0年 0月 の投稿一覧

「脱退後の活動を禁止」NMB48「専属契約書」の現物を文春が入手

 NMB48のメンバーと当時の所属事務所である「KYORAKU吉本.ホールディングス株式会社」との間で、脱退後の芸能活動を一定期間禁じる契約が交わされていたことがわかった。6月16日(土)のネット生放送「直撃!週刊文春ライブ」が報じた。

【動画】復帰を諦める事例が続出……実際の契約書を入手

 AKB48など他の姉妹グループとは異なり、NMB48のメンバーは全員が吉本興業の関連会社に所属している。週刊文春デジタル取材班は「専属契約書」の現物を入手。そこにはこのような条項があった。

〈本契約終了日から起算して2年間は対外的な芸能活動を行ってはならず〉

「まるで“奴隷契約”ですよ! 2年間も活動を止めたら事実上の芸能界引退です。メンバーも『“フリーター製造機”だね』って自嘲していた」(元NMBメンバー)


センターさや姉の流出防止策? ©共同通信社

 労働問題にくわしい都民総合法律事務所の中村剛弁護士が解説する。

「今年2月に公正取引委員会の有識者会議が報告書を公表し、タレントの事務所移籍を制限するのは独占禁止法違反にあたる可能性があると指摘しました。今後の指針を示した重要なガイドラインと言えます。昨夏に契約トラブルが報じられたタレントのローラさんの場合も2年間の活動禁止条項がありましたが、結局は今年4月に事務所と和解しています。憲法22条(職業選択の自由)に照らして拘束力を有さないという裁判例もある。NMBの契約内容も法的には同様に判断される可能性が高い」

 週刊文春の取材に吉本興業の広報担当者は次のように回答した。

「NMBの契約書には確かにその条項があります。ですが、それを盾に取って活動を制限したことはありません。今年3月に入った子たちの契約にはその条項がありませんし、相談があれば、それ以前のメンバーも2年縛りはなくしています」

“奴隷契約書”の内容や元メンバーの肉声など、詳細は6月21日(木)発売の「週刊文春」で報じる。「週刊文春デジタル」では「直撃!週刊文春ライブ」有料パートで放送した関連動画等を同日朝5時に公開する。

(「週刊文春」編集部)

W杯キャスター手越祐也はどこへ「週刊文春」が動向をキャッチ

 本誌が先週号で未成年女性との飲酒問題を報じたNEWS・手越祐也(30)は、現在、日本を遠く離れてロシアにいる。同グループの小山慶一郎(34)は未成年女性との飲酒で謹慎処分となったが――。

【写真】コロンビア戦前日、ようやく練習場に現れた手越

「手越は日本テレビ系のW杯メインキャスターを務めており、同局のW杯テーマソングもNEWSの曲。文春の件で、降板も囁かれていましたが、開幕直前で替えが利かず、ジャニーズと日テレは、強行突破を決めました」(スポーツ紙記者)


コロンビア戦は「日本人はサンバのリズム刻めない」と敗戦を予想していた ©文藝春秋

 手越は、出国前に、携帯公式サイトでこう綴っている。

〈電波も入らないってなかなか体験すること無いけど、情報が入ってこないっていう環境もそれはそれで幸せだなーって思ったよ〉

“レッドカード”を免れた手越に先駆けて現地入りしていたのは、日テレのラルフ鈴木アナ。10年以上サッカー取材を担当する鈴木アナは「NEWS ZERO」のスポーツキャスターも務めているが、手越の未成年女性との飲酒現場に同席していた“飲み仲間”でもある。

「このことについて記者仲間に振られても、鈴木アナはヘラヘラして、まるで反省の色ナシ。手越の方は日本代表の合宿地でも、見かけませんね」(テレビ局関係者)

 一体、手越はどこで何をしているのか。

 本誌がその動向をキャッチしたのは、日本の初戦、コロンビア戦が行われる2日前のこと。手越と日テレ軍団は、決戦の地、サランスクの街に現れたのだ。

「ブラジル対スイス戦を見たかったようで、手越くんと元日本代表の城彰二さん、日テレのスタッフ15人くらいがパブの2階を占拠。ラルフはいませんでしたが、手越の近くにスタッフがぴったり付いていました」(居合わせた客)

 6月21日(木)発売の「週刊文春」では、手越をはじめ、関ジャニの村上信五などロシアW杯の現地キャスターの動向を詳細に報じている。

(「週刊文春」編集部)

「おじゃる丸」の告発騒動 NHKの放送総局長が相手側の主張を否定

東京・渋谷区神南のNHK

写真拡大


 NHKの木田幸紀放送総局長が20日、東京・渋谷の同局で定例会見を行い、同局の人気アニメ「おじゃる丸」で初代声優を務めた小西寛子(42)がツイッターを通じ、同局を告発している件についてコメントした。

 小西によると、本編用だと思って収録した音声が音声商品に流用され、販売されていたと主張。事前に知らされていなかったため、「これは何ですか」と事務所を通じ、同局側に問い合わせたところ、NHK側から「生意気だ!黙って言うとおりにしないとアニメ業界で仕事できなくしてやる」と言われたと主張している。

 小西は第3シリーズまで主人公のおじゃる丸を演じていたが、これ以降、同アニメの収録の話は来なかったという。木田放送総局長は「ご指摘いただいているようなことはないと聞いています」と小山側の主張を否定。

 それでも「かつてご出演していただいた方でもあるので、さらに関係先等に確認を進めているなど対応している」とまだ確認をしている段階であると説明。また、小西側と主張に開きがあることについては、担当者は「小西さん、事務所の方とはかつて番組を作らせていただいたということで、丁寧に対応させていただいている。事実関係については、私どもは番組を作っている関連団体を通じて関係先に聞き取りをしているが、相手方のご指摘のような事実は確認できていない。その点に関しては開きがあると認識している」と話した。

NHK放送総局長がジャニーズ事務所に苦言「教育を徹底して」

東京・渋谷区神南のNHK

写真拡大


 NHKの木田幸紀放送総局長が20日、東京・渋谷の同局で定例会見を行い、ジャニーズ事務所のタレントが相次いで不祥事を起こしていることにコメントした。

 元TOKIOの山口達也(46)が女子高生への強制わいせつ容疑で書類送検(のちに起訴猶予処分)され、ジャニーズ事務所を契約解除を受け、Eテレ「Rの法則」(月〜木曜後6・55)が打ち切り。BSプレミアム「ザ少年倶楽部プレミアム」(第3金曜後6・00)で司会を務める「NEWS」のメンバーである小山慶一郎(34)が未成年の女性と飲酒し、ジャニーズ事務所から一定期間の活動自粛の処分を科せられた。

 同事務所の不祥事が続いていることについて、木田放送総局長は「我々が直接、タレントさん個人についてコメントする立場にはない」としながらも「事務所には責任を持ってコンプライアンスであるとか、教育を徹底していただき、タレント、アイドルである前に社会人ですから、自覚と責任を徹底していただくよう、お願いしたい」と事務所側に注文をつけた。なお、「ザ少年倶楽部プレミアム」は6月15日放送分は「当面放送を延期」としており、来月の放送について「別途検討していきたい」とした。

鳥海貴樹アナが発した「半端ない」NHK放送総局長が高評価

NHKの鳥海貴樹アナウンサー

写真拡大


 NHKの木田幸紀放送総局長が20日、東京・渋谷の同局で定例会見を行い、19日夜にNHK総合で生中継した「サッカーワールドカップ(W杯)日本―コロンビア戦」での試合後半に平均視聴率は48・7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を獲得したことに言及。鳥海(とりうみ)貴樹アナウンサー(49)の実況も大きな注目を集めた。

 日本代表の初戦となるコロンビア戦をNHK総合で放送し、試合前半(後8・45〜同9・50)が42・8%、試合後半の(後9・53〜同11・00)が48・7%を記録。瞬間最高は試合終了時の午後10時52分、53分で55・4%という驚異的な数字を叩き出した。

 鳥海アナウンサーは今年2月、平昌五輪・フィギュアスケート男子の実況を担当。決勝ゴールを決めたFW大迫勇也(28)が交代する直前に鳥海アナが「今日は半端ないヘディングシュートがありました」と大迫の代名詞的な“半端ない”を用いて実況したことが反響を呼んだ。

 この実況について、木田放送総局長は「全体を通じてベテランアナウンサーのしっかりした実況で、見ている皆さんがスタジアムいるような感じで見ていただけたと思う」としつつ、「半端ないのところについては、映像でも出ていたので、それを見て、咄嗟に考えたのではないかと思います」と苦笑。「本当にスタジアムとテレビの前、パブリックビューイングの見ている皆さんと、まさに一体化させる素晴らしい中継だったのでないかと思う」と評価した。

 「大迫半端ない」は09年の第87回全国高等学校サッカー選手権大会準々決勝で、大迫の所属する鹿児島城西高に敗れた滝川二高の選手が試合後、テレビカメラの前で「大迫半端ないって」などと大迫のプレーを絶賛したのが起源。動画がユーチューブに投稿され、ネットを中心に名言として話題になった。コロンビア戦でも、試合会場にも「大迫半端ないって」と書かれた横断幕を掲げるファンが見られ、ネットも大きく発信されていた。

辻希美がモーニング娘。絶頂時の恐怖体験を告白 「家に人が…」

画像提供:マイナビニュース

写真拡大


モーニング娘。の飯田圭織、石黒彩、福田明日香、矢口真里、保田圭、辻希美、吉澤ひとみら初期メンバーが、きょう20日に放送される日本テレビ系バラエティ番組『1周回って知らない話』(毎週水曜19:00〜)に出演し、人気絶頂時の恐怖の出来事を明かす。

今から20年前にデビューしたモーニング娘。だが、その生みの親といえばつんく♂。今回、そのアイドルプロデュース術のウラ側を知るべく、番組では、日本屈指のアイドルプロデューサー・秋元康にインタビューを敢行する。

おニャン子クラブやAKB48を生み出した秋元は、モーニング娘。を「本当の意味での国民的なグループになった」と称賛し、彼女たちを国民的アイドルに育てたのは「つんく♂の腕」と断言。その音楽性やパフォーマンスについて、自らの本音を打ち明ける。

そして、モーニング娘。のOGメンバーたちは、つんく♂の個性的過ぎる「アイドルの作り方」を暴露。飯田は、当時真似をする人が続出した曲中の名フレーズ「ねぇ、笑って」について、つんく♂の強烈なこだわりにより、海に向かって5時間も練習させられたと振り返る。

そんな中、先日第4子の妊娠を発表した辻は、人気絶頂時に「1回家の中に人がいました」と怖すぎる体験を告白。母親が少しの間、家を空け帰ってきたところ、机の下から謎の男性が現れたという。さらに、最初の卒業メンバーである福田明日香も、ファンを装う人物に騙されたというショッキングな事件を語る。

今夜の放送では他にも、新企画「1周回ったタイムスリップ検証」を放送。尼神インター・誠子とにゃんこスター・アンゴラ村長が、見た目で全く本人だとわからないヤマンバギャルに変身し、当時のヤマンバギャルと全く同じあり得ない行動をする。

GKでも優秀?香川真司、コロンビア戦直前の「子ども番組出演」に集まる賞賛!

GKでも優秀?香川真司、コロンビア戦直前の「子ども番組出演」に集まる賞賛!

写真拡大


 日本代表が夢の扉を開いた!6月19日に行われたサッカーW杯ロシア大会の初戦・コロンビア戦で、日本が2-1で快勝。決勝トーナメント進出に向けて最高のスタートを切った。この試合ではMF香川真司がW杯出場4試合目にして待望の初得点を記録。各メディアの採点でもチームトップクラスに位置付けられ、その才能と実力を世界最高峰の場で証明する形となった。

 その香川が、ゴールキーパーとしても優秀であることを示すシーンが、試合前日の18日にテレビ番組で映し出されたという。しかも子ども向け番組だったというのだが、子育て中のスポーツライターが語る。

「香川は朝の子ども向け番組『ピタゴラスイッチ』(NHK Eテレ)に11日と18日の2週にわたって出演。以前から何回か同番組には出演していますが、今回はW杯直前とあって『ピタゴラに香川が出てる!』と視聴者を驚かせました。香川が登場したのは、子どもたちがリモコンで父親を操作する『おとうさんスイッチ』のコーナー。『香川スイッチ』と題された今回は、“がぎぐげご”の各文字にちなんだ動きをするというもので、この“ご”でゴールキーパーに挑戦したのです」

 そのシーンで香川は、子どもたち3人を相手にゴールキーパー役に挑戦。3対1ではさすがにあっさりゴールを決められるかと思いきや、何と3本のシュートをすべて止めてみせたのである。それでいて子ども相手にムキになる様子もなく、笑顔で子どもたちと接する姿は好感度抜群。サッカー選手としても一社会人としても魅力的であることを示していた。

「ほかにも『“が”いこくごをはなす』では流ちょうなドイツ語で自己紹介。『“ぎ”たーをひく』ではGのコードを押さえていたものの、実際には弾けないようでした。『“ぐ”らたんをたべる』では食レポでも合格点の笑顔を見せ、『“げ”たをはく』ではピッチ上でげた(実際には雪駄)を履くシュールな絵面が視聴者に受けていましたね」(前出・スポーツライター)

 ピッチ上でも画面でも存在感を示した香川。欧米のプロスポーツ選手はテレビ出演でエンタメ感あふれた姿を披露するものだが、ドイツのボルシア・ドルトムントで活躍する香川も、その域に達しているようだ。

(金田麻有)

DA PUMPのISSAが一般女性と結婚 3日の番組では彼女はいないと告白

DA PUMPのISSA(撮影/Tsubasa Tsutsui)(C)oricon ME inc.

写真拡大


 ダンス&ボーカルグループ・DA PUMPISSA(39)が20日、本名の邊土名一茶として、一般女性と結婚したことを公式サイトで発表した。

【写真】DA PUMP、三浦大知ら出演者全員で「ダンシング・ヒーロー」

 この日、一部週刊誌でISSAが美容サロンオーナーと結婚していたことが報じられていたが、「ご報告が遅れた事をお詫び申し上げます。 私事ではございますが、兼ねてからお付き合いをさせて頂いていた女性と入籍していた事をご報告させて頂きます」と改めて自ら報告した。

 相手は一般女性ということで「プライベートを公表する事は出来ませんが暖かく見守って頂けるとありがたいです」とし、「これからもDA PUMPとして、また個人としましても芸の道を精進して参りますので、メンバー一同よろしくお願い致します」と決意を新たにした。

 ISSAは今月3日のTBS系『サンデー・ジャポン』に出演し、最近の恋愛事情を聞かれて「今は(彼女は)いないです」と告白。結婚については、願望はあるが「僕の奥さんになる女性が大変。飲み歩いて家に帰ってこないから」とぶっちゃけ、MCの爆笑問題・太田光から「今でもモテるでしょ?」と聞かれると「いやいや…」と謙そんしていた。

■ISSAコメント全文

邊土名 一茶よりご報告
2018.06.20

日頃からDA PUMPを応援し見守り続けて来てくださった皆様に対してご報告が遅れた事をお詫び申し上げます。

私事ではございますが、兼ねてからお付き合いをさせて頂いていた女性と入籍していた事をご報告させて頂きます。

相手の方は一般女性の為プライベートを公表する事は出来ませんが暖かく見守って頂けるとありがたいです。

これからもDA PUMPとして、また個人としましても芸の道を精進して参りますので、メンバー一同よろしくお願い致します。

邊土名 一茶

小沢一郎「角栄哲学」と「最後の仕事」を独占激白(3)田中角栄ブームが起きる背景

小沢一郎「角栄哲学」と「最後の仕事」を独占激白(3)田中角栄ブームが起きる背景

写真拡大


──小沢さん自身は野党結集をどう描いていますか。

小沢 いろいろ問題はありますけど、今年中にはケリをつけなきゃならん。僕は必ずできると思っています。

──政権交代の時期はいつ頃と定めているんですか。

小沢 そりゃ、次の衆議院総選挙が勝負ですよ。自民党は衆院議員の任期いっぱいやってほしいね。その間に潰れちゃうから。むろん、来年の参院選でまず、国民の目をこっちに引き付けなくてはいけない。徐々に徐々に進んでいます。見えないですけどね。もっと早くやるつもりでしたけど。

──しかし国民は、前回の民主党政権の失敗で、政権交代にはかなり懲りているのではないでしょうか。仮に政権を取るにしても、どうもトップに座る人物が見当たらない。野党第一党の立憲民主党・枝野幸男代表も、いささか頑固すぎ、大同小異、言うなら清濁併せ呑むような「親分力」が欠けているように見えます。

小沢 民主党の失敗というけど、今の政権はもっと悪いから、交代は決して夢ではないんです。そのうえで、野党は立憲民主党の下に結集する以外にないわけで、枝野さんも総理の座がかかっているんだから、決断するでしょう。

──

 今年は田中角栄元総理の生誕100年にあたる。かつて小沢氏は田中氏の「秘蔵っ子」と言われ、帝王学を叩き込まれた。田中氏全盛時と昨今の政治は、何がどう違うのか。小沢氏はこの国の行方を交えて、熱弁を続けた。

──

小沢 かつての田中先生の頃からすれば、安倍政権がやっていることはもはや自民党政治ではない、ということでしょうね。小泉、安倍両氏による自由競争第一主義は、自民党の哲学じゃなかった。できるだけ多くの人に利益を公平に分配し、都会だけでなく全国的な富の向上を図り、格差をなくすというのが哲学でした。これは大きく変わりましたね。

──小沢さんは田中さんのことを「傑出した政治家」と評価する一方で、「現実の政治家という枠内で考えれば」という表現をされたことがあります。いわば「内在的否定者」と見ることもできますが、そこを解説してください。

小沢 田中先生が今いたら、という人もいますが、リーダーとしての資質に憧れる人、あるいは人情豊かな「今太閤」に憧れる人、そんな思いが重なって、田中先生ブームがまた起きているということなのでしょう。だけど、何十年か前の人を今持ってきて、という発想はおかしいんですよ。時代、社会が変わっているんだから。ただ、リーダーのあり方としては、田中先生は国民のためには何がいいかを、常に第一義に考えていた人でした。人情深い、「決断と実行」の政治家としては尊敬し、大いに評価しています。

◆聞き手/小林吉弥(政治評論家)

俺たちが悶絶した「昭和のボイン」大博覧会(4)<映画通が語る銀幕を彩った女優たち>

俺たちが悶絶した「昭和のボイン」大博覧会(4)<映画通が語る銀幕を彩った女優たち>

写真拡大


 ボインの数ほど映画がある──。昭和に実った「むちむちぷりんな傑作」を、映画評論家・秋本鉄次氏とライター・藤木TDC氏の好事家2人が大放談!

秋本 僕の中でボインといえば、「肉体の門」(88年、東映)のかたせ梨乃(61)。おおらかなボディに実った包み込むような豊かなバストは母性を感じ、まさに男の夢そのもの。

藤木 同作は中学生当時にリアルタイムで観ました。かたせは常にボインを放っぽり出していましたが、そのありがたみよりも、日本人離れした存在感は中学生にとって刺激が強すぎましたね。ひし美ゆり子(71)くらいが理想的なデカパイです。

秋本 「新仁義なき戦い 組長の首」(75年、東映)ですね。「彼女と寝ると短命になる」というジンクスで語られる「下がりボンボン(縁起の悪い女)」という設定で、男がいつ死ぬかビクビクしている中で、彼女はそんな男どもを鼻で笑うようなキャラクター。ボインが自己主張していましたね。

藤木 彼女の初脱ぎは72年の「週刊プレイボーイ」でしたが、あのアンヌ隊員がと思うと、あれはショックだったなあ。それから東映に行き「仁義」で汚れきってしまって‥‥。まあ、それは中学生当時の感想で、今観ると細身に美バストのいいオンナです。ショックといえば、石田えり(57)の清純派からの脱皮も衝撃でした。それまで難病のはかなげな役柄などを演じていたのに、79年、19歳の時に突然「GORO」でヌードに。童顔に推定Fカップ乳がまぶしくて、こんなにかわいい子が脱ぐのかとたいへんお世話になりました。そのヌードを経ての「遠雷」(81年、ATG)で、はすっぱなヤリマンを演じ、妙にリアリティがあってハマリ役でしたね。

秋本 パッと脱いでパッとヤルという、バストの大きさと比例した豪快さがよかったです。清純派ボインといえば、早乙女愛(享年51)はもはや伝説。それまでセーラー服が正装と言っても過言ではない清純派だったのに、山城新伍が監督を務めた「女猫」(83年、日活)でボインを解禁。冒頭のシャワーシーンから、形のいいふくよかなバストを画面いっぱいに映してくれました。話題騒然となり、映画も大ヒットしましたね。

藤木 それまで脱ぐ気配を一切見せなかった女優が突然脱ぎ、しかもそれが驚くほどボインだった時の衝撃といったらないですよ。と言いつつ、最初から脱ぐ気満々だった「四季・奈津子」(80年、東映)の烏丸せつこ(63)も、僕は好きですけどね。クラリオンガールとして健康的エロスのイメージを踏襲した「透け乳首で撮った映画ポスター」をはじめ、男をどんどん乗り換えて自立する女子大生を、うまく演じていました。何より、キュッとくびれたウエストに、上向きの釣り鐘おっぱい、というボディが最高でしたね。

秋本 デビュー作の「恋は緑の風の中」(74年、東宝)からずっと脱いでいる原田美枝子(59)も忘れてはいけませんね。彼女のゴムまりのように弾むボインを見ると、「綾瀬はるかもこんな感じかな」と、つい妄想してしまう(笑)。

藤木 僕も最初は「なんてエロいんだ!」と思いましたが、しだいに「脱ぎすぎだろう」と思うように。「火宅の人」(86年、東映)の頃になると、ありがたみがなくなってきませんでした? でも、10代から熟女になるまで、ボイン遍歴の全てを我々に見せてくれたのはすごいことですが。

秋本 熟女ボインといえば、「復讐するは我にあり」(79年、松竹)の倍賞美津子(71)でしょう。三國連太郎と混浴し、後ろから乳房をむんずとわしづかみされるシーンの迫力たるや。ホルスタイン級のボインです。

藤木 あれは最高でしょう! 露天風呂で熟乳を揉むという描写は、男の夢をみごとに反映していました。脱ぐ以前の、20代の頃に「コント55号」の映画などで見せていたブラ姿や、ボディフィットするミニスカ衣装もよかったですよね。はち切れそうなボインは、今でも鮮明に思い出せるほど。

秋本 熟ボインも若ボインも、魅力は豪快さや奔放さ。作中のボインは総じて、男より生き生きとし、主導権を握りそうな迫力があり、見ていて痛快です。映画にとってのボインとは“生命力”そのものと言えますね。