0年 0月 の投稿一覧

元SMAPの森且行が美女と交際宣言 妻とは別居中も離婚未成立

つきあいたてのカップルのような仲むつまじさ

写真拡大 (全3枚)


 元SMAPのメンバーでオートレーサーの森且行(44才)が、かねてから交際中の“不倫美女“と堂々の交際宣言をした──。

 6月中旬、夕方の東京・新宿駅はスーツや制服姿の老若男女で込み合っていた。その人込みの中、何度も何度も、後ろを振り返るマスク姿の男性がいた。森且行(44才)だ。その10m後ろに、あえて距離をとりながらも、彼を見失わないように必死に付いていく女性の姿があった。

 森がオートレーサーとしてデビューしてから21年経つ。生涯獲得賞金は6億円を超え、名実ともにトップ選手に。競艇や競輪などを含めた公営ギャンブルの広報大使としても各地を飛び回っている。

「森さんは、1年半前のSMAP解散当日の大晦日に中居正広さん(45才)、稲垣吾郎さん(44才)、草なぎ剛さん(43才)、香取慎吾さん(41才)らと5人で焼き肉店に行っていたことが話題になりましたが、その後も関係は続いていて、元SMAPの3人が所属する『CULEN』がマネジメントするのではという話も出ています。オートレーサーのままコメンテーターなど文化人的な活動をすると思われます。さらに活動の幅を広げていくのかもしれません」(芸能関係者)

 森はSMAP脱退2年後の1998年に3才年上の女性と結婚、長男が生まれた。しかし、2016年8月、SMAP解散発表直後に不倫疑惑が報じられた。

 相手は30代後半の長身美女。森のレース後に待ち合わせてスーパーで買い物をしている姿が目撃され、一緒に埼玉県内のマンションに帰宅したという。

「4、5年前から、森さんは奥さんと別居しています。原因は森さんの女性問題だったそう。奥さんもすっかりあきらめているようですが、なぜか離婚はしていないんです」(オートレース関係者)

 冒頭、森の数歩後ろを歩いていたのは、その不倫美女・Aさんだった。

「今も一緒に住んでいるようですよ。森さんは離婚したがっていますが、慰謝料の金額で折り合いがつかないようです。奥さんは息子さんの留学に付き添って、一緒にアメリカに渡っているそうです」(前出・オートレース関係者)

 離婚が成立していないため人目は気にしているが、親しい人にはパートナーとして紹介しているという。

 紺のカットソーにスキニーパンツというラフな出で立ちのAさんは、距離を保ったまま改札を出ると、駅ビルに向かう。人気が少なくなったエスカレーターの前で待つ森に小走りで駆け寄ると、ようやく合流できたのがうれしかったのか笑顔がこぼれた。そして「あそこのお店に入ろうか」と言っているのか、カフェの看板を指さしてまた笑った。そのAさんの左手の薬指には、指輪が光っていた。

 6月17日、静岡・浜松オートレース場でレースを終えた森を直撃した。

──離婚は成立したんでしょうか?
森「してない、してない」

──今も(奥さんとは)別居したままですか?
森「だって(妻が)日本にいないから」

──離婚の話は進んでいる?
森「どこにいるかわからないし、連絡もとってないよ」

──養育費の問題などで難航している?
森「それはノーコメントで(笑い)」

──Aさんとはおつきあいをされている?
森「うん」

 しっかりと答えると足早にその場を去った。

 堂々とした応対が男らしくもあり“不倫”を公言する姿に不安もあり…。どちらにせよ、森は「新しい地図」を描いているようだ。

※女性セブン2018年7月5日号

小沢一郎「角栄哲学」と「最後の仕事」を独占激白(4)最終的に新しい自民党を作る

小沢一郎「角栄哲学」と「最後の仕事」を独占激白(4)最終的に新しい自民党を作る

写真拡大


──「帝王学」、政治哲学、政治手法‥‥何をいちばん叩き込まれましたか。

小沢 政治哲学です。僕は田中先生の他に竹下登(元総理)、金丸信(元副総理)という先輩に恵まれた。共通するのは「政治は万民のため」という哲学でした。これは身にしみています。

──田中さんから「これだけは守れ」と言われたことは何かありますか。

小沢 田中先生は、ああしろこうしろと言う人ではなかった。言うならば、自分の政治手法を「見て学べ」というものでした。そこで知ったのは、田中先生が利害調整の名人だったこと、物事の落としどころがキッチリ見えていた人だったことです。時代の見通しなど、物が見えるという直感力の鋭さも、また凄かった。日中国交回復への決断の速さと明確さ、あれはまさに、田中先生にしかできなかったことだと思っています。

──そうしたいわば先見力ですが、私は12年前の小沢さんへのインタビューを思い出します。その時にして、小沢さんは今日の朝鮮半島情勢を含めての東アジア、それに絡んでの米・中・ロの3国が中心になっての世界情勢の激動化、大変化を明言されていた。「角栄譲り」の直感力とも思われますが、さて、この国はこれからどこへ向かうと思われますか。また、政治家に何が求められるでしょうか。

小沢 どこへ行くのかわからないから困るんです。このままでは日本はアメリカの言いなりだということで、世界が相手にしなくなる。まず日本をどういう立ち位置の国にするか、トップリーダーに課せられた大きな仕事になるでしょう。

──最後に、小沢さんは政治家としての完結に向けて、何をやりたいと思っていますか。

小沢 最後の仕事は政権交代に尽きます。野党政権をもう一度作り、それを少し長続きさせる中で、なんとか自民党を立て直したい。僕は決して自民党不要論者じゃない。今の日本的、内向きな政党だけでは、これからはとても世界に立ち向かえません。外向きのオープンな政党が必要です。そのために野党を訓練して政権を取らせ、そのうえで新しい自民党を作ろう、と。それで僕の目標は達成でき、仕事は終わることになります。

──結集のため、野党のリーダーを説得する自信はありますか。

小沢 できると思います。やらなければ惨めになるのは野党ですからね。国民は腹の中では絶対に、自民党政権にものすごい批判を持っています。マレーシアのマハティール首相を見てください。実に92歳で野党連合を率いて、古巣の与党を倒したんです。元気だねぇ。僕も元気づきました。マハティールから見れば、僕はまだまだ子供みたいなもんだと思っています。

◆聞き手/小林吉弥(政治評論家)

「睡眠負債」で糖尿病・認知症・心筋梗塞になる(1)睡眠不足で認知症の危険も

「睡眠負債」で糖尿病・認知症・心筋梗塞になる(1)睡眠不足で認知症の危険も

写真拡大


 いよいよ梅雨の季節がやってきた。ジメジメしてなかなか寝つけずに、夜中に何度も目が覚めて眠った気がしない。そんな寝不足の状態が慢性的に続くと「睡眠負債」が積み重なって、ガンや認知症などの発症リスクが増大するという。傾向と対策を専門家に聞いた。

 昨年6月放送の「NHKスペシャル」で〈“ちょっと寝不足”が命を縮める〉と題して放送されて以降、大きな関心事となったのが「睡眠負債」なる聞き慣れない言葉だ。放送のきっかけとなったのは、米・スタンフォード大学医学部の西野精治教授が書いた20万部を超えるベストセラー「スタンフォード式 最高の睡眠」(サンマーク出版)。同著では、睡眠負債に陥ると、

〈借金同様、睡眠も不足がたまって返済が滞ると首が回らなくなり、しまいには脳も体も思うようにならない「眠りの自己破産」を引き起こす〉

 このように危険性を訴えている。

 睡眠改善シニアインストラクターの柳川義継氏が、あとを引き取って解説する。

「毎日6時間睡眠をとっていても、それを2週間続けた場合、2日間徹夜したと同じ疲労が蓄積されると言われます。しかし、6時間寝ていれば、本人としては自覚症状がない。そして、そんな負債が何年、何十年間も続くと、脳をはじめ、体のあちこちにダメージが現れる。つまり、破産してしまうんですね。特に40代、50代の働き盛りで睡眠負債を抱えてしまうと、それが20年後の60代、70代になって出てくる。それが睡眠負債の怖さなんです」

 当然のことながら、人間は「寝だめ」ができず、たとえ週末に10時間寝ようと、この睡眠負債を簡単に解消することはできない仕組みになっている。となれば、睡眠不足という借金は膨れ上がる一方で、その先には破綻という結末が待ち受けているというわけだ。

 ところで不眠が続くと、脳内ではどんな変化が起こるのだろうか。神経内科医で米山医院院長の米山公啓氏によれば、

「寝ている間、脳内では記憶を定着させたり、神経細胞を刺激して発達させる神経栄養因子が増え、脳を保護しています。また睡眠中には、“脳内の清掃”が進み、アミロイドβという不要な老廃物を排除しているんです。ところが不眠が続くと、このアミロイドβが蓄積されてしまう。そして、このアミロイドβの蓄積はアルツハイマー型認知症の要因の一つとして考えられています」

 さらに睡眠負債は、ストレスホルモン「コルチゾール」の分泌を促し、脳にさらなるダメージをもたらすというのだ。このダブルの弊害により、

「睡眠不足が続きコルチゾールが過剰に分泌されれば、記憶をつかさどる海馬の働きが阻害されてしまうんです」(米山医師)

 仕事にかまけて寝不足を放置し続けた結果、気がつけば認知症に‥‥なんていうことになったら目も当てられない。

使ってみたいって!? 鈴木奈々、女性版「セルフ性処理アイテム」に興味津々

使ってみたいって!? 鈴木奈々、女性版「セルフ性処理アイテム」に興味津々

写真拡大


 やっぱり欲求不満なの?

 鈴木奈々が11日に放送されたインターネット番組「おぎやはぎの『ブス』テレビ」(AbemaTV)に出演。思わぬアイテムに興味を示していた。

 共演したオアシズの大久保佳代子が、同じく共演していたたんぽぽの川村エミコが付き合っていたTENGAの社長から女性用性処理アイテムをもらったことを明かしていた。

 大久保は「小鳥の置き物みたいでおしゃれだから」という理由で、たまたま棚の上に置いていたというが、母が興味を持ち、手に取ろうとしたため、焦ったというエピソードを紹介して笑いをとっていた。

 その後、川村がそのアイテムについて、デザイン賞を取っているなど、見た目がとてもおしゃれなことを説明していると、これに食いついたのが鈴木だった。鈴木は「えっ!? 女のTENGAってあるんですね。知らなかった! 使ってみたい!!」「それを、あそこに当てるんですか?」と興味津々だった。

 この鈴木の食いつきの良さを見た視聴者からは「これ、鈴木絶対使うヤツやん」「やっぱり、欲求不満かな」「性欲やたら強そうだからな」と、鈴木がすでにそのアイテムを即購入するものと決めつけた内容のものが多数見受けられている。

「鈴木は3月に放送されたバラエティ番組『有田哲平の夢なら醒めないで』(TBS系)で、アンダーヘアを脱毛したことを告白していた鈴木。脱毛した理由を聞かれると、『何か旦那にもっと抱かれたいなと思って…ツルツルにしたほうがいいかなって』と、夫との夜の関係に満足がいっていないことを告白していました。さらに、2014年放送のバラエティ番組では『旦那さん、夜が雑なんです』とも打ち明けていましたから、欲求不満であることは間違いなさそうですからね」(エンタメ誌ライター)

 そのアイテムを使用した時にはぜひ、感想も伝えてほしいものだ。

(田中康)

菜々緒が筋トレを再開!「おサボりボディ」は過去最高の艶度だッ

菜々緒が筋トレを再開!「おサボりボディ」は過去最高の艶度だッ

写真拡大


 女優の菜々緒が6月13日、自身のインスタグラムで筋トレを再開したことを明らかにした。菜々緒はこれまで頻繁に筋トレ動画を投稿してきたが、6月16日で終わった主演ドラマ「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」(日本テレビ系)の撮影のため「1クール分、サボった」のだという。

 となれば気になるのが菜々緒のボディの具合。彼女はスレンダー美女として知られているが、サボったことでたるんでしまっているのではないかと心配されている。

 今回の投稿で公開されたのは動画と写真がそれぞれ1点ずつ。動画はマシンを使って背筋を鍛えているシーン。写真は床であぐらをかいているショットだ。どちらも黒のスパッツに上半身は、お腹を出し、胸当てタイプのウエアと肌見せは多い。すみずみまでしっかりとボディの具合を確認できる。

「菜々緒のトレーニング動画を欠かさずに観ていますが、以前との違いはほとんどわかりません。ただ体全体が気持ち、やわらかくなったように見えます。わずかにふっくらしているのかもしれません。ですが、これぐらいのほうがいいような気もします。以前は少し痩せすぎにも感じましたから」(週刊誌記者)

 さらに、胸もわずかに大きくなっている、とこの記者は指摘する。菜々緒が背中を反らせるシーンが動画にあり、バストの部分がしっかりと膨らんでいるのがわかるのだ。

「菜々緒はこれまで推定Bカップとされてましたが、今はCカップはあると思います。せっかくサイズアップしたわけですから、無理なトレーニングはやめて現状を維持してほしいですね」(前出・週刊誌記者)

 胸はそのままにウエストは細くする。そんなイイ感じのトレーニングをして、過去最高の艶度を維持してほしいものだ。

ポルトガル代表・ロナウドを“人格否定”!?小柳ルミ子の副音声解説に批判噴出

ポルトガル代表・ロナウドを“人格否定”!?小柳ルミ子の副音声解説に批判噴出

写真拡大


 知識があることは認めるが、さすがに物議を醸しすぎ?

 大の欧州サッカー好きで知られる小柳ルミ子が、欧州チャンピオンズリーグ(UCL)決勝「レアル・マドリード×リバプール」のテレビ中継(フジテレビ系)で、過激発言を連発したのは、去る5月27日未明のことだった。小柳は副音声ゲスト解説で登場し、試合は3-1でレアルが史上初の3連覇を達成したが、3点中、2点がリバプールゴールキーパーのロリス・カリウスのミスが絡んでいることで、小柳は、「アレなんかさ、私だってあんなミスしないよ」「本当に信じられないミスですよ。考えられないミスですよ。正直言うよ、こんなミスする人に仕事任せられませんよ」と、激辛批判。その後のカリウスのプレイにも不満の小柳は「説教しとくわ」と言い放った。

 さらに、レアルのスター選手にして、6月20日にW杯ロシア大会でモロッコと1次リーグ第2戦を戦うポルトガル代表のクリスティアーノ・ロナウドにも「人間的に嫌い」「(一緒に写メが撮れるとしても)撮らない」と言いたい放題。

 これに困ったタッグを組んだ実況者が「(もし実際にはロナウドが)めちゃくちゃイイ人だったら、どうします?」と訊ねるも「イイ人じゃない! 仕事を見ていればわかる」とダメ押ししたのだった。

 この“ロナウド嫌い”を曲げない小柳の発言には実況者も返す言葉を失い、しばし、沈黙の時間ができてしまうという「放送事故」のような空気ができてしまったこともあり、視聴者からも「小柳ルミ子ってこんなウザいオバちゃんだったの?」「知識があるのはわかるけど、選手へのリスペクトがないのは問題だろ」「同じバルサファンだけど、バルサファンのイメージが悪くなるから黙って」と、厳しい意見が集まった。

「欧州サッカーの放送スケジュールをチェックし時間が許す限り、試合を観戦している小柳ですから、放送中では語り切れないロナウドを『嫌いな理由』もあるでしょう。そして副音声ゆえ、より独自の視点を強めたのかもしれませんが、ここまで選手を露骨に批判するのはさすがに刺激が強い。小柳はレアルのライバルのバルセロナのファンで、レアルのエースにそういった感情を持つのも理解できなくはない。カリウス批判についても、熱くなるのはわかりますが、もう少し選手へのリスペクトも見せながら観戦すべきじゃないでしょうか。解説するのが例えば、元プロ選手なら聞いている側も多少は納得できると思います。でも、もっぱら観戦のみの小柳がここまでボロクソに解説されるとイラっと来る人もいるのも無理もない話ですよ。もっとも、元プロ選手でも日本人選手なら、世界最高峰の大会決勝の舞台の経験者はいませんから、なおさら小柳のような厳しい発言は出ないと思いますが…」(スポーツ誌ライター)

 サッカー好きの間では、欧州サッカー好きの明石家さんまが嫌われている。小柳も多少セーブするなりフォローするなりして「嫌われすぎない」ほうがいいかも!?

(本多ヒロシ)

大阪地震巡り西野亮廣が「阪神・淡路大震災への勘違い発言連発」に非難の声!

大阪地震巡り西野亮廣が「阪神・淡路大震災への勘違い発言連発」に非難の声!

写真拡大


 お笑いコンビ・キングコングの西野亮廣が6月18日に大阪で発生した地震に遭遇。そのわずか24分後にブログを更新し、地震に関する自説を披露した。だがその内容について非難の声が寄せられているという。

 西野は〈たしかに揺れはしたけれど、阪神淡路大震災の時の揺れはケタ違いだった。震度が『1』違うだけで、こんなにも変わるものなのかなぁと思う〉と回想。震度7を記録した1995年の阪神・淡路大震災を引き合いに出し、震度6弱と震度7との違いに驚いていたようだ。これに対しては「死者もいるのに不謹慎」との批判が数多く集まっているが、それ以外にも西野の記述には大きな勘違いが含まれているという。週刊誌の記者が指摘する。

「阪神・淡路大震災の『震度7』とは被災地全域における最大震度のこと。中学生だった西野が住んでいた川西市では震度6弱でしたから、実は今回の地震と同じレベルの揺れだったのです。そして西野は《高速道路は根本から折れていたし、記憶補正がかかっているとも思えない》と綴っていますが、それは震度7に見舞われた神戸市で起こったこと。西野自身は震度7を体験していないので、そういう意味では“記憶に補正がかかっている”のも同然の判断をしてしまったのでしょう」

 ただ、地震という強烈な体験のあとでは、どうしても記憶が変容するのはよくあることで、特に西野は14歳で被災しているため、子供心に「ものすごく大きな地震だった」という鮮烈な記憶が刻まれているのも無理はない。しかしそれでも今回のブログでは、明らかにトンチンカンな記述もあるというのだ。

「西野は『阪神淡路はホントに震度7だったのかなぁ?』と書いています。ブログの内容からしておそらく、本当は震度8や9だったのではないかと疑っているのでしょう。しかし日本で使われている『気象庁震度階級』は震度ゼロから7までの10段階となっており、そもそも震度7より上は存在しません。西野が『オレの中ではあれは震度8だった!』と思うのは自由ですが、気象庁発表の震度を疑うことに何の意味があるのか不明ですね」(前出・週刊誌記者)

 西野自身は阪神・淡路大震災の被災者でもあり、週末になると復興ボランティアに行っていたという。それゆえ今回の地震に関しても不謹慎な気持ちなどいっさい持ち合わせていないはずだが、どうにも筆が滑ってしまうクセは隠し切れないようだ。

(金田麻有)

快挙の陰で…渋谷スクランブル交差点でハイタッチならぬ“タッチ悪行”発生!

快挙の陰で…渋谷スクランブル交差点でハイタッチならぬ“タッチ悪行”発生!

写真拡大


 6月19日、日本サッカー界が歴史的快挙を成し遂げた。ワールドカップロシア大会で、日本代表が南米の強豪、コロンビアに2対1で勝利したのだ。

 試合後、日本各地で応援していたサポーターは街に繰り出し、その勝利を祝った。特に若者が集まるとして有名なスポット、東京・渋谷駅前のスクランブル交差点では警察が交通規制に乗り出すほどの大騒ぎに。歩行者の信号が青になるたびに歩道を渡り、向かってくる歩行者と上げたてのひらを合わせるハイタッチを繰り返すのだった。そんな盛り上がりに乗じて、明らかな犯罪行為をするヤカラも存在したようだ。罪状は、ハイタッチならぬ“パイタッチ”だ。

「ツイッターには、バストを触られたり、腕をつかまれたりして『サポーター全否定するわけじゃないけど本当クズしかいない』という被害の声が。また、スクランブル交差点の熱狂を報じる、あるスポーツ紙に掲載された写真に、まさにそのボディタッチが写っているのではないかと指摘する声もあがっています。笑顔でスマホを掲げて写真を撮っている女性の脇から後ろの男性が腕を伸ばし、バストを触っているかのように見えるんです。ネット上には、そんな大騒ぎになって犯行を狙うヤカラが蠢いていることがわかっているのに、のこのこ飛び込むほうにも問題があると批判する意見もありますが、悪いのは間違いなく触るほう。DJポリスも、安全な交通誘導も大事ですが、目の前で行われている犯罪を取り締まれていない状況をどうにかすべきだと思いますよ」(週刊誌記者)

 次回、セネガル戦は6月24日の夜24時キックオフ。日本の圧倒的勝利を期待したいところだが、日本の活躍次第では、その裏側で、今回と同じ大騒ぎとなり、今回と同様の被害者が現れるかもしれないのだ。

テレ朝・弘中綾香「バカァ!」炸裂にオードリー若林と交際女優が強烈嫉妬か!?

テレ朝・弘中綾香「バカァ!」炸裂にオードリー若林と交際女優が強烈嫉妬か!?

写真拡大


 可愛い女子から「ダメでしょ、バカァ!」と言われてみたいというのは男子なら誰でも抱く妄想の一つだ。そんな萌えワードが6月18日放送の「激レアさんを連れてきた。」(テレビ朝日系)にて、同局の弘中綾香アナからMCのオードリー・若林正恭にぶつけられた。

 その弘中アナは6月7日発売の「週刊文春」にて、人気バンド「ONE OK ROCK」(ワンオクロック)のToruとのデートをスクープされたばかり。今回の放送では若林が「撮られてたじゃないの」と切り出し、続けて文春のインタビューが何時くらいだったのかを質問した。さらに若林は「12時回ってないのか、もうちょっと遅くなかった? 英語で言うと何時くらいだったのよ?」と畳みかけ、弘中アナから「ワンオクロック」とのパワーワードを引き出そうと奮闘。しかし、そのたくらみに気づいた弘中アナは持っていた台本で若林の右腕を強烈に痛打し、「ダメに決まってるでしょう、バカァ!」と叫んだのである。

「この場面には多くの男性視聴者が『オレも弘中アナに“バカァ!”って言われたい!』と悶絶したようですね。その一方で、カップルのケンカさながらのじゃれ合いを見せる二人に対して一部のファンからは『こんなんじゃ南沢奈央が嫉妬するけど大丈夫?』との心配が寄せられていました。女性への関心が薄いと言われる若林が、弘中アナとは喜んでじゃれ合っていたのですから、若林と交際中の南沢としては落ち着いてはいられなかったはずです」(テレビ誌のライター)

 しかもこのタイミングでのじゃれ合いは、若林にとって大きなマイナスポイントになった恐れもあるという。

「今回の収録は放送前週の6月12日ごろに行われたはず。しかし同じ週の6月15日が南沢の誕生日だったのです。昨年9月から付き合い始めた二人にとって、今回は交際後としては初めての誕生日という重要な日だったはず。そんな大事な日を目前にして、若林が美人と名高い局アナとじゃれ合っていたのですから、南沢がいかに心落ち着かなかったのかは容易に想像できます」(前出・テレビ誌ライター)

 もしかしたら若林は今ごろ、南沢から怒りの「バカァ!!」を食らっているのかもしれない。

(金田麻有)

柳沢敦氏の妻・小畑由香里がSNS更新「ご心配お掛けしました」

モデルの小畑由香里

写真拡大


 モデルの小畑由香里(38)が20日、インスタグラムを17日ぶりに更新。「ご心配お掛けしましたが、今日からまたインスタも更新していきたいと思います」と自身のSNSを再開すると明かした。

 「関西地方の方々、まだまだ不安な日々を送られている方も多いかと思います。これ以上被害が広がりませんように祈っています…。そして、久しぶりの更新になってしまいましたが、その間沢山のコメントやメッセージ、ありがとうございました」とファンのサポートに感謝した。

 今月はじめ、夫で元日本代表FW柳沢敦氏(41)と女性ファンとの密会が一部メディアで報じられ、柳沢氏は8日にサッカーJ1の鹿島のコーチを辞任した。