0年 0月 の投稿一覧

元ZONEのMAIが持論「手術が必要なケガもヨガで治す」

元ZONEのMAI“手術が必要なケガ”も自力で治す

写真拡大


元ZONEのMAI(31歳/旧芸名:MAIKO)が、5月22日に放送されたバラエティ番組「有田哲平の夢なら醒めないで」(TBS系)に出演。「手術が必要なケガをしてもヨガで治す」との持論を語った。

ZONE解散後に芸能界を引退し、ヨガインストラクターへと転身したMAI。現在、再び芸能界に復帰して、ヨガを活かした活動を始めているという。ZONE時代は無理をしていたそうで、もともと人の後ろに隠れたりするちょっと根暗なタイプだったが、バンド活動は前に出なければならず、ストレスだったと当時を回想した。

そんなMAIはヨガの魅力について「いつでも宇宙と一体になれる」といった表現で説明したが、タレントの若槻千夏(33歳)が「ヨガが好きだと言っている女の子って、明るさの奥に闇が見えるんですよね。闇が見えてきました」と指摘される一幕も。

そしてMAIは、冬の雪道で転んでしまい半月板を損傷、十字靱帯も痛めてしまい病院に運ばれたというエピソードを披露。すぐに手術をしなければならない、というほどの重傷だったが、MAIは手術をせずヨガで治したという。MAIは物事には何か意味があり、「膝を怪我したのも何か意味があるはず」とスピリチュアルな思考を披露したが、MCのくりぃむしちゅー・有田哲平(47歳)から「いやあ、今日の収録は無駄だったと思いますよ」とツッコミを入れられていた。

Twitterなどのネットでは「MAIちん今も変わらず綺麗だったわー」「MAIちゃんにヨガ教わりたい」「大けがもヨガで治るの?」「ZONEで一番地味だったのになあ。すごくきれいになって」といった反応があるようだ。

酒好き美女7人の「酔い乱れ」現場(2)有村架純はハシゴ酒が好き

酒好き美女7人の「酔い乱れ」現場(2)有村架純はハシゴ酒が好き

写真拡大


 同じ93年生まれの有村架純(25)も、泥酔姿などとても想像できない清純キャラがウリだが‥‥。

「架純ちゃんは大の梅酒好き。いつもチビチビと静かに飲んでいる感じです。飲んで豹変するわけでもなく、酒癖はいい部類だと思うのですが、いかんせん『飲みだすと止まらない』のが彼女の特徴。打ち上げでもたいてい二次会に参加しますし、そこでも『もう一軒行きませんか?』とオネダリしてくるんです。プライベートで飲む時も一晩で何軒か回るそうですし、ハシゴ酒がヤメられないんでしょうね。ああ見えて結構な呑んべえですよ」(ドラマプロデューサー)

 キレキレのダンスを得意とする体育会系の土屋太鳳(23)はどうか。

「太鳳ちゃんも日本酒から焼酎まで相当イケる口なのですが、彼女は典型的な泣き上戸。そんなに酔ってるようには見えなくても、お酒が入ると決まって“泣きのスイッチ”が入るんです」(ドラマプロデューサー)

 映画やドラマの打ち上げは、苦楽をともにしたスタッフたちとの「別れの場」ということもあって、号泣するシーンがたびたび目撃されている。そんな涙モロい土屋について、うがった見方をするスタッフもいるようで、

「今後の仕事につながるよう、好感度アップのために泣いているのではないかという『ウソ泣き疑惑』です。実際、飲みの席で彼女が泣いていると、必ず何人かのスタッフがもらい泣きしてしまう。演技かどうかはさておき、彼女の涙がきわめて強力な“武器”であることは確かです」(ドラマプロデューサー)

 続いては、現在放送中のドラマ「モンテ・クリスト伯」(フジテレビ系)でヒロインを務める山本美月(26)。そのシリアスな内容とは裏腹な、ユニークな飲みっぷりには映画関係者も苦笑いのテイ。

「ある程度飲むと、急にしゃべり方が早口になって、完全なオタク口調になってしまうんです。もともと彼女自身、『大のアニメ好きで、根っからのオタク気質の持ち主』と公言しているのですが、酒を飲むとデビューする前のオタクキャラがモロに出てしまう。飲み仲間である女性スタッフの間では『オタク口調もカワイイ』と好評です。ぜひテレビでも酔っ払った姿を披露してもらいたいものですね」

 昨年から宝酒造のスパークリング清酒「澪」のCMキャラクターに起用されているが、

「いちばん飲むのは、ワインだそうです。銘柄にも詳しく、若手女優の中でも屈指のワイン通と見る関係者もいます」(映画関係者)

福原愛、始球式でのノーバン投球より「ママのEカップ」が鮮烈だった!

福原愛、始球式でのノーバン投球より「ママのEカップ」が鮮烈だった!

写真拡大


 卓球女子の福原愛が野球の始球式に登場し、話題となっている。あの愛ちゃんが始球式を行ったとなれば、日本中のメディアが放っておかないはずだが、今のところほとんど報じられていない。それもそのはず、福原が始球式を行ったのは台湾のプロ野球、富邦ガーディアンズ対Lamigoモンキーズの試合だからだ。

 5月13日に行われた始球式の様子がユーチューブにアップされると、視聴回数はまたたく間に13万を突破。福原の注目度の高さを証明した。

「動画ではピンクのユニフォームを着た福原が見事なピッチングを披露。マウンドの1番前から投げているとはいえ、ノーバンでキャッチャーミットに収まるボールを投げています。さすがはアスリートですね」(週刊誌記者)

 福原は昨年10月に第1子を出産したばかり。球場には夫の江宏傑選手が娘を抱っこしている場面も映され、なごやかムードの中で行われたようだ。そして何より驚かされるのは、ママとなった今でも福原がスーパースター級の人気を誇っていることである。

「彼女がグラウンドに登場すると観客は大歓声。アスリートとしてリスペクトされているのはもちろん、アイドルとしても人気なのでしょう。ピンクのユニフォームを着て、髪をツインテールにまとめた福原はまるでAKBのメンバーのよう。しかも、胸が大きくなっているようなんです。ピッチングを終えてマウンド上でピョンピョン跳ねて喜ぶ場面では、推定Eカップの胸が上下に激しく揺れています」(前出・週刊誌記者)

 次はぜひとも日本で始球式をしてほしいものだ。

コーチデビューで野球熱再燃!?イチローに急浮上する「一時期帰国」案

コーチデビューで野球熱再燃!?イチローに急浮上する「一時期帰国」案

写真拡大


 イチローの去就問題が再燃しそうだ。

 事実上の「引退」とも取れる会長付特別補佐に就任して、2週間強が経過した。「チームに帯同し、練習にも参加するが、試合には出られない」──そんな立場のイチローは、来季、日本で開催されるマリナーズの開幕戦で“一時復帰する”との見方もされている。ところが、帰国のタイミングが早まる可能性が出てきたのだ。

「5月12日のタイガース戦でマニー・アクタコーチが代理監督を務めました。同コーチの本来の役割はベンチコーチ。同日、代理でベンチコーチ役に選ばれたのがイチローでした。采配をサポートし、イチローの野球熱にふたたび火がついたというか…」(特派記者)

 試合中のベンチ入りも久しぶりだった。それを妨げているのも「会長付特別補佐」に祭り上げられたためだが、オリックスを始めとする日本の各球団がその契約内容について調べ直したのだ。わかったことは終身契約とはいえ、1年ごとの更新となっており、仮に破棄したとしても、イチロー側が戻りたいと言えばマリナーズに復帰できる条項も書き加えられていた。

「一時的に破棄できるのであれば、イチローが『日本で試合に出たい』と言えば、マ軍はそれを許さなければなりません。来季以降の帰還も保証されているのなら、正式に日本の球団がアクションを起こせば、イチローも考えるのではないか、と」(球界関係者)

 イチローの理解者でもあるオリックス・宮内義彦オーナーも、消化不良ぎみの現状を気に掛けているという。「オリックスで引退してくれ」とも思っている。正式なオファーがあれば、イチローは来季開幕戦前の帰国を真剣に考えるのではないだろうか。

(スポーツライター・飯山満)

デカすぎ!「半分、青い。」永野芽郁のボディコン姿に浮上した“疑惑”とは?

デカすぎ!「半分、青い。」永野芽郁のボディコン姿に浮上した“疑惑”とは?

写真拡大


 5月18日に放送されたNHK朝ドラ「半分、青い。」第41話にて、ヒロインの永野芽郁がボディコン姿を披露し、視聴者から注目を集めた。

「『半分、青い』は、80年〜90年代初めのバブル期を描いており、41話では主人公演じる永野が友人役の佐藤健らと共にディスコに繰り出す様子が放送されました。その際、彼女はゴールドの派手なボディコンを着こなし、お立ち台では羽根つき扇子を振り回しながらダンスを披露。そこで露わになった美脚や強調されたボディラインが視聴者をざわつかせたんです」(テレビ誌記者)

 清純派女優として売り出されている永野は普段、グラビアでも露出が少ないため、今回のボディコン姿には「素晴らしい美ボディだ!」「美脚すぎる」と絶賛の声が飛び交った。

 しかし、一部からはスタイルに関して、ある疑惑の声が上がっているという。

「今回、ボディコン姿の永野をサイドから捉えたシーンがありました。しかし画面から見えるバストが、はちきれんばかりの巨大すぎる光景だったため、一部視聴者からは『お胸がデカすぎる!』『盛っているのでは?』と詰め物疑惑が持ち上がる事態に。確かに昨年、ドラマの記者会見でワンピース姿で登場した彼女の胸は、推定A〜Bカップほどの膨らみを想像させ、巨大バストの印象はありませんでした。おそらく今回は、ボディコン姿を際立たせるため、スタッフの意向で体のラインを演出した可能性があります」(前出・テレビ誌記者)

 いずれにしろ、永野が披露した今回のボディコン姿は貴重なものとなりそうだ。

(写真:パシャ)

「普通のオジサンに戻りたい」ピーターが休養宣言 坂上忍は羨む

坂上忍【写真:竹内みちまろ】

写真拡大


 坂上忍が22日、自身がMCを務める『バイキング』(フジテレビ)で、休養宣言に入ることと長年親しんた“ピーター”の芸名を卒業することを発表した池畑慎之介について語った。

 番組では池畑が報道各社に送ったファックスを紹介。その中には「『死ぬまでにやりたいこと100』を作り、実現するたびに1つ1つ消してゆく作業の真っ最中です」「ゆっくりヨーロッパをレンタカーでまわったり、英語をもう一度ちゃんと勉強し直したり、自由な時間を好きに過ごしてみたい」と休養の理由について明かしており、ファックスの最後は「絶対に無理だとは思いますが……『普通のオジサンに戻りたい!?』」との思いで締めくくっていることが伝えられた。

 坂上は「僕にとっては理想の生き方ですね」と池畑の行動力を羨み、柳原可奈子は以前番組で池畑のキャンピングカーに乗せてもらった際のエピソードを紹介。そして「自分の時間をすごく大切にしているっておっしゃっていて、ずっとアウトプットだけだと苦しくなっちゃいますもんね。いろんなことをインプットする時間に当てたいんだなって思って、かっこいいなって思いました」と語った。

 さらに坂上は「散々お仕事されてきたんですから、やっぱりこの年齢になって自分の時間を作りたいっているのはすごくよくわかるし、勇気あることだなって思う」と池畑の“休養宣言”に理解を示していた。

ベッキーはすごく好きだった…川谷絵音がエッセイ本で赤裸々告白か

川谷絵音

写真拡大


 ほのかりんとの破局から1年あまり、『ゲスの極み乙女。』の川谷絵音に、新たにモデル・松本愛との熱愛が発覚した。

【写真特集】ほのかりん(元カノ)松本愛(今カノ)それぞれとの熱愛写真

 川谷の名前を一躍有名にしたのが、16年1月に報じられたベッキーとの不倫騒動。このときは彼女とのメールの中で、離婚届のことを“卒論”と評するなど、彼の独特な言葉のチョイスも大きく注目された。

「バンドの中でも作詞を手がけており、川谷さんの言葉はファンからも“共感できる”と、大きな支持を得ているんです」(音楽ライター)

 そんなカリスマ的な“詞”を書く川谷のビッグプロジェクトが、水面下で動いているというのだ。

「6月に中央公論新社から川谷さんのエッセイが出版されるそうなんですよ。その中では、なんと名前こそ出していないもののベッキーさんとのことが書かれているとか。“前の彼女は、すごく好きだった”と、まるで彼女への未練をにじませるような表現もあるといいます」(出版関係者)

 川谷はこれまで、世間に対してベッキーのことを語ったことはほとんどない。なぜこのタイミングで中央公論新社からエッセイが出版されることになったのだろうか。

「同社には看板雑誌ともいえる『婦人公論』がありますが、本人を口説いてスクープインタビューを取ってくることで有名です。最近でも坂口杏里さんや桜田淳子さん、STAP細胞問題で話題になった小保方晴子さんなど『婦人公論』でしかインタビューに応じないタレントも多いんです。

 そういったノウハウを生かして、かなり前から川谷さんと交渉を続けていたのだと思いますよ」(同・出版関係者)

 騒動から2年以上がたって、ベッキーもレギュラー番組やCMが徐々にではあるが決まり始めている。お互いの仕事の足を引っ張らないタイミングが、今ということだったのだろう。

 発売元の中央公論新社に、エッセイの具体的な発売時期や内容について問い合わせてみると、

「出版予定なことは事実ですが、まだ編集中ですので発売日についてはお伝えできません。細かい内容についてもお伝えすることはできません」(宣伝部)

 と、出版予定であることは認めてくれた。元カノのことが書かれているんだったら、今カノの松本は読まないほうがいいのかも……。

「アメフトやめます」と「戻りたい」 日大選手と山口達也氏の会見の差

元TOKIOの山口達也氏を思い出す人も(2010年撮影)

写真拡大


アメリカンフットボールの悪質タックル問題で、関学大選手にけがをさせたプレーをした日大の宮川泰介選手(20)は、記者会見の中で被害選手らに謝罪し、「この先、アメリカンフットボールをやるつもりもありません」と断言した。取材陣から類似の質問が複数飛んだが、ブレることなく、同様の答えを繰り返した。

ツイッターでは、この毅然とした態度と、先日、強制わいせつ事件に絡み会見した、当時TOKIOメンバーだった山口達也氏による「私の席があれば、またTOKIOとして…」発言を対比する人が相次いだ。

「続けていく権利はないと思ってます」

宮川選手は2018年5月22日の都内の会見で、高校生の時にアメフトを始め、「とても楽しいスポーツ」と思っていたが、大学時代に入って次第に厳しい環境に身を置くようになり、

「あまり好きではなくなってしまった部分もあります」

と心情を吐露。自身の今後について聞かれると、

「僕がアメリカンフットボールを続けていく権利はないと思ってます」
「この先、アメリカンフットボールをやるつもりもありません」

と、毅然とした態度で断言した。一方で、

「今のところ、何をしていくべきなのか、も分からない」

と戸惑っている様子も見せた。

報道陣からは、仮定の話として、今回の被害選手側から許しが出て、アメフトを続けて欲しいといった要望があった場合は「やった方がいいのでは」といった質問も出たが、宮川選手は

「そんなこと(アメフト再開)は考えられません」

ときっぱりと否定した。

「爪の垢を煎じて飲もう」

こうした模様を見てツイッターでは、当時、TOKIOメンバーだった山口氏の4月末の会見でのこんな発言を思い出し、宮川選手と対比する人が続出した。山口氏は「私の席があるならば、またTOKIOとして、やっていけたらなぁ」と述べたのだ。この発言は当時、TOKIOの他のメンバーからも「甘えている」と、厳しい批判を受けた。山口氏は、のちに事務所との契約を解除された。今回の宮川選手会見を受け、ツイッターでは

「日大宮川『アメフトやめます』 山口メンバー『TOKIOに戻りたい』」
「えらい違いやな」
「山口メンバーは宮川選手の爪の垢を煎じて飲もう」
「46歳で(略)TOKIOに戻りたいですって号泣会見した山口達也メンバーってなんだったんだろう」

といった反応が相次いだ。中には、当事者ではなく、周囲の対応の差に注目する人もいて、TOKIOの他のメンバー4人は、明らかな過ちを犯した山口氏を庇う会見をしたが、日大アメフト部の監督・コーチ陣は「学生1人すら守ろうとしない」と指摘し、

「この差は何?」

と疑問を呈する声もあった。

川口春奈が20歳頃の母親の写真を公開 「美人さん」の声

※川口春奈オフィシャルブログのスクリーンショットです

写真拡大


女優の川口春奈が、21日に更新したInstagramとアメブロで、20歳頃の母親の写真を公開した。

川口は「我ながらハタチの母ちゃんめっちゃ可愛いなー。」というコメントとともに、20歳の母親が赤ちゃんを抱いている写真をアップ。

「自分の子どもって可愛いですか?って今年のお正月に聞いたら可愛いとかじゃなくはじめて自分よりも大切なものが出来て優先順位がかわったよ。って言われ 君は私の分身だよってベロベロに酔いながら言われたのを思い出した」と、この写真を見つけたことで、正月に母に言われた言葉を思い出したという。

ファンからは、「お母さん、スタイルが良くて美人さんですね」「はるちゃんママ可愛い、、!!!ステキなお母さんですね」「お母さんも可愛い」という称賛の声のほか、「私も子供3人娘は一人ですが、べっぴんさんでは無くても、超超超可愛いいまと思いましたよ だから、大切に育てられるんですよ」「お母さんって…ほんと凄いなぁって思います」「自分の命より大切だと思える存在だと私は思っております。」と、川口の母の意見に共感する声も多く寄せられた。

不倫騒動で海外を放浪した乙武洋匡氏 気づいた「人との距離感」

 作家の乙武洋匡が、5月11日放送の『エゴサーチTV』(AbemaTV)に出演した。

 2016年の不倫スキャンダルでテレビの仕事を失い、1年間海外を放浪していたという乙武。まわった国は、ヨーロッパをはじめ、アメリカ、中南米、アジア、アフリカと37カ国にも及ぶ。知人の紹介でパレスチナのガザ地区も訪れたというから、行動力がずば抜けている。

 番組では「ヨーロッパに5カ月行ってて。一部のゴシップ誌ってありますけど、(日本のように)民放各局芸能ニュースをやる文化はない。それこそフランスなんて『大統領に愛人がいた、それがどうした?』で回る世界」と、海外との不倫報道の違いについて発言する。

 加えて「人との距離感が、ヨーロッパと日本は正反対だなと思っていて。ヨーロッパは、ふだんは全然他人に干渉しないんです。相手がどうとか、恋愛、プライベートとかどうでもいいんですよ。でもいざとなったら、支え合うみたいな。

 日本はどちらかというと、ふだん干渉しまくるくせに、いざとなったら『自己責任』って切り捨てる。ちょっともったいない」と持論を述べた。

『週刊新潮』が報じた不倫スキャンダルによって、政界進出に失敗。メディアでの仕事も一気に失った。後に、堀江貴文と対談した際には「クラウドファンディングで週刊誌の編集長に探偵をつけよう」と発言し、ニュースにもなった。

 番組後半、西野に「(日本の)情報番組のMCの人とかって、(不倫を)扱うわけじゃないですか。(彼らは)どんな気持ちでやるんですかね?」と話題を振られ、乙武はこう応じる。

「自分の(スキャンダル)がバレないようにひたすら願っているんじゃないですかね(笑)。だって、“ナニネ” さんでしたっけ? 隠し子がいて。“ナントカ優子” さんは、ご自身も略奪婚を2回ぐらいやってて。よくあの番組のキャスターをやれるねと。見習いたいですよ。あそこまで面の皮が厚くなれたら楽だろうなと」

 放浪生活を経て、彼の舌は完全復活したようだ。