0年 0月 の投稿一覧

超人気俳優に「闇カジノ」疑惑浮上か 逮捕なら5億円の損害も?

摘発が相次いでも根絶しない違法賭博(写真と本文は関係ありません)

写真拡大


 カジノを含む統合型リゾート施設(IR)整備法案が19日、参院内閣委員会で与党などの賛成多数で可決された。20日の法成立が確実となり、いよいよ日本にカジノができる下地が整った。そんなタイミングで、本紙は衝撃情報をキャッチ。超人気イケメン俳優が違法の闇カジノに入りびたり「やめられない」とドツボにハマっているというのだ。この情報は当局もつかんでいるというから目が離せない。すでに仕事にも悪影響が生じており、その周囲では、大スキャンダルを恐れる声が上がっている。

 カジノ法が成立の運びとなり、いよいよ日本にも合法カジノができることになった。そんななかで聞こえてきたショッキングな情報とは、スキャンダルとは無縁のイケメン俳優の闇カジノ疑惑。確かな演技力で人気作にも多数出演している。今やドラマや映画では欠かせない俳優としてブレーク中だ。本紙既報の闇カジノに通っているとされる有名人の中にはいなかったが、ここにきて新たに捜査線に浮上した人物だ。

 実は、裏社会ではイケメン俳優の闇カジノ通いは、以前から知られていたという。

 闇カジノといえば、2016年4月、バドミントンの日本代表選手、桃田賢斗(23=NTT東日本)と田児賢一(29)の両選手が東京・錦糸町の店に出入りしていることが報じられ、所属チームの調査で2人が違法カジノ店に複数回通い、多額の現金を賭けていたことが分かった。2人はリオデジャネイロ五輪を棒に振ったほか、桃田の資格停止処分は約1年に及んだ。

 昨年2月には、俳優の遠藤要(34)とものまね大御所タレント、清水アキラの三男・清水良太郎(29)が東京・池袋にある違法カジノ店への出入りを報じられ、謹慎するハメになった。

 問題のイケメン俳優も当時、この報道を見て「次は自分か!?」と縮み上がったというが、それでも闇カジノ通いはやめられなかったというから重症だ。

「捜査当局とのいたちごっこが長年続く裏カジノの収益は暴力団に流れており、20年東京五輪を前に当局は摘発の動きを強めている。この俳優の名前を把握したのも、そうした地道な捜査の流れから。すでに一部テレビ局の編成会議では、(出演させるにあたって)注意喚起俳優として実名が飛び交っている。週刊誌のニュース班も取材に動いているそうです」(事情を知る関係者)

 様々なルートで漏れ伝わった内偵情報によると、逮捕される可能性は十分にあるという。それだけに、周囲の関係者の不安は小さくない。実際、仕事にも影響が出始めている。

「今後公開される新作映画で当初、このイケメン俳優は主要キャストに名前が挙がっていたんですが、途中で『警察ざたになるかもしれない』という噂が広まり、キャスティング候補から外されたこともあった」(映画関係者)という。

 最悪の事態を懸念するテレビ局関係者は「逮捕なんてことになれば、彼が出演しているドラマや予定されているイベントも当然中止になるし、その影響は甚大なものになる。クライアントへの違約金、局やイベント会社への補償金額等すべて含めれば損害は5億円は下らないでしょう」と指摘した。

【違法賭博常習者とされる6人】本紙が昨年、違法賭博常習者と噂される著名人として匿名で報じたのは以下の6人。まずは紅白歌合戦出場経験のある大物歌手だ。

「東京在住ながら、わざわざ大阪の闇カジノに通っている。コンサートがあるわけでもないのに大阪に1週間以上滞在し、毎日のように足を運んでいる。ヒット曲を飛ばした年、紅白出場が確実視されながら、NHK側が闇カジノ通いの情報をつかんでオファーしなかったとの情報もある」(芸能プロ関係者)

 ほかに、大御所2世タレントや、さわやか系で人気の若手俳優、日本でも人気の韓流スター、有名格闘家、お笑い芸人。この韓流スターは韓国の公営カジノが外国人向けで利用できないため、わざわざ茨城県にある闇カジノに通っていた。格闘家にいたっては「本人は帽子を目深にかぶって変装しているつもりでも、見た目が特徴的だけにバレバレ」(事情通)。いずれの面々もそのかいわいでは知られた存在だという。

 危ない思いをしたのは人気お笑い芸人。

「女グセが悪いことで有名だが、新宿の闇カジノでバカラに興じているところを半グレ集団に写真を撮られ、いまだにお金をゆすり取られ続けているといわれる」(同)

 著名人が闇カジノの常連になるのは、特殊な事情がある。事情通は「店側が一番恐れるのは警察へのリーク。トラブルになって、客に捨て身で警察に駆け込まれたら、商売あがったり。その点、バレたときのリスクが自分も大きい著名人は上客になりやすいんです」と話す。

 今回疑惑が浮上したイケメン俳優も違法賭博と分かっていながら、やめられないのも、こうした店側との秘密のなれ合いがある可能性が高い。

大竹まことが腰痛での入院を報告 「腰椎分離症」もラジオの出演は続ける

 タレントの大竹まこと(69)が、腰痛のため都内の病院に検査入院していることが、20日に分かった。

 この日、自身がパーソナリティーを務める文化放送のラジオ番組『大竹まこと ゴールデンラジオ』に入院先の病院から駆けつけ、「19日に病院に行ったら、『入院して下さい』と言われた」と生放送中に説明。

 大竹は先月14日、我慢できないほどの腰の痛みと左足のしびれから病院へ行き、運動などで負荷がかかることで腰椎の骨に亀裂が入り、分離してしまう「腰椎分離症」と診断されていた。6月中旬からおよそ2週間のあいだ番組を休養していた大竹だが、復帰後も痛みが治まらず、生放送中のスタジオに専用の布団を敷き、横になって放送に対応していた。

 今後は入院生活を続けながら、番組に出演する時のみ医師の許可を取って外出し、ラジオの出演は続けていくという。

(AbemaTV/『 AbemaNews 』より)

▶︎ 22日(日)22:00〜 福山雅治と荘口彰久の「地底人ラジオ」を配信

葵わかな 朝ドラ効果で父親との関係修復「本当にひどかった」

葵わかな

写真拡大


 女優の葵わかな(20)が21日放送の日本テレビ系列「メレンゲの気持ち」(土曜正午)に出演し、プライベートについて語った。

 2017年3月に「わろてんか」の朝ドラヒロインに合格した葵だが、結果を知らされたのは記者会見の前日だったという。お笑いタレントの久本雅美(60)から、「プレッシャーとか半端ない?」と聞かれると、「最終面接という体」で知らされたため、「ウソなんじゃないか」と感じ、「プレッシャーを感じる余裕がなかった」と答えた。

 また、朝ドラヒロインとして「わろてんか」に出演後、父親との関係が修復したことを明かした。久本が「反抗期なさそうに見える」と言うと「本当にひどかった」と発言。ある日突然「お父さんってキモいな」と感じ、高校2年時から反抗期が始まったことを告白。

 だが朝ドラの撮影が始まると、10カ月間、大阪で一人暮らしをすることになり、なかなか実家に帰ることのできず、「離れて初めて親のありがたみがわかった」とし、話を聞くのが好きな父親に仕事の話をしてストレスを発散したことを明かした。

 今年で芸能界に入って10週年を迎え、芸能界にデビューした11歳当時の写真をネットにアップすると、「世界一可愛い小学生」として話題に。また、当時のエピソードとして、「芸能界に入りたくて」原宿を歩いていたところ、1日で7社の事務所からスカウトを受けたことも明かした。

提供商品を満遍なく使うよう事前に打ち合わせ TVチャンピオンの大人の事情

1990年代に『大食い王選手権』などインパクトの強い大会を数多く開催してきた伝説のテレビ番組『TVチャンピオン』(テレビ東京系列)。

2006年に打ち切りとなり、その後も不定期で特別番組は放送されてきたのですが、今年から『TVチャンピオン極〜KIWAMI〜』としてレギュラー放送が復活していたことをご存知でしょうか。

※TVチャンピオン極 ホームページより

実は私ノジーマですが、7月21日に放送(※)された『カップ麺アレンジ料理王選手権』なる大会に本名で出演して参りました。出演が決まったことを友人などに伝えると驚かれると同時に「どうせ優勝する人が決まってるんでしょ?」「どうやって出演が決まったの?」などと質問攻めに。それならばせっかくなので、明かせる範囲でTVチャンピオン出演の裏話を紹介したいと思います。

※ BS JAPANでは7月15日に放送

出演依頼は『Facebook』のメッセージから

出演の依頼があったのは今年の4月中旬。放送の約3ヶ月前、収録の2ヶ月前というタイミングで、テレビ東京や番組の制作会社からではなく、リサーチ会社のスタッフからFacebookのメッセージで送られてきました。

内容は私の著書『世界一美味しい「どん二郎」の作り方』を読んでいただけたということと、番組に興味のある人を探しているということ。そして興味があれば簡単なプロフィールやカップ麺アレンジの作品レシピを教えてほしいとのことでしたね。

つまりこの時点で出演は確定しておらず、書類選考を経て出演者が4名選ばれるとのこと。あとでわかったのですが、この時点ではかなりの人数に声をかけているようでした。


1ヶ月後に具体的な選考がスタート! 出演した場合のメニューを考案

そして約1ヶ月後。TVチャンピオンの連絡が来たことをすっかり忘れていた頃に、今度は制作会社のスタッフからメールが届きました。どうやら書類選考は通過できたようです。

届いたメールには番組の企画書と履歴書のようなアンケート用紙が添付されていて、さらにカップ麺のアレンジ案をテーマ別に考案し、そのレシピを書いて返送することになりました。どうやら番組収録時にどのような料理を作るのかをチェックするようで、これが最終選考になるそう。

考案したレシピは計3種類。1週間程度で考え、担当スタッフと何度かやり取りをしながら若干の手直しを加え、5月末に行われる出演者決定会議の結果を待つことになりました。いったいどうなることやら……。

見事番組出演が決定! 考案したレシピをさらに詰めていくことに

そして6月1日。制作会社のディレクターさんから電話があり、選考に無事通過して番組出演が決定したとのこと。やったー!! 有名な番組に出演できることが決まって本当に嬉しかったですねえ。

とはいえこの時点で番組収録まで2週間を切った状態。あまり時間がありません。急きょ翌日に制作会社に出向いて打ち合わせをすることになりました。

打ち合わせでは番組出演に関する諸注意を教えてもらったりもしたのですが、メインの議題はレシピについて。今回の収録ではカップ麺メーカー5社から商品を提供してもらっていたのですが、提供してもらっているからには満遍なく5社の商品を使わなければならないとのことでした。例えば誰も日清食品のカップ麺を使わなかった、なんていう事態は避けなければならないのです。これぞまさに大人の事情……!

そのため、提案したレシピで使用するカップ麺を変更したり、他の出演者とメニューがかぶったりしないように注意しながら実際のメニューを固めていくことになりました。正直ここまでしっかり決めなくてもいいんじゃないの?というレベル。決勝に進んだ場合のメニューまで細かく決めていたので「これは僕が決勝に進むように台本が書かれてたりするのかな……?」なんて思ったりもしちゃいました。

ちなみに出演料の話も教えてもらいました。参加者は一律で3万円。優勝するとプラス7万円で賞金総額10万円となります。

本番まで自宅でメニューの試作を繰り返す

打ち合わせ後も制作会社とメールでのやり取りを繰り返しつつ、本番で作るメニューを試作しながらブラッシュアップしていきます。そして作ることになったメニューは以下の4つ。

シーフードヌードルで海鮮チヂミ風にしたもの。

担々麺をコロッケ状にしたもの。

味噌ラーメンのスープにとろみをつけて、麺を細かくカットしてカレーライスっぽくしたもの。

あとは僕の著書『世界一美味しい「どん二郎」の作り方』にも収録されている自信作「どん兵衛グラタン」をさらにアレンジしたもの。

どれも試行錯誤を重ねてインパクトある味にすることができました。制作会社のディレクターさんも「野島さんのメニューはかなりいけそうだと思います」とお墨付きをくれたので「ああ〜、これはもしかしたら優勝するように台本が書かれてるのかもなぁ〜」とか思ってしまいました。

それにしても出演が決まってから約2週間、TVチャンピオンで作るメニューのことを四六時中ずっと考えていたような気がします……。

いよいよ収録当日。楽屋には有名人がいっぱい!

番組の放送予定日からちょうど1ヶ月前。ついに収録日がやってきました。前日のうちにカップ麺以外の必要な食材を買い込み、朝早くから都内の撮影スタジオに乗り込みます。もちろん材料代は経費が出ます。

スタジオの中では他の番組の収録も行われていたようで、楽屋には見たことのある有名人の名前がちらほらと……。

石田純一さん……!! あの石田純一さんがすぐ近くの楽屋に……!

さらにヤックンもすぐ近くに……!! 今自分がテレビの中の世界に来ているのだなと実感させられました。

僕の楽屋は選手4名共同となっていたのですが、まだ誰も部屋にいなかったので、その隙にどん二郎Tシャツに着替えて気合を入れます。すると……

スタッフさんがゼッケンを持ってきて「こちらを付けてください」とのこと。どん二郎隠れるやん!! せっかく本の宣伝もできるかと思ったのに残念です……。

そのまま楽屋で待機していたのですが、集合時間になっても他の選手が姿を現しません。まさかの不戦勝? いやいやそんなことはありませんでした。皆さんすでにスタジオの方に移動して見学をされていたようです。早速僕もスタジオに行ってみると……

おおおおおっ……! これはすごい! かなり本格的なセットが組まれていました。しかもスタジオにいるスタッフの多いこと多いこと。1本の番組を撮影するのにものすごくたくさんの人が動いていることがわかりました。これは責任重大。さらに気合が入りましたね。

そしてこれが今回のために用意された5社75種類のカップ麺。圧巻すぎる! こんなに立派な陳列棚のあるスーパーとかコンビニが近くにあったらテンション上がるだろうなあ。見かけたことのないカップ麺もいくつかありました。

ついに収録スタートもあっさり敗退! 忖度なしのガチ対決だった!!

スタジオのセッティングが終わりいよいよ収録スタート。まずは選手が登場するオープニングの撮影を行い、そのまま対決の撮影に入ることに。イラストレーターの深蔵さんと対戦することになりました。

対戦中の撮影はたまに手を止めて実況が喋れるタイミングを待つことになりましたが、基本的にはノンストップでどんどん進めていきます。対戦の制限時間は30分なのですが、初戦で披露した「どん兵衛グラタン」は15分もあれば完成してしまうので、途中で余ったどん兵衛を普通に食べたりしてました。そのシーンは見事にカットされてましたが。

そうこうしているうちに両者が料理を作り終え、審査員3人が試食。そして判定の結果……1対2で惜敗! 負けてしまった! なんだよ! はじめから台本なんてなかったんや……!!

でも負けたのは残念でしたが、審査員の方々や、カメラが回っていない間につまみ食いをしていた解説やスタッフからありがたい感想をたくさんいただけたので嬉しかったですね。

あと初戦負けではありますが4人のトーナメントなので準決勝敗退でもありますし。これからはTVチャンピオン極「カップ麺アレンジ料理王選手権」セミファイナリストを名乗りたいと思います。

第2回があればぜひリベンジをしたい……

こうして早々に敗退こそしてしまいましたが、せっかくなのですべての対戦を観戦。余った料理も試食させてもらい、いろいろ勉強にもなりましたし、本当にいい経験ができました。最後には配信用の動画も撮影し、撮影がすべて終わったのはすっかり夜の時間帯。準備期間から考えると本当に長い挑戦でした。

もし第2回大会が開催されることがあれば、ぜひまた出場して良い結果を出したいですね。またお声がけいただけるように精進していきたいと思います!

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: ノジーマ) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』

松本人志が語った浜田雅功への不満 ピン仕事での振る舞い「寂しい」

「ダウンタウン」の松本人志

写真拡大


 お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志(54)が19日放送の日本テレビ「ダウンタウンDX」(木曜後10・00)に出演。相方・浜田雅功(55)に抱いていた不満をぶちまけた。

 番組ではゲスト出演の「ロッチ」中岡創一(40)が、コカドケンタロウ(39)とのエピソードを披露。コンビ仲が良好であるにもかかわらず、コカドはプライベートの話をほとんどしないといい、「9割9分、僕からしゃべりかけている。全然話しかけてくれない」と不満を爆発させた。これにコカドは「髪の毛切ったら絶対言ってくる。それが逆に嫌なのかも知れないです」と反論した。

 頷きながら中岡の話を聞いていた松本は「俺も分かるわ。中岡派やわ」と納得の表情。「俺ってピンの仕事でも浜田の話って結構するやん」と浜田の方を見やり、「お前は全然せえへんな!」と絶叫。「別にええけど、何か知らんけど嫌やねん。寂しいねん。コンビだとそういうことあるよな」と寂しがっていた。

藤田菜七子「敏腕エージェント消滅」の謎(2)芸能プロとの間で食い違い!?

藤田菜七子「敏腕エージェント消滅」の謎(2)芸能プロとの間で食い違い!?

写真拡大


 突如、エージェントが「消滅」。いったい何があったのか。美浦トレセン関係者が明かす。

「実は6月17日、菜七子ちゃんがGI騎乗可能となる通算31勝(地方での交流競走2勝を含む)をあげたあと、ふだんはあまり表に出ない中村氏がスポーツ紙のインタビューに登場。その中で、菜七子ちゃんのGI初騎乗への抱負以外にも、馬主や関係者に対する礼儀などを厳しく指導していると語っていました。ところが、異常なまでの菜七子人気の成せる業か、ネット上には彼女と親密な立場にいる中村氏への批判が、大量に投稿されてしまった」

 とはいえ、ネットの誹謗中傷で、大事なジョッキーを手放すことがあるのだろうか。競馬関係者は、別の可能性をあげる。

「菜七子騎手は綾瀬はるかや石原さとみらが所属する大手芸能プロのホリプロに所属し、芸能活動も行っている。昨年からカレンダーを発売しているほか、今年4月に『第3回黒髪美人大賞』を受賞した際は、真っ赤なドレス姿で登場。ふだんの勝負服では決して見せることのない白い二の腕を披露していました。『木馬でも乗馬クラブでも時間があれば馬に乗るように』と話す中村氏と、タレントとしての価値を高く評価している芸能プロとの間で、何らかの意見の食い違いがあったとしても、おかしくはありません」

 一部では、札幌開催から短期免許での騎乗が予定されている香港ナンバーワン騎手のJ・モレイラ(33)と契約するのが理由だという噂もあるが‥‥。

「それが原因ではないでしょう。JRAの規定でエージェントは騎手3人と若手1人まで契約できる。仮にモレイラ騎手が増えたところで、騎手3人と菜七子ちゃんなので、何ら問題ありません。やはり、ネットで叩かれたことが大きく影響しているのではないでしょうか。『地方騎手くずれのゴミエージェントが偉そうなこと言うな』と逆上したり、中には関係者しか知りえないプライベートな誹謗中傷を書き込むストーカーまがいの暴言も。中村氏は、かなり頭を悩ませていたようです」(専門紙トラックマン)

 これ以上炎上すれば、菜七子騎手や他の騎手にも迷惑がかかるとして、中村氏みずからが降りたとの指摘もある。

「確実なのは、今後、菜七子ちゃんの勝ち鞍が減ることです。前半戦は中村氏のおかげもあって、有力馬の騎乗依頼が増えていましたが、それが減れば当然、成績も伸びなくなる。もちろん、女性騎手初のGI騎乗という夢も、遠のいてしまうでしょうね」(美浦トレセン関係者)

 増沢由貴子元騎手(40)が記録した「JRA女性騎手最多勝利(34勝)」の更新まであと5勝(7月8日終了時)。すでにカウントダウン状態だけに、次のエージェントを確保したいところだが、専門紙トラックマンによると「すでにそうした動きはある」という。

「ウイナーズサークルに菜七子ちゃんが現れると、ファンがサインを求めてひっきりなしになる。彼女は嫌がるそぶりを一切見せませんが、今後、さらに勝ち鞍を重ねれば、ストーカーまがいのファンが出てこないとも限らない。陣営としては、菜七子ちゃんの身近にピッタリ接することのできる女性エージェントを探しているようです」

 しかし、専門紙の女性記者などに声をかけているようだが、そう簡単に見つかるものではないらしい。

「しばらくは根本調教師、もしくは本人が騎乗依頼を受けていくことになると思いますね」(専門紙トラックマン)

 次週からは得意の新潟開催が始まるだけに、1日でも早くエージェントが見つかることを願うばかりだ。

TBS安住紳一郎、「80歳まで現役を」の声が出るほどラジオを支えていた!

TBS安住紳一郎、「80歳まで現役を」の声が出るほどラジオを支えていた!

写真拡大


 ラジオ聴取率調査の結果が7月10日に発表された。首都圏の男女12歳〜69歳を対象にしており、6月11〜17日に実施。調査を行ったビデオリサーチによると、全局中トップの人気を獲得したのは、TBSラジオ。同局は2001年8月から17年間にわたり、102期連続でトップを死守し続けている。トップに輝いたのは、週平均、平日、土曜、日曜の各平均についてもで、聴取率は0.9%。ちなみに2位はJ-WAVEの0.7%、ニッポン放送の0.6%と続く。

 最高聴取率ランキング(15分単位)でトップに輝いたのは、05年スタートの生放送「安住紳一郎の日曜天国」である。

「毎回の調査で高聴取率をぶっちぎる優良番組。TBSの局アナである安住アナは『新・情報7DAYS ニュースキャスター』など同局のテレビのバラエティ番組での仕切りもうまいが、ラジオはそれに輪をかけてうまい。声はよく通るし、ゲストとのトークもよどみない。御年78歳の森本毅郎大先輩がパーソナリティーを務める『森本毅郎・スタンバイ!』が2位を獲得しているが、あの路線を狙えば、安住は80歳を過ぎても現役でイケますよ。同局はベスト10に『伊集院光とらじおと』『赤江珠緒たまむすび』『土曜ワイドラジオTOKYOナイツのちゃきちゃき大放送』『ジェーン・スー生活は踊る』と合わせ、6本ランクインしているが、いずれもタレントとフリーアナがメインパーソナリティー。局アナは安住だけですから、もっと評価されていいはずですよ」(芸能ライター)

 またニッポン放送は、12歳〜19歳男女に人気抜群であることがわかった。人気の秘密は、看板番組の「オールナイトニッポン」。月〜土曜の同時間帯トップに輝いた。「菅田将暉のオールナイトニッポン」(月・聴取率0.8%)、「星野源のオールナイトニッポン」(火・0.8%)、「AKB48のオールナイトニッポン」(水・0.4%)、「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」(木・0.6%)、「三代目 J Soul Brothers 山下健二郎のオールナイトニッポン」(金・0.8%)、「オードリーのオールナイトニッポン」(土・0.6%)。

 午前1〜3時までの深夜帯に、10代の若者がラジオをむさぼり聞いていたのは今も昔も変わっていないようだ。

(塩勢知央)

「サプライズ共演でこじるりに夢中」も柄本時生に飛んだ“哀れみの声”

「サプライズ共演でこじるりに夢中」も柄本時生に飛んだ“哀れみの声”

写真拡大


 あまりに本気にならない方が本人のためか?

 個性派俳優の柄本時生がバラエティ番組「ダウンタウンなう」(フジテレビ系)の「本音でハシゴ酒」に出演したのは7月6日放送回。大ファンであった小島瑠璃子と念願の共演を果たしている。柄本は前田敦子など親しい俳優仲間らに小島のことを大好きだと熱心に話していたようだが、その事実を前田らが証言VTRで登場して暴露。柄本は小島について「二十歳くらいだっていうので、すごい頭のいい子なんだなと。そこからすごく好感度が上がっちゃって。顔もタイプ」と、絶賛。何でも、好きすぎて会ってしまったら惚れてしまう可能性があるため、会いたくないとも話すほど、本気で小島のことを思っているそうだが、おもしろがった番組側が小島をサプライズ出演させ、柄本は「あぁ、ちょっと待って! ちょっと待って!」と、大パニック。

 小島が登場後も柄本は終始メロメロで、自身が結婚相手に求めていた「半年ぐらい連絡しなくても大丈夫な人」という条件も、小島であれば毎日でも連絡するとアッサリ変えてしまうほどだった。番組側の粋な計らいでレギュラー陣が次のゲストとの収録のために店を去った後、小島と2人きりでお酒を飲める場をセッティングして柄本にプレゼント。結局、最後まで緊張しっきりでうまく話せてはいなかったが、無事連絡先を交換することに成功して収録を終えていた。

 これにより、柄本の恋も無事走り出してしまったわけだが、この番組を見た視聴者からは「柄本よ、お前にこじるりは無理だ」「本気で好きになる前に連絡先を消してしまえ」「こじるりに弄ばれて終わるだけでしょ」と、柄本と小島が結ばれることはないという意見が多数見られている。

「やはり決してカッコイイと言えるルックスではない柄本と、ルックス、立ち居振る舞いなども完璧で、欠点という欠点がない小島では釣り合わないというのが世間の見解ですよ。しかも小島は気遣いもできますから、共演した男性タレントたちからも自分に好意があるのでは? と勘違いしてしまうことも多いようです。最近では、サッカーW杯で活躍した乾貴士も小島にメロメロになってましたね。柄本が本気で好きになってしまうのも時間の問題でしょうが、好きになってしまった後にしんどくなってしまうはず。また、柄本は10年以上の付き合いという前田に週2で呼び出される関係性であることが以前バラエティ番組で明かされています。それでいてカフェで前田と柄本を目撃したという週刊誌の報道では、ご機嫌斜めな前田をロボットダンスでなだめようとするも、前田から冷ややかな視線が送られていたことも紹介されていました。中身はやさしいこともあって、都合のいい男になってしまいやすいキャラでもあるようですから、なおさら心配です」(エンタメ誌ライター)

 ちなみに小島が以前同番組で「人類で一番好き」と話していたのは、柄本とは似ても似つかないイケメン俳優の松坂桃李。現実も下馬評も絶望的なこの状況を柄本がひっくり返して、小島をゲットして“非イケメン”の星になることができるのか、注目だ。

(田中康)

リーダー大野智の一人負けで開き過ぎた嵐「メンバー間格差」!

リーダー大野智の一人負けで開き過ぎた嵐「メンバー間格差」!

写真拡大


 7月6日に発表された「2018上半期タレントCM起用社数ランキング」(ニホンモニター)で、嵐のリーダー、大野智の「一人負け」が判明した。

 これは1〜6月までのCM出稿状況を基にしたランキング調査。男性タレントトップは、起用社数10社の高橋一生だ。子役からスタート、長い芸歴に裏打ちされた確かな演技力で昨年、NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」でブレイク。一気に5社のCMに起用されるなど、引っ張りだこの人気となった。

 一方で安定した人気を誇るのが、国民的アイドルグループ、嵐のメンバーだ。今期は相葉雅紀、櫻井翔、二宮和也が9社で、2位に並んだ。4位に7社の松本潤が続く。

「何だかんだ言っても嵐人気は根強い。嵐全員で出演する4社(日本航空、日本郵便、日立アプライアンス、ガンホー・オンライン・エンターテイメント)があるため、出演本数は単独出演している社との合算になる。ここ数年、頭一つ飛びぬけていたのが相葉。単独テレビ出演が3本、ラジオのレギュラー1本を抱える相葉だけに、CM人気もずばぬけています。ファミリー向けや主婦層にターゲットを絞ったCMに多く起用され、好感度も抜群ですよ」(芸能ライター)

 ところが、5人グループの嵐で、リーダーの大野智だけがなぜか「蚊帳の外」状態だという。6社起用で、単独出演は久光製薬とJ-オイルミルズの2社のみ。ジャニーズウオッチャーが解説する。

「櫻井・二宮・松本はドラマや映画に主演。番宣番組に出まくり、数多くの雑誌の表紙を飾るなど、華々しい活躍をみせました。それにひきかえ大野は、昨春、ラジオのレギュラーが終わり、主演映画は昨夏公開の『忍びの国』きり。連続ドラマは2年前の『世界一難しい恋』以来お呼びがない。単独活動といえば嵐の曲の振り付けくらい。2級小型船舶免許を取得したのは、趣味の釣りが高じての番組『嵐にしやがれ』の企画。一般に広くアピールするものが何もない。CMが増えないのも道理で、今やメンバーに大きく差をつけられてしまっている状況です」

 ただし、“新作”を心待ちにするファンの気持ちとは裏腹に、大野に焦りはないようだ。

「CM出演本数、番組出演数がかなり少ないので、トップの相葉とのギャラは億単位で違うんじゃないでしょうか。にもかかわらず、どこまでもマイペースな大野は、メンバー間格差に不満の声ひとつあげず、万事鷹揚に構えているそうだ」(スポーツ紙記者)

 グループ間に亀裂が入ることになりはしまいか少々心配になってくるが…。

(塩勢知央)

乃木坂46齋藤飛鳥、どしゃ降りライブで飛び出したドS発言にファン大興奮

乃木坂46齋藤飛鳥、どしゃ降りライブで飛び出したドS発言にファン大興奮

写真拡大


 まさかそんな発想があったか?

 乃木坂46が7月6日から8日までの3日間にわたり行ったアニバーサリーライブ「乃木坂46 6th YEAR BIRTHDAY LIVE」。今回のライブは東京・明治神宮野球場と秩父宮ラグビー場の2会場同時開催という初の試みとあって、メンバーたちは会場間を行き来してパフォーマンスし、両会場を盛り上げたが、初日の6日公演は今までの乃木坂の野外ライブの中でも稀有な大雨だったこともあり、メンバーたちはずぶ濡れになりながらのパフォーマンスが続いた。メンバーにとってはかなり過酷なライブになったことだろう。

 ただ、そんな中で、8月8日に発売される21stシングル「ジコチューで行こう!」でセンターを務める人気メンバーの齋藤飛鳥は、雨の中での野外コンサートならではの独自の楽しみ方を見出していたようだ。

「齋藤は初日の終盤のMCで、野外ライブがあまり好きではないことを説明していましたが、ステージ上に水たまりができていたこともあって、『この水(溜まりを)蹴ると前の方のファンの方まで届きそうなんですよ。お客さん濡らせる!みたいな。そういう楽しみ方もできるなって』というアイドルらしからぬ発言をして、ファンを笑わせていました。齋藤といえば、2014年に行われたクリスマスライブで、ファンに向けたキュンキュンフレーズを言うはずが『どうせお前らクリスマス過ごす相手いねえだろ!』と、毒を吐いていましたが、ちょうどこのあたりを境に毒舌キャラでブレイク。最近はそんな毒舌発言も減りつつありましたが、齋藤のこういったドS発言はファンは求めていますから、現地のファンからも『(水を)かけてー!』という叫び声が至るところから上がっていましたね」(アイドル誌ライター)

 この齋藤のドS発言にファンからは「飛鳥にかけてもらえるとかご褒美だろ」「さすが飛鳥だわ。これぞ飛鳥なりの神対応」「いくら出せばかけてもらえますか」といった声が見受けられている。

「2年前に神宮球場で行われたバースデーライブでは水鉄砲を使って、ファンに水をかけまくる演出も非常に好評でしたね。何だかんだ言って、実際に齋藤は水溜まりを蹴ってファンに水をかけることはありませんでしたが、機会があればぜひやってほしいと熱望するファンも多いようですね」(前出・アイドル誌ライター)

 2年前の夏に初めてセンターに抜擢された真夏の全国ツアーでは、もともと積極的に前に出るタイプではなかったこともあり、締めの挨拶などを担当するも、たどたどしさが目立っていた齋藤。今年は約2年ぶりの夏シングルでのセンターということもあって、7月21日からスタートする全国ツアーでも齋藤が引っ張っていくことは間違いないが、今回は2年前とは違い、生き生きとライブを楽しむ彼女の姿が見られそうだ。

(石田安竹)