタレントの山田菜々が、3月21日に都内で行われた「山田菜々カレンダーブック2018」の発売記念イベントに出席した時のことである。所属事務所の親会社である吉本興業が展開する新アイドルプロジェクト「吉本坂46」について言及した。翌22日には一次審査合格者751人が発表されたばかりだった吉本坂だが、その合格者の中にはNMB時代には小谷里歩名義で活動していた三秋里歩や、高野祐衣の名前も見られている。もちろん吉本興業の子会社に所属する山田も同グループのオーディションを受ける権利はあったものの、山田はあえてオーディションを受けなかったという。そのことについて聞かれた山田は「センター張れるならやりたい」とジョークを話していたものの、最後には「やるならNMBに入りたいな。もう1回NMBがいいなって思います」と、どうせアイドルとして活動するのならば、吉本坂よりも古巣のNMBに復帰したいという回答を披露した。

 この山田の返答にはNMBファンから「ちょっとウルっときました」「ななちゃん、本当に好きだわ」「いつでも戻っておいで」といった声が上がるなど、感動するものが続出。坂道グループのファンからも「こういうアイドルは推せるな」「さすが元キャプテンだな。ファンではないが、カッコいいと思う」「NMBも須藤凜々花みたいなやつばっかりじゃなくて安心した」など、山田の決断に好感を持つ者が多いようだ。

「オープニングメンバーとして加入したNMBでは最年長メンバーであり、チームMのキャプテンとして天然キャラながらグループを引っ張ってきた立場。NMBの元キャプテンがAKBグループの公式ライバルである坂道グループにあっさり加入したとなれば、ファンとしては気持ちは複雑ですから、NMBファンは安心したようです。とはいえ、吉本坂も一応、アイドルグループである以上、恋愛禁止というアイドル定番の掟は存在するようですから、積極的に恋愛していきたい山田にとってはそこがネックに感じて受けなかった可能性も高いですよね(笑)。まあ、実際の理由はどうであれ、ファンは山田の言葉に感動したのは事実です」(アイドル誌ライター)

 仮にオーディションを受けていれば、センターも夢ではなかったとは思うが、アイドルとしての意地を貫いた山田には拍手を送りたい。

(田村元希)

新垣結衣、星野源と「住まいが近接」報道を憂う意外なメディア関係者とは?

 女優の新垣結衣は今年6月で30歳を迎えるものの、いまだ透明感あふれる清純派のイメージで人気を集めている。最新のヘアケアブランドのCMでは、白Tシャツにデニムのショーパン姿で、美脚を披露。カメラ目線で髪をかき上げ、「何見てるの?」などと話しかてくる様にハートを撃ち抜かれている男子もいまだ多い。

 そんなふうに数々のドラマや映画、CMで変わらず大活躍中の新垣だが、一方でプライベートの恋愛についてはほとんど話題に上ったことがない。ところが、そんな新垣に、ここに来て一昨年にヒットしたTBS系ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」で共演した星野源との熱愛が報じられて注目を集めている。

 3月に発売された「女性セブン」が、2人が同じマンションの敷地の隣の棟に住んでいると報じたのだ。

「2人については『逃げ恥』の共演当時から交際が取り沙汰されていましたが、これまで決定的な証拠はありませんでした。とはいえ、今を時めくビッグカップルということで、以前から複数の週刊誌や女性誌、写真誌がマークしていたのですが、ああいう形で記事になったわけです」(スポーツ紙記者)

 もっとも、写真週刊誌の記者は、その後の状況について、こうボヤく。

「『セブン』の記事にしても、同じマンションの敷地内に住んでいるというだけで、2人の交際を裏付ける決定的な情報や写真はありませんからね。ただでさえガードが堅かった2人が、記事が出たおかげで、今後ますます警戒心を強める可能性は高く、正直言ってずっとマークしていた我々からすれば迷惑な話ですよ」

 はたして噂のビッグカップルが交際を裏付ける決定的瞬間を報じられる日は来るのか──。

(しおさわ かつつね)

乃木坂46の「シンクロニシティ」自身初の初週100万枚超え

 人気アイドルグループ・乃木坂46の20枚目のシングル「シンクロニシティ」(4月25日発売)が、自身初となる発売初週100万枚超えとなる111.7万枚を売り上げ、5/7付オリコン週間シングルランキング(集計期間:4月23日〜29日)で初登場1位を獲得した。

【ライブ写真】武道館で開催された生駒ちゃん卒業コンサート

 初週売上での100万枚突破は、Mr.Children(1996年2/19付「名もなき詩」で記録)、速水けんたろう、茂森あゆみ、ひまわりキッズ、だんご合唱団(1999年3/15付「だんご3兄弟」で記録)、宇多田ヒカル(1999年11/22付「Addicted To You」で記録)、AKB48(2011年6/6付「Everyday、カチューシャ」で初獲得以来、通算30作で記録)に続き歴代5組目。また2000年代以降では、AKB48に続き2組目となる。

 キャプテンの桜井玲香は「ミリオン達成という目標は、デビュー当初から変わらない目標ですが、これを今回初週で達成できたことは、乃木坂46がまたひとつ成長できているんだなと実感しています。この結果を受け、『シンクロニシティ』をもっとより多くの人に聴いてもらえるように、これからも頑張りたいと思います!!」と喜びのコメントを寄せた。

 乃木坂46のシングル1位獲得作品数は、これで19作連続通算19作目となり、モーニング娘。、SKE48と並んでいた通算1位獲得作品数の女性グループ部門で単独2位に浮上。また、シングル連続1位獲得作品数でもSKE48を上回り、女性グループ部門で歴代単独2位とした。ともに歴代1位記録はAKB48(38作連続通算38作)が保持している。

 今作は、グループを卒業する生駒里奈が参加するラストシングル。白石麻衣が14作ぶり2度目の単独センターを務めた。

長澤まさみが映画撮影でハワイロケ 山田孝之らにイジられ泣かされる

長澤まさみ/モデルプレス=4月30日】女優の長澤まさみが30日、都内で行われた映画『50回目のファーストキス』(6月1日公開)の完成披露舞台挨拶に山田孝之、勝矢、太賀、山崎紘菜、佐藤二朗、福田雄一監督らと出席した。

【さらに写真を見る】長澤まさみのものまねをする共演者

ハワイでオールロケを行ったこともあり「楽しかったです。ハワイに行ってからずーっと浮かれちゃって」と振り返った長澤に、福田監督は「ずっと笑っていたもんね」と微笑みながら「太賀!長澤さんは笑うとどんな感じになるのかやってみて」と現地でひたすらやっていたという長澤のものまねを無茶ぶり。そこから共演者が見事な掛け合いを開始した。

太賀はすぐさま反応して披露したが、少し抑えめだったのか長澤が「そんなんじゃないじゃん!もっとひどいのやってたじゃん!なに急にカッコつけてんの!」とクレーム。太賀は負けじと「車のシーンで、僕が思いっきりものまねをしていたら、孝之さんと二朗さんもものまねしてきて、3人の長澤まさみが長澤まさみを車の中で囲んでいて(笑)」と笑いながらエピソードを語り、山田も「4人の長澤まさみしか乗っていなかった」と追撃した。

イジられまくった長澤が「(長澤まさみは)1人だよ」と反論しながらつっこみを入れるも、太賀から「最初は笑っていたのに目から涙がポロポロポロポロ出てきて」と返される始末。そこにニヤニヤした福田監督も参戦し「悔しくなっちゃったの?」と聞かれると、長澤は「嬉しかったんです。嬉し泣きです」と頬を膨らませて反論し、会場の大きな笑いを誘っていた。

同作はハワイのオアフ島を舞台に、記憶障害で前日の出来事を全て忘れてしまう瑠依(長澤)と、そんな彼女に一目惚れした大輔(山田)との恋の行方を描いたラブストーリー。コメディ街道をひた走ってきた“コメディの王者”福田監督が初めて渾身のラブストーリーに挑むことでも話題を集めている。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

アメトーークで「HUNTER×HUNTER芸人」放送へ キスマイ宮田俊哉ら出演

テレビ朝日系バラエティ番組『アメトーーク!』(毎週木曜23:15〜 ※一部地域除く)で、「HUNTER×HUNTER芸人」が近日放送されることが1日、明らかになった。

1998年に連載がスタートし、発行部数およそ6500万部を誇る冨樫義博氏のヒット漫画『HUNTER×HUNTER』。3年前、全く予定に無かったにもかかわらず、ネット上で「『アメトーーク』で『HUNTER×HUNTER芸人』をやるらしい」と勝手にウワサになったこともあるほど期待を寄せられていた企画が、ついに実現する。

集結するメンバーは、ケンドーコバヤシ、ドランクドラゴン・塚地武雅、品川庄司・品川祐、ナイツ・塙宣之、NON STYLE・井上裕介、かまいたち・山内健司、そしてKis-My-Ft2

・宮田俊哉。作品を知らない松井玲奈やアンガールズ・田中卓志をもうならせる愛情と知識を披露する。

語られる内容は、複雑すぎるストーリー設定、伏線回収、突然のネタバラシなど。『HUNTER×HUNTER』ファンからも一目置かれる宮田が、「アニソン芸人」以来の番組登場で、その魅力をプレゼンする。

また、実は芸人や、ほかの漫画のキャラクターが多数登場していたことが発覚。ケンドーコバヤシが、作品の中に密かに描かれている人々を細部にわたって解説する。

「身体を治して戻ってきて」山口達也への武田鉄矢の見解が物議を醸す

 4月30日放送の『ビビット』(TBS系)で、コメンテーターの武田鉄矢が、山口達也とTOKIOに対し独自の見解を披露。その内容が物議を醸している。

 番組では冒頭からわいせつ事件を起こした山口達也の謝罪会見が流れ、ワイプ内で国分太一が厳しい表情を浮かべる。

 そして、城島茂が28日放送の『週刊ニュースリーダー』(テレビ朝日系)でTOKIO復帰を希望した山口に対し「筋が通ってない」「ありえない」と断罪したことや、その山口が再入院したことなどが報じられる。

 この件についてコメントを求められたのが、この日スペシャルゲストとして呼ばれた武田鉄矢。

 山口の件について、
「私なんかもね70手前ですけど、ハイティーンの頃からやってきたグループなんですよ。海援隊っていうね」
と前置きした上で、

「でもやっぱり率直な感想をいいますけど、TOKIOのね、国分くんが横にいますけど、仲いいですね。だからあんなにストレートに言えるんですね、筋を通さないなんて30年以上やったキャリアのグループ内でも言いにくいもんですよ。それをスパッと城島くん、リーダーが言えるっていうのは普段やっぱりグループのメンバーがいかに強く結ばれているかですよね」
と絶賛。

 そして、
「とにかく早く山口くん身体治してね、壊してたんだから。身体治して、戻ってきてほしいなあ。惜しいグループですよね、TOKIOってグループは。ユニークなグループですから。田んぼでここまでお客さんを惹きつけるアイドルグループはいませんよ。本当素晴らしい仕事やってきてるんだから。もったいないもったいない」

 と、山口達也の復帰を希望するコメントを行う。それを聞いた国分は「ありがとうございます」と謝辞を述べ、山口を突き放すのではなく、「向き合っていく」意思を示した。

 武田鉄矢のコメントに、ネットユーザーの評価は真っ二つ。TOKIOのファンと思われる層からは「優しいコメントで感動した」「愛を感じた」「嬉しかった」など、好意的な声が。

 一方で、「被害女性の感情を無視している」「山口達也の犯した犯罪を無視するな」「わいせつ事件を軽視している」などの批判も多く、まさに賛否両論となった。

 「武田鉄矢は『3年B組金八先生』で近藤真彦や田原俊彦などジャニーズ事務所所属タレントと長年親交があるだけに、批判的な言葉は投げかけられなかったのでしょう。TOKIOにとっては優しい言葉だったかもしれませんが、被害者の感情を無視しているといわれても致し方がない発言でした。

 しかし、いきなりスペシャルゲストで呼ばれ、山口達也の件についてコメントを求められる武田鉄矢も、少々かわいそうだなとは思います。個人の見解ということなのでしょうが、結局何を言っても批判されることになりますし」(芸能ライター)

 山口達也とTOKIOを慮った武田鉄矢。立場上難しいのかもしれないが、被害者がいることも忘れてはいけない。