0年 0月 の投稿一覧

角居調教師「飲酒事故」逮捕の高すぎる代償!

角居調教師「飲酒事故」逮捕の高すぎる代償!

写真拡大


 ウオッカ、ヴィクトワールピサ、カネヒキリ‥‥競馬通をピシャリと黙らせる名馬を育成してきた角居勝彦調教師(54)が7月6日午前に酒気帯び事故で逮捕! 所属馬78頭全てが転厩となる異例の処置が取られたが、はたして名伯楽の今後は? そして、所属馬は?

 スポーツ紙競馬担当デスクが重い口を開く。

「まさか“世界の角居”が飲酒事故とは驚きました。しかも翌日には、セレクトセールで2億3000万円の高値がついたトーセンカンビーナのデビュー戦が控えている時。『やってくれたな‥‥』と、あきれるしかなかった」

 翌日のスポーツ紙は社会面で報じたばかりか、競馬面の馬柱横にまで「角居師逮捕」の太文字がデカデカと躍った。

 それにしても、数々の名馬を育てた角居師が、なぜ酒を飲んで運転してしまったのか。栗東トレセン関係者が打ち明ける。

「その日は川崎競馬(ナイター開催)での交流戦に出走馬がいて、栗東への帰宅は深夜になった。恐らく新幹線の中でビールを1、2杯飲んだのでしょうね。悪いことに当夜の関西地区は豪雨のため、交通ダイヤがかなり乱れていた。タクシーがつかまらず、翌日も早い。やむなく帰路に自家用車を使ってしまったというところです」

 事故当時、角居師の呼気から検出されたのは、基準の0.15ミリグラムをわずかに超す0.18だった。

「これまで酒席で問題を起こすなどの悪い噂は耳にしたことがない。むしろ、引退後の競走馬を支援する活動に尽力するなど、ひとかどの人物と評されている。とはいえ、飲酒運転で調教停止となり、昨年の菊花賞馬キセキなど、角居厩舎所属の全78頭を急遽、中竹厩舎に移すことを決めた」(スポーツ紙競馬担当デスク)

 今年の角居厩舎は関西リーディング2位(33勝)の好成績を収めている(7月8日終了時)。ファンとしては、管理馬の調教に不安を覚えるのは当然だろう。

「全馬転厩といっても、世話をする厩務員は今までと同じスタッフが対応している。自立心あるスタッフが多いので、調教師がいないからといってガタっとくることはないはずです。角居師はみずから管理馬にまたがって稽古をつけるなど、熱心に調教するタイプですが、栗東では『角居師が調教に乗ると、レースで馬が走らない』という定説がある。なので、調教停止期間が長引けば、『むしろ勝ち鞍が増えるのでは』という笑い話も出ています」(栗東トレセン関係者)

 今年1月、角居師は実家の宗教を継ぐため、3年後の厩舎解散を発表。もしかしてこのまま引退するのでは、との見方もあるが、

「長期にわたって馬を育成する稼業のため、馬主に迷惑のかからないよう早めに発表しただけ。このまま引退するような無責任なことはしませんよ」(栗東トレセン関係者)

 飲酒運転が社会問題となっているため、重い処分が下る可能性もあるが、

「昨年、無免許運転を起こした松田大作(39)には半年の騎乗停止処分が下った。それと同じぐらいになるかもしれません。ちなみに、前半戦の角居厩舎の収得賞金は約5億5000万円。そのうちの1割が角居調教師の収入になる。もし処分が半年なら、5000万円ぐらいを失うことになります」(スポーツ紙競馬担当デスク)

 7月12日時点で調教停止期間は発表されていないが、なんとも高すぎる代償となりそうだ。

ビートたけしの名言集「ゾマホンの人生を小説にして出そうか」

ビートたけしの名言集「ゾマホンの人生を小説にして出そうか」

写真拡大


 お盆の時期になると、殿がわりと好んで話す、こんな話があります。

「こないだ久しぶりにかあちゃんの墓参りに行ったら、なんか黒い影が、墓の前で動いたんだよ。うわっ! 何だ? お化けか? ついに出たか? 『かあちゃん、ごめん、ちゃんと墓参り来なくて‥‥』なんて言って恐る恐る近づいていったら、ゾマホンだった。あの野郎、俺にお世話になってるからって、たまにかあちゃんの墓に来て、掃除してやがったんだよ」。

 15年程前、タレントとしての仕事がまったくなくなったゾマホンが、生活に困窮していました。すると殿は、「だったら俺の弟子になって、しばらく食いつなげばいい。一応、通訳ってことで、今月からお前に給料を出すから」と、英語、フランス語、中国語、そし日本語と、語学が堪能だったために、付き人兼通訳として雇ったのが始まりで、アフリカのベナン共和国出身のゾマホンは殿の弟子になりました。

 そして、殿の付き人を10年程務めあげ、なんとか食いつなぐと、運も味方し、晴れて「駐日ベナン特命全権大使」に任命され、一旦、殿の元を離れ、4年の任期を務めあげたのです。

 で、去年、大使の任期を全うして無職になったゾマホンは、また殿の“出戻り付き人”として奮闘中です。

 そんなゾマホンは、日本で稼いだお金と、殿からの多大なバックアップのもと、まだまだ貧しい母国ベナンに、小学校を7校建てた、なかなか立派な“出戻りボーヤ”だったりします。

 ちなみにゾマホンの口癖は「じじじ、人生甘くないよ。殿はわたしのかかかか、神様だよ」です。

 で、つい先日、殿からかなり唐突に、

「今度よ、ゾマホンの人生を小説にして出そうかと思ってんだよ。それでちょっと、あいつから話聞くから、北郷、お前、1回ざっとまとめてくれよ」

 と、アフリカの小さな国の、水道も電気もない、土壁と藁ぶき屋根の家が立ち並ぶ集落から、勉強が恐ろしくできたため、ベナンの国立大学を卒業後、国費で中国の北京大学へ留学し、そこから日本へたどり着いて、ひょんなことからタレントになり、そしてビートたけしの弟子になるという、数奇な運命をたどった人生を小説の形で発表すると宣言したのです。さらに、

「最終的にはカメラ回して、あいつのドキュメントを作ってもいいしな。あとほら、昔、ゾマホンに文金高島田のかっこさせて、顔を白塗りにして、『ゾマやっこ(芸者)』って名前付けて、相撲やらせたり、騎馬戦やらした映像あったろ? あれをドキュメントで使ってもいいしな」

 と、かつて、深夜番組で放送した、放送コードギリギリの、かなりブラックなネタを思い出す殿なのです。ちなみに、「ゾマやっこ」企画の最後は、ゾマホンの手足を縛って、プールに叩き落とすという、なかなかハードな展開のエンディングでした。とにかく、書籍&映像と、殿が伝える「ゾマホン物語」始まります。

ビートたけしが責任編集長を務める有料ネットマガジン「お笑いKGB」好評配信中!

http://www.owarai-kgb.jp/

◆プロフィール アル北郷(ある・きたごう) 95年、ビートたけしに弟子入り。08年、「アキレスと亀」にて「東スポ映画大賞新人賞」受賞。現在、TBS系「新・情報7daysニュースキャスター」ブレーンなど多方面で活躍中。本連載の単行本「たけし金言集〜あるいは資料として現代北野武秘語録」も絶賛発売中!

デーブ大久保が明かした元巨人・柿沢貴裕容疑者の楽天時代の「トラブル」

デーブ大久保が明かした元巨人・柿沢貴裕容疑者の楽天時代の「トラブル」

写真拡大


 ジャイアンツ球場の選手ロッカーから阿部慎之助や菅野智之ら主力選手の道具など約110点を盗み出し、売却して約100万円を手にしていた“球界のルパン”こと、窃盗容疑で逮捕された元巨人の柿沢貴裕容疑者。

 そんな柿沢容疑者の巨人移籍前の楽天時代を知る、楽天の元監督で野球評論家のデーブ大久保氏が7月13日放送のCS生番組「プロ野球ニュース」(フジテレビ ONE)で、柿沢容疑者について語っている。

 大久保氏は2012年シーズン終業後に楽天の2軍監督に就任。1軍監督になるまでの約2年間、柿沢容疑者に直接指導する関係にあったが、「楽天の時もあったんです」と、一部メディアが報じていたように柿沢容疑者が楽天時代にも窃盗をしていたことを明かしている。

大久保氏によれば、楽天の選手たちからも盗みの相談を受けていたといい、みずから柿沢容疑者に直接窃盗をしたのかと訊ねたこともあったが、柿沢容疑者は窃盗を認めなかったという。

 そんなこともあって、柿沢容疑者はチームメイトからも嫌われていたというが、大久保氏は自身が坊主頭にすることでもう1度柿沢をチームの輪に入れて欲しいと選手たちにお願いしたこともあったとのこと。しかし、柿沢のために頭を丸めた立場でありながらも、巨人に移籍後も柿沢は更生せずに問題を起こしていたこともあり、大久保氏は「結局、何もしてあげられなかったし、変えられなかった。辛いですね」と、残念そうな顔を見せていた。

「恩師がそこまでしても全く変化がなかったということは致命的ですね。そんな、柿沢の更生を願っていた大久保氏でさえも球団社長に防犯カメラを設置するようにお願いしていたそうですから、100%信じきれないところも柿沢が純粋に更生することは難しいと思っていたのでしょう。かつては、高校3年の選抜大会の初戦で宮城・石巻工業と対戦した際、東日本大震災の苦難にも負けずに奮闘する石巻工業ナインのプレーに心を打たれ、プロ1年目の初任給50万円を石巻工業に寄付したと報じられたこともあって、好青年と野球ファンには認知されていました。それだけに柿沢容疑者の裏の顔には衝撃を受けた人が多かったようです」(エンタメ誌ライター)

 楽天時代に球団側がペナルティーを与えるなど、然るべき対応をとっていれば、被害拡大は防げたかもしれないが、大久保氏が柿沢容疑者の更生を信じていたから、かなわなかったのかもしれない。石巻工業ナインに心を打たれたかつてのように、いまだ自身のことで責任を感じている恩師の姿を見て、柿沢容疑者にはどうにか何かを感じてほしいところだ。

(田中康)

有村架純、今秋主演ドラマに“児童虐待”非難で「放送できないかも」衝撃証言

有村架純、今秋主演ドラマに“児童虐待”非難で「放送できないかも」衝撃証言

写真拡大


 10月スタートのTBS系ドラマ「中学聖日記」で主演を務めることが決定した有村架純。NHK朝ドラ「ひよっこ」で主演を務めたキャリアを持つ有村だが、意外にも、民放の連ドラで単独初主演を任されるのは初めてである。今作では罪悪感を持ちながら中学生との禁断の恋に悩む25歳の国語教師役を演じるという。これまでにないキャラクターを演じる有村について、早くも期待の声が高まっている。

「大胆なベッドシーンを披露した昨年公開の映画『ナラタージュ』に続いて、“大人の有村”が見られるはずですよ」とはドラマ関係者。

「中学生に恋愛感情を抱く難役ですが、彼女本人の強い希望でキャスティングが決まったと聞いています。非常に話題性があり、TBS内でも『大ヒット作品になり得る』と今から大きな期待が集まっていますね」

 視聴者としても期待せずにはいられない有村主演ドラマ。だが、同関係者は「実はかなり心配なことがあるんです」と漏らす。

 何が心配されているのか。

「『中学聖日記』の放送が報じられてから、ネット上で人権活動家ら一部の人たちが『中学生との恋は児童虐待にあたるのではないか』と厳しく非難しているんです。中には『放送の中止をTBSに訴えよう』と煽っている人もいる。もちろん、あくまでもフィクションなので非難に屈する必要はないのですが、実際、TBSの人間も『困ったことになりそうだ』と気に病んでいる。今後、非難の声が一般層からも上がるようになれば、放送できなくなる可能性も大いにあります」(前出・ドラマ関係者)

 新たな“大人の有村”を見ることができない、なんて事態にならないことを願いたいものだ。

(白川健一)

キムタク次女がスポンサーから敬遠される意外な理由とは!?

キムタク次女がスポンサーから敬遠される意外な理由とは!?

写真拡大


 木村拓哉と工藤静香の次女・Koki,(コウキ)=「o」の上に「‐」=が、7月14日に自身のインスタグラムを更新した。その写真の表情が、父親にそっくりだと注目を集めている。

「Koki,はインスタグラムにて、前髪で片目が隠れながらも、強い眼差しでカメラを見つめるアップショットを掲載しました。この投稿に対しSNSでは、『キムタクかと思った』『この写真、本当に顔が木村拓哉にそっくり!』『お父さんと並べて見てみたい』と、父親の木村と顔を比べる感想が殺到しました」(芸能記者)

 大物芸能人夫婦の次女ということで、Koki,のデビューは大きな反響を呼び、インスタフォロワー数はすでに100万人を突破した。

 この注目度の高さから、CM依頼が殺到しているとの報道もあるが、7月13日発売の「フライデー」によると、ある理由で、スポンサー受けはあまりよくないという。

「『フライデー』の取材によると、彼女はもともと、両親の名前を伏せ、ミステリアスなモデルとしてデビューさせる予定だったため、Koki,という芸名がつけられたそうです。しかし『,』や『o』『‐』が入るややこしい芸名は、記事やラテ欄を作る側からすると誤記につながることもあり、スポンサー受けはイマイチだと、業界の声を伝えています」(前出・芸能記者)

 とはいえ彼女はまだ15歳。今後、芸名のデメリットを吹き飛ばすほどの活躍で、世間を魅了していってほしいものだ。

吉岡里帆の胸が揺れまくり!自転車にリュック&白ブラウスの演出がヤバすぎる

吉岡里帆の胸が揺れまくり!自転車にリュック&白ブラウスの演出がヤバすぎる

写真拡大


 吉岡里帆が主演を務めるドラマ「健康で文化的な最低限度の生活」(フジテレビ系)が7月17日にスタート。新人ケースワーカーの公務員を演じる吉岡だが、ドラマの制作陣はその役柄に、吉岡の魅力を最大限に発揮できる演出をブチ込んできたという。テレビ誌のライターが指摘する。

「吉岡の魅力と言えば、何といってもそのEカップバスト。初主演作となった1月期の『きみが心に棲みついた』(TBS系)では、元カレに命じられて学友の前で服を1枚ずつ脱ぎ捨てたり、勤務する衣料品メーカーでアンダーウェアのモデルを務めるといった、分かりやすい艶シーンが話題になったものです。しかし生活保護の受給者を相手にするケースワーカー役では、そんなシーンを期待するのは無理というもの。そこで制作陣が選んだ手段は、その美バストを目立たせる小道具をフル活用するというものでした」

 そんな第1話で大きく話題になったのが、吉岡が自転車に乗って疾走するシーンだ。走行中はハンドルを握る両腕が開くため、必然的にバストを見せつける形に。上下動に合わせて吉岡のEカップが暴れまくる様子は視聴者にとって眼福のシーンとなったのである。

「しかもリュックを背負わせることでブラウスを押さえつけ、胸の形が露わになるというイキな演出も。これにより単なる移動シーンを見どころに替えるというマジックに成功しました。そして公務員ならではの白ブラウスも見逃せません。前主演作の『きみが心に棲みついた』では今どきのOLらしいゆったり衣装が多かったのに対し、本作では胸元のボタンが窮屈そうにしており、全部隠しているようで実はさらけ出しているのも同然という白ブラウスの魅力が全開に。これだけいろんな仕掛けを用意してくれれば、ストーリーはそっちのけで吉岡の胸を観るためにチャンネルを合わせる男性視聴者が続出することは間違いありません」(前出・テレビ誌ライター)

 共演の川栄李奈にはあえてチェック柄のブラウスを着せることで、吉岡の白ブラウスを際立たせるという小憎らしい演出も。ともあれ「健康で文化的な最低限度の生活」から目が離せない視聴者が続出しているようだ。

(金田麻有)

本田圭佑&ウィル・スミス「新ファンド」設立する2人の納得な“共通点”とは?

本田圭佑&ウィル・スミス「新ファンド」設立する2人の納得な“共通点”とは?

写真拡大


 ロシアW杯でも活躍したサッカー日本代表MF本田圭佑が7月18日、アメリカの俳優ウィル・スミスと共同でベンチャー企業の投資に乗り出すことが報じられ、大きな話題となっている。

 新たに設立された投資ファンド「ドリーマーズ・ファンド」は、起業したばかりの新興企業への出資を目的とし、今後の投資機会の模索にはハリウッドスターとして活躍するスミスの強力なコネクションが活用される予定だという。

 本田本人も自身のツイッター上でベンチャーファンド設立のネットニュースを引用し、「困難に向かって新しい挑戦をします。アメリカにのみ投資していきます」とツイートすると、「新しいことをしていく姿勢は賞賛されるべき」「スケールがデカすぎて驚かされるばかりです!」「本田圭佑という枠のデカさを感じる」などの声援を頂戴している。

「一方でこのプロジェクトの主役ともされるウィル・スミスもまた本田圭佑と似た性分で、“改革派”“新しいもの好き”といった側面があります。俳優として多くのヒット作に恵まれ、その地位を固めてきましたが、安易な続編映画やシリーズ物で“安パイな大作”に出ることを嫌い、2012年の『メン・イン・ブラック3』を最後に続編作への出演を金輪際やめることを決意したとされています。ハリウッドでは年々オリジナルの脚本や“攻めた原案”が減少し、最近はあらかじめヒットが見込まれるシリーズ作品にしか多くの予算をつぎ込まない傾向にありますが、スミスはその停滞した流れを嫌い、昨年には急成長を遂げるNetflixのオリジナル映画への出演を果たすなど、常に新しい挑戦を模索中。本田ともシンパシーを感じたのかもしれません」(映画ライター)

 サッカー先進国とされるヨーロッパのクラブからの誘いを断り、昨夏には誰も想像だにしなかったメキシコの地へ降り立った本田。安全で整備された道よりも、敢えてイバラの道を行く2人のポリシーは、ベンチャーファンド設立という新プロジェクトで密接に繋がることとなったようだ。

 本田圭佑とウィル・スミス。“攻めまくる”両者からは1秒たりともが離せそうにない?

(木村慎吾)

オウム教団でとばっちり受けた人たち 八代亜紀や洋服の青山が被害

ビートたけし

写真拡大


 ビートたけしが7月14日放送の『新・情報7days ニュースキャスター』(TBS系)に出演し、オウム真理教に関する“とばっちり”を語った。たけしは、オウム真理教教祖の麻原彰晃こと本名・松本智津夫元死刑囚とテレビで対談を行った。すると、信者を勧誘するにあたり、対談のビデオが流されオウムの宣伝材料に使われてしまったという。「あのビートたけしもお墨付き」といったところだろう。とんだ“とばっちり”と言えるが、こうした例はほかにもある。

 「歌手の八代亜紀は、オウム騒動が取り沙汰されると麻原彰晃と親戚なのではないかと言われました。彼女は芸名の通り、熊本県八代市出身であり、麻原と地元が同じであったことから噂が立ってしまったのです。当時、オウムは注目度の高いトピックであったため、裏取りの甘いネタがそのまま流れてしまう状況があったのは確かでしょう」(週刊誌記者)
 さらに、あの企業も迷惑を被っている。

 「紳士服のチェーン店として知られる『洋服の青山』は、オウム真理教の弁護士としてテレビ出演をしていた青山吉伸弁護士(肩書は当時、以下同)と何らかの関係があるのではと言われ、明確に関係を否定する広告を出しました。青山弁護士の実父がアパレル企業を経営していたため、名前が一緒というだけで憶測を呼んだのです。取り立てて珍しい名字でもありませんので、“とばっちり”と言えるでしょう」(前出・同)

 オウム真理教はそれだけ世間を騒がせる存在であったのだ。何より、冒頭のたけしのエピソードのように、オウム真理教はテレビや雑誌などのメディアを巧みに利用して、自らの教義や存在をアピールしていった経緯もある。情報化の時代とともにあったのがオウム真理教事件であったとも言えるだろう。

三宅裕司が過労のため療養へ レギュラー番組に電話出演し報告

タレントの三宅裕司

写真拡大


 タレントの三宅裕司(67)が22日、パーソナリティーを務めるニッポン放送「三宅裕司のサンデーヒットパラダイス」(日曜前9・00)に電話出演し、過労のため療養することを報告した。

 三宅は番組冒頭に電話で出演し、アシスタントの江口ともみ(50)、代役の小倉久寛(63)とトーク。小倉が「三宅さんは過労のため療養でお休みです」と報告し、三宅との電話をつないだ。

 「どうも療養中です」と明るい声で電話に出た三宅だったが、6月上旬に「お腹がぽっこり出た」ために病院を受診したところ、尿が前立腺肥大で出なくなり、膀胱が腫れていたと診断されたことを報告。「腎臓の数値を下げるために何もしないでボーッとしている。良くなったら手術ができる。もうちょっとしたら元気な体になる」と明るい声で話した。

 三宅は2011年7月には長年患っていた腰椎椎間板ヘルニアの手術を受け、治療に専念するために長期休養。翌年1月に同番組で復帰した。

明石家さんま、剛力彩芽と前澤社長に本音 「資産発表する男は…」

さんま、剛力彩芽のW杯観戦に愚痴

写真拡大


タレントの明石家さんま(62歳)が、7月21日に放送されたラジオ番組「MBSヤングタウン 土曜日」(MBSラジオ)に出演。女優の剛力彩芽(25歳)が自家用ジェットでW杯観戦に行ったことについて、愚痴をこぼす一幕があった。

この日、剛力と交際している前澤友作社長の資産が5000億を超えるという話が出ると、さんまは声を落として「そういうことをいう男の子を好きになる気持ちが全くわからない」とボヤキ。

そして「『決勝観に行こうか、自家用ジェットで』という男と、『お前ら見たか、オレ寝ないで見て、お前ら寝とったやろアホ』という男とどっちがいいかな、男として」と尋ねると、スタジオからは即答で「自家用ジェット」と言われてしまう。

さんまは苦笑しながら「資産を発表する男もどうかなと思うよ。写真をネットにあげるのもどうかなと思うよ。ただ、まああいつが幸せだったらそれでいいし、帰ってきたかったら迎えてあげる」と剛力への思いを伝えていた。

Twitterなどのネットでは「まあ、印象悪くなるよね剛力さん」「浮かれているっていう見方は正しいと思うけれど、さんまの年でやきもち焼くのもなあ」「自家用ジェットに乗ってW杯みたら浮かれるよ、普通に」「剛力が何しても何とも思わないけれど」といった様々な反応が寄せられている。