0年 0月 の投稿一覧

終了1カ月後も“ロス”続く「おっさんずラブ」のジワジワ余波の秘密とは?

終了1カ月後も“ロス”続く「おっさんずラブ」のジワジワ余波の秘密とは?

写真拡大


 テレビ朝日系で土曜深夜に放送されていたドラマ「おっさんずラブ」。今年の春のドラマ勢の中では、深夜枠にもかかわらず、高視聴率をキープして終了した。さらにその人気は、日本のみならず、1週遅れで放映されていた台湾でも大ブレイク。放送当時から、「おもしろすぎる」「カワイすぎる」「ピュアすぎる」「切なすぎる」といった意見が多数あったが、6月2日の放送終了後から1カ月が経過しても関連SNSには多くのコメントが寄せられているという。また、6月13日は主人公のはるたんこと春田(田中圭)に恋をした黒澤(吉田鋼太郎)の誕生日ということで〈#黒澤武蔵誕生祭2018〉とタグを付けた祝福の声が多く寄せられたという。

 何がこのドラマの人気の秘密だったのか。コラムニストの堀井憲一郎氏は、ネットメディア「現代ビジネス」(5月9日付け)で、こう解説している。

《男同士の恋愛って、女性だけで楽しむために「関係性だけの交錯」を味わうために作られたものだとおもっていたけど、そしてそこには隠微な感じが漂っていたはずなのだけど、もはや世界はそうではないレベルに進んできているようだ。時代の変化を感じるドラマである。これをおもしろがる自分も含めて》

 芸能関係者があとを引き取って言う。

「ひとつには、もともとは男性は恋愛の対象でない『ノンケ』だった主役・田中圭のこれまで見せてこなかったコミカルな演技が、このドラマにハマったことがあるでしょう。さらに女性の間では、“ボーイズラブ”という分野が確立されてはいましたが、今回のドラマは、男性や男性誌でも話題になった。それほどLGBTの方々に対する認知度が日本でも急激に高まっていることの表れでしょうね」

 田中は、7月からの別の局のドラマでも出演が決まっているが、その関連の公式SNSでも、〈田中圭さんもクランクイン お金にシビア系の京極係長。下の名前は大輝って言います〉と、新しいドラマでの田中の役割を紹介しつつ、〈7月からは、はるた…ではなく京極大輝をよろしくお願いしますっ〉と「おっさんずラブ」での田中の役名に触れてフォロワーを喜ばせたという。

ネット上には〈おっさんずラブぶっ込んでくる公式さん大好きです! 悶絶だ〉と反響があり、〈おっさんずラブの余韻が残りつつ…ドラマに出続けてくれてほんと嬉しい〉〈はるたん!! また会いたいよー このドラマでロスから脱皮できるかなぁ〉〈はるたん…じゃない田中圭くんも楽しみです〉との声があふれている。

「それに、『おっさんずラブ』に登場したグッズが売り切れたり、『メルカリ』で高額取引され、人気を集めるなどの現象も起きています。田中扮する春田が使っていた、星のマークの黄色いマグカップも品薄になっているそうですし、ネコのイラスト入りのメモ用紙も、ドラマ人気とともに、売り上げが急上昇したそうです」(前出・芸能関係者)

 まだまだ続きそうな“おっさんずラブ・ロス”。これはもう、ぜひともパート2を期待したいところだ。

(島花鈴)

飼われたい!石田ゆり子が体をなでまわしほめちぎる動画に男性ファン悶絶

飼われたい!石田ゆり子が体をなでまわしほめちぎる動画に男性ファン悶絶

写真拡大


 石田ゆり子が何よりも愛してやまないペットたち。愛犬の雪、愛猫のタビとハニオはこれまでに何度も彼女のインスタグラムに登場し、「かわいい」と評判だ。今では石田本人に匹敵する人気となっている。そんなペットたちになりたいと懇願する男性ファンが続出している。石田がインスタグラムでタビとハニオを褒めちぎる謎の動画を公開したからだ。

 まず6月27日に公開されたのが、ハニオをほめちぎる動画。石田がハニオの胸元あたりの毛をブラッシングしながら、「すっごいかっこいいね」「男らしい」「うーかっこいいよー」「すごいねー」と次々ほめ言葉を投げかける。石田の言葉にのせられたのか、ハニオは誇らしげな表情をみせる。

 その翌日に投稿されたのはタビバージョン。やはりタビの胸元の毛をブラッシングしながら、「タビちゃんかっこいいね」「すっごいかっこいい」「白いとこ真っ白」「鳩胸かっこいいね」とほめちぎっていく。タビもいい表情だ。

「奇跡のアラフィフ・石田ゆり子が体をなで回しながらほめてくれるなんて、うらやましすぎますね。ぜひ代わってほしいと男性が思うのも当然でしょう。目を閉じて音声を聞き、石田にほめられていると妄想すると興奮させられます。ぜひ試してみてください」(週刊誌記者)

 石田は「みなさんもおちかくの猫で試してみてください」と勧めている。動画を見ればやってみる価値はありそうだ。

「猫の写真集を出している著名な動物写真家の岩合光昭氏が『猫を撮る時はほめちぎるといい顔をしてくれる』と明かしています。おそらく石田はそれを知って実行してみたのでしょう。ただ、猫がここまでイイ表情を見せるとは思っていませんでした。ほめているのが石田だからという気もします」(愛猫家の週刊誌記者)

 石田ゆり子に体をなでられながらほめちぎってもらえれば、タビとハニよりもっといい顔ができる。そう考えている男子は多いことだろう。

小林麻央さん一周忌での姉・小林麻耶のコメントに噴出した「手厳しい意見」!

小林麻央さん一周忌での姉・小林麻耶のコメントに噴出した「手厳しい意見」!

写真拡大


 2017年6月22日に34歳の若さで乳ガンのため亡くなった小林麻央さんを「偲ぶ会」が、6月23日行われた。会には、夫で歌舞伎役者の市川海老蔵、長女の麗禾ちゃん、長男の勸玄くん、姉でフリーアナウンサーの小林麻耶ら近親者のほか、友人や仕事関係者200人以上が出席した。

 この会場で麻耶は「私と海老蔵さんが付き合っているとか、私が振られたということになっちゃってる」との報道に触れ、「そういう報道が出ないように、麻央ちゃん見守っていてね」と妹に語りかけ笑いを誘った。

 この麻耶の発言にネット上では、同情の声や「どうぞ御自身の御幸せもお考え下さい」と気遣うコメントもあったが、「偲ぶ会でそんな事言うかな」「そんな内容より、麻央さんとの素敵な思い出をもっと話したほうがよいとおもう。この場で笑いを取る必要はない」「厳しいようだけど、交際報道や麻央さんがジャンクフードが好きだった事は、わざわざ言わないといけなかったんですかね」「否定しておきたかったのかもしれないが一周忌でわざわざ言わなくてもね」というかなり手厳しい意見も少なくなかった。

「場違いな感じは否めませんでしたね。関係者ならば、今の海老蔵に再婚の意思がないことはわかっており、ましてその相手が麻耶だなんて思っていません。麻耶とすれば、公の場で報道に対する否定をしたかったのでしょうが、すでにこの話は消えかかっていたのに、自身で火に油を注ぐ形になってしまいましたね。『ジャンクフードが好きだった』というくだりも、まるで麻央さんが自己管理できていない人のように誤解されかねません」(芸能ジャーナリスト)

 このような発言をしてしまうことこそが“天然”と言われる所以なのだろう。とはいえ、少々モヤモヤした結果になってしまったことだけは間違いないようだ。

“結婚”桐谷美玲に「事務所との不協和音」情報で囁かれる去就!

“結婚”桐谷美玲に「事務所との不協和音」情報で囁かれる去就!

写真拡大


 俳優・三浦翔平との熱愛&結婚が一部で報じられ、その去就に注目が集まっている女優・桐谷美玲。

 6月25日に出席したイベントで、三浦との交際について報道陣から「交際は順調ですか?」との質問が飛ぶと、「ありがとうございます」と笑顔で会釈し、交際の順調ぶりをうかがわせた。

 スポーツ紙の芸能担当デスクはこう語る。

「2人の結婚はもはや秒読み段階と言われていて、三浦さんの所属する大手芸能事務所の広報担当のもとには、いつ結婚するのか報道各社から問い合わせが殺到しているようです」

 そんな桐谷だが、業界内では結婚後の“進路”に注目が集まっているという。

「桐谷さんは女優のほか、『NEWS ZERO』(日本テレビ系)のキャスターも務めるなど、所属事務所の先輩・黒木メイサさん、堀北真希さんの結婚後、フル稼働で事務所の屋台骨を支え続けています。ところが、ここにきて結婚後もバリバリと働いて稼いでほしい事務所サイドとの間に不協和音が生じており、結婚後の独立が危惧されているんです」(別の芸能プロマネジャー)

 先輩の堀北は結婚を機に芸能界を引退したが、桐谷はどんな道を歩むことになるのか──。

(しおさわ かつつね)

「この三流芸人が!」長嶋一茂が小藪千豊に暴言連発

6月30日(土)放送の「超イッテンモノ」で、長嶋一茂の私生活が丸裸に!/(C)テレビ朝日

写真拡大


6月30日(土)放送の「超イッテンモノ」(夜11:15-0:05、テレビ朝日系※一部地域を除く)に、スペシャルゲストとして長嶋一茂が登場。数々の証言VTRで私生活を丸裸にしていく。

【写真を見る】長嶋一茂が、ゲストMCの小籔千豊にガチギレ!?/(C)テレビ朝日

千鳥、サンドウィッチマン、三四郎がMCを務める「イッテンモノ」(毎週水曜夜0:15-0:45※一部地域を除く)は、話題のゲストを招いて近況や意外な経歴を調査。トーク終了後、ゲストがその場でMC陣から2人を指名し、一点物のオリジナル漫才を披露するバラエティーだ。

自由すぎる言動で、現在はマルチタレントとし大ブレイク中の長嶋だが、いまだテレビでは知られていない“本当の一茂”を徹底解剖。

ヒロミや羽鳥慎一、プロ野球選手時代の後輩、長嶋をよく知る有名人からのタレコミ情報を続々と紹介する。

好きな食べ物はマヨネーズだという長嶋は、一本1万円の幻のラー油や、高級ホテルの絶品肉まんもマヨネーズで食べるという「子供舌伝説」を披露。これには、「ラー油が死による!」と大悟も絶叫…。

また、長嶋が「憧れている」という人からのメッセージと、まさかのクセが強すぎるプレゼントが登場する。

さらに、これまで旬な若手が出ることの多かったゲストMC枠には、小籔千豊が参戦。

小籔の軽快なトークやキレのあるコメントに、ノブら後輩芸人も 「バイキングじゃないんです!」とたじたじに。そんな小籔にも長嶋は、「この三流芸人が!」と暴言を連発する一幕も。

果たして、長嶋はMC陣の中から誰を選んだのか? “本当の一茂”をテーマにした即興漫才に期待が高まる。(ザテレビジョン)

有吉弘行の一喝で覚醒した野呂佳代 上島竜兵と「お約束」する離れ業

野呂佳代

写真拡大


 ここ最近、『ゴッドタン』(テレビ東京)のサブMCは、元アイドルの野呂佳代、朝日奈央の交代制が定着している。もともと愛嬌のある身のこなしで好感度の高かった、同局の松丸友紀アナウンサーの妊娠を受け、その穴を埋めるために2人はポジションを得た。しかし、今のところ松丸が戻ってくる気配はない。それどころか、中でも野呂は独特のキャラクターでその存在感を示している。

 野呂と言えば、AKB48とSDN48の元メンバーであり、SDN48ではキャプテンを務めた元アイドルだ。AKB48の第2期メンバーオーディションでは、「年齢」「足のサイズ」、そして「写真」までも偽って合格したと本人が語っている通り、その執念深さは尋常ではない。一見するとそれが裏目に出てしまいそうだが、相変わらず彼女はテレビに露出し続けている。なぜ業界関係者は彼女を求めるのだろうか。

 再ブレイクのきっかけは、2013年に放送された『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)3時間スペシャルの企画の一つ「有吉先生のタレントマジ相談」への出演だった。SDN48は2012年に解散し、野呂のメディア出演が激減していた時期だ。

 同番組内で、当時まさに再ブレイク真っただ中の有吉弘行に“パチンコ番組とパチンコの営業で食いつないでいる状況”と、芸能活動が低迷していると相談。有吉から「パチンコ番組、全力でやれバカ!」と一喝されるも、めげない野呂の姿勢が番組を盛り上げた。

 その後、野呂は憑き物が落ちたかのようにバラエティ番組に戻ってきた。元アイドルとは思えぬ、笑いにどん欲な立ち回りで話題を作っていく。2015年6月には、事務所の先輩・ダチョウ倶楽部とともにアニメーション映画『ヒックとドラゴン2』のブルーレイ&DVD発売記念イベントに出席。上島竜兵と“お約束”の言い争いを繰り広げた流れで、上島とキスをするという離れ業をやってのけた。女芸人顔負けの思い切ったこの行動に、ダチョウ倶楽部・上島本人さえも驚いていた。

 また、野呂は奇跡的なエピソードも数多い。今年5月、「秋葉原映画祭2018」で野呂主演の「ハッピーメール」が上映されたが、公開前の4月に新潟県知事がマッチングアプリ「ハッピーメール」を使用し、買春や援助交際を繰り返した疑惑が浮上。思わぬ形で「ハッピーメール」がTwitter上でトレンド入りした。

 これを受け、野呂は「県知事の件でハッピーメール というワードが急上昇中ですが」と前置きしつつ、「映画ハッピーメールを、秋葉原映画祭を拡散でよろしくお願いいたします」とツイート。ファンからは「さすが野呂さん、持ってるよね」「その姿にプロ魂を感じる…」「何してもネタになる」と、トラブルにあえて“乗っかろう”とする野呂の姿勢に好意的な反応が寄せられた。

 「2014年あたりまでは、元SDN48といえば芹那だったんです。しかし、それ以降は振られた仕事を全力でこなす野呂さんの姿勢が芸人たちから評価されて露出が増えていきました。ただし、アイドルとしての需要は少ないようで、今年5月にファンクラブが閉鎖されています。普通のタレントならイメージダウンですが、痛々しく見えない上にネタとして扱える。業界関係者から求められるのは、こうしたエピソードやキャラクターがあるからなのでしょう」(芸能ライター)

 野呂がテレビ出演すると「野呂佳代の今のサイズ感は一番面白く輝く」「カラコンにダメ出しされる野呂佳代好き」など、SNSには好意的なコメントが並ぶ。舞台にテレビにと全力でこなす彼女の活躍、そして、なぜか舞い降りる笑いのエピソードに、今後も目が離せない。

和田アキ子、マニキュアを塗った武田修宏に説教 TV見て仰天し電話

武田修宏

写真拡大


 歌手の和田アキ子(68)が30日、ニッポン放送「アッコのいいかげんに1000回」(土曜11・00)に出演し、サッカーの元日本代表FW武田修宏氏(51)の“身だしなみ”について説教したことを明かした。

 武田氏が日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」(月〜金曜後1・55)に出演し、W杯日本代表について解説していた場面を見た際にテレビ画面に映った武田の指先を見て仰天。和田によると、武田氏の爪にはマニキュアが塗ってあったそうで、その光沢を視聴者として不快に感じたのだという。和田はすぐさま武田氏に電話して「(爪が)光っているを抑えなさい」と説教。翌日、録画して武田氏の出演番組をチェックしたところ、ちゃんと光沢を落として出演していたという。

 和田は武田氏がネイルのケアなどの身だしなみに気を使っていることは知っていたものの、TPOをわきまえることが必要と主張。あらためて連絡を取った武田氏からも「(言ってもらえて)良かったです。ありがとうございました」と感謝されたという。

 そんな武田氏に対してリスナーから「いい人を紹介してあげてください」とリクエストを受けた和田は「常日ごろ心がけているんですよ、島崎和歌子を紹介したんですけど…」と告白。しかし「お互いに嫌だって言うんです」と続け、“カップル成立”とはならなかったことを明かした。

沢村一樹が「絶対零度」を下ネタでアピール「初体験を過ごしませんか」

現場の温度を「20度」にした“犯人”を暴露して笑いを誘う横山裕 (C)ORICON NewS inc.

写真拡大


 俳優の沢村一樹が30日、都内で行われた7月9日スタートのフジテレビ系月9ドラマ『絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜』の記者会見に出席した。50歳にして月9初主演となる沢村は「こういった刑事ドラマは視聴者的にも初体験だと思う。“エロ男爵”的に言うなら月曜の夜は、“初体験”を過ごしませんか」とまさかの下ネタでアピールし、笑いを誘った。

【写真】7月9日スタート 沢村一樹主演の月9ドラマ記者会見

 『絶対零度』シリーズはシーズン1は『未解決事件』、シーズン2は『潜入捜査』をテーマに女性刑事・桜木泉(上戸彩)の活躍を描いてきたが、今回は沢村演じる井沢範人を主人公に『未来の犯罪を予測して捜査すること』をテーマに新たな物語を展開する。
 
 沢村の下ネタ投下に、共演の横山裕(関ジャニ∞)は「最後のいらなかった〜」、平田満は「未然に防げばよかった〜」とドラマの内容にちなんだイジりも。沢村は「(下ネタを)しないで帰るとそれはそれで後悔するんです」とぶっちゃけ、さらなる笑いを起こしていた。

 このほか、「未然に防ぎたいこと」について質問されると、沢村は「僕は本名が『のむらこうぞう』っていうんですけど、その名前を未然に防げたらよかった」と告白。「小学校で自己紹介するたび、幼いときに自分の名前を『のむらこうぞう』と言うのが恥ずかしかった…横山裕がよかった」とうらやましがると、横山は「僕も芸名ですけど」とすぐさまツッコミ。劇中では通称“ミハン”として事件解決に奮闘するキャストが早くもチームワークを発揮していた。

 会見には、本田翼、柄本時生も登壇した。

「この三流芸人が!」長嶋一茂が小藪一豊に暴言連発

6月30日(土)放送の「超イッテンモノ」で、長嶋一茂の私生活が丸裸に!/(C)テレビ朝日

写真拡大


6月30日(土)放送の「超イッテンモノ」(夜11:15-0:05、テレビ朝日系※一部地域を除く)に、スペシャルゲストとして長嶋一茂が登場。数々の証言VTRで私生活を丸裸にしていく。

【写真を見る】長嶋一茂が、ゲストMCの小藪千豊にガチギレ!?/(C)テレビ朝日

千鳥、サンドウィッチマン、三四郎がMCを務める「イッテンモノ」(毎週水曜夜0:15-0:45※一部地域を除く)は、話題のゲストを招いて近況や意外な経歴を調査。トーク終了後、ゲストがその場でMC陣から2人を指名し、一点物のオリジナル漫才を披露するバラエティーだ。

自由すぎる言動で、現在はマルチタレントとし大ブレイク中の長嶋だが、いまだテレビでは知られていない“本当の一茂”を徹底解剖。

ヒロミや羽鳥慎一、プロ野球選手時代の後輩、長嶋をよく知る有名人からのタレコミ情報を続々と紹介する。

好きな食べ物はマヨネーズだという長嶋は、一本1万円の幻のラー油や、高級ホテルの絶品肉まんもマヨネーズで食べるという「子供舌伝説」を披露。これには、「ラー油が死による!」と大悟も絶叫…。

また、長嶋が「憧れている」という人からのメッセージと、まさかのクセが強すぎるプレゼントが登場する。

さらに、これまで旬な若手が出ることの多かったゲストMC枠には、小籔千豊が参戦。

小藪の軽快なトークやキレのあるコメントに、ノブら後輩芸人も 「バイキングじゃないんです!」とたじたじに。そんな小藪にも長嶋は、「この三流芸人が!」と暴言を連発する一幕も。

果たして、長嶋はMC陣の中から誰を選んだのか? “本当の一茂”をテーマにした即興漫才に期待が高まる。(ザテレビジョン)

和田アキ子、マニキュアを塗った武田修宏氏に説教 TV見て仰天し電話

武田修宏

写真拡大


 歌手の和田アキ子(68)が30日、ニッポン放送「アッコのいいかげんに1000回」(土曜11・00)に出演し、サッカーの元日本代表FW武田修宏氏(51)の“身だしなみ”について説教したことを明かした。

 武田氏が日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」(月〜金曜後1・55)に出演し、W杯日本代表について解説していた場面を見た際にテレビ画面に映った武田の指先を見て仰天。和田によると、武田氏の爪にはマニキュアが塗ってあったそうで、その光沢を視聴者として不快に感じたのだという。和田はすぐさま武田氏に電話して「(爪が)光っているを抑えなさい」と説教。翌日、録画して武田氏の出演番組をチェックしたところ、ちゃんと光沢を落として出演していたという。

 和田は武田氏がネイルのケアなどの身だしなみに気を使っていることは知っていたものの、TPOをわきまえることが必要と主張。あらためて連絡を取った武田氏からも「(言ってもらえて)良かったです。ありがとうございました」と感謝されたという。

 そんな武田氏に対してリスナーから「いい人を紹介してあげてください」とリクエストを受けた和田は「常日ごろ心がけているんですよ、島崎和歌子を紹介したんですけど…」と告白。しかし「お互いに嫌だって言うんです」と続け、“カップル成立”とはならなかったことを明かした。